ドッグレスキューでは一緒に活動して頂ける方を常に募集しています。

今日のミーティングでその話題になりました。
多分活動に関して表面的にしかご理解頂けて居ないのではないかと言う話になりました。
と言うのも ネットからお問い合わせを頂いて 実際ミーティングや譲渡会にいらして頂いてお話しをさせて頂きますが 考えられているこの活動とドッグレスキューの活動との違いがあるのではないかと思うのです。

ここに何回も書かせて頂きましたが ドッグレスキューの活動は体育会系です。
決して スタッフ同士仲良しこよしの時間を過ごす活動ではありません。
更に 殆どのスタッフが普通に仕事を持っている為 活動に関しても仕事の常識がベースとなって動きます。

では実際にどうな活動をしているのか・・・

まず今日は譲渡会の1日について記載したいと思います。

まず基本は全員参加です。
がそれぞれ家庭や仕事があるので必ず参加できる訳ではありませんが 毎年11月には翌年の年間予定を発表している為 出来る限り皆が予定調整をして参加しています。

譲渡会当日朝8時までに私か開催の有無を発表します。
そして開催の場合 参加スタッフは朝10時に会場集合です。
預かりスタッフは 夫々預かっている子達のシャンプー等を当日までに終わらせて 出来る限り綺麗な状態で会場に犬達を連れてきます。
そして 必ず夫々の子にドッグレスキューの迷子札付きの首輪と 緩くないサイズにフィッティングしてあるハーネスを装着している状態で犬達をクレートに入れて移動させます。
この時 オス犬は必ずクレートに 譲渡会で使用するマナーベルトを着けています。
更に季節によっては防寒等の為に洋服も着用させています。

車利用ではないスタッフ宅の犬達の移動の為 車で夫々の家を回り譲渡会会場まで犬達とスタッフを運んでくれるスタッフも居ます。

更には何かの事情で譲渡会に参加出来ない預かりスタッフ宅の犬達は前日夜他スタッフ宅に移動して譲渡会に参加する事となります。

そうして朝10時までに集まったスタッフは すぐに作業に取り掛かります。

まずは譲渡会会場前のマンションの1室から譲渡会の為のサークルやブルーシート 販売品や販売の使用するテーブル等を決められた順番で運び出します。
これは かなりの重労働ですし 決められた順番で運び出す事でその後の作業が早く進むからです。
その間 会場には犬達が居る為スタッフが全く居なくなる事は出来ず 残ったスタッフはまず犬達のクレートに譲渡会で使用する名札を分け 最初に運び出されるブルーシートが届き次第 会場にシートを張り付けています。
これはお借りしている駐車場を少しでも汚さない為です。
ブルーシートの設営が完了する頃 荷物搬出のスタッフも会場に戻ります。
その段階で毎回ミーティングが開かれています。
そこでは 参加する子達の情報や注意事項  他ご来場下さる方の情報等 全てのスタッフが情報を共有できる様にしています。
例えば「先日引き取った○○君はサークルからの飛び出しの可能性があります」と言情報を元に ○○君の為には屋根付きサークルの用意をしなくてはならないと言う情報が全てのスタッフに伝わる訳です。
「今日は15時に私に会いにいらっしゃる方が居ます」と伝えれば 全てのスタッフがその方がいらした時 すぐに私に声を掛けられる事となります。

このミーティング終了で 設営準備が始まります。
犬達のサークルを組み立てる。
サークル内のトイレシートを敷き詰めて固定。
サークルに募金箱や注意事項の書かれた紙を設置。
譲渡会の間に犬達のトイレの始末に使うシートやティッシュ等の準備を。
サークルに水飲みボトルを設置

参加する犬達のトイレを済ませ 夫々の子に名札 オス犬にはマナーベルトを着けて 再度クレートに戻す。

譲渡会の際に使用しているタペストリー のぼり等の設営。
募金箱や譲渡までの流れや譲渡会でのお願いや掲示してあるテーブルのセッティング。
駐車場横の芝生に入らないようにとの紐張りや掲示物の設置。
販売ブースの設営と販売品並べ。

サークルの設営完了後 犬達をサークルへの移動。
犬達がサークルに移動すると同時に2名のスタッフはサークル内で犬達に注意を払います。

各預かり宅でトイレを済ませて 更にサークルへの移動前にもトイレを済ませているにもかかわらず 犬達はサークルに移動すると叉トイレが始まってしまいますので サークル内にいるスタッフは すぐに犬達の排泄物を取り除かなくてはなりません。

設営完了で 今度は段ボール等の片付けが始まります。

この流れを1時間で完了させる為には 夫々のスタッフが効率よく動く必要があります。
なので この間スタッフは手を休めておしゃべりをする時間等取れません。

私はアンケート後に使用するテーブルのセッティングをしたり 細々とした仕事をしていますが 犬達がサークルに移動した段階で基本は犬達に気を配ります。

午前11時 譲渡会は開催します。
この時には全ての準備が完了し スタッフは夫々の持ち場に移動します。

ドッグレスキューの譲渡会では 全てのスタッフがシフトに沿って動きます。
サークルの角に立ち事故防止の為 サークル内に手を入れない お子様がサークルに寄りかからないよう注意している部署ですので サークル周りの方気を配ります。
サークル内のスタッフはサークル内に入り犬達に注意を払います。
販売ブースでは販売をします。
お昼は順番に休みを取ります。
スタッフ同士 おしゃべりが出来るとしたら このお昼の時間のみです。

譲渡会と言うのは 保護犬達にとり非日常であり 沢山の方にお越し頂く為事故の危険性も高くなる時です。
事故のない様譲渡会を行う為には 常に強い危機意識をもって譲渡会に臨む必要があります。
なのでスタッフも私も見た目より 気を抜かずに過ごしています。
ドッグレスキューの譲渡会は17時 若しくは18時までの開催です。
各スタッフはご来場下さった方からの犬に対するご質問や活動に関してのご質問にお答えして 場合によってはアンケートに進まれる方には譲渡条件や譲渡の流れの説明をして アンケートご記入後にはそのアンケートを確認してから私の元にアンケートを届けます。
そしてご希望された方には ご希望の犬にリードを2本付けてサークルから出して 抱っこして頂いたりしています。
その時は 出来るだけその子の預かりスタッフが説明をさせて頂きます。

その間には里親様が遊びにいらして下さったりの楽しい時間もあります。
が 中には心無い言葉を掛けられる場合もあります。

譲渡会終了時間になると 朝設営した全てを元通りに片付け 荷物を荷物部屋に戻します。
犬達も夫々のクレートに戻します。

片付けが完了してから 皆様からのご支援の品を皆で分け 簡単なミーティングをして完了です。
が 車での送迎をしてくれるスタッフは それから更に犬達とスタッフを車に乗せて夫々のお宅を回ります。
私は全ての犬を各預かりが連れて帰り お借りしている駐車場に忘れ物がないか ゴミが落ちていないかの確認をして全てが終わりとなります。
ゴミは全て持ち帰ります。
更には 譲渡会で使用したベッド等も全てスタッフ数人と私とで分けて持ち帰り洗濯をして 次回譲渡会時に持参しています。

こんな流れで行われる譲渡会で スタッフ同士仲良くおしゃべりをご希望されるとしたら どうぞ参加されないで下さい。

参加スタッフも慣れるまでは かなりクタクタになります。
預かりスタッフは譲渡会が終了して帰宅してからも 叉犬達のお世話があります。
勿論仕事をしている身としては貴重な週末を2日間譲渡会で潰れる事になります。
私もですが 譲渡会が終わって帰宅してから洗濯物を取り込んだりと言う家庭の仕事も待っているんです。

譲渡会の1日の流れは文字にすればこんな感じです。
が 実際にはもっと細々した事が沢山あります。

私達は一緒に活動してくれるスタッフを常に募集しています。
が 簡単な記載した この譲渡会の流れをご理解頂き 決して楽しく譲渡会でおしゃべりをしたいだとか 活動を通してスタッフ同士お友達の様に楽しく過ごしたいとは思わないで下さい。
そして活動に子供じみた感情を持ち込まないで下さい。
仲間外れだとか 歓迎されないだとか そんな子供じみた感情で活動をしている訳ではありませんし そんな事に時間を費やさなくてはならないスタッフも普通に仕事しているんです。
なので メールの返信もすぐに出来る訳ではありません。
そんな事って 態々記載しなくても大人の常識として分かる事だと思うのですが ご理解されない方からのスタッフ希望も多く 対応するスタッフは困惑して居ます。

私達は大人の常識で体育会系での活動に参加して頂ける方をお待ちしています。

明日は具体的にどんな仕事があるのか記載したいと思っています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

保護犬の里親募集サイト ドッグレスキュー


左上 アフェリエイトのポチッとありがとうございます
皆様のポチッとがご支援になります。