今夜は先日の続きを書きたいと思います。

まずは「その他のボランティア」についてです。
このカテゴリーは実際何をしているのか分からない部分かも知れませんが 実際には活動の要となっている部分でもあります。

一番分かりやすいのはHPだと思います。
HPはスタッフが管理しています。
この前にリニューアルした時には ウェブデザイナーさんとスタッフとで相談してリニューアルしてくれました。
日々の情報更新も HP担当が行っています。
ドッグレスキューのHPはWordpressです。
HTMLが使えないと手は加えられません。

このHPの元となっているデータも全てスタッフが管理しています。
保護した日から全ての医療処置や 夫々の子の性格等 正式譲渡までのデータの管理全てをスタッフが行っています。
このデータを基に 譲渡会の時私達が見ている参加犬の詳細表がPDFで作成されています。
この作業は大変だと思います。
日々 各預かりスタッフから上げられる情報を基に 新しい情報にしていく必要があります。
ちなみに 今このデータの管理をしているスタッフは 犬達のお見合い後のトライアル最終日の連絡も私にしてくれています。
これは日々お見合い等で忙しく トライアル最終日を私が忘れてしまうので その為に連絡を入れてくれています。

里親募集サイト「いつでも里親募集」や「ペットのおうち」への掲載も担当スタッフが行っています。
お見合い決定となった段階で 出来るだけ早くに情報を更新してくれています。

FBへの情報発信もスタッフです。

毎年行われる同窓会やカレンダー作成もその他のボラのスタッフが行っています。
同窓会に関しては 私は会場に連絡を入れるまではやっていますが その後全ての手配は担当スタッフが行い 当日のタイムスケジュールから 最後の片付けまでそのスタッフが管理を行います。
但し 手伝える部分は全てのスタッフが手伝います。
カレンダー作成も皆様から届いた写真を基にカレンダーを作成し 発注します。
そして皆様からのお申込みに対応し 入金確認の後のメール そして発送まで担当スタッフが行います。

フリーマーケットへの参加もその他のボラスタッフが中心に行います。
譲渡会でも販売も基本はその他のボラスタッフが中心となっています。

ご協力頂ける企業様や個人での販売等からのご支援への対応等もその他のボラが行っています。
募金箱の発注や設置も行います。
譲渡会のポスター作製と配布。
他掲示物の作成。


他 その他のボラさん限定ではありませんが・・・
預かり希望の方への対応
その他のボラ参加希望の方への対応
ご支援のお申し出への対応
荷物部屋協力金への対応

備品発注

そして これは特殊なのですが 備品作成等も行うスタッフが居ります。

続いて 預かりスタッフのお仕事です。
当然の事ながら 保護犬達を各スタッフ宅で預かりケアを行います。
と簡単に記載出来ますが 本当のご家族の元に行かれるまでの預かりです。

ドッグレスキューでの預かりは基本クレートでの生活となります。
これは 殆どのスタッフが日中仕事で不在となる為 保護した子の安全を守るためにはクレートで過ごしてもらう必要があります。
朝晩 トイレに出して 室内で遊ばせ その時に夫々の子の様子を確認します。
具合が悪かったりの諸事情でサークルて過ごす子も居ます。
クレートには 必ず水飲みボトルが設置されています。
保護するまで外の世界を知らない子も多く お散歩の練習をしたり 病気のケア等を日々行う事となります。
夫々の子の問題点に関しては 逐一私の元に報告が上がり その対応の指示を出しますが 経験を積む事により各自ある程度までは対応が出来る様になっています。

家庭犬として大切なトイレ訓練も預かり宅で行います。
どのスタッフも同じ方法でのトイレトレーニングですので 他の預かり宅に移動しても困る事はありません。

基本の預かり方を一定にする事により 保護犬達は他預かり宅に移動しても それ程困惑する事なく日常生活を送る事が出来ます。
それは 里親様宅に行っても同じです。
私達と同じ方法を行って頂く事で 犬達も迷う事なくトレイも出来 慣れたクレート内で落ち着いで過ごす事が出来るのです。
このクレートでの生活を可哀想だとか 自分の犬達は完全フリーに過ごしているに・・・と思われる方は多いものですが 私達の元はあくまでも仮の家であり 家庭犬として生活する為の練習場所だあると言う割り切った考え方を持って頂く必要があります。
私達の元で おやつを上げる。
一緒にベッドで寝る。
等 可愛がるのではなく 甘やかす事を覚えてしまった場合 本当のご家族の元で ベッドでは寝ない おやつは上げないとなった場合等 犬達は困惑してしまいます。
人間もそうですが 優しい方に流れる事は簡単ですが その反対はかなりの負担になります。
だからこそ その負担部分は私達の元で過ごしている間に慣れてもらい 後は優しい方に流れる簡単な道だけが残されていると言う環境を作っています。

考え方ですが これも私達の犬への愛情です。

各預かのスタッフはブログを作成し 犬達の情報を出来る限りアップしなくてはなりません。
そして 常にデータやHPアップの為の情報を提供する必要があります。

譲渡会前にはトリミングに出したり シャンプーをしたりして綺麗にしなくてはなりません。
そして譲渡会当日には 犬達を会場まで運び 2日間 ご希望の方が出られたらご質問らお答えする事となります。
が この譲渡会に参加出来ない場合には 事前に全てのスタッフに対して 預かっている犬の情報を提供しておく必要があり 更には譲渡会会場まで連れて行かれない場合には 前日まで他預かりスタフ宅まで届ける必要があります。

お見合いが決まれば お見合い先様が犬との生活に困らないよう ドッグレスキューで用意してある書類を作成しなくてはなりません。

病気の子等受診が必要な場合には 協力獣医さんまで連れて行ってもらいます。
そして必要なケアを続ける事となります。

預かり期間に必要なフードやトイレシートは 皆様から頂くご支援の品を分けて使って貰っていますが トリミング等は各預かり個人の負担として頂いています。
そして預かり期間必ず必要なクレートと水飲みボトル トイレに使用するサークルは夫々が用意しています。

そして多くの方がご自分のワンちゃんとの相性を気にされますが ご自分のワンちゃんと同じにする必要も仲良くさせる必要も全くありません。

本当な割り切って生活して頂く事となりますので 生半可な愛情ではなく 本当のご家族の元に行った時の その子の幸せに目を向けて生活して頂く必要があります。


今まで長々と記載してきた事を踏まえ 私達は下記の新規スタッフを募集しています。
預かりスタッフ(短期預かりではなくスタッフとして参加できる方)
HP担当としてHTMLが使える方
Excelでのデータ管理が出来る方
イラストレーターが使える方
ネット上での募集サイトのアッフが出来る方
フリマ等に車で荷物を運び参加が出来る方
車は出せないが フリマに参加が出来る方
フリマ等の販売品の管理が出来る方
遠距離移動の際の運転が出来る方(東北や関西への移動は結構簡単に決まります)
平日預かり宅から犬達を獣医さんに連れて行き 話を聞いて来られる方
平日熊谷のセンターまで犬の引き取りに行かれる方
同窓会やチャリティーコンサート等のイベントのアイディアから実働まで出来る方
譲渡会で犬達の写真撮影が出来る方
譲渡会時等の犬移動をご自身の車で出来る方
募金箱の設置やポスター配布等が出来る方(設置場所はこちらで決めます)
備品作成や発注が出来る方
保護犬達のシャンプーやトリミングをご自宅で行える方
譲渡会にて犬達の爪切りや肛門腺絞りが出来る方
メールでの各お問い合わせに対応が出来る方
譲渡会にきちんと参加出来る方(ドッグレスキューの犬情報をしっかり理解している必要があります)
力仕事が出来る方(男性スタッフですね)

以上のスタッフを募集しています。
他にも ドッグレスキューでこんな活動をしたいと言うご希望がありましたら 是非お申込み下さい。
基本は自分に出来る事をドッグレスキューの活動の中で行って頂く形です。

今回細かく記載させて頂いたのは ご自分で考えて・・・と言われても 実際どんな活動が必要となっているのかが分からないのではないかと思ったからです。

ドッグレスキューの保護犬達は決して若くて状態の良い子ばかりではありません。
なので 私達の元で看取る事もあります。
ただ 新しい預かりスタッフの元に病気のある子や大変なケアが必要な子をお願いする事はありません。

全てのスタッフが毎月行なわれるミーティングに参加して頂く必要があります。
そして この活動で仲良しこよし・・・
おしゃべりを楽しみたいとか 誰か特別に仲の良いお友達が欲しい等と考えている方には ドッグレスキューでの活動は難しいと思います。
先日も記載した通り 殆どのスタッフが普通に仕事をしていますので 活動の基本も仕事同様の考え方で参加しています。

年齢や性別に限定はありませんが 最低限普通にメールが使える事 ,ネット上での情報のやりとりが出来る程度にネットを使える方 そしてそれらを毎日必ず確認できる方である必要があります。

ドッグレスキューでは中途半端な気持ちで活動には参加して頂きたくはありません。
きちんと強い意志を持って参加して頂きたいとの思いから ここに書かせて頂いています。

誰かに褒めて欲しいとか 活動をしている自分って素敵なんて思ってしまう方は要りません。

厳しい様に思えるかとは思います。
だけど 実際には厳しくても楽しく活動が出来ています。
それは全てのスタッフが同じ思いで居るからです。

私元々が犬業界の人間なので 手取り足取り教えます〜と言うタイプではありません。

最後にドッグレスキューの活動に一番必要なのは体力です

こんな団体で活動をしたいと思う方 是非HPよりお申込み下さいね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

保護犬の里親募集サイト ドッグレスキュー


左上 アフェリエイトのポチッとありがとうございます
皆様のポチッとがご支援になります。














昨日からトライアルに進んでいるれん君。
ビビり過ぎてトイレをしないと言うご連絡がありました。

ビビりなので抱っこしたら失禁してくれるかも・・・と抱っこもして頂いたのにしないれん君。
ならば マンションのベランダにシートをしいて出してみて下さいとお伝えして やってみて頂いたのにしない。

結局 失禁覚悟でお散歩に出て下さったそうです。
結果 失禁のせずマンションの外まで出られて トイレをしてくれたそうです。

良かった〜

お姉さんと30分のお散歩をしてマンションの戻ったら またまたビビりれん君に戻ってしまったそうです

心配満載なれん君です