昨日夕方吐きました。
ネコは結構吐くので気にしていませんでした。
その後「ご飯」と催促していました。

が 夜10時頃から何回も吐きました。
脱水になるなぁーとに気してしたら 今度は粘液便をしたまま倒れました。
呼吸もかなり荒く 大きく口を開けての努力呼吸になりました。
急ぎ酸素吸入し 呼吸が落ち着いてから体を確かめると脱水が進んでいました。

元々高齢と言う事もあり脱水気味の為毎日の補液をしている子です。
が 昨日獣医さんと話をして 体調も良いので補液は隔日にしてみましょうとなり 昨日は補液をしていませんでした。

なので まず50入れました。
口からはシリンジで2ミリ 口を湿らす程度飲ませました。
が それだけでも吐いてしまいました。

4回程粘液便と努力呼吸がありました。
その後落ち着いて居ましたが 日付が変わり午前3時 大量の吐血があり クロスケはぐったりしていました。
更に補液を50入れました。

午前4時社長が起きて来て クロスケの介護を交代してくれ 私は休みました。

本当は吐き気を止める薬も飲ませたかったのですが 吐いてしまうので飲ませる事が出来ず 朝になり活動でお世話になっている協力獣医さんに飛び込みました

高齢だし 今日は更に補液と吐き気止め ステロイド 抗生剤の注射をして頂き 今クロスケはいつもの様子で寝ています。
今朝から全く食べていないクロスケです。
が 呼吸も安定しています。

椿の為に買ってあった酸素スプレーが助かりました。
酸素室を出す程長く努力呼吸が続く訳ではなく 酸素スプレーで落ち着きますが 昨夜で3本使いました。
念の為 又買っておかないと。

クロスケ もう20歳になっているんです。
我が家の最高齢のネコは現在22歳。
その子は多少足が弱ってはいるものの元気なんです。
でもクロスケは 若い頃食事を取らなくなり強制給餌と補液生活が数ヶ月あり その後も同じ症状での強制給餌 補液セットが3回程ありましたが 毎回持ち直してくれると言う奇跡の子です。
数ヶ月前食事を摂らなくなった時 獣医さんには腎臓もそれなりに悪いけれど 年齢を考えると積極的治療も負担になるのでやめましょうと言われて居ます。
そんなクロスケは又復活して フードも食べてくれていたのに…
どうも消化管系が弱い子なんですね。

昨夜も持ち堪えてくれたし 又復活してくれる事を期待して居ます

それにしても 夜中起きていると犬達も色々あって 結構忙しかった