秋葉原 バンキンヤ 秋葉仁の苦戦記

秋葉原 バンキンヤ 秋葉仁の開店からの苦戦記。 独立して16年目を迎えて思うこの頃。

思い返せばちょうど今から1年前ぐらいに始めてYouTubeパートナーフォーラムに出席してジェット☆ダイスケさんを見て興奮してたっけ。

いつか同じ壇上に乗ってしゃべってみたい!

なんて思いながら続けてきました。

実際に会ってみたくてもこちらから連絡をするなんて事も当然出来ませんよね。

それが今はアップルストア銀座で一緒に何かをしようとしている。

去年の自分には想像もつかない現実ですよね。

でもここで改めて感じた事が
「夢や目標を持つ」
ということなんです。

会ってみたいとか、一緒に何かを出来るようになりたいって思いながら日々YouTubeを更新してきたし、
皆さんに認められてくればきっとジェットさんの目にもいつかは止まるんじゃないかって思っていたし。

ある日、YouTubeのメッセージボックスを見てびっくりしました。
だってジェット☆ダイスケって書いてあるんだもん。

「目標」が叶ったので
今度はその次の夢や目標を持つ時です。

今、一緒に何かをしようとしているYouTubeの方々と一緒にいろんな活動をして、この良き関係を維持していきたいですし、ネットワークを広げていきたいです。

声をかけてくれたジェット☆ダイスケさんには本当に感謝です。

継続は力なり

この言葉は確かですね。

【告知】
5月27日 Apple Store 銀座にて 14時 - 15時30分

Mac、iPhone、iPadで簡単:動画と音楽の作り方すべ-て見せます

YouTubeを舞台に活躍する人気クリエイターたちが、iPhoneやiPadで動画や音楽を作るノウハウをお教えします。
撮って、作って、みんなに公開。iOSデバイスなら簡単です。
Macを使えば、より高度な作品も作れます。毎日新作をアップロードできる達人から学んで、あなたもYouTubeでデビューしてみませんか?

出演

ジェット☆ダイスケ
アサカワズ
イイヅカアツシ
瀬戸弘司
秋葉仁


去年(低評価最高記録)


今年


YouTubeって始めの20本〜30本ぐらいまでは身の回りの事でネタがあるけど、その後が大変なのよね。
これはリアルと一緒ですね。

開店して始めは知り合い、友達が来てくれるけど、2〜3ヶ月後からは新規顧客を獲得していかなければ継続出来ないし。

YouTube内でも「ベストセラー狙い」と「ロングセラー狙い」の2者があって「ベストセラー狙い」が壮絶な戦いをしている感じ。

少し人気が出てくると「脅迫観念」みたいな感じで動画を製作し、「人気」という重圧と戦っている感じ。
その結果、重圧に耐えられなくなったり、低評価や誹謗中傷などで潰されてしまったり。

動画というコンテンツは「無理がある」状態がすぐに伝わってしまうから実に難しいし、顔出しでコンテンツを作っている方々は役者にならなければならないみたいですね。

う〜ん・・・大変ですね。

少しニコ動化してきたYouTubeは散らかり始め、テレビで規制されてきた事等を流す「場」になりつつあるようにも。
それをプロがやるのではなく、素人がやるからどんどんエスカレートしている感じもあるのかな?

本当に良いと思えるコンテンツを製作していた製作者も1本の柱だけではネタが尽きてしまいます。
そこに不安感を覚え、無理をして「お笑い」の部分に走ればイメージも変わってしまうし、流されやすくもなってしまう。

これは本当にもったいない!

考え方を変えて、「ロングセラー」狙いで、せっかくの特技を生かしていけばいいのにって。
自分のコンテンツポリシーを確立しないと長く継続していく事は難しいのかもしれませんね。

とは言え「ロングセラー」って特に目立つ事もないからいろんな意味で始めは「不安」なのかもしれませんが・・・

僕は自分自身が面白くない人間だというのがわかっているので「ありのままの自分」でコンテンツ制作をし、少しずつ活動するしかないのですが・・・・
でもそう考えると「ネタ」に困ることも少ない訳でして。

つまり、

自分が今、興味ある事や楽しんでいる事を撮ればいいと。
これだけ「ネタ」についての質問が多い感じからすると「みんな頑張っているんだな〜」と感じます。

下記は僕が「ネタ」と考える時に実践している方法です。



秋葉原バンキンヤも皆様のおかげで12周年を迎える事が出来ます。

ここで開店から現在までにあった様々な事を記録しておこうと思いました。
会社やお店をやるって本当に大変な事で、継続させる事の本当の意味がわかってきたように感じています。

秋葉仁も40歳を超え、今年で42歳になります。もう後戻りは出来ない年齢になりました。

開店当初を振り返ると「お金」が無く毎日が「耐える」生活をしていたように思えますが、それも今となればいい思い出に変化する事が出来ました。
これも今現在も応援してくださる皆様のお陰だと本当に感謝しております。
秋葉原バンキンヤ これからも頑張っていきますのでよろしくお願い致します。



たまたま見たチャンネル
これがすごくよかった

す〜と入ってきて

癒される

そんでもって結局チャンネルに上がっていた51本の動画全部再生してしまった。

ぜひ聴いてみてください

「ねえ?儲かる?儲かるならやろうかな?」
このような事を言われる事があります。

そんな時、僕はこう答えます。
「儲からない」

このような聞き方をする方は必ず言います。

「儲からないの?じゃ〜なんでやってるの?」

商売の基本としてこの「儲かりそう」が先行してしまう考え方の場合は失敗する可能性が高いです。
つまり仕事の内容ではなく「お金」を追っかけているからです。

お金を追いかけると
お金は逃げてしまいます。

しかし楽しさを追いかけて仕事をすると
何となくお金が近寄ってきます。

楽しさを求めて仕事していたはずなのに
いつの間にかお金を求めている事もあります。
それはお金の不思議な魔力に吸い寄せられた時です。

すると・・・・

商売が低迷して行く結果に・・・
売上がちょっと思うように上がらないな?って感じたら

今一度自分を見つめ直してください。

仕事、楽しんでますか?
お金を追いかけてはいませんか?

先日のバレンタインの企画の中で、お客さんが積極的に盛上げようと「うちわ」などを製作。
アイドルを応援するときに使用する「うちわ」だと思うのですが、わざわざ買いにいったり皆で作ったり。

その時の製作はもちろんバンキンヤで飲みながら行われたのです。

そしてバレンタイン当日。

他のお客さんもいる中で注文をするためにこの「うちわ」をフルというのはかなり勇気がいったと思いますし、恥ずかしかったと思うんです。

しかも今回の動画撮影に快く承諾してくれた方は通常は画面には出てきていない方です。

当然、YouTube などもやってはいません。

そんな中、
「盛り上がるならば」という事で動画アップです。
YouTube 初体験がこれでよかったのかな〜??

いや〜ホント今回の企画ではお世話になりました。

このようにいろんな事に協力してくれるお客さんがいらっしゃる事で成り立つイベントですから。

ご協力ありがとうございました。



立食パーティーの時のレイアウトをよく質問で頂くので、その説明をしようと動画撮影。

しかし、説明している動画の撮影時間よりも・・・
カラオケしている撮影時間の方が長くなってしまった。。という事実。

しかもあまり歌がうまくないので
何回も取り直ししたり、同じ曲で歌った2本から抜粋したり・・・

まぁ〜編集で歌っている部分は少しなんですがね。

さて送別会シーズンになりますね。
バンキンヤでも3月の送別会予約が多くなってきました。

送別会では写真のスライドショーや動画などメディアを使った企画が多くなるかと思います。

そのようないろんなご要望にも対応出来るようになっています。
もちろんご相談頂ければ企画のお手伝いも致します。



今から10年以上前、それまでやっていたお店を閉め、バンキンヤを開店するまでに約1年以上期間があったのですが、その間夜はやることがないので、あるお店の手伝いをしていた時があったのです。

その時、店長をしていた方がいました。

僕はバンキンヤの開店に合わせてその店を辞めたのですが、その後その店長も独立を決意し、バンキンヤが開店してから1年後ぐらいに開店をさせたのです。
しかも歩いて15分ぐらいの場所に。

開店した当初はいろんな情報を交換し、共存共栄を目的にいろんな事をしていたのですが、その後バンキンヤがアキバの特性を生かした新たなるビジネスモデルを展開し始めたので方向性がその店とは変わっていったのです。

そのお店も地域特性を生かした方法論で売上を伸ばしていたのですが、今回の震災の影響で経営が悪化したらしく、売上低下に歯止めがかからなかったみたいなのです。

そうなると完全に負のスパイラルに巻き込まれ、もがけばもがくほどハマってしまいます。
お客さんが少なくなるとすごく悩みます。

そこで考えつくのが「値下げ」です。
値下げをしたら今度は集客です。
集客をする為にネット広告を多く出そうとします。
その分当然に広告宣伝費は上がってきます。

しかし、価格を下げ、利益を圧迫してしまうのですから、それこそ毎日満席状態にしないと経営が成り立たなくなってしまいます。

もし、ネット集客が思うような成果を上げてこなかった場合、かなり緊迫した状況になってきます。

次に考えるのが、人員削減です。
バイトは必要最低限にし、社員数を減らす。

ギリギリの状態で店舗を運営しなければならなくなり、ちょっと運良く忙しくなった時などは当然サービスの低下に繋がってしまい、せっかくの新規さんもそれ以降来なくなってしまいます。

不安感を取り除く為にあちらこちらの飲食店サイトに掲載をし、少しでも露出をする為に言われるままに広告費をかけてしまうようになってしまいます。

しかし、震災後のあの当時はどうあがいても仕方のない状態であったのも事実です。

人々の意識が遊んでいる場合ではない。
飲んでる場合じゃない。

という意識だったからです。

もちろんいろんな飲食店サイトも同じように収益が上がりにくかったのだと思います。
その為、言葉巧みにセールスしてくる状態も現状あったのです。

そして今年。

とうとう倒産してしまいました。

プライドがあったのか何の連絡もなく、すっと居なくなってしまいました。
共通のお客さんが僕の所に来て
「よろしく伝えといて」それだけを残して。

そこまで悪化する前に何かしらの相談をしてくれたら・・・

おそらくもう一回リベンジをして出店するとは思うのですが、今年に入り、もう何件の知り合いの店がなくなったのだろう。

バンキンヤも他人事ではないので、もう一回初心に帰り、この状況を乗り切っていかないとなりません。

ちょっと暗い話題でしたが、東京の現実かもしれません。

景気の問題
原発の問題
復興の問題
政府の問題

どうした日本人!

立ち上がれ日本!

ホームページの営業とのやり取り

「今のホームページで集客出来てますか?」
そこから始まり素人相手に専門的な用語を並べていかに今のホームページがダメかを並べて全面否定。

わかってはいるけどかなりひどい。
落ち込むを通り越して笑っちゃうほどです。

「これではお金を捨てているのと同じです。」
当社では、から始まりいかにすごいかを話し出すが自慢話にしか聞こえない。

そこで質問。
「そんなにダメだと思うホームページをどうやって見つけたの?」

すると
「検索です。」

「じゃーなんで営業をしようと思ったの?」

「かなりホームページにこだわりを持っている感じでしたしオーナーさんがインターネット集客の重要性を理解しているように感じたからです。」
さ〜きましたごますりモード。

「だからこそ当社にお任せいただき今以上の集客のお手伝いをさせて頂きたく思います。」

「そんなにダメな感じ?」
という質問に対して

「はっきり申し上げて集客出来る可能性は低いです。」

「でも目立ってたから営業しようと思ったんでしょ?」

「毎月どのくらいの費用をかけているかはわかりませんが、当社も出来る限り費用負担を少なくして御社発展のお手伝いをさせて頂きます。ちなみに毎月どれぐらいの費用をかけていらっしゃいますか?」

「う〜んとね〜サーバー管理費とドメイン数種類で年間に2万円かからないかな?」

「どういう事ですか?」
とちょっと呆気に取られた表情。

「散々全面的に否定してくれちゃったけど、これ全部自社製作だから。ってか自分で作ってるし。それに良いつけ悪いにつけ目立ってたみたいだし。」

その後は焦ったように取り繕ってはいたが、後の祭り。

何事も否定論からはなんにも始まりませんね。
営業以前の問題かと…

確かに専門家からみれば最悪かもしれないけど…

一生懸命作ったし、それなりに集客出来てるし。

チッキショー(♯`∧´)

次回はもう少し良いものを作ってリニューアルしよっと。

何だか変な統計情報が出ましたね。

「女性の一人暮らしの3人に1人は貧困層」

しかもこの算出基準が給料の手取りから家賃を引いた金額が8万4千円以下とか。
で、なんでこの8万4千円以下なのか?
なんでも生活保護を受けている方と2千円違いだからとか・・・・

これってどう考えてもおかしくないですか?
だって一生懸命働いて、税金払っている方と生活保護で暮らしている方と比べるって。

しかもテレビで街行く女性に手取りから家賃を引いた金額を尋ね、8万4千円以下やそれに近い金額だったら「あなたは貧困層です」て。

この貧困という定義自体も見直しが必要なのではないのだろうか?
確かにお金は無いかも知れないが、充実した毎日を過ごしているかも知れないし、不自由を感じてないかもしれない訳でしょ?

それに生活保護と今の給料がさほど変わらないのであればみんな仕事しなくなっちゃうし。
この仕組み自体も少し見直しが必要なのでは?

何か夢の実現の為に頑張っている人に向かって「あなたは貧困層です」ってくくってしまうのもどうかな〜?
お金が無かったら不幸みたいじゃん。

お金がたくさんあっても心が豊かでなかったら「心の貧困」じゃん。
その方がよっぽど不幸だと思う。

やっぱこの定義の仕方には疑問が残るな〜

あっきーなのバレンタイン企画動画を撮るため張り切ってお買い物に!
予定では商品は2種類だったので、当日は2本撮り。

って事は僕の企画も合わせて3本って事ですよね。

内容は一切教えずに3本目に突入!

予め洋服の下に仕込んでおいた全身タイツをビデオ撮りながらルンルンでお着替え。

いや〜めっちゃ楽しかったです。
あっきーなのノリもよかったので楽しい楽しい収録が出来ました。

ぜひともご覧あれ〜
※超くだらない内容です。あしからず



さ〜もうすぐバレンタインですね。
自慢ではありませんが、学生のときにちゃんともらった経験はありません!

「バレンタインがどんなもんじゃい!」って言っていたけど・・・
本当は友達とか羨ましかったな〜

まぁ〜いい思い出はありませんが・・・

さてさてバンキンヤでは今年!
あきーな企画が始まります。

いや〜手作りでしかも2種類!
しかも自発的な企画でほんとに良い社員さんだわよ。

なので皆様と一緒に楽しめたらいいかな?って思ってます。

みんなで盛上げよう!
ぜひともお待ちしております。






今から25年前ぐらいに東京で初めて出来た「健康ランド」
お風呂もあり、宴会場もあり、そして24時間営業。

そんな総合施設が出来た時はすごく話題になり、僕も何回か行った記憶が。

昨日、撮影、配信のお仕事で区営の船堀タワーホールに行ったんです。

あっ!そういえば!

その健康ランドの事を思い出し、もし帰りに時間があったらお風呂でも入ってから帰ろうかな〜?って感じでした。
まぁ〜結局、撤収作業と搬出でスタジオまで戻ってしまったので行く事は出来なかったのですが・・・

そうしたら聞くところによると震災のあった3月11日から1年後の2012年3月11日で25年の歴史に幕を下ろすとか・・・

これでまた一つ、思い出に変わってしまいます。
時代の流れなので仕方ないとは思いますが、いろんな思い出の場所が無くなっていくのって寂しい気分ですね。
そんな事ならお風呂に行っておくんだったな〜

秋葉原もそうですが、いろんな場所で変化が起きています。
特に震災後の変化はすごい勢いです。

その波に飲まれないように気を引き締めて時代に順応していかないとなりませんね。

ありがとう!
東京健康ランド!

SONY NEX-7 の発売に合わせてヨドバシカメラに受け取りの様子を撮影させてほしいと予め頼んでおいたんです。

当日、店員さんやレジ周りの様子を映さないという条件で撮影許可、掲載許可をもらって受け取りにいったのです。
レジで商品を持ってこられる様子や、レジでのやり取りなどを録画したのですが、帰って編集しようと思ったら見事に失敗!

どうも録画ボタンを押し忘れたらしい。
レジで散々オーバーリアクションで騒いで喜んで・・・
周りにいたお客さんには笑われながら・・・何だか人だかりになってくるし、芸人扱いだし・・・
店員さんもクスクス笑ってる中、必死に撮影したのに!

肝心な部分が何にもないではないか〜

カメラテスト部分しか映ってなかった。

あ〜あ〜

それでも1本の動画にしてアップしちゃった〜





先日、結婚式二次会が秋葉原バンキンヤで開催されました。

通常、結婚式二次会は若い二人が結婚をし永遠の愛を誓いあった後に行われるお祝いなのですが、今回の二次会は少し違います。

それは入籍をしたのが10年以上も前の出来事だったのです。
子供は中学生となり、もうすぐ大人になっていきます。

そんな中、
「結婚式をしていなかったから」
という理由で今回の結婚式と二次会。

これってすごいと思う。
これが自分に置き換えて考えてみれば…

果たして今、結婚式を考えるだろうか?
おそらく「今更?」と考えてしまい、面倒臭い、恥ずかしいと考えてしまうのかもしれない。

だけど、この夫婦は違ったのだ。
「結婚式をしてなかったから」という理由で
もう一回、皆さんの前で永遠の愛を誓い合ったのだ。

しかも結婚の余興ビデオではキスシーンもあった。

子供が生まれると対外の夫婦は「お父さん」「お母さん」となり夫婦愛もいつしか家族愛に変わり、お互い子育てに忙しい毎日で空気のような存在へと変化してしまう。

まして子供達の前でキスをするなんて考えられなくなってしまう。

なのに、今回の夫婦は結婚式をした。

いや〜考えさせられる事が多かったですね。

夫婦のあり方とか、想いとか…
こんな風にお互いがお互いの事を考えられたらもっと「絆」が生まれたのだろうし
子供達はそんな親の背中を見て「結婚」という事に夢を抱くのかもしれないですね。

数多くの結婚式二次会を開催してきましたが、今回のような「想い」のあるパーティーってすごくいい。

いや〜行ってまいりました ふるさと祭り東京2012 ご当地どんぶり
東京ドームで開催されていたので全国のご当地弁当を食べに!

祝日に行ったのでとにかく中はすごい人!人!人!

球場の中が埋め尽くされていて身動きが取れない状態です。

そんな中、ビデオを持って自分撮りしながら会場に突入〜〜
周りの白い視線に耐えながら撮影をしてきました。

とにかくレポートがしたかったので沢山のお弁当を購入し、球場のスタンドにてお食事開始です。
あまりに混んでいたので、店に戻ってからレポートビデオを撮ろうかとも考えていたのですが、やはり臨場感が欲しいので現場で強行しちゃいました。

いや〜スタンドでのビデオ撮影の時も徐々に周りから人がいなくなっていくとか・・・

それでも平然と食べながらべらべら話している常態は周りから見たら本当に変人扱いですよね。

かなりの数のお弁当を食べました。

ごっつぁんです!




アニソンのDJイベントが2月11日に秋葉原バンキンヤで開催されるのですが、その成功を祈願し、なぜかバンジージャンプを。

そんな話題を主催者さん達がしていたので、ビデオを撮るという名目で付いて行っちゃいました。
まぁ〜ただ単に「飛びたかった」のですが・・・

場所はマザー牧場。
秋葉原を脱出し、自然を見渡しながら飛んできました。

感想としては
もう少し高い位置からの方が楽しめたかな?ッて感じでしたね。
地上21メートルぐらいからのジャンプだったのですが、ほとんどためらう事無くジャンプ。

本当は背面飛びでやりたかったのですが、初めてのジャンプという事で係員の方からストップが。
しかもテレビみたいに小型のビデオカメラを持って飛びたかったのですが、これもNGでした。
事前に申請し、許可をもらっておけばよかったな〜と反省です。

次回、もう少し高さのある場所を探し、ジャンプしに行ってみたいです。

今回、「いきた〜い」と言ったら快く仲間に入れてくれた主催者さん達には本当に感謝です。

ぜひ、イベントを成功させ、第二回に繋げましょう!

で?第二回の成功祈願は何をする?



明けましておめでとうございます。
秋葉原バンキンヤは今年もジャンジャンバリバリ突進して行きますのでよろしくお願い致します。

去年は震災もあり、ちょっと景気の悪い年となってしまいましたが、今年は被災地の復興も含め、良い年にしたいですね。

そんな願いも込めて元旦に神田明神に初詣に行ってきました。



今年も仕事納めの時がきましたね。

明日からは帰省ラッシュも始まるのかと。

まぁ〜バンキンヤは年末のカウントダウンのイベントまでがんばって働いている訳ですが、アキバが休日モードに変化しています。

そして本日12月28日が挨拶まわりのサラリーマンの姿と、すでに休みになっている方々とが完全に混在しているなかなか見る事の出来ない雰囲気です。

秋葉原のメインストリートでもある中央通りには宣伝トラックがたくさん走り、休日の賑わいが毎日続きます。
バンキンヤも毎年、12月28日はランチ営業が終了してすぐに準備をしてナイト営業に入るんです。

なんでかって?

28日の仕事はの終わり時間が15時ぐらいから始まるからです。
早めに人が出始めるからなんです。

しかし、今年は予め予約される方が多かったので満席御礼状態となり、本当にありがたい事です。
一番最後の日に皆さんが挨拶に来てくれるなんて本当に光栄な事です。

通常とは違う流れ方をする年末28日の仕事納めの日。

さ〜がんばろう!

今までいろいろな機材を使ってきて便利だと思った商品を YouTube で紹介しております。
これから何かと使用する事が多いビデオカメラやデジイチ。

そんな中でやはり相談される事が多い部分がこの音声の部分。
旅行などで使用する際の「ノイズ」問題や子供の声の収録など・・・

色々なマイクの特性や使用用途など事前に何となくでも知っていたら便利ですもんね。
とにかく種類が多いのでチョイスするのも大変です。

当然、今まで使用してきたマイクの中で失敗したものも数知れず・・・
といって買って失敗したものは紹介しません。

よく、「買って失敗した商品を取り上げてください。」というご意見も伺うのですが、他社製品通しの比較は差し控えます。
同社製の新旧比較や型番違いの比較は致しますが。

また、モニターなどで紹介するようなご依頼の場合でも「良い」と感じた商品は紹介致しますが、自分がちょっと「う〜ん」と考えてしまう商品などにつきましては動画でのご紹介は控え、お預かりした商品は返却させて頂く事になるかと思います。

「う〜ん」と考えてしまう商品などを紹介し、それを見て買ってしまった方がガッカリしてしまうような行為は出来る限り避けたいからです。

まぁ〜僕のレビューがどんだけ?って感じもありますが・・・
参考程度にご覧頂けたらありがたいです。

よろしくお願いしま〜す。



このページのトップヘ