音と映像を操るのは中々大変な事です。

そして一番大変なのはパーティーなどで行うカラオケの時です。

何で?って思うかもしれませんが、人の声ってそれぞれ違うではないですか?
声量や声質などなど・・・


秋葉原晩勤屋ミキサー
















しかし、歌っている方はやはり気持ちよく歌いたいじゃないですか?
その為にミキサーですべてを管理しているんです。

男性が歌うとどうしても大きくなるのでマイク音量を上げたり下げたり。
しかも声の高い人は聞いている人はキンキンしてしまうのでイコライザーで高温の部分を少し控えたり、その逆もあります。

このマイクバランスでかなり聞いているほうも、歌っているほうも感覚が違うんです。

それに人の立ち位地でも違いますよね。
たっている人に一番近いスピーカーに自分の声(フィードバック)を多く出力してみたり。
これって結構重要で、聞いている人には調度いい音量でも歌っている人は自分の声が出ているかわからなくなってしまうのです。
だからフィードバックで自分の声を跳ね返してあげる事で気持ちがよく歌えて、聞いている人にもうるさい感を与えなくて済むんです。
もちろんまわりがざわざわしている時には効果的面です。

まぁ〜僕もカラオケは好きなので音にはやはりこだわりがあります。
マイクはすべて独立しているので一部にエコー入れて一部は控えめにしたりエコー無しの状態にしたりと小刻みに出来るようになっているんです。

当然いろいろな音を組み合わせることも出来ますし、効果音だけを別に入れることも可能なのです。
ミキサーという機械を使うのですが、そのほかに映像やその他の管理にパソコンも必要となります。

中々面白いですよね。

店内に見えている機材は操作用ですべての音と映像の管理はこの中枢で行います。

サッカー放映のときなんかも、大活躍のこのミキサーですが、満足なのは僕だけで、晩勤ママからは『ヲタク』と言われています。

実際に機材を導入した時なんかは、
「飲食店がそんなに専門的にこだわる必要がどこにあるの?」と言われたものですが・・・
まぁ〜自己満足かもしれませんがね。

これから忘年会のシーズンになりますが、今年もこのミキサーが活躍する時がきました。
秋葉原晩勤屋でカラオケを歌うと病みつきになりますよ〜〜〜

ぜひ、貸切パーティーでお試しあれ!