土曜日はイベントによる打ち上げだったのですが、

秋葉原晩勤屋のすぐ近くの会場でイベント開催をしていたらしいのです。主催者側の打ち上げだったのですが、今回のお客さんはなんと!150人以上もいらしたそうで大成功に終わったみたいなのです。
しかし、そこまでの苦労もかなり大変だったみたいですね。
話しを聞いてみるとやはりかなり地道な活動の積みかさねがあり、その結果がイベント当日の集客人数という数字で判断されてしまうらしいのです。
企業が主催しているのと違い営利を目的としない仲間内での主催の場合は利益を出す事は考えてはいないが、最低限赤字が出ないようにしなければなりません。
会場を押さえた瞬間に当然のように会場費が発生してくるので、チケットの価格を設定した段階で最低販売枚数が出て主催者側のノルマとなります。
有料広告などは当然打てる訳もないので協力者が必要となります。
サイトにバナーを貼って宣伝。コミュニティサイトなどで同じ趣味を持っている人達に宣伝。
前回イベントに来てくれた方々にDMなど約3ヶ月に渡り宣伝活動をしたらしいのです。
皆さん本職もあるため両立するのはかなり大変だったらしいのですが、イベント実現の為に奮闘した話は聞いていてすごく勉強になりました。
儲かる訳でもなく、単に「好きな事」を皆と共感したいという思いだけでこれだけ多くの人達が一致団結する姿は素晴らしいのではないでしょうか。

今は「得」をしない事はしないという人が増えている中で
ボランティアに近い状態で協力し合い何かをやり遂げる喜びを求めている人達の姿は輝き放っていました。

ご来店ありがとうございました。