今時の歓送迎会は昔とはかなり変化し趣向の強い一致団結形が多くなりました。

つい先日に行われた歓送迎会も出席出来なかった方々からのビデオレターも用意してあり「楽しませる」という要素がたくさんありました。

ただ飲んで食べてだけの歓送迎会よりもやはり企画があった方が楽しいですもんね。

しかも見ていて思うのは「盛り上がり」の秘訣はやはり司会者の段取り。

意外に面倒な事かも知れないのですがね。
送られる側も形式程度のプレゼントを貰って終わりにされるよりもプレゼントは無いけど気持で送られるほうが絶対的に思い出に残ると思うんです。

そして…転勤の時の送別会と会社自体を辞めてしまう送別会とでは参加人数も盛り上がりも違うのは仕方ない事なんです。

転勤の時はすごく盛り上がる要素が沢山あるのに比べ、退社による送別会の時はちょっと雰囲気も違うのです。退社理由にもよるのでしょうが、何だか少し温度差を感じてしまいます。

高い会費払ってなんで?辞める人間の為に?という意識や別に送別会なんて必要ない!早く辞めさせてくれ!というような意識。

そんな意識をお互い中和する為にも企画と盛り上がりなんだと思います。最後くらいいろいろな感情は抜きにして楽しんでもらいたいと思うんです。

最後だから言いたい不平不満は全部言ってやる!などとお互いが思っていたらぐちゃぐちゃになってしまい、せっかくの送別会が台無しですもんね。

つまりしこりのありそうな場合は余計に考える暇を与えないような企画と段取りが必要なのだと思います。

当事者と出席者のほんの一部のしこりに…参加している関係のない方々まで気分を悪くしてしまうなんて…
つまらなすぎる。

そのような事が起きない為にもやはりガンガンに盛り上げてしまいましょう!

これからの歓送迎会を楽しくして頂けるように秋葉原晩勤屋もお手伝い致します。

\(~o~)/