パーティーを盛り上げる為には必ず幹事さんと司会者さんが必要となりますよね。
秋葉原晩勤屋でも年間にかなりの数の貸切パーティーを行なっていますが、その中でやはりいいパーティーとまぁまぁのパーティーがあるんです。
ではいいパーティーとは?

パーティーの良し悪しは段取りの組み方が重要です。

司会進行表や盛り上がる為のMCなどがきちんと出来ているか。
また、イジラレ役がいるか?
当然ツッコミ役も。

そして何より大切なのは司会者の会社(仲間内)での地位や立場なんです。

新人さんなどが幹事さんをやる場合はいいのですが、同時に司会まで行おうとすると…大体まとまりがなくなってしまうのと、緊張して
「あの〜」
「すいません」
「あの〜」
の繰り返しになってしまい思うように進まないケースが多いように思います。
しかも、時間の経過と共に酔いも回り、横やりや茶々が入り段々とムードが悪化してきてしまう事も。

その為、ある程度制圧出来るぐらいの立場にある方が司会を進行してもらえるとすごく盛り上がるみたいなのです。
ちょっと後輩をイジリ、
おまけに少し先輩をイジリ
ていう感じです。

また、幹事さんが段取りをする場合にどうしても内容よりも外目を気にする場合があるのですが、外枠だけコッテも内容がきちんと組まれていないと失敗してしまうみたいなんです。

あくまで仕事の合間に考えないとならない事で決して時間が十分にある訳ではないので外見を重視せず内容を完璧にして余った時間をそのような飾り付けなどの外見に当てる方がいいと思います。

ただダラダラと飲んで食べて過ごすよりも、「お楽しみ」が少しあった方がいいですもんね。

幹事さんは司会者さんが気持よく出来るようにしなければなりません。
決して自分は飲めないし食べれないし、楽しいものではないかもしれません。

しかし参加してくれた方々に満足してもらい、楽しませる事が出来たならば違う喜びが生まれてくるのかもしれません。


すべてが自分の理想通りに進行し、笑いのツボを刺激する事が出来たら絶対に

☆サイコー!!☆
゜*:.,*,.:*゜
\(☆▽☆)/

って思いガッツポーズ!

その為にはやはり台本が必要なのです。そして司会者さんとの打ち合わせ。

何だかめんどくさいな〜と思ってしまうかもしれませんが、大成功を収めた幹事さんなどは必ずと言っていいほど出世しているのです。

上司からの判断はリーダー性や計画性などの評価となり、地位向上も?

せっかくお金を出して開催するんだからやはり楽しまないと損ソン!



やったぞッ♪
\(≧▽≦*)丿