日曜日に開催されたライブイベントですが、照明をフル活用する初日でもあります。

すっごく緊張…

リハーサルが開始されれ時間前までには照明シーンをプログラムしないとならないですし、手動で行う部分とシーンをチェースにしておき再生する部分の系統もわけておかないとなりません。

いや〜真剣そのものです。
色の構成やら場面の情景やらを想像して『こんな場面でこんな風に照明演出したら盛り上がるだろうな?』という感じで。
ムービングヘッドも踊らせてやらないとなりません。
当然会場全体に!
色や柄、フラッシュやスピードなどなどとにかく多種多様。
チャンネル数も16チャンネルあるので大変です。

音響やりながらステージ照明をやり、ムービングヘッドを操るなんて…

すっげ〜むちゃくちゃ

日曜日はかなり集中しての作業となり、写真すらとる余裕もなかったです。

事前に作ったシーンプログラムが100ぐらいだったのですが、やっぱり足らなかったですね…

多分場数を踏んでいけばなれていくと思うのですが…
かなり刺激的です。

てか…

ライブイベントの感想がない?

すんません

余裕がなくってほとんど覚えていません。
今日、見ていたのは正直にいえば照明演出だけ…

場の雰囲気と曲の雰囲気で組んだシーンプログラムの何番を再生していくか?
ムービングヘッドを出演者さんにスポットさせるのか?
ミラーボールに当てるのか?
会場を盛り上げる為に踊らせるのか?

左手で音響ミキサーをいじいじ
右手で照明コンソールをいじいじ。
セットリストの順番にCDやらMDやら再生


完全に追い込まれた状況

やばいっす!
おもしろすぎ〜(^O^)

学生の時にのめり込んだヘリコプターのラジコンよりおもしろいかも…