先日、結婚式二次会が秋葉原バンキンヤで開催されました。

通常、結婚式二次会は若い二人が結婚をし永遠の愛を誓いあった後に行われるお祝いなのですが、今回の二次会は少し違います。

それは入籍をしたのが10年以上も前の出来事だったのです。
子供は中学生となり、もうすぐ大人になっていきます。

そんな中、
「結婚式をしていなかったから」
という理由で今回の結婚式と二次会。

これってすごいと思う。
これが自分に置き換えて考えてみれば…

果たして今、結婚式を考えるだろうか?
おそらく「今更?」と考えてしまい、面倒臭い、恥ずかしいと考えてしまうのかもしれない。

だけど、この夫婦は違ったのだ。
「結婚式をしてなかったから」という理由で
もう一回、皆さんの前で永遠の愛を誓い合ったのだ。

しかも結婚の余興ビデオではキスシーンもあった。

子供が生まれると対外の夫婦は「お父さん」「お母さん」となり夫婦愛もいつしか家族愛に変わり、お互い子育てに忙しい毎日で空気のような存在へと変化してしまう。

まして子供達の前でキスをするなんて考えられなくなってしまう。

なのに、今回の夫婦は結婚式をした。

いや〜考えさせられる事が多かったですね。

夫婦のあり方とか、想いとか…
こんな風にお互いがお互いの事を考えられたらもっと「絆」が生まれたのだろうし
子供達はそんな親の背中を見て「結婚」という事に夢を抱くのかもしれないですね。

数多くの結婚式二次会を開催してきましたが、今回のような「想い」のあるパーティーってすごくいい。