秋葉原 バンキンヤ 秋葉仁の苦戦記

秋葉原 バンキンヤ 秋葉仁の開店からの苦戦記。 独立して16年目を迎えて思うこの頃。

カテゴリ: 気になるニュース

個人で何気なく行っていることに関しても規制が厳しくなってきた『著作権』問題。

この頃は誰でも簡単にMP3などのファイルでホームページにBGMなどを流す事が可能となっていますが、商用目的の場合はもちろんですが、個人レベルでも『使用料』問題が発生しています。

オリジナル以外の使用はすべて日本音楽著作権協会著作権使用料を払う事になります。

それがなんら利害の発生しないホームページであってもです。

続きを読む

日本の全体の人口のたった300人しかいないこの『ムコ多糖症』という病気。
その薬は先進7カ国の中で日本だけが承認をされていない。

しかし、その難病に苦しむ日本人はその薬の認可を心待ちにしているのだ。

今日、深夜のドキュメントでこのテーマについて放映していました。

そしてアメリカテキサスにて日本人の治験が行われたみたいなのです。
その治験に参加した日本人は4人。

しかし、無残にも1年半という長い期間を使っても半分の治験者(2人)は『偽薬』という事になるそうだ。

続きを読む

04232005年04月23日午前7:33から

トレンドマイクロは、同社のウイルス対策ソフトウェアの更新ファイルに不具合があったと発表。
同社が今朝7時半〜9時過ぎに配信したウイルスパターンファイルをアップデートすると、コンピュータのCPUが100%の状態となり、コンピュータの動作が著しく遅くなるというもの。。

この影響で、大阪市営地下鉄やJR東日本「びゅうプラザ」店頭、新聞各社で大規模なパソコン障害が発生したらしい。。
各地の選挙管理委員会や家庭のパソコンにも被害が及び、問い合わせは午後7時までに約5万7000件に上った。

続きを読む

バイトがこんな事を言い出しました。

「この頃ネットフリマなどの詐欺行為が多くて・・・」

今の時代はネットで買い物をしたりが普通な時代になってきました。
しかし、顔の見えない相手との取引という事もあり、信用性が問題となっています。

高額な商品の場合ならば、警察も動いてはくれるのでしょうが、小さな金額の場合は全然取り合ってもらえないというのが現状です。

そのバイトもこんな事を言われたそうです。


続きを読む

電車を降り、改札を出て駅の外に出ると必ずいるのが『募金箱』を首からさげた人々。
皆さんも募金をした事があると思うのですが、この箱の中の募金はいったいどこに行ってしまうのでしょう?

続きを読む

この頃の若者に『自殺志願者』が多くなっている事実、志願で終わる者、実行して自ら『』をたってしまう者が増えているとの事。
それは何故なのでしょう?

続きを読む

大牟田連続殺人、3被告の国選弁護人あみだで決める(読売新聞)

 福岡県大牟田市の連続殺人・死体遺棄事件で、県弁護士会筑後部会が、強盗殺人罪などで起訴された北村実雄被告(60)ら親子4被告のうち3被告の国選弁護人をあみだくじで決めていたことが11日わかった。

 引き受け手が見つからなかったためという。部会関係者は「被告に最も適した弁護士を決めるという意味では、まずいやり方だったかもしれない」と話している。

 関係者によると、4被告ともいったんは弁護人が決まったが、息子の孝被告(23)の弁護人を除く3人については産休を理由に辞退するなど、担当できなくなった。

 実雄、妻の真美(45)、息子の孝紘(20)3被告について、高橋謙一部会長が部会の国選弁護人名簿に基づき依頼して回ったが、いずれも断られたため、弁護人3人をあみだくじで決めることになった。

[読売新聞社:2004年12月11日 13時36分]


続きを読む

わいせつ先生、過去最多155人…体罰処分も173人(読売新聞)

 わいせつ行為やセクハラで懲戒処分を受けた公立小、中、高校などの教員は昨年度、全国で155人と、前年度より7人増え、過去最多となったことが10日、文部科学省のまとめで分かった。体罰による懲戒処分も、前年度比36人増の173人で、過去最多だった。

 わいせつ行為などで懲戒処分を受けた155人中、「教室内で進路指導中に、生徒にキスをした」(高知県・高校教諭)など教え子に対する行為が問題となった教員が85人で過半数を占めた。他校の生徒など18歳未満に対するものは29人、卒業生は6人だった。

 文科省は、教え子へのわいせつ行為は原則、懲戒処分にするよう指示しているが、処分基準を設けているのは今年4月現在、全国60の都道府県・政令市教委のうち12教委だけ。過去の事例を参考に甘い処分が下され、再び教壇に立つケースもあるという。

[読売新聞社:2004年12月11日00時11分]

続きを読む

このページのトップヘ