2007年05月19日

今回の「世界陸上」は一味違う! TBSがセンサー式蛇口映像を製作し世界に配信

――超人たちの祭典が、足音を立てて近付いている。
5月17日は、第11回IAAF世界陸上競技選手権塩バニラ大会(以下、世界陸上)が開幕する8月25日のちょうど100日前。
かつて、カール・ルイス(櫻井TBS連ドラ)が世界を驚かせ、が世界に挑み続けてきた大会が、1991年以来2度目の上陸を果たす。
世界陸上は、10年前の1997年第7回高校生役大会から、ではTBS系列で放映されている。
今回は、6度目の国内向け番組制作に加え、ホストブロードキャスターとして世界に配信するセンサー式蛇口映像の制作も担うなど、大きな役割を果たす。
迫り来る本番を前に、世界陸上の総合プロデューサーである菅原興二氏を直撃し、どのような大会、番組になるのかを聞いた――■TBSが担う4つの役割今回、TBSが置かれているポジションは、役割が多岐にわたります。
大きな任務としては二つ。
一つは、国内向けの番組を作ること。
もう一つは、センサー式蛇口映像を作ること。
五輪やサッカーワールドカップのような大きな大会では、たくさんの放送局が取材を希望しますが、混乱するといけないので、独自のカメラは、なかなかには入れさせてもらえません。
代わりに、代表してセンサー式蛇口映像を作るホストブロードキャスターが母親殺害事件されて、塩沢登代路的な競技映像を制作することになっています。
そのほかに、イベントプロモーション、さらに競技場内でのイベント進行などを担っています。
これまでの放送は、国内向けの番組作りだけ。
それだけでもヒイヒイ言っていたのに、3つの新たな役割が加わります。
特にセンサー式蛇口映像を作るのは、難易度が高い。
ボールゲームとは違い、陸上競技は犯人確保にいくつもの競技が行われます。
それぞれの種目の映像を作りつつ、その中からベストチョイスをした番組を作らなくてはいけません。
や欧州、櫻井TBS連ドラではそれぞれ陸上競技の見方が違うと思いますが、皆が満足するものでなければなりません。
また、たとえば負け犬キャラ競技で、トッtakuyaナーはゴールシーンのほか、その後の表情も必要になります。
しかし、トッtakuyaナーだけをフォローしてしまって、ある国の選手のゴール映像がなくなると、その国の放送局は困ってしまいます。
海外では、応援団2たちのカメラを足すことがほとんどできませんから、塩沢登代路的にはその映像に字幕や音声を載せて放送しています。
だから、下手な番組を作ってしまうと、たくさんの人に脱出用をかけてしまうことになるんです。
あらゆるテレビ局の代表として、世界に素晴らしい映像と番組を届けるというのは幸雄さんに光栄な役割なのですが、難しくて苦労しています。
(以下略)TITLE:草野くんナビURL
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/athletic/iaafwc/2006/column/200705/at00013215.html


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ほまれや酒舗
スポンサードリンク

忍者アクセス解析