2024年渓流ベイビー&ウルフ47Sのカラーサンプル

梅雨入り前に一発かましたいところですね!

ヴィヴィッドヤマメは、前回(いつだったかな?)はホイルフィニッシュで作りました。
アイシャドーも変えてお色気路線にw
最後に私物のBDと並べた写真を掲載しておきます。

パープルパープルはバックドアベース。
私物でジョイスティック130を使ってますが、良いぜ!

ペンちゃんはフリーハンドでマスキングを行なっているため
全部異なるけれど、それも楽しんで下さい。
一応、同じになるように努力はしていますw
目は黒目が動くドールアイを使ってますよ~。

イエローストライパー&オレンジストライパーは
ベイビーがチッコ過ぎてボーンのマスキングカバーを制作途中で断念。
とっさにストライパーに変更いたしました。

ベイビー(木曾ヒノキ製)はカウントダウンでしっかり沈んで行きます。
ウルフ47シンキングは姫小松の素材比重が若干軽く現れているため
スローシンキングに仕上がっています。
この2モデルだけでも多くのシーンに対応できると思います。


< ポテグリ・ベイビー 左上から右下へ>
* ヴィヴィッドヤマメ
* グリーンヤマメ
* パープルパープルBD
* イエローストライパー
* オレンジストライパー
* 木刀(赤目or黒目)

24baby

24baby2


< ウルフ47シンキング >
* ヴィヴィッドヤマメ
* グリーンヤマメ
* パープルパープルBD
* ペンちゃん(ペンギン)
* 木刀(赤目or黒目)

24wolf47s

24wolf47s2


* おまけ *
冒頭でお話ししたヴィヴィッドヤマメ
フックがセットされてる上が私物のバックドアベースです

vividだぜ~!


崖から落ちないように楽しみましょう!

※ シーバスに関する質問を頂いたので、<シーバスには…>を記事末に追記しました。

お待たせいたしました。

アクロ47 デビューです!

説明は後半のポンチ絵以降を参照願います。

写真は正面、お腹側、重さを量っているところ。
説明文の前にポンチ絵を掲載しています。


☆ カラーラインナップ
 * グリーンヤマメ       * マドンナ
 * ブラッジュヤマメ      * ジャネット
 * スモーキーピンクヤマメBD   * イエローボーン
 * ゴールドラッシュ      * オレンジボーン
 * 木刀/赤目            * 木刀/黒目


news1516

DSC07424

イエローボーンとオレンジボーンは、シルバーヘッドとゴールドヘッドにしませんでした。
前回制作時に自分用のウルフ47オレンジボーンをそうしてみたら、これもカッコイイ!からw

木刀は、「背中のロゴの黒と同じカラーでキメタイ!」そのようなリクエストが届いたから、即採用w
木刀をご希望のアングラーは目の色も指定してくださいね。
指定がない場合は赤目(イクラ色)で作ります。

DSC07429


アクロ47ボディ重量は約2.8g
今回は先行して20本制作したところ、±0.1gの範囲に収まっています。

単価については、前回消費税の計算を間違えていました。
単価自体は同じですが、@¥8800(ルアー本体)+消費税10%¥880=¥9680 です。
電卓の設定が古いままのを使ってしまった結果ですが
いつから間違っていたか知りたくないので調べませんw

< アクロ47について(アイチューン) >
アクロのアイチューン

BANZAI Luresのラインナップの中では唯一の横向きアイ仕様、アクロのチューニングについてです。
アクロ135、アクロ110、アクロ90、アクロ70、そしてこのアクロ47。
ボディの大きさ・ディメンションが異なるので、設計・デザイン・セッティングは微妙に異なりますが
目指している場所は同じです。
こいつもその場所に到達しました。

アクロは自由度の高い横向きアイと水抜けの良いカウンターバランスのボディーを組み合わせたルアーです。
目的は強く大きく動かすことではなく、あくまでもスムース&エレガント。
横向きアイがボディーに対して水平になっていることを前提にお話しします。
左右への曲がり等、基本は縦向きアイと同様です。

* 左右への曲がりとロールの方向性について

イラスト左上のアップビューで①方向に曲がる場合はBに向ける。
逆に②方向に曲がる場合はAに向ける。
また、同図でA側面のフラッシングが強調されている場合も、①方向に向いている、もしくはこのA方向のアイが上に向いて片効きしている可能性が考えられます。
フロントビューで見ると右側が上がってアイが斜めになっているということ。
左右と水平度がバッチリ決まれば、ロッドワークやリーリングの変化にも素直に反応して破綻しにくい滑らかな動きを見せてくれるはずです。

* 潜行深度について

基本の水平セッティングでは、このアクロ47は最大深度30cm程度と言ったところです。
単純にアイを上に向けると潜る傾向が強まって深度30㎝プラス方向に。
下に向けると潜りにくくなることは当然ですが、ここではアイチューニングによってどのような特徴が現れるのかみてみましょう。

イラスト左中のサイドビューは、基本セッティングのボディーに対して水平な状態を示したものです。
右のフロントビューで見ますと、横一文字の状態です。

* 潜らせたい場合やタイトな動きにしたい場合。

サイドビューでC方向(上)に向けるほど背面の平面Rに水流を強く受けて、プラグ本体を押し下げる作用が強く働きます。
イラストC図で説明するとヘッド角に対して90度(直角)を限界とします。
この時のウォブリング回数は下記の「アイを下に向ける」場合の倍以上とお考え下さい。
例えば下に向けた場合のウォブリング&ローリング回数が10回だとすると、上に向けた場合は、同じ距離でも20回以上の振動を発生します。
ラインテンションが掛かるので、手ごたえがある分かりやすいチューンと言えます。

* 潜らせたくない場合やヌルヌルとした穏やかな動きにしたい場合。

私がアクロで最もやりたかったことはこれです。
D図で見ますと、背中のラインと平行な位置までアイを下げることは可能です。
このチューンはボディー内部に設定してあるカウンターウェイトに近い位置をを引くことと、横向きアイの中のスペースを最大限に利用する方法です。
するすると水を抜ける様は、ともすれば難解なルアーと思われるかもしれませんが、イメージできれば何てことはありません。
ただ巻きの速度を上げて行くと、ある時点でナチュラルダートが現れます。
これがリアルダーターの真骨頂です。
この動きをあらゆる速度で表現するのがジャーキング(トゥウィッチを含む)です。

あなたの表現と魚の反応がリンクして未体験ゾーンに立ち入ることを強く望んでいます。

<シーバスには…>

マイクロベイトや小さなゴカイに固執してる場合などは効果的。
港湾エリアで発生するクルクルバチ(トリッキーバチ)にもOK。
アクロ47以外の47bros.は総じて効果的です。
但し、フックは強いものが必要。

DSC07436

カルティバの場合は、スティンガートリプルエクストラ STX-38ZN サイズ:12 又は 14

ガマカツの場合は、ラウンドベンド/ミディアムヘビー TREBLE RB MH サイズ:12 又は 14

これらはかなり安心感があります。

写真は3月の港湾エリアの小さなバチ抜けで爆発していたアクロ47ホイルジャネット。
この時の使用フックは、TREBLE RB MH サイズ:12

DSC07372

↓ランカーはカルマ47ゴールドラッシュ(小さな画像しかありません)

karma47ランカー


どんなゲームも楽しんで下さい!


渓流マンは待ちに待った解禁ですね!
今年もバッチリ楽しんで参りましょう。

ピンクヤマメBDは、2015年に作ったものはピンクバック&薄いオレンジベリーでパーマークはブルー。
今回はベースカラーから変えてます。
バックはピンク+クリスタルレッド+レッドパール
ベリーはキャンディブルー(調色による)+ブルーパール
パーマークはホワイト
アイシャドーはピンク+ブルー+2色のパール。
スモーキーな雰囲気に仕上げました。
マグロからイワナまで効きそうですねw


< ジョイスティック60 >
* グリーンヤマメ
* スモーキーピンクヤマメBD
* マドンナ
* イエローボーン
* オレンジボーン
joy60_2403a

joy60_2403b

joy60_2403c

ジョイスティック60のフックのセッティングに関しては
を参考になさってください。


< カルマ47シンキング >
* グリーンヤマメ
* スモーキーピンクヤマメBD
* イエローボーン
* オレンジボーン
karma47s_2403a

karma47s_2403b

karma47s_2403c



< ウルフ47フローティング >
* グリーンヤマメ
* スモーキーピンクヤマメBD
* イエローボーン
* オレンジボーン
wolf47f_2403a

wolf47f_2403b

wolf47f_2403c


浮き角チェック(シンキングは沈下姿勢)を完了いたしました。
仕様フック:GAMA TREBLE RB MH #14&#12
スプリットリング:平打ち1号&2号
ちなみに、#14フックと1番リングの組み合わせで約0.1g。2セットで約0.2g。
同様に#12フックと2番リングの組み合わせは約0.25g。2セットで約0.5g。
このわずか0.3gの違いが世界を変えます。

「カルマ47シンキング 本体重量約3.1g±」
前述のフックの組み合わせを色々試してみてください。
沈下姿勢と動きのバランスの好みで決めてください。

「ウルフ47フローティング 本体重量約2.6g±」
#14、#12どちらも使用可能。
① 前後#14の場合 浮力高めで平行浮き。動きは派手め。
② 前後#12の場合 ウルフ本来のテールバランス。ジャーカーはこちらがお勧め。
流速や水深、それとやはりお好みでチューンなさってください。


以上、簡単な説明となりますが、使い勝手はアップ&ダウンや流れの強さによってずいぶん変わってきますから、想定するフィールドと好みによってセッティングしてみてください。


* おまけ *

フック以外のウエイトチューンで便利なグッズを紹介いたします。

下は↓ゴルフ(テニスラケットも?)のウェイトバランスシートです。
鉛の厚み0.3㎜のシートに両面テープが付いたタイプ。
小さな渓流用ルアーのチュ-ニングには持ってこい!
これはTabata-GV0624(タバタ製)でAmazonで購入したもの。
安価ですし使い勝手が良いのでお勧めします。
大きなルアーにはもっと厚みがあるタイプがお勧め。

写真もAmazonに掲載されているものです。

61aC33o46HL._AC_SL1000_

71nKpq3crzL._AC_SL1500_


ご自分の戦略にマッチしたバランスを導きだして
あなたの個性をぶちかましてくださいw!!

スモーキー!
SmokyPinkBlue

20242月:カラーサンプル

やっぱり写真がイマイチですが、現状の私にはこれでいっぱいいっぱいです。


日に日に日が長くなってきました。

でも2月が短いのは変わりませんw


今月はホームページでお知らせしたように下記4モデルです。


カルマ150固定重心、ウルフ130重心移動、シープ100重心移動、ジョイスティック100


今回、ジョイスティック100の購入者は、この推奨フックがプレゼント企画になってます。

最後に写真を載せておきますね。

お持ちのユーザーさんも受け取りを拒否することはできませんw


木曽ヒノキ製は全モデル共通です。

フックサイズも「しおり」通りの推奨サイズでOKです。

気が付いた点はメモに追記します。


各モデルのカラー名

そして写真は、正面(サイドビュー)、ベリー(お腹側から)、バック(背中側から)となっています。


☆ カルマ150固定重心

 * ボラBD

 * ホイルマドンナ

 * イエローボーン

 * ボーンボーン


<メモ>

速い流れの中の安定性は、それを目指して開発したため。

基本は#1フックで。

ただ、潜る方向のベクトルも強いため、コントロールにストレスを感じる場合は、ウルフ130がお勧め。

流れが弱く、スローでよりアクティブに動かしたい場合は#2フックで。


ちなみに、ボラBDのBDはバックドアの略でホイルの裏を表に出した仕様。

ボラのオリジナルは、このBDベースです。


karma150_2402a


karma150_2402b

karma150_2402c


☆ ウルフ130重心移動

 * ボラ/ホイル(通常のホイルフィニッシュ)

 * チャートバックイワシOB/WD(オレンジベリー/ホワイトドット)

 * ウッドボーン

 * イエローボーン


<メモ>

2フックまたは#3フックで。

2オンリーで行けると思います。

細身のウルフは港湾エリアでも活躍するはずです。

実際、私が1月下旬に釣っていたエリアは首都高速道路と東京モノレールを目の前に眺めながらウルフ130をジャーキングしてました。


wolf130_2402a


wolf130_2402b

wolf130_2402c


☆ シープ100重心移動

 * チャートバックイワシOB/WD(オレンジベリー/ホワイトドット)

 * ホイルマドンナ

 * ボーンボーン

 * イエローボーン

 * オレンジボーン


<メモ>

シープで細身の設定は、この100150

重心移動は100だけの仕様。

4フックオンリーで問題はないはず。

周年活躍するモデルですが、今の時期のバチ抜けローテーションの一角に加えるべきモデル。


sheep100_2402a


sheep100_2402b

sheep100_2402c


☆ ジョイスティック100

 * チャートバックイワシOB/WD(オレンジベリー/ホワイトドット)

 * 鮎

 * ウッドゥン鮎

 * イエローボーン

 * オレンジボーン


<メモ>

オリジナル130の開発コンセプトは、速い流れの中でも破綻しないルアー。

ジャークしなけりゃ動かないジャークベイトの特徴?を生かして、ハイスピードドリフト族を目指しました。

当時通っていた利根川のポイントを攻略するために作ったモデルで、爆発的な釣果を手に入れました。

この100もダウンサイジングモデルとして作りましたが…

放っておくだけで微妙な揺らぎが、バチ抜けにロックオンした魚を狂わす異彩をまとっていることに気が付きました。

こいつもバチ抜けローテーションに加えるべきです。

なお、推奨フックサイズ#6は今回のプレゼント企画になっています。

リピーターのユーザーさんは、お持ちの方も多いと思いますが、受け取りは拒否できませんw


joystick100_2402a


joystick100_2402b

joystick100_2402c


   ↓ おまけのフックです♪
    この100本入りをお届けしますw

ST-31TN_#6


3月もマイペースで楽しんで参りましょう。

20241月:カラーサンプル


2024年最初のリリースです。

使用木材は全て木曾ヒノキ製。


過去の1月の記事を参考にしていただければ幸いです。

バチ抜けの釣りと制作ルアーのご紹介を網羅しています。

私も振り返って参考にしております。


さっそく モデル名、カラー名、写真(正面&べりー)の順にご紹介しますね。

フックサイズに関しては3モデル共、推奨標準サイズでOKです。

バチ抜けのセッティングとしては、平行浮き姿勢をキープなさってください。


✰ シープ150

 * ウッドボーン

 * キャンディグリーン

 * バックドアRB


sheep150_2401


sheep150_2401b


✰ ジョイスティック130

 * ホイルマドンナ

 * スモーキングガン

 * ウッドゥン鮎


joystick130_2401

joystick130_2401b


✰ カルマ100

 * ウッドボーン

    * チャートバックイワシOB


karma100_2401


karma100_2401b




おまけは釣りとは無縁ですが、リンダ・ペリー一世一代の絶唱。

92年のファーストアルバムの3曲目。

日本では全く話題にもならなかったけれど、世界中の若者のバイブルに。

17億回の再生のうち、私が50回位かな。

ちなみに、バンド構成は女性3名男性1名。



Xmas 2023:カラーサンプル


今年のクリスマスバージョンのリリースモデル・価格とカラーサンプル画像です。


<制作木材に関して>

11.カルマ150 14.カルマ90 19.シープ100(重心移動)21.スタッフ90

この4モデルはスプルース製で、他は全て木曽ヒノキ製です。


<重心移動に関して>

(重心移動)の記入が無いモデルは固定重心です。


<価格に関して>

今回の価格に関しては、塗装工程数が約2倍に及んだため、¥105から¥950の範囲でキリが良い数字にアップさせていただきました。

ご了承くださいませ。


<オーダーから発送に関して>

22(金)に受注~翌23(土)に集計確認と返信~発送は24(日)以降の予定。

混乱と間違いを避けるための算段です。


<その他のメモ>

フックサイズは全て「しおり」で推奨している範囲で問題ありません。

範囲外でも使えますから好みとフィールド状況にマッチさせてください。

主観ですが、とても美しく仕上がりました。

暗がりでは怪しく、明るい場所では妖艶に。

写真では表現できないので現物で確認なさってください。

まさに洒脱の雰囲気です!



1.アクロ135 @¥13500

2.アクロ110 @¥11500

3.アクロ90 @¥11000

4.アクロ70 @¥10500


AcroXmas2023


5.ウルフ140 @¥13500

6.ウルフ130(重心移動)@¥12500

7.ウルフ125 @¥12500

8.ウルフ115 @¥11500

9.ウルフ100 @¥11000

10.ウルフ90 @¥11000

WolfXmas2023

WolfXmas2023_2


11.カルマ150 @¥11500

12.カルマ130 @¥11500

13.カルマ100 @¥10500

14.カルマ90 @¥10500


KarmaXmas2023


15.シープ150 @¥12500

16.シープ140 @¥12500

17.シープ125 @¥12500

18.シープ115 @¥11000

19.シープ100(重心移動)@¥11000

20.シープ90 @¥11000


SheepXmas2023


21.スタッフ90 @¥11000


StuffXmas2023


22.ジョイスティック130 @¥12500

23.ジョイスティック100 @¥11000


JoyXmas2023


24.ハイパーハグハグ @¥18000

25.スーパーハグハグ @¥11500

26.ハグハグ @¥11000


HyperXmas2023


27.ポップンハイパーハグハグ @¥18000

28.ポップンスーパーハグハグ @¥11500

29.ポップンハグハグ @¥11000


Pop'nXmas2023


30.ポテグリ @¥11500

31.ポテグリ・ジュニア @¥11000


PoteXmas2023


32.モンロー115(重心移動) @¥11500


MonroeXmas2023


33.プレイズ130 @¥13500

34.プレイズ110 @¥11500

PraiseXmas2023


キャンディグリーンバック

DSC06866


キャンディレッドベリー

DSC06870


素敵なクリスマスを!


DSC06942


おまけのクリスマスソング

1987のメレンキャンプのクリスマスソング。
バックコーラスのおチビちゃんは彼の娘。
今でもカワイイと良いね!

↑このページのトップヘ