20170322 ACCESS続伸&円高の影響について

カテゴリ:
20170322損益20170322ポートフォリオ






日経平均 19041.38 -414.50(-2.13%)
NYダウ 20622.30 -45.71(-0.22%)
ドルが110円台に入ってきた。円高への流れがちょっと速い。

大きな影響は無いと思いたいが、為替に影響を受けやすい日経構成銘柄がダメージを受けると結局は投資家の総保有資産が減少するわけで、トータルの信用余力も減少して回りまわってACCESSも無関係というわけにはいかなくなる。

また現在は海外ソフトウェアの売り上げはさほどではないが、ACCESS TWINE など海外はこれからという場面での円高基調は正直有り難くない。

この状況で現在の買いが維持されるのか注意しつつ、今週から来週にかけて慎重に取り組んでいこうと思う。

20170319 ポートフォリオ現況

カテゴリ:
20170319損益20170319ポートフォリオ



日経平均 19521.59 -68.55(-0.35%)
NYダウ 20914.62 -19.93(-0.10%)
ドルは112円台後半。

ドルが大幅に下がってきましたが、日経はそこまで弱くはありません。個別物色という雰囲気が強くなってきました。

ポートフォリオはACCESSが信用買40000株にしてますが表示を纏めているだけで、内6500株は現物で所有しています。金曜日は下値を探りに行きましたが、最終的に強烈な戻しで下髭を盛大につけてプラテンしました。木金で上髭下髭のなかなかの日足チャートになりました。
20170317ACCESS日足

決算後の足取りはここまでほぼ完璧ですが、ここは今年の出世株だと思い追っていきます。








一方、新しくポートフォリオに組み込んだのはウェッジHDです。先週の大暴落では昭和HDで巻き込まれ、ロスカットは350万を超えました。仕事中だったので避けようも無く、暴落初日に180円で返済しました。金曜日にウェッジを買ったのは、タイのGLがほぼ底を打ち、反転上昇局面へ移行していくのではないかと思ったからですが、それもこれも今回の融資の流れの潔白が証明されなければなりませんので、その成り行き次第です。

配当銘柄としては、GMOクリックHDを6000株追加して現引きし、10000株としました。月次の速報が成長にブレーキを感じさせる数字で値を下げてきていますが、大きく下げる場面があれば追加予定です。ここはクリック証券の業績は恐らく頭打ちでしょうが、タイでの事業開始とネット銀行への参入、そしてGMOwalletがいつ動き出すのか注意しつつ、配当をもらいながらじっくり取り組みたいと思います。

最後にポートフォリオの保存株キヤノンは、ここに来て地合いの悪さを吸収して続伸しています。キヤノンの過半数を売って昭和HDを仕込んだので、完全に逆を行ってしまい残念な目にあいました。押し目待ちに押し目無しの様相を呈してきたので、ここはひとまず様子見を見ています。
20170317キヤノン日足

20170316 ACCESS(4813)07年1月期決算発表と翌日の動き

カテゴリ:
平成29年1月期 決算短信
平成29年1月期 決算説明資料

ACCESS、17年1月期は6億円の営業黒字に Nintendo Switchなどゲーム機のほか、車載機器、テレビ向けNetFront伸長(Social Game Info)

Social Game Info の記事が読みやすかったので上記リンクです。

個人的には今期の見通しが立って、今後の継続黒字化が期待できる内容であればと思っておりました。前期についてはそもそも3Qの段階で進捗が悪く、未達もやむなしと思っていましたが、前期も今期見通しも文句のない数字でした。

この会社がPBR1.0倍前後をうろうろしていたのは、経営基盤(財務ではなく)が脆弱で安定して黒字を出せる体質ではなかったためで、場合によっては赤字を見込んでPBR1.0倍割れもしばしばでした。しかし現社長の兼子氏が2年ほど前からトラブルプロジェクトの整理を進め、ここにきてようやく結果として数字に表れ始めました。

また、同時に発表した減資と累積赤字を一掃は黒字体質になった意思表示であり、繰越利益剰余金の欠損を解消したことで、今後株主還元ができる環境ができたということでもあります。


ところで、今期の業績にはインドのリライアンスとの契約の貢献がさぞや大きいだろうと思っていたところ、今期予想では海外ソフトウェアの部門で大きな増収の見込みはありませんでした。これは今後上方修正案件となるのか、それともあまり利益に結び付かない契約であったのかは不明ですが、国内販売だけでこれだけの黒字を生み出せる体質へと変貌を遂げたということに、今後の成長が期待されます。


以下、分足と週足の推移です。
20170316ACCESS分足20170316ACCESS週足











ストップ高をつけることはありませんでしたが、大きく崩れることもなく出来高をこなしました。

決算前は継続黒字化が見えればPBR2.0倍の1400円を目安に考えていましたが、実際今回の内容は予想を上回るものでした。これに更に今年の新たな案件や海外部門の伸長があれば、時価総額1000億円を目指したい。とりあえず、その一歩手前、900億円超えの2300円を目標に付き合っていきたいと思います。

ちなみに1000億円に乗るには2545円。ニコニコ2525でなくて残念です。

このページのトップヘ

見出し画像
×