2012年05月15日

ミリオンダラー 【Million Dollar】





日本にバー文化が定着して最初にブレイクしたカクテルは「ミリオンダラー」。

このカクテルを有名にした出来事は1926年5月15日の読売新聞に載った文芸春秋の広告に「酒ならば、コクテール、コクテールならば ミリオンダラーコクテール、雑誌ならば吾が文芸春秋・・・。」のフレーズが有名ですが「ヨミダス」で調べましたが見つかりませんでした。

ミリオンダラーカクテルの誕生は1890年サンフランシスコのホテルマンであったルイス・エッピンガーが横浜グランドホテルの支配人になり、彼の創作で「バーテンダーの神様」と言われた男、浜田晶吾がアレンジして作り、後に銀座のカフェーライオンに迎えられた。
当時の流行語辞典に「ミリオンダラーコクテールは、甘くて桃色の美しいコクテールである」とその名を記録されている。

1931年春陽堂から「銀座細見」が著者、安藤更生により発刊されてベストセラーになる。

『ライオンは銀座カフェー史上の第一に置かるべき店である。店の人気を支えていたのは実にバーテンダー浜田であるがためであった。浜田ほどのバーテンダーを見たことがない。彼は早くから横浜グランドホテルの酒場にあって外国人に名を知られコクテールをシェークするときの仕草や客への対応ぶり独特の味がある。そんなバーテンダーは今、銀座には彼とレッドテープの高橋のほかいない。二人の出身は横浜グランドホテルである』
「昼の銀座 夜の銀座」のページより引用


このように、カクテル名人”ミリオンダラーの浜田か浜田のミリオンダラーか”として銀座からブレイクした。



11
【ミリオンダラーカクテル】
このカクテルは日本では1894年ルイス・エッピンガーの創作と云われている。
彼は、1890年横浜グランドホテルの支配人に迎えられてホテルのバー経営に力を発揮され、氏の指導を受けたバーテンダー浜田晶吾が作りブレイクする。横浜から「バンブー」「チェリーブロッサム」「ヨコハマ」カクテルが発信されて全国に広がる。横浜は日本のカクテルの発祥の町。


IMG_0001
【クラフトカクテルブック】(2002年発行)
このカクテルブックの154ページに「ミリオンダラーは1910年ラッフルズホテルのバーテンダーNgian.Tong.Boon(ニヤン・トン・ブン)により創作された」と書かれている。
このバーテンダーは、シンガポールスリングも創作している。


IMG

【横浜海岸通 十八番異人旅宿之図(二代歌川広重、1869年頃)】
このホテル「インターナショナル」は1868年開業されて、現在、山下公園通りに面したマリンタワー近くにあたる。
コロニアルホテルと称されるスタイル、経営者は外国人のW.カーティスで英字新聞「ジャパンヘラルド」紙の広告にワインと洋酒が取り揃えられてレストランとビリヤード室にバーがあった。
当時、ホテルは外国人が建て外国人が利用した。






コメント(0)カクテル 【Cocktail】│  mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
  • SEOブログパーツ
Blog RANKING
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ
ブログランキング ブログランキングならblogram
にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
INFORMATION
DSC_0229-名刺用
STAG BAR KIMURA

大阪市北区曽根崎新地1-6-21
            イトヤビルB1
TEL:06-6345-3659
    06-6345-3650

Open 18:00 - Close 23:30

RSS
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加