2018年02月04日

mixiチェック
昨年は実家のある九州まで月に3回ほど飛行機で介護帰省していました。
そのため体調がどんどん悪くなってきていました。
自宅に帰ると体力回復までに1週間ほどかかる状態です。
体力が元に戻るのに自転車操業している感じ。
体力が十分でなくなると、ふらつきやら、めまいやら、
それに伴う吐き気やら、動作中の不意の転倒が増えてきます。

とにかく体力を戻したいのもあり2週間ほど前から
第二の脳と言われる腸内環境を整えようと酵素を飲み始めました。
するとまず、朝が変わりました。まず、朝になるとウンチが
お尻をノックしてきます。寝ていても時間になるとノックが始まる感じです。
すると調子が悪い朝の時間になんとか動けるようになってきました。
何が要因かはわかりませんが、少しだけ自分の感じる動きの感覚が、
正常な頃に近づいてきました。正直嬉しいです。

感覚がまだ正常な状態の6割くらいですが、
それだけでも動ける範囲が広がります。
一昨日は、久しぶりに6kmほど歩くことができました。
あとは振り返りの動作がスムーズになることが課題かな。
しばらくはこの酵素、飲み続けてみたいと思います。


(11:33)

2018年01月18日

mixiチェック
私、現在50歳。
昨年5月に九州の実家の父が入院し、
介護と家事で毎月3回飛行機で移動していました。
介護と家事だけならば体力的なストレスだけですが、
毎回帰省する度に、身内から諸々言われ、
それが毎回の帰省で相当のストレスになり、
それが半年間続いているので、
どうしても身体に出てきてしまいます。

5月の頃はまだまだなんとか身体を
コントロールできていましたが、
最近は自分の身体をコントロール
出来ている感覚はあまりありません。

中国鍼、放射能泉、整体、食事…。
これまでの経験からいいと思うことをやってはみますが。
ホルモンバランスが崩れると最悪。
これまでは低温期や排卵の時期が調子が悪かったのですが、
最近生理中が笑っちゃうくらいに動きがヘロヘロです。

正直挫けそうなくらい、身体が思うように動きません。
見た目はそれほどないかもしれませんが、
私の意識の中ではやっぱり意識を集中させないと動けません。
昨日はお箸もあまり思ったように動かせず、
なんども箸を落とすような感じです。

手も友人からプレゼントしていただいた
手のひらにブツブツのついた手袋が役に立ちました。

だけど私、もう一度運動が出来るような身体に仕上げます。
日常生活を自立するだけではつまらない。
軽い運動が出来る身体です。



(15:00)

2017年02月25日

mixiチェック
先週1週間は大阪の中国鍼の集中治療に行っていました。
5年ぶりの集中治療です。
だましながらもなんとか5年間を過ごしていたのですが、
さすがに持病の不安を隠しきれなくなっていた頃だっただけに、
先週の集中治療での急激な身体の変化に驚きを隠せずにいます。

正直まだ動きの変換時には躊躇してしまい、
頭で動きを整理して、ようやく動ける状態ですが、
それでも動きについては大きな変化がみられるようになり、
不安も吹っ切れました。

●靄のかかったような感覚がなくなった
●平衡感覚がもどり安定感が増した
●脊髄周囲のこわばりが軽減し、可動域が広がった
●自分の意識と運動の連動が大分連動出来るようになった
→かかとの動きだけは他の部分で不随意運動がでてしまう。

人それぞれの感じ方があるのでしょうが、
私は今回の集中治療で覚悟を決めました。
病気を克服し、自由に動き回る私を取り戻すことを。
「治らない病気」ですがきっと私、克服します。

克服出来る私がイメージ出来たから、
きっといつか、克服するでしょう。

「病気とうまく付き合う自分」から抜け出し、
「病気を克服する自分」をイメージ出来る…
そんな治療でした。

東洋医療なので長い付き合いになるでしょうが、
覚悟を決めました。私は中国鍼と自分自身のトレーニングで、
病気を克服するんだと…


(00:21)

2017年02月01日

mixiチェック
この半年、とにかく辛かったです。
心が本当に折れそうな気分でした。

このままどんどん病気が進行して、
自分でバランスがとれなくなって、
自分の力で歩けなくなるんじゃないかと…。
歩けなくなって、そのうちに寝たきりになるんじゃないかと。
不安で不安で。情けなくて、情けなくて。

ベランダで洗濯物を干していて、物干竿と干そうとしている
洗濯物との距離がつかめずに相当苦労しながら洗濯物を干しています。
実際距離が違って洗濯物やハンガーを持ったまま前に転んで膝を打ったり…。

料理のとき、千切りがいつもよりも大きくなるので
千切りの必要のない料理にしたり。

点滅している歩行者信号は渡りません。
赤に変わる時に走れないから。

ちょっとした方向転換が一苦労です。
健康な方の感覚では体験することがないでしょうから。
強いて言えば、コーヒーカップから降りた後のアレです。
軽いめまいの感覚が、方向を変えたり、動作を変える度にやってきます。
だから椅子から立って、歩き始めたりするのが一番苦手。

パソコン画面を集中して見ることができません。
読書も集中が続きません。
もちろん文字も紙に書くのが辛いです。
葉書1枚に簡単な手紙がやっとです。

言葉も時々、脳梗塞になったみたいに滑舌が悪いんです。
調子がいい日は普通に話せるんだけど、
調子が悪いと本当に脳梗塞と同じ状態。

そんな感じで日々過ごしていたので、
悲しくて、悲しくて。。。
情けなくて、情けなくて。。。

おまけに異形狭心症の発作がたまにおきるから、
何がなんだか・・・。

夫3ちゃんが負けず嫌いの私のお尻を叩きます。
「病気に負けたら絶対ダメよ。
負けた途端に一気に病魔が押し寄せて、
あっと言う間に身体を蝕んで行くんだから。」

負けない、負けない。
負けちゃダメ、負けちゃダメ。
マイナス思考よさようなら。
前向き、前向き。

この言葉を呪文のように唱えていて、
今週なんとか峠を越えました。
めまいはまだまだありますが、
少しだけ落ち着きました。

辛い日、ほんと、長かった…。







(15:24)

2016年08月26日

mixiチェック
BlogPaint


写真は新製品「アタックNEO」のキャップを上から見た図。
持病で握力の弱ってきた私でも、
随分開けやすいかたちになっていました。
平面になった場所があるだけで、すごく開けやすいのです。

メーカーに問い合わせたら、これは
襟汚れ等に直接洗剤を使用する場合に使うらしいです。
矢印で示した場所が少し尖っていて、
その両方向が平面になっています。
これが私にとっては開閉がしやすい。

偶然生まれたユニバーサルデザイン?ですが、
「握力の弱い私のような人間にとって使いやすくなったこと」を
メーカーにお伝えしました。

(16:30)

2016年06月13日

mixiチェック
水素水を飲み始めて1年以上。
春先はもしかしたらひとつの山場だったのかもしれません。
ふらつき、めまい、複視…
とにかくどんどん症状が酷くなっている気がしました。
先月上旬までは。とにかく一日中床に伏しているような感じ。

ところが身体のこわばりが酷いので近くの鍼に行った翌日から、
身体がいつもと違います。短時間での動きなら身体の軸があまり揺れません。
「何かが違う」のです。安定しています。
健康な状態がどのような感覚だったのかを忘れてしまったので
何とも言えませんが、おそらくそれに近い状態を
短時間ならば維持出来ています。
何が良かったんだろう?


今、毎日続けているものは…
●水素水(7ppm)
●ノーマライザ(青パパイヤ酵素)

時々やっているものは…
●鍼灸治療
●温泉湯治(ラジウム温泉が主)
●各種ストレッチやラジオ体操、自転車(自宅で漕ぐだけ)


とにかく日々変化する身体と相談しながらやっています。
そして続いています。
完治はしなくても緩解すればいいんだけどなぁ〜。



(15:03)
mixiチェック
IMG_2291


夫の会社関係の方からいただいたので飲み始めました。
青パパイヤ酵素。何がいいのかは不明ですが、
飲むのが全然嫌じゃないので取り寄せて今も続けて飲んでいます。

飲み始めて2週間程は体調が極めて良好で、
毎日からだが軽く過ごせる日々。
しかし2週間を過ぎた後は身体が何とも言えないだるさとふらつきで、
「飲むのを止めようか」と思うくらい。
「良くなる前は必ず身体がだるい時が何度もやってきて、
それからやっと身体が楽になるもんだよ。」と夫から言われたのを思い出し、
飲み辛いものではないので今も続けています。

何が身体にいいのかはわかりません。
ただ毎日続けることが苦痛ではありません。
舞朝起きるのが軽いから。



(14:46)
mixiチェック
IMG_2289


最近少しペットボトルの蓋を開けにくかったり、
少し大きめの瓶の蓋を開けるのが苦手になってきています。
それで少しでも握力を維持出来るように、
昨日ハンドグリップ購入しました。
一日数回、テレビを見ながらやろうと思います。


(14:29)

2016年01月21日

mixiチェック
水素水の飲用を始めて9ヶ月。
年数回の1週間程度の温泉湯治を始めて3年目に突入します。
昨日セキ喘息の吸入のお薬の吸引後、普通にうがいをしていた時のこと。

夫が「ん?上手に出来るようになったね。」と言うんです。
私:「何が?」
夫:「う・が・い。名古屋に引っ越してきた頃は、吸入後のうがいがまったくできたくなってたでしょう?『ガラガラ〜』が上手にできなくて、嗚咽ばかりだったでしょ?」

そうえばそうです。
ほとんどうがいが出来なくなっていたのに、気がついたら再び当たり前のようにできるようになっていました。おどろきです。

病気の回復を感じ、
最近は病気の進行を全く感じなくなった訳でもないのですが、
出来なくなってしまっていたことができるようになることは、
小さな幸せです。

この小さな幸せを感じるために、バカみたいな小さな努力を続けています。

(17:50)
mixiチェック
IMG_1997












年末年始の湯治後、身体が自然に動く時があります。
階段の昇降も、なんとなくリズムを作って軽快に降りそうなときがあります。
湯治後運動の連動性が良くなったみたいな気がして、
思わず近くの公園で「走る」練習をしてみました。
200mくらいは今までのように普通に走れるようになっています。
でも200m以上になると身体がちぐはぐに動き始めます。


IMG_1998












持久力の課題が出てきたので愛チャリで室内練習。
60分のLSD。熊本城マラソン4kmを本当に走れるのだろうか?
今の状態では「走る」ことは200m程度しかできません。
でも連動性が少し良くなってきたことは体感しています。

ただし、練習後は日常生活の中で不意によく転びます。












(17:49)