2009年12月22日

桜散る頃

 
桜散る頃




処女・童貞
 
 

 
[コミュニケーション新世紀]

処女にこだわる時代じゃないよ

初めてのセックスとは女性にとっては、ひとつの通過点であり

それ以上の意味はないとtanomuは考える

おやじ、じじいに多いのが処女に意味を与えすぎること

初めてのセックスなんかいつでもえーやん

相手が誰だろうと、過去のどーでもいい話やん

そんなものを、いつまでも大事な思い出にしてるやつってキモイ

by tanomu (タノム)

2009-10-30




『タノムダイアリー 処女・童貞』より




デンマンさん。。。今日はタノムさんの手記を持ち出してきたのですか?



いけませんか?

めれんげさんが交通事故で“華麗なる休息”をしていて短歌や詩や手記が書けなくなったので、タノムさんの手記を持ち出してきたのですか?

うへへへへ。。。分かりますか?

タノムさんは喜ばないと思いますわ。

どうしてですか?。。。レンゲさんは、どうして、そう思うのですか?

だってぇ、タノムさんは「第二のめれんげさん」にされたくないと書いていましたわ。

どこに。。。?

デンマンさんは、お読みにならなかったのですか?

だから、どこにそのような事が書いてあったのですか?

タノムさんのサイトですわ。。。次のように書いてありましたわ。


めれんげさんの見解



めれんげさんに連絡をとり、

デンマンさんに関して取材させていただきました

曰く、

「他人を馬鹿呼ばわりする前に自分の身を省みてはどうか」

「いったんは、関係を修復したものの、

あまりの手前勝手さにうんざりしている」

「何よりも腹立たしいのは、めれんげの書いたものに

自分勝手に肉付けをして、愛のコラボなどという

噴飯物な文章に書き換えること」

「もう二度と関わるつもりはないし、めれんげをネタに

ブログを書くことに、心底不快感を覚える」

などなど、ネガティブな発言ばかりを

デンマンさんに対してされていました。

デンマンさんに取材を申し込むつもりはありません。

なぜなら、それをきっかけにタノム自身が

「第二のめれんげさん」に

なってしまうことを危惧するからです。


by tanomu (タノム)

2009-10-05




『デンマンさんの生態研究 2009年10月5日』より




タノムさんが可愛らしい女性なので、デンマンさんは急に興味と関心を抱いたのですか?



やだなあああァ〜。。。レンゲさんまでが、そのように僕を色眼鏡で見るのですか?

だってぇ〜、ちょっと知的で魅力的な女性を見るとデンマンさんはすぐに接近したがるということが、もっぱらのウワサになっていますわ。

あのねぇ〜。。。、それは根も葉もないウワサですよう。。。レンゲさんは、そのような根拠のないウワサを信じませんよね?

もちろん、信じたくありませんわ。

そうでしょう!?。。。だから、誤解を招くだけだから、そのようなことは言わないでくださいよう。

分かりましたわ。。。でも、タノムさんは喜ばないと思いますわ。デンマンさんは、なぜタノムさんの手記を取り上げたのですか?

あのねぇ、僕は何度も言っているようにネット市民の皆様には“知る権利”があるのですよう。


知る権利は

ネット市民の基本的人権です


旧ソ連が崩壊したのはなぜだと思いますか?
ネットが縁の下の力持ちとして活躍したんですよ。

僕やあなたのような世界のネット市民が西側の健全な情報を情報鎖国を敷いていた旧ソ連に流していたんですよ。
つまり、情報鎖国をするような国というのは民主主義の国ではありえないんですよね。
江戸時代の日本も文字通り鎖国をしていましたから、とても民主主義とは言い難い。
大体、情報鎖国をする。
国民の耳をふさごうとする。
国民の口をふさごうとする。
もし、国民が主役であるならば、このようなことは許されない事ですよね。
あなただって、そう思うでしょう?

政府や権力が、このようなことをしようとすれば、やがては旧ソ連のように崩壊せざるを得ません。
良識あるネット市民はこのようなことを許しませんよ。
良識ある旧ソ連の市民と活動家は、このような西側からのサポートを得て立ち上がったわけですよね。



分かるでしょう?
世界のネット市民には“知る権利”があります!
この知る権利を持つ世界のネット市民の基本的人権が“言論の自由・表現の自由”です。

そして民主主義というものは国民が本当の意味で主役になる社会理念だと思いますね。
つまり、民主主義の社会にあっては、政府や権力が国民の耳をふさぎ、口をふさぐという事は許されないんですよ。
国民が主役なんですから。。。
それが民主主義のはずです。でしょう?

そして、グローバル化した現在の世界では、ネット市民が主役です。
あなたや僕のようなネット市民が主役なんですよ。

そう思いませんか?

多少誤った言論であろうとも、
ちょっと下品な言論であっても、
それは民主主義という名のもとに許されるべきなんですよね。

お互いに批判し合いながら人間的にも社会的にも進歩してゆく。
それこそ望まれるネット社会ではないでしょうか?
そう思いませんか?


だからこそ、知る権利を持つ世界のネット市民の基本的人権が“言論の自由・表現の自由”です。
ところが、これまで国際化している世界の中にあって、言論の自由・表現の自由が全く理解できない人がたくさん居ます。
残念です。
この国際化の時代に、世界のネット市民になるには、この言論の自由・表現の自由を理解し守る事が不可欠です。




『うっかり書けへん (2009年12月8日)』より


ネット市民の皆様の“知る権利”のためにデンマンさんはタノムさんの手記を持ち出したのですか?

そうですよう。

でも、一般のネット市民の皆様はタノムさんの手記に関心が無いと思いますわ。

いや。。。多くの人が関心を持つと思いますよう。

そうでしょうか?

そうでしょうかってぇ〜。。。、レンゲさんは他人事のように言うけれど、めれんげさんと同じように、レンゲさんだってぇ、16歳の時に初めてセックスを体験したのですよう。。。そうでしょう?

デンマンさん!。。。何も。。。、なにもォ〜、そのような事をここでバラさなくてもいいでしょう!。。。んも〜〜。。。

レンゲさんも、できれば、あのォ〜。。。、処女喪失の年齢を隠しておきたいのですか?

だからァ〜。。。デンマンさんが、そのように処女喪失にこだわることをタノムさんは批判したのですわ。

そうですよう。。。そう思ったから僕は取り上げたのですよう。

でも、そう思ったのは私の意見で、タノムさんは別にデンマンさんを批判したとは思いませんわ。

いや。。。タノムさんも僕を批判しているのですよう。

その根拠でもあるのですか?

おやじ、じじいに多いのが

処女に意味を与えすぎること


タノムさんはこのように書いているのですよう。

でも、タノムさんは一般論としておやじ、じじいと書いたまでですわ。

だから、それがレンゲさんの個人的な意見ですよう。。。でもねぇ、客観的にタノムさんの言動を見てみれば、まず間違いなく僕を批判しているのですよう。

その根拠は。。。?

タノムさんのサイトのタイトルを見てみれば、すぐに分かることですよう。



『デンマンさんの生態研究』

タノムさんは僕を批判するためにサイトを立ち上げたのですよう。

あたしは違うと思いますわ。タノムさんはデンマンさんの素晴らしさに興味と関心を寄せたのですわ。

うへへへへへ。。。レンゲさんはマジで、そう思うのですかァ〜♪〜?

もちろんですわ。。。うふふふふふ。。。



でもねぇ〜、ここで喜んで、僕は鼻の下を伸ばす訳にはゆかないのですよう!んも〜〜。。。

どうしてですか?

タノムさんは、めれんげさんの次の絶交状を間違いなく読んでいるのですよう!


じいさん、永久に近づくな。



めれんげは自分の思うままに
詩を書きたいのだ
自由に心のままに。

ネガティブな詩だってある。
そこに喰らい付いてきて、
気持ちの悪い文章を書くじいさん。
アンタは本当に面倒くさい奴だ。

アクセス禁止にしたところで、
どうせipを偽装するんだろうな。

ハッキリ言う。
一度はアンタと和解したが、
そんなことはもう、決してありえない。
なぜかと言うと、
めれんげの気持ちをわかったつもりで、
見当違いのコメントを書いて
わたしのブログを汚すからだ。

何より許せないのは、
アンタの「言葉泥棒」だ。
都合のいいところだけ抜き出して、
さも、アンタと通じ合っているような
文章を垂れ流していることだ。

それに、何年も前の文章を
いつまで使い続けるつもりなんだ。
わたしはいつまでも
同じ所に立ち止まっているわけではない。
アンタが同じネタを使っていることで、
アンタの進歩のなさを露呈しているんだ。

気持ち悪い「愛のコラボ」ってなんだ?
それも結局は、アンタの脳内で
わたしの創作を侮辱しているってことだ。

アンタとわたしとではレベルが違う。
アンタは人の書いたものなしでは、
何も書けない貧困な人間だ。
クリエイティビティもないくせに、
「文学的素養」について語るな。
わたしが心の底から苦心して絞り出した言葉を
アンタはのうのうと使いまわして
さも自分が知識人であるように装っているだけだ。

そして、さもしいアンタは、
他人を馬鹿呼ばわりして、
自分のブログのネタとして使う。
オリジナリティもないアンタには、
自分で何かを創りだす能力なんて
ないからだろうな。

じいさん。
アンタは自分が思う以上に、
ネットの中で、飽きられているぞ。
アンタに構ってくれた人たちは、
もうアンタになんて目もくれていないだろう?
それはアンタの薄っぺらさを
みんなが気付いたからだ。


わたしはアンタにつきまとわれているから、
こんな文章を書かざるを得ない。

とにかく一言言いたいのは、
「死ぬまでわたしに関わるな。ネタにもするな」

ということだ。

by merange (めれんげ)

October 05, 2009 19:36




『極私的詩集 永久に近づくな』より

『相手にされない成りすまし馬鹿』に掲載
(2009年11月22日)




うふふふふ。。。デンマンさんは被害妄想に陥(おちい)っていますわよう。



ん。。。? 被害妄想。。。?

そうですわ。。。この高齢化社会の日本に“じいさん”なんてぇ、掃いて捨てるほど居ますわよう。

あれっ。。。まるで“姥捨て山(うばすてやま)”のように、レンゲさんは“じいさん”を日本から掃いて捨てようとするのですか?!

デンマンさん!。。。そのような発想が被害妄想だと、あたしは言っているのですわア。。。あたしは、なにも高齢者に向かって「用無し人間だから消えうせろ!」とか、「役立たずだから、とっとのあの世に行け!」なんて言おうとしているのではないのですわ。

あれっ。。。、あれっ。。。、レンゲさんは心の中ではずいぶんとひどいことを考えているのですねぇ〜。

だからァ〜。。。、そのような事をあたしは考えていないと言っているのですわ。

“火の無いところに煙は立たず!”

昔の人はこのように言ったのですよう。レンゲさんが心の中で思っているからこそ、口について出てくるのですよう。

デンマンさん!。。。いい加減にしてくださいなア!

レンゲさん。。。そんなに感情的になったら、ダメですよう!。。。マジで“じいさん”を日本から掃いて捨てようと思っていることが分かってしまいますよう。。。

分かりましたわ。。。デンマンさんのその手には乗りませんわ。。。あたしが言いたい事は。。。タノムさんがめれんげさんの絶交状を読んだとしても、タノムさんは個人的にデンマンさんを攻撃しているとは思えませんわ。

レンゲさんはタノムさんを庇(かば)おうとしているのですね?

デンマンさんは、何が何でもタノムさんを“悪女”だと決め付けたいのですわねぇ。。。

いや。。。可愛らしいタノムさんを僕が“悪女”だと決め付けるはずがないでしょう!

でも、そのような口ぶりですわア!

あのねぇ〜。。。、僕はいつも言っているでしょう。。。

“批判のないところに進歩なし!”

“愛なき批判は空虚にして

 批判なき愛は盲目なり”


僕はタノムさんに対して愛を持って批判しているのですよう。反論を試みようとしているのですよう。

でも、デンマンさんは手記の中の次の語句だけを取り上げて、タノムさんがデンマンさんを特定して批判しているように考えていますけれど、その根拠でもあるのですか?

おやじ、じじいに多いのが

処女に意味を与えすぎること


あるのですよう。タノムさんのサイトの名前『デンマンさんの生態研究』を見ても分かるように、タノムさんは僕のサイトのページを、ほとんどすべてにわたって目を通しているのですよう。

マジで。。。?

次の記事を読むとよ〜く分かります。
 

デッドリンクだらけ



http://beaverland.web.fc2.com/index.html

デンマンさんのビーバーランド・ネットという

サイトなのですが...

デッドリンクばかりなんですよね。

各アイコンをクリックしても、

”404 File not found”ばかり表示されます。

デンマンさんともあろうお方が、

自分のサイトのメンテナンスを

怠っているとは、驚きです。

そもそも、デンマンさんは

たくさんのブログを持っておられますが、

それらの全てが、まったく同じ内容だということも、

タノムの目から見れば、

コピペ馬鹿だとしか思えません。

毎日更新すればいいというものではないでしょうに...

ネタも使い回しです。

読者は一体、何度同じ文言を読まされるのか...

そして、デンマンさんのブログの登場人物である

「小百合さん」と「めれんげさん」

彼女らの存在抜きに、

デンマンさんのブログは、

成立しないでしょうね。

つまり、彼女たちは格好のブログネタとして

利用されているわけです。

以前からデンマンさんに注目してきたタノムには

大きな疑問があるのです。

それは、デンマンさんの云うところの

「素晴らしい人たち」が、

ここのところ、全くなりをひそめていることです。

憶えているかぎりですが、

めれんげさんを、激しく糾弾していた「ふじこさん」

やや穏健派の「メラングさん」

日和見的な「みゆきさん」

その他数人の取り巻きに、

デンマンさんは関わっていたように思えます。

いや。

ずばり言いましょう。

上記の取り巻きは、すべてデンマンさんの

脳内で造られた非人格なのでしょう。

デンマンさんは、めれんげさんを非難するために、

多くの仲間が必要だったのです。

そして、「レンゲのフォーラム」なるものを

立ち上げて、めれんげさんのパロディである

「レンゲさん」というキャラクターを作りました。

それは、めれんげさんを個人攻撃するための

緩衝的なキャラクターだったのです。

レンゲさんを攻撃することは、

めれんげさんを攻撃することとイコールだったのです。

デンマンさんは、レンゲさんを架空の存在としています。

それは確かにそうでしょう。

めれんげさんを直接攻撃するのを、

避けるためだったのですから。

理解できないのは、デンマンさんがなぜ

あのように、めれんげさんに固執するのかということです。

めれんげさんの気持ちは、いずれタノムが

メール等で伺ってみるつもりです。

by tanomu (タノム)

2009-09-28




『デンマンさんの生態研究 2009年9月28日』より




あらっ。。。タノムさんは、あたしのことまで書いていますわ。うふふふふ。。。



レンゲさん。。。笑っている場合じゃないでしょう!。。。タノムさんは、レンゲさんが架空の人物だと言っているのですよう。。。つまり、僕のオツムの中だけしか存在していないと。。。

デンマンさんは、どう思っているのですか?

僕がどう思っているというよりも、レンゲさんの存在が否定されているのですよう。。。レンゲさんはタノムさんに対して反論したくないのですか?

デンマンさんやあたしの意見よりも、この記事を読んでくださるネット市民の皆様が自分で判断なさればよいことですわ。

レンゲさんは自分の存在を主張しないのですか?

あたしが自分の存在を主張したとしても、この記事を読んでくださっているネット市民の皆様方が、あたしが架空の存在だと思えば、それまでのことですわ。

レンゲさんは、僕が作り出した架空の人物だと思われてしまってもよいのですか?

その答えは、めれんげさんが書いた次の返信の中にありますわ。




ひでさん。コメントありがとうございます!

このブログは、フィクションですので、
怒ったり、恋したり、
いろいろと忙しいのです


その中で読むかたが、何かを感じてもらえれば
とてもうれしいです!
これからも、よろしくお願いしますね♪

by めれんげ

2009/03/19 10:33 AM




『即興の詩 春に恋して』のコメント欄より

『愛の虚構 (2009年3月23日』に掲載。


めれんげさんは、彼女のブログがすべてフィクションだと言っているのですわ。でも、その中で読む方が何かを感じ取ってくだされば、とってもうれしいと言っているのです。

それとレンゲさんの存在が、どのように関係しているのですか?

だから、あたしの存在がフィクションだと思われても、あたしは少しも失望しませんわ。

つまり、レンゲさんの言動を通してネット市民の皆様が何かを感じ取ってくれれば、それ以上の喜びは無いと言うのですか?

その通りですわ。

ほおォ〜。。。さすがにレンゲさんは、めれんげさんの親友だけのことはありますねぇ〜。。。熟女の思慮と分別が言葉の中ににじみ出ていますよう。

そのような事よりも、タノムさんが冒頭の手記の中でデンマンさんを批判したとしたならば、いったいどの記事を読んでタノムさんは上の手記を書いたのですか?

そうですよう。。。その事ですよう。。。だから、僕もタノムさんが読んだと思われる記事を探したのですよう。

。。。で、見つかったのですか?

すぐには思い当たらなかった。

それで。。。?

タノムさんは、めれんげさんにかなり同情しているから、めれんげさんが登場する記事を読んだに違いない。僕は、そう思った。“処女”に関する記事ならば“16歳で桜の花びら めれんげ”を入れて検索すれば、見つかるかもしれない。そう思って検索してみたのですよう。その結果を見てください。


16歳で桜の花びら めれんげ デンマン

の検索結果

27 件中 1 - 10 件目




1) 相手にされない成りすまし馬鹿 (PART 3 OF 4) - デンマンのブログ勝手に空想をふくらませて、 登場人物に恋をするんです… わたしのお気に入りはタルーです(*´д`*) by めれんげ .... それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも〜〜。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ〜 ...
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/719bd8c0a23f0b84b89ca93b62cb0f52

2) エロい文学少女 PART 2 - デンマンのブログ2007年4月11日 ... レンゲさんにも16才の頃は、こうして可憐な乙女だったんですよね。 まだ高校1年生の女学生だった頃、レンゲさんは、初めて秘め事を経験した。 愛のない家庭で育ったレンゲさんは、心の ... ドキドキしながら桜の花びらを散らした。。。 『性と愛の渇き』より. レンゲさんの初体験はかなり詳しく聞かされたのですが、めれんげさんの相手はどのような人だったのですか? 既婚者の方ではありませんでしたわ。 ...
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/5072b3f6ed2cb323925e9591957a2529

3) 徒然ブログ:相手にされない成りすまし馬鹿 (PART 2) それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも〜〜。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ〜 .... デンマンさんは、意外に優しいのですね。こうやって愛の手をさしのべて、めれんげさんの最期を美しく飾り、新たな命を吹き込 ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51581214.html

4) 徒然ブログ:肉体の悪魔 2008年8月13日 ... それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも〜〜。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ .... それ程、映画の印象はデンマンさんにとって薄かったのですか? そうですよう。めれんげさんがそのように書いた ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51559603.html

5) 肉体の悪魔 PART 1 - デンマンのブログめれんげサバイバルで書いていた「猫小町手習い日記」も全然進まないし… スランプかな? by めれんげ ... ところで、めれちゃんも早熟だった。 小学生の頃から「チャタレー夫人の恋人」を読んで、 それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから ...
http://210.165.9.64/denman/e/43d3556fa27a55dcb51e5c1788f52c2b/prev

6) 2006年1月 - デンマンのブログレンゲさんは16歳当時坂田さんにすべての希望を見出していたはずですからね。 わたしの胸には、愛情はない。 .... あたしが何もかも計算して坂田さんの腕の中で桜の花びらを散らしたと。。。そうでしょう?。。。そう思っているんでしょう? ...
http://210.165.9.64/denman/d/20060131

7) 二人きりの世界 (PART 2 OF 3) いつのことってぇ〜、めれちゃんが桜の花びらを散らした花も恥らう16歳のときのことやないかいなァ〜。めれちゃんは、その時の ... 次の短歌を詠んでいたやないかいなァ! 夏祭り 夏祭り 見上げる花火 人ごみの 中でふたりは 固く手つなぎ by めれんげ ...
http://www.edita.jp/goo705/one/goo7052713.html

8) 肉体の悪魔 ところで、めれちゃんも早熟だった。 小学生の頃から「チャタレー夫人の恋人」を読んで、 それで、16歳で桜の花びらを .... それ程、映画の印象はデンマンさんにとって薄かったのですか? そうですよう。めれんげさんがそのように書いたので、そう言え ...
http://www.edita.jp/love705/one/love7057866597.html

9) デンマンのブログ:菊ちゃんを旅する 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19 ..... 前にも書いたけれど、桜の花びらだとかユリの花だとか菊の花を集めて、このような首飾りを器用に作る事ができる。子供っぽいところが多いのだけれど、 ... デンマンさんは、悪い子供たちと一緒になって遊んでいたのですわね?。。。んで、それが菊ちゃんの面白いエピソードなのでござ〜♪〜ますか? ...
http://denman.anisen.tv/e39964.html

10) デンマンのブログ:めれちゃんと『ペスト』 それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも〜〜。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ〜 ..... めれんげさんとデンマンさんの やり取りを読んでいたら、 わたしも、ぜひ一度『ペスト』を 読んでみようと思いました。 ...
http://denman.anisen.tv/e51344.html

2009年12月17日現在

『16歳で桜の花びら めれんげ デンマン のGOOGLE検索結果』より


タノムさんは上の結果の中に表示されたページを読んでデンマンさんを批判する気になったと言うのですか?

そうですよう。

いったいどのページですの?

そのことについては、記事が長くなってしまったので、またあさって話しますよう。
 

【レンゲの独り言】



ですってぇ〜。。。
タノムさんをムカつかせたのは、いったいどの記事なのでしょうか?
あなたは、どの記事だと思いますか?

とにかく、興味深いお話がまだ続きますわ。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』



『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』




こんにちはジューンです。

天神祭は“てんじんまつり”とか“てんじんさい”と呼ばれ

全国の天満宮で催されるお祭りです。

祭神は、ご存知のように菅原道真です。

道真の命日にちなんだ縁日で、

25日前後に行われます。

一年のうち1月の初天神祭など、

7月に限らず、盛大に行われる所があります。

日本各地で行われる天神祭の中では、

大阪天満宮を中心として行われる

天神祭が有名です。

大阪天神祭は、京都の祇園祭と東京の神田祭と共に

日本三大祭の一つです。

期間は6月下旬吉日から

7月25日の約1ヶ月間に渡り

いろいろな行事が行われます。

特に、25日の本宮の夜は、大川(旧淀川)に

多くの船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われます。

奉納花火があがって

大川に映る篝火や提灯あかりがきれいです。

その華麗な姿により

火と水の祭典とも呼ばれています。

他に鉾流神事(ほこながししんじ)や

陸渡御(りくとぎょ)などの神事が行われます。

7月24日は宵宮と呼ばれ、

7月25日は本宮と呼ばれます。



ところで、デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。







この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/barclay1720/51592539