2017年05月06日

閨房でのあしらい


 

閨房でのあしらい

 


(orga02.jpg)


(orga05.jpg)


(junko25.jpg)




(junko11.jpg)

デンマンさん。。。、お久しぶりです。。。 どういうわけで“閨房でのあしらい”に私をお呼びになったのですかァ?


(kato3.gif)

ジュンコさんは“閨房でのあしらい”に詳しいと思ったのですよ。。。

どうして、そう思ったのですか?

かつてジュンコさんは次のような記事を書いていましたからねぇ〜。。。


完全なる結婚


(junko05.gif)

さまざまなテクニックの実践による性的満足が幸せな結婚生活への道であると説いています。

『完全なる結婚』が強調しているのは、従来の男性が一方的に性的満足を得るような性交のあり方ではなく、男性と女性の双方が満足できるようなセックスを通して結婚生活が築かれるとしている点です。

そこでは女性の能動的な参加も、望ましいこととして推奨されています。

1960年代になると、マスターズ&ジョンソンの膨大な人体実験による「人間の性反応」が刊行され、性理論は、確立されたかに見えました。

しかし、その理論は、あまりに膨大な実験の結果であったため、誰も異論を唱えることができず、そこに内在する重大な矛盾を放置したまま、それを土台にした理論が氾濫して行くことになります。

マスターズ&ジョンソン理論においても、オーガズムの定義は確立したとは言い難いようです。

 


(orga02.jpg)

 

21世紀を迎えた今日、女性の95%がオーガズムを知らないという状況が続いているそうです。

ヴァン・デ・ヴェルデは、女性のオーガズムは男性のそれより後で発現することを実験によって明らかにしました。

しかし、後の動物実験(アカゲザル)では、メスのオーガズム収縮によって、オスの射精が起こるということが確認されています。

 

by ジュンコ




『10秒台では素人』より
(2016年12月21日)




確かに、上の記事を書いた覚えがありますわァ。。。 でも、私が“閨房でのあしらい”に詳しいかどうか?ということは、全く別問題ですわァ〜。。。



そうかなァ〜?

デンマンさんは疑り深いのですわねぇ〜。。。 で、どうして急に“閨房でのあしらい”を持ち出してきたのですか?

ちょっと次のリストを見てください。


(liv70411a.png)


『拡大する』

『床上手な女の7つの見分け方』




これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の日本時間で4月10日の午前9時23分から午後6時22分までの約9時間の「生ログ」の一部ですよ。。。 赤枠で囲んだ箇所に注目してください。



4月10日の午前10時43分に二フティーの検索エンジンで検索してデンマンさんの“徒然ブログ”で『床上手な女の7つの見分け方』を読んだのですわねぇ〜。。。

そうです。。。 この記事を読んだ横浜市に住んでいる慶坊 亜羅太(けいぼう あらた)君が“閨房でのあしらい”に並々ならぬ興味を持っているのですよ。。。

どうして そのようなことがデンマンさんに判るのですかァ〜?

簡単なことですよ。。。 上のリストの赤いアンダーラインが引いてある「リファラ」のリンクをクリックすると次の検索結果が出てくるのです。。。


(nif70411a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』




あらっ。。。 「閨房でのあしらいが」を入れて検索したのですわねぇ〜。。。



そうです。。。 

でも。。。、でも。。。、どうして慶坊 亜羅太(けいぼう あらた)君が“閨房でのあしらい”に並々ならぬ興味を持っている、と解るのですかァ〜?

理由は簡単ですよ。。。  慶坊 亜羅太(けいぼう あらた)君はまず上のリストの青枠で囲んである記事を読んだのです。。。 この記事は、とにかくよく読まれているのですよ。。。


(wp70331b.png)

『床上手な女の7つの見分け方』



これは僕のDenman Blog の3月31日までの1年間の「人気記事リスト」です。。。 青枠で囲んだタイトルに注目してください。



あらっ。。。 『床上手な女の7つの見分け方』が1年間に 18,415人のネット市民の皆様に読まれたのですわねぇ〜。。。

そういうことです。。。 つまり、1日当たり平均50人に読まれていることになります。。。

でも、慶坊 亜羅太(けいぼう あらた)君はDenman Blogで『床上手な女の7つの見分け方』を読んで、なぜ“徒然ブログ”で同じ『床上手な女の7つの見分け方』を読んだのですか?

慶坊 亜羅太(けいぼう あらた)君は同じ内容の記事がDenman Blogと“徒然ブログ”に投稿されていたとは考えなかったのですよ。。。“徒然ブログ”には、タイトルは同じでも、内容の違った記事が投稿されていると思った。

それで、“徒然ブログ”の『床上手な女の7つの見分け方』を再度 読んだのですか?

そういうことです。。。 だから、慶坊 亜羅太(けいぼう あらた)君は“閨房でのあしらい”に並々ならぬ興味を持っているのですよ。。。

ところで、慶坊 亜羅太(けいぼう あらた)君が横浜市に住んでいると、どうして判ったのですか?

IPアドレスを調べたのです。。。


(ip55118b.png)

『拡大する』



IPアドレスを調べれば、確かに、アクセスポイントは判りますわァ〜。。。 でも、プライバシーを保護するために アクセス者の名前までは判らないはずですわァ。。。



その通りです。。。 だから、アクセス者の名前は仮名にしてあります。。。

。。。で、慶坊 亜羅太(けいぼう あらた)君は“閨房でのあしらい方”をデンマンさんの記事を読んで理解したのですか?

理解したのです。。。

どのように。。。?

だから、それは次の記事を読めばジュンコさんにも理解できますよ。。。


(kiss007.gif)

『床上手な女の7つの見分け方』



慶坊 亜羅太(けいぼう あらた)君が どのように理解したのか? ここで簡単に説明してくれませんか?



あのねぇ〜、間単に説明しろったってぇ〜、そう簡単に説明できるものではありません。。。 上の記事を読んでもらえば誰にでも簡単に解るのですよ。。。 だから、ジュンコさんも、これまでに読んだことがあると思うけれど、もう一度読んでみてくださいねぇ〜。。。



(laugh16.gif)


【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

ですってぇ〜。。。

あなたも“閨房でのあしらい”に興味をお持ちでしたら

ぜひ次の記事を読んでみてくださいね。。。


(hokusai22b.jpg)

『床上手な女の7つの見分け方』

“閨房でのあしらい”も面白いですけれど、

日本の古代史にも興味深い不思議な出来事がたくさんあります。

それでは次の記事から興味があるものをお読みくださいねぇ〜。。。


天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。
 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?


今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?


マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?



ところで、他にも面白い記事がたくさんあります。

興味のある方は次の記事も読んでみてくださいね。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』

『宮沢りえブーム?』

『また、宮沢りえ?』

『浅間山噴火とフランス革命』

『なぜアクセスが急増したの?』

『気になる検索ワード』

『なぜ塩野七生批判』

『その検査、ムカつく!』

『宮沢りえと床上手な女』

『MH370ミステリー』

『なぜ死刑廃止?』

『真犯人はそこにいる』

『MH370ミステリー裏話』

『お裁きを信じますから』

『ジャルパックと国際化』

『古代ローマのセックス』

『CIAとノーパン』

『エロいローマ再び』

『エロいけれどためになる話』

『えろあくにめ温泉』

『エロいけれどためになる』

『地球上のネット普及率』

『原発はダメだったのに』

『スカートをはいた兵隊』

『行田シンドローム』

『幻の暴走機関車』

『CIA@NOパンツ』

『エリュトゥラー海案内記』

『伊藤若冲 ランブータン』

『知的快楽』

『シャフリ・ソフタ』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(surfin2.gif)

ィ〜ハァ〜♪〜!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



平成の紫式部、橘卑弥子でござ〜ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ "JAGEL - Soft Japanese Bagel"


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』




(rengfire.jpg)


(byebye.gif)
  

Posted by barclay1720 at 04:42Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月14日

美尻のビーナス

 

美尻のビーナス

 


(butt001.jpg)




(june001.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけで またエロい話題を取り上げるのですか?


(kato3.gif)

いけませんか?

だってぇ〜、先日“紐パン熟女”を取り上げたばかりではありませんかァ!


(ogasa22.jpg)


(jun03.jpg)


(malta019c.jpg)

『紐パン熟女』



つまり。。。、つまり。。。、ジューンさんは僕がエロい話題を好むと思い込んでいるのですねぇ〜?



そうですわァ〜。。。 デンマンさんはエロい話題が3度のご飯よりも好きなんでしょう!?

やだなあああァ〜。。。 ジューンさんは答えにくい事を細木数子のようにズバリ!ズバリ!と尋ねるのですねぇ〜。。。

余計な事を言わずに わたしの質問にズバリ!と答えてくださいなァ〜。。。

あのねぇ〜、僕がエロい話題にハマっているわけではないのですよ。。。 ちょっと次のリストを見てください。


(ame61212c.png)

『拡大する』



これはアメブロの僕のブログの去年(2016年)の12月6日から12日までの1週間の「人気検索キーワード」のリストです。。。 赤枠で囲んだ 2番に注目してください。



あらっ。。。 「美尻のビーナス」と入れて検索して デンマンさんのブログにやって来たネット市民が二人居たのですわねぇ〜。。。

そうです。。。 僕のブログのURLを付け加えて「美尻のビーナス "ameblo.jp/barclay"」と入れてGOOGLEで検索すると次のような結果になります。


(gog61214a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』




あらっ。。。 “美尻のビーナス”を入れて検索したネット市民は 赤枠で囲んだ『ヴィーナスのえくぼ』を読んだのですか?



そうです。。。


(dimple01.jpg)


(venus888.jpg)

『ヴィーナスのえくぼ』



ところで冒頭に貼り出したお尻を見せたヴィーナスは何という名前のヴィーナスなのォ〜?


(butt001.jpg)



上の彫像はナポリ国立考古学博物館にあるのですよ。。。 「カッリピージェのヴィーナス(Venus Kallipygos)」と名付けられています。 これは、ギリシャ語で 文字通り“美尻のヴィーナス”という意味です。 この彫像は前から見るよりも後ろから眺めると なぜ そういう名前がついたか一目瞭然なのです。。。 ほどよく丸みを帯びて、つやつやとした美尻につい触れたくなるような。。。



デンマンさん。。。 嬉しそうに説明するのは結構ですけれど、ヨダレをたらすことはありませんわァ〜。。。

失礼しました。。。 ついつい見とれてしまったので。。。

つまり、上の“美尻のヴィーナス”を鑑賞するために、この記事を書こうと決めたのですか?

いや。。。 そればかりではないのです。。。 ちょっと次の“美尻の女性”を見てください。。。


(ingres01.jpg)



あらっ。。。 デンマンさんはこの女性の“美尻”にもヨダレをたらすほど惹かれるのですかァ〜?



うへへへへへ。。。 いけませんか? これは あの有名なドミニク・アングルが1814年に描いた『グランド・オダリスク』という絵なのです。

この絵にデンマンさんは特別に惹かれているのですか?

もちろん、素晴らしい絵だと思っているのですよ。。。 でもねぇ〜、“美尻”に惹かれているだけじゃなく、この画家の事でかつて次のような記事を書いたことがある。。。



(ingre30.jpg)

現実に丸善に足を踏み入れると、どうしたことか、

私の心を持たしていた幸福な感情は消え失せ、

画集を一冊手にとってバラバラとめくるだけでも

大変な労力を必要とし、

本を抜き出しては元の場所に戻すことさえできなかった。

 

以前は好きだったアングルの画集にまでも憂鬱を感じるに至り

抜いたまま積み重ねた本の群れを眺めていた。


 




梶井基次郎という作家は『檸檬』という鋭い感受性と詩情あふれる美しい作品を書いたのだよ。 この作品はゆるぎない美しさをたたえ、昭和初期の文壇に一石を投じたと言われている。



その事とオイラとどういう関係があるのですか?

オマエは“アングルの画集”を見たことがないだろう?

見たことがありません。。。 第一、“アングル”という画家の名前を聞いたこともありません。

そうだと思ったよ!

どうして、そうだと思ったのですか?

簡単なことだよ! オマエはコメントの中で次のように書いている。



(peel01.jpg)

I. A.も言ったように、白人女性の裸の写真が

pin-upされたbachelor用のapartment/condominium

のなかで、猥雑卑猥な文や煽情的な絵が満載された

websitesを書きながら、一人自慰にふけっているのは、

一体、何処の老人の方なのでしょうか。




オマエが“白人女性の裸の写真がpin-upされた”と書いてるけれど、オマエが言うpin-upは実は 1889年にポ−ル・ピール(Paul Peel)という画家が書いた“ベニスの風呂上りの女(A Venetian Bather)”という作品なのだよ。



マジで。。。? まるで現代画家が書いたようじゃありませんかア!

それで オマエは“pin-up”だと誤解してしまったのだよ! ポ−ル・ピール(Paul Peel)という画家はカナダ生まれの画家で1860年11月7日に生まれている。 1892年10月3日にパリで肺炎をこじらせて亡くなってしまった。 梶井とほぼ同様に満31歳で亡くなっている。


ポ−ル・ピール(Paul Peel)の作品


(peel06.jpg)

  自画像


(peel05.jpg)


(peel03b.jpg)


(peel02.jpg)




。。。んで、そのカナダ人の画家とアングルの画集と、どのような関係があるのですか?



アングルはフランスの画家でポ−ル・ピールよりも有名で、次のような作品を残している。


ドミニク・アングル

Jean-Auguste-Dominique Ingres


(ingre05.jpg)

(1780年8月29日-1867年1月14日) 86歳没)

フランスの画家。19世紀前半、当時台頭してきたドラクロワらのロマン主義絵画に対抗し、ダヴィッドから新古典主義を継承、特にダヴィッドがナポレオンの没落後の1816年にブリュッセルに亡命した後、注目され、古典主義的な絵画の牙城を守った。

入念に組み立てられた肌理・テクスチャと徹底的に研鑽された描線、そして緊密な調子の諧調によって成立する空間は、「端正な形式美」を湛えている。

この様式美はセザンヌによって「肉体を全く描かずに済ませた」と批判されるほど徹底している。

アングルの美術史理解はアングルの作品群から伺い知れるように公汎であり、且つ結束性が高く、加えて非常に示唆的である。

顔料やバインダーの運用方法もまた多様であり、数百年の隔絶がある巨匠達の作品の研究にも余念がなかった。

その研究の成果として、組織的且つ合理的な方法を「保存が完璧」と讃えられる制作と言説によって的確にのこしている。

他方では、ポスト印象主義者たちやキュビスト、現代美術家の根底的な方法やアイデアに決定的な影響を与えており、アングル芸術の影響範囲、射程は底知れないものがある。

アングルの作品とその個性は、同時代の体制派、反体制派の必ずしも芳しくない評価にもかかわらず、影響は非常に甚大で、彼に先行する画家と彼に続く画家の代表作にさえ決定的な影響を与えた事例も少なくない。


(ingre01.jpg)


(ingre03.jpg)


(ingre02.jpg)




出典: 「ドミニク・アングル」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




見れば明らかなように、アングルの作品は明らかにポ−ル・ピールに大きな影響を与えている。



つまり、その事を言うために、わざわざ梶井基次郎の『檸檬』を持ち出してきたのですか?




『レモンと孤独な老人』より
(2016年1月26日)




要するに、太田将宏さんはデンマンさんのマンションを訪れた時に ポールピールの絵を見て “白人女性の裸の写真がpin-upされた”という印象と“猥雑卑猥”という感覚に惑わされて 絵の中に表現された鋭い感受性と詩情あふれる ゆるぎない美しさを完全に見落としていたと言いたいのですか?



その通りですよ! だから、太田老人が次の絵を見れば、当然“白人女性の裸のpin-up”としか思わないのですよ。。。


(ingres01.jpg)



でも。。。、でも。。。、上の絵ってぇ、ちょっとヘンではありませんかァ〜?



どこが。。。?

ちょっと背中を見てくださいなァ。。。長すぎると思いませんか? それに、手足もそうですわァ〜。。。 しかも極端な なで肩ですわァ〜。。。

あのねぇ〜、ジューンさんがそのように感じるのはもっともです。。。 実は、アングルが上の絵をローマで描いてから、この絵をはフランスに送ったのだけれど、当時のフランスの美術批評家の間でも、全く評価されなかった。。。

やっぱり、背中が長すぎるのですわわよう。。。

たぶん、当時のフランスの美術評論かも そう思ったのでしょう。。。 でもねぇ〜、アングルは、解っていて そう描いたのですよ。。。

どうして。。。?

なぜなら、解剖学的な正確さよりも理想的な美しさを追求したのです。。。 そのため、実際の人体ではあり得ないような形になる事も厭わなかった。

確かに、きれいな事はきれいですわ。。。 お尻が強調されていて、見る人の目を引き付けてしまうような絵です。


(picaso002.jpg)



。。。でしょう!? 実際、解剖学的な正確さよりも理想的な美しさを追求するという考え方は 後世のピカソらキュビズムの画家達に高く評価されたのですよ。。。 つまり、『グランド・オダリスク』という絵は美術史上重要な作品なのです。。。



つまり、この事を言うために 長々と説明してきたのですか?

もちろん、それだけではありません。。。 アングルの影響は今日まで続いているのですよ。。。 ちょっと次のクリップをじっくりと観てください。。。


(butt002.jpg)





もし、この動画を観て 太田老人のように“猥雑卑猥”という感覚しか呼び起こさないとしたら、その人は芸術の美的感覚が欠如しているのです。。。 そういう人は人間の。。。特に女性の ゆるぎない美しさを味わうことのできない 文化的に貧弱な人間だと思うのですよ。。。



(laugh16.gif)


【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ〜。。。

あなたは、どう思いますか?

デンマンさんは、“美尻”にマジで惹かれているようでござ〜ますわァ。

あなたは、いかがですか?

もし、“美尻”に興味があるのでしたら、

あなたのために面白い映画をお見せしますわァ〜。。。

1942年に制作された『千夜一夜物語(Arabian NIghts)』の全編を貼り出します。

当時としては 1時間40分の長編です。


(arabian42.jpg)



ただし、英語です。。。

ええっ。。。? 英語は全く聞き取れないのォ〜?

だったら、次の検索結果を見て笑ってくださいまし。。。


(gog51230a.png)

『現時点での検索結果』

あなただってぇ、上の検索結果を見てビックリするでしょう!?

『千夜一夜物語』に興味を持っているネット市民もたくさんいるのですけれど、

“おばさんパンツ”にも関心がある人が多いのでござ〜♪〜ますわァ。

実は、「おばさんパンツ」で検索してデンマンさんの『徒然ブログ』にやって来たネット市民の皆様は次の写真が気に入ったのですわァ!


(curtain5.jpg

どうでござ〜ますかァ?

そうです。。。! あたくしのランジェリー姿なのですわよう!

うふふふふふ。。。

なかなか イカスでしょう!?

それに、最近、デンマンさんのブログにアクセスするネット市民の皆様は あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”に注目しているのですわよう。

ええっ。。。 信用できないのでござ〜ますか?

それではここで、あなたに ご覧にいれますわねぇ〜。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

最近 「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ〜ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。。。

うふふふふふふ。。。

あたくしは、ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ〜。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ〜ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ〜ますかァ〜?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ〜ますかァ〜?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ〜。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ〜ますかァ〜?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ〜ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ〜。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ〜。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ〜。。。



ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『床上手なのねぇ〜』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』


(sylvie122.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』



(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』


(miro0018.jpg)

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』

『生ログdeロマン散歩』

『宮沢りえ@クールジャパン』

『混浴風呂ガー』

『ウェルカムバック』

『コペンハーゲンからやって来た』

『ロシアからやって来た』

『海外美女ランキング』

『ブログを解剖する』

『スイスからトランプ見に来る』

『海外美女を探して』

『パンツde大晦日』

『Tバック@三賀日』

『とっちゃん坊や』

『また千夜一夜』

『初恋の思い出』

『乳房振動とブラ』

『白木屋お熊』

『肥後ズイキ@エストニア』

『紐パン熟女』


とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)



(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)



(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ



(juneswim.jpg)


(byebye.gif)
  
Posted by barclay1720 at 05:04Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月28日

ネットの小笠原玲子

 

ネットの小笠原玲子

 



小笠原玲子

(net201.jpg+ogasa22c.png)

小笠原玲子
(ogasa32.jpg)

小笠原玲子
(ogasa012.jpg)

小笠原玲子
(ogasa15.jpg)




(ogasa911.jpg)

デンマンさん。。。 明けましておめでとうございます。。。 新年もよろしくお願いいたします。。。


(kato3.gif)

あれっ。。。 玲子さんとは今年になって初めて会うのですか?

そうですわァ〜。。。 デンマンさんから 新年になって今日 初めてお声がかかったのですわァ〜。。。

僕は何度もネットで玲子さんにお目にかかっているので、今日初めて会う気がしないのですよ。。。

私はそれほどネットで存在感があるのでしょうか?

ちょっと次の検索結果を見てください。


(gog70125a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』




「小笠原玲子」と入れてGOOGLEで検索したのですよ。。。



あらっ。。。 8,830件もヒットするのですわねぇ〜。。。

そうです。。。 しかもズラッと並んだ写真の中で最も注目を引くのが赤枠で囲んだ玲子さんの写真なのですよ。。。 その写真をクリックすると次のページが出てくるのです。。。


(gog70125b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』




上のページの赤丸で囲んだリンクをクリックすると次のページが出てきます。


(fc60730e.png)

『小笠原玲子と共に』



つまり、最近、玲子さんに興味を持っている男性がマジで多いのですよ。



そうかしら。。。?

玲子さんは僕の言う事が信用できないのですかァ〜?

デンマンさんを信用しないわけではないですけれど。。。

あのねぇ〜、もう一度検索結果を見てください。。。


(gog70125a.png)

『拡大する』



青枠で囲んだタイトルを見てください。。。



『小笠原玲子の正体』というタイトルですわねぇ〜。。。

そうですよ。。。 次の記事です。。。


(wp10119e.png)

『小笠原玲子の正体』



“小笠原玲子”と言っても、同姓同名が幾人か居るわけです。。。 それで、ネットで噂になっている“小笠原玲子”の“正体”とは いったい誰なんだろうか? と。。。



それで、上の記事が読まれるのですか?

そういうことです。。。


(ogasa012.jpg)



上の写真の玲子さんは、いったいどういう人物なのだろうか? やっぱり、ネットの噂の女性の正体が気になるわけですよ。。。



でも。。。、でも。。。、私はネットでそれほど噂になっているとは思いませんけれど。。。

噂になっているのですよ。。。

その証拠でもあるのですか?

もう一度検索結果を見てください。。。


(gog70125a.png)

『拡大する』



上の結果の緑の枠で囲んだリンクをクリックすると次のページが出てきます。


(gog70125c.png)


『拡大する』

『実際のページ』




このページを見ると、なんだか衝撃的な写真がたくさん出てきて、ますます“小笠原玲子”の“正体”が気になるのですよ。。。



それで赤枠で囲んである『小笠原玲子の存在理由』をクリックして読むのですか?

そういうことです。。。

すると、私の正体が判るのですか?

そうです。。。 玲子さんがどのような女性なのか?。。。 それが書いてあるのですよ。。。



(twi60820b.png)

『実際のページ』



上のリンクをクリックしても何も出てきませんわねぇ〜。。。



LOG-IN しないと何も出てこないのですよ。。。 とにかく、上のページを見てください。

“話題のツイート”ですわねぇ〜。。。 デンマンさんがGOOのブログで『ノルウェイの森』を投稿した時につぶやいたのですか?

そうです。。。

でも、たった一つだけですわねぇ〜。。。

いや。。。 “話題のツイート”は一つだけだけれど、“すべてのツイート”をクリックすれば、もっとたくさん見ることができますよ。


(twi60820a.png)

『実際のページ』



あらっ。。。 『ノルウェイの森』の記事を投稿した時に、デンマンさんはつぶやきまくったのですわねぇ〜。。。 



うへへへへへへへ。。。 そうなのですよ。。。 記事を確認するために投稿したばかりの記事を一応読んでゆくと、最後に“つぶやきボタン”が出てくるので、ついでにつぶやくわけです。。。

でも。。。、でも。。。、『ノルウェイの森』の記事には私は出てきませんよねぇ〜。。。 それなのに、どういうわけで“#小笠原玲子”というハッシュタグを入れてつぶやいたのですか?


(norway01.jpg)


(norway02.jpg)

『ノルウェイの森』



確かに上の記事には玲子さんは出てこないのですよ。



だったら、私のハッシュタグを付けてつぶやいたのは どういうわけなのですか?

あのねぇ〜、上の記事には めれんげさんが登場するのですよ。


(renge00e.gif)



だったら めれんげさんのハッシュタグを付けてつぶやけばよいではありませんか!



よく見てください。。。 ちゃんと めれんげさんのハッシュタグも付いているのですよ。。。 下の画像の青枠で囲んだ箇所に注目してください。


(twi60820c.png)

『拡大する』



じゃあ、『ノルウェイの森』の記事に 私が登場しないのに、私のハッシュタグを付けたのは、単なる気まぐれなのですか?



いや。。。 決して気まぐれで玲子さんのハッシュタグを付けたわけではないのですよ。。。 ちゃんと理由があるのです。。。

その理由とは。。。?

玲子さんが書いた次のメールを読んでみてください。



Subj:突然のメールで

失礼いたします。



(bouncy.gif)

Date: 10/03/2010 5:48:19 PM
Pacific Standard Time
日本時間:3月11日(木曜日)午前10時48分
From: ********@***.biglobe.ne.jp
To: barclay1720@aol.com


デンマンさんにメールを出そうかどうか、ずいぶんと迷いましたが思い切って書くことにしました。
私は小笠原玲子(仮名)と申します。

デンマンさんのブログを3年前より拝見しております。
レンゲさん、めれんげさん、小百合さん、それに卑弥子さん。。。それぞれ皆さん個性的で、いつも楽しみにして読ませていただいております。 私自身も BIGLOBE のウェブリブログでブログをやってます。 デンマンさんのブログを拝見しながら、いつも勉強させていただいてます。

今朝9時半ごろ「次郎のブログ」で『遠い恋・悔恨の涙』を読みました。 文中の『愛の涙』をクリックしたら Denman Blog のページへ誘導されました。 デンマンさんがたくさんのブログをお持ちであることは存じ上げておりましたが Denman Blog を見るのは初めてでした。

源氏物語について書かれていましたが、私も「六条の御息所」には関心を持っております。 東京に住む専業主婦の私にとって、気晴らしと言えばブログに記事を書くこと、それに買い物ぐらいです。 2児の子供の母親ですが、自分だけの時間を持つことがほとんどありません。 子供を保育園に送って、やっと一息つくのが9時半ごろです。

今朝、たまたま「六条の御息所」を読んで、いつか書こうと思っていた自分の肩を優しく押されたような気がしました。 それで失礼とは思いながらメールさせていただきました。

めれんげさんの豊満な肉体に対抗するわけではないですけれど、自己紹介のつもりで私の写真を貼り付けます。


(ogasa012.jpg)

結婚前に撮った写真です。
私のお気に入りの一枚です。

巨乳ブームの昨今、私が誇れるものは、おっぱいが平均よりも大きめなことぐらいです。
「六条の御息所」を読んで勇気が出ました。
また、そのうち、気が向いたらメールを書かせてください。

このメールがいたずらメールや、スパムメールでないことをデンマンさんならば、ご理解していただけますよね。
いづれにしても、失礼を省みず不躾に書いてしまいました。
これも「六条の御息所」の“生霊”のなせる業だと思います。
お笑いくださいませ。

かしこ。




『小笠原玲子の正体』より
(2011年1月19日)




玲子さんはメールの中で「めれんげさんの豊満な肉体に対抗するわけではないですけれど、自己紹介のつもりで私の写真を貼り付けます」と書いてるのですよ。



まさかデンマンさんが、このメールを公開するとは思わなかったので、つい出来心で写真を貼り付けてしまったのですわ。。。 うふふふふふふふ。。。

この写真が反響を呼んでいるのですよ。。。

あれっ。。。 マジで。。。?

もう一度検索結果を見てください。


(gog60820a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』




赤枠で囲んだ写真を見てください。。。 上のメールの中の写真が出てくるのですよ。


(ogasa012.jpg)



まさか、デンマンさんが この写真をネットで公開するとは思わなかったのですわ。



芸能週刊誌の記者が たびたび玲子さんの自宅を訪れたのではありませんか?

いいえ。。。 私は素顔がバレないように 変装していますから、どの芸能週刊誌の記者も まだ気づいてませんわァ。

玲子さんは意外に役者なのですねぇ〜。。。 ついでだから、この機会を利用して映画に出たらどうですか?

アダルト映画ですか? (苦笑)

もちろん、普通の映画ですよ。。。 玲子さんならば その辺のミーハーの女優よりも 出演するだけで よっぽど素晴らしい映画になると思います。。。




『小笠原玲子の存在理由』
(2016年8月21日)




でも、私のことをそれほどネットで気にしている市民がいるのでしょうか?



いるのですよ。。。

その証拠でもあるのですか?

ちょっと次のリストを見てください。。。

 

海外からのアクセス

 


(wp70123map.png)



(wp70123a.png+wp70123a2.png)

『小笠原玲子の正体』@Denman Blog

 



とにかく、上の記事が日本語が解る世界の126ヵ国のネット市民の皆様に読まれているのだから。。。



でも。。。、でも。。。、マジで日本語が解る世界の126ヵ国のネット市民の皆様に読まれているのですかァ〜?

読まれているのです。。。 小笠原玲子の正体に関心を持っている人が多いのですよ。。。


(wp70126a.png)

『拡大する』



こうして常に“小笠原玲子さんの正体”を調べるネット市民がいるのですよ。。。



ちょっと信じられませんわァ〜。。。

玲子さんは見かけによらず疑り深いのですねぇ〜。。。 昔の人は“信じる者は救われる!”と言ったのですよ。。。 だから、玲子さんも僕の言うことを信じてください。。。



(laugh16.gif)


【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ〜。。。
あなたは、どう思いますか?

小笠原玲子さんが『源氏物語』を読んでいたなんて、ちょっと信じられませんでしたわァ〜♪〜。。。

京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義している者にとっては、
うれしい限りでござ〜ますわァ。

ところで、あなたが検索して、玲子さんのついてのたくさんの記事を読んで
もし、小笠原玲子(仮名)さんの正体が解ったら、本名をこの記事のコメントとして書いてくださいませ。

正解者は、デンマンさんが2泊3日でハワイへご招待するそうです。。。

でも、それは嘘です。。。 うふふふふふふ。。。

正解者の方には、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”をご覧に入れますわ。

でも、あなたは、良い人だから、正解じゃなくても、ここでお見せしますわねぇ〜。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

最近 「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ〜ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわァ〜。。。

うふふふふふふ。。。

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわよゥ。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ〜ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ〜ますかァ〜?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ〜ますかァ〜?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。
信じてくださいましなァ〜。。。

ところで、話は変わりますけれど、めれんげさんの旧『即興の詩』サイトは閉鎖されてしまいました。

でも、めれんげさんは 2013年の6月に『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ〜。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、10位以内にはいってません。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ〜?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)



(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(renge62e.jpg)

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』

『わたしの生きる意味』

『愛と信頼と絶望』

『天平の裸婦もビックリ』

『愛の真実を探して』


(rengfire.jpg)

『最大限の本音で…』

『こわ〜い話』

『道鏡伝説の謎』

『市長選挙とおばさんパンツ』

『夢みるわたし』

『あげまん女』

『日本で一番長い五月』

『5月だよ!全員集合!』

『また、スパイ?』

『わたしと詩』


(babdol6.jpg)

『かわゆいベビードールワンピ』

『ああ、さびしい』

『恋する女でありたい』

『生きてることが気持ち悪い』

『焼き滅ぼさむ』

『一人で飲みに行く女』

『あなたをさがして』


(sayuri201.jpg)

『早く気づいてほしい』

『気づいたのね』

『あなたに逢いたい』

『やらしい検索』

『わたしを見つけて』

『小笠原玲子』

『小笠原玲子を探して』

『豊満な肉体』

『小笠原玲子の魅力』

『小笠原玲子と共に』

『小笠原玲子の存在理由』

『小笠原玲子の熟女力』



(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ



(beach02.jpg)


(byebye.gif)

  
Posted by barclay1720 at 05:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月07日

生ログdeロマン散歩

 

生ログdeロマン散歩

 


(stroll02.jpg)



(bare02b.gif)




(bikini08.gif)




(bikini231d.png)

(livlog01.png+spacer.png)




(june001.gif)

デンマンさん。。。 “生ログdeロマン散歩”ってぇ、どういうことですかァ〜?


(kato3.gif)

“読んで字の如く”ですよ。。。 つまり、ライブドアの僕の『徒然ブログ』を訪れたネット市民の記録を“生ログ”で見ながらジューンさんとロマンチックな散歩をするのです。。。

どこを散歩するのですか?

もちろん ネットで散歩するのですよ。。。

あまり面白ろそうではありませんわねぇ〜。。。

そのように、つまらなさそうな表情を浮かべないでくださいよ。。。 ジューンさんを目当てにやって来るネット市民の皆さんも たくさんいるのだから。。。 ジューンさんがつまらなそうな顔を浮かべると、この記事を読み始めたネット市民の皆さんも つまらなくなってしまうじゃありませんかァ!。。。 このまま読んでゆけば、ジューンさんもきっと涙が出るほどうれしくなるのですよゥ。。。

あらっ。。。 マジで。。。 で、まずどの生ログに目をつけたのですか?

次の記録を見てください。


(liv61001a.png)

『拡大する』



この人物は日本時間で10月1日の午前0時6分にGOOGLEで検索して『オナラ芸人』を読んだのですよ。。。 (モナリザの微笑)



どうして真夜中にわざわざ“オナラ芸人”が気になったのでしょうか?

ちょうど その時、この人物は 自分でも可笑しくなるぐらいの奇妙なオナラをしたのですよ。。。 それで、もしかすると“オナラ芸人”になれるかなァ〜?。。。 たぶん、そう思ってGOOGLEで検索し始めたのです。。。

。。。で、上のログの中のリンクをクリックすると、どのような検索結果が出てくるのですか?

次の結果です。


(gog61001a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』




ああらっ。。。 「おなら 女 イラスト」と入れて検索したのですわねぇ〜。。。 うふふふふふ。。。



たぶん、この人の嫁さんが奇妙なオナラをしたのでしょう。。。 (微笑)

。。。で、赤丸で囲んだ画像をデンマンさんが記事の中で使ったのですか?

そうです。。。 赤丸の画像をクリックすると次のページが出てくるのですよ。。。


(gog61001b.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』




。。。で、赤丸で囲んだ“ページを表示”をクリックすると次の記事が表示されるのです。


(liv10311e.png)

『実際の記事』



なんだか、面白そうですわねぇ〜。。。 うふふふふふ。。。



ジューンさんも後でゆっくりと読んでみてください。。。

。。。で、次はどこへ行くのですか?

次のリストを見てください。


(liv61001a2.png)

『拡大する』



あらっ。。。 宮沢りえさんが相変わらず人気があるのですわねぇ〜。。。



そうなのです。。。 赤枠で囲んだ記録を見ると、この人は日本時間で9月30日の午後11時39分にGOOGLEで検索して『宮澤理恵@Macao』を読んだのです。。。 リンクをクリックすると、次の記事が表示されます。


(liv30228e.png)

『実際の記事』



マカオでは“宮沢りえ”さんは“宮澤理恵”として知られているのですかァ〜?



ジューンさんも上のリンクをクリックして、あとでゆっくりと読んでください。。。 記事の中にその答えが書いてありますよ。。。

。。。で、生ログのリストの 紫で囲んだリンクをクリックすると どのようなページが出てくるのですか?

次のページです。。。


(lig61001a.png)


『拡大する』

『実際のページ』




あらっ。。。 “俺の嫁検索のページ”ですわねぇ〜。。。 で、どの写真をクリックするとデンマンさんが投稿した記事が出てくるのですか?



赤枠で囲んだ りえさんのヌード写真ですよ。。。 この写真をクリックすると次の記事が出てきます。 


(liv50425e.png)

『宮沢りえブーム?』



宮沢りえさんは、どういうわけで人気があるのですか?



上のリンクをクリックして、あとでゆっくりと読んでください。。。 記事の中にその答えが書いてありますよ。。。

。。。で、次はどこへ行くのですか?

次の生ログを見てください。


(liv61001a4.png)

『拡大する』



あらっ。。。 YAHOO!で画像検索して『仏陀とキリストと娼婦』を読んだのですわねぇ〜。。。



そうなのです。。。 たぶん、セックスの事で悩んでいて、それを解決するために宗教にすがろうと考えていたのかもしれません。。。 (モナリザの苦笑)

。。。で、赤枠で囲んである中のリンクをクリックすると どのような検索結果が出るのですか?

次のような写真が出てくるのですよ。。。


(yah61001a.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』




あらっ。。。 「神聖娼婦」と入れてYAHOO!で画像検索したのですわねぇ〜。。。 で、どの写真をクリックするとデンマンさんが投稿した記事が出てくるのですか?



まず、赤枠で囲んだ写真をクリックすると次のページが出てくるのです。。。


(yah61001c.png)

『拡大する』



あらっ。。。 “神聖娼婦”と言うよりもアマゾネスの女王のようですわねぇ〜。。。 うふふふふふふ。。。



赤枠で囲んだリンクをクリックすると、ライブドアの『徒然ブログ』で僕が投稿した『仏陀とキリストと娼婦』が表示されるのです。


(liv60402e.png)

『仏陀とキリストと娼婦』



青枠で囲んだ写真をクリックしても 同じ記事に行き着くのですか?



そうです。。。 青枠で囲んだ写真をクリックすると次のページが出てきます。


(yah61001b.png)


『拡大する』

『仏陀とキリストと娼婦』




赤枠で囲んだリンクをクリックすると、同様に ライブドアの『徒然ブログ』で僕が投稿した『仏陀とキリストと娼婦』が表示されるのですよ。



あとで ゆっくりと読ませてもらいますわ。。。 で、次は どこを散歩するのですか?

次の生ログを見てください。


(liv61001a6.png)

『拡大する』



あらっ。。。 YAHOO!で画像検索して『万夜一夜物語』を読んだのですわねぇ〜。。。



そうなのです。。。 赤枠で囲んだ中のリンクをクリックすると次の写真が出てくるのです。


(yah61001d.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』




あらっ。。。 「腋毛熟女」というヤ〜らしいキーワードを入れてYAHOO!で画像検索したのですわねぇ〜。。。 で、上のどの画像をデンマンさんは記事の中で使ったのですかァ〜?



3ページほど見ていったのだけれど、どの写真も僕の記事の中で使った覚えがないものばかりです。。。 それで、一つ一つ見てゆくのは時間がもったいないので 手っ取り早く 次のようにして検索したのですよ。。。


(yah61001e.png)


『拡大する』

『現時点での検索結果』




『徒然ブログ』の URL (blog.livedoor.jp/barclay1720) を付け足して検索したのです。。。 こうすれば、すぐに目的の画像が見つかりますからねぇ〜。。。



あらっ。。。 わたしが Vサインを出してバンザイしている写真が出てくるのですわねぇ〜。。。 (モナリザの微笑) 。。。 でも、この時のわたしは“腋毛”をちゃんと処理していましたわァ。。。 写真を拡大しても“腋毛”は見えないはずです。。。 それなのに、どうして わたしの写真がヒットするのですかァ〜?

とにかく、ジューンさんの写真をクリックすると次のページが出てくるのですよ。。。


(yah61001f.png)

『拡大する』



上のページの赤枠で囲んだリンクをクリックすると『万夜一夜物語』が出てくるのです。


(liv50421e.png)

『万夜一夜物語』



この上の記事の中で わたしが“腋毛”を見せているのですか?



いや。。。 ジューンさんは“腋毛”を見せてないのです。。。 他の女性が見せているのですよ。。。


ジューンさん、バイザイして

 


(june72b.jpg)

どうして わたしが出だしにバンザイしなければならなかったのですか?

ジューンさんの脇の下を見るためですよ。 上のイタリア映画の感想で僕は次のように書いたのですよ。


カップルが愛し合う場面で、

僕はある点に気づいたのです。


(linno04.jpg)

西欧のほとんどの国の女性が

今日では腋毛を定期的に剃っているのですが、

ギリアーナの腋毛が剃ってないのです。

19世紀のイタリアでは貴族の女性でも 

腋毛を剃らずに そのままにしていたようです。


(armpit2.jpg)




デンマンさんは、腋毛を剃らずに そのままにしていた女性を見てムラムラときたのですか?



いや。。。 とりわけ ムンムン、ムレムレになったわけではないのですよ。 ただ、いつ頃から女性が腋毛を剃るようになったのか? ちょっとばかり興味を持ったのです。

。。。で、調べてみたのですか?

そうです。。。 次のように書いてありました。


現代では、西洋社会を中心に、多くの女性が化粧同様定期的に腋毛を剃るのが習慣となっている。
それまでは、女性が頭髪、眉毛、まつげを除くほぼ全身の体毛を剃っていたローマ帝国時代を除き、長年にわたり腋毛を剃る習慣がなかったものの、1915年にアメリカの女性向けファッション誌"Harper's Bazaar"に掲載された広告に記載された、"Summer Dress and Modern Dancing combine to make necessary the removal of objectionable hair"(サマードレスとモダンダンスには、好ましくない毛の除去が必要)という一文が火付け役になり、その後安全カミソリの発明とともに、腋毛の剃毛が一般化していったとされている。


(harpers1929.jpg)

まずはアメリカ、カナダで一般化し、第二次世界大戦後西ヨーロッパに普及、1990年代の冷戦崩壊後、旧東ヨーロッパにも普及した。

なお、イスラム教徒の場合、宗教的清めの意味として、男女とも腋毛を剃る習慣がある。

日本においては、大正時代以降、まずダンスホールで肩が露出する夜会服を着用する上流階級の女性を中心に腋毛の剃毛が普及した。
谷崎潤一郎の小説「痴人の愛」(1924年)にも「洋服を着るには腋の下を剃るもんよ、此処が見えたら失礼じゃない」と、既にそのような習慣があったことを示す一文がある。

しかし、一般女性に普及するのは、一般女性の多くが洋服を着用するようになった太平洋戦争後である。
特に1950年代になりアメリカで流行したノースリーブが日本でも紹介され普及した際に、同時に腋毛を剃る習慣も普及、さらにノースリーブを着用しない女性にも、集団心理が拍車を掛けたこともあってか、女性のたしなみとして一般化するに至った。


(ken005.jpg)

マンガ・アニメ等では腋毛は原則として男性でも省略して描かれるのが定番であり、成人向けのマニアックなものや剛毛であることを表現するために、腋毛そのものを描くことが目的でない限りあえて描かれることはまずない。
男らしい剛毛の記号としての胸毛やすね毛が描かれているキャラクターであっても、腋毛はないことがほとんどである。




出典: 「腋毛」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




デンマンさんは女性の腋毛にかなり関心を持っているようですわね。



いや。。。 それほど関心があるわけではありません。。。 ただ、ジューンさんは脇毛をどうしているのかなァ?。。。とちょっとばかり気になったのですよ。。。 でも、ジューンさんの脇の下を見て安心しました。


(june72b.jpg)




『万夜一夜物語』より
(2015年4月21日)




つまり、この事を言うために わざわざ わたしを“生ログdeロマン散歩”に連れ出したのですか?



そうです。。。 いけませんかァ〜?



(laugh16.gif)


【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ〜。。。

確かに、ジューンさんは人気があるのでござ〜ますわァ〜。。。

でもねぇ〜、実は、あたくしの写真もネット市民の皆様の注目を集めているのでござ〜ますわよう。

ええっ。。。? 信じられないのですかァ?

実は、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”の写真でござ〜ますわよう。。。

ではここで、あなたに ご覧にいれますわねぇ〜。。。


(gog60409a.png)

『拡大する』

『現時点での検索結果』

 

最近 「卑弥子 女性の本当の魅力 ヴィーナスのえくぼ」と入れてGOOGLEで検索する殿方が多いのでござ〜ますわァ。

つまり、あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”を目当てにやって来るのですわよう。。。

うふふふふふふ。。。

ジムに毎日通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわァ〜。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ〜ますかァ?

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ〜ますかァ〜?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ〜ますかァ〜?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ〜。。。

ところで、あなたは『万夜一夜物語』を読んだことがござ〜ますかァ〜?

“千夜一夜物語”ではなくてぇ、“万夜一夜物語”ですわ。


(manya02.jpg)

『万夜一夜物語』

デンマンさんが書いたのでござ〜ますわよう。

ええっ。。。 10,001の話が書かれているのかってぇ〜。。。?

とにかく、上のリンクをクリックして読んでみてくださいませぇ〜。。。

あなたも、絶対にビックリするようなお話が出てきますわァ。

『万夜一夜物語』だけでは、物足りないのでしたら、
ジューンさんが登場する面白いお話もたくさんあります。

興味のある方は、どうか次のリンクをクリックして読んでくださいましねぇ〜。。。



軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人
(godiva05.jpg)

『やっぱり処女とおばさん』

『ウンコで走るバス』

『レダの卵』

『正月の熟女』

『新春画ネット散歩』

『愛と下着の美学』

『モナリザもビックリ』

『象が泣く』

『国際化に加速』

『美しき未亡人』

『ジューンさん、バイザイして』

『ジューンさん“いいね”が付いてるよ』

ジューンさんの熟女下着
(30june.jpg)

『床上手なのねぇ〜』

『外国人SEXデンマン』

『外国人SEXデンマン再び』

『大きいことはいいことじゃない』

『デンバー直行便でジューンさんの下着』

『ジューンさんのヌードを探して』

『半分のお尻で…』

『プーフィードレス』


(sylvie122.jpg)

『万夜一夜物語』

『ゆかじょうず』

『日本語じょうず』

『モナリザがニーハオ』

『おばさんの下着がいいの?』

『なぜ、ヤノマミ?』

『マタハラ』

『マタハラとrundll32』

『お尻のえくぼ』

『なぜカウチポテト?』

『あなたの混浴』

『夢の出会いを求めて』

『乙女と処女』

『戦場に行くことを教えた女教師』

『桜井の別れと母上様』

『ダイアモンドは女の親友』

『愛のコリーダを訳す』

『マルタ島のロマン再び』

『大前研一 奇妙な検索』

『ついに千夜一夜』

『いいね攻略と良妻賢母』

『批判が無いとヒトラーがのさばる』

『混浴入浴風景』



(roten101.jpg+cleoani.gif)

『9日間の女王』

『あなたは敬語?』

『原節子とジューンさん』

『モナリザの妹』

『ナイアガラとマリリンモンロー』

『おばさんパンツ@大晦日』

『ヴィーナスのえくぼ@ジューン』

『乳房振動とブラの研究』

『G線上のアリア』

『悲愴と白鳥』

『ブッダと千夜一夜物語』

『絹の道と千夜一夜物語』

『ヤノマミの乙女』

『ジャータカと今昔物語』

『白木屋お熊とセックス』

『パンツを売る乙女』

『床上手な女@マルタ島』

『宮沢りえとおばさんパンツ』

『マチュピチュとインディー・ジョーンズ』

『映画を愛する薄命の女』

『ベニスの騒動』

『アンネとハンナ』

『名器たこつぼ』

『レダの卵を探して…』

『サモトラケのニケとミロのヴィーナス』

『薄命な女のパンツ』

『ロトの娘たち』

『もう一人のモナリザ』

『万夜一夜の謎』

『自由という誘惑』

『驚異の大洪水』

『おつまみミステリー』

『混浴風景を探して』

『ハレルヤ』

『マルタ島のロマンだ』

『宮沢りえ人気@海外』

『癒しを奏でるパンツ』

『マルタ島deロマン』


とにかく、次回も興味深い記事が続きますわ。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、また。。。


(hand.gif)



(chiwawa5.gif)

こんにちは。ジューンです。

スパムメールが相変わらず多いですわよね。

あなたのメールボックスにも、

ジャンクメールがいっぱい入っているでしょう!?

スパムメールを飛ばしているのは

いったい、どういう人たちなのでしょうか?

出会い系サイトのオーナーたちが多いそうですわ。

彼らは会員を集めるためにスパムメールをばら撒きます。

そのためにメールアドレスのリストを購入しています。

では、そのようなリストを販売している人は

どうやってメールアドレスを集めているのでしょうか?

ロボット(自動巡回プログラム)によって

自動収集させているのです。

ところで、サーチエンジンの自動巡回ロボットは

毎日世界中のサイトを訪問し、

その内容をデータベースに書き込んでいます。

同じように、このメールアドレス収集巡回ロボットも、

HTMLソースを分析し、

メールアドレスらしきものをどんどん記録してゆきます。

でも、使っていないメールアドレスが

たくさんあるのですよね。

あなたの使っているメールアドレスのことを

考えてください。

あなたはメールアドレスをいくつ持っていますか?

一つだけではないでしょう?

10以上持っているのではありませんか?

多分、ほとんどのメールアドレスは使ってないでしょう?

そのために、現在実際に使っている

メールアドレスを集めるために、

怪しい人物が使用度の高いメールアドレスを

集めているのですわよ。

だから、あなたもむやみに信用できない人に対して

返信しないようにしてくださいね。

詳しいことはデンマンさんが次の記事で書いています。

『コメント魔』

(2012年4月3日)



(himiko92.jpg)

ところで、卑弥子さんが面白いサイトを

やっています。

興味があったら、ぜひ次のリンクをクリックして

覗いてみてください。

『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。 バーィ



(juneswim.jpg)


(byebye.gif)
  
Posted by barclay1720 at 05:11Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月19日

源氏物語の性描写


 

源氏物語の性描写

 


(genjiero4.jpg)


(saiko01.jpg)


(genjiero2.png)




(himiko22b.gif)

デンマンさん。。。 今日はどういうわけでエッチな話題を取り上げたのでござ〜ますかァ〜?


(kato3.gif)

卑弥子さんが喜ぶと思ったのですよ。。。 うしししししし。。。

そのような下卑(げび)た笑いを浮かべながら、実は、デンマンさんご自身がエッチな話題が何よりもお好きなのでしょう!?

やだなあああァ〜。。。 卑弥子さんは僕がそれほど性に飢えていると信じ込んでいるのですかァ〜?

だってぇ〜、タイトルを見れば、そうとしか考えられませんわァ〜!

あのねぇ〜、実は、エッチな話題を取り上げたのは僕ではないのですよ。

でも。。。、でも。。。、上のタイトルを書くのはデンマンさん以外にはおりませんわァ〜。。。

信じられないのならば、ちょっと次のリストを見てください。


(liv60717c.png)

『拡大する』



あのねぇ〜、これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の7月1日から17日までの約2週間の「人気検索キーワード」のリストですよ。。。 赤枠で囲んだ 10番に注目してください。



あらっ。。。 「源氏物語 性描写 現代語訳」を入れて検索してデンマンさんのブログにやって来られたネット市民の方が 3名いたのですわねぇ〜。。。

そうなのですよ。。。 だから、その人たちのために“源氏物語の性描写”というタイトルにしたわけですよ。。。 そういうわけで僕も「源氏物語 性描写 現代語訳」と入れてGOOGLEで検索してみました。。。 その結果を見てください。


(gog60718a.png)

『現時点での検索結果』



あらっ。。。 280,000件もヒットするのですわねぇ〜。。。



そういうことです。。。 2013年2月8日に僕と卑弥子さんで語り合った記事『エロい源氏物語』が 6番目に表示されるのですよ。


(liv30208e.png)

『実際の記事』



上の記事の中に、現代語訳された性描写が出てくるのでござ〜ますかァ?



だから僕も調べてみました。。。 次の箇所が、その“性描写”に最もふさわしい所ですよ。。。


音勢(おとせ)は夜に入っても帰らない。

(母親の)浅香の酌で酒を飲んだ吉光公は、

したたかに酔い、横になる。

浅香がまめまめしく尽くす。

当然のなりゆきとなる。

 (ここからは読み下し文)

浅香は久しく男の傍らを、遠ざかりつることなれば、

歳はとっても何となく、初々しさに気もときめき、

自由になれば吉光は、やがて抱きしめ手をやつて、

山繭の腰巻を、探りひらきて内股へ、

わり込み給へば思ひの外、肌ざわりさへすべすべし、

毛はふつさりと房やうじを、並べていぢる如くなる、


(kunisa52b.jpg)

だんだん奥へさしこむ手先に、紅舌(さね)はさはれどこの辺り、

吐淫ぬらぬら溢れ出て、滑(ぬめ)りて紅舌もつままれず、

況(ま)して陰門の両淵は、流るるばかりのありさまに、

吉光もはや堪(たま)りかね、両手でぐつと内股を、

おし広げて足を割込み、鉄火に等しき一物をあてがひて

二腰三腰、おせば下より持ち上げる、

はずみにぬるぬる毛際まで、何の苦もなく押し込めば、

その開(ぼぼ)中の温かさは、いふも更なり忽地(たちまち)に、

子宮(こつぼ)ひらけて鈴口を、しつかと咥(くわ)へて内へひく、

その心よさ気味よさは、何に喩(たと)へんものもなく、

吉光は目を細くなし、口をすぱすぱ吸いながら、

大腰小腰九浅一深、上を下へとつき立て給ふに、

浅香は子供を二三人産みたる開(ぼぼ)にて、

さまざまの道具だてさへ多ければ雁首(かりくび)より胴中へ、

ひらひらしたもの巻きついて出しいれのたび玉茎(たまぐき)を

しごくやうにてえも言はれず、吉光あまたの側室を抱へ、

いろいろ楽しみたりといへど、かかる稀代の上開(ぼぼ)は、

いまだ覚えぬばかりにて、それいくいくア、またいくと、

浅香が背中へ手をまわし、力一ぱい抱きしめて、

嬌(よが)り給へばさらぬだに、浅香は誠に久しぶり、

殊(こと)には太く逞しき、一物に突きたてられ、

ヒイヒイフウフウム、フウと、声をも立てず最初から、

精をやりつづけて息もはづみ、正体もなき折からに、


(kunisa53b.jpg)

アアソレいくよまたいくよと、男に嬌(よが)りたてられて、

何かは以(もっ)てたまるべき、五臓六腑を絞るばかり、

陰水どろどろずるずると限りもあらず流れ出て、

昔を今にかへり花、たのしく其夜を明したり。

 (ここから現代文)

そもそも浅香は色好みの性で、

15歳で大納言蟻盛卿のおそば勤め中にお手がつき、

というより浅香の方から手を取りて、

あげくは妊娠、卿は実家に帰らせる。


(kunisa54b.jpg)

産まれたのが音勢である。

世間の手前、出産前に婿を迎えたが、

とんでもない食わせ物で、すぐさま離縁した。


(saiko01.jpg)

 

(読み易いように改行を加えました。
赤字はデンマンが強調。
写真はデンマン・ライブラリーより)




158-160ページ 『春本を愉しむ』
著者: 出久根達郎
2009年9月20日 第1刷発行
発行所: 株式会社新潮社




でも、この部分は紫式部が書いた『源氏物語』には出てこないのでござ〜ますわァ。



卑弥子さんが そのような事を言ったら、せっかく上の文章を読んで刺激を受けたネット市民の皆様がガッカリするではありませんかァ!

でも。。。、でも。。。、あたくしは京都の女子大学で腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授として、本当の事を申し上げねばなりませんわァ。

確かに、卑弥子さんの言う通りなのですよ。。。 上に引用した文章は、実は、「国貞三源氏」の一つである『正写相生源氏』のエピソードなのですよ。。。 昭和30年4月10日に原文が伏字無しで初めて出版されたのです。

つまり、映倫に引っかかるような極めてエロい。。。 うふふふふふ。。。 猥褻な。。。 ヤ〜らしい文章で書かれているのでござ〜ますか?

そうなのです。。。 エロに厳しかった昭和30年代としては勇気のいる出版だったのですよ。

。。。んで、『源氏物語』のどの帖と関係あるのでござ〜ますか?

それが『源氏物語』の54帖のどれとも直接のかかわりはない。。。 ただし「ここに何れの御時にや。。。」と『源氏物語』の書き出しに似せて始まっているのです。 京は北嵯峨のあたりに、表に冠木の門を構え、築山(つきやま)や川の流れを備えた庭のある洒落(しゃれ)た屋敷があり、40歳ばかりの未亡人と14歳のひとり娘、それに二、三人の女中、老僕が住んでいるのですよ。

それで。。。?

母を浅香(あさか)といい、娘を音勢(おとせ)というのです。 家屋敷は借金の抵当(かた)に入っている。 つまり、この母と娘は貧乏な暮らしをしているのですよ。 でも、娘がチョ〜美人で京の都では評判になっている。 その噂を聞きつけた21歳になる光源氏ならぬ吉光公(よしみつこう)が御所に上げよと言ってきた。

。。。で、母親はお金に目がくらんで娘を御所に上げるのでござ〜ますか?

そうしないと話が進まない。。。 この母親がどこからか吉光公の噂を聞きつけてきた。

どのような。。。?

この吉光公は好色で、その上、巨根の持ち主だという。。。 まだ初潮を迎えたばかりの音勢(おとせ)には荷が重過ぎる。 そこで母親は近所のお金持ちで弓削道足(ゆげのみちたる)という名の50歳になる男に性教育を頼んだのですよ。

あらっ。。。 なんとなく、あの有名な弓削道鏡をもじったような名前ですわねぇ〜。。。

それもそのはず。 この弓削道足(ゆげのみちたる)という男も巨根の持ち主なのですよ。

あらっ。。。 50歳になる巨根の持ち主に14歳の娘の性教育を頼んだのでござ〜ますか?

そうなのです。 娼家では生娘(きむすめ)を店に出す前に、世慣れた年寄りに「水揚(みずあ)げ」をしてもらう。 つまり、男女の道を実地に教えるわけですね。 この初老の男は、かなり乗る気で「10両出すからぜひワシにやらせてくれ」と言う。 母親はお金が欲しいから二つ返事でお願いしますと言った。

でも、14歳の娘には、母親は何と言って説得したのでござ〜ますか?

御殿勤めに必要な作法だから一生懸命に勉強するようにと。。。

なんだか、はしたないお話ですわねぇ〜。。。 だから、このようなエロいお話は本物の『源氏物語』にはないのでござ〜ますわァ〜。。。

確かに、卑弥子さんの言うことはもっともなことなのですよ。。。 だから、その事については検索結果のトップに出てきた青枠で囲んだYahoo!知恵袋でも言及しているのですよ。

どのように。。。?

卑弥子さんのためにここに書き出しますから、じっくりと読んでみてください。



(questgal.jpg)

源氏物語の性描写って

そんなにすごいんですか?


例えばどのように描写されてるんですか?

学校でも習わなかったので。

lady3chさん 2011/12/620:33:40




ベストアンサーに選ばれた回答

eldorado992002さん 2011/12/1214:16:43

あの尾木ママがテレビで『源氏物語』の性描写はスゴイ、などと言ってしまったので、ますます誤解を招いているようですが…

結論から言うと、『源氏物語』にはスゴイというほどの性描写はありません。

エロ小説やポルノ画像に囲まれている現代人にとっては、物足りないどころか「何もしていない」に等しい描写しかありませんよ。

性描写横溢説をとる人たちは、物語に出てくる様々なものを、やれ男性器(ファルス)の暗喩(メタファー)だ、やれ肛門期の性的不安だ、などと象徴づけたがるのですが、こういう牽強付会を許してしまうと、すべての物語はポルノ小説となるでしょう。……フロイト学説の、誤った応用です。

『更級日記』には、伯母からもらった『源氏物語』に耽読していた少女時代の筆者が記されていますが、当時の筆者は14歳程度でしょう。

そんな少女にポルノまがいの物語をプレゼントする伯母がいますか?


いかに当時の婚期が現代人より早いとは言え、夫婦の夜の営みの解説書を贈呈する風習など、当時だってありません。

つまり、当時の人たちも『源氏物語』を大河ドラマとして受け取っていたわけです。

性描写がリアルな古典なら、もっとエグイのがありますよ。

『源氏物語』が未だにポルノ小説呼ばわりされているのは、みなウワサばかり信じてそもそもの本文を読んでいないからです。

尾木ママは読んでいるとは思いますが、あの発言はテレビ用ですから。 ←つまりウワサの助長ですね。

彼のあの発言は、世の人が『源氏物語』に少しでも触れる機会がありますように、という教育者のご親切な動機付けじゃないでしょうか。






注: イラストとYouTubeはデンマンが貼り付けました。

『Yahioo!知恵袋』より




その通りなのでござ〜ますわァ〜。。。 『源氏物語』にはスゴイというほどの性描写はありません。 尾木ママは、世の人が『源氏物語』に少しでも触れる機会がありますように、という教育者のご親切な動機付けなのでござ〜ますわよう。



確かにその通りなのですよ。。。 でもねぇ〜、よ〜く考えてみると、上のエピソードが書かれた『正写相生源氏』が出版されたのは、『源氏物語』では物足りないものを補(おぎな)うつもりだったのですよ。。。 要するに、『源氏物語』が無ければ生まれることのなかった作品です。

つまり、『源氏物語』からインスピレーションを受けて『正写相生源氏』が生まれ出たということでござ〜ますかァ?

そういうことですよ。。。 かつて、司馬遼太郎先生が言ってました。


(shiba3.gif)

“作品は作者だけのものと違うんやでぇ〜。。。

作者が50%で読者が50%。。。

そうして出来上がるモンが作品なんやでぇ〜”




つまり、『正写相生源氏』の作者は、『源氏物語』を読んで、残りの50%の部分で上のエピソードを書いたとデンマンさんは主張するのでござ〜ますか?



そうですよ。。。 “行間を読む”というのは、そういうことですよ。。。



(laugh16.gif)



(himiko22.gif)

ですってぇ〜。。。
確かに、“行間を読む”というの重要なことですわァ。。。

でも、あたくしが思うに、『正写相生源氏』の作者は妄想をたくましくしたのでござ〜ますわよう。
うふふふふふふ。。。

いずれにしても、平安時代には性に関して 大変おおらかでござ〜ましたわァ。。。
それで、子供に話して聞かせられないようなお話もたくさんありますわ。

ところで、あたくしにも お子様に見せられないような魅力があるのでござ〜ますわァ。
あたくしの“女の魅力”ですわよう。
うふふふふふふ。。。

ええっ。。。 そんな魅力が あたくしにあるのかってぇ〜。。。?

それが、あるのですわよ。。。
この際、あなたにも ご覧に入れますわァ!

 

“タラァ〜。。。!”

 


(buttdimp5.jpg)

あたくしの“ヴィーナスのえくぼ”でござ〜ますわァ〜。。。

ええっ。。。 上のお写真が、あたくしのお尻だとは思えないのでござ〜ますかァ〜?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ〜ますかァ〜?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。

信じてくださいましなァ〜。。。

うふふふふふ。。。

ところで、源氏物語のお話も、大変興味深いですけれど、

他にも いろいろな面白いお話がござ〜ますわァ。

たまには、日本古代の面白いお話にも関心を示してくださいまし。

あなたのために古代史の記事を用意しましたわァ。

ぜひ お読みくださいねぇ。

では。。。

天武天皇と天智天皇は

同腹の兄弟ではなかった。
 

天智天皇は暗殺された 

定慧出生の秘密 

藤原鎌足と長男・定慧 

渡来人とアイヌ人の連合王国

なぜ、蝦夷という名前なの?

平和を愛したアイヌ人

藤原鎌足と六韜

古事記より古い書物が

どうして残っていないの?


今、日本に住んでいる人は

日本人でないの?


マキアベリもビックリ、

藤原氏のバイブルとは?


とにかく、次回も興味深い記事が続きます。
だから、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあ、またねぇ〜。。。


(hand.gif)


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)


(surfing9.gif)



(sayuri5.gif)

ところで、平成の紫式部こと、卑弥子さんは見かけによらず、京都の女子大学で腐女子に「日本文化と源氏物語」を講義している橘卑弥子・准教授という肩書きを持っています。

卑弥子さんの面白い話をもっと読みたい人は
下のリンクをクリックして読んでみてくださいね。



(hama10.jpg)

『ハマグリにハマる』

『ハマグリの誘惑』

『ハマグリの足跡を追って』

『芭蕉と遊女』

『光源氏もビックリ』

『エロエロ源氏物語』

『悲痛の紫式部』

『卑弥子のえっち』

『白妙の和歌を探して』

『キーワード診断』

『紅のボート難民』

『ん?ネトウヨ』


(miya08.jpg)

『下衆のかんぐり』

『桓武天皇のママがネットで』

『ござが天皇とGOOGLE』

『エロ 建礼門院』

『一敗が三人に!』

『行田の黒い霧をはらう』

『ペルシャ人が飛鳥に』

『小柴垣草子』

『後白河上皇ダントツ』

『ブスと美人』

『エロい話が好き?』

『死んでも生きてる』

『失意の太田将宏』


(annasalleh.jpg)

『オルフェと聖徳太子』

『源氏物語とおばさんパンツ』

『霊仙はなぜ毒殺されたの?』

『紫式部が地獄へ』

『破戒僧円載』

『アショーカ王の愛と苦悩』

『どら平太の世界』

『三四郎とデンマンさん』

『ヒトラーの姪』

『ゴヤと三島由紀夫』

『仏陀とキリストと娼婦』

『ズロースと戦争』

『伊藤若冲ブーム?』

『ブッダと物理学』

『加藤清正ブーム?』

『愛憎と三輪山』

『松原智恵子 お尻ペンペン』

『坂本龍馬は流れ者か?』

『野ざらし』

『紫式部堕獄説』

『日本最古のポルノ?』



軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)


(byebye.gif)
  
Posted by barclay1720 at 05:41Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月16日

愛はスミレの花よ

 

愛はスミレの花よ

 



(valent1.gif)


(renge00e.gif)


(renge37.gif)

(sumire19.jpg+spacer.png)




(manila05b.jpg)

デンマンさん、お久しぶりですねぇ〜。。。 何で急にあたしを呼び出したのですか?


(kato3.gif)

あのねぇ〜、今日は、めれげさんじゃなく、どうしてもレンゲさんじゃなくてはならないのですよ。。。

どうしてですか?

それを説明すると、ちょっと長くなるのだけれど、辛抱して聞いてください。。。 まず次のリストを見てください。


(liv60515c.png)

『拡大する』



これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の5月1日から15日までの約2週間の「人気検索キーワード」のリストですよ。。。 



あらっ。。。 1番人気は「加藤清正 子孫」なのですわねぇ〜。。。 確か、デンマンさんの姓は“加藤”ですわよねぇ〜。。。 もしかして。。。、もしかして。。。、デンマンさんは加藤清正の子孫なのですかァ〜?

あのねぇ〜、その事についてはすでに記事に書いたのですよ。


(kiyomasa2.gif)


(kiyomasa3.jpg)

『加藤清正ブーム?』



今日は、この記事のことではないのですよ。



でも。。。、でも。。。、デンマンさんが加藤清正の子孫だなんて知りませんでしたわァ〜。。。

いや、僕は直系の子孫ではありませんよ。。。 とにかく、レンゲさんを呼び出したのは、加藤清正のことじゃないのですよ。。。 わき道へそれると、さらに記事が長くなるので、レンゲさんが興味があるのならば、この対談が終わってから上のリンクをクリックして読んでみてねぇ〜。。。

。。。じゃあ、もしかして赤枠で囲んだ2番目の人気キーワードの事で あたしを呼び出したのですか?

その通りですよ。

つまり、「大宮五郎」で検索してデンマンさんのブログにやって来たネット市民が2番目に多いのですわねぇ〜。。。 でも、「大宮五郎」というのは、最近人気が出てきた男性歌手なのですか? あたしは“野口五郎”は知ってますけれど、「大宮五郎」という歌手の名前は聞いたことがありませんわァ。


(noguchi2.jpg)



レンゲさんも、ずいぶんと古いことを言いますねぇ〜。。。 “野口五郎”は確かに若い頃はアイドル歌手だったようだけれど、「大宮五郎」というのは芸能界の人物ではないのですよ。。。 レンゲさんは忘れてしまったのですか?



あらっ。。。 「大宮五郎」さんという人は、あたしの知り合いの人なのですか?

レンゲさんが直接出会った人ではないけれど、レンゲさんも知っているはずですよ。

心当たりがありませんわァ〜。。。

じゃあ、次の検索結果を見てください。


(gog60515a.png)

『現時点での検索結果』



「大宮五郎」を入れてGOOGLEで検索してみたのですよ。 赤枠で囲んだ2番目のタイトルに注目してください。



『愛はスミレの花のごとく』という記事はデンマンさんが 2006年4月17日にライブドアの『徒然ブログ』に投稿した記事ではありませんか!


(kimo911.jpg)

『愛はスミレの花のごとく』



もう10年前の記事ではありませんか!。。。 ずいぶん昔ですわ。。。 ネットで3年は一昔ですから、もう大昔のことではありませんかァ〜。。。 でも、少し思い出してきましたわァ。。。 確か、“阿部定事件”に出てくる人物ですよねぇ〜。。。



思い出してくれましたか。。。 レンゲさんが思い出してくれないと話になりませんからねぇ〜。。。 記事の中では次のようにして出てくるのですよ。


定さんの後半生

前代未聞の阿部定事件が発覚すると、それは野火のように瞬く間に日本全国、津々浦々まで広がる勢いを示した。
各新聞は一斉に号外を出して「阿部定逮捕」を報じた。
このとき、国会では2つの委員会が開かれていた。
ところがこの号外を耳にした委員長は緊急動機を発令し会議を中断するほどだった。
委員会の全員が号外を手にして、それこそ世界大戦争が始まったかと思うほどに、血眼(ちまなこ)になって号外を読み耽った。

当然の事ながら阿部定さんが異常性欲の持ち主だと言う事が噂され、この種の噂は後を絶たない。
定さんと関係した男たちは、彼女がオーガズムに達すると体が震え出し、それから1時間近く失神していたと証言した。
中京商業高校の校長の大宮五郎先生は、最初に定さんと関係したとき、欲情した彼女の淫水が多いことに驚いて、病気ではないかと思ったと述べている。


(oomiya02.jpg)

  大宮五郎先生

定さんの精神鑑定をした東京帝国大学の村松常雄教授は、彼女を先天的なニンフォマニア(nymphomania:淫乱症)と診断した。

大宮先生はこの事件のために失職したと書いてある記事が多いが予審調書には事件発覚前に辞めたと、次のように記述されている。


(abesada2.jpg)

今日やっと校長を辞めたので今までに一番気持ち良くお前に会っているのだと言いました。
私は何も知らない先生の朗らかな気持ちを考え一層申訳なく泣きましたが、久し振りで私と会った先生の気持ちを察して慰めるために、とにかく寝ましょうと言い、宿の人に布団を敷いてもらい。。。先生と寝ました。”

定さんと石田吉蔵さんが過ごした東京都荒川区の待合「満佐喜(まさき)」と定さんが逮捕された高輪南町の旅館「品川館」は事件後に大繁盛した。


(ishida09.jpg)

  石田吉蔵さん

ところで、「品川駅前の旅館」あるいは「品川区の旅館」と書いてあるものがあるけれど、品川駅の前は港区高輪なのである。
品川駅は品川区の隣の港区にある。品川館は品川駅前にあったが品川区ではない。

「満佐喜」では事件のあった部屋に2人の写真を飾り、2人が使ったドテラや読んでいた『主婦の友』(1917年[大正6年]創刊)まで展示した。
「品川館」では定が泊まった部屋を逮捕時のまま保存し、旅館の主人はスクラップブック片手に、熱弁をふるってその夜の定を無声映画の弁士のように語ったと言う。

また、逮捕前日に定さんに呼ばれて体をもんだマッサージ師は新聞社や雑誌社の取材謝礼でマイホームを新築した。
定さんはこう言ったという。
「あんた、新聞読んだ? わたし怖いので見出しだけしか見なかったので、聞かしてちょうだい」
これを受けて、マッサージ師が下腹部を切った話しをすると、ニヤッと笑った様子がさも満足そうなので、ぞっとしたと言う。

阿部定事件はバスガイドにまで影響を与えた。
大阪のバスガイドの組合が会社に対して、「切符を切らせてもらいます」という言葉を変えて欲しいと申し出た。
大きい声で「切らせてもらいま〜す」と言うと、客が一斉に笑い出す。それが恥ずかしくて耐えられないのだと言う。

昭和11(1936)年11月25日、東京地裁1号法廷で第1回公判が開かれた。
傍聴者は前夜から押しかけて列をつくり、やむを得ず、裁判所は午前9時開廷のところ、午前5時に入廷させた。
昭和11年12月21日、東京地裁は、定さんに対して懲役6年という軽い刑を言い渡した。
定も検事も控訴せず、刑が確定した。

定さんは栃木刑務所で服役した。
刑務所における定さんは模範囚で、普通の女囚が1日に1320枚ずつこなすセロハンの紙細工を2300枚ずつ、ほとんど2人分消化した。

定さんの人気は刑務所収容後もいっこうに衰えず、刑務所に送られてきた定さんへの結婚申し込みは400通以上、
出所後は1万円(当時で約1600万円)でスカウトしたいと申し込んできたカフェーが2つ、映画会社がひとつあった。
なかには定さんが所外作業か何かで外に出て来るかもしれないと期待して刑務所の門前に弁当持参で来る常連もいた。

定さんが予審判事に対して供述した調書が外部に持ち出され、印刷されて非公然に売買された地下出版本があった。
警察がその一部を押収して調書原本と照合したところ、内容が完全に同一であることが判明し、ますます値が上がった。
一説によると、研究のために、特に調書の筆録を許可された精神分析学者の高橋鉄氏が、研究費欲しさにこれを少部数刷り、好事家に高値で密売したものが、さらに暴力団によって拡大再生産されたのではないかと言われているが、真相は明らかになっていない。

1941年(昭和16年)5月17日、前年(1940年)の皇紀2600年祝典による恩赦で減刑され、刑務所を出所した。
ちなみに犯行は1936(昭和11)年5月18日に行われた。
1日違いで、ほぼ丸5年が経過していた。

刑務所長などの配慮で、阿部定さんは「吉井昌子(まさこ)」と名前を変えて、誰にも過去を知られず暮らすことになった。
定さんは「吉井」という姓が気に入っていたようだ。
予審調書によると26才の頃、丹波の篠山の「大正楼」で娼妓をしていたが、待遇がひどいので逃げて神戸に住に始めた。
その当時、吉井信子と名乗って二週間ばかりカフェーの女給をしていたことがある。
29才の時には東京の三の輪で吉井昌子と名乗って高等淫売をしていたことがある。
現代風に言えば“コールガール”という事になる。

定さんは、なぜこの名前が気に入っていたのか?
それは、この名前を名乗っていた頃知り合った中川朝次郎(37歳)氏が気に入っていた事と関係があるようだ。
中川氏は日本橋区室町で袋物商を営んでいた。
定さんは昭和8年10月頃、中川氏の妾になっている。

昭和9年9月頃、中川氏が病気になり定さんの面倒が見られなくなったので相談の上別れている。
その後、定さんは横浜市中区富士見町の「山田」という店でコールガールを始めた。
昭和9年の暮に、この仕事で知り合った政友会の院外団という笠原喜之助氏の妾になる。
ところが笠原氏は放埒で、まともな手当ても定さんにやらなかったらしい。

“愛情もなく私を獣扱いにし別れようとすると平身低頭して哀願するという品性下劣な男でした。直ぐ嫌になりました。”と定さんは予審調書の中で述べている。

中川朝次郎氏は定さんが関係した男の中では余程気に入ったらしく、“馴染の中川さん”が恋しくなり昭和10年1月、電話で中川氏を呼出し浅草の上州屋で同宿したこともある。
その後も、この中川氏と定さんは会っている。
そのようなわけで、中川氏と“吉井昌子”という名前が定さんの頭の中でしっかりと結びついていたようだ。

いづれにしても、定さんは出所後その名前で(中川氏とは別人と)結婚をし、戦時中は埼玉県に疎開していた。
だが、終戦後、定さんとその夫が平和に暮らしているところに、新聞記者が取材で訪れた。
これによって、夫は妻が世間を騒がせた定さんであることを知り、それまで平和であった暮らしが崩壊した。

また、カストリ雑誌ブームの中で再び、阿部定事件が脚光を浴び、興味本位の『昭和一代女お定色ざんげ』などいろいろ書かれた。
そのため、1947年(昭和22年)9月、定さんはその著者と出版社を名誉毀損で東京地検に告訴している。
その後、作家の長田幹彦主催の劇団で、自ら「阿部定劇」のヒロインを演じて全国を巡業した。

その後、温泉地の旅館の女中、料理屋の女中、バーやおにぎり屋の経営者になったりして、あちこちを転々とする。
自分の知名度を利用し、逆にそれを利用されたりした。
1959年(昭和34年)、某料理屋の女中頭として、東京料飲店同志会から優良従業員として表彰されている。


(abesada3.jpg)

1969年(昭和44年)に石井輝男・監督で『明治大正昭和 猟奇女犯罪史』という名の映画が作られた。

実際に起きた異常ともいえる五大愛憎事件を、スキャンダラスに描いて話題を集めた。

昭和35年に起きた“東洋閣事件”を皮切りに、“阿部定事件”、それに引き続いて各地でおこった“象徴切り事件”、
敗戦の年に七人の女を強姦・殺害した“小平義雄強姦殺人事件”、明治の代表的毒婦“高橋お伝事件”まで猟奇犯罪を実録タッチでショッキングに描いた。
事件の当事者である阿部定さんが特別出演するというので、公開当時大きな話題を呼んだ。
数分だが定さん本人(当時64歳)が橋の上でインタビューに答えて事件を語る部分がある。


(abe029.jpg)

1971年(昭和46年)、千葉県市原市のホテルで、「こう」という名前で働いていた。
ここでは、66歳という高齢にもめげず、若い男に金品を貢いでは気を引いていたそうであるが、置手紙を残したまま、姿を消した。
以後、消息を断った。
その後、ある老人ホームに入っているらしいという噂が立った。
現在は生死不明。




『愛はスミレの花のごとく』より
(2006年4月17日)



(manila05b.jpg)

デンマンさんは、定さんにこだわりますのね?


(kato3.gif)

良いところも悪いところもレンゲさんと定さんは、よく似ているからですよ。こうして定さんの後半生を読むと、レンゲさんの後半生に参考になるのじゃないかと思ってね。。。

あたしを犯罪者扱いにするのですかああああ。。。。いけすかんわああああ。。。

そういうわけではありませんよ。僕はね、定さんの予審調書を読んで、あのショッキングな殺人さえ犯していなかったら、定さんはまともな後半生を送れたろうと思いますよ。

どういうことですか?

定さんは素直で正直で関係者に好感を与えているんですよ。それは上の文章の中にもよく表れていますよ。

どういうところですか?

たとえばね、次のような箇所に定さんの良い性格をうかがうことが出来ますよ。


刑務所長などの配慮で、阿部定さんは「吉井昌子(まさこ)」と名前を変えて、誰にも過去を知られず暮らすことになった。


定さんが所長に良い印象を与えていたからこそ、このような配慮がなされたわけですよ。しかも定さんは模範囚だったんですよね。


刑務所における定は模範囚で、普通の女囚が日に1320枚ずつこなすセロハンの紙細工を2300枚ずつ、ほとんど2人分消化した。


もちろんこればかりではなかった。裁判の前に予審調書を用意するために係官から尋問を受けている時にも定さんの素直で率直な性格が係官に良い印象を与えました。

どうしてそのような事が言えるのですか?



(gal06c.jpg)

大宮先生がいるから石田の事を馬鹿馬鹿しいと思いのではないかと考えると石田に申訳ないような気もします。
今ではなるべく石田の事を忘れようと骨折っております。

今後この事件の事は口にしたり考えたくないので、出来れば公判とか裁判とか大勢の所で色々の事を聞かれるよりお役所でしかるべく相談して刑を定めて下さい。
不服は言わず快くその刑を受けるつもりです。

その意味で弁護士はいらないと思うのですが、ただ世間から私を色気違いのように誤解されるのが一番残念で、この点申開きをするため弁護士を頼もうかと思います。




分かるでしょう?定さんという女性は好感を与えるような人柄だったということが。。。つまり、予審調書を読んで気づくのは、ちょうどレンゲさんのように素直で率直なんですよね。包み隠すことなく事実をありのままに話す事ができた人なんでしょうね。聞き手に対して素直であるということが伝わるような話し方をしていますよ。上の引用の中でも定さん自身が言っています。“役所でしかるべく相談して刑を定めて下さい。不服は言わず快くその刑を受けるつもりです。” つまり、全面的に役所を信頼している。すべてをお役所に任せている、という事が聞き手にも実によく分かる。



定さんのそのような性格が、検事や裁判官や警察の担当官に良い印象を与えたということですか?

そう思いますよ。事件のショッキングな性格から、定さんに初めて会う人は、もっとがさつなアバズレ女を想像していると思うんですよ。ところが実際に会って話をしてみると、上のような淑(しと)やかで素直で頭のいい女性を目の前にすることになる。

つまり、そのような定さんの好印象が、判決が軽かったという理由だとデンマンさんはおっしゃるのですか?

そうですよ。しかも、刑務所でも模範囚で通した。定さんは結構、頑張り屋なところもあるんですよ。

どういうところがですの?

このことは前にも書いたけれど、定さんは調書の中で次のように言ってますよ。



(kimo10.jpg)

22歳の正月大阪市の飛田遊郭「御園楼」に住み替へ娼妓になり、源氏名を「園丸」と名乗って出ました。
。。。

御園楼は当時大阪で一流でした。私も売れてナンバースリー以下に下がった事がありませんでした。
抱主からも可愛がられて「御園楼」では面白く働きました。

一年位経った頃、ある会社員の客が私を落籍してくれることになりました。
しかし、その人の部下も私の客であることが判ってその話は駄目になり、客から勘忍してくれと言われ金を貰った事がありました。
それで、少し腐っているところへ紹介屋から話があって、翌年早々23歳の時、名古屋市西区羽衣町の「徳栄楼」に借金2600円で住み替えました。

ここに移る時は、その抱主は丸ぽちゃの可愛らしい女を希望していたそうです。
私は面長でどちらかと言えば伝法肌の女であり、紹介屋から是非抱えて呉れと頼まれて抱えることになったらしいのです。
当時、その事情を知らない私は抱主が内儀さんに仕方なく抱えたんだ、名前などは何でもいいと話しているのを耳にし、私を抱主が気に入らぬのなら気に入らせて見せるという気になり、貞子という源氏名で一生懸命働きました。
それから売っ子になり可愛がられるようになりました。




それに、初めに引用した文章の中にも出てきますが、離婚してからの事だけれど、定さんはやはり頑張り屋のところを覗かせていますよ。


1959年(昭和34年)、某料理屋の女中頭として、東京料飲店同志会から優良従業員として表彰されている。


もちろん、レンゲさんも頑張り屋ですよ。レンゲさんがホステス時代にナンバーワンになった事も定さんと良く似ています。



(renge002.jpg)

レンゲさんには、間違いなく野心家の一面もある。だからこそブティック・フェニックスでも3ヶ月余りで、他の店長をゴボウ抜きに抜いてあなたは売り上げでトップの座を獲得した。クラブ・オアシスでもあなたは30人余り居るホステスの中でナンバーワンに躍り出た。これがその当時のレンゲさんの写真ですよね。若くてピチピチしていた。しかも素人っぽくって素朴な美しさがある。それでいて洗練されたところもある。そういうところがお客さんの関心を誘った。それに加えて、話題が豊富でお客を飽きさせない。あなたは頭のいい女の子なんですよ。自分をどう演出してよいかも、ちゃんと心得ている。だから、ナンバーワンになることも時間の問題だった。

。。。

あなたにとって大学生活は慢性的な空虚感と退屈さが伴っていたんですよね。少なくともホステスの生活の方が楽しかったんですよ。楽しいという言葉が適切でないなら、レンゲさんの求めているものは、大学生活よりもホステス生活の方にたくさん見出すことが出来たんですよ。

あたしの求めているもの?。。。それは何ですか?

“幼児的なふれあい”ですよ。

レンゲさんがホステス時代に“お客リスト”を作っていた。レンゲさんはクラブ・オアシスで働いていた30人の女性のうちでナンバーワンになったんですからね。レンゲさんがマジメに一生懸命ホステス業に励んでいたことが僕は理解できましたよ。どんな職業でもそうですが、トップになるためには、それなりの努力が必要ですよ。実際、“ちゃらちゃらして”いたら、ナンバーワンにはなれなかったと思いますよ。




『とこしえの愛って。。。 』より
(2006年2月12日)




それにね、定さんはレンゲさんのように結構、本を読んでいるんですよね。



そのようなことが書いてありました?

予審調書の中には出てこないけれど、『昭和史全記録』という本の中に出ている。それによると定さんは吉蔵さんを殺害したあとで、傷口の血を手指につけ、吉蔵さんの左大腿部に「定吉二人」という文字を書き、敷布にも「定吉二人キリ」という文字を書き残したんですよ。

どうしてそのようなことをしたのですか?

レンゲさんもそのように不思議に思うでしょう?実は、裁判でもそれが問題になって、裁判官が定さんに尋ねたそうだ。

定さんは何と言ったのですか?

昭和11年5月5日に明治座で“つや物語”を見たというんだ。これは泉鏡花が書いた新派の名作「通夜物語」のことですよ。この原作品を読んでいたと言う。

どういうお話なんですの?

小きんと言う芸者が出刃庖丁で可愛いい男の田之助を殺して、その血で襖に字を書くのだけれど、定さんは、そこにとても感動したと言うんだ。


明治の新派全盛時代に書かれた名作狂言。 
原作は泉鏡花が明治32年(1899)9月、「大阪毎日新聞」に発表した小説。

明治39年(1906)8月大阪朝日座にて、岩崎舜花の脚色で初めて演じられた。
配役は、花魁・丁山に河合武雄、貧乏な画家・清に秋月桂太郎が扮した。

昭和11年(1936)5月明治座にて、昭和新派のエース川口松太郎の新脚色で「新版つや物語」として上演された。
配役は丁山にあたる芸者小今に花柳章太郎、清に柳永二郎が扮した。

演者、脚色者とも若い世代で、古くなった新派の定番狂言をリニューアルしようとした。
しかし、当時まだ原作者の泉鏡花が影響力を持っていたことから失敗した。評判もあがらなかった。

丁山が出刃包丁で宿敵ともいうべき笹山を倒し、自分の乳房をえぐった血で恋人・清に襖に絵を描かせ、息絶えていく血まみれの凄惨な場面が見ものだった。


あたしには、そういう気持ちが分かりませんけれど。。。

でも、定さんは、その凄惨な場面に感動を覚えたと言う。「定吉二人キリ」の血書のヒントは、この泉鏡花の原作品から得たそうだ。定さんも芸術的に感化を受けやすい性格なんだと思いますよ。

デンマンさんは、あたしもそうだとおっしゃるのですか?

そうですよ。レンゲさんも次のように書いていましたからね。


そこまで人を駆り立てる物って何なんだろう?

2005 01/08 01:28


(yapuh1.gif)

わたしは「家畜人ヤプー」の
沼 正三氏を思い出す。
彼の思い描いた壮大なユートピア。
イマジネーションとリビドーが
彼を書かずにはおかせなかったのだろう。

彼は夜な夜な
そのイメージの世界へと旅立ち、
恍惚の笑みを浮かべ、
自分が創り出した女神たちに奉仕し、
虐げられていたのだろう。

表の顔とのギャップが大きいほど、
秘められた場所での彼の悦びも、強く、
刺激的になり、
仮想ユートピアも、あざやかに、
現実のものとなっただろう。

それは、彼の知性が高かったために、
そのような壮大な世界を
得ることができたのであって、
凡人ならば、実際に血の通った“女神”を必要とするのだ。

ユートピアといえば、トマス・モアを思い出すが、
彼は自分のおかれている現実にたいして多くの不満を持ち、
そのうち想像と妄想を結実させ、あの作品を書いた。

人の欲望、不平、不満は、時に妄言などを生み出し、
何らかの「アンチ」な行動に向かわせる。それが社会を動かす力となるか、
ただの変人呼ばわりで終わるかは、本人の死後、評価が決まるかもしれない。

by renge




『たれてるお尻ってなかなか直りませんよね?』より
(2005年8月11日)



(renge015.gif)



レンゲさんには定さんが感じた上の凄惨な場面にはエロチシズムが湧かないのかもしれない。でも、レンゲさんの中に住んでいる“黒いパンティーをはいたサディスト”は「家畜人ヤプー」を読んで共感していますからね。



デンマンさんは、またこの写真を持ち出すのですかぁ〜。

いけませんか?

あたしはこの写真が好きではありません。

でも、河内弁をまくし立てて僕をこき下ろす時のレンゲさんのイメージは、こういう姿をしているんですよ。

分かりましたわ。あたしがなんと言おうとデンマンさんは、何でもこうして作ってしまうんですから。。。それで、デンマンさんは何がおっしゃりたいのですか?

定さんは、レンゲさんと同じように感受性が豊かで、知的で、素直で正直で、結構、人に好感を与えるような人柄なんですよ。しかも頑張り屋なんですね。

それで。。。?

だから、定さんがあのような事件を起こしていなかったら、幸せな結婚生活を続けていたかもしれないですよね。ところが、新聞記者が定さんの居所を突き止めてしまった。終戦後、定さんと夫が平和に暮らしているところに、その新聞記者が取材で訪れた。夫は妻が世間を騒がせた定さんであることを知り、それまで平和であった暮らしが崩壊してしまった。。。レンゲさん、僕が何を言おうとしているか?。。。分かりますか?

あたしには、デンマンさんがおっしゃろうとしていることがまだ良く分かりませんが。。。

レンゲさんも、定さんに劣らずすばらしい女性なんですよ。。。僕はマジですよ。定さん以上にすばらしい人だと僕は思っているんですよ。

デンマンさんは、あたしをそのように持ち上げていますけれど、また何か、あたしをガッカリさせるような事をおっしゃるのでしょう?

分かりますか?

分かりますわ。。。デンマンさんとも長いお付き合いになりますから。。。それで、今日はどのような事を言ってあたしをコケにするつもりですか?

僕はレンゲさんを馬鹿にするつもりはありませんよ。

分かりましたわ。とにかく、はっきりおっしゃってくださいな。

おとといも言ったけれど、レンゲさんと清水君のような20代のカップルにも、最近、セックスレスが多くなったと言うではないですか。でも、レンゲさんと清水君は毎日愛し合っている。だから、僕は、それだけでも充分だと思いますよ。それなのに、さらにファンディーをはいてパンツの中でつながったままドライブして荒川の堤へ夜桜見物に出かけたんですよ。

その通りです。でも、デンマンさんはおっしゃったじゃありませんか。“車の中から夜桜を眺め、それから花咲く桜の木の下でシコシコと愛し合うなんてなかなか風流だ。うらやましい限りだよ” こう、おっしゃったんですよ。


(yozakura3.jpg)



確かに、そう言いました。 実際、僕は今でも、うらやましいと思っていますよ。でもね、高速道路に出て80キロで走行中に愛し合うことは、どう考えたって無謀ですよ。危険です。遅かれ早かれ事故を起こしますよ。それで二人が昇天したら、号外にはならないけれど、笑い者になってしまいますよ。


(fundiesy.gif)

“パンツの中でつながったまま、

 カップルが80キロで走行中に

 エッチに夢中になって

 ガードレールに激突、

 そのまま昇天!”




こんな事になったら目も当てられませんよ!



あたしと洋ちゃんは、そういうことにはなりませんてばああああ〜〜。

誰も、事故を起こしたくって事故を起こすのではないですよ。でも、事故を起こす可能性は充分にあるんですよ。問題は、レンゲさんは運のいい人だから、清水君はあの世に行ってしまうかも知れないけれど、レンゲさんは生き残る可能性があるんですよ。

そうでしょうか?

僕は、レンゲさんには生きて寿命を全(まっと)うして欲しいんですよ。でもね、命拾いした事で、新たな幸運がめぐって来てレンゲさんが結婚したとする。でも、その相手が、レンゲさんと清水君の事故の様子を知ったら、おそらく、定さんのように結婚生活が破綻しますよ。僕はその事を言いたかったんですよ。

デンマンさんは、そうやって、またあたしを馬鹿にするのですわ。

僕は自制心の事を言っているんですよ。レンゲさんを馬鹿にしているのではありません。ファンディーはいてドライブしている最中に愛し合う事だけはやめてくださいよね。

それって、絶対にあたしをコケにしていますわ。。。あたしは、またこの記事の中で可笑しな女にされていますってばああああああああ〜〜



(cat602.jpg)


(laugh16.gif)


【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ〜。。。
あたしは デンマンさんに虚仮(コケ)にされてますわよねぇ〜。。。

でも、仕方ありませんわ。
ときたま、常識破りな事をやらかしますから。。。
うふふふふふふ。。。

ところで、話は変わりますけれど、
かつて、めれんげさんの熱烈なファンがたくさんいたのでした。

でも、うっかり めれんげさんが会費を滞納したために、
サイトを削除されてしまったのですわ。

けれども、2013年の6月にライブドアで『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もないのに 検索結果 3,960,000件中の 9位に躍り出るなんてすごいですよね。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

現在、めれんげさんは お休みしています。
でも、これからも、ブログを通して「愛のコラボ」を続けて欲しいですよねぇ〜。。。

かつて めれんげさんの「即興の詩をはじめました!」の『極私的詩集』サイトは 次の検索結果で見るようにトップを占めていたのです。


(gog30928a.png)

でも、現在は、5位です。

また、ブログを更新して トップに返り咲いて欲しいものです。

ところで あなたは「どうしたら、上位に掲載されるのォ〜?」と考えているかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。

次のリンクをクリックして読んでみてください。


(seo001.png)

『おばさんの下着に見るSEO』

話は変わりますけれど、めれんげさんは可愛い猫を飼っています。

あなたも、猫ちゃんを飼っていますか?

ええっ。。。 ワンワンちゃんを飼っているのですか?

そういえばデンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。

気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。

あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。

では、また。。。


(hand.gif)



(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(rengfire.jpg)

『禁じられた恋愛に惹かれて』

『不幸を求める理由』

『信頼の天才になりたい』

『サビーナを探して』

『女装男がムカつく』

『真剣なお願いです』

『忌々しい生命力』

『出会えてよかった』

『めれちゃんの熱烈なファン』

『鶴橋のおばちゃん』

『特別な愛を捧げる人』

『「詩」で検索して見に来てくれた』


(renge62e.jpg)

『えっちなんです』

『エロマンガ島』

『マカオのおかま』

『わたしの生きる意味』

『愛と信頼と絶望』

『天平の裸婦もビックリ』

『愛の真実を探して』

『最大限の本音で…』

『こわ〜い話』

『道鏡伝説の謎』

『市長選挙とおばさんパンツ』

『夢みるわたし』

『あげまん女』

『日本で一番長い五月』

『5月だよ!全員集合!』

『また、スパイ?』

『わたしと詩』


(babdol6.jpg)

『かわゆいベビードールワンピ』

『ああ、さびしい』

『恋する女でありたい』

『生きてることが気持ち悪い』

『焼き滅ぼさむ』

『一人で飲みに行く女』

『あなたをさがして』

『早く気づいてほしい』

『気づいたのね』

『あなたに逢いたい』

『やらしい検索』

『わたしを見つけて』

『小笠原玲子』

『ふたりだけの場所』

『命のともし火』


(sayuri201.jpg)

『ふたりの思い出』

『愛は終わることなく』

『凍りついた心の言葉』

『冠詞の悲劇再び』

『焼き滅ぼさむ再び』

『漱石のラブレターを読みたい』

『森田伸二と即興の詩』

『きみの夢』

『指きり』

『あしたみる夢』

『ネット殺人事件』

『失楽園のモデル』

『スパムに追われて』

『心にしるす』

『復楽園がいいの?』

『今をだきしめ想いかなえし』

『きみ待ちわびて』

『朝の来ぬ国』

『離れがたき』

『めれちゃんがいいね』


(kimo911.jpg)

『愛はスミレの花のように』

『思い出の夕顔』

『スミレの花咲く頃』

『クリスマスのコメント』

『消え行く愛など無く』

『ひとりかも寝む』

『レモンと性と愛』

『少女と下着の秘密』

『いとしき言葉』

『無我の愛と自我の愛』

『めれちゃんde人間失格』

『愛@文明開化』

『愛と共感とストレス』

『愛欲と空海』

『きみはやさしく』

『愛の擬人法』

『めれちゃんと南方熊楠』

『めれちゃんの人気再び』



(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ



(beach02.jpg)


(byebye.gif)
  
Posted by barclay1720 at 05:12Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月11日

月夜の美人


 

月夜の美人

 


(noten15.jpg)


(roten11.jpg)


(salon22.jpg)




(sayuri55.gif)

デンマンさん。。。 どういうわけで“月夜の美人”を持ち出してきたのですか?


(kato3.gif)

あのねぇ〜、夕べ久しぶりに谷崎潤一郎の『刺青(しせい)』を読んだのですよ。。。 小百合さんも読んだことがあるでしょう?

いいえ、私は入墨が嫌いなので、喰わず嫌いで『刺青』をまだ読んだことがないのですわ。。。

この作品は谷崎の処女作なのですよ。。。 けっこう有名です。。。 1966年に映画にもなったのですよ。


(irezumi90.jpg)





あらっ。。。 なんだか ヤ〜らしい映画ですわねぇ〜。。。 もしかして成人映画ではないのですか?



いや。。。 日本を代表する作家の作品が原作ですからねぇ。。。 けっしてアダルト映画ではありません。。。 でもねぇ〜、上の映画で見るよりも原作を読んだ方がよっぽど素晴らしさが解りますよ。

デンマンさんは映画を観なかったのですか?

あのねぇ〜、上の映画は原作の素晴らしさを伝えてないのですよ。

あらっ。。。 その原作の素晴らしいところってぇ、どういうところなのですか?

小百合さんのために、ちょっとだけ書き出しますから読んでみてください。


刺青


(tatoo90.jpg)

清吉(せいきち)という若い刺青師(ほりものし)の腕ききがいた。
刺青会(ほりものかい)で好評を博す刺青の多くは彼の手になるものであった。
元浮世絵師の渡世をしていただけに、刺青師に堕落してからの清吉にもさすがに画工らしい良心と鋭敏さとが残っていた。

 (中略)

彼の年来の宿願は、光輝ある美女の肌を得て、それへ己の魂を刺(ほ)り込むことであった。
その女の素質と容貌にはいろいろの注文があった。

ただ美しい顔、美しい肌のみでは満足できなかった。
まだ見ぬ人の姿かたちを心に描き、3,4年は空しく憧れながらも彼はなおその願いを捨てずにいた。

ちょうど4年目の夏のとある夕べ、深川の料理屋平清(ひらせい)の前を通りかかったとき、彼はふと門口に待っている駕籠(かご)の簾(すだれ)の陰から、真っ白な女の素足のこぼれているのに気がついた。
鋭い彼の目には、人間の足はその顔と同じように複雑な表情をもって映った。

その女の足は、彼にとっては尊い肉の宝玉であった。


(galfeet.jpg)

親指から起こって小指に終わる繊細な五本の指の整い方、江ノ島の海辺で獲れる薄紅色の貝にも劣らぬ爪の色合い、珠(たま)のような踵(きびす)のまる味、清冽(せいれつ)な岩間の水が絶えず足下を洗うかと疑われる皮膚の潤沢(じゅんたく)。

この足を持つ女こそは、彼が長年たずねあぐんだ、女の中の女であろうと思われた。
清吉は躍り立つ胸をおさえて、その人の顔が見たさに駕籠のあとを追いかけたが、二、三町行くと、もうその影は見えなかった。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




谷崎潤一郎・作 『刺青』より




駕籠の簾から女の足がこぼれているのを見て、清吉はこれぞ自分の求めていた女だと確信したのですわねぇ〜。。。



そういうことですよ。。。

つまり、清吉はフット・フェティッシュなのですわねぇ〜。。。 要するに、美しい女の足に異常なまでの魅力を感じてしまう。。。 上の文章を読むと、女の足の表現が異常なまでに細やかに、そして情熱的に書いてありますわァ〜。

小百合さんは、そんな風に感じるのですか?

だってぇ、上の文章を読めば、そうとしか考えられないではありませんかァ〜! それで、清吉は その女性と会うことができたのですか?

出会わないと物語になりませんからね。。。 次のような出会いがあるのですよ。


清吉の憧れの心地が、激しい恋に変わってその年も暮れ、5年目の春も半ば老い込んだある日の朝であった。

清吉のなじみの辰巳芸伎(たつみはおり)から使いがよこされた。
使いの娘は、近々に私の妹分としてお座敷へ出るが、私のことも忘れずに、この娘も引き立ててやってくれと認(したた)めてある手紙を渡した。

清吉はしげしげと娘の姿を見守った。
年のころは16か7かと思われたが、その娘の顔は、不思議にも長い年月を色里に暮らして、何十人の男の魂をもてあそんだ年増のようにものすごく整っていた。


(maiko19.png)

それは国中の罪と財(たから)との流れ込む都の中で、何十年の昔から生き代わり死に代わったみめ麗しい多くの男女の夢の数々から生まれ出るべき器量であった。

(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




谷崎潤一郎・作 『刺青』より




あらっ。。。 なんだか すごく魅力的な女性の写真ですわねぇ〜。。。 デンマンさんも、このような女性が好みなのですかァ〜?



いや。。。 僕はどちらかと言えば、純日本的な女性よりも ギリシャ女神のようなタイプがいいのですよ。 うへへへへへへ。。。

分かります。。。 分かります。。。 ジューンさんのような方がいいのですわねぇ〜。。。


(bikini08.gif)



こういう時にジューンさんの写真を持ち出さないでくださいよ。。。 せっかく、ネット市民の皆様と日本的な情緒に浸っているのに、日本的な雰囲気がぶち壊されてしまうでしょう!



だってぇ〜、デンマンさんが「純日本的な女性よりも ギリシャ女神のようなタイプがいい」と、言うから気を利かせてジューンさんの写真を持ち出してきたのですわ。

とにかく、今日はジューンさんの出番じゃないのですよ。

。。。で、どう言うわけで“月夜の美人”と“刺青”が関係あるのですか?

ちょっと次の対話を読んでみて下さい。


山の家と露天風呂


(yamagoy2.jpg)



小百合さんが書いているように“山の家”は、人里離れた山深い所にあるようです。


(himiko22b.gif)

やっぱり冬は寒いのでござ〜♪〜ましょうか?

行田とそれ程変わらないと思うけれど、山深い所にあるようですからね。だから、冬になると小百合さんが書いているように“久しぶりの山は家の中が寒く冷蔵庫のようです”。。。と言う事になるのでしょうね。

それにしても欅の木を切り出してマキにするのでござ〜♪〜ますか?

卑弥子さんには無理でしょうねぇ〜?

あたくしだって。。。、あたくしだってぇ〜、やれ!と言われればやりますわよゥ。


(kumata5.jpg)



小百合さんは、やれ!と言われずに、自ら進んでやっているのですよ。山で欅を切り出して軽トラックの荷台に積んで、このような山道を2往復する訳ですよ。僕は思うのだけれど、小百合さんは、もう10年以上も前からLOHAS的な生活に馴染んでいたようですよ。LOHASが流行語になってから始めた生活ではないのですよね。しかも、軽トラック2台分も欅の木を女手一つで切り出すのですからね。そうやって、トラックの荷台に積んで、上のような山道を運転して“山の家”に運ぶ訳ですよ。だから、車は絶対に必要になりますよね。



それで、マキをくべる生活でござ〜♪〜ますか?


(sayuri31.jpg)



だから、当然、僕は上のような情景を想い浮かべるのですよ。うへへへへ。。。



いやですわあああぁ〜。。。また、小百合さんにおばさんパンツを穿かせて暖炉の前に立たせたのですかア〜?

こうしてみると。。。なんですねぇ〜。。。結構、ロマンチックですよねぇ〜? 

デンマンさんがコラージュしてでっち上げた写真を元に妄想しているだけですわあああぁ〜

いや、妄想ではありませんよ。マキを暖炉にくべるだけではなくて風呂もマキで沸かすようですよ。

ホントでござ〜♪〜ますか?

何しろ小百合さんの山の家の風呂は露天ですよ。マキで沸かすより他にないでしょう?

それで。。。それで。。。小百合さんはその露天に裸ではいるのでござ〜♪〜ますかア?


(noten16.jpg)



あのねぇ〜、卑弥子さん。。。、そのような分かりきったことを尋ねないでくださいよゥ。露天だからって服を着たまま入る女性は居ませんよ。



でも、最近は“湯あみ着”と言うムームーのようなモノができているのでござ〜♪〜ますわ。そういうモノを身につけて混浴の露天風呂に入る女性が多くなったのでござ〜♪〜ますわよ。

でも、小百合さんは一糸もまとわず全裸ではいるのですよ。

どうして。。。、どうして、デンマンさんはご存知なんですの?

僕は直接、小百合さんに聞いたのですよ。夜は全く風呂の周りには囲いをしないそうですよ。

それで昼間は。。。?

誰か人の気配がするような時には“よしず”で囲うことがあるという事です。でもねぇ、ほとんど人がやって来ないそうです。

でも、もしデンマンさんのように覗きに来る人が居たらどうするのでござ〜♪〜ますか?

やだなあああぁ〜。。。まるで僕が卑弥子さんが風呂に入るのを覗いているような言い方ではないですか?

。。。んで、デンマンさん以外で覗きに来る人が居たらばどうするのですか?

だから上の小百合さんのメールの中に愛犬ゴンと書いてあるでしょう?


(tosaken2.jpg)



この愛犬がすごいのでござ〜♪〜ますか?



そうなんですよ。これが土佐犬で熊のようにでかい犬なんですよ。小百合さんの愛犬のゴンが覗きに来るエロい愚か者を退治してくれるそうです。

じゃあ。。。デンマンさんでも覗きに行く気がしなくなるのでござ〜♪〜ますわねぇ。。。うふふふふ。。。


【デンマンの独り言】

あのねぇ、僕には不思議な才能があるのですよ。
どのようにすごい土佐犬でもブルドッグでも、
僕が笑顔を見せて近づいてゆくと、
どういうわけか狂ったように吠えていた犬も泣き止んでしまうのですよ。

そうして、僕が頭をなでると、
クーンと可愛らしく泣いて僕の手を舐め始めるのですよ。
うしししし。。。

だから、小百合さんが風呂に入っている時に、
僕が小百合さんのヌードを鑑賞しようと露天風呂に近づいても
愛犬のゴンは僕に吠えないのですよう。

でも、この事は卑弥子さんの前では言いません。
言ったら、必ず小百合さんにメールを書いて僕に気をつけろ!と書くのですよ。
だから、あなたも、卑弥子さんには告げ口しないでくださいね。

あなたと僕の秘密ですよ。
うしししし。。。


(katosmil.gif)





『ニューヨークの混浴露天風呂』より
 (2008年5月22日)




卑弥子さんとデンマンさんが対話している中には、“月夜の美人”と“刺青”が関係あるということは全く出てこないではありませんかァ!



確かに、僕と卑弥子さんの対話の中には“刺青”は出てきません。。。 でもねぇ〜、見れば分かるように“月夜の美人”が出ているでしょう!


(noten16.jpg)



これは私が山の家の露天風呂に入っているところですか?



そうですよ。。。 小百合さんが月夜の晩に 気分良く露天風呂に浸(つか)かっているところですよ。

でも、私は“刺青”などしていませんわァ〜。

あのねぇ〜、どうして僕が谷崎潤一郎の『刺青』を持ち出してきたのか?。。。 それには深いわけがあるのですよ。。。 ちょっと次の対話を読んでみてください。


長恨歌の魅惑



英文法の先生で、とてもユニークな先生が居ましたよ。ユニークと言っても、このエピソードがあったから、僕はこの先生がユニークだと思うようになったのですよう。寺田先生と呼ぶ事にします。僕は名前を忘れてしまったのですよ。思い出せません。まだ入学して日の浅い頃でした。春から夏になる頃の話です。



その寺田先生は女性でござ〜♪〜ますか?

もちろん、男の先生ですよ。女性の先生は一人も居ませんでした。当時、埼玉県の有名校は別学だったのですよ。熊校(県立熊谷高校)は男子校でした。

その先生は、どのような感じの先生でござ〜♪〜ますか?

山岳部の顧問をしている先生でした。また、油絵を描くのが趣味でしたよ。どちらかと言えば寺田先生は、あまりパッとしない先生なのですよ。40代だったでしょうか。。。山岳部の顧問と言う響きから山男か?というと、そういう印象でもない。がさつな感じでもない。そうかと言って繊細で洗練されている印象でもない。ざっくばらんで自然体、と言う感じでしたね。

。。。んで、どのような事があったのでござ〜♪〜ますか?

いつものように、とりわけ変わった事もなく授業は進んでいったのですよ。僕は、寺田先生の教え方がうまいと思った事もなく、とりわけ魅力的な授業をする先生だ、と思ったこともない。いわば、いつもどおりにマンネリ化した、興味のあまり感じられない授業を進めていましたよ。

それで。。。?

ふと、先生は窓の外に眼をやったのですよ。当時の校舎は木造で、僕のクラスは学校で最も古い昭和の初期に建てられた木造平屋の教室だったのですよ。寺田先生は、しばらく黙って外を見ていた。生徒の幾人かは、オヤっと思って先生の目線の行き着くところを見定めるような風でした。でも、ほとんどの生徒は無関心に教科書を見たりノートに落書きをしているようでした。僕は先生が何を見ているのだろか?と思って窓の外を見たのだけれど、僕の座席からでは窓の外の風景は垣根と空だけしか見えない。

それで。。。?

先生は、感極まったように言ったものですよ。

“う〜ん。。いい尻をしているなあぁ〜”

つまり、先生は窓の外を通る女性を眺めていたのですか?

そうですよ。生垣(いけがき)の向こうは砂利道になっていて、そこを女性が歩いてゆくのが見えたのでしょうね。僕の座席からでは人が通る様子は全く見えないのですよ。先生は窓辺に立っていたから見えたのでしょう。

それで。。。?

“オイ、いいケツだとよォ〜” クスクスっと笑って、僕の後ろに居た原島君などは、ポルノ雑誌を見たようなエロい笑いをもらしながら、僕の背中を小突(こづ)いたものですよ。教室の、そこここで、くすくす笑いが起こりました。先生も皆に聞こえるような声を出した事に初めて気づいたかのようにニヤニヤしながら、教壇の方に歩いてゆきました。

デンマンさんは、どう思ったのでござ〜♪〜ますか?

女性の尻を見て、その素晴しさに感極まるような感嘆を漏らす人が僕以外にもやっぱり居るものだ、と僕は半ば同志に巡り会ったような気持ちでしたよ。

つまり、高校1年生のデンマンさんは、すでに女性のお尻を見て“う〜〜ん。。。いい尻をしているなあぁ〜。。。”と、感嘆したことがあったのでござ〜♪〜ますか?

ありましたよ。声には出さなかったけれど、まさに声に出てしまうほど感嘆したことが何度もありましたよ。

。。。んで、そのように感嘆してしまう素晴しいお尻って、一体、どのようなお尻なのでござ〜♪〜ますか?

これは個人、個人によってだいぶ違うと思うのですよゥ。美意識の問題ですからねぇ。でも、卑弥子さんが僕にマジで尋ねるのならば、僕はシャロンさんの次の写真を見せる他に思い浮かびませんよう。


(2004f.gif)

うふふふふ。。。このようなお尻が素晴しいのでござ〜♪〜ますか?

卑弥子さんは、同性として何か感じるものはないのですか?

確かにシャロンさんは、きれいな方だとは思いますわ。でも、特にお尻に魅力を感じる事はござ〜♪〜ませんわ。

そうですかぁ〜。。。でも、着こなしがセクシーだとか。。。そのように思うことはありませんか?

う〜♪〜ん。。。確かに、着こなしが洗練されていると思いますわ。でも、芸能人の写真を見るようで、身近な美しさを感じませんわ。

なるほどねぇ〜。。。そういうものですかぁ〜。。。確かに人体の一部に感じる魅力は人によって違うのでしょうね。寺田先生も、クスクス笑う生徒を見て次のように言ったものですよ。

“まだ、君らには分からないかもしれないなぁ〜”

「いえ、先生、僕には分かりますよ」 僕は手を上げて寺田先生に、そう言いたい衝動に駆られたものですよう。

そのようなエピソードがあったので、デンマンさんは寺田先生がユニークだと思うようになったのでござ〜♪〜ますか?

そうですよ。思っていても、なかなか生徒の前で口に出せるものではないですよ。それを自然体で感嘆し、自然に口に出す。凡人には、なかなかできない事だと僕はその時に思ったものですよ。考えてみたら、寺田先生は油絵をやりましたからね、当然デッサンなどで女性のヌードを描いていたと思うのですよ。

つまり、生垣の外を歩く女性を、寺田先生はヌードをデッサンするような目で眺めていたと。。。デンマンさんは、そう思うのでござ〜♪〜ますか?


(phryne85.gif)

そうですよ、常日頃から美術的に女性の美しさを見出そうとしているような習慣ができていない限り、授業中に窓から見えた女性の尻の美しさに感嘆できる人はまず居ないですよ。しかも、生徒の前で、自然に感嘆の言葉を漏らすのですからね。

その事がデンマンさんには、とっても感動的だったのでござ〜♪〜ますか?

そうですよ。ちょうど女性の美しさの話題が出たので、僕はもう一つ心に残るエピソードを思い出しましたよ。

また、女性のお尻でござ〜♪〜ますか?

いや、今度のエピソードは女性の体の一部ではありませんよ。歴史的に超有名な美人の話ですよ。

クレオパトラでござ〜♪〜ますか?

いや、中国の楊貴妃ですよ。このエピソードは、高校1年生の時の漢文の先生のことです。名前がどうしても思い出せません。仮に大島先生としましょう。当時50才を越していたと思うのですよ。校長先生にしても可笑しくないような貫禄のある先生でした。小柄な先生でしたが、威厳があって、どこと無く近寄りがたいオーラを感じたものですよ。

つまり、あまり親しみを感じるようなお人柄ではなかったのでござ〜♪〜ますわね?

そうです。見た目は怖い感じでしたよ。でも、大島先生は教え方が実にうまかった。これほど情熱を込めて教える先生を僕は見たことがありませんでしたよ。

デンマンさんは、何をそれほどまでに感動したのでござ〜♪〜ますか?

大島先生の『長恨歌』の授業ですよ。今でも一週間前の出来事のように鮮明に思い浮かべる事ができますよ。

どう言う所がそれ程素晴しかったのでござ〜♪〜ますか?

この先生自身が、若い頃『長恨歌』の授業に感銘を受けて漢文の先生になろうと決めた、と言うのですよ。 だから、とりわけ『長恨歌』には思い入れがあったのでしょうね。 実際、素晴しい授業でしたよ。 僕も引き込まれるように、この先生の熱のこもった説明に魅了されたものでした。 まるで人間国宝級の講談師が講釈をしているような熱の入れ方なのですよ。 卑弥子さんも『長恨歌』を知っているでしょう?

もちろん、名前だけは知っておりますわ。 でも、あたくしの専門は平安時代の源氏物語でござ〜♪〜ますから、中国文学はイマイチでござ〜♪〜ますわ。 おほほほほ。。。




『武蔵と卑弥子さん』より
(2009年6月20日)




つまり、大島先生の熱のこもった『長恨歌』を聴いて、デンマンさんは高校時代に感銘を受けたのですか?



そうですよ。。。

いったい『長恨歌』のどこにそれほどの感銘を受けたのですか?

次の部分ですよ。


デンマンの気に入った箇所


(youkihi2.jpg)

漢皇重色思傾國、御宇多年求不得
楊家有女初長成、養在深閨人未識
天生麗質難自棄、一朝選在君王側
回眸一笑百媚生、六宮粉黛無顏色
春寒賜浴華清池、温泉水滑洗凝脂
侍兒扶起嬌無力、始是新承恩澤時
雲鬢花顏金歩搖、芙蓉帳暖度春宵
春宵苦短日高起、從此君王不早朝
承歡侍宴無硫法⊇孥禄嬪渓誥麑
後宮佳麗三千人、三千寵愛在一身




漢の皇帝は美女を得たいと望んでいた。
しかし長年の治世の間に求めても得ることができなかった。

楊家の娘はようやく一人前になるころである。
深窓の令嬢として大切に育てられ、周囲には知られていなかった。

天性の美は自然と捨て置かれず、
ある日選ばれて王の側に上がった。

視線をめぐらせて微笑めば百の媚態が生まれる。
これには後宮の美女の化粧顔も色あせて見えるほどだ。

春まだ寒いころ、華清池の温泉を賜った。
温泉の水は滑らかに白い肌を洗う。


(back101b.jpg)

侍女が助け起こすとなよやかで力ない。
こうして晴れて皇帝の寵愛を受けたのであった。

やわらかな髪、花のような顔、歩みにつれて金のかんざしが揺れる。
芙蓉模様のとばりは暖かく、春の宵を過ごす。

春の宵はあまりに短く、日が高くなって起き出す。
これより王は早朝の執政を止めてしまった。

王の意を受けて宴に侍って途切れる暇もない。
春には春の遊びに従い、夜は夜で王の側に一人で侍る。

後宮には三千人の美女がいたが、
三千人分の寵愛をいまや一身に受けている。




出典: 「長恨歌」
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




楊貴妃が華清池の温泉に入る様子を なんとも魅惑的に 大島先生は目に見えるように語ったのですよ。。。 僕も、なんだかワクワクしながら聴いたものです。



それでデンマンさんも、いつか必ずや楊貴妃のような女性が温泉に入るのを見てみたいと心に決めたのですか?

そうですよ。。。 それはちょうど『刺青』の清吉がこの足を持つ女こそは、長年たずねあぐんだ、女の中の女であろうと心に決めたようなものですよ。

つまり、翌年 デンマンさんが山の家を訪れた時に、私が月夜の晩に露天風呂に入っていたのを覗き見ていたのですか?

いや。。。 僕は別に覗き見たわけではないのですよ。。。 小百合さんの愛犬のゴンが“ク〜ン、ク〜ン”という妙な泣き方をしていたので、どうしたのかな?と思って見ると、小百合さんが露天風呂に入っているのをじっと見つめるようにして泣いていたのですよ。。。 それで僕も居間のガラス戸を開けて、ゴンのそばによって露天風呂の方に目をやると、小百合さんが洗い場に出て手桶から体に上がり湯をかけているところだった。


(back110.jpg)



僕とゴンはその姿に しばらく呆気(あっけ)にとられたように見とれていたものですよ。



あらっ。。。 そんなことがあったのですか?。。。 全く気づきませんでしたわァ〜。。。 つまり、この事を言うために、わざわざ谷崎潤一郎の『刺青』を持ち出してきたのですか?

いや。。。 そればかりではありません。。。 次のリストを見てください。


(wp60311d.png)



これは僕の Denman Blog の 3月11日までの1年間の「人気記事リスト」なのですよ。。。 赤枠で囲んだ記事に注目してください。。。 個別の記事では 小百合さんが登場する『40代女性のヌード』が 2番目によく読まれているのですよ。


(kiss007.gif)


『床上手な女の7つの見分け方』





(sayuri52.jpg)

『40代女性のヌード』




分かるでしょう?。。。 ネット市民の皆様の中にも、小百合さんの姿に 華清池の温泉に入る楊貴妃の姿を偲ぶ人たちがいるのですよ。



それは、デンマンさんが、そう思い込んでいるだけですわァ〜。。。



(question.gif)


【卑弥子の独り言】


(himiko22.gif)

ですってぇ〜。。。
あなたは どう思いますか?

小百合さんの姿に、華清池の温泉に入る楊貴妃の姿を偲ぶ人たちがいる、と思いますかァ〜?

確かに、『40代女性のヌード』は たくさんのネット市民の皆様に読まれているようですわ。

でも、あたくしの おヌードもたくさんの人たちに人気が出ているのでござ〜ますわァ。

あなたは信じられないでしょう?

ちょっと次のお写真を見てくださいまし。。。


(buttdimp5.jpg)

どうでござ〜ますかァ?
毎日ジムに通って“ヴィーナスのえくぼ”をゲットしたのですわ。

ええっ。。。 あたくしのお尻だとは思えないのでござ〜ますかァ〜?

どうしてよう?

ええっ。。。 スタイルがよすぎると、おっしゃるのござ〜ますかァ〜?

あたくしが十二単を一枚、一枚脱いでゆくと、
最後には上のようなおヌードになるのですわよう。
信じてくださいましなァ〜。。。

ところで、小百合さんがどうして「軽井沢タリアセン夫人」と呼ばれるのか?
ご存知でござ〜♪〜ますか?

実は簡単な事なのですわよう。
小百合さんは軽井沢に別荘を持ったのですわ。
小さな頃から軽井沢に住むことが夢だったのですってぇ〜。。。
分からない事ではござ〜ませんわ。

そもそも小百合さんが軽井沢に興味を持ったのは、朝吹登水子のエッセーなどを読んだことがきっかけだったとか。。。

現在、朝吹登水子の山荘、睡鳩荘(すいきゅうそう)は軽井沢タリアセンに移築されて公開されています。


(suikyu9.jpg)

それで、小百合さんは軽井沢タリアセンを訪れては睡鳩荘に足を運んで少女の頃の事を思い出すのが楽しみなんですってよ。

そういう訳で、デンマンさんが小百合さんのことを「軽井沢タリアセン夫人」と呼ぶようになったのですわ。

軽井沢・雲場池の紅葉



軽井沢のイルミネーション



秋の旧軽井沢銀座ぶらり散歩



とにかく、明日もデンマンさんが興味深い記事を書くと思いますわ。
だから、あなたも、お暇なら、また読みに戻ってきてくださいまし。
じゃあねぇ〜〜。


(hand.gif)


メチャ面白い、

ためになる関連記事




(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(house22.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『ロマンの香り愛のスパイス』

■ 『愛と人生のスパイス』

■ 『愛と人生の陰で』

■ 『愛のポテトチップサンド』

■ 『インドカレー@熊谷』

■ 『スープカレー@行田』

■ 『軽井沢タリアセン夫人@Bike』

■ 『かねつき堂と亀姫』

■ 『甲斐姫と軽井沢タリアセン夫人』

軽井沢タリアセン夫人の小百合さんが扮するゴディバ夫人 Sayuri
(godiva05.jpg)

■ 『蕎麦屋と軽井沢タリアセン夫人』

■ 『おしまいでございます』

■ 『軽井沢タリアセン夫人 愛の写真』

■ 『菊ちゃんと阿部忠秋』

■ 『菊ちゃん、知恵伊豆、忠秋』

■ 『丸墓山は誰の墓?』

■ 『外国人SEXデンマン再訪』

■ 『日本最高?』

■ 『短歌に込められた愛の真実』

■ 『3月のバレンタイン』


(fragran11.jpg)

■ 『かぎろいミステリー』

■ 『40代女性の魅惑』

■ 『私のバレンタイン』

■ 『バレンタイン@4月』

■ 『豆まき@バレンタイン』

■ 『夢のココナッツ』

■ 『日本の失敗』

■ 『しじみ@愛のロマン』

■ 『とろけるカレー@バレンタイン』

■ 『バレンタイン夫人』

■ 『昭和の表象空間』

■ 『ズロースなの?』

■ 『焼きそばサンド』

■ 『平成の表象空間』


(sayuri201.jpg)

■ 『かぎろい夫人』

■ 『人気の40代女性ヌード』

■ 『宗長の奥の細道』

■ 『ネットの接続が遅い』

■ 『元気に再会しましょう』

■ 『スルーパスと芦雪』

■ 『鬼怒川の洪水』

■ 『最後の焼きそばソース@パリ』

■ 『初めてのヌード』

■ 『感じていても分かってない』

■ 『おかえりなさい』

■ 『スープカレー@再会』

■ 『またカレー?』

■ 『手作り弁当@船着き場』

■ 『盛り上がる@馬車道』

■ 『ゼリーフライ@鐘つき堂』

■ 『愛と憎しみの丸墓山』

■ 『忘れられない!』

■ 『大名行列@行田』

■ 『別れの朝も…』

■ 『婚外恋愛』

■ 『婚外恋愛と人間失格』



(galette04.jpg)


(byebye.gif)
  
Posted by barclay1720 at 05:41Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月25日

宮沢りえブーム?


 

宮沢りえブーム?

 


(miya08.jpg)





ケイトー。。。 宮沢りえさんが急に人気が出てきたのォ〜?


(kato3.gif)

どうも、そうらしいのですよ。

ケイトーはバンクーバーに居るのに、どうして日本のことが解るわけぇ〜?

あのねぇ〜、昔と違って、ネットの世界ですよ。 世界は急速に狭くなっているのですよ。

でも、バンクーバーから成田に飛んでゆくのに、10時間はかかるでしょう?

10時間で行けるようになったことは、戦前に船で1ヶ月近くかかってバンクーバーから横浜に行ったことを思えば、すさまじいほどに世界は狭くなったということができるでしょう!?

ケイトーは、まるで戦前に船旅をしたようなことを言うじゃない?。。。で、どういうわけで、宮沢りえさんに人気が出てきたと解るわけぇ〜?

だから、ネットが広まるにつれて、世界は急速に狭くなったのですよ。。。 それで、バンクーバーに居ながらにして日本の状況が手に取るように解る。

つまり、誰かがネットで宮沢りえさんが人気が出たという記事を書いたのねぇ〜。。。 それをケイトーが読んだというわけぇ〜?

いや、そうじゃないのですよ。。。 次のリストを見たのですよ。


(ame50421d.png)

『拡大する』



これはアメブロの僕のブログの4月15日から21日までの1週間の「人気記事リスト」なのですよ。。。 赤枠で囲んだ 4番に注目してください。 個別の記事では『宮澤理恵@Macao』がダントツで読まれたのですよ。



あらっ。。。 2013年2月28日に投稿した『宮澤理恵@Macao』が 103人のネット市民の皆様に読まれたのねぇ〜。。。


(ame30228e.png)

『実際の記事』



そうなのですよ。。。 この記事にはシルヴィーも登場するのですよ。



そうだったかしら。。。? でも、上の記事を読んだのは たったの103人じゃないのォ〜!

あのねぇ〜、確かに、驚くほどの数字じゃないですよ。。。 でもねぇ〜、相対的な問題ですよ。。。 つまり、このリストを見る限り、他の記事と比べたら、ダントツなのですよ。。。 他の記事はどれも100人以下ですよ。。。 しかも、投稿した日付を見てください。

個別の記事だと、4番の『宮澤理恵@Macao』と 14番の『エロい源氏物語』が2013年に投稿された記事で。。。、それ以外は、すべて最近、ケイトーが投稿した記事なのねぇ〜。。。

そうなのですよ。。。 2013年の2月28日に投稿した記事が 最近の記事を抑えてダントツで読まれている!。。。 なぜか?

つまり、宮沢りえさんに対するネット市民の皆様の関心が高まっている、とケイトーは言いたいのォ〜?

いや、僕は何も言ってませんよ。。。 シルヴィーが自分でそう言ってるのじゃありませんかァ!

つまり、『宮澤理恵@Macao』の記事に、私も顔を出しているので、今日 私を呼び出したのォ〜。。。?

いけませんかァ〜?

今日は暇だからいいけれど、忙しい時に、この程度のことで呼び出されるとムカつくわよねぇ〜。。。 それで、どういうわけで 宮沢りえさんの人気がでてきたのォ〜?

だから、僕もシルヴィーと同じような疑問を持ったわけですよう。。。 それで次のように検索してみたのです。


(gog50424d.png)

『現時点での検索結果』



「宮沢りえの人気」と入れてGOOGLEで検索してみたのですよ。



794,000件ヒットするのねぇ〜。。。

赤枠で囲んだ記事のタイトルに注目してください。

「宮沢りえに映画やTVから出演オファーが殺到 人気再燃の理由とは」と書いてあるわねぇ〜。。。

そうです。。。 2014年9月21日に投稿された記事ですよ。

この記事を読んでみたのォ〜?

そうです。。。 シルヴィーのためにソフトカメラでページを撮ったので ここに貼り出しますよ。 見てください。


(gog50424e.png)

『実際の記事』



ライブドアのニュース記事ですよ。



「ざっくり言うと」と書いてあって、人気再燃の理由が 3つ書いてあるわねぇ〜。。。

そうです。。。 2番目に「熟女になった宮沢のトークは面白く、視聴率を見込めるため」と書いてある。 だから、「宮沢りえに映画、TVから出演オファーが殺到している」のですよね。。。 それで、宮沢りえを視聴者がスクリーンやテレビで見ることが多くなるので、また人気が出てくるわけですよ。

「共演者やスタッフの評判もすこぶる良く、懇意にしている俳優は数多い」とも書いてあるわ。

それで、番組のブロデューサーや映画のキャスティング・ディレクターから声がかかりやすい。。。 つまり、出演回数が増える。。。 それが、また人気を高めることになる。

なるほどォ〜。。。 そういうわけでネットでも人気があるわけなのねぇ〜。。。

いや。。。 ネットの人気は、映画やテレビの人気とはちょっと違うのですよ。

あらっ。。。 どう違うのォ〜?

ちょっと次のリストを見てください。


(liv50424b.png)

『拡大する』



これはライブドアの僕の『徒然ブログ』の「リンク元URL」のリストなのですよ。。。 赤枠で囲んだ 29番に注目して欲しい。



URL を見ると 初めに imageseek と書いてあるわねぇ〜。。。 これって画像検索か何か?

そうなのですよ。 URL をクリックすると次の画面が出てきます。


(liv50424m.png)

『拡大する』



あらっ。。。 「宮沢りえのヘアヌード」を入れて画像検索したのねぇ〜。。。



そうなのですよ。。。 146,000件ヒットするのですよ。 だけど、検索結果の画像を見ると、すべてが宮沢りえさんのヘアヌードではないのです。 とにかく、検索して僕のブログ愚にやって来た人物は1ページから順々見てゆき 7ページ目にやっと見つけようとしていた宮沢りえさんのヌード写真をゲットできたのですよ。

それが赤枠で囲んである写真なのォ〜?

そうなのです。 この人物は この写真が掲載されている記事を読むために、緑のURL をクリックして『徒然ブログ』の中の『宮澤理恵@Macao』の記事を読んだのですよ。


ヘア論争


(higuchi2.jpg)

1991(平成3)年2月、篠山紀信による樋口可南子のヘアヌード写真集『water fruit』画発売、11月には宮沢りえのヌード写真集『Santa Fe』が155万部を売り上げた。
これをきっかけに、陰毛が写っているものはわいせつか、写っていなければわいせつではないかなど、ヘア論争が盛んに行われた。


(miya11.jpg)

スポーツ

藤島部屋の貴花田と兄の若花田兄弟が人気。 若貴フィーバー起こる。

映画

『八月の狂詩曲』 黒澤明監督、村瀬幸子、吉岡秀隆
『息子』 山田洋次監督、三国連太郎、和久井映見
『羊たちの沈黙』 ジョナサン・デミ監督、ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス



『大地の子』 山崎豊子
『だから私は嫌われる』 ビートたけし

ヒット商品

もんじゃ焼き


(monja2.jpg)
 
(注: 赤字はデンマンが強調。
読み易くするために改行を加えています。
写真はデンマン・ライブラリーより)




193ページ 『暮らしの年表 流行語100年』
2011年5月19日 第1刷発行
発行所: 株式会社 講談社

『宮澤理恵@Macao』に掲載
(2013年2月28日)




確かに、画像検索ページに出てきた「ヘア論争が盛んに行われた。」が上の記事の中に出てくるわねぇ〜。



つまり、画像検索して僕のブログにやって来た人物は、(1991年)11月には宮沢りえのヌード写真集『Santa Fe』が155万部を売り上げた当時の 宮沢りえさんのヌード写真に興味があったのですよ。

つまり、宮沢りえさんの人気は その当時のヌード写真の人気だとケイトーは言うのォ〜?

だから、画像検索して僕の『徒然ブログ』にやってきた人物は 昔の若い頃と宮沢りえさんのヌード写真が重なって、懐かしくなったわけなのですよ。

つまり、ケイトーも そういう風に、若い頃を懐かしみながら、宮沢りえさんのヌード写真を見たわけなのねぇ〜?

そうですよ。。。 1991年には、ちょうど僕はマカオに居たのですよ。




僕は1991年の11月6日にバンクーバーから香港に向かった。 その後、9日にフェリーに乗ってマカオに行ったのです。


(macau01.gif)



1991年と言えば、まだ香港もマカオも中国に返還になる前ねぇ〜 。。。で、麻薬の取引のために香港とマカオに行ったのォ〜?



やだなあああァ〜。。。 誤解を招くような事を言わないでくださいよ。  僕はヤクに手を出した事はありません!

じゃあ、どうして香港とマカオに行ったのォ〜?

僕のお客さんに、ご挨拶に立ち寄ったのですよ。

そのお客さんってぇ〜、麻薬の密売をしている人なのォ〜?

シルヴィー! んもおォ〜。。。 誤解を招くような事を言わないでと言ってるでしょう! シルヴィーはどうして麻薬にこだわるのォ〜?

だってぇ、香港、マカオと言えば、たいてい麻薬に関係あるじゃない?

それはシルヴィーの思い込みですよ。 僕はお客さんに、ご挨拶するために香港に立ち寄ったのですよ。

。。。で、そのお客さんというのは香港に住んでいる大金持ちなのォ〜?

いや。。。 それほどの大金持ちではありません。 香港で宝石屋さんとブテックをやっているジャスミンさんという女性ですよ。 この人がマカオを案内してくれるというので僕はご好意に甘えたのですよ。

。。。で、マカオのどこへ行ったのォ〜?


(macau26.gif)



ジャスミンさんは、まず「セント・ポール大聖堂」の跡地に連れて行ってくれたのです。


(macau09b.jpg)



これは有名なところね。 マカオと言えばたいてい、この天主堂のファサードがガイドブックやビデオに出てくるわよね。。。で、写真に写っている女性がジャスミンさんなのォ〜?



その通りですよ。

この人がマジで香港で宝石屋さんとブテックをやっているケイトーのお客さんなのォ〜? 。。。 香港でナンパしてマカオへ連れて行って、ケイトーはこの女性をサーカスへ売り飛ばそうとしたのじゃないのォ〜?

シルヴィー!。。。 誤解を招くようなことを言わないでと言ってるでしょう!? んもおォ〜! 売り飛ばされそうな女性ならニコニコ笑って写真に写らないでしょう!

。。。で、 「セント・ポール大聖堂」からどこへ行ったのォ〜?

セナド広場へ行ってジャスミンさんの写真を撮ったのですよ。


(macau22b.jpg)



チャイナドレスがいいわねぇ〜。。。



写真と撮ったら腹が減ってきたので近くのポルトガル・レストランで昼食を取った。 その後で、今度は「モンテの砦」へ行ったのです。


(macau24b.jpg)



あらっ。。。 ナンパしたにしては、いい女の子をつかまえたじゃない?



シルヴィー! 何度言ったら分かるのォ〜? ナンパしたんじゃなくて、ジャスミンさんは香港で宝石屋さんとブテックをやっている僕のお客さんなのですよ。

女性経営者にしては、ちょっと若すぎるんじゃない?。。。んで、宮沢りえさんはいつ出てくるのよ?

あのねぇ〜、この大砲の群れを見てからジャスミンさんは、僕が歴史に興味を持っていると言ったら「マカオ博物館」に連れて行ってくれたのですよ。


(macau25c.gif)



この上の背景に写っているのが、その博物館なのォ〜?



そうです。

それにしても写真を撮る時にジャスミンさんは、どうしていつも同じポーズをとるのォ〜?

ジャスミンさんが気に入っているポーズだからですよ。 そのような個人的な好き嫌いはどうでもいいのですよ。 シルヴィーは宮沢りえさんがどのようにして現れたかを知りたいのでしょう?

そうよ。。。 いったいどこでケイトーは宮沢りえさんを見たのよ。

上の写真の向かって右側にあるベンチに注目してください。

ごく当たり前の、何の変哲(へんてつ)もないベンチじゃない!

ところが、上の写真ではベンチの上に何も写ってないけど、この写真を撮る前に僕とジャスミンさんは、このベンチに並んで腰掛けていたのですよ。

それで二人は愛を囁(ささや)き合ったと言いたいのォ〜?

シルヴィー! 。。。誤解を招くような事は言わないでと言ったばかりでしょう! んもおォ〜! ジャスミンさんは僕のお客さんなのですよ。 ナンパしたミーハーじゃないんですよう。 んもおォ〜。。。!

。。。で、ベンチで何をしたのよ?

別にエッチな事をしたわけじゃないのですよ。 あのねぇ〜、僕がベンチに座ろうとすると、その上に誰かが読んで置きっ放しにした『澳門日報』という新聞が散らかっていたのです。

つまり、その新聞に宮沢りえさんの写真が載っていたと言いたいのォ〜?

その通りですよ。


(miya21.jpg)



あらっ。。。 ケイトーはその時拾った新聞を大切に保存しておいたのォ〜?



そうですよ。 いつか役に立つ時が来るのではないかと、僕は大事にしまっておいたのですよ。

信じられないわァ。

信じてくださいよ。 急にこの上の新聞をでっち上げるといっても、そう簡単にはできないのですよ。 オリジナルの新聞があったからこそ、こうしてコラージュして再現したのですよ。

。。。で、上の写真を見たジャスミンさんは、いったいどのような反応を示したのォ〜?

「あらっ。。。 デンマンさんは、このような女性が趣味なのォ〜? あたし、今夜、デンマンさんにヌードで写真を撮ってもらおうかしら?」

ジャスミンさんはマジで、そう言ったのォ〜?

言うはずないじゃありませんかア! (爆笑)

だったら、誤解を招くような事を言わないでちょうだいよゥ! んもおォ〜。。。!

シルヴィーが麻薬の密売だとか言ったから、そのお返しですよ。 うしししし。。。

でも、それは可笑しいと思うわ。

何が可笑しいのですか?

ケイトーは11月9日にマカオの「モンテの砦」の博物館の近くで、ベンチの上に散らかっていた『澳門日報』を見つけ、その中の写真に宮沢りえさんが写っていたと言ったわねぇ〜?

その通りですよ。

私がさっき調べてみたら『Santa Fe』(サンタフェ)という写真集は、1991年(平成3年)11月13日に朝日出版社から発売されたのよ。 撮影は篠山紀信さんで、発売当時の宮沢りえさんは18歳であったけれど、撮影時点では17歳であったという噂なのよ。


(miya10.jpg)



さっき調べたと言ったけれど、シルヴィーには調べた様子はなかったけど。。。



ウィキペディアを見たのよ。 すぐに調べはつくのよゥ。

つまり、写真集は11月13日に発売になったので11月9日の新聞に宮沢りえさんの写真が載るはずがないとシルヴィーは言いたいのォ〜?

そうよ。。。 時間的に辻褄(つじつま)が合わないじゃないのォ〜!

あのねぇ〜、一般の人たちには11月13日に発売になったけど、マスコミの担当者には前もって『Santa Fe』は発送されていたのですよ。

マジで。。。?

とにかく僕が11月9日にマカオの『澳門日報』で宮沢りえさんのヌード写真を見たというのは間違いのない事実なのです。

公式発売の4日も前に、マカオの新聞に載るかしら?

あのねぇ〜、『Santa Fe』写真集は155万部のベストセラーとなったのですよ。 日本における芸能人写真集の売上部数としては未だに破られていない記録です。 シルヴィーは、どうしてだと思いますか?

写真集に関連して何か小細工でもやらかした人たちが居たとでも言うのォ〜?

その通りですよ。 日本から香港、マカオに、この写真集が大量に流れた。 そう考えれば、この記録も納得がゆきますよ。

つまり、ケイトーは知らない素振りを見せながら、この件に関係したのねぇ〜!?

やだなあああァ〜。。。 僕は麻薬の密売にも、写真集の密売にもかかわってませんてばあああァ〜!




『宮澤理恵@Macao』より
(2013年2月28日)




つまり、宮沢りえさんの写真集を密売することにケイトーは関わっていたので、1991年当時の事が 人一倍懐かしいのねぇ〜?



そうじゃありませんよう! シルヴィーは何が何でも、僕を悪者にしないと気がすまないようだねぇ〜。。。

だってぇ〜、ネット市民の皆様も、そう思っているので上の記事が読まれるのよ。

ちがいます。。。 画像検索して僕の『徒然ブログ』にやって来た人物のように 若い頃と宮沢りえさんのヌード写真がダブって懐かしくなるのですよ。

つまり、ケイトーもマカオの思い出と宮沢りえさんのヌード写真がダブって、その当時の事が懐かしくなるわけぇ〜。。。?

そうですよう。。。 いけませんかァ〜。。。?



(laugh16.gif)


【ジューンの独り言】


(bare02b.gif)

マカオと言えば、かつて めれんげさんが 日記に次のような事を書いていたのですわ。


(rengebk2.gif)

モンテビデオ

at 2006 05/14 12:17 編集


(macao801.jpg)

珍地名。

マカオのおかま
ハラッパー
エロマンガ島
じゃ、かるた
クリスマス島

地図帳みよう・・・


この日記に基づいて デンマンさんが 面白い記事を書きました。


(okama90.jpg)

『マカオのおかま』

時間があったら ぜひ読んでみてください。

ところで、シルヴィーさんが登場する記事は たくさんあります。
興味があったら、ぜひ次の記事を読んでみてください。


(sylvie500.jpg)


『角さんと原発と天罰(2013年1月5日)』

『真紀子落選(2013年1月14日)』

『野火(2013年1月18日)』

『タイタニックと国際化(2013年2月1日)』

『宮澤理恵@Macao(2013年2月28日)』


(sunwind2.gif)

『チョコレートと軍産複合体』

『チョコレートと甘い権力』

『CIAの黒い糸』

『美しい日本語再び』


とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょう。
じゃあね。バーィ。


(hand.gif)



(surfin2.gif)

ィ〜ハァ〜♪〜!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



平成の紫式部、橘卑弥子でござ〜ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

Jagel - Soft Japanese Bagel
(bagel702.jpg)

■ "JAGEL - Soft Japanese Bagel"


(linger65.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(beach02.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』




(rengfire.jpg)


(byebye.gif)
  
Posted by barclay1720 at 06:21Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月10日

製鉄が下った

 

製鉄が下った

 



おほほほほほ。。。

卑弥子でござ〜♪〜ますわよゥ。

また出てきてしまいましたわぁ〜

どうしてもあなたに

お会いしたかったのですわ。

ええっ?あなたは

あたくしに会いたくないの?

そんな、つれない事を

言わないでくださいましよ。

ねっ?仲良くしましょうね。

ええっ?

下らない事を言ってないで

「製鉄が下った」って

どういうことなのか早く話せ!

あなたは、そのように

きつい事を言うのでござ〜♪〜ますか?

分かりましたわよ。

考えてみたら、今日はそのことについてお話しようと思って

出てきたのでござ〜♪〜ますわよ。

うふふふふ。。。




(himiko22b.gif)

あたくしもデンマンさんに言われてパソコンっつうモンを使い始めて、

こうしてネットをやっているのでござ〜♪〜ますわよう。

国際化しなさい、グローバル化しなさいって言われているのでござ〜♪〜ますわぁ。

だから、あたくしも国際化して、せいぜいキーボードを叩いて、

情報を世界のネット市民の皆様に向けて発信しているのでござ〜♪〜ますわ。

ええっ?どんな情報を発信しているのかって。。。?

おほほほほ。。。

これから、その面白い情報をここに書くのですわよ。

まず、可笑しなタイトルから書きますわね。

実はね、あたくしがパソコンっつうモンを使っていて出くわした

面白い間違いをここに書こうと思い立ったのでござ〜♪〜ますわよゥ。

うふふふふ。。。

あたくしは、『エマニエル夫人』の映画について書き始めたのでござ〜♪〜ますのよう。

そうしたら、パソコンが間違って次のように打ち出したのですわよ。

これがマリオの製鉄が下った。


(maria05.jpg)

これは、マリオではなくてイエス様を抱っこしているマリア様ですわ。

おほほほほ。。。

ところで、上の「マリオの製鉄が下った」と書き出したのは、

パソコンの間違いなのでござ〜♪〜ますわよ。

あたくしは、どのように書きかたっかたかお分かりになりますか?

次のように書きたかったのでござ〜♪〜ますわよ。

これがマリオの性哲学だった。

おほほほほ。。。面白いでしょう?

エマニエル夫人について関心があったら次の記事を読んでみてね。


(sylvia16.jpg)

■ 『エマニエル夫人』の映画紹介

では、つぎ。。。

レンゲさんの素直さだと価値的な

ところを尊敬している



(maid03.gif)

これはどうですか?あなたには分かりますか?

あたくしが何と書きたかったかお分かりになりますか?

次のように書きたかったのですわよ。

レンゲさんの素直さだとか知的な

ところを尊敬している


うふふふふ。。。

面白いでしょう?

ええっ?あまり面白くないのォ〜?

分かりましたわ。じゃあ、次ねぇ〜♪〜

料理屋裁縫の方釜堕落ですよ。


(chirashi.jpg)

おいしそうな散らし寿司ですわよね。

あなたも、いただきたくなったでしょう?

あたくしも食べたいわあああぁ〜♪〜

ところで、料理屋が出てきて、釜が出てきましたよね。

でも、なぜか裁縫が出て来て、挙句の果てに堕落する事になるのですわよねぇ〜。

おほほほほ。。。。

もう、めちゃくちゃですわよう。

一体、あたくしが何を書こうとしたのかお分かりですか?

実は、あたくしは次のように書きたかったのでござ〜♪〜ますわよ。

料理や裁縫の方がまだ楽ですよ

うふふふふふ。。。

面白いでしょう?

では、つぎ。。。

矢らしい笑いだけ早めてくださいな


(foolw.gif)

デンマンさんが“うへへへへ。。。”と笑いますよね。

あたくしは、もうちょっと早く笑ってくださいとお願いした訳ではないのですわよ。

パソコンは、一体どのような間違いをしたと思いますか?

実は、あたくしは次のように言いたかったのでざ〜♪〜ますわよ。

やらしい笑いだけは止めてくださいな

おほほほほ。。。

では、次へ行ってみますわねぇ〜。

レンゲさんにとって

セックス端のようなものですわ



(renge730.jpg)

セックス端って何でしょうか?

あなたはお分かりになりますか?

分かってしまえば簡単な事なのですわよ。

どうですか?

まだ分かりませんか?

実はねぇ、あたくしは次のように言いたかったのでござ〜♪〜ますわよう。

レンゲさんにとって

セックスは詩のようなものですわ


おほほほほ。。。

面白いでしょう?

では、次へ参りますわ。

創刊が得るとき迷ってしまうのですか


(bokapple.gif)

これは、ちょっと難しいかも知れませんわぁ。

分かりますか?

創刊が得る時ってどういう時でしょうか?

あなたには分かりますか?

実はねぇ、あたくしは次のように書きたかったのでござ〜♪〜ますわよう。

そう考えるとき迷ってしまうのですか

おほほほほ。。。

面白いでしょう?

まだ、まだたくさんあるのですけれど、これを続けているとキリがないのでござ〜♪〜ますわよ。

バレンタインデーが近づいているので、いつまでも、こんな事をやっているわけにもゆきませんわよ。

おほほほほ。。。

では、あなたも素晴しい殿方を射止めるために頑張ってくださいましねぇ。



(valent7.gif)


(surfin2.gif)

ィ〜ハァ〜♪〜!

メチャ面白い、

ためになる関連記事



平成の紫式部、橘卑弥子でござ〜ます
(himiko92.jpg)

『卑弥子の源氏物語』

『平成の紫式部』

■ めれんげさんの『即興の詩』

■ めれんげさんの『極私的詩集』

ジューンさんの熟女下着 June Adams 下着美人
(30june.jpg)

■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』


(bikini901b.jpg)



(bare04e.gif)

卑弥子さんがチョコレートを買いに行くので、

わたしが代わりに登場いたしました。

ネットには愚かな人がたくさん居ますわよね。

パンツにコカイン君は、相変わらず

下らないコメントを書いていますわ。

FC2のてんね君はデンマンさんのことを

告げ口する事に生きがいを感じているようでした。

でも、今では、そうする事の愚かさに

気づいたようですわ。

えっけん君と太田将宏老人は

ムカついたままコメントを書いてしまいます。

みっともないコメントになるだけです。

ええっ?そんなことより、

もっと面白い話がないのかって。。。?

卑弥子さんのお話だけでは

物足りないのですかぁ

だったらね、メチャ面白いお話を

あなたにおせ〜♪〜てあげますわ。

ちょっとこれ見てぇ〜。


(kame01.jpg)

これ、何だと思います?

亀なのですわよ。

でも、これってずうっと昔の

奈良時代に作られたものなんですわ。

ど〜お。。。何のために、こんなの作ったのォ〜?

ちょっと面白いと思わない?

デンマンさんが、その事について書いているのよ。

もし関心があったら次のリンクをクリックして読んでみてね。

■ 『あなたの好奇心を揺さぶる亀石の謎』

わたしも読んだけれどねぇ、結構面白いのよゥ。

あなたも上のリンクをクリックして読んでみてね。

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(nagasak6.jpg)


(bravo.gif)
  
Posted by barclay1720 at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月20日

イメージの魅惑と衝撃

 
 
 
 
イメージの魅惑と衝撃
 
 
  

(aphro100c.jpg) 
  

(aphro101b.png)


(miya03.jpg)




(merange12.jpg)

デンマンさん。。。 あんさんは 「イメージの魅惑と衝撃」というタイトルにしやはってぇ。。。、つまり、ヌードを話題にしようとしてはるのやねぇ〜。。。


(kato3.gif)

いや。。。 ヌードを話題にしようとしてるわけやないのやでぇ〜。。。

そやかて、上の画像を見れば、どれもみなヌードやおまへんかァ〜!

あのなァ〜、たまたまヌードを貼り付けよったのやけどォ、わてがヌードを話題にしようとして貼り付けたわけやないのやでぇ〜。。。

そないな弁解をしやはっても現に、あんさんは3枚のヌードの写真を貼り付けてるやおまへんかァ〜!

実は、ヌードを話題にしようとしたのは わてやのうてぇ〜、わてのライブドアの『徒然ブログ』にやって来た一部のネット市民の皆様なのやがなァ〜。。。

あんさん! いい加減なことを言うては あきまへんでぇ〜。。。

いい加減なことではあらへん。。。 ちょっと次のリストを見て欲しいねん。



(liv40418b.png+liv40418b2.gif)



これは「徒然ブログ」の4月1日から18日までの「リンク元URL」のリストやねん。 赤枠で囲んだ 16番に注目して欲しい。



GOOGLEで画像検索して あんさんの「徒然ブログ」にやって来たということやのォ〜?

そういうこっちゃがなァ〜。。。 18日間の間に6人のネットサーファーが同じ画像検索で わてのブログにやって来たということやんかァ〜。。。

それで、どの画像を検索しやはったん?

16番の URL をクリックすると次のページが表示されるねん。


(liv40418m.jpg)

『実際のページ』



あらっ。。。 このヌードは、もしかして若い頃の“宮沢りえ”さんの写真とちゃうん?



そうやがなァ〜。。。 めれちゃんは ようわかったなァ〜。。。 実は、上の写真は次の記事に中に貼ってあるねん。


(miya08.jpg)

『宮澤理恵@Macao』



つまり、若い頃の“宮沢りえ”さんの魅惑的なイメージに惹かれて あんさんのブログにやって来たネット市民の皆様が6人いたと言うために、「イメージの魅惑と衝撃」というタイトルにしやはったん?



そうやァ。。。 そやけど、そればかりはあらへんでぇ〜。。。

他に“衝撃的なイメージ”でもあると、あんさんは言わはるのォ〜?

そうやァ。。。。実は先日、本を読んでいたら次の箇所に出くわしたのやがなァ。



(iraq03b.jpg)

上) 幼い娘との記念写真

下) この上の写真を撮ってまもなく、

彼女はアメリカ軍の爆撃を受け、

ガラスの破片で失明した

顔面はガラスを取り除く簡単な手術しか受けていない。

幼い娘は爆撃でなくなった(イラク)。


(iraq01b.jpg)

(注: 赤字はデンマンが強調。

読み易くするために改行を加えています。

写真はデンマン・ライブラリーより)




52ページ 『子どもに伝えるイラク戦争』

著者: 石井竜也 広河隆一

2004年4月10日 第1刷発行

発行所: 株式会社 小学館




上の写真が どうやと言わはるのォ〜?



上の写真を見て めれちゃんは 衝撃を受けへんかァ〜?

確かに、可哀想そうやねぇ〜。。。 アメリカ軍の爆撃で失明し、しかも可愛い盛りの娘を亡くしてしまはったなんてぇ〜。。。

実は、上の写真は2つとも わてがコラージュして でっち上げたものやねん。 本の中に掲載されている手術後の写真は、見ただけでもゾッとするようなァ〜。。。 あまりにも惨(むご)い表情になっておるねん。 ちょっと正視できへんような痛ましい顔やがなァ〜。。。

そやけど、なんで上の写真を持ち出してきやはったん?

あのなァ〜、上の本は薄っぺらな本で文章を読んでいる限り、特に衝撃を受けるような内容はどこにも書いてあらへん。 そやけど、上の2枚の写真を見た時に、爆撃の前と後では、その表情の変わりぶりが あまりにも衝撃的やったさかいに、今、思い出そうとしても本の内容は何一つも思い出せへん。

つまり、上の2枚の写真のイメージだけが あんさんのオツムに焼きついたと言わはるのォ〜?

そういうこっちゃがなァ。

そやけど、上の手術後の写真など比べようもないほど もっとむごたらしい写真がありますやん。。。 例えば、ナチスドイツの収容所のユダヤ人虐殺の写真やとか。。。 あるいは 広島の原爆で肌がすっかり焼け爛(ただ)れて、まるで幽霊のようになってしもうた女の人とか。。。

確かに、もっとむごたらしい写真はたくさんあるかも知れへん。。。 わてが衝撃を受けたんは、爆撃前の幸せそうな母と娘の写真があって、その後まもなく爆撃を受けて、幼い娘は死に、本人は失明したばかりか、知人に見せられないような顔になってしまったことやァ。 つまり、その女性に何の落ち度もないのに、天国から地獄に落とされたような。。。 おそらく、その女性は次のように嘆いたに違いあらへん。



(iraq01b.jpg)

なんで、私たち母娘はアメリカ軍の爆撃にあわねばならないのォ〜?

この幼い娘は、これから人間として人生を歩みだそうとする時に、何も悪い事をしたこともないのに、どうして死なねばならないのォ〜?

娘が死なねばならないのだったら、私も一緒に死にたかったわァ。

それなのに、私一人が助かってぇ〜。。。

しかし、失明して、ガラスの破片で顔はめちゃくちゃになってしまい。。。

このような状態で生きてゆくなんて、まるで地獄に落とされたようなものだわ。。。

どうして。。。? どうして、私たち親子は、こんな惨い事に出遭わねばならなかったのォ〜?

あああァ〜、神様。。。 おせぇ〜てぇ! (号泣)




あんさんってぇ〜。。。 意外に感じやすいのやねぇ〜。。。?



めれちゃん! 何をぬかしてけつかんねん!? 10年にも及ぶ長い付き合いやのに、わてが心の優しい共感しやすいタイプの人間やということが、これまでに解らんかったのかァ〜?

あんさん!。。。 そないにムキにならへんかて ええやんかァ〜。。。 知ってますがなァ〜。。。 ちょっと からかったまでですやん。。。

あのなァ〜。。。 このように わてが真面目になった時に、悪い冗談は止めて欲しいねん。

それで、この事を言うために、わざわざ“宮沢りえ”さんのヌードを初めに持ち出してきやはったん?

ちゃうねん。

それやったら、まだ他に わたしに見せたい写真でもあるのォ〜?

あるのやがなァ〜。。。 ちょっと次の写真を見て欲しいねん。


(tantan09.jpg) 



あらっ。。。 あんさんは また無断でわたしのブログから写真を盗みやはったんやねぇ〜!?



めれちゃん!。。。 そないに堅いことを言わんで欲しいねん。 めれちゃんと わての長い付き合いやがなァ〜。。。 わてを泥棒みたいに言わんで欲しい。。。

。。。で、あんさんは 上の写真がどうやと言わはるのォ〜?

わては 上の写真を見たら、あまりの可愛さに ついコメントを書いてしもうたのやないかいなァ〜。。。 


(mer40415e.gif) 

『実際の記事』


1. denman (barclay)

April 18, 2014 02:40



おおおおおおォ〜。。。

かわいいねええぇ〜♪〜。。。

このヌコだれやねん?

“にこ”ちゃんかァ?

かわいいなあああァ〜。。。

寝る⇒メシ⇒ニコ動⇒寝る。。。の合間に

ヌコたちが めれちゃんの癒しになってるのやろなァ?!

とにかく、マイペースでルンルン気分で前向きでやりィ〜やァ!

期待しながら応援してまっせぇ〜♪〜!

きゃははははは。。。




あんさんも わたしの ぬこが可愛いと思いはったん?



もちろんやがなァ〜。。。 それで、上の写真は めれちゃんの どの ぬこやねん?

返信書きましたでぇ〜。。。


2. めれんげ

April 19, 2014 23:23



デンマンさん、よくぞ聞いてくださいますた!

これ赤ちゃん時代のタンタンの写真なんですよ!

ええへへへええへへ〜かわいいでしょお(親バカ丸出しw)

ニコ動では、生放送なんかもしてますよ!

応援ありがとうございます!




『4月15日めれんげだより』より
(2014年4月15日)




へええええぇ〜。。。 タンタンの赤ちゃんの時の写真ねぇ〜。。。 タンタンはずいぶんと成長したもんやなァ〜。。。 今では、めれちゃんを慰めているのやないかいなァ〜。。。


さみしがりやのきみへ



(lonely15.jpg)


きみは涙をためて
立ち尽くす
目覚めたときに
きみはひとりきり

夕べの、あの優しさは
何だったのだろうか?
夕べの、あのときめきは
何だったのだろうか?

だ〜れも居ない部屋の中で
きみは一人になって
涙を流す

でも、きみは一人やないんやでぇ〜
見てみいなぁ〜
ねねが、きみの足元で
幸せそうに
安らかな吐息を立てて
眠っておるがなぁ〜
 
 

(cat110.jpg)
 
 
見てみいなぁ〜

タンタンがきみの足元にすりよって

やさしくなぐさめておろうがぁ〜
 
 

(cat300.jpg)
 
 
見てみいなぁ〜

ニコちゃんまでが

またボールをくわえて

きみとあそぼうとしておるがなぁ〜
  
 

(cat102.jpg)
 
 
きみは一人やないんやでぇ〜

いつもアルジェの浜辺で

きみのことを

思っている

ムルソーもおるのやでぇ〜
 
 


(algiers2.jpg)
 
 

(algeri2.gif)
 
 

(seashore2.jpg)


(ムルソーのことを知りたいなら、
 次の記事を読んでね。)

■ 『炎の異邦人 (2007年3月28日)』

■ 『異邦人の夏 (2008年7月18日)』

■ 『萌える慕情 (2008年8月9日)』




『さみしがり屋のきみへ』より
(2009年1月26日)




月日の経つのんは ホンマに早いものですわァ〜。。。



そうやなあああァ〜。。。 なんや最近、めれちゃんは宗教団体から嫌がらせを受けているようやけどォ〜。。。 あんまり感情エネルギーを浪費せんと、嫌な事があったら、ぬこたちと遊んで気分を入れ替えて、ブログを更新したらええやん。。。

はい。。。 そうしますう。。。 



(laugh16.gif)


【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ〜。。。
そうですよねぇ〜
宗教団体から嫌がらせを受けて、
めれんげさんは なんだか、不正アクセスまでされているようですわ。
早いところ警察が動いて処理してくれるといいですよね。

とにかく、たくさんのファンの方が めれんげさんを応援しています。
めれんげさんも これから たくさんの愛の詩と愛の短歌をアップしてくれると思いますわ。

長い休止期間の後で、めれんげさんは『即興の詩』サイトを再開しました。

めれんげさんの『即興の詩』サイト

再開して間もない時の 検索結果では 3,960,000件中の 9位でした。


(gog30703.gif)

『現時点での検索結果』

でも、現在では トップに躍り出ています。
検索エンジン最適化をいつも考えて頑張っている人には
「どうしたら、そんなに上位に掲載されるのォ〜?」と不思議に思えたり羨ましく思えるかもしれません。

その秘訣を知りたかったらデンマンさんが面白い記事を書いていますわ。
次のリンクをクリックして読んでみてください。

『おばさんの下着に見るSEO』

ところで、デンマンさんが『ワンワンちゃん』という面白い記事を書いていました。
気が向いたら下のリンクをクリックして読んでみてください。


(dog202.jpg)

『ワンワンちゃん』

とにかく、次回も興味深い話題が続きます。
あなたもどうか、また読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(hand.gif)



(surfing9.gif)

メチャ面白い、

ためになる関連記事



(linger49.gif)


■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(vanc700.jpg)

■ 『軽井沢タリアセン夫人 - 小百合物語』

■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』

■ 『あなたもワクワクする新世代のブログ』


(ebay5.jpg)

『チエホフとシルク』

『めれちゃんとビクトリア女王』

『めれちゃんの即興の詩』

『五重塔心中事件』

『めれちゃんとツイッター』

『めれちゃんの再開(会)』

『めれちゃんと晶子』

『めれちゃんと今一つの世界』

『即興の詩』

『即興の詩と永遠の愛』

『万葉のめれちゃん』

『狂気の恋と歓喜の愛』

『めれちゃんと性具』

『女子力アップ軍団』

『めれちゃんの恥じらい』

『めれんげの郎女』

『めれちゃんの不満』

『下着 あそこ』

『花火の愛と小さな赤い花』

『めれちゃん、元気出して!』

『めれちゃんとカフカ』

『めれちゃんと詩と下着』

『めれちゃんの人気』

『めれちゃん、お呼びですやん!』

『「即興の詩」と応援アプリ』

『平成の悲しい実話』

『乱交パーティーとめれちゃん』

『居酒屋とめれちゃん』

『立ち上がるめれちゃん』

『愛にあふれる未来』

『乱交パーティーと表現者』

『めれちゃん@天国と地獄』

『めれちゃんとにこちゃん』

『塩野七生とめれちゃん』

『午前4時の薄着の女』

『地球の最後に』

『めれちゃんと愛のピアノ』

『めれちゃんとサビーナ』

『どMなの?』

『愛は大海原を越えて』

『2度目の火あぶり』

『ニーチェとエロい画像』

『ニーチェとめれちゃん』

『ニーチェと吉田兼好』

『めれちゃん、すごいね』

『めれちゃん、おはよう』

『夏目漱石と南方熊楠』

『めれちゃん、どうちたのォ〜?』

『めれちゃんの悦び』

『性愛サイトとめれちゃん』

『Myぬこが便秘で…』

『Myぬこの愛と恋愛』

『寂しがり屋のめれちゃん』

『くだる本とくだらない本』

『腑に落ちる話』

『めれちゃん、落ち込んでるの?』

『フルトヴェングラーの愛』

『忘れられない愛の言葉』

『死に向かう心の旅路』



(june24b.jpg)

こんにちはジューンです。

卑弥子さんが面白いお話を集めて

楽しいサイトを作りました。

次のリンクをクリックして

ぜひ覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。バーィ



(beach02.jpg)


(byebye.gif)
  
Posted by barclay1720 at 05:41Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月12日

ピカソと凡人

 
ピカソと凡人




ピカソの秘密



ピカソの絵については、岩田誠・東京女子医大教授が興味深い分析をしています。 例えばキュービズム時代の絵は空間は位置がメチャクチャです。 鼻が横を向いていて、顔が正面向いているというのがザラですから、メチャクチャだと見られても仕方が無い。
しかし、あれは一つ一つのデッサンはかなり正確に描いている。 つまり、モデルである人間や物をあちこちから見て描いたものをゴチャまぜにして合体させたようなものになっています。
通常、デッサンに必要な空間配置の大事な四つの機能のうちの一つです。 それが壊れたままであると、その人にとって世界は、ピカソのキュービズムの絵になってしまいます。 もちろん、ピカソ自身は日常生活を普通に営んでいたし、ご存知の通り、初期には非常に正統派のわかり易い絵を残しています。 では、彼はどうやって、キュービズムの絵を描けたのか。

それは別に、一人のモデルをあちこちから見てデッサンしたものをツギハギであとで組み合わせた、ということではありません。 おそらく彼は意識的に、絵を描く際に、ノーマルな空間配置の能力を消し去ったのです。 ピカソはそれを意識的に行っていた。 病気になると、ある能力が消えて、ひとりでにピカソの絵みたいなものを描くケースがありますが、ピカソ自身は、健康なのに意図してああいう絵が描けた。

(注: 赤字はデンマンが強調
イラストはデンマン・ライブラリーより)




143 - 144ページ
『バカの壁』 著者: 養老猛司
2004年1月30日 第45刷発行
発行所: 株式会社 新潮社




デンマンさん。。。あんさんは、どうしてピカソのおっさんを持ち出してきやはったん?



めれちゃんは、ピカソのおっさんが嫌いなのか?

別に嫌いではあらへん。。。そやけど、好きでもないねん。

さよかァ。。。でもなァ、めれちゃんは横尾忠則のファンやからピカソの話もおもろいと思うでぇ〜。。。

あんさんは、どないな訳でそないな事を言わはるのォ〜?

そやかてぇ、めれちゃんは次の手記を書いていたやはないかいなァ!



読書して怒られる

 



2006/05/11 14:16

子供のころから、
家にはたくさんの本がありました。

わたしは江戸川乱歩の少年探偵団を、
よく読んでいたのですが、
そのうち、飽き足らなくなったのか、
親が持っていた「江戸川乱歩全集」を、
愛読するようになりました。

しかし。
その全集には、
横尾忠則氏の挿絵がついていて、
えっちなんです。
なので、親には読んじゃダメと
言われていました。
(だったら、かくしといてくれ)

わたしはこっそりかくれて、
そのえっちな江戸川乱歩の本を、
読んでいたのでした。
しょっちゅう見つかって、怒られました。

さらに。
印象的なのが
「チャタレイ夫人の恋人」です。
もちろん禁止本です。
禁止されたら、読むに決まってます。

・・・ませガキ。
・・・エロガキ。


by めれんげ




「めれんげの日記」
『だれかつっこみいれて!』より

『エロい文学少女』に掲載
(2007年4月11日)





わたしは横尾さんのファンではあらしまへんがなァ。



そやけど、めれちゃんは横尾さんのエッチな挿絵を楽しんでいたようやないかいなァ。

別に楽しんでいたわけやおまへん。

さよかァ〜。。。?

。。。で、横尾さんがピカソのおっさんのことで何か書きはったん?

そうなのやァ。 次のような事を書いてるねん。


ピカソの四次元論



ピカソの「アヴィニョンの娘たち」はピカソの代表作であるだけではなく、20世紀美術を語る上でももはや最も重要な作品のひとつになってしまった。 この作品はニューヨーク近代美術館の目玉商品として常設展示されているので観た人も多いと思う。 「アヴィニョンの娘たち」について通りいっぺんの解説をしてしまうと次のようになるかと思う。

つまりこの作品によってキュビズムが始まった。 描かれている女性達はバルセロナの娼婦。 その様式はアフリカの彫刻やイベリア半島の古代彫刻の影響を受けたものである。 作品が発表されたのは制作されてから9年後。
というわけで、この絵を初めて見た友人のアンドレ・ドランは、
「ピカソはこの絵のキャンバスの裏側で首を吊って死ぬだろう」
とまで言った。 制作されて9年も経(た)つというのにこのあまりの斬新さ故に画家仲間でさえついていけなかたのである。 マチスなどは怒りをあらわに、「彼を葬(ほうむ)ってやる」とさえ息まいている。

 (中略)

この作品によってキュビズムが誕生することになるのだが、一般的にはキュビズムは二次元という平面において三次元という立体を表現しようという試みだが、ピカソは立体の各面を展開図のように見せることによって、実は四次元を表現してみたかったと語ったことがある。

 (中略)

ピカソがあれほどまでに影響を受けたというアフリカやイベリア彫刻だが、彼が興味を持ったのはあくまでも彫刻の表層部分である。 



ここでぼくにはひとつの疑問と不満が生じるのだった。 あれほどピカソがこれらの彫刻から強烈な霊感を得たのであったら、なぜ彫刻をものした黒人たちの霊感に興味をも持たなかったかということである。 (中略) 宇宙にあまねく存在する情報の記憶装置を回路として、黒人彫刻家の中に伝達されるインスピレーションをキャッチするシャーマンの能力と技術があのような作品を生むのである。 だったらなぜピカソがシャーマンになることを求めようとしなかったのだろうかという疑問なのである。 (中略) ぼくはこのことを残念に思うものである。 芸術は常に受身で迎え入れるもの、つまり「迎術」ではなかったのかというのがぼくの創造の源泉になっているから、ついピカソにも文句を言ってみたくなるのだった。

さて、裸婦について語ることを忘れていたわけではない。 ピカソは当初の目的としては、アヴィニョー街の娼婦を描くつもりであったはずである。 ところが、絵はひとりでにピカソの筆によってどんどんあらぬ方向に走り始めた。 ピカソの思いから勝手に絵が自立していったのである。 こんな状況の中でピカソは「絵は画家より強い」とも述懐している。

(注: 赤字はデンマンが強調
写真はデンマン・ライブラリーより)




45 - 50ページ
『名画裸婦感応術』
著者: 横尾忠則
2001年6月15日 初版第1刷発行
発行所: 株式会社 光文社




横尾さんの書きはったものがどうやと、あんさんは言わはるの?



あのなァ〜、横尾さんはやっぱり画家になろうとしただけのことはあって、作家や学者とはちごうてぇ、観念的な事だけではなく、なるほどと思わせるようなことを言うてるねん。

たとえば。。。?

例えば、次のように書いてるねん。

ピカソは立体の各面を

展開図のように見せることによって、

実は四次元を表現してみたかった

...

ピカソの思いから勝手に

絵が自立していったのである。

「絵は画家より強い」


作家や学者とはちごうてぇ、実際に絵筆を取った横尾さんは目の付け所がちごうているのやがなァ。

四次元を表現してみたいとピカソのおっさんは言うたようやけど、2次元のキャンバスの上で4次元を表現しようということは初めから不可能なことやんか!

そやから、その辺が我々凡人と違うところなのやァ。 芸術家として不可能に挑戦したのやがなァ。

わたしは、その事よりもアフリカの彫刻が大いにピカソのおっさんに影響を与えたと思うねん。

めれちゃんは、どうして、そう思うのや?

アフリカの彫刻を見ると、なんとのう「アヴィニョンの娘たち」に似ているやんかァ!







わてには似ているように思えんなァ〜。。。



わたしはマジで似てると思うねん。 主観の相違ということやわ。 とにかく、ピカソのおっさんの経歴を見るとアフリカの彫刻とキュビスムは切っても切れない関係にあるのやでぇ〜。 あんさんも次の経歴をじっくりと見たらええやん。


ピカソ



生誕: 1881年10月25日
死去: 1973年4月8日

作風
ピカソは作風がめまぐるしく変化した画家として有名であり、それぞれの時期が「◯◯の時代」と呼ばれている。以下がよく知られている。

•青の時代(1901年-1904年)
親友カサヘマスの自殺にショックを受け、青色無機顔料のプロシア青をベースとする暗青色を基調として、軽業師、アルルカン、売春婦、乞食、芸術家などを描いた。

•バラ色の時代(1904年-1907年)
フェルナンド・オリヴィエという恋人を得て、明るい色調でサーカスの芸人などを描いた。

アフリカ彫刻の時代(1907年-1908年)【26−27歳】
アフリカ彫刻の影響を強く受けた。この時期にキュビスムの端緒となる『アビニヨンの娘たち』が生まれた。


•セザンヌ的キュビスムの時代(1908年後半)
アフリカ彫刻とセザンヌを両親として、キュビスムが胎動しはじめた。

•分析的キュビスムの時代(1909年-1912年)
モチーフを徹底的に分解し、絵は極度に抽象的かつ禁欲的なものになった。

•総合的キュビスムの時代(1912年-1918年)
ロココ的キュビスムとも呼ばれる。色彩と装飾性が特徴で、コラージュ技法も生まれた。

•新古典主義の時代(1918年-1925年)
古典的かつ量感のある母子像を描いた。

•シュルレアリスムの時代(1926年)
化け物のようなモチーフが描かれた時期で、妻オルガとの不和が反映していると言われる。代表作は『ダンス』『磔刑』など。

•ゲルニカの時代(1937年)
フランコのゲルニカ爆撃を非難し、『ゲルニカ』と、そのための習作(『泣く女』など)を描いた。

(注: 赤字はデンマンが強調
写真はデンマン・ライブラリーより)




出典:
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




上の経歴を見れば、ピカソのおっさんがアフリカ彫刻の影響を強く受けて、キュビスムの端緒となった『アビニヨンの娘たち』を描いたという事が判るやろう?



確かにアフリカ彫刻はピカソに影響を与えたのやろなァ。

そうですやろう!? あんさんにも判りますやろう?

そやけどなァ、ただ似ているからアフリカ彫刻の影響を受けているというのは安直な考えやと思うでぇ〜。。。

そいで、あんさんは他に何がピカソのおっさんに影響を与えたと思うてるん?

もっと本質的なことやと、わては思うでぇ〜。。。

本質的なことってぇ、具体的にはどのようなことやのォ〜?


本質的な視点とは?



20世紀への変わり目、科学は二つの大きな未解決の問題をかかえて、まったく混沌としていた。 第一に、二つの物理学の体系である古典力学と電磁気学のあいだに不整合が存在していた。 第二に、遠く光を伝える媒体として考えられたエーテルが、宇宙空間に存在するのかという問題である。 この二つの問題による不安定さによって、相対性理論の登場する機が熟したといえるが、その不安定な世相が当時の芸術家たちの作品に反映されたと考えることもできる。

逆に、後期印象派の巨匠たちが物理学における問題を解決する手だてを少しでももっていたと考えるのは、もちろん無理がある。 また、物理学における不安定な状況は、19世紀末にヨーロッパ文化や知識人たちのあいだで蔓延していた世相を反映していただけということもできる。 したがって、芸術が物理学の大発見を予示したというよりは、芸術と物理学の発展が平行して起こったと考えたほうが妥当だろう。

不幸なことに、科学者と芸術家が話し合うことはめったにない。 しかしながら、芸術と科学における変革は同じ根をもっている。 それは、ものごとの本質が従来の見方ではとらえきれないこと、そしてそれらを従来の描き方では描ききれないということへの気づきである。 物理学では、量子力学がまったく新しい見方で物理的問題に迫る方法を提示した。 量子力学を確立した人たちは、今までのニュートン流ではなく、抽象的でもっと「本質的」な方法で現実を表現した。 それに並行する視覚芸術の流れでは、パブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックといたキュビズムの例がある。 ピカソの有名な絵画《アヴィニョンの娘たち》(1907)は、見かけの姿ではなく、その本質を反映させた抽象的な姿で女性を表しているといえる。

(注: 赤字はデンマンが強調
写真はデンマン・ライブラリーより)




102 - 103ページ
『モナ・リザと数学』
著者: ビューレント・アータレイ
2006年5月1日第1刷発行
発行所: (株)化学同人




つまりなァ、ピカソはバルセロナの娼婦を描きたかったのやァ。 そやけど、誰もが目にするような。。。要するに凡人が描くような娼婦を描くのではつまらん。 そう思うたのやがなァ。



つまらなかったら描かなければええやん。

そやけど、ピカソはどうしても描きたかったのやァ。

だったら、ゴタゴタ言わずに描けばええやん。

そこでピカソは悩んだのやがなァ。。。つまり、従来の画家が描いているような娼婦を描くのやったらつまらんと思うたのやァ。。。そこで、ピカソは従来の描き方では描ききれないモノを描こうと思うたのやァ。

それで描きはったのが「アヴィニョンの娘たち」ということやのォ〜?

そうやァ。。。結果として「キュビズム」という描き方になったァ。。。要するに、アインシュタインと同じようにピカソも時代の落とし子やったのやァ。





アインシュタインがニュートン力学で考えると、古典力学体系では、どうにも、とらえきれないことにぶつかった。 ちょうどピカソがバルセロナの娼婦を見た時のように考え込んでしもうたのやァ。 アインシュタインは、そこから特殊相対理論を生み出しおった。 ピカソは、バルセロナの娼婦から、従来の描き方とは違う本質的な見方で「アヴィニョンの娘たち」を生み出しおったのやァ。


【レンゲの独り言】



ですってぇ~。。。
なんとなく、こじつけ見たいに聞こえますよね。



いずれにしてもピカソがもし上のようなオーソドックスな絵を描かずに、初めから「アヴィニョンの娘たち」を描いていたら、おそらく周りの人はピカソを精神病院へ送り込んだと思いますわ。
精神病になると、ある能力が消えて、ひとりでにピカソの絵みたいなものを描くケースがあります、とお医者さんも言っているほどです。
あなたは、どう思いますか?

とにかく、次回も面白くなりそうですわ。
あなたもどうか、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。






ィ〜ハァ〜♪〜!

メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



『夢とロマンの横浜散歩』

『愛とロマンの小包』

『下つきだねって言われて…』



『銀幕の愛』



『パリの空の下で』

『夢の中華パン』

『愛の進化論』

『漫画家と平和(2011年3月6日)』



『漫画家の壁(2011年3月10日)』

『漫画家と奴隷(2011年3月12日)』

『畳の上の水練(2011年3月15日)』



『パール判事とゴーマン(2011年3月18日)』

『軍隊のない国(2011年3月21日)』

『士風と「葉隠」(2011年3月23日)』

『アナクロニズム(2011年3月27日)』





こんにちは。ジューンです。

ピカソの生涯は「アヴィニョンの娘たち」のように

常識では考えられないような

起伏に富んだものでした。

ピカソは生涯に2度結婚し、

3人の女性との間に4人の子供を作りました。

ピカソがパリに出て最初に付き合ったのは

フェルナンド・オリヴィエでした。

「青の時代」と「桃色の時代」をへて

富と名声を得ると、つぎにエヴァという名前で知られる

マルセル・アンベールと付き合いました。

ピカソは彼女を讃えるために、作品に

「私はエヴァを愛す」(J' AIME EVA)、

「私の素敵な人」(MA JOLIE)などの言葉を

書き込みました。

しかし彼女は癌を患い、1915年に亡くなりました。

1916年には、バレリーナで貴族出身の

オルガ・コクローヴァと知り合い、

1918年に結婚しました。

オルガはピカソをパリの上流階級の社交界に引き入れ、

ブルジョワ趣味を教えたのです。

二人のあいだには息子、パウロが生まれました。

ピカソは初めの内こそ妻に調子を合わせていましたが、

しだいに生来のボヘミアン気質が頭をもたげ、

衝突が絶えなくなりました。

1927年には、ピカソは17歳の

マリー・テレーズ・ワルテルと出会い、

妻に隠れて会うようになりました。

ピカソはオルガと離婚しようとしましたが、

資産の半分を渡さねばならないことがわかり

中止したのです。 (微笑)

ピカソとオルガの結婚は、

1955年にオルガが亡くなるまで続きました。

マリー・テレーズと密会を続けていた1935年には

娘、マイアが生まれました。

またピカソは1936年から1945年まで、

カメラマンで画家のドラ・マールを愛人にしていました。

彼女はピカソ芸術の良き理解者でもあり、

『ゲルニカ』の制作過程を写真に記録しています。

1943年には、ピカソは

21歳の画学生フランソワーズ・ジローと出会い、

1946年から同棲生活を始めました。

そしてクロードとパロマが生まれました。

しかし、フランソワーズはピカソの支配欲の強さと

嗜虐癖に愛想をつかし、

1953年、2人の子を連れてピカソのもとを去りました。

ピカソは大きなショックを受けました。

フランソワーズはピカソを捨てた

唯一の女性と言われています。

しかしピカソはすぐ次の愛人の

ジャクリーヌ・ロックを見つけました。 (微笑)

彼女は南仏ヴァロリスの陶器工房で働いていたところを

ピカソが見そめたのです。

それで1961年に結婚したのです。

でも、この結婚は、ピカソのフランソワーズに対する

意趣返しと言われました。

当時フランソワーズはクロードとパロマの

認知を得る努力をしていたので、

ピカソはフランソワーズに

「結婚を解消すれば、入籍してあげてもいい」

と誘いかけたのです。

これに乗ってフランソワーズが相手と協議離婚しました。

でも、ピカソは既にジャクリーヌと結婚していたのです。

なんとも波乱に富んだ人生でした。

ところで、英語の面白い話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょう。

じゃあね。





  
Posted by barclay1720 at 04:21Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月19日

中年女性の愛の生活

   
中年女性の愛の生活





デンマンさん。。。今日は出だしから見え見えのお世辞を言って、私を懐柔しようとするのですか?



どうして僕が小百合さんを懐柔しなければならないのですか?

だってぇ〜、私が最近、反抗的になったとデンマンさんは苦情を言っていたではないですか。。。



Subj:突然のメールで

失礼いたします。




Date: 10/03/2010 5:48:19 PM
Pacific Standard Time
日本時間:3月11日(木曜日)午前10時48分
From: ********@***.biglobe.ne.jp
To: barclay1720@aol.com


デンマンさんにメールを出そうかどうか、ずいぶんと迷いましたが思い切って書くことにしました。
私は小笠原玲子(仮名)と申します。
デンマンさんのブログを3年前より拝見しております。
レンゲさん、めれんげさん、小百合さん、それに卑弥子さん。。。それぞれ皆さん個性的で、いつも楽しみにして読ませていただいております。 私自身も BIGLOBE のウェブリブログでブログをやってます。 デンマンさんのブログを拝見しながら、いつも勉強させていただいてます。

今朝9時半ごろ「次郎のブログ」で『遠い恋・悔恨の涙』を読みました。 文中の『愛の涙』をクリックしたら Denman Blog のページへ誘導されました。 デンマンさんがたくさんのブログをお持ちであることは存じ上げておりましたが Denman Blog を見るのは初めてでした。

源氏物語について書かれていましたが、私も「六条の御息所」には関心を持っております。 東京に住む専業主婦の私にとって、気晴らしと言えばブログに記事を書くこと、それに買い物ぐらいです。 2児の子供の母親ですが、自分だけの時間を持つことがほとんどありません。 子供を保育園に送って、やっと一息つくのが9時半ごろです。

今朝、たまたま「六条の御息所」を読んで、いつか書こうと思っていた自分の肩を優しく押されたような気がしました。 それで失礼とは思いながらメールさせていただきました。

めれんげさんの豊満な肉体に対抗するわけではないですけれど、自己紹介のつもりで私の写真を貼り付けます。



結婚前に撮った写真です。
私のお気に入りの一枚です。
巨乳ブームの昨今、私が誇れるものは、おっぱいが平均よりも大きめなことぐらいです。
「六条の御息所」を読んで勇気が出ました。
また、そのうち、気が向いたらメールを書かせてください。

このメールがいたずらメールや、スパムメールでないことをデンマンさんならば、ご理解していただけますよね。
いづれにしても、失礼を省みず不躾に書いてしまいました。
これも「六条の御息所」の“生霊”のなせる業だと思います。
お笑いくださいませ。

かしこ。





デンマンさん。。。また上のメールを持ち出してきたのですか?



うしししし。。。いけませんか?

このようなメールを読まされても読者は楽しくありませんわ。
 
 
“他人の不幸は蜜の味!”
 
 
つまり、僕のブログの読者も「他人の不幸は蜜の味」だと考えているので、僕が美しい聡明な女性からファンレターをもらうと、読者は頭に来てムカつくと小百合さんは思っているのですね?

私がそう思っているのではありませんわ。昔の人がそう言ったのですわ。うふふふふふ。。。

うふふふふじゃないですよう。。。僕のブログの読者は、心のきれいな愛情の満ち溢れた優しい人ばかりなのですよう。

どうしてデンマンさんは、そのような根拠の無い事をおっしゃるのですか?

やだなあああァ〜。。。、根拠はありますよう。

どのような根拠ですか?

あのねぇ〜、僕は根拠の無いことは絶対に言いませんよう。

だからァ〜、クドクドと言い訳をする前に、その根拠を見せてくださいな。

小百合さんは最近、僕に反抗するようになりましたね?




『真心の小包 (2010年3月15日)』より




分かるでしょう?。。。私が最近、反抗的になったとデンマンさんは、上のように苦情を言っていたのですわ。



それで僕が小百合さんの若々しい写真を持ち出してきて煽(おだ)てて、そうやって懐柔して、小百合さんが僕に反抗しないようにしようと企(たくら)んでいる。。。小百合さんは、そう言うのですか?

それ以外に考えられませんわ。

それは小百合さんの考え違いです。

だったらどうして私を煽(おだ)てて喜ばせるような事をわざとらしくするのですか?

あのねぇ〜、タイトルを見れば分かるでしょう?
 
 
中年女性の愛の生活
 
 




デンマンさん!。。。また私の写真を持ち出してきて、こうやって煽(おだ)てながら私生活を暴(あば)こうとするのですか?



やだなあああァ〜。。。小百合さんは最近、被害妄想にも悩まされているのですねぇ。。。何かにつけて、悪いように、悪いように解釈しようとしていますよう。

このところ嫌な事が重なったものですから。。。

また愚かな役人にイジメられたのですかァ〜?

デンマンさん!。。。その話はやめてくださいなァ。。。思い出すだけでもムカついてきますわ。

だから、小百合さんにとって、楽しい話題だと思って今日のタイトルにしたのですよう。

それでは、あのォ〜。。。、私の私生活を暴(あば)こうとする訳ではないのですね?

もちろんですよう。。。小百合さんから心のこもったバレンタインの贈り物をいただいた僕が、そのような意地悪な事をするはずがないじゃないですかア!

マジで信じてもよいのですか?

信じてくださいよう。。。僕は心の底から小百合さんを愛しているのですから。。。!

デンマンさん!。。。またそのような歯の浮くような事を言わないでくださいなア〜。

分かりました。。。では、真面目に今日の話題について語ろうと思います。

でも、私は上のタイトルから妙にヤ〜な予感がするのですわ。

どうして、また、そのような暗い表情を浮かべて、疑いの目を僕に向けるのですか?

だってぇ〜、デンマンさんは時々、女がとっても気になる事をグサリと言ってのけることがあるのですわ。

この記事の中では、そのような事はありませんから、安心してください。

。。。で、いったい誰の私生活をデンマンさんは暴(あば)こうとしているのですか?

いや、別に特定の女性の私生活を暴こうとしているわけではないのですよう。

そのような前置きはよいですから、細木数子さんのように、ズバリ!とおっしゃってくださいね。

あれっ。。。小百合さんも卑弥子さんのように細木数子にこだわっているのですか?

いいえ。。。別にこだわっているわけではないのです。。。ただ、つい、卑弥子さんの口癖が乗り移ってしまってぇ。。。うふふふふ。。。

卑弥子さんがどこかでクシャミをしていますよねぇ。うししししし。。。

デンマンさん。。。いつまでも無駄話をしていないで本題に入ってくださいな。

分かりました。。。あのねぇ〜、いつものように僕は Denman Blog の統計を見たのですよう。





あらっ。。。上の統計は次の記事の中で取り上げましたよね?



『愛欲を求めて』

(2010年3月18日)




小百合さんも上の記事を読んだのですか?

読みましたわ。

やっぱり“愛欲”という言葉が小百合さんの目に留まったのですか?

そのような事はどうでもよいですから、どうして上の統計を取り上げたのか?。。。その理由をお聞かせくださいな。

それは、もちろん、検索したキーワードに僕は引かれたのですよう。

“中年女性の性生活”にですか?

そうですよう。。。うししししし。。。

デンマンさんは、“中年女性の性生活”というキーワードを見ながら、また妄想を広げて一人で鼻血を流していたのですか?うふふふふふ。。。



やだなあああァ〜。。。小百合さんまでがそのような偏見の目で僕を見るのですか?

だってぇ、“中年女性の性生活”を検索して Denman Blog にやって来たと言う事は、デンマンさんが“中年女性の性生活”について書いた記事を読むためにやって来たのでしょう?

いや。。。僕には、そのような記事に心当たりがなかった。だから、すぐには思い浮かばなかったのですよう。

それで、どうなさったのですか?

当然、統計の「リファラ」に表れたリンクをクリックしたのですよう。

それで、デンマンさんが“中年女性の性生活”について書いた記事が見つかったのですか?

見つかりましたよう。リンク先のページを見てください。





検索した結果を見て Denman Blog にやって来た人は、赤枠で囲んだ記事を読んだという事ですか?


『床上手な女の7つの見分け方』

http://denman705.wordpress.com/life/7ways/




そうですよう。。。もちろん僕は、リンクをクリックする前に、その記事だろうと、見当はついていました。

リンク先のページを見る前に、どうして分かったのですか?

簡単な事ですよう。統計の中の「人気のページ」を見てください。



「床上手な女の7つの見分け方」が2度表示されているからですよう。

。。。で、すぐ上の記事の中で、デンマンさんは“中年女性の性生活”について書いたのですか?

実は、僕が書いたのではなくて、英文の記事を僕が訳したのですよう。その部分を書き出すから小百合さんもじっくりと読んでみてね。


5) 年上の女性は床上手



“若い女性はベッドで愛し合う時に充分にリラックスできないのでイクことが余りありません。”
ヘレンさんはこう言います。

“中年の女性は自分が求めているセックスがどういうものか知っていますし、それとなく相手に話すことができます。
若い頃に比べて、しばしばイケルようになっていますから男性を飽きさせずに長い関係を続けてゆく事ができます。

更年期を迎える頃になると、エストロゲン(estrogen)のレベルが下がってテストステロン(testosterone)の威力が目覚めてきます。
そのために、多くの女性は自分の性的な能力に対して自信を持ち、より良いセックスを求める気持も強まります。
そう言う訳でセックスに対する関心も高まります。
つまり、中年女性の性生活は、ますます良好なものになってゆくのです。”

6) キスの上手な女性は床上手



“キスをする仕方を見るだけでも、ベッドで愛し合うやり方が具合がいいかどうか分かるものよ。”
こう話すのはロスアンジェルスで活躍している性科学者のアヴァ・カデル(Ava Cadell)博士です。

“私はキスの事を顔のセックスって呼んでいるのよ。
キスするって、ただ唇だけでしている訳じゃないのよね。
体全体を使っているのよ。
もしあなたの相手の女性が体全体を使うようにしてキスしているなら、
床上手の可能性はかなりあるわよ。
また、床上手な女性って、キスをしながら相手の男性をその気にさせるのがうまいわよ。

初めは、たわいのないベビーキスから始まって、
あなたの上唇をなめるようにするのよ。
それから下唇を吸うようにしてみたり、
そうしながら、あなたの髪をやさしく愛撫する。
つまり、キスしながらも、なんとなくダンスしているような雰囲気をかもし出してゆく。”

7) ダンスのうまい女性は床上手



“ダンスがうまいと言うことは、いろいろな事を意味しているものですわ。”
ヘレンさんはそう言います。
“まずダンスするって事はその人がエネルギッシュだからできることですよね。
つまり、体がひ弱では無理です。
だから、その女性は健康で贅肉がなく動き易いすっきりした体型をしているという事です。
また社交性があって、自分に対してポジティブなイメージを持っています。
つまり、床上手な女性の基本をすべて兼ね備えているという訳です。”




『床上手な女の7つの見分け方』より
(2007年8月8日)




でも、どうして上の記事の始めに私の写真を貼り付けたのですか?



だってぇ、小百合さんはマジで、素晴らしい軽井沢タリアセン夫人だからですよう。うししししし。。。

このようなところで、そういう事を言って欲しくありませんわ。

どうしてですか?

どうしてってぇ。。。、デンマンさんは分かっているようで分かってないのですわね。

何が。。。?
 
 
“他人の不幸は蜜の味!”
 
 
小百合さんは、また懲りもなくこの諺を持ち出すのですか?

デンマンさんは、まったく女心が分かっていないからですわ。

僕は小百合さんの心のうちを理解しているつもりですよう。

デンマンさんは全く分かっていません。。。私は歯の浮くような事を言われるのが何よりも嫌なのですう。

ん。。。? 歯の浮くような事。。。?

そうですわ。

小百合さんはマジで、

素晴らしい軽井沢タリアセン夫人

だからですよう。うししししし。。。


このような事を言われたら、言う人よりも言われる人の方が愚かな人物に見られてしまうのですわ。

つまり、この記事を読んでいる読者は、小百合さんを愚かな女だと思うという事ですか?

決まっているじゃありませんかア!。。。そのような歯の浮くような事を言う男の相手になっている女は、ダメな女なのですわァ。

あれっ。。。小百合さんも、めれんげさんのようにかなり言いにくい事をはっきりと言うようになりましたね。うしししし。。。

笑っている場合ではありませんわ。

だったらねぇ、僕は小百合さんを弁護するために言いますよう。小百合さんは、上の記事の中でも書かれているように、自分が求めているセックスがどういうものか知っています。それとなく相手に話すことができます。

私はデンマンさんに、そのような事を一度でも言った事がありませんわ。んもォ〜〜

小百合さんは、若い頃に比べて、しばしばイケルようになっています。だから、男性を飽きさせずに長い関係を続けてゆく事ができます。

デンマンさんは、私の若い頃を知りませんわ。

更年期を迎える頃になると、エストロゲン(estrogen)のレベルが下がってテストステロン(testosterone)の威力が目覚めてきます。そのために、小百合さんは自分の性的な能力に対して自信を持ち、より良いセックスを求める気持も強まります。

デンマンさん!。。。勝手に妄想を膨らませて、いい加減な事を言わないでくださいな。

そう言う訳で、小百合さんのセックスに対する関心も高まります。つまり、小百合さんの性生活は、ますます良好なものになってゆくのです。うしししし。。。

デンマンさん!。。。いい加減にしてくださいな!。。。だから私は言ったのです。。。な〜んか。。。ここに来る前にヤ〜な予感がしたのですわ。んもお〜〜。


【卑弥子の独り言】



ですってぇ〜。。。
うふふふふ。。。
これで小百合さんもデンマンさんに対して絶交状を突きつけるはずですわ。
 
 
“他人の不幸は蜜の味!”
 
 
そうですわよねぇ〜♪〜。
やっぱり、小百合さんのおっしゃった事は正しいのでござ〜♪〜ますわ。
うふふふふ。。。

とにかく、あさっても興味深い話題が続くと思いますう。
あなたも、またあさって読みに戻ってきてくださいましねぇ。
では。。。



 
メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』



『バンクーバーの寒中水泳』

『大阪の歴史馬鹿(2009年9月22日)』
 
『「蒲団」と「田舎教師」(2009年9月24日)』

『卑弥子さんの存在感(2009年9月26日)』

『ロマンとデジャヴ(2009年9月28日)』

『夫婦風呂(2009年9月30日)』

『露悪趣味(2009年10月2日)』

『カプリ島と香水(2009年10月10日)』

『小百合さんの香水10月14日)』



『プッタネスカ(2009年10月18日)』

『国敗れて山河あり(2009年10月22日)』

『鰻重と阿波踊り(2009年10月26日)』

『人のための医療(2009年10月30日)』

『病める日本(2009年11月5日)』

『住めば都(2009年11月15日)』

『猫ちゃんの出迎え(2009年11月17日)』

『名物先生(2009年11月19日)』

『ぶんぶく茶釜(2009年11月21日)』



『ゴダイヴァ夫人のチョコ』




こんにちは。ジューンです。

“他人の不幸は蜜の味”

あなたも聞いた事があるでしょう?

英語にも、これにあたる諺があるのでしょうか?

わたしは、ずいぶんと考えましたけれど、

そのものズバリの英語の諺って

思い浮かびません。

最も近い英語の諺は

次のようなものではないでしょうか?

Misery loves company.

「同じように不幸な人がいると知る事は慰めになる」

こういう意味です。

「不幸な人が、他人にも

同じ不幸が起きればいいと願う」

このようなニュアンスを伴うこともあります。

似ているようでいて、

どこかちょっと感じが違いますよね。



ところで、英語の面白いお話を集めてみました。

もし、時間があったら読んでみてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:19Comments(0)TrackBack(0)

2009年12月22日

桜散る頃

 
桜散る頃




処女・童貞
 
 

 
[コミュニケーション新世紀]

処女にこだわる時代じゃないよ

初めてのセックスとは女性にとっては、ひとつの通過点であり

それ以上の意味はないとtanomuは考える

おやじ、じじいに多いのが処女に意味を与えすぎること

初めてのセックスなんかいつでもえーやん

相手が誰だろうと、過去のどーでもいい話やん

そんなものを、いつまでも大事な思い出にしてるやつってキモイ

by tanomu (タノム)

2009-10-30




『タノムダイアリー 処女・童貞』より




デンマンさん。。。今日はタノムさんの手記を持ち出してきたのですか?



いけませんか?

めれんげさんが交通事故で“華麗なる休息”をしていて短歌や詩や手記が書けなくなったので、タノムさんの手記を持ち出してきたのですか?

うへへへへ。。。分かりますか?

タノムさんは喜ばないと思いますわ。

どうしてですか?。。。レンゲさんは、どうして、そう思うのですか?

だってぇ、タノムさんは「第二のめれんげさん」にされたくないと書いていましたわ。

どこに。。。?

デンマンさんは、お読みにならなかったのですか?

だから、どこにそのような事が書いてあったのですか?

タノムさんのサイトですわ。。。次のように書いてありましたわ。


めれんげさんの見解



めれんげさんに連絡をとり、

デンマンさんに関して取材させていただきました

曰く、

「他人を馬鹿呼ばわりする前に自分の身を省みてはどうか」

「いったんは、関係を修復したものの、

あまりの手前勝手さにうんざりしている」

「何よりも腹立たしいのは、めれんげの書いたものに

自分勝手に肉付けをして、愛のコラボなどという

噴飯物な文章に書き換えること」

「もう二度と関わるつもりはないし、めれんげをネタに

ブログを書くことに、心底不快感を覚える」

などなど、ネガティブな発言ばかりを

デンマンさんに対してされていました。

デンマンさんに取材を申し込むつもりはありません。

なぜなら、それをきっかけにタノム自身が

「第二のめれんげさん」に

なってしまうことを危惧するからです。


by tanomu (タノム)

2009-10-05




『デンマンさんの生態研究 2009年10月5日』より




タノムさんが可愛らしい女性なので、デンマンさんは急に興味と関心を抱いたのですか?



やだなあああァ〜。。。レンゲさんまでが、そのように僕を色眼鏡で見るのですか?

だってぇ〜、ちょっと知的で魅力的な女性を見るとデンマンさんはすぐに接近したがるということが、もっぱらのウワサになっていますわ。

あのねぇ〜。。。、それは根も葉もないウワサですよう。。。レンゲさんは、そのような根拠のないウワサを信じませんよね?

もちろん、信じたくありませんわ。

そうでしょう!?。。。だから、誤解を招くだけだから、そのようなことは言わないでくださいよう。

分かりましたわ。。。でも、タノムさんは喜ばないと思いますわ。デンマンさんは、なぜタノムさんの手記を取り上げたのですか?

あのねぇ、僕は何度も言っているようにネット市民の皆様には“知る権利”があるのですよう。


知る権利は

ネット市民の基本的人権です


旧ソ連が崩壊したのはなぜだと思いますか?
ネットが縁の下の力持ちとして活躍したんですよ。

僕やあなたのような世界のネット市民が西側の健全な情報を情報鎖国を敷いていた旧ソ連に流していたんですよ。
つまり、情報鎖国をするような国というのは民主主義の国ではありえないんですよね。
江戸時代の日本も文字通り鎖国をしていましたから、とても民主主義とは言い難い。
大体、情報鎖国をする。
国民の耳をふさごうとする。
国民の口をふさごうとする。
もし、国民が主役であるならば、このようなことは許されない事ですよね。
あなただって、そう思うでしょう?

政府や権力が、このようなことをしようとすれば、やがては旧ソ連のように崩壊せざるを得ません。
良識あるネット市民はこのようなことを許しませんよ。
良識ある旧ソ連の市民と活動家は、このような西側からのサポートを得て立ち上がったわけですよね。



分かるでしょう?
世界のネット市民には“知る権利”があります!
この知る権利を持つ世界のネット市民の基本的人権が“言論の自由・表現の自由”です。

そして民主主義というものは国民が本当の意味で主役になる社会理念だと思いますね。
つまり、民主主義の社会にあっては、政府や権力が国民の耳をふさぎ、口をふさぐという事は許されないんですよ。
国民が主役なんですから。。。
それが民主主義のはずです。でしょう?

そして、グローバル化した現在の世界では、ネット市民が主役です。
あなたや僕のようなネット市民が主役なんですよ。

そう思いませんか?

多少誤った言論であろうとも、
ちょっと下品な言論であっても、
それは民主主義という名のもとに許されるべきなんですよね。

お互いに批判し合いながら人間的にも社会的にも進歩してゆく。
それこそ望まれるネット社会ではないでしょうか?
そう思いませんか?


だからこそ、知る権利を持つ世界のネット市民の基本的人権が“言論の自由・表現の自由”です。
ところが、これまで国際化している世界の中にあって、言論の自由・表現の自由が全く理解できない人がたくさん居ます。
残念です。
この国際化の時代に、世界のネット市民になるには、この言論の自由・表現の自由を理解し守る事が不可欠です。




『うっかり書けへん (2009年12月8日)』より


ネット市民の皆様の“知る権利”のためにデンマンさんはタノムさんの手記を持ち出したのですか?

そうですよう。

でも、一般のネット市民の皆様はタノムさんの手記に関心が無いと思いますわ。

いや。。。多くの人が関心を持つと思いますよう。

そうでしょうか?

そうでしょうかってぇ〜。。。、レンゲさんは他人事のように言うけれど、めれんげさんと同じように、レンゲさんだってぇ、16歳の時に初めてセックスを体験したのですよう。。。そうでしょう?

デンマンさん!。。。何も。。。、なにもォ〜、そのような事をここでバラさなくてもいいでしょう!。。。んも〜〜。。。

レンゲさんも、できれば、あのォ〜。。。、処女喪失の年齢を隠しておきたいのですか?

だからァ〜。。。デンマンさんが、そのように処女喪失にこだわることをタノムさんは批判したのですわ。

そうですよう。。。そう思ったから僕は取り上げたのですよう。

でも、そう思ったのは私の意見で、タノムさんは別にデンマンさんを批判したとは思いませんわ。

いや。。。タノムさんも僕を批判しているのですよう。

その根拠でもあるのですか?

おやじ、じじいに多いのが

処女に意味を与えすぎること


タノムさんはこのように書いているのですよう。

でも、タノムさんは一般論としておやじ、じじいと書いたまでですわ。

だから、それがレンゲさんの個人的な意見ですよう。。。でもねぇ、客観的にタノムさんの言動を見てみれば、まず間違いなく僕を批判しているのですよう。

その根拠は。。。?

タノムさんのサイトのタイトルを見てみれば、すぐに分かることですよう。



『デンマンさんの生態研究』

タノムさんは僕を批判するためにサイトを立ち上げたのですよう。

あたしは違うと思いますわ。タノムさんはデンマンさんの素晴らしさに興味と関心を寄せたのですわ。

うへへへへへ。。。レンゲさんはマジで、そう思うのですかァ〜♪〜?

もちろんですわ。。。うふふふふふ。。。



でもねぇ〜、ここで喜んで、僕は鼻の下を伸ばす訳にはゆかないのですよう!んも〜〜。。。

どうしてですか?

タノムさんは、めれんげさんの次の絶交状を間違いなく読んでいるのですよう!


じいさん、永久に近づくな。



めれんげは自分の思うままに
詩を書きたいのだ
自由に心のままに。

ネガティブな詩だってある。
そこに喰らい付いてきて、
気持ちの悪い文章を書くじいさん。
アンタは本当に面倒くさい奴だ。

アクセス禁止にしたところで、
どうせipを偽装するんだろうな。

ハッキリ言う。
一度はアンタと和解したが、
そんなことはもう、決してありえない。
なぜかと言うと、
めれんげの気持ちをわかったつもりで、
見当違いのコメントを書いて
わたしのブログを汚すからだ。

何より許せないのは、
アンタの「言葉泥棒」だ。
都合のいいところだけ抜き出して、
さも、アンタと通じ合っているような
文章を垂れ流していることだ。

それに、何年も前の文章を
いつまで使い続けるつもりなんだ。
わたしはいつまでも
同じ所に立ち止まっているわけではない。
アンタが同じネタを使っていることで、
アンタの進歩のなさを露呈しているんだ。

気持ち悪い「愛のコラボ」ってなんだ?
それも結局は、アンタの脳内で
わたしの創作を侮辱しているってことだ。

アンタとわたしとではレベルが違う。
アンタは人の書いたものなしでは、
何も書けない貧困な人間だ。
クリエイティビティもないくせに、
「文学的素養」について語るな。
わたしが心の底から苦心して絞り出した言葉を
アンタはのうのうと使いまわして
さも自分が知識人であるように装っているだけだ。

そして、さもしいアンタは、
他人を馬鹿呼ばわりして、
自分のブログのネタとして使う。
オリジナリティもないアンタには、
自分で何かを創りだす能力なんて
ないからだろうな。

じいさん。
アンタは自分が思う以上に、
ネットの中で、飽きられているぞ。
アンタに構ってくれた人たちは、
もうアンタになんて目もくれていないだろう?
それはアンタの薄っぺらさを
みんなが気付いたからだ。


わたしはアンタにつきまとわれているから、
こんな文章を書かざるを得ない。

とにかく一言言いたいのは、
「死ぬまでわたしに関わるな。ネタにもするな」

ということだ。

by merange (めれんげ)

October 05, 2009 19:36




『極私的詩集 永久に近づくな』より

『相手にされない成りすまし馬鹿』に掲載
(2009年11月22日)




うふふふふ。。。デンマンさんは被害妄想に陥(おちい)っていますわよう。



ん。。。? 被害妄想。。。?

そうですわ。。。この高齢化社会の日本に“じいさん”なんてぇ、掃いて捨てるほど居ますわよう。

あれっ。。。まるで“姥捨て山(うばすてやま)”のように、レンゲさんは“じいさん”を日本から掃いて捨てようとするのですか?!

デンマンさん!。。。そのような発想が被害妄想だと、あたしは言っているのですわア。。。あたしは、なにも高齢者に向かって「用無し人間だから消えうせろ!」とか、「役立たずだから、とっとのあの世に行け!」なんて言おうとしているのではないのですわ。

あれっ。。。、あれっ。。。、レンゲさんは心の中ではずいぶんとひどいことを考えているのですねぇ〜。

だからァ〜。。。、そのような事をあたしは考えていないと言っているのですわ。

“火の無いところに煙は立たず!”

昔の人はこのように言ったのですよう。レンゲさんが心の中で思っているからこそ、口について出てくるのですよう。

デンマンさん!。。。いい加減にしてくださいなア!

レンゲさん。。。そんなに感情的になったら、ダメですよう!。。。マジで“じいさん”を日本から掃いて捨てようと思っていることが分かってしまいますよう。。。

分かりましたわ。。。デンマンさんのその手には乗りませんわ。。。あたしが言いたい事は。。。タノムさんがめれんげさんの絶交状を読んだとしても、タノムさんは個人的にデンマンさんを攻撃しているとは思えませんわ。

レンゲさんはタノムさんを庇(かば)おうとしているのですね?

デンマンさんは、何が何でもタノムさんを“悪女”だと決め付けたいのですわねぇ。。。

いや。。。可愛らしいタノムさんを僕が“悪女”だと決め付けるはずがないでしょう!

でも、そのような口ぶりですわア!

あのねぇ〜。。。、僕はいつも言っているでしょう。。。

“批判のないところに進歩なし!”

“愛なき批判は空虚にして

 批判なき愛は盲目なり”


僕はタノムさんに対して愛を持って批判しているのですよう。反論を試みようとしているのですよう。

でも、デンマンさんは手記の中の次の語句だけを取り上げて、タノムさんがデンマンさんを特定して批判しているように考えていますけれど、その根拠でもあるのですか?

おやじ、じじいに多いのが

処女に意味を与えすぎること


あるのですよう。タノムさんのサイトの名前『デンマンさんの生態研究』を見ても分かるように、タノムさんは僕のサイトのページを、ほとんどすべてにわたって目を通しているのですよう。

マジで。。。?

次の記事を読むとよ〜く分かります。
 

デッドリンクだらけ



http://beaverland.web.fc2.com/index.html

デンマンさんのビーバーランド・ネットという

サイトなのですが...

デッドリンクばかりなんですよね。

各アイコンをクリックしても、

”404 File not found”ばかり表示されます。

デンマンさんともあろうお方が、

自分のサイトのメンテナンスを

怠っているとは、驚きです。

そもそも、デンマンさんは

たくさんのブログを持っておられますが、

それらの全てが、まったく同じ内容だということも、

タノムの目から見れば、

コピペ馬鹿だとしか思えません。

毎日更新すればいいというものではないでしょうに...

ネタも使い回しです。

読者は一体、何度同じ文言を読まされるのか...

そして、デンマンさんのブログの登場人物である

「小百合さん」と「めれんげさん」

彼女らの存在抜きに、

デンマンさんのブログは、

成立しないでしょうね。

つまり、彼女たちは格好のブログネタとして

利用されているわけです。

以前からデンマンさんに注目してきたタノムには

大きな疑問があるのです。

それは、デンマンさんの云うところの

「素晴らしい人たち」が、

ここのところ、全くなりをひそめていることです。

憶えているかぎりですが、

めれんげさんを、激しく糾弾していた「ふじこさん」

やや穏健派の「メラングさん」

日和見的な「みゆきさん」

その他数人の取り巻きに、

デンマンさんは関わっていたように思えます。

いや。

ずばり言いましょう。

上記の取り巻きは、すべてデンマンさんの

脳内で造られた非人格なのでしょう。

デンマンさんは、めれんげさんを非難するために、

多くの仲間が必要だったのです。

そして、「レンゲのフォーラム」なるものを

立ち上げて、めれんげさんのパロディである

「レンゲさん」というキャラクターを作りました。

それは、めれんげさんを個人攻撃するための

緩衝的なキャラクターだったのです。

レンゲさんを攻撃することは、

めれんげさんを攻撃することとイコールだったのです。

デンマンさんは、レンゲさんを架空の存在としています。

それは確かにそうでしょう。

めれんげさんを直接攻撃するのを、

避けるためだったのですから。

理解できないのは、デンマンさんがなぜ

あのように、めれんげさんに固執するのかということです。

めれんげさんの気持ちは、いずれタノムが

メール等で伺ってみるつもりです。

by tanomu (タノム)

2009-09-28




『デンマンさんの生態研究 2009年9月28日』より




あらっ。。。タノムさんは、あたしのことまで書いていますわ。うふふふふ。。。



レンゲさん。。。笑っている場合じゃないでしょう!。。。タノムさんは、レンゲさんが架空の人物だと言っているのですよう。。。つまり、僕のオツムの中だけしか存在していないと。。。

デンマンさんは、どう思っているのですか?

僕がどう思っているというよりも、レンゲさんの存在が否定されているのですよう。。。レンゲさんはタノムさんに対して反論したくないのですか?

デンマンさんやあたしの意見よりも、この記事を読んでくださるネット市民の皆様が自分で判断なさればよいことですわ。

レンゲさんは自分の存在を主張しないのですか?

あたしが自分の存在を主張したとしても、この記事を読んでくださっているネット市民の皆様方が、あたしが架空の存在だと思えば、それまでのことですわ。

レンゲさんは、僕が作り出した架空の人物だと思われてしまってもよいのですか?

その答えは、めれんげさんが書いた次の返信の中にありますわ。




ひでさん。コメントありがとうございます!

このブログは、フィクションですので、
怒ったり、恋したり、
いろいろと忙しいのです


その中で読むかたが、何かを感じてもらえれば
とてもうれしいです!
これからも、よろしくお願いしますね♪

by めれんげ

2009/03/19 10:33 AM




『即興の詩 春に恋して』のコメント欄より

『愛の虚構 (2009年3月23日』に掲載。


めれんげさんは、彼女のブログがすべてフィクションだと言っているのですわ。でも、その中で読む方が何かを感じ取ってくだされば、とってもうれしいと言っているのです。

それとレンゲさんの存在が、どのように関係しているのですか?

だから、あたしの存在がフィクションだと思われても、あたしは少しも失望しませんわ。

つまり、レンゲさんの言動を通してネット市民の皆様が何かを感じ取ってくれれば、それ以上の喜びは無いと言うのですか?

その通りですわ。

ほおォ〜。。。さすがにレンゲさんは、めれんげさんの親友だけのことはありますねぇ〜。。。熟女の思慮と分別が言葉の中ににじみ出ていますよう。

そのような事よりも、タノムさんが冒頭の手記の中でデンマンさんを批判したとしたならば、いったいどの記事を読んでタノムさんは上の手記を書いたのですか?

そうですよう。。。その事ですよう。。。だから、僕もタノムさんが読んだと思われる記事を探したのですよう。

。。。で、見つかったのですか?

すぐには思い当たらなかった。

それで。。。?

タノムさんは、めれんげさんにかなり同情しているから、めれんげさんが登場する記事を読んだに違いない。僕は、そう思った。“処女”に関する記事ならば“16歳で桜の花びら めれんげ”を入れて検索すれば、見つかるかもしれない。そう思って検索してみたのですよう。その結果を見てください。


16歳で桜の花びら めれんげ デンマン

の検索結果

27 件中 1 - 10 件目




1) 相手にされない成りすまし馬鹿 (PART 3 OF 4) - デンマンのブログ勝手に空想をふくらませて、 登場人物に恋をするんです… わたしのお気に入りはタルーです(*´д`*) by めれんげ .... それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも〜〜。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ〜 ...
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/719bd8c0a23f0b84b89ca93b62cb0f52

2) エロい文学少女 PART 2 - デンマンのブログ2007年4月11日 ... レンゲさんにも16才の頃は、こうして可憐な乙女だったんですよね。 まだ高校1年生の女学生だった頃、レンゲさんは、初めて秘め事を経験した。 愛のない家庭で育ったレンゲさんは、心の ... ドキドキしながら桜の花びらを散らした。。。 『性と愛の渇き』より. レンゲさんの初体験はかなり詳しく聞かされたのですが、めれんげさんの相手はどのような人だったのですか? 既婚者の方ではありませんでしたわ。 ...
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/5072b3f6ed2cb323925e9591957a2529

3) 徒然ブログ:相手にされない成りすまし馬鹿 (PART 2) それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも〜〜。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ〜 .... デンマンさんは、意外に優しいのですね。こうやって愛の手をさしのべて、めれんげさんの最期を美しく飾り、新たな命を吹き込 ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51581214.html

4) 徒然ブログ:肉体の悪魔 2008年8月13日 ... それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも〜〜。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ .... それ程、映画の印象はデンマンさんにとって薄かったのですか? そうですよう。めれんげさんがそのように書いた ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51559603.html

5) 肉体の悪魔 PART 1 - デンマンのブログめれんげサバイバルで書いていた「猫小町手習い日記」も全然進まないし… スランプかな? by めれんげ ... ところで、めれちゃんも早熟だった。 小学生の頃から「チャタレー夫人の恋人」を読んで、 それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから ...
http://210.165.9.64/denman/e/43d3556fa27a55dcb51e5c1788f52c2b/prev

6) 2006年1月 - デンマンのブログレンゲさんは16歳当時坂田さんにすべての希望を見出していたはずですからね。 わたしの胸には、愛情はない。 .... あたしが何もかも計算して坂田さんの腕の中で桜の花びらを散らしたと。。。そうでしょう?。。。そう思っているんでしょう? ...
http://210.165.9.64/denman/d/20060131

7) 二人きりの世界 (PART 2 OF 3) いつのことってぇ〜、めれちゃんが桜の花びらを散らした花も恥らう16歳のときのことやないかいなァ〜。めれちゃんは、その時の ... 次の短歌を詠んでいたやないかいなァ! 夏祭り 夏祭り 見上げる花火 人ごみの 中でふたりは 固く手つなぎ by めれんげ ...
http://www.edita.jp/goo705/one/goo7052713.html

8) 肉体の悪魔 ところで、めれちゃんも早熟だった。 小学生の頃から「チャタレー夫人の恋人」を読んで、 それで、16歳で桜の花びらを .... それ程、映画の印象はデンマンさんにとって薄かったのですか? そうですよう。めれんげさんがそのように書いたので、そう言え ...
http://www.edita.jp/love705/one/love7057866597.html

9) デンマンのブログ:菊ちゃんを旅する 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19 ..... 前にも書いたけれど、桜の花びらだとかユリの花だとか菊の花を集めて、このような首飾りを器用に作る事ができる。子供っぽいところが多いのだけれど、 ... デンマンさんは、悪い子供たちと一緒になって遊んでいたのですわね?。。。んで、それが菊ちゃんの面白いエピソードなのでござ〜♪〜ますか? ...
http://denman.anisen.tv/e39964.html

10) デンマンのブログ:めれちゃんと『ペスト』 それで、16歳で桜の花びらを散らしてしまったのだから。。。 んも〜〜。。。 めれちゃんは文学少女だったんだよねぇ〜 ..... めれんげさんとデンマンさんの やり取りを読んでいたら、 わたしも、ぜひ一度『ペスト』を 読んでみようと思いました。 ...
http://denman.anisen.tv/e51344.html

2009年12月17日現在

『16歳で桜の花びら めれんげ デンマン のGOOGLE検索結果』より


タノムさんは上の結果の中に表示されたページを読んでデンマンさんを批判する気になったと言うのですか?

そうですよう。

いったいどのページですの?

そのことについては、記事が長くなってしまったので、またあさって話しますよう。
 

【レンゲの独り言】



ですってぇ〜。。。
タノムさんをムカつかせたのは、いったいどの記事なのでしょうか?
あなたは、どの記事だと思いますか?

とにかく、興味深いお話がまだ続きますわ。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



『デンマン批判 (2009年5月8日)』

『好ましい批判 (2009年5月12日)』

『欺瞞の罠 (2009年5月16日)』

『馬鹿の一つ覚え (2009年5月22日)』

『立派な反面教師 (2009年5月29日)』

『社会的自我の欠如 (2009年5月30日)』

『原人ブームと漢字馬鹿 (2009年6月5日)』

『また、オマエか! (2009年7月3日)』

『成りすまし馬鹿 (2009年7月5日)』

『スカンクと宮本武蔵 (2009年7月6日)』

『絶望的な愚か者 (2009年7月7日)』



『お受験と教育ママ(2009年9月8日)』

『熊校の先生(2009年9月10日)』

『「田舎教師」再訪(2009年9月12日)』

『四季桜(2009年9月14日)』

『熊校の思い出(2009年9月16日)』

『「田舎教師」と行田(2009年9月18日)』

『小百合さんの存在感(2009年9月20日)』




こんにちはジューンです。

天神祭は“てんじんまつり”とか“てんじんさい”と呼ばれ

全国の天満宮で催されるお祭りです。

祭神は、ご存知のように菅原道真です。

道真の命日にちなんだ縁日で、

25日前後に行われます。

一年のうち1月の初天神祭など、

7月に限らず、盛大に行われる所があります。

日本各地で行われる天神祭の中では、

大阪天満宮を中心として行われる

天神祭が有名です。

大阪天神祭は、京都の祇園祭と東京の神田祭と共に

日本三大祭の一つです。

期間は6月下旬吉日から

7月25日の約1ヶ月間に渡り

いろいろな行事が行われます。

特に、25日の本宮の夜は、大川(旧淀川)に

多くの船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われます。

奉納花火があがって

大川に映る篝火や提灯あかりがきれいです。

その華麗な姿により

火と水の祭典とも呼ばれています。

他に鉾流神事(ほこながししんじ)や

陸渡御(りくとぎょ)などの神事が行われます。

7月24日は宵宮と呼ばれ、

7月25日は本宮と呼ばれます。



ところで、デンマンさんがレンゲさんの記事を集めて

一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年12月01日

ヤバいロマン (PART 2)


 
ヤバいロマン (PART 2)






夢のバンクーバー

2004-8-16 19:46



ご苦労様、
ありがとうございます。
バンクーバーでのわたしは、
デンマンさんに
エスコートされて、
のびのびした表情をしていますね。
ここ大阪では考えられません。

わたしの精神年齢は
32歳ですか?
大人ですね。
昔から思索にふけることが
多かったのですが、
そういった時に、
わたしは大人に
なれるのかもしれません。

でも、妄想にふける
中学生のわたしもいますが。
もうひとつ言えば、
不安にさまよう
4歳のわたしもいます。

わたしの詩・・・
(自分では自慰行為と
呼んでいますが)
人に見せるのも、
まして批評していただけるなんて、
全く初めてだったんです。


デンマンさんが感想を
書いて下さって、
冗談ぬきで、
舞い上がるようないい気持ちです。
ネットで公開してよかった・・・

デンマンさんは少々わたしのことを、
買いかぶっておられるんじゃないかと、少し不安です。

わたしがデンマンさんの
“心の恋人”足り得るか・・・
いつか、ガッカリさせて
しまうのではないかと、
自分自身の内面を省みて、
心配になっています。

それにしても、
わたしは幸せ者ですね。
この、“夢のバンクーバー”で、
わたしはデンマンさんを
独占してしまったのですから
本当にありがとうございます。


質問の方もできるだけ早く、
残りをお答えしますね。

by レンゲ




『次元の違いとは端的に言うと』より




レンゲさんが書いた詩だから読んだのですよ。他の人だったらおそらく読まなかったでしょうね。

だったら、洋ちゃんだってあたしの詩や短歌に興味を示しても可笑しくありませんわ。

でもねぇ〜、人によってさまざまですからね。10人男が居れば8人から9人までが漫画を読んでも詩など読みませんよ。

でも、デンマンさんは、あたしの詩を読んで、いろいろと批評を書いてくださいましたわ。

だから。。。相手がレンゲさんだったからですよ。

でも、とにかく、デンマンさんはあたしの詩を読んで批評を書いてくださったのですわ。

それがレンゲさんにとってのロマンだと言うのですか?

そう。。。そう。。。そうですわ。。。“夢のバンクーバー”は、あたしにとってのロマンですわ。

うん、うん、うん。。。レンゲさんにそう言ってもらうと僕は飛び上がりたいほどうれしのだけれど。。。

だけど。。。どうなのですか?

僕は手放しでは喜べないのですよ。

どうしてですか?

レンゲさんは、清水君という伴侶が居るのに、何か思い立つと、その自分の気持ちに素直になってバンクーバーにやって来てしまうからですよ。そうやって今年の夏もバンクーバーにやって来てしまった。そして僕と一緒にイングリッシュベイで花火を見た。それで書いたのが次の詩ですよ。


心から愛を込めて




2007-08-24

異邦の空に咲く
大輪の火の花
こんなにあなたを想ってるのに
待ちきれないこの気持ちを
あなたは分かってくれるだろうか

焦がれる心が痛い・・・
でも、わたしには何もできない

わたしの言葉も
わたしのしぐさも
ありのままでいいと
あなたは教えてくれた

夜は日毎に長く
眠れない時間の
思いは過去をまさぐるだけ



幸せであるはずなのに
かわかない涙
しあわせと呼べる時間は
今どこをさまよっているの

終わることなく愛されている
そう思いたい。
でも、思えない。

すべての記憶
あなたの笑顔
あのよろこび
あの感動の涙
楽しくてしあわせだった
晩香坡の日々

ずっとあなたに愛されている
それはけっして終わりなど来ない
そう思いたい
でも、思えない。

ああ、この熱い思い
このやるせない気持ち
あなたに分かってほしい

by レンゲ




『心から愛を込めて』より


30億の女性が地球上に生きているんですよ。でも、これほど読み応えのある詩を僕に書いてくれるのはレンゲさんだけですよ。

デンマンさんにそう思っていただけてうれしいですわ。

しかし。。。しかし。。。手放しでは喜べないのですよ。

どうしてですか?

レンゲさんだって覚えているでしょう?。。。上の花火を見た晩、レンゲさんは真夜中を過ぎてから僕の部屋にやって来たのですよ。

そうでしたかしら。。。?

とぼけているのですか?。。。忘れてしまった訳がないでしょう?上のような詩まで書いたのだから。。。

覚えていますわ。



こういう格好で入ってきたのですよ。。。僕は。。。僕は。。。もう。。。ビックリしてしまって。。。バネ仕掛けの人形のようにガバッと飛び起きましたよ。

それほど驚いてしまったのですか?

もちろんですよ。僕がウトウトして、これからぐっすり眠ろうとしていたのですよ。そういう時に電気がパッと付いて。。。


あのォ〜。。。デンマンさん。。。

あたし。。。、あたし。。。、一人ではどうしても寝付けないのですねん。。。

ご迷惑でしょうけれど。。。またよろしくお願いしますう。。。


こう言って、上の写真のようにニィ〜と笑ったのですよ。

そうでしたかしら。。。?

とぼけないでくださいよ。。。上の写真が何よりの証拠でしょう?

これは、あとでデンマンさんが作ったモノですわ。

もちろん。。。、もちろん。。。。、レンゲさんのプライバシーを保護しなければなりませんからねぇ。そのものズバリを載せる訳にはゆきませんよ。でも。。。、でも。。。、ちょうど、このような格好だったのですよ。

あたし。。。こんな小さなパンツをはいていたかしら。。。?うふふふふ。。。

うふふふ。。。じゃないですよ。。。もっと小さかったのですよ。。。よくまぁ〜、こんな小さなパンツを見つけてきたものだ!と僕は全く呆れたというか。。。驚いたというか。。。しばらく言葉が出ませんでしたよ。

それで、何がおっしゃりたいのですか?

この上の詩を読んで思い浮かぶレンゲさんのイメージと、レンゲさんの上の写真と。。。全くイメージが違うのですよ。レンゲさんが、今読んでみても気づくでしょう?

それほど違いますか?

つまり、僕が言いたいことは、僕の部屋にやって来た時のレンゲさんは完全に“子供返り”していたのですよ。つまり、あの晩のレンゲさんの詩的心境は次の詩を書くような心持ちだったのですよ。




デリシャスフルーツ




2004/08/08

とてもていねいに皮をむいて
きれいに食べやすくしてから
ぱくり!

わたしはくだものがすき
食べるのがすきだから
よくあらってから食べる

by レンゲ




コンビニにて





2004/12/24 23:06

帰り道にファミマに寄りました。
ぶたまんが恋しくなったからです。

でも、それだけ1個だけしか
買わないなんて

なんだか駄菓子屋で
チョコバット1本・・・
みたいな、へんな恥じらいに
おそわれて、

ピザまんも、
連れてかえってきました。

よしよし、ピザまんチャン 
(^Д^)うふっ♪
次はあなたの番よ。。。!



by レンゲ




『不倫女じゃないわぁ〜』より



この詩を読むとねぇ、レンゲさんらしいなあああぁ〜と思いますよ。

あたしは褒められているのですか。。。それとも貶(けな)されているのでしょうか?

もちろん、レンゲさんの天真爛漫で、天衣無縫なところがいいなあああぁ〜、と思っているのですよ。

なんだか。。。言葉どおりには受け取れませんわ。

やだなあああぁ〜。。。僕は思っていることを素直に言うたちですよ。だから、言葉どおりに受け取ってくださいよ。

でも、最近のデンマンさんが取り上げている話題を考えると、あたしが恋愛では性愛の渇望に悩まされていると言うことを指摘したいようですわ。そして、食欲の秋になると、あたしは食欲が旺盛になって太り始める。デンマンさんはそう考えていますわ。だから、何の臆面もなくあたしに向かって太ったようだね、と言えるのですわ。よほど無神経な男性でない限り、女性に向かってそのような事は言わないものですわ。要するにデンマンさんは、恋愛ではあたしが性愛に悩まされ、秋になるとあたしは食欲に悩まされる、いたって動物的な女だと思っているのですわ。

やだなあああぁ〜。。。レンゲさんは勝手に自分でそうやって思い込んでいるのですよ。僕はそんな事を言ってないし、書いてませんよ。

いいえ。。。これまでにあたしが性愛の渇望に悩まされているように、ずんぶんと書いてきましたわ。

だから、僕は誤解を避けるためにレンゲさんの素晴しさを書いたじゃないですか。ちょっと読んでみてくださいよ。




仲直りなんてオツムで考える限り簡単なことなんですよ。でもねぇ、現実には難しい!なかなか仲直りって、できないものですよ。僕にだって過去に苦い経験があるんですから。。。でもねぇ〜、レンゲさんは、あえて僕と仲直りしてくれたのですよ。僕はSanaさんとAdnanさんの話を読んで、ますますレンゲさんの素晴しさが分かってきて、僕はレンゲさんをますます尊敬し。。。熱烈に愛し始めているのですよゥ。

あのォ〜。。。デンマンさん。。。

なんですか?

その。。。そのような。。。歯の浮くような褒め言葉は、このぐらいでお止めになってくださいなぁ。

どうしてですか?

だってぇ〜、急に“尊敬している” とか “熱烈に愛している” とか言われると。。。あたし。。。あたし。。。この場に居たたまれないような気持ちがしてきますねん。

でも、これが僕の本当の気持ちですよ。。。僕が。。。僕が。。。レンゲさんを“エロい女”だと決め付けて馬鹿にしていないと言うことが分かってもらえましたか?

ええ。。。ええ。。。良く分かりましたわ。

『あなたのロマン』より


分かるでしょう?僕はレンゲさんが“エロい女”だと思っていませんよ。それどころか、SanaさんとAdnanさんができなかった仲直りを、レンゲさんは見事に成し遂げたのですよ。事情は違うけれども、いや、むしろレンゲさんの“毒づき絶交状”を読んだあとでは、レンゲさんの仲直りの方がよっぼど劇的で波乱万丈ですよ。つまり、より“事実は小説より奇なり”なんですよ。。。とにかく、レンゲさんは“良く分かりました”と言っていますよ。。。でしょう?

ええ。。。でも、“性愛の渇望”を取り上げる事ができないので、今度はデンマンさんは、あたしの食欲の弱味を持ち出して私の欠点を取り上げようとしているのですわ。つまり、方向転換して、性愛から食欲へと矛先を変えているのですわ。

やだなあああぁ〜。。。レンゲさんは、そうやって悪い方向に悪い方向に解釈してしまうのですよ。

。。。で、いったい何を取り上げようとなさっているのですか?

だから“甘さとロマン(浪漫)”の事をレンゲさんに考えて欲しいと思っているのですよ。


私たちは“生命線”となる糖質を食べると、口の中に“甘み”という快感を得ることができます。
だからこそ私たちは、生きるために大切な糖質を欠かさず摂取できているわけなのです。

この“甘さ”という感覚は、私たちの脳内で作り上げられている幻想のようなものだと言います。
つまり、実際には存在しない感覚なのだそうです。


“甘み”を求める気持ちがレンゲさんにも僕にもある。つまり、“甘み”に対する渇望がある。だから、“生命線”となる糖質を食べたくなるのですよ。そうやって、レンゲさんも僕も生きるために欠かせない糖質を体内に取り込んでいるのですよ。

それで。。。どうしてロマンが出て来るのですか? 

だから、ロマンも“甘み”と同じだと僕は言いたいのですよ。僕は次のように書いたことがあります。


ロマンを持てない人間は死んでいるのと同じですからね。
動物と人間の違い!
それはロマンを持っているか?いないか?
それほどロマンは重要なことだと僕は思っていますよ!
(^_^)キャハハハ。。。


つまり、ロマンを持つ事によって人間は生きる張り合いが持てる。ワクワクしたり、ウキウキしたりできるのは、このロマンを持っている事を実感できるからですよ。上の“甘み”の文章を借りれば次のように書けますよ。


この“ロマン”というモノは、私たちの脳内で作り上げられている幻想のようなものです。
つまり、実際には存在しないものです。
だから、ワンワンやニャンニャンにはロマンがもてない。人間だけがロマンを持てる高度の脳を持っている。


。。。で、ロマンを持たないとどうなるのですか?

SanaさんとAdnanさんのようになってしまうのですよ。つまり、退屈な結婚生活を送るだけになってしまう。だから、退屈して、面白くないのでネットでロマンを求める旅に出たのですよ。そうやって、二人は相手の正体を知らずにネットで出会ってしまった。

分かりましたわ。デンマンさんの矛先が見えてきましたわ。つまり、あたしがロマンを持っていないとおっしゃりたいのですね?

レンゲさんは持っていますよ。また、持とうと常に意識していますよ。

だったら、何もロマンのことなど、あたしを前にして言わなくてもいいじゃありませんか?

ただし、レンゲさんの場合にはロマンを向ける先が少しずれてしまっている。

ずれているってどういうことですか?

例えば、平均的な独身女性のロマンの相手は、まず間違いなく独身男性ですよ。ところがレンゲさんの場合には、そのロマンの相手が妻子ある男性だった。それで不倫になって。。。、それで“不倫の悦びと苦悩”を経験して。。。挙句の果てに破綻してしまった。

また、あたしの不倫を持ち出すのですか?あたしは不倫から立ち直りましたわ。不倫したのは吉村さんだけですわ。その前にも後にもありませんわ。

分かっていますよ。ただ、例えで持ち出しただけですよ。僕はレンゲさんの過去の不倫に対して批判するつもりではありません。

。。。で、何に対して批判なさるのですか?

いや、批判と言うほど堅苦しい話じゃないのですよ。

だから、なんですの?

レンゲさんと清水君の関係がSanaさんとAdnanさんのような関係になっている、と言いたいのですよ。

洋ちゃんとあたしは結婚していませんわ。

いろいろあったけれど、一緒に暮らすようになってから、かれこれ2年になろうとしていますよ。そうでしょう?

そうですわ。

レンゲさんはロマンを求めてネットにやって来たのですよ。それで、ネットで旅しながら僕と出会った。

そうですわ。。。それがいけない事なのですか?

いや、決していけない訳じゃないですよ。でも、本来ならば、ロマンは清水君と一緒に見つけるべきですよ。そう思いませんか?

だって。。。洋ちゃんは詩や短歌などには見向きもしませんわ。

それは、レンゲさんが知らないだけかもしれませんよ。あるいは見出す努力が足りないのかも知れませんよ。だからこそ僕はSanaさんとAdnanさんのことを取り上げたのですよ。つまり、退屈でつまらない結婚生活を送っている相手でも、ネットで相手が誰だか分からないでチャットをしていると、その相手さえも“心の恋人”になってしまう場合もある。それが、SanaさんとAdnanさんのエピソードですよ。

つまり、あたしと洋ちゃんがお互いの中に。。。ちょうどSanaさんとAdnanさんがしたように“心の恋人”を見出す、と言う事ですか?

そうですよ。

洋ちゃんはネットをしませんわ。

それも、レンゲさんの思い込みかもしれませんよ。意外にレンゲさんの知らないところで清水君はネットをやっているかも知れませんよ。SanaさんとAdnanさんのエピソードをじっくり読んでみてくださいよ。二人は結婚して5年か、6年ほど経っているようだけれど、お互いの事を良く分かっていなかったのですよ。レンゲさんと清水君はまだ知り合ってから2年経っていないのですよ。

あたしが洋ちゃんのことをよく理解していないとデンマンさんは思っているのですか?

10年連れ添っても、15年連れ添っても、相手の事を十分に理解する事って難しい事ですよ。お互いをロマンの相手だと思いながら結婚生活を送る事はさらに難しい。だから、最近、熟年離婚が多くなっているのですよ。

つまり、あたしと洋ちゃんがもっと“心の恋人”としてラブラブになるようにと、そう願いながらデンマンさんはあたしから離れようとしているのですわね?

ん。。。?レンゲさんから離れようとしている。。。?

そうですわ。最近、デンマンさんは小百合さんのことばっかり書いていますわア。

ち。。。ち。。。違いますよゥ。。。ぼ。。。ぼ。。。僕は、これまでどおりにレンゲさんのことを1日おきに書いていますよ。

とにかく、卑弥子さんも言っているようにデンマンさんは小百合さんのことをベタ褒めにして美化していますわあああぁ〜 

【ここだけの話ですけれどねぇ。。。レンゲさんが小百合さんのことを持ち出すとは思いませんでしたよ。レンゲさんは僕の言うことを故意に理解しようとせずに、矛先を小百合さんに向けて、この場をうまく逃げようとしているように見えるのですよ。。。とにかく、この話はますます面白くなることだけは確かです。また、あさって読んでくださいね。】




■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

アスペルガー症候群

聞いた事がありますか?

耳慣れない病名ですよね。

でも、この病気は古くから分かっていたのです。

1944年に、オーストリアの小児科医である

ハンス・アスペルガーによって初めて報告されたのです。

でも、第二次世界大戦のため、

その論文は戦勝国側では注目されませんでした。

1981年になって、イギリスの医師ローナ・ウィングが

アスペルガー症候群の発見を紹介したのです。

それで1990年代になり世界中で

徐々に知られるようになったのです。

しかし、日本ではドイツ精神医学の影響が強かったことから、

ローナ・ウィングの紹介以前に知られていたそうです。

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年11月30日

愛の第一印象


 
 
愛の第一印象









 
Subj: 12月26日

  夕べはクリスマスパーティ


Date: 25/12/2007 7:54:04 PM Pacific Standard Time
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com




夕べは子供の友達が家でクリスマスパーティをやるというので
準備におわれて、メールを見るのが遅かったです。

カナダ出国の件ですが8月30日でも、そんな大差はないです。
でも、パスポートを調べると、8月28日になってます。

今日は26日 あさって28日〜30日まで出かけます。
メールを見るためノートパソコンを持っていくかどうか、まだ未定です。

今日、明日は家に居ますから。
急ぎがあったら、メールしてください。

by 小百合






Subject: 1月4日までは

  緊急のメールを出しません。

  \(^Д^)/


From: barclay1720@aol.com
Sent: Wednesday, December 26, 2007 2:11 PM
To: fuji@adagio.ocn.ne.jp



夕べは子供の友達が家でクリスマスパーティをやるというので
準備におわれて、メールを見るのが遅かったです。


うん、うん、うん。。。
そうだろうと思っていましたよ。
最近は日本でも誕生パーティーとかクリスマスパーティーとか
ハロウィーンだとか。。。子供たちが企画して遊ぶようですよね。
僕の子供の頃はなかったですよ。

   
クリスマスパーティーなどはバーかキャバレーだけでやっていたものですよ。
\(^Д^)/ギャハハハハ。。。。


8月30日でも、そんな大差はないですが、
パスポートを調べると、8月28日になってます。


うん、うん、うん。。。
間に合って良かったですよ。
まだ、欄を空白にしていました。
小百合さんからの返事が来ることを予測していましたよ。
ヽ(´ー`)ノ

8月28日と書き込みますよ。
よかった。。。よかった。。。


今日は26日 あさって28日〜30日まで出かけます。
メールを見るためにノートパソコンを持っていくかどうか、まだ未定です。
今日、明日は家に居ますから。


僕の税務の事ならば、メールを見るためにノートパソコンを持っていかなくてもいいですよ。
「28日から1月3日までは日本は“クリスマス休暇”だから、皆、忙しい。
小百合さんも家族の集まりで実家に帰っている」、と
Nancy(小百合さんの担当者)に言いますよ。

12月27日に提出すると、29日か30日に彼女から質問があると思いますが、
来年(2008年)の1月4日まで待ってもらいます。

僕だって、多少のんびりと年末年始を過ごしたいですから。。。
\(⌒∀⌒)ノキャハハハ。。。

そういう訳ですので、12月28日から1月3日までは
小百合さんも税務のことを忘れて、のんびりと過ごしてくださいね。

TAXだって、来年の4月30日までかかるのですよ。
1週間ぐらい遅れたからって、どうって事はありません。

僕も1月4日までは緊急のメールを出しません。
そのつもりで、小百合さんもTAXのことを忘れて
大いに年末と年始を楽しんでくださいね。

じゃあね。

Have a happy New Year!



P.S.: 

28日か29日の深夜(日本時間)に
非居住者法令順守証明書の請求用紙をファックスしますので、
ファックスを受信できるように設定して置いてください。

留守番の人が居たら、その旨伝えておいてくださいね。
起きなくてもいいように。。。

by デンマン








件名: 母の介護施設へ 行ってきました。

差出人: fuji@adagio.ocn.ne.jp
受取人: barclay1720@aol.com
日付: 07/12/26 17:34


はい ありがとうございます。
ちょっと 母の介護施設へ 行ってきました。

デンマンさんからメール来るかもと思い、
次男の圭太にメールをチェックしてもらってました。

12月28日か29日の朝方にFAXですね。 
この前のようになってますから、
誰もでないでしょう。

31日には 佐野にもどるので、
ライブドアのデンマンさんのブログを読みます。

by 小百合






Subj: ライブドアのブログは

  年末年始休まずにカキコしますので、

  時間があったら覗いてください。\(^Д^)/


Date: 26/12/2007 1:21:23 AM Pacific Standard Time
From: barclay1720@aol.com
To: fuji@adagio.ocn.ne.jp


お母さんの介護の方も大変ですね!?
施設に入っておられるとは言え、
小百合さんの気苦労は大変でしょう。

僕も小百合さんのアドバイスをもらって行田に居る時に
市役所に行って母親の介護認定の手続きを取ってきましたよ。

僕の母親のかかりつけの医者が意見書を書いてくれ、
市役所から担当の人が面接に来ました。
その時はすでに僕はバンクーバーに戻ってきていましたが。。。

その後どうなったのか?
正月に僕が実家に電話する事になっています。

いづれにしても小百合さんにとって、
いろいろと大変な事が重なった2007年でしたね!?
2008年は「軽井沢の夢とロマン」を心に秘めて、素晴しい年にしてください。



楽あれば苦あり、苦あれば楽あり!
人間万事塞翁が馬ですよ。

では、年末年始を“癒し”だと思ってお過ごしください。
じゃあね。



\(^Д^)/




おほほほほ。。。

卑弥子でござ〜♪〜ますわよゥ。

あたくし、ついにバンクーバーで

クリスマスを迎えたので

ござ〜♪〜ますわ。

もちろん、去年(2007年)の

クリスマスですわよう。

うしししし。。。



あたくしが腕によりをかけて

ターキーディナーを

こしらえたのですわよ。

もちろん、デンマンさんは

うまい、うまいよォ〜、と言って

狂喜したのでござ〜♪〜ますわア。

あんまり、あたくしが美味しく作ったものだから、

もう、デンマンさんが食後に

あたくしにデレデレしたのでござ〜♪〜ますわ。



もう、このようになってしまったのでござ〜♪〜ますわよゥ。

うしししし。。。

ええっ?

そんな事はどうでもいいから、

早く本題に入って小百合さんのことについて話せ!

あなたは、そのような強い口調で

あたくしにご命令なさるのですかア?

あたくしのロマンスよりも

小百合さんのお話の方に

興味がおありなのでござ〜♪〜ますかア?

あたくしの幸せがどうなってもよろしいのですかア?

んもお〜〜

あなたって、冷たいお方ア〜〜

ええっ?

相手も分からないのに、いい加減な事をぬかすなア!

また、あなたはそのようなきつい事をおっしゃるのですわねぇ〜?

分かりましたわア。

あたくしだって、そのつもりで出てきたのですから。

おほほほほ。。。






卑弥子さん。。。いいかげんに十二単を着たらどうですかア?

あららあああぁ〜。。。デンマンさんは、このレースクウィーンのようなアパレルがとってもいいよって、あたくしとターキーディナーをいただいた後に、しみじみとあたくしを見つめながらおっしゃいましたよねぇ〜?

だからぁ〜。。。それは。。。なんですよゥ。。。クリスマスの夜のディナーのあとだからですよゥ。

。。。んで、クリスマスが済んだら、ダサい十二単を着ろ!とおっしゃるのですか?

だいいち、そのままでは風邪をひきますよゥ。そろそろ卑弥子さんは日本へ帰らなければならないのですからねぇ。風邪でもこじらせて寝込んでもらっては困るのですよゥ。

あたくしはデンマンさんにお会いして元気いっぱいですわア〜。風邪の神様があたくしを避けてゆきましたわア。おほほほほ。。。

でも。。。でも。。。、さっきから、3度もくしゃみをしましたよゥ。風邪をひく前兆ですよ。。。たくゥ〜〜

でも、このような格好をしているのには訳がるのでござ〜♪〜ますわ。

いったい、どのような訳があるのですか?

デンマンさんは、あたくしがせっかくバンクーバーにやって来たのに、あたくしをほったらかしにしてパソコンに向かって小百合さんとメールの交換ばっかりしているではありませんかア?

そんなことはありませんよゥ。僕は卑弥子さんに付き合ってロブソンストリートを案内したでしょう。それから、カナダプレースのイルミネーションも一緒に見に行ったでしょう?



それに、卑弥子さんがキャロルシップが見たい見たい、とうるさくせがんだので僕は一緒にフォールス・クリークまで見に行ったでしょう?

ええ。。。とってもきれいでしたわぁ〜。ロマンチックでしたア。。。でも。。。、でも、デンマンさんは、あたくしとイヤイヤ行ったようでしたわア。帰ってきたらすぐにパソコンに向かって小百合さんにメールを打っていたじゃありませんかア〜!?

それはそうでしょう。。。僕は卑弥子さんにべったり付き添っていなければならなかったのですよ。メールを書く時間がなかったのですよゥ。

ありましたわ。あたくしが一人でこの近くのショッピングモールで買い物をしている時に小百合さんにメールを書く時間はあったのですわア。

ブログの記事を書いていたんですよ。

そういう時には、ブログの記事を短くして小百合さんにお返事を書けばいいのですわ。

だから。。。そうしようとすると、卑弥子さんがなんだかんだと言って外へ出ようと言うのですよね。

だってぇ〜。。。一人でお部屋に居ても面白くありませんわ。

それで、その露出オーバーのレースクウィーンの衣装を着て部屋から出てくるのですか?

そうですわぁ。。。うふふふふ。。。これを着るとデンマンさんがあたくしの方を必ず見るのですわ。

つまり。。。つまり。。。僕の注目を引くためにその露出オーバーの衣装を着るのですか?

そうですわア。。。そうじゃないと、デンマンさんは振り向いてもくれないのですわア。パソコンに向かって石になったように記事を書き続けるのですわア。んもお〜〜

ちょっと。。。ちょっと。。。

なんですの。。。?

なんですのって。。。、急に立ち上がって。。。ここで裸になっちゃ困りますよゥ。。。

いいじゃありませんかア。。。、他に誰も見ていないのだから。。。デンマンさんが黙っていれば、誰にも分からないのですわよ。。。うふふふふ。。。

あのねぇ〜。。。

親しき仲にも礼儀あり!

こういう諺があるでしょう?。。。あららあああア〜♪〜。。。ここで裸になっちゃ困るのですよゥ。一体何をしようとしているのですか?

着替えるのに決まっているじゃござ〜♪〜ませんかア〜。。。デンマンさんが風邪をひかないようにとおっしゃったから十二単に着替えるのですわア。

部屋に戻って着替えてくださいよゥ。

十二単は一人では着付けができないのですう。そのような基本的な事はデンマンさんは充分に知っているはずですわア。

だから、僕は言ったでしょう?バンクーバーに来る時には十二単を持って来ないようにと。。。

でも、十二単はあたくしのトレードマークですから。。。うしししし。。。

どうして。。。どうして。。。僕がこの記事を書こうとしている時にィ〜。。。あららあああぁ〜。。。ヌードになっちゃダメですよウ。。。おばさんパンツを。。。あのォ〜。。。パンツを。。。すぐに。。。すぐに穿いてくださいよう!

十二単はノーパンで着付けするのですわア〜。んもお〜〜

あのねぇ〜。。。それは。。。それは。。。貸衣装でしょう?。。。汚したらどうするのですか?

どうせ返せば貸衣装屋が洗濯に出すのですわぁ〜。デンマンさんが気にする事ではござ〜♪〜ませんわア〜〜。

とにかく。。。とにかく。。。おばさんパンツを穿いてくださいよゥ。。。そのままでは絶対に風邪をひきますよゥ。

だから、早くデンマンさんが手伝ってくださいなア。

僕は。。。僕は。。。十二単の着付けなんて知りませんよゥ。だいいち、十二単の着付けは二人がかりなんですよ。かつて卑弥子さんはジューンさんに次のように説明していたのですよ。覚えているでしょう?


十二単(じゅうにひとえ)



十二単は、平安時代の10世紀から始まる女性貴族用の正装(平安装束)。
正式名は五衣唐衣裳(いつつぎぬ、からぎぬ、も)、または女房装束(にょうぼうしょうぞく)という。
実際は12枚衣を重ねるわけではないため俗語であるが、一般的に“十二単”と呼ばれることが多い。
十二単という言葉が書物に初めて現れたのは、『源平盛衰記』である。
源平盛衰記の建礼門院入水の段で「弥生の末の事なれば、藤がさねの十二単の御衣を召され」と書かれている。

着つけは、次のような順で行われる。
小袖(こそで)の上に袴(はかま)をつけ、単(ひとえ)、袿(うちぎ)を重ね、その上に打衣(うちぎぬ)、表衣(おもてぎぬ『表着(うわぎ)』ともいう)、裳(も)、唐衣(からぎぬ)を着る。
袿(うちぎ)は単色で数枚重ねて付ける。

衣はみな絹で、総重量は20kgほどになる。
複雑な着物の割には仮ひも2本で着つけを行い、最後に裳の紐のみで固定されるので、現在の着物より着つけ道具は少ない。

着つけは当然一人で行えず、御方(着つけされる人)の前方に前衣紋者、後方に後衣紋者(着付技術者)が付いて行われるのが通例である。

袿(うちぎ)の上下に重ねることを「襲(かさね)」といい、その色の取り合わせを襲の色目という。
一方、袷の表地と裏地で色を違えることは「重ね(かさね)」といい、下につけた衣の色がすかして上に映るところに見所がある。

襲(かさね)は袖口・裾などに衣がすこしずつ覗き、十二単の着こなしの工夫が多くなされたところでもある。
『栄華物語』には当時の女房が工夫を凝らしたさまが詳述されている。
ある女房は襲(かさね)に凝り、通常よりも多くの衣を重ねたが
衣の重さのために歩けなくなったとある。(爆笑)

このように平安時代は袿(うちぎ)の枚数に定めがなかったが、
室町時代には五枚となり、五衣と呼ばれるようになった。

重ねの色目には裏と表の取り合わせで固有の呼び名があり、
春夏秋冬に分類されていた。
古典でしばしば言及される代表的な重ねとして、
服喪の際の青鈍(あをにび:表裏とも濃い縹色)、
春の紅梅(表は紅、裏は紫または蘇芳)などがある。



馬酔木(あしび)

襲(かさね)も同様で、色の重ね方に決まりがあり、それぞれに固有の呼び名があった。
但し、重ねと襲には同じ名称のものが見受けられ、古典研究の際の混乱の元にもなっている。

十二単では季節ごとに対応する色目の襲(かさね)を着用したが、通年使われるものもあった。
また弔事にも決まった色目が使われた。また天皇妃が出産する際には、妃はもちろん、その世話をする女房も白づくめの十二単をまとう慣例になっていた。




『ねえ、ねえ、ねえ、卑弥子さ〜♪〜ん (2006年10月10日)』より


あらぁ〜。。。、デンマンさん。。。、どこで調べてきたのですか?また、あたくしに恥をかかせるのでござ〜♪〜ますわねぇ?

GOOGLEで調べればすぐに見つけることができますよ。だから、僕はバンクーバーに来る時には、持ってくるなと言ったのですよう。

いいえ、デンマンさんは、十二単はあたくしのトレードマークだから、決して忘れないようにとおっしゃったのですわ。

それは、卑弥子さんが記事に出てくる時の話ですよ。バンクーバーにやって来る時とは、全く事情が異なりますよ。卑弥子さんだって着付けをできる人が僕の身の回りに居ない事ぐらい知っていたでしょう?

でも、ダ・ヴィンチさんも言っていましたわ。デンマンさんはミステリアスな方だから、時に思わぬような素晴しい事をしてしまうのだと。。。

分かりましたよ。とにかく、裸のままで居ないで、すぐにおばさんパンツを穿いてくださいよ。。。んもお〜〜。。。この忙しい時にィ〜〜
 
 
たらぁ〜♪〜
 
 




卑弥子さん!。。。あなたは。。。あなたは。。。僕が記事を書くのを邪魔するために、バンクーバーにやって来たのですか?

デンマンさん。。。そのように感情的にならないでくださいなぁ〜。。。あたくしは。。。あたくしは。。。デンマンさんに美味しいものを作ってあげたい一心で、はるばるやって来たのでござますわぁ〜。





あたくしは。。。あたくしは。。。こうしてデンマンさんとラブラブでクリスマスのお食事を一緒にいただきたかったのでござ〜♪〜ますわあぁ〜



そんな風に言われると。。。僕としても怒れないよなあああぁ〜。。。うしししし。。。

それで。。。それで。。。今日は小百合さんのお話はしないのでござ〜♪〜ますかア?

したいのですよゥ。。。小百合さんの話をしたくってうずうずしていたのに、卑弥子さんがレースクウィーンになって出てきて。。。それで。。。止せばいいのに、僕の目の前で一糸まとわぬ裸になって十二単に着替えようとするでしょう。。。これでは、まともに小百合さんの話ができないでしょう。。。

。。。んで、今日はこれで終わりですか?

違いますよウ!明日のレンゲ物語にも関わってくるので、僕はどうしても小百合さんの第一印象について話さねばならないのですよゥ。

どういうことですか?

まず次のニュースレターの記事を読んでみてください。



Subj: 【SSIニュースレター】 第一印象のメカニズム
Date: 26/12/2007 3:18:47 PM Pacific Standard Time
From: pma3@ssigrp.com
To: barclay1720@aol.com


第一印象のメカニズム



「人は見かけじゃわからない」といいますが、果たしてそうでしょうか?
やはり、第一印象で受けたイメージはおおよそあたってしまうものではないでしょうか。
人は第一印象で決まる、と言えるような気がします。
しかし、実は第一印象があたるのには、ちょっとしたワケがあるのです。

心理学の言葉に「予測の自己実現」というものがあります。
これは、初対面の相手に対して何かしらのイメージを抱いたら、そのイメージにあてはまるよう無意識のうちに相手を誘導してしまう心理メカニズムのことです。
第一印象で受けたイメージは、この「予測の自己実現」のからくりによって、さもあたったかのように感じられるのだと言うのです。

たとえばAさんが初めてBさんに会ったとき、Bさんに対して「優しそうな人だな」という第一印象を持ったとします。
するとAさんは「自分もBさんに優しく接しよう」と無意識のうちに考え、行動していきます。
となると、今度はBさんがAさんのことを「優しい人だ」と思うようになり、「優しいAさんに自分も優しく接しよう」と思ってしまうんですね。

結果、AさんがBさんに対して抱いた第一印象は、見事あたったかのような格好になるわけです。
しかし実際は、AさんがBさんを“優しい人のイメージ”に導いたといえるでしょう。

なんだ、第一印象ってあてにならないな・・・というのがここでお話したいことではありません。
つまり、相手に対する第一印象をつねにポジティブなイメージで抱けるよう意識すれば、“イヤな人”にはなかなかめぐり合わずにすむ、というのがポイントなのです。
本当はちょっと意地悪な性格の人であっても、「予測の自己実現」のからくりによって誘導をかければ、あなたにだけは“いい人”でいてくれるかもしれません。
初対面の人と会うときは、ぜひ、その人のポジティブな面を注視して、いい第一印象を持つように心がけてみてください。




『SSIニュースレター』より


それで、デンマンさんは何がおっしゃりたいのですか?

僕は10年ほど前に小百合さんに初めて会った時、“この人はロマンを持っているなぁ〜”と言う印象を持ったのですよ。

ロマンですか?

そうですよ。カナダにロマンを見つけるためにやって来た。つまり、心の支え、生きるための張り合い。。。そういうモノを求めるためにやって来た。。。そう感じたものですよ。

それで。。。小百合さんに初めて出会った印象が、このページのトップに載せた写真ですか?

そうですよ。







バーナビーにある“鹿の湖 (Deer Lake)”の畔(ほとり)に小百合さんが夏を過ごす“別荘”があったのですよ。僕はすぐ上の日本的な部屋ではなく、湖が見えるフランスっぽい部屋で小百合さんに初めて会ったのですよ。

それで。。。?

話をしたら、カナダ市民でもなければ、カナダにやってきた移住者でもないのですよ。つまり、一口で言えば、日本からやって来た“観光客”なんですよ。でも、一般の日本からやってきた観光客とは全く違う印象なんですよね。

どのような。。。?

つまり、“鹿の湖”の湖畔の生活に溶け込んでいましたよ。小百合さんは、かつて次のように書いていました。





Subj: RE: 長い電話お疲れ様でした。

Date: 01/10/2007 1:52:14 AM Pacific Daylight Time
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com


長い電話お疲れ様でした。
良くわかりました。

経理をしなくてはいけない。
それも13年分。
誰にたのもうか?
レシートもなくてと迷って朝方まで寝られない夜が毎晩だった時、
デンマンさんと話して、ここまで経理が進んだことをホットしてます。

いくら 請求がきても カナダに納めるのならいいやと思いはじめました。 
バーナビーで夏休みを過ごすことは 毎年私の支えの時間でした。

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが
また戻りたいと思っていました。


実父の病気に、もう自分勝手にしていては駄目だ。
と今年決意しました。

こんな私でも欲しい物があります。
別荘です。
場所は長野です。
買ったら元家主の藤田桃子さん夫婦も招きたいです。
よかったらデンマンさんも。

日本だったら、親をおいていくことなく、ゆけます。

でも、29才からバーナビーで夏休みを過ごすことができた事は
私の人生にとって良かったと思います。

ではまた。。。

小百合より




『軽井沢と小百合さん (2007年12月4日)』より


実は僕もバンクーバーの生活にロマンを感じているのですよ。うへへへへ。。。

つまり。。。、つまり、デンマンさんは小百合さんの中に“ロマンの人”を見つけ、小百合さんもデンマンさんの中に“ロマンの人”を見つけていた。それで、二人はお互いに相手に“ロマンの人”を期待している。。。結果として、お互いに“ロマンの人”で居られた。。。そう言う事でござ〜♪〜ますか?

多分。。。そう言う事だろうと思うのですよ。

。。。んで。。。んで。。。あたくしとデンマンさんは、いったいどのような事になるのでござ〜♪〜ましょうか?

僕は初めて卑弥子さんに会った時に“面白い人”だと思ったのですよ。うしししし。。。

あのォ〜。。。“ロマンの人”ではないのでござ〜♪〜ますか?

違いますよ。“ロマンの人”と言うよりは、やっぱり、卑弥子さんは“おもろい人”でしたよ。僕はレンゲさんの次の手記を思い出すのですよ。


わたしは必要以上に

自分をコミカルにデフォルメする


2007-04-13 13:53



デンマンさん
わたしの言う「エロい」は、
やはり少々お下品だったかな?
この表現って、
わたしにとっては「ギャグ」に近いんですよ
わたしは関西人のなかでも特に?
ウケをねらう傾向が強すぎるものでして、

必要以上に自分をコミカルにデフォルメするという、わるーい癖があるんですよね

で、回答へとまいりますね。。。

江戸川乱歩全集に関してですが、
とにかく横尾氏のイラストが、
エロチックだったのです。
幼いころから、女性の肉体の美しさに
強烈に魅了されていたわたしは、
偉大な画家たちの描く裸婦や、
女性のヌード写真を見て
「わたしも早くこんな風にキレイになりたいなあ!」
と、成熟へのあこがれを強く感じていました。

乱歩の作品自体については、
「エログロナンセンス」の時代特有の、
妖しげな表現に魅せられました。

「人間椅子」での、愛する女性のソファに、
自ら入り込み、悦楽にひたる男の異常な愛などは、
「家畜人ヤプー」に通じるものがあり、
それはむしろ、純粋なものすら感じました。

そういえば…
乱歩の時代のことが知りたくて、
おばあちゃんに
(今は亡き愛するおばあちゃんです!)
「見世物小屋行ったことある?」
「衛生博覧会って、どんなんやった?」
などと、聞きまくっていたものです

「チャタレイ夫人の恋人」ですが…
ぶっちゃけエロい箇所の拾い読み、
というのが事実です!
だってねえ…あの小説の大半は、
ロレンスの思想の
展開だと思いませんか?

小学生のわたしに、そんなものを理解できるような
知性も理解力もなかったっす…
で、大人になってから読み返したのですが、
森の番人の野卑でありながらも、
深い洞察力に満ちた性格に、
恋愛感情にも似た気持ちを感じました。
おまけに、セックスは上手ですしね(キャー!)

by レンゲ




『禁断の園 (2007年12月23日)』より


レンゲさんは大阪人です。大阪人には確かにこのような一面があるのかもしれません。実際、僕の知り合いの大阪人には、面白い人が多いのですよ。

あたくしは大阪人ではござ〜♪〜ませんわ。

そうです。。。そうです。。。卑弥子さんは京都生まれで京都育ちですよね。大阪人と京都人ではかなり違った印象を僕は持つ事が多いのです。でも、関西人であることに違いがありませんよね。。。うしししし。。。それで僕は思うのですよ。やっぱり、関西人というのはウケを狙って面白い事をするものかと。。。

あたくしが、それ程面白い事をしますか?

卑弥子さんには、もともと陽気で面白い性格があると僕は思いますよ。だから、意識的に面白い事をやってしまうのではなく、卑弥子さんの場合には無意識でやっているのでしょうね。

そうでしょうか?

次の記事の中でも、卑弥子さんはずいぶんと面白い事を無意識でやっていますよ。

■ 『ねえ、ねえ、ねえ、卑弥子さ〜♪〜ん (2006年10月10日)』

それは、あたくしが意識的にやっているのではなくて、デンマンさんがやらせているのですわ。

だから、僕も卑弥子さんも、お互いに相手を“面白い人”だと思っているのですよ。

そうでしょうか?あたくしは、そのようには思いませんけれど。。。


【卑弥子の独り言】

あたくしは自分のことを決して“面白い人”だとは思っていませんわ。
ええっ?それで、どのような人だと思っているのかって。。。?

あなたは、あたくしにそのようにお聞きですか?
もちろん、あたくしだって、自分のことを“ロマンの人”だと思っていますわよ。

十二単を着た事だって、あたくしは初め、ロマンチックな事だと思ったのですわよ。
つまり、“平安時代のロマン”に憧れたのでござ〜♪〜ますわよゥ。
でも、着慣れてくると、ダサいのよねぇ〜
不便だし、動きは取れないし、現代人が着るものではありませんわよ。

あたくしの言おうとしていることがお分かりですか?
初めはロマンチックだと思っていても、やがてダサくなる事ってあるのですわよ。
ロマンがロマンでなくなってしまうのでござ〜♪〜ますわ。

それと同じように、あたくしは自分の事を“ロマンの人”だと思っていても、
いつの間にか“面白い人”に見えている事だってあるのですわよねぇ〜。

今のデンマンさんには、あたくしがそのようにしか見えないのですわぁ。
でも、いつかきっとあたくしのことを“ロマンの人”だと思える日が来ますわよ。
うしししし。。。






ィ〜ハァ〜♪〜!

メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




卑弥子さんがロマンについて考えているので

今日も、わたしが代わりに登場いたしますわ。

ネットには愚かな人がたくさん居ますよね。

パンツにコカイン君は、相変わらず

下らないコメントを書いていますわ。

FC2のてんね君はデンマンさんのことを

告げ口する事に生きがいを感じているようでした。

でも、今では、そうする事の愚かさに

気づいたようですわ。

えっけん君と太田将宏老人は

ムカついたままコメントを書いてしまいます。

みっともないコメントになるだけです。

ええっ?そんなことより、

もっと面白い話がないのかって。。。?

デンマンさんと卑弥子さんの対話だけでは

物足りないのですかぁ

だったらね、メチャ面白いお話を

あなたにおせ〜♪〜てあげますわ。

ちょっとこれ見てぇ〜。



良く見ると表日本と裏日本が逆なのよ。

でも、ずっと、ずうっと昔の日本では、

現在の裏日本は表日本だったんですってぇ〜〜。

ど〜お。。。

ちょっと面白いと思わない?

デンマンさんが、その事について書いているのよ。

もし関心があったら次のリンクをクリックして読んでみてね。

■ 『古代、裏日本と表日本は逆だった』

わたしも読んだけれどねぇ、結構面白いのよゥ。

あなたも上のリンクをクリックして読んでみてね。

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年11月25日

あなたの恋愛型?



 
あなたの恋愛型?



おほほほ。。。

卑弥子でござ〜♪〜ますわよゥ。

また出て来てしまいましたわア〜

どうしても、あなたに

お会いしたかったので

ござ〜♪〜ますわよゥ。

ええっ?相手が

誰だか分からないのに、

いい加減な事をぬかすな!

あら、まあぁ〜、

きついお言葉ですことォ〜

そのようなエゲツない事を

言わないでくださいましなぁ〜

仲良くしましょうね。

あたくしは、あなたに本当に

お会いしたかったので

ござ〜♪〜ますわよう。

うしししし。。。

ええっ?

そんな事はどうでもいいから、

「恋愛型」について早く話せ!

あなたは、また、そのような強い口調で、

あたくしにご命令なさるのござ〜♪〜ますかア?

分かりましたわ。

あたくしも、そのつもりで

出てきたのでござ〜♪〜ますから。。。

おほほほほ。。。




あなただって、これまでに恋愛をしたことがおありでしょう?

ええっ?まだないの?

あなたは、まさか幼稚園児ではないでしょうね?

うふふふふ。。。



このような気持ちになった事が、あなたにもあるでしょう?

今日はねぇ、あなたの恋愛のタイプはどのようなものかをあたくしが診断しようと言う訳なのよ。

ええっ?あなた自身でも分からないのに、あたくしに分かる訳が無いって。。。?

あのねぇ、意外に本人には分からないものなのよ。

だから、あたくしが出て来てあなたの恋愛型を診断する訳なのよ。

とになくねぇ、騙されたと思ってあたくしの質問に答えてね。

恋愛には全く関係ない質問だけれど、あなたはマジで答えてね。

いいでしょう?

そうじゃないと、あたくしが困ってしまうのよ。おほほほ。。。

じゃあ、いくわよう。

あなたへの質問ですう。


あなたは「ひな祭り」が好きですか?

あなたにとって、ひな祭りに

欠かせないと思うものはなんですか?

A: 白酒

B: 桃の花

C: ひなあられ

D: さくら餅




いくつになっても、恋はいいものですよね。

でもね、あなたの恋愛のタイプってあるものなのでござ〜♪〜ますわよ。

今まで、考えた事ある?

ないでしょう?

では、あなたの恋愛型をあたくしが当てますよ。


○ Aを選んだあなたは 【友情Love型】 ですよ。

「白酒」を選んだあなたは、さっぱりとした人です。
異性でも真の友だちになれるので、お互いを尊重し、相手に依存しない恋愛をしているようです。



○ Bを選んだあなたは 【ロマンチックLove型】 です。

「桃の花」を選んだあなたは、ロマンチストです。
いつもラブラブな気持ちでいられるように、相手が喜ぶ演出にこだわっているのでは?



○ Cを選んだあなたは 【欲張りLove型】 ですよ。

「ひなあられ」を選んだあなたは、欲張りさんです。
1つの恋だけでは満足できず、より多くの恋を経験したいと思ってしまうのでは?



○ Dを選んだあなたは 【絵に描いたLove型】 です。

「さくら餅」を選んだあなたは、理想が高い人です。
理想の恋愛を夢みて常に妄想しているので、現実の恋愛に物足りなさを感じてしまうのでは?


どうですか?
思い当たる事があるでしょう?

ええっ?あたくしですか?
「桃の花」を選らんだのですわよ。

そうなのよねぇ〜、あたくしはロマンチストなのよう。
あたくしが十二単を着ているのを見れば分かるでしょう?
おほほほほ。。。

あなたはどうでした?
当たっていた?

もし、あたくしの上の診断が間違っていたとしても、
ムカついたりしないようにねぇ。

ムカつくと癌になり易くなるのよ。
ナチュラルキラーの癌細胞・殺戮力(さつりくりょく)が落ちてしまうのよ。
うふふふふ。。。

だからね、癌にかかりたくなかったら、いつもニコニコしている事なのよ。

ええっ?いつもニコニコしていられないの?
だったらね、あなたのために、いつもニコニコしていられるサイトを紹介するわ。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。

■ 『どんな時でも、あなたがニコニコしていられるサイト』



ええっ?
あなたは本格的に、あなたの恋愛型を占いたいの。。。?

分かりましたわ。
それならねぇ、本格的な占いサイトをご紹介しますわよ。

もちろん無料なのよ。
じゃあね、次のリンクをクリックしてね。

■ 『あなたも未来を開く占いをやってみませんか?

うれしい出会いが待っているかも知れませんよ!』


上のリンクをクリックすると「占いの館」の説明が現れますよ。
「占いの館」とは西洋占星術に基づく「ミーシャの12星座占い」です。
東洋の易術に基づく「ミーシャの易占い」という2つの無料占いと、
必ず開運アイテムがもらえる「ココロのアイテムおみくじ」が楽しめる
本格的な占いコンテンツでござ〜♪〜ますわよ。

とにかく、無料で試してみることが出来るのよ。
あなたが失うものは無いの。。。
だから、覗いてみるだけの価値があるわよ。

じゃあ、大いに楽しんでね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのためのオンラインショッピング ガイド』

■ 『面白くって楽しくてためになる英語』

■ 『今、すぐに役立つホットな情報をゲットしようね』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』



■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』



■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。。

また現れて、

くどいようでござ〜♪〜ますけれど。。。

分かってるわよゥ。

でも、我慢して読んで頂戴ね。

あたくしだって、好き好んで

あなたをわずらわせたくないのよ。

でも、デンマンさんは良い人だから

あたくしは、お手伝いをしたいわけなのよゥ。

だから、あなたも我慢して

最後まで付き合ってね?

おほほほほ。。。

ところで、食欲の秋は、

とっくに過ぎてしまいましたけれど、

あたくしには、まだ食欲は

大いに残っていますわぁ〜。



あたくしはマロンが大好物なのよ。

ええっ?モンブランじゃなかったのかって。。。?

そうなのよ。良く覚えているわね?

モンブランも好きなのよ。

でもマロンも大好物なのよ。

おほほほほ。。。

あなたも食べてみない?

ええっ?

食べたくても無いのォ〜?

心配する事は無いのでござ〜♪〜ますのよゥ!

貴方もこうしてネットをやって、

あたくしの記事を読んでいるのですから、

クリックするだけで、

すぐに手に入るのですわよ!

ぜひ次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『あなたのためのオンライン ショッピングガイド』

それは、さておき。。。

あたくしがマスコットギャルをやっている次のサイトも見てね。

■ 『面白くて楽しい、新しい日本古代史』

貴方、ホントに見てね?

ダメよ!そうやって生返事ばかりして、

この場をうまく誤魔化そうなんてぇ〜

そういうコスイ考え方は、お止めになった方が

良いのでござ〜♪〜ますわよゥ〜。

ええっ?どんな面白い記事があるのかって?

ちょっとこれを見てよゥ。



これはね、聖徳太子が子供の頃の

立像なのでござ〜♪〜ますわよ。

聖徳太子は厩戸王子(うまやどのおうじ)と呼ばれていたのよ。

なぜ?

あなたも、そう思ったことない?

どうしてかしら?

知りたいでしょう?

興味が湧いてきたでしょう?

次のリンクをクリックして読んでみてねぇ。

■ 『聖徳太子は、なぜ厩戸王子(うまやどのおうじ)

と呼ばれていたのでしょうか?』


あたくしも読んだけれど、

けっこう面白い事が書いてあるのよ。

だから、あなたも読んでみてね。

いづれにしても、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2008年11月16日

あなたの恋愛




 
あなたの恋愛



おほほほ。。。

卑弥子でござ〜♪〜ますわよゥ。

また出て来てしまいましたわア〜

どうしても、あなたに

お会いしたかったので

ござ〜♪〜ますわよゥ。

ええっ?相手が

誰だか分からないのに、

いい加減な事をぬかすな!

あら、まあぁ〜、

きついお言葉ですことォ〜

そのようなエゲツない事を

言わないでくださいましなぁ〜

あたくしは、あなたに本当に

お会いしたかったので

ござ〜♪〜ますわよう。

うしししし。。。

ええっ?

そんな事はどうでもいいから、

「あなたの恋愛」について早く話せ!

あなたは、また、そのような強い口調で、

あたくしにご命令なさるのござ〜♪〜ますかア?

分かりましたわ。

あたくしも、そのつもりで

出てきたのでござ〜♪〜ますから。。。

おほほほほ。。。




あなたも、これまでにいろいろな恋愛をしたことでしょうね?

あたくしだって、そうなのよ。

おほほほほ。。。

今日はねぇ、あなたが恋愛する時の、あるいは、恋愛中の心の状態を

あたくしが診断しようと言う訳なのよ。

ええっ?そんな事が分かるのかって。。。?

分かるのよう。あなたがあたくしの質問に答える事によって分かってしまうのよゥ。

ウソだぁ〜♪〜いィ〜〜

ウソじゃないのよ。

ウソだと思ったら、ばかばかしい質問のように思えるけれど、

あたしの質問にマジで答えてみてね。

あなたはきっと驚いてしまうわよゥ。

無意識のうちに恋愛中にあなたが取っていた心の行動が分かってしまうのよ。

だからねぇ、騙されたと思ってあたくしの質問にマジに答えてちょうだいね。

じゃあ、始めるわよ。




節分の豆まきの影響か、

鬼に追いかけられる夢をみてしまいました。

あなたはどこに逃げましたか?

A: トイレの中

B: となりの家

C: ほら穴

D: 布団の中




どうですか?
選びましたか?

とにかく、実際にあなたが夢に見なかったとしても、
最もふさわしい場所をあなたがどれか一つ選ぶのよ。
今からでも遅くないからどれか一つに絞ってね。

くどいようだけれど一つよ。
多ければいいって言うものじゃないのよ。

じゃあ、回答に参りますわね。

では、あなたの「恋愛の奥に潜む本当の姿」を診断いたします。




○ Aを選んだあなたは 【実利的な恋愛】を探しているのです。

「トイレの中」を選んだあなたは、計算高い人です。
恋愛を社会的成功の手段として見ているので、
相手の地位や財産が気になって仕方ないのでは?

○ Bを選んだあなたは 【友愛的な恋愛】を追い求めるタイプです。

「となりの家」を選んだあなたは、平和主義者です。
いつも穏やかでいたいので、
激しい恋愛よりも友情のような安らぎを求めているのでは?

○ Cを選んだあなたは 【支配的な恋愛】を求めています。

「ほら穴」を選んだあなたは、ヤキモチ焼きです。
クールに装っていても、独占欲が強いので、
嫉妬や執着に悩むことが多いのでは?

○ Dを選んだあなたは 【自己中心的な恋愛】にハマッてしまうタイプです。

「布団の中」を選んだあなたは、ワガママな人です。
自分の気持ちに素直に従ってしまうので、
1つの恋愛では満足できないのでは?


どうですか?
思い当たる事があるでしょう?

ええっ?あたくしですか?
「ほら穴」を選らんだのですわよ。

そうなのよ。あたくしは、どちらかと言うと独占欲が強いのですわよ。
確かにヤキモチ焼きのところがありますわ。
なんだか自分でもびっくりしているのですわよ。
当たってしまうものなんですわよねぇ〜。

あなたはいかがですか?
もし、あたくしの上の診断が間違っていたとしても、
ムカついたりしないようにねぇ。

ムカつくと癌になり易くなるのよ。
ナチュラルキラーの癌細胞・殺戮力(さつりくりょく)が落ちてしまうのよ。

だからね、癌にかかりたくなかったら、いつもニコニコしている事なのよ。

ええっ?いつもニコニコしていられないの?
だったらね、あなたのために、いつもニコニコしていられるサイトを紹介するわ。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。

■ 『どんな時でも、あなたがニコニコしていられるサイト』



ええっ?
あなたは本格的に、あなたの恋愛を占いたいの。。。?

分かりましたわ。
それならねぇ、本格的な占いサイトをご紹介しますわよ。

もちろん無料なのよ。
じゃあね、次のリンクをクリックしてね。

■ 『あなたも未来を開く占いをやってみませんか?

うれしい出会いが待っているかも知れませんよ!』


上のリンクをクリックすると「占いの館」の説明が現れますよ。
「占いの館」とは西洋占星術に基づく「ミーシャの12星座占い」です。
東洋の易術に基づく「ミーシャの易占い」という2つの無料占いと、
必ず開運アイテムがもらえる「ココロのアイテムおみくじ」が楽しめる
本格的な占いコンテンツでござ〜♪〜ますわよ。

とにかく、無料で試してみることが出来るのよ。
あなたが失うものは無いの。。。
だから、覗いてみるだけの価値があるわよ。

じゃあ、大いに楽しんでね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのためのオンラインショッピング ガイド』

■ 『面白くって楽しくてためになる英語』

■ 『今、すぐに役立つホットな情報をゲットしようね』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』



■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』



■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。。

また現れて、

くどいようでござ〜♪〜ますけれど。。。

分かってるわよゥ。

でも、我慢して読んで頂戴ね。

あたくしだって、好き好んで

あなたをわずらわせたくないのよ。

でも、デンマンさんは良い人だから

あたくしは、お手伝いをしたいわけなのよゥ。

だから、あなたも我慢して

最後まで付き合ってね?

おほほほほ。。。

ところで、あたくしは柿の葉寿司が大好物なのよ。



ええっ?散らし寿司じゃなかったのかって。。。?

そうなのよ。良く覚えているわね?

散らし寿司も好きなのよ。

でも柿の葉寿司も大好物なのよ。

おほほほほ。。。

あなたも作ってみてね。

ええっ?

良い材料が手に入らない、

とおっしゃるのでござ〜♪〜ますか?

心配する事は無いのでござ〜♪〜ますのよゥ!

貴方もこうしてネットをやって、

あたくしの記事を読んでいるのですから、

クリックするだけで、

すべての材料が手に入るのですわよ!

産地直送の食材が手に入れたかったら、

ぜひ次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『あなたのためのオンライン ショッピングガイド』

それは、さておき。。。

あたくしがマスコットギャルをやっている次のサイトも見てね。

■ 『面白くて楽しい、新しい日本古代史』

貴方、ホントに見てね?

ダメよ!そうやって生返事ばかりして、

この場をうまく誤魔化そうなんてぇ〜

そういうコスイ考え方は、お止めになった方が

良いのでござ〜♪〜ますわよゥ〜。

ええっ?どんな面白い記事があるのかって?

ちょっとこれを見てよゥ。



ええっ?このおっさんがどうしたのかって。。。?

このおっさんがびっくりするほどの“聖書”を

藤原氏が持っていたのよ。

ええっ?どう言う事かって。。。?

読めば分かるわよ。

次のリンクをクリックして読んでみてねぇ。

■ 『マキアヴェリもびっくり、藤原氏の聖書とは。。。?』

とにかく、楽しい面白い記事が

たくさんあるわよゥ。

うふふふふふ。。。。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2008年11月05日

華麗なる再会と愛の賛歌


華麗なる再会と愛の賛歌

 



レンゲさんのお話を

楽しく読みました





2006/11/05

レンゲさんのお話を
楽しく読ませていただきました。
ラブホテルって
私も一度、中を見たいと
思っていました。

ベッドの上に
ブランコがついていたり
ジャクジに滑り台が
ついているなんて、
とっても面白いと思います。

デンマンさんが、
レンゲさんと一緒に
ブランコに乗ったり
滑り台をすべる姿を想像して
笑ってしまいましたわ。

バンクーバーはまだ
雪が降っていません。
例年よりも暖かです。
午後7時で11度です。
今日は午前中霧が出て、
小雨が降りました。

最近雨が多く
ちょっぴり気持ちが
めいっていましたが、
レンゲさんの楽しいお話を読んで
心が晴れました。うふふふ・・・

街へ出ればクリスマスの音楽が
お店から流れて、
お店の飾りつけといい、
街はクリスマス気分
一色といった感じです。



日本も暖かそうですが、
京都の嵐山で見た紅葉が
思い出されます。
なつかしいです。
出来れば来年
デンマンさんのお伴をして
また京都に行きたいです。



レンゲさんもデンマンさんも
晩秋を楽しくお過ごしください。
デンマンさん、
奥様によろしくお伝えくださいね。






『華麗なる再会と愛の賛歌』より



レンゲさん。。。、やっぱりジューンさんもラブホテルにブランコがついていたり、滑り台がついているのを面白いと思っていますよ。

そうかしら。。。?

そうかしらって。。。上で引用したジューンさんのコメントに、はっきりとそう書いてあるじゃないですか!

ええ。。。

レンゲさんも罪な人だなあああ。。。

あたし、。。。いけない事をしてしまったのでしょうか?

いけない事ではありませんよ。日本にはラブホテルと名の付くものがたくさんある。でもね、カナダでもアメリカでもヨーロッパでも、そういうものを見た事がありませんよ。

日本独特のモノなのでしょうか?

おそらくそうなんでしょうねぇ。


シャトー・ロマネスク



休憩 ¥4,430

宿泊 ¥5,430



それで、あたしがデンマンさんをラブホテルへ連れて行ったのは罪な事なのでしょうか?

直美は不機嫌でしたよ。

だから、あたしは言ったのですわぁ〜。書かない方が良いと。。。奥様も誤解なさると思ったからですわ。

誰だって誤解しますよ。僕のようにラブホテルへ行った事をこうして正直にブログに書く愚か者は、おそらく日本には居ないでしょうね。

デンマンさんは、ご自分のことを本当に愚か者だと思っているのですか?

もちろん思っていませんよ。

だったら、どうして?

これを読む人が、きっとそう思うと信じているからですよ。

だったら、書かなければ良かったのですわぁ〜。

レンゲさんは僕が正直者だという事を良く知っていますよね。



wildrose

野ばら



デンマンさん、このお花、ほんとうにバンクーバーに咲いてますのん?

咲いてますよ。

ほんとうに?

僕がレンゲさんにウソをついたことがありますか?

いいえ、一度もあたしにウソをついたことはありません。

でしょう?

これ、野ばらでしょう?

そうですよ。

ちょっときれい過ぎません?

いや、別にきれい過ぎませんよ。

でも。。。

これが野ばらのあるがままの美しさですよ。

でも、これほどきれいな野ばらって、あたし見たことありませんもの。。。

良く見てくださいよ!ちゃんとここに咲いているじゃありませんか!

ええ、確かに。。。

レンゲさんは、僕の言うことをなかなか信じてくれませんよねェ。

信じてますわ。

いいえ、なかなか信じてくれませんよ。レンゲさんには、すばらしいところがあると僕は言いましたよね。

ええ、そうおっしゃったことがありましたわ。

信じてますか?

。。。

ほらね。

でも。。。

僕がウソをついたことがありますか?




『愛って何?教えて!』より


この対話を見せ付けなくとも、あたしはデンマンさんが嘘をつかないことを良く知っていますわ。

だったら、分かるでしょう?こういう事は隠すと、もっと悪い状態を招いてしまうんですよ。

つまり、デンマンさんは。。。、デンマンさんは。。。こうして書く事を考えに入れていたので。。。それで。。。それで。。。あたしと。。。

あたしと。。。何ですか。。。?

そ。。。その。。。そのような事を。。。女の。。。女のあたしの口から言わせるのですかぁ〜?

言いにくいのですか?

だって。。。言ったら、あたしがデンマンさんを誘って。。。つまり。。。据え膳してまでデンマンさんに一線を越えさせようとした、という事を認めてしまうのではと。。。

レンゲさんが自分でベラベラと、こうして言ってしまっているではないですか・・・

あたしは。。。あたしは。。。決してそのつもりではありませんでしたわぁ〜。。。

でもね、日本では、そのように受け取られてしまいますよ。

カナダでは違うのですか?

ジューンさんは、面白いと思うだけでそれ以上の事を考えないようですからね。でも、日本だったら、レンゲさんと僕がラブホテルにしけ込んだら、離れられない関係だと思われてしまいますよ。

そうでしょうか?

そうやって、レンゲさんは、またとぼけるのですか?

いえ、あたしは。。。別に。。。とぼけようとしているのではありませんわ。。。



あなたに会えて・・・





2006/10/28

シャワシャワ
シャワシャワ
シャワーを浴びて
恥ずかしかったの
生まれたままの姿で
でも、会いたかった
とても、とても。。。
なぜだか分からないけれど、
見てもらいたかった

シャワシャワ
シャワシャワ
シャワーを浴びて
あなたにじっと見つめられて
恥ずかしかった
でも、うれしかった
あなたに会えて
とても、とても。。。

ユラユラ
ユ〜ラユ〜ラ
ブランコをこいで
生まれたままの姿で
あの夏の日の思い出が
よみがえった

会いたかった
あなたと二人きりになりたかった
あなた・・・
いとしい人・・・

ユラユラ
ユ〜ラユ〜ラ
ブランコをこいで
生まれたままの姿で
やっとあなたに会えて
うれしかった
あなた・・・
いとしい人・・・

by レンゲ

『あなたに会えて・・・』より



コンビニにて





2004/12/24 23:06

帰り道にファミマに寄りました。
ぶたまんが恋しくなったからです。

でも、それだけ1個だけしか
買わないなんて

なんだか駄菓子屋で
チョコバット1本・・・
みたいな、へんな恥じらいに
おそわれて、

ピザまんも、
連れてかえってきました。

よしよし、ピザまんチャン 
(^Д^)うふっ♪
次はあなたの番よ。。。!



by レンゲ

『レンゲさんの日記に答えて』より



デンマンさんだって、あたしの中に天真爛漫な女が居るとおっしゃっていましたわ。

そうですよ。確かに僕はそう言いましたよ。

だから。。。あたしは。。。あたしは、デンマンさんをお色気で誘惑しようとしたのではありませんわ。

そうかも知れませんよ。でもね、結果としてレンゲさんは僕が坂田さんの話をできないようにしてしまった。

そんなことはありませんわ。それはデンマンさんがそう思い込んでしまっただけですわ。

しかし。。。しかしですよ。。。レンゲさんはシャワシャワ、シャワシャワ。。。そうやってシャワーを浴び始めたんですよ。それも、ガラス張りのシャワーブースに入って、丸見えなんですよ。僕はびっくりして。。。唖然として。。。眺めていたんですよ。しかも。。。、しかも。。。それだけではない。シャワーを浴びた後で、今度はユラユラ、ユ〜ラユ〜ラ。。。ブランコをこぎ始めたんですよ。。。それも。。。、それも、生まれたままの姿ですよ。

いけませんか。。。?

あのねぇ〜、普通そこまでする人は居ませんよ。そこまで童心に戻れる女性は極めてまれですよ。僕はすっかり度肝を抜かれて、まったく唖然として、坂田さんの話どころではなくなってしまったんですよ。

それで坂田さんのことで何がおっしゃりたかったのですか?

レンゲさんが童心に戻ってブランコに乗るのもいいですよ。しかしですね、いつまでも童心のままで坂田さんと付き合うのはどうかと思いますよ。

童心にかえってあたしが坂田さんと付き合っていたと、デンマンさんはおっしゃるのですか?

そうですよ。童心でないのならば16才の女学生のような純真な気持ちでレンゲさんは坂田さんとつきあっていた。

それはいけない事なのですか?

僕はまだ結論出すのは早すぎると思うけれど、坂田さんはレンゲさんの前から姿を消してしまったでしょう?


大阪に行ってしまった坂田さん

僕はレンゲさんも愛しているし、高井田さんも愛している。だから、僕がレンゲさんから高井田さんに乗り換えようとしているなんて、心配する事は全く馬鹿げているんですよ。

でも、あたしにとっては切実ですわ。

ん?切実だってぇ〜。。。? しかし、。。。しかし、ですよォ〜。。。レンゲさんは。。。現在。。。あのォ〜。。。坂田さんと熱々(アツアツ)で。。。萌え萌えで。。。それでもって、濡れ濡れになっているのではないのですかぁ〜?

濡れ濡れだけ余計ですわぁ〜。

そう言えば、近頃、レンゲさんの。。。あのォ〜。。。目の下に。。。クマが。。。クマが出来ていませんよね?。。。どうしたのですかぁ〜?

んも〜〜。。。そうやって、デンマンさんは、あたしが坂田さんとエッチばかりしていると思い込んでしまっているのですわあああ。

でも、毎日愛し合っていると言ったでしょう?

そうですわ。

そうですわって。。。今も愛し合っているのでしょう?

そうですわ。

だったら、切実なことではないでしょう?

坂田さんは、今、大阪に居るのですわ。どうしても借金のことでゴタゴタしているので、坂田さん自身が出向かないと問題が片付かないと言って1週間前に出かけましたわ。

なるほど。。。うへへへ。。。

なんですのォ〜。。。そうやって、ヤ〜らしい笑いを浮かべてぇ〜

つまり、坂田さんの腕に抱かれていないのでレンゲさんは寂しいのですよね?

んも〜〜。。。デンマンさんは、すぐにそうやってヤ〜らしい妄想にとらわれて、あたしのことをヤ〜らしく考えてしまうのですわぁ〜。

でも、やっぱり寂しいでしょう?

いいえ。

寂しくないのですか?

だって、明日デンマンさんが成田に着くのですもの。うふふふふ。。。

やだなあああ。。。ますます、卑弥子さんのような口調になってきましたねぇ〜〜。僕は、なんとなく、いや〜♪〜な予感がしてきましたよ。

『華麗なる愛と独占欲(2006年10月27日)』より


分かるでしょう?僕にはイヤ〜な予感があったんですよ。

つまり、デンマンさんは坂田さんがあたしから逃げたとおっしゃるのですか?

いや、。。。決して逃げたと言っている訳ではありませんよ。でもね、10月20日から大阪に行っている。レンゲさんに何か連絡はあったのですか?

いいえ。

レンゲさんは、かなりまとまったお金を坂田さんに用立てたのですよね?

そうですわ。

もしですよ、坂田さんがこのままレンゲさんと連絡を絶ってしまったら、どうするつもりですか?

デンマンさんは。。。、デンマンさんは。。。あのぉ〜・・・坂田さんがあたしからお金を借りたまま大阪へ逃げてしまったとおっしゃるのですか?

そういう可能性だってありますよね?

坂田さんは、そのような悪い人間ではありませんわ。

僕だって、坂田さんが悪い人間だと断定しているわけではありませんよ。でもね、僕が何度も言っているように、人間というのは時には魔がさして、つい出来心で悪いことをしてしまうこともある。たとえばですよ、不倫することに懲りていても、ついつい不倫に再びハマッてしまうことだってある。

それって、あたしに対する当てこすりですよね?

いや。。。僕は一般論として言っているまでですよ。

デンマンさんは、ラブホテルでその事を言うつもりだったのですか?

レンゲさんだって、僕からお説教されるものだと考えていた。だから、ああやって裸になってブランコをこいだりした。意識的ではなくても心のどこかに、イヤ〜な話を聞きたくないという気持ちがあったんですよ。それで、あのような行動に出てしまった。

あたしがまた、はしたない事をしたとデンマンさんはおっしゃるのでしょう?

いや、僕はレンゲさんが書いた詩『あなたに会えて・・・』を読んで、はしたない真似ではなかったと思いますよ。。。でもね、レンゲさんは坂田さんに対してあまりにも無防備だと言うか、16才当時の坂田さんのイメージをいまだに抱き続けていますよ。人間には確かに変わらない部分もあるけれどね、変わってゆくモノもある。たとえば、坂田さんのように大きな借金を抱えて、首をくくらなければならないほど困ってしまったら、助けに船とばかりに、レンゲさんの申し出をノドから手が出るように受け取ってしまう。しかし、返すあてがなければ、弱い人間にとってトンヅラすることが唯一の残された道ですよ。

つまり、坂田さんは初めから大金を巻き上げて逃げるつもりで、あたしに接近したのだとデンマンさんはおっしゃるのですか?

そう考える事もできる、と言っているんですよ。

坂田さんはそのような悪人ではありませんわ。

レンゲさんが知っている坂田さんはそうだったかも知れませんよ。しかし、人間は不完全な生き物ですからね。魔がさすこともある。出来心で悪い事をしてしまうこともある。レンゲさんは坂田さんを理解しているつもりでも、別れてからの10数年、レンゲさんが知らない部分が坂田さんにはたくさんあるんですよ。

いいえ、坂田さんは、そのような悪い事は決してしませんわ。

レンゲさんがそう思いたいだけですよ。しかし、現実を覚めた目で見てくださいよ。坂田さんばかりじゃない。今の日本は無責任大国になっている。レンゲさんにはその無責任大国が見えませんか?

見えませんわ。

最近、日本には開きメクラが多くなりましたからね。

あたしも、その開きメクラだとおしゃるのですか?

そうですよ。

デンマンさんは、1億2千万の日本人に向かって、“あなた方は開きメクラです”とおっしゃるのですか?

1億2千万のうち1億人は開きメクラですよ。

聞き捨てなりませんわ。どういう訳でそのようなことをおっしゃるのか聞かせて欲しいですわ。

そのような話は面白くありませんよ。

でも、言いっぱなしで説明しないデンマンさんこそ無責任ですわ。

そうですか。。。レンゲさんが、それほど言うのならば、あさってレンゲさんにも分かるように説明しますよ。そうすれば、坂田さんがレンゲさんから逃げたという事も分かってもらえるかもしれませんからね。

いいえ、坂田さんは逃げたのではありませんてばああああああああ〜〜
 
【ここだけの話ですけれどね、レンゲさんの知能指数は140もあるんですよ。類(たぐい)まれな知的な女性なんですよ。冷静になって僕の話を聞く時のレンゲさんは、きわめて理知的になれる。ところが、感情的になると、もう、いけませんよ。河内弁が飛び出してきて手に負えなくなってしまうんですよ。そう言う訳ですから、この続きはあさって書きますね。。。いづれにしても、レンゲさんの話の続きは、ますます複雑に面白くなってゆきますよ。。。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】


【後記】



この記事は2006年11月6日に書いたものです。
“温故知新=ふるきをあたためてあたらしきをしる”
論語にこういう言葉がありますよね。昔の事をおさらいして現在に役立てる。
あなたも、レンゲさんも、そして僕も、たまには1年前の今頃、2年前の今頃を思い出すのも決して無駄な事ではないかもしれません。

あなたは1年前の今日、2年前の今日、何をしていましたか?
そう思いながら、僕も2年前の記事を取り出しました。
リンクは現在参照可能なものに変えました。


メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

スパムコメント、スパムトラバ、スパムメール。。。

あなたもスパムメールをたくさんもらっているでしょう?

メールの90%がスパムメールですって。。。

あなたが受け取るメールの事を考えてください。

100通のメールを受け取ったうちの、

一体いくつを読んでいますか?

わたしは送信者のアドレスが分かっているものだけを

読んで、あとは“スパム報告”のボタンをクリックして

プロバイダーに転送しています。



スパムメールって、本当にこんな感じですよね。(爆笑)

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年11月03日

華麗なる愛とヌードの賛歌

 
華麗なる愛とヌードの賛歌

 



きっと面白いお話が

あるはずですわ




(2006年10月30日)

こんにちは、ジューンです。

デンマンさんは久しぶりにふるさとに戻って

ご家族と楽しく過ごしていることでしょうね。

デンマンさんが居ないバンクーバーって、

なんとなく寂しいですわぁ。

レンゲさんがデンマンさんを

成田のエアポートまで

お迎えにいったと言うことですが、

なにか、きっと面白いお話が

あるはずですわ。

私は楽しみにしながら

そのお話が伺えることを

待っているのですが。。。

ところで、今年のバンクーバーは

去年よりもあったかい感じです。

日本はどうでしょうか?

世界的に温暖化が進んでいますよね。

バンクーバーだけが冬、

暖かく感じられる、

と言う事ではないと思います。

今年はまだ初雪が降っていません。

雨の日が、このところ多いのですよ。

ホワイトクリスマスに

なるだろうか。。。?

そんなことを考えている今日この頃です。

クリスマスには、まだ早いのですけれど、

どうか、すばらしいクリスマスを

お迎えくださいね。



バンクーバーは、

もうクリスマス気分なんですよ。

お店にはクリスマスの飾り付けがあふれ、

クリスマスの音楽が聞こえてきます。

カナダでは感謝祭が終わると、

お店でも家庭でもクリスマスに向けて、

準備を始めるのですよ。

いづれにしても、

今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






『華麗なる愛と自由』より



レンゲさん。。。、僕はやっぱりレンゲさんのエピソードを書き始めた事を後悔し始めていますよ。

だったら、書かなければよろしいのですわ。

そう言う訳にはゆきませんよ。

どうしてですの?

だってね、ジューンさんだって上に引用したようにレンゲさんの面白い話を期待しているのですよ。

でも、デンマンさんは、後悔しているのでしょう?

そうですよ。どう考えても可笑しい話ですよ。僕とじっくり話をするのに、なぜレンゲさんはラブホテルを選んだんですか?。。。誰だって、ちょっと可笑しな事だと思いますよ。

そうでしょうか?

レンゲさん。。。、ちょっと考えてみてくださいよ。僕には妻子がある。レンゲさんは独身ですよ。その独身の女性が、妻子ある男を成田空港に出迎える。そのこと自体は、別に不思議でも可笑しな事でもないですよ。しかし、その男を妻が待っている家に連れてゆかずに、大宮バイパスにさしかかるとラブホテルに入ってしまった。。。これって、ちょっと可笑しいでしょう?。。。そう思いませんか?

いいえ。

可笑しいと思わないのですかぁ〜?

思いませんわ。

何も知らない人が聞いたら、まさに不倫するためにラブホテルで愛し合うのではないか。。。? そう思ってしまいますよ。レンゲさんはそのようには思わないのですか?

だから、あたしは書かない方が良いのでは。。。とデンマンさんに申し上げたのですわぁ。誤解されると思いましたから。。。

しかし、レンゲさんは、僕とラブホテルへ行くことが可笑しいことじゃないと。。。そう言いましたよね? つまり、レンゲさんのオツムの中では妻子ある男とラブホテルにしけ込む事は可笑しい事ではないのですかぁ〜?

可笑しなことではありませんわ。。。。だって、お相手がデンマンさんですもの。。。

なんですかぁ〜。。。僕と。。。この僕とラブホテルへ行くことは、ファミレスへ一緒に行くようなものだと。。。?

そうですわ。。。だって、デンマンさんはあたしに危害を加えるような方ではありませんわ。

もちろん、僕は。。。僕はレンゲさんの意思を無視してまで襲いかかるような事はしませんよ。。。しかし。。。しかし。。。

何ですの?

僕だって男ですよぉ〜。。。健康で、まだまだ20代30代の元気な男と比べても引けをとる事がないほどタフでエネルギッシュで行動的な男なんですよ。30カ国を放浪して、世界の女性の心を知っている男なんですよぉ〜。

ええ、よく存じ上げておりますわぁ。

だったら。。。だったら。。。ひょっとして、レンゲさんのムチムチ、ピチピチした若々しい女の魅力に負けて出来心で。。。出来心で、この僕がレンゲさんと不倫な関係になってしまう。。。そのような可能性があるとは思わないのですかぁ〜?

もちろん、考えないわけではありませんわ。。。でも、これまでに何度もそのような可能性がありましたわ。。。でも。。。でも。。。デンマンさんは一線を越えようとしませんでしたわ。

そうですよ。。。そうですよ。。。それは。。。でも、僕は。。。ボクは苦悩していたんですよ。。。苦悩しながら一線を越えようとしなかったんですよ。

そのような苦悩は見えませんでしたわ。


長い不倫生活の果てに、

得られたものは、

負の遺産ばかりでした。





2004-07-21 10:11:08

一度の関係で
終わろうと思っていました。

してはならないことをしてしまった、という思いと、
これで完結した、という気持ちがあったからです。

でも、長い間モーションをかけ続けておいて、
セックスして、
「はいさよなら」なんて図々しい考えですよね。

結局わたしたちは、
不倫関係に陥ってしまったのです。
そして次第にわたしは
苦悩に苛まれはじめました。

彼とは、毎日のように会っていました。
いつしか彼と会えない日は
心に穴があいたように感じるようになりました。
これは、どんな恋愛でもあることだと思いますが・・・

でも、わたしの頭には、
“彼がわたしと会わない=奥さんといっしょにいる”
という図式ができあがってしまい、
嫉妬に苦しむようになったのです。

そのうち、彼から
「子供が大きくなったら(わたしと)いっしょになりたい」
と言われました。

その時点ではその言葉は、
彼の本音だったと今でも思います。
言葉だけでなく、
彼の行動がそれを裏打ちしていたからです。
でも...
“大きくなったらっていつ?”
“奥さんはどうするの?”
そんな疑問で頭がいっぱいでした。

そして、それと同時に
彼の奥さんに対する嫉妬は、
ますますふくらんでいきました。
現在だけでなく、彼らの過去の歴史、
これからの生活などにも
嫉妬の目が向くようになりました。

つまりわたしは、
妄想に苦しめられていたのです。
そんなわたしは彼に対して、
自分の妄想をぶつけはじめたのです。
不倫であれ、どんな関係であれ、
相手から勝手な妄想をぶつけられたら、
何を言えばいいのか、
どうすればいいのかわからなくなる事でしょう。
その頃の自分の愚かさに、
今でも情けなくなります。


わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。
そして、何かを得ようとも思っていました。
(念のため、モノではないです)
でも、彼との長い不倫生活の果てに、
得られたものは、負の遺産ばかりでした。

by レンゲ




『不倫の悦びと苦悩』より


レンゲさんがこのように不倫に苦悩したように、僕だって不倫の苦汁をなめた事があったんですよ。だから、同じ失敗を2度と繰り返したくない。一度の失敗は許されるかもしれない。しかし、同じ失敗を2度も3度も繰り返す事は愚かな事ですよ。

つまり、デンマンさんはあたしが愚か者だとおっしゃりたいのですわ。そうでしょう?

“転ばぬ先の杖”

こういう諺があるのをレンゲさんだって知っているでしょう?

ええ、聞いた事がありますわ。

でも、レンゲさんは杖を使って慎重に良い関係を探ろうとしていませんよ。

どういうことですか?

ファミレスではなくラブホテルを選んでじっくりと話をする、と言うレンゲさんの気持ちは分かりましたよ。しかしですよ。。。しかし、なんで透明なガラス張りのシャワー・ブースの中でシャワーを浴びるのですか?丸見えだと言う事が良く分かっていたでしょう?

その事はデンマンさんにお話しましたわ。デンマンさんがあたしの事を臭いと。。。
(初めて読む人は次のリンクをクリックして、その経緯を読んでくださいね。『華麗なる愛と自由』

だから、それはレンゲさんの誤解ですよ。。。僕は臭いと言ったわけじゃない!。。。しかし。。。、しかし、ですよぉ〜。その後も、レンゲさんは生まれたままの姿でしたよ。しかも、ベッドの上にブランコがぶら下がっていた。。。何でベッドの上にブランコが揺れているのですか?僕は、30か国を放浪したけれど、ベッドの上にブランコが揺れているのを見たのは生まれて初めての事ですよ。お可笑しいと言うよりも呆れてしまうと言うか、馬鹿ばかしいと思いましたよ。

でも、デンマンさんは、あたしがブランコに乗って、こいでいたら楽しそうに見ていましたわ。

ん? 楽しそうに?。。。楽しそうにィ〜。。。? 。。。まさかあああ〜。。。僕は呆れていたんですよ。第一、ベッドの上にブランコが揺れている。それだけでも馬鹿ばかしと思えるのに、レンゲさんは。。。馬鹿ばかしいとも思わずに。。。しかも。。。しかも。。。シャワーを浴びた後、裸のままでそのブランコに乗って、こいでいる。。。まったく僕はもう、んも〜〜。。。言葉が見つかりませんでしたよゥ〜〜。

でも。。。じっと。。。じっと、デンマンさんは瞬(まばた)きもせずにあたしを見ていましたわ。。。

それは。。。それは。。。他に見るものがないでしょう?ええっ・・・?

他にも、たくさん見るものはありましたわ。。。ジャクジについている滑(すべ)り台だとか。。。

確かに。。。確かに。。。でもねぇ、動いているもの。。。動いているものと言えば、一糸も纏(まと)わぬレンゲさんがベッドの上にぶら下がっているブランコに乗って、8才の女の子のように無邪気にこいでいる。。。僕は度肝を抜かれて、呆気(あっけ)にとられて見ているばかりでしたよ。他のものなど目に入りませんでしたよ。。。しかし。。。、しかし、ですよぉ〜。。。僕とじっくり話したいと言うレンゲさんが、どうして裸のままでブランコに乗る必要があるのですか?

だって。。。、だって。。。せっかくデンマンさんと二人きりになって、時間が。。。あのぉ〜、まだたくさん残っていましたから。。。

だから、話を始めればいいじゃないですかぁ〜?。。。。それなのに、シャワーを浴びた後で、レンゲさんは生まれたままの姿ですよ。ブランコに乗る必要など全くないでしょう? ええっ?

でも、せっかくブランコがあるのだから。。。

だから、それが可笑しいでしょう?僕とレンゲさんは話をするだけが目的なんですよ。ブランコがついているラブホテルなどに行く必要は全くないんですよ。そこのところが僕には良く分かりませんよ。

あたしは、ブランコがついているから、あのラブホテルを選んだのではあリませんわ。

じゃあ、どうしてですか?

坂田さんと過ごしてみて、気に入ったからですわ。

しかし、坂田さんとは愛し合うためにラブホテルを利用したんでしょう?

ええ。。。そうですけれど。。。

僕とはベッドで愛し合うために利用するわけじゃない。だから、滑り台だとかブランコなど部屋についている必要はないんですよ。

それは分かっていますわ。

分かっていて、どうして。。。?

だから、気に入っていたと申し上げました。特に理由があったわけではありませんわ。

でも。。。でも。。。それなら、どういうわけで。。。どうして生まれたままの姿でブランコに乗る必要があるのですか?

デンマンさんがLOHASのような生活スタイルがイイとおっしゃっていたので、あたしもできるだけそのようなライフスタイルに従おうと思って。。。


LOHASって何?



LOHASとは
Lifestyles of Health and Sustainability
の頭文字をとった略語で、
健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイルのことです。

LOHASは1990年代の後半にアメリカの中西部、
コロラド州ボールダー周辺で生まれた
新しいビジネス・コンセプトです。
ボールダー周辺には、地球環境問題や農薬汚染の問題に危機意識を持ち、
新しい生き方や環境に優しい事業を始めた人たちが誕生しました。

国の政策と地球環境の持続性に危機感を持つ、
社会企業家やクリエイティブな人たちがビジネスを通じて
新しいライフスタイルの創造を志したのです。
これがLOHASの源流です。

日本では、2004年後半からマスメディアに頻繁に登場するようになり、
雑誌「ソトコト」や女性ファッション誌に、
また最近では環境誌にも登場するようになり、
日本では40%の人がLOHASを知っていると言われています。
あなたはこの40%の中に入っていますか?

『ねえ、ねえ、ねえ、卑弥子さ〜♪〜ん』より


確かにね、僕は環境にやさしく自然と親しい生活スタイルがイイと言いましたよ。でもね、ラブホテルのブランコに生まれたままの姿で乗ることがLOHASに適(かな)った生活スタイルだとは言ってませんよ。

でも、ジューンさんはおっしゃっていましたわ。ヌードとLOHASとは決して無関係ではないと。。。環境に優しいと言う事は自然ともっと親しくなる。さんさんと太陽の光が降り注ぐ浜辺で自然の姿になってストレスから開放される。ジューンさんにとって自然と環境と健康という事は密接に関連しているのだと。。。開放的で明るい浜辺で、デンマンさんがホクロがあるね、と言ってジューンさんのアソコにさわった。でも、あのように明るい健康的な浜辺では、イヤらしさは感じられないものですわ。。。そう、ジューンさんはおっしゃっていましたわ。



どうして、こういう時に僕がジューンさんのアソコに触った事を持ち出すのですか?

だって。。。あたしにはショッキングでしたから。。。

僕には、レンゲさんが生まれたままの姿でラブホテルのブランコをこいでいるのを見る方がショッキングでしたよ。でもね、ラブホテルは自然と環境とは、あまり関係ないと思うけどなぁ〜〜

つまり、あたしが裸になった事がいけなかったのですか?

いや。。。いけない、と言うか。。。ダメだよ!と言うつもりはないけれど、話をするのにレンゲさんが裸になることはないでしょう?

だから、あたしはシャワーを浴びました。それで。。。その後しばらく裸でいたのですわ。

分かっていますよ。でもね、誤解を与えかねないですよ。その後、レンゲさんは生まれたままの姿でブランコに乗った。ブランコの下はベッドなんですよ。しかもレンゲさんは若くてピチピチした魅力的な女の子なんですよ。そういう女の子が裸でブランコをこいでいる。それに。。。それに。。。丸見えですよ。10才若かったら、僕は飛び掛っていったかも知れませんよ。

デンマンさんは、あたしが誘っていると思ったのですか?

そう思う事だってできるでしょう?。。。むしろ、あの場合、レンゲさんと一緒に居たら、そう思う人の方が多いですよ。だから誤解を与えると言っているのですよ。



デリシャスフルーツ





2004/08/08

とてもていねいに皮をむいて
きれいに食べやすくしてから
ぱくり!

わたしはくだものがすき
食べるのがすきだから
よくあらってから食べる

by レンゲ

『極私的詩集 (その2)』より



コンビニにて





2004/12/24 23:06

帰り道にファミマに寄りました。
ぶたまんが恋しくなったからです。

でも、それだけ1個だけしか
買わないなんて

なんだか駄菓子屋で
チョコバット1本・・・
みたいな、へんな恥じらいに
おそわれて、

ピザまんも、
連れてかえってきました。

よしよし、ピザまんチャン 
(^Д^)うふっ♪
次はあなたの番よ。。。!



by レンゲ

『レンゲさんの日記に答えて』より



レンゲさんには、このような天真爛漫なところがあるからね、僕は微笑(ほほえ)ましいと思っていたけれど、心の半分で呆れていましたよ。

デンマンさんは、あたしが不注意で愚かな女だと思っているのでしょう?

いや、。。。何と言うか。。。よくとれば、レンゲさんは僕を信頼しているから、あのような行動にでたのだろうけれど、悪く考えれば、“ちょっとこの女はオツムが足りないのじゃなかろうか?”うへへへへ。。。そう思われてもしかたがないでしょうね?

それで、デンマンさんは、あたしがオツムの足りない女だと。。。? 

いや、その逆ですよ。今から思い返すとレンゲさんに、してやられてしまったと思っていますよ。

どういう事ですか?

レンゲさんはとぼけているけれど、あの日どのような事が僕の口から飛びなすのかレンゲさんは分かっていた。。。そうでしょう?

ええ。。。、坂田さんのことを言われる事は、はっきりと分かっていましたわ。

それで、僕の度肝を抜くために、あのラブホテルへ連れて行った。

あたしはデンマンさんをびっくりさせるつもりではありませんでした。

とにかく、坂田さんのことを話す雰囲気ではなくなっていましたよ。。。それがレンゲさんの狙(ねら)いだったんですよね。

あたしはデンマンさんのお説教を聴くつもりで居ましたわ。

しかし、あれでは話などできませんよ。

なぜですの?

ブランコに乗ったまま、いつまでたっても降りようとしない。生まれたままの姿のレンゲさんを見上げながら、話などできるはずがないじゃありませんか?

デンマンさんさえその気ならできますわ。

でもね、レンゲさんのヌードを見ていたら、その気になれませんよ。

うふふふふ。。。。

あなたはね、そういう人なんですよ。一見、愚かに見える事をやっているけれど、ちゃんと男の興味の向かう所を心得ている。そうやって、僕の矛先(ほこさき)をかわしてしまった。レンゲさんは実に頭がさえていた。でもね、あさって、坂田さんのことを書くつもりでいますよ。言わねばならない事は、何が何でも僕は言いますからね。

【ここだけの話ですけれどね、レンゲさんは知能指数が140もありますからね。裏の裏まで読まないと足元を救われてしまうんですよ。。。鼻の下を伸ばして馬鹿な真似はできませんよね。いづれにしても、レンゲさんの話の続きは、ますます複雑に面白くなってゆきますよ。。。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】


【後記】



この記事は2006年11月4日に書いたものです。
“温故知新=ふるきをあたためてあたらしきをしる”
論語にこういう言葉がありますよね。昔の事をおさらいして現在に役立てる。
あなたも、レンゲさんも、そして僕も、たまには1年前の今頃、2年前の今頃を思い出すのも決して無駄な事ではないかもしれません。

あなたは1年前の今日、2年前の今日、何をしていましたか?
そう思いながら、僕も2年前の記事を取り出しました。
リンクは現在参照可能なものに変えました。


メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

“本音と建前”

よく聞きますよね。

さて、英語で何と言うのでしょうか?

考えてみた事がありますか?

いろいろと言い方があると思います。

appearance and reality

見かけと実物そのまま


これも本音と建前と言い換えることができますよね。

form and substance

外観と実体


これも本音と建前と同じですよね。

one's real intention and

what one says on the surface


本音と建前を説明しているのですよね。

real motive and stated reason

これも間違いなく本音と建前ですよね。

what one says and what one means

本音と建前をこのように言うこともできますよね。

では、「本音と建前を使い分ける」を

英語でどのように言うのでしょうか?

ちょっと考えてみてください。



次のように言うことができます。

You should be tactful as to

when to tell real intention

and when to show form.


ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(9)TrackBack(0)

2008年11月01日

華麗なる愛と自由

 
華麗なる愛と自由

 








きっと面白いお話が

あるはずですわ




(2006年10月30日)

こんにちは、ジューンです。

デンマンさんは久しぶりにふるさとに戻って

ご家族と楽しく過ごしていることでしょうね。

デンマンさんが居ないバンクーバーって、

なんとなく寂しいですわぁ。

レンゲさんがデンマンさんを

成田のエアポートまで

お迎えにいったと言うことですが、

なにか、きっと面白いお話が

あるはずですわ。

私は楽しみにしながら

そのお話が伺えることを

待っているのですが。。。

ところで、今年のバンクーバーは

去年よりもあったかい感じです。

日本はどうでしょうか?

世界的に温暖化が進んでいますよね。

バンクーバーだけが冬、

暖かく感じられる、

と言う事ではないと思います。

今年はまだ初雪が降っていません。

雨の日が、このところ多いのですよ。

ホワイトクリスマスに

なるだろうか。。。?

そんなことを考えている今日この頃です。

クリスマスには、まだ早いのですけれど、

どうか、すばらしいクリスマスを

お迎えくださいね。



バンクーバーは、

もうクリスマス気分なんですよ。

お店にはクリスマスの飾り付けがあふれ、

クリスマスの音楽が聞こえてきます。

カナダでは感謝祭が終わると、

お店でも家庭でもクリスマスに向けて、

準備を始めるのですよ。

いづれにしても、

今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






『華麗なる愛と自由 (2007年11月1日)』より




レンゲさん、ジューンさんもこのように書いていたんですよ。

それで、デンマンさんは面白いお話しをなさるのですか?

そうですよ。レンゲさんは期待されているんですよ。

あたしは、デンマンさんが書こうとなさっている記事は決して面白いお話ではないと思いますけれど。。。

レンゲさんにとっては、つまらない話かもしれないけれど、僕にとっては忘れられない思い出になりましたよ。

あたし、デンマンさんが忘れられなくなるほど、突拍子も無い事をしでかしたのですか?

そうですよ。多分誰が聞いても意外な話だと思いますよ。

でも、デンマンさんはあたしをコケにするために、このお話をなさるのでしょう?

違いますよォ〜。レンゲさんが実に一生懸命に生きている。僕は改めてレンゲさんの、その、ひたむきに生きようとする姿に心を打たれたのですよ。ちょっと考えてみてくださいよ。10月28日に成田に着いてから日本では、嫌なニュースばかりですよ。

そうでしょうか?

そうですよ。イジメで小学生、中学生の自殺が続いて。。。、不履行で問題になっている茨城県立佐竹高校では、高久校長先生が自宅近くの山林の中で「生徒には責任はありません。よろしくお願いします」というような遺書を残して首吊り自殺をしてしまった。レンゲさんだって知っているでしょう?

ええ、テレビのニュースで見ましたわ。

とにかく、ひどすぎますよ。僕はバンクーバーではテレビを持っていません。でもね、CNNのラジオはかけっぱなしですよ。10年近くさかのぼっても、カナダでイジメにあって生徒が自殺したニュースなんて一度も聞いたことがありませんよ。校長先生が自殺したなんて、まったく聞いたことも無い。

日本では、珍しいことではありませんわ。

そうですよ。だから世界的に見ても日本は異常になっていますよ。しかも、校長先生の精神状態までが少し異常ですよ。

どういうことですか?

イジメで自殺した岐阜県瑞浪市の市立瑞浪中学校2年生の女の子が通っていた中学の校長先生は、イジメが死因ではない、という馬鹿ばかしい事を言っていた。レンゲさんも知っているでしょう?

ええ、あたしも、おかしなことを言っていると思いましたわ。女の子が遺書として書いたメモを読めばイジメだという事がはっきり読み取れますわ。

そうですよ。結局、イジメが原因だと認めたけれど、校長先生として、と言うよりも、人間として極めて恥ずかしいことですよ。責任逃れのために嘘をついていた。遺族に土下座して謝罪していたけれどね、座布団を敷いたまま土下座していましたよ。僕は柔道・剣道をちょっとだけやっていたことがある。少しぐらいの礼儀は心得ているつもりですよ。土下座して謝罪する時には、座布団を脇に寄せて板の間か座敷にジカに正座して平伏して、頭を擦り付けるようにして心から謝らねばならないことを知っていますよ。あの校長先生も、担任の先生も、まったく物真似しているだけに過ぎなかった。誠意がまったく感じられない。本人は、まったくそのことに気づいていないようでしたよ。その模様をテレビで見ている僕が恥ずかしくなる思いがしましたよ。

マジで、デンマンさんはそう思ったのですか?

そうですよ。僕も聖人君主ではありませんからね。はたけば埃(ほこり)が出てくる体ですよ。でもね、あのように人間として恥ずかしい真似だけはしたくありませんね。僕は自分に対する戒(いまし)めとしてこの記事を書いているつもりですよ。

だったら、あたしの事を書くのは。。。?

だから、書くのですよ。

だって。。。書いたら、多分、デンマンさんがお書きになる記事を読んで、日本語が読める世界のネット市民の皆様方は、きっと誤解しますわ。

レンゲさんは。。。、レンゲさんは。。。自分でも。。。自分でも。。。そう思うのですかぁ〜?

だってぇ〜。。。

つまり。。。、つまり。。。なんですかぁ〜。。。?レンゲさんも、他の人に読まれては恥ずかしい事だと感じるのですかぁ〜。。。?

いいえ、。。。なんと言うかぁ〜。。。あたしは。。。あたしは。。。決して恥ずかしい事をしたとは思っていませんわぁ〜。。。でも。。。でも。。。

でも、何ですか?

デンマンさんがこれからお話しすることは誤解されますわぁ〜。

でも、レンゲさんは恥ずかしい事をしたとは思っていないのでしょう?

もちろん。。。もちろん。。。あたしは人間として恥ずかしい事をしたとは思っていませんわ。

だったら、僕が書いてもイイじゃないですかぁ〜。。。

でも。。。でも。。。やっぱり、誤解されると思いますわぁ〜。

それは書いて見なければ分かりませんよ。

分かりますわ。。。絶対に誤解されてしまいますわ。

要するにレンゲさんが誤解されるような事をしたからですよ。。。でしょう?

いいえ。。。

だったら、僕が書いてもかまわないでしょう?

でも。。。でも。。。

とにかくね、レンゲさんとの思い出は僕にとって貴重で大切な思い出になりましたよ。ジューンさんだって、上に引用したようにレンゲさんの面白い話を聞きたがっている。

でも。。。でも。。。それは、ジューンさんだけでしょう?

違いますよ。ダ・ヴィンチさんだって、レンゲさんの面白い話を期待しているんですよ。コメントに次のように書いていましたからね。。。




お久し振りです。
あら、どうしたの?

何処にでもいるのね。厭だわ。
無粋な輩の不埒な行為に屈しないで下さいね。

友達(別ブログ)の所にもそんな感じの執拗な嫌がらせと言うか悪戯が頻発しておりました。

常識が無いのか自分の行為の卑しさ醜さに気付かない愚かな人間が最近何処の世界でも目に付きます。

厭よね。

帰国されたそうで、面白い記事をUPされるのを期待しております。

私も少し仕事とは違うブログに変更しようかなと思います。

カナダより日本は暖かいのでしょうか?
気温の変化に気をつけて下さいね。

by ダ・ヴィンチ 2006/10/30 12:59

『華麗なる愛を知らずに不自由な世界に住んでいる未熟児の愚劣なコメント  PART 4』のコメント欄より




最近自演乙とか妄想乙とか2(ちゃんねる)で目撃頻度が増えました。

頭の悪さなのか、日本語を誤ったのか意味不明の用語が増えましたね。

人様の記事を独自解釈して無い頭で理解したつもりなのでしょう。
実に視野や洞察力の無い有様ですね。
可哀想にって思います。

卑しい悪戯に屈しないで楽しく官能的な記事をアップして下さいね。

by ダ・ヴィンチ 2006/10/30 13:04

『華麗なる愛を知らずに不自由な世界に住んでいる未熟児の愚劣なコメント  PART 3』のコメント欄より


分かるでしょう。。。レンゲさん。。。

でも、官能的な記事はまずいと思いますわぁ〜。

つまり、レンゲさんは書かれては恥ずかしいのですか?

いいえ。。。、でも。。。でも。。。誤解されてしまうのではと思って。。。

そう思うならば、初めからレンゲさんがそのような事をしなければいいんじゃないですか?

でも、あたしは。。。あたしは。。。そうするより他に。。。

だから別に恥ずかしがることは無いでしょう。。。迷惑な公衆便所の落書きだけしか書けない低脳児で未熟者の“黴(カビ)”と比較すれば、レンゲさんは男ならアインシュタイン、女なら紫式部なんですよ。何を書かれたとしても、この愚かな“黴(カビ)”のことを思えば、レンゲさんが恥ずかしく思うことなんて何もありませんよ。

デンマンさん、あまり“黴(カビ)”さんのことを悪く言わない方が良いと思いますわ。

レンゲさんは、愚かな“黴(カビ)”のことをかばうのですか?

かばう訳ではありませんわ。。。ただ、デンマンさんは“黴(カビ)”さんに対して厳しすぎるのでは。。。?

決して厳しすぎるわけではありませんよ。この“黴(カビ)”という馬鹿者は自分が人間のクズだという事がいまだに理解できない。自分が笑い者になっている、という事がまったく理解できない。だから、馬鹿が止せばいいのに、いまだに下らないコメントを書いている。

。。。で、デンマンさんはどうしてこの“黴(カビ)”さんの事を取り上げるのですか?

この馬鹿者を反面教師として活用するためですよ。この馬鹿者は人間のクズだけれど、唯一、反面教師としてだけ生きている価値がある!馬鹿で、アホで、ゴキブリよりも劣る人間だけれど、この馬鹿者にも利用価値がある。うへへへ。。。。“馬鹿は死ななきゃ治らない!” この“黴(カビ)”は、それほどの馬鹿者だけれど、やはり人間として生きる権利がある。この馬鹿をなんとしても世の中のために生かしたい。そういうわけで、僕はこの馬鹿者を反面教師として晒している訳ですよ。

でも、やっぱり、あまり悪く言うのは止めた方が良いと思いますわ。

レンゲさんは心が優しすぎるのですよ。人間のクズには人間のクズに合うような扱い方がある。ダ・ヴィンチさんだって上のコメントの中で言っていますよ。


人様の記事を独自解釈して無い頭で理解したつもりなのでしょう。
実に視野や洞察力の無い有様ですね。
可哀想にって思います。


ダ・ヴィンチさんも書いているように“黴(カビ)”は正真正銘の馬鹿者なんですよ。可哀想に、本人はまったく自覚が無いんですよ。だから馬鹿なんですよ。だからね、レンゲさんのような優しさは、この馬鹿者には通じないんですよ。

どうして、そのようにおっしゃるのですか?

なぜなら、これまでの4年間に、僕は“黴(カビ)”のような愚か者にネットでたくさん出会っている。だから、良く分かるんですよ。もし信じられないのなら、次のリンクをクリックして読んで下さいね。

『バークレー(デンマン)さんが噛み付いたコメントの数々!』

それで、デンマンさんは厳しくなさっているのですか?

厳しくありませんよ。僕は常に寅さんのように優しい心でこの馬鹿を扱っていますよ。うへへへ。。。。“馬鹿とハサミの使いよう!”昔の人が言った賢い格言をしみじみと噛み締めながら、この“黴(カビ)”が真人間になることを寅さんのように優しくサポートしているわけですよ。

分かりましたわ。。。それで、デンマンさんは何が何でもあの日のことを書いてしまうのですね?

そうですよ。人間のクズのカビ君を持ち出したのは、レンゲさんが人間として、女として一生懸命人生を生きていることを対比して見てもらうためですよ。だから、レンゲさんは恥ずかしいと感じるようなことは何もありませんよ。

そうでしょうかぁ〜?


シャトー・ロマネスク



休憩 ¥4,430

宿泊 ¥5,430



成田空港にレンゲさんが迎えに来て、久しぶりにレンゲさんと対面したぁ〜。懐かしいレンゲさんの香り。。。車の中に広がっているレンゲさんの匂い。。。僕はとりわけ嗅覚が敏感ではないんですよ。でもね、レンゲさんに会って、まずそのレンゲさんの匂いに圧倒されてしまいましたよ。

それほど強かったのですか?

レンゲさんが愛用しているGUCCI ENVYですよね?“甘すぎない香りが好きです。春らしい さわやかでほのかに甘い香りでお気に入りなんです♪”。。。レンゲさんが、そう言っていたのを覚えていますよ。

よく覚えていますわね?

僕は助手席に座ってウツラウツラしていたんですよ。大宮バイパスに入ってまもなくでした。急にお城のような建物が目の前に現れた。僕はどうしてレンゲさんがこのような建物の中に入って行くのか分かりませんでしたよ。夕食。。。?でもね、上のような看板が、すぐに目に飛び込んできた。 ん。。。ラブホテル。。。? 僕はすっかり目が覚めてしまいましたよ。僕はレンゲさんの横顔をじっと見つめる。僕の視線に気づいていながら、レンゲさんは全くそ知らぬ顔を決め込んでいる。。。そうでしょう?僕が見つめていたのが分かっていたでしょう?

もちろん分かっていましたわ。

レンゲさんは、まるで自分のマンションの駐車場に入ってゆくような慣れたモノでしたよ。部屋に入るまで、全くおどおどした様子や不安な様子は微塵も無い。何度も利用していることがレンゲさんの様子からすぐに見て取れましたよ。“ははぁ〜。。。そう言えば坂田さんは大宮に住んでいる。退屈な恋愛が嫌なレンゲさんは、シャトー・ロマネスクでフランスへ行ったような気分を味わいながら坂田さんと愛し合っていたんだなあぁ〜”僕はすぐにそう感じましたよ。

いつものようにデンマンさんの思い込みですわ。

でも、まさか初めてだと言う訳じゃないでしょう?

それは。。。何度か。。。

でも、どうして。。。ラブホテルに? 

だから、デンマンさんに何度もお話しましたわ。奥様が、そうおっしゃったのですわ。

出迎えた後で、ラブホテルへ直行しろと。。。?

まさか。。。

だって、レンゲさんは。。。

だから、奥様から受け取った次のメールをデンマンさんは引用していましたわ。



Subj: レンゲさんがお迎えに上がります。
Date: 10/10/2006 8:21:41 PM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間 10月11日 午後12時21分
From: naomi112@chan.co.jp
To: barclay1720@aol.com


前略

10月28日に成田に着くということですが、
私は忙しくてお迎えにあがることができません。
レンゲさんがお迎えに行きたいと言うので、お願いしました。
貴方はむしろその方がよろしいでしょう?

ところで、レンゲさんの事でちょっとお願いがあります。
私はレンゲさんの私生活まで立ち入ることをしたくありませんので、まだお話していないのですが、
レンゲさんが成田にお迎えに行ってくれるそうなので、その時にでも貴方からレンゲさんにお伝えして欲しいと思います。

実は、かなりまとまったお金をレンゲさんが借用したいと言ったので用立てました。
貴方はすでにご存知だと思いますが、
レンゲさんは坂田さんと将来の事を考えてお付き合いしているようです。
これまでレンゲさんは借金を申し込んだことがないので、今回の件は当然のことですが坂田さんのために使うのだと思います。
私はレンゲさんを信用しているので、立ち入ったことまでは聞いておりません。

気になるのは坂田さんには定職がなく、
あれだけまとまったお金をレンゲさんから借りるとしたなら返すメドがないと思っております。
結局レンゲさんが返済することになると思うのですが、
レンゲさんに覚悟はできているのでしょうか?

お金は災いの元になりやすいもの。
お金のことでこじれて、レンゲさんと坂田さんの仲が危うくなることも考えられます。
また、私に返済することができなくなる事だって考えられないわけではありません。
レンゲさんは貴方にとっても大切な人ですが、
私の事業にとっても失いたくない人です。

最悪の事にならないよう、それとなく貴方からレンゲさんにお伝えください。
しばらくぶりに貴方にお目にかかれることを楽しみにしております。
では、くれぐれもお体に気をつけて。。。

早々

直美




『不倫ではないけれど。。(2006年10月13日)』より


確かに僕はこのメールを直美から受け取りましたよ。でも、どこにもラブホテルに入れなどと書いてありませんよ。

もちろん書いてありませんわ。でも、奥様は次のようにおっしゃっていましたわ。


私はレンゲさんの私生活まで立ち入ることをしたくありませんので、
まだお話していないのですが、
レンゲさんが成田にお迎えに行ってくれるそうなので、
その時にでも貴方からレンゲさんにお伝えして欲しいと思います。


うん、なるほど。。。でも、どうしてラブホテルになるのですか?たとえば、ファミレスとか。。。

うるさくて、とても落ち着いて話などできませんわ。

分かりました。でもね。。。

何ですの?

レンゲさんはシャワーを浴びましたよね。

そうですわ。

どうしてですか?落ち着いてゆっくり話をするのに、レンゲさんはどうしてシャワーを浴びる必要があるのですか?

デンマンさんが臭いとおっしゃったからですわ。

僕は“臭い”なんて言いませんよ。懐かしいレンゲさんの香りだと思ったんですよ。懐かしかったんですよ。

でも、鼻にシワを寄せて顔をそむけましたわ。

それは、レンゲさんの思い違いですよ。僕は鼻にシワを寄せたりしませんでしたよ。懐かしいレンゲさんの香りだと思って、胸一杯に懐かしい香りを吸い込んだほどでしたよ。

じゃあ、どうして顔をそむけたのですか?

そむけたわけじゃなくて、レンゲさんの胸元が大きく開いていたので、ちょっと気になっているところに、レンゲさんが僕の方を向いて目線が合わさりそうになった。僕はちょっと少年のような恥じらいを感じて、わずかに目線をはずしたんですよ。うへへへへ。。。。それを、どういうわけかレンゲさんは僕が鼻にシワを寄せて香水の匂いが強烈だと思って顔をそむけた、と思い込んでしまった。

とにかく、あたしはデンマンさんが強い香水の匂いが嫌だと思ったのですわ。

分かりました。。。しかしですよ。。。シャワーを浴びてから。。。長いこと裸のままでいましたよね?

それは。。。

どうしてですか?

デンマンさんはご存知のはずですわ。







生まれたままの姿で





2006/08/16

お風呂上がりのわたしは妖精になる
爽快な気分のままに
わたしは鏡に向かって微笑む

やさしい気持ちになって
あなたを思い出す
心地よいぬるま湯のように
あなたを包んであげたくなった



わたしは砂漠に生まれた小さな花
花をつけることを忘れたまま
ある朝ひっそりと枯れてゆく

だれかが見つけてその花を
きっと枯れ草と呼ぶでしょう
花を咲かせることはできなかったけれど
それは確かに花だったのです

そのように枯れたわたしだったけれど
あなたに出会えてよみがえった
でもこの幸せがいつまで続くのだろうか

持続力のない多幸感のあと
地面をなめる様な気分が
いつだってついてまわる
私をからまわりさせるあの感覚

でもこの一瞬を
生まれたままの姿を
あなたのために咲かせたい

わたしは砂漠に生まれた小さな花
花をつけることを忘れたままに
ある朝ひっそりと枯れていった

あなたに出会えてよみがえったわたしは
やっと小さな花を咲かせている
生まれたままの姿で
咲いているわたしを
あなたは見つめている



やっとオアシスを見つけ
咲いているわたし
いつまでもこのまま咲いていたい

たとえまた枯れるとも
最高の一瞬を
最高の一瞬だと
意識しないのはもったいないこと

お風呂上がりのわたしは妖精になる
爽快な気分のままに
わたしは鏡に向かって微笑む

やさしい気持ちになって
生まれたままの姿で
あなたを思い出す

by レンゲ




『不倫はちょっと (2006年10月1日)』より



デンマンさんは、あたしがお風呂上りにしばらく裸で居ることを良くご存知ですよね?

分かっていますよ。でもね、レンゲさんは僕とゆっくりと落ち着いて話し合うつもりだったのでしょう。

そうですわ。

だったら。。。ゆっくりと落ち着いて話すのであるならば、どうしてあのようなすっご〜い部屋を選ぶのですか?

すっご〜いお部屋って。。。?

第一、あのシャワーですよ。。。

シャワーが何か。。。?

何かって。。。あの。。。あの透明なガラス張りで。。。、中が。。。なかが、すっかり丸見えでしたよ。

そうですわ。

そうですわって。。。分かって。。。分かっていて。。。、あの。。。あのような部屋を選んだのですかぁ〜?

他の部屋だってみな同じですわ。

僕は本当に目のやり場に困りましたよ。

困りましたよって。。。、デンマンさんは、初めから最後まで瞬(まばた)きもしないように、あたしがシャワーを浴びる様子をずっと見ていましたわぁ〜。

ん?。。。瞬き?。。。瞬きを僕は何度かしましたよ。。。

だから、瞬きもしないように。。。と言ったのですわ。。。全くしなかったとは申し上げておりませんわ。とにかく、デンマンさんが困ったようには見えませんでしたわ。

。。。いや。困ったと言うか。。。なんですよ。。。僕は、もう。。。びっくりしたと言うか。。。唖然とさせられましたよ。。。でもね、そればかりじゃないんですよ。ベッドの上にブランコがぶる下がっていた。落ち着いて話をするのに、どうしてあのような遊戯場のような部屋を選んだのですか?ジャクジには滑り台までついている。全く。。。僕は、呆れてしまいましたよ。

でも、デンマンさんは、興味深そうに楽しんでいるように見えましたわ。

それはそうですよ。あんなところに行ったのは初めてでしたからね。貴重な体験だと思ったわけですよ。でもね、我に返ってみて僕は2度びっくりですよ。

どうしてですか?

だってね、ベッドの上にぶら下がっているブランコに、レンゲさんは生まれたままの姿で乗っかって、まるで8歳の女の子のようにこいでいたじゃありませんか!?



せっかく来たのだからと思って。。。

しかし、成田空港からふるさとに戻ってゆく途中でブランコはないでしょう?。。。どう考えても可笑しいでしょう? どうして。。。、どうして、シャワーを浴びた後でブランコに乗る必要があるのですか?しかも、生まれたままの姿で。。。?僕とじっくりと話し合うつもりだったのでしょう?

そうですわ。でも、せっかくデンマンさんと二人きりになったのですもの。楽しまないと。。。

楽しむためではなく、話をするためにラブホテルを選んだんでしょう?

そうですわ。でも、せっかく。。。二人きりになれたのだから、話だけするのはもったいないと思いませんか?

つまり、話だけするのでは退屈するので、シャワーを浴びて。。。、それで、その後、生まれたままの姿でブランコに乗ったわけですか?

いけませんか?

でもね、こんな話をしたって、馬鹿ばかしくて絶対に誰も信じませんよ。

だから、あたしはデンマンさんにすでに言いましたわ。この話は、するだけ無駄だって。。。それなのに、デンマンさんは、絶対に記事を書くって言い張ったのですわ。

僕は、ただ単に馬鹿ばかしい話に終わらせませんよ。どうして、レンゲさんがラブホテルを選んで僕を連れてきたのかが分かっていますからね。

じゃあ、説明してくださいな。

今日は用事があって、これ以上書くわけには行かないんですよ。またあさって書きますよ。


【ここだけの話ですけれどね、日本に戻ってくると、野暮用がいろいろ持ち上がって、予定を立ててもその通りに進まないんですよね。そう言う訳で途中ですが、またあさってと言う訳です。すいませんね。。。いづれにしても、レンゲさんの話の続きは、ますます複雑に面白くなってゆきますよ。。。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】


【後記】



この記事は2006年11月2日に書いたものです。
“温故知新=ふるきをあたためてあたらしきをしる”
論語にこういう言葉がありますよね。昔の事をおさらいして現在に役立てる。
あなたも、レンゲさんも、そして僕も、たまには2年前の今頃を思い出すのも決して無駄な事ではないかもしれません。

あなたは2年前の今日、何をしていましたか?
そう思いながら、僕も2年前の記事を取り出しました。
リンクは現在参照可能なものに変えました。


メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

今日は、ちょっと耳慣れない言葉を取り上げました。

アスペルガー症候群

聞いた事がありますか?

耳慣れない病名ですよね。

でも、この病気は古くから分かっていたのです。

1944年に、オーストリアの小児科医である

ハンス・アスペルガーによって初めて報告されたのです。

でも、第二次世界大戦のため、

その論文は戦勝国側では注目されませんでした。

1981年になって、イギリスの医師ローナ・ウィングが

アスペルガー症候群の発見を紹介したのです。

それで1990年代になり世界中で

徐々に知られるようになったのです。

しかし、日本ではドイツ精神医学の影響が強かったことから、

ローナ・ウィングの紹介以前に知られていたそうです。

ところで、この病気についてのお話に興味があったら

ぜひ次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『ゆがんだ心 (2008年10月2日)』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

恋人のタイプ



 
恋人のタイプ



おほほほ。。。

卑弥子でござ〜♪〜ますわよゥ。

また出て来てしまいましたわア〜

どうしても、あなたに

お会いしたかったので

ござ〜♪〜ますわよゥ。

ええっ?

いつも同じ事ばっかり言うな!

貴方は、そのようなきつい事を

あたくしに喚(わめ)くので

ござ〜♪〜ますか?

そのようなエゲツない事を

言わないでくださいましなぁ〜

仲良くしましょうね。

あたくしは、あなたに本当に

お会いしたかったので

ござ〜♪〜ますわよう。

うしししし。。。

ええっ?

そんな事はどうでもいいから、

「恋人のタイプ」について早く話せ!

あなたは、また、そのような強い口調で、

あたくしにご命令なさるのござ〜♪〜ますかア?

分かりましたわ。

あたくしも、そのつもりで

出てきたのでござ〜♪〜ますから。。。

おほほほほ。。。




あなただって、これまでに恋をしたことがござ〜♪〜ますわよね?

。。。んで、振られたり、相手が気に喰わなくなったりして

別れる事になりますわよね。

。。。んで、また懲りも無く恋をしますわよね。



それで、またうまく行かなくて別れる事になりますわよね。

うふふふふ。。。

。。。んで、あなたはふと考える事があるのでござ〜♪〜ますわよ。

どうして同じようなタイプの人を恋人にしてしまうのかと。。。

今日は、そう言う訳で、あなたが恋人にしてしまうタイプを

あたくしが判断するのでござ〜♪〜ますわよう。

ええっ?そんな事があたくしに分かるのかって。。。?

それが分かってしまうのですよ。

あたくしが全く関係ない質問をするけれども、

馬鹿にしないでマジで答えてね。

その答えによって、あなたがどのようなタイプの人を恋人にするのかが分かるのよう。

じゃあいくわねぇ。

何度も言うようだけれど、マジで答えるのよ。いいわね。

では、あなたへの質問ですよ。

1日の運勢がよい結果だと、それだけで気分がいいものです。

星占いで見た「今日のラッキー●●」。あなたが実践したくなるのはどれですか?


A: ラッキーフードを食べる

B: ラッキーカラーを身につける

C: ラッキーアイテムを持ち歩く

D: ラッキーパーソン(△△座の人)に会う




さあ、選びましたか?

多ければいいってもんじゃないのよ。どれか一つを選んでね。

そうじゃないと、あたくしには判断のしようが無いのよ。

今からでも遅くないからどれか一つに絞ってね。

じゃあ、診断しますわよ。

お付き合いする相手のタイプが「いつも同じ!」なんてことが良くあるのよね。

今回は、「あなたが恋に落ちやすい相手」を診断しますわ。


○ Aを選んだあなたは 【経済的に裕福な相手】 を選んでしまう傾向がありますわ。

「ラッキーフード」を選んだあなたは、“現実主義”です。
社会的地位や経済力があり、なおかつスマートに振る舞う人に恋しやすいようです。




○ Bを選んだあなたは 【外見がステキな相手】 を選びがちです。

「ラッキーカラー」を選んだあなたは、“美的センスに優れた人”です。
ファッションセンスや外見に優れた人に恋しやすいようです。




○ Cを選んだあなたは 【友達感覚で話せる相手】 を恋人に選びやすいのですよ。

「ラッキーアイテム」を選んだあなたは、“恋に慎重な人”です。
少しずつ相手を知ることができる、友達感覚で付き合える人に恋しやすいようです。




○ Dを選んだあなたは 【尽くしてくれる相手】 を選ぶ傾向がありますよ。

「ラッキーパーソン」を選んだあなたは、“いい人好き”です。
見返りを求めず、献身的に尽くしてくれる人に弱いようです。


どうですか?
思い当たるでしょう?

ええっ?あたくしですか?
「ラッキーフードを食べる」を選んだのですわよ。

そうなのよ。確かに、あたくしには現実主義的なところがありますわ。
でもねぇ〜、社会的地位や経済力のことはあまり考えないのよ。
それよりも、現実的で、しかも夢とロマンを持っている人がいいのよ。
そうなのよ。デンマンさんみたいな人がいいのよ。
でも、デンマンさんは、どうもあたくしが好きでないみたいなのよう。
それが問題なのよ。

あなたはどうでした?
当たっていた?

もし、あたくしの上の診断が間違っていたとしても、
ムカついたりしないようにねぇ。

ムカつくと癌になり易くなるのよ。
ナチュラルキラーの癌細胞・殺戮力(さつりくりょく)が落ちてしまうのよ。
うふふふふ。。。

だからね、癌にかかりたくなかったら、いつもニコニコしている事なのよ。

ええっ?いつもニコニコしていられないの?
だったらね、あなたのために、いつもニコニコしていられるサイトを紹介するわ。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。

■ 『どんな時でも、あなたがニコニコしていられるサイト』



ええっ?
あなたは本格的に、あなたの恋人のタイプを占いたいの。。。?

分かりましたわ。
それならねぇ、本格的な占いサイトをご紹介しますわよ。

もちろん無料なのよ。
じゃあね、次のリンクをクリックしてね。

■ 『あなたも未来を開く占いをやってみませんか?

うれしい出会いが待っているかも知れませんよ!』


上のリンクをクリックすると「占いの館」の説明が現れますよ。
「占いの館」とは西洋占星術に基づく「ミーシャの12星座占い」です。
東洋の易術に基づく「ミーシャの易占い」という2つの無料占いと、
必ず開運アイテムがもらえる「ココロのアイテムおみくじ」が楽しめる
本格的な占いコンテンツでござ〜♪〜ますわよ。

とにかく、無料で試してみることが出来るのよ。
あなたが失うものは無いの。。。
だから、覗いてみるだけの価値があるわよ。

じゃあ、大いに楽しんでね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのためのオンラインショッピング ガイド』

■ 『面白くって楽しくてためになる英語』

■ 『今、すぐに役立つホットな情報をゲットしようね』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』



■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』



■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。。

また現れて、

くどいようでござ〜♪〜ますけれど。。。

分かってるわよゥ。

でも、我慢して読んで頂戴ね。

あたくしだって、好き好んで

あなたをわずらわせたくないのよ。

でも、デンマンさんは良い人だから

あたくしは、お手伝いをしたいわけなのよゥ。

だから、あなたも我慢して

最後まで付き合ってね?

おほほほほ。。。

ところで、あたくしはマロンが大好物なのよ。



ええっ?モンブランじゃなかったのかって。。。?

そうなのよ。良く覚えているわね?

モンブランも好きなのよ。

でもマロンも大好物なのよ。

おほほほほ。。。

あなたも食べてみない?

ええっ?

食べたくても無いのォ〜?

心配する事は無いのでござ〜♪〜ますのよゥ!

貴方もこうしてネットをやって、

あたくしの記事を読んでいるのですから、

クリックするだけで、

すぐに手に入るのですわよ!

ぜひ次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『あなたのためのオンライン ショッピングガイド』

それは、さておき。。。

あたくしがマスコットギャルをやっている次のサイトも見てね。

■ 『面白くて楽しい、新しい日本古代史』

貴方、ホントに見てね?

ダメよ!そうやって生返事ばかりして、

この場をうまく誤魔化そうなんてぇ〜

そういうコスイ考え方は、お止めになった方が

良いのでござ〜♪〜ますわよゥ〜。

ええっ?どんな面白い記事があるのかって?

ちょっとこれを見てよゥ。



これはね、聖徳太子が子供の頃の

立像なのでござ〜♪〜ますわよ。

聖徳太子は厩戸王子(うまやどのおうじ)と呼ばれていたのよ。

なぜ?

あなたも、そう思ったことない?

どうしてかしら?

知りたいでしょう?

興味が湧いてきたでしょう?

次のリンクをクリックして読んでみてねぇ。

■ 『聖徳太子は、なぜ厩戸王子(うまやどのおうじ)

と呼ばれていたのでしょうか?』


あたくしも読んだけれど、

けっこう面白い事が書いてあるのよ。

だから、あなたも読んでみてね。

いづれにしても、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





  
Posted by barclay1720 at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月25日

再会を励みに。。。(PART 1)


  
再会を励みに…




お風呂に入ってリラックス



投稿日時: 2008/06/04 11:37 (ロンドン時間)
日本時間: 6月4日 午後7時37分
バンクーバー時間: 6月4日 午前3時37分



はい 懐かしいメールですね。
午後3時頃デンマンさんに電話しました。
バンクーバーは夜の11時ですね。
あれから電話を切って 子供を保育園に迎えに行き
次男坊を5時に歯医者に連れて行って

やっと お風呂にはいって リラックスです。

昨日の電話は実家からでしたが、
今日は主人の家からです。

私は そのうち 希望どうり 癌になるでしょうね。
いいのです  あの世で私を待ってる人が2人も
います。  な〜んてね。
今年 また デンマンさんと会う日を励みにしてます。
 
明日ははや〜く から 義父の病院の付き添いで
行きます。 半日かかるでしょう
忙しい日となります。 
今日は朝 昼 食べていなかった。
これから晩ご飯です。



小百合より




Fuji & Kato Private Forum 『弁護士』スレッド
“Beaverland e-XOOPS”





こんにちは。デンマンですよう。

Take it easy!



はい 懐かしいメールですね。
午後3時頃デンマンさんに電話しました。
バンクーバーは夜の11時ですね。
あれから電話を切って 子供を保育園に迎えに行き
次男坊を5時に歯医者に連れて行って
やっと お風呂にはいって リラックスです。




“山の家”の露天風呂に入ったら、世間の憂(う)さもすべて忘れる事ができるでしょうね。

こういう風呂っていいですよね。

小百合さんも、いろいろと大変ですよね。
でも、こういう忙しい時って、行動派の小百合さんにとって
忙しくても、しんどくても、やり甲斐のある1日を生きた、という実感を持つことができるでしょう?

それで風呂に入ってリラックスすると。。。
あああ。。。生きているんだなァ〜。。。と思うのではないですか?!
とにかく、ムカつかないようにしてね。

“短気は損気”

でも、僕はムカつき方を知っているつもりですよう。
うへへへへ。。。

日本では、医者だとか、お役人の前で平均的な日本人はムカつきませんからね。
だから、ムカつくと、返って、この人は本当に生一本(きいっぽん)でマジなんだという印象を与える事がありますよう。
もちろん、僕は相手をじっくりと観察した後でムカつきますよ。
誰の前でも、ムカつく訳ではありません。

“キチガイに刃物”



ブルックリンで僕の悪友が、よせばいいのに余計な事を言ったために
至近距離で拳銃に撃たれて死にました。
隣に居た僕は返り血をいやというほど浴びました。
この時の事をブログでも書きました。

相手を見てからものを言わないとアメリカでは殺されます。
1970年代、1980年代にはブルックリンで闇の拳銃が5ドルから10ドルで買えましたからね。

“お偉い人”がちょっと、だらけていて、いい加減な態度を見せて対応したときに、
僕がムカつくと、効果が抜群なのですよう!



熊谷市の循環器・呼吸器病センターの、あの医者のエピソードには後日談があります。
5月の連休に珍しくお袋が電話をかけて寄越したのですよう。
僕が5月の連休にかけると言ったのに、電話するのが遅かったので、
お袋がかけて寄越したのです。

このセンターの石川医師が僕のお袋の担当になった。
この医師は、いがぐり頭で僕と同年輩の医者です。
ちょっと見た感じは、医者と言うよりも工事現場の現場監督と言う風貌でしたね。(微笑)
しかも、投げやりな態度を示したのですよう。

だから、僕はムカついたのですよね。うしししし。。。
そうしたら、背筋を伸ばして対応し始めました。
僕のお袋の心臓病に良く効くらしい新薬ができたとNHKの特別番組で紹介されていたけれど、あなたは知っていますか?
「知らない。。。見てない。」
でも、学会でも報告されていると言っていたが、あなたは学会の会報を読んでいますか?
「読んでない。」
最新情報にもっと関心を示したらどうですか?
「調べてみましょう。」

ついでに、僕が予約を引き延ばされた苦情も言ったのですよう。
カナダからせっかく来て、時間をやりくりしているのに
何事かあああぁ〜。。。と言ったのですよう。

そうしたら、“それは私の担当ではないので事務長に電話しますから、事務長とお話しください。”
そう言う訳で、事務長に会って、病院の予約システムが患者と付き添いのために考慮されて運用されていない。
そう言う事をいろいろと僕がしゃべったのです。

このような苦情を言う人が日本では、おそらく極めて少ないのでしょうね。
事務長と石川医者にとっては不機嫌な1日になってしまったようです。
特に、この石川医師にとっては腹に据えかねる事だったらしい。

詳しい事は次のリンクをクリックして読んでみてください。



■ 『懐かしい日本、でも…(2007年11月7日)』

僕のお袋のホームドクターは田中(仮名)先生と言ってすでに親子2代にわたって、
僕のお袋の面倒を見てくれている人です。
僕はお袋の薬をもらいに行った時に、僕がリクエストして初めて2代目先生(45歳ぐらい)に会ったのです。
なかなか良い先生でした。丁重に僕に対して対応しました。

それで、お袋の電話の話ですが。。。

センターの石川医師が、どうにも腹に据えかねたらしくて、
僕のお袋のホームドクターに電話をかけたのですよ。んも〜〜

つまり、僕がいろいろと苦情を言った事に対する不満を田中先生に言ったらしい。
田中先生も、余計な事を言われて気分を害したらしい。
それで、僕のお袋に言ったらしいのですよう。

“あなたの息子さんは言わなくてもいい事を言うような性格らしいですね”

このような事を言ったらしい。(苦笑)

“変わり者の息子なので、ああいう事を言うのですよう。どうか、気にしないでください。”

お袋も平に謝(あやま)る以外に仕方が無かったそうです。
僕のお袋は若い頃、女中をした程ですからね、
とにかく、腰が低くて絶対に逆(さか)らわないような性格だから、
僕とは、全く対照的な性格です。

“こういう母親から、よくもまあ、ああいう変わり者が生まれたもんだなあああぁ〜〜!”

僕とお袋を並べて観察したら、絶対にこのような印象を持つものなのですよう!



僕のお袋は誰からも好かれるような性格です。
僕が大学生の頃には東邦生命の保険外交員の仕事をしてましたが、
苦労して人生を渡ってきて、誰からも好かれるような性格だから、
抜群の成績を上げて、東邦生命の本社まで社長賞をもらいに行きましたね。

一時は僕の父親よりも給料が良くなってしまって、
僕のオヤジが頭にきていましたよう!
うしししし。。。




私は そのうち 希望どうり 癌になるでしょうね。
いいのです  あの世で私を待ってる人が2人もいます。
な〜んてね。


そうです。そうですよう。
人間、いつ死が訪れてもいいような気持ちで毎日を生きれば、間違いのない人生が送れますよう。
“一期一会(いちごいちえ)”の精神で生きると言うことでしょうね。

僕も、いつ死んでもいいように思い残すことなくブログで記事を書きまくっているのですよう。
1ページ、1ページが僕の遺書のつもりです。
思い残すこと無く書いているのですよう!




今年 また デンマンさんと会う日を励みにしてます。 


うん、うん、うん。。。
そう言ってもらえると、僕にとっても大きな励みになりますよう。

そうです。そうです。
一期一会。

昨日電話で小百合さんと話すことができた事も、
考えてみれば、そのような機会を“神様”が与えてくださったのでしょうね?!
(僕は日本では無心論者ですが。。。うしししし。。。)

小百合さんと1時間ばかり話すことができて、
2日続けて、かわゆい声が聞けて、僕は幸せな気分で今朝、目覚めましたよう。
その感動が、こうして長い記事を書かせているのですよう!
うしししし。。。




明日ははや〜く から 義父の病院の付き添いで
行きます。 半日かかるでしょう
忙しい日となります。 
今日は朝 昼 食べていなかった。
これから晩ご飯です。
では…


うん、うん、うん。。。
小百合さんらしい1日が終わるのですね!?

でも、やっぱり自分を大切にしてくださいね。

“命あってのものだね”

そう言う訳で、今日も元気に、楽しく愉快に過ごしてね。
じゃあねぇ。



投稿日時: 2008/06/04 22:48 (ロンドン時間)
日本時間: 6月5日午前6時48分
バンクーバー時間: 6月4日午後2時48分




今日は、なんだか物騒なお話を初めに持ち出したのでござ〜♪〜ますわね?ブルックリンと言う所は、そのような恐ろしいところなのでござ〜♪〜ますか?



そうなのですよう。とにかく、当時ブルックリンのアパートに滞在していたけれど、桁外れに変わった人たちが僕が居たアパートには、たくさん住んでいましたよう。

あんまり暑いので消火栓をぶっ壊して水をジェットのように出して涼をとったジョージさんも、そのうちの一人でござ〜♪〜ますか?



そうですよう。詳しい事は次の記事を読んでくださいね。

■ 『ブルックリンのジョージとジョージ・W・ブッシュ大統領のエピソード』
  ブルックリンと小百合さん (2008年1月23日)

■ 『デンマンがブルックリンで殺されそうになったエピソード』
  ん?良識って何? (2006年7月23日)

でも、この記事って、あたくしは一度目にしたように思いますわ。

そうですよう。僕と卑弥子さんで、すでに次の記事の中で語り合ったのですよう。

■ 『鼾と妊娠 (2008年6月9日)』

5ヶ月前の記事ですわね?

そうですよう。

それなのに、どうしてまた取り上げたのですか?

実は、小百合さんから、この記事にコメントが付いていたのをつい最近まで僕は知らなかったのですよう。

。。。んで、どのようなコメントが付いていたのでござ〜♪〜ますか?

ここにコピペしましたよう。読んでみてください。


小百合さんのコメント

2008/06/10 18:02 投稿者:小百合

ありがとう
でも こんなに 人に食って掛かれる 私も知って欲しいです。

悲しくても 辛くても 主人に言った事ないです。

『鼾と妊娠』のコメント欄より


なんだか、意味シンなコメントでござ〜♪〜ますわねぇ〜。。。当事者以外には分かり得ないような。。。どことなく謎めいていますわ。

そうでしょう?。。。僕だってちょっと迷ったのですよう。

一体、小百合さんは、どのような事を言おうとなさっているのでござ〜♪〜ますか?

記事の中で引用した小百合さんの投稿は6月4日なのですよう。書いてあるように、この日小百合さんは僕に電話をかけて寄越したのです。

国際電話ですよね。。。内容は、どのようなものだったのでござ〜♪〜ますか?

仕事の事ですよう。







小百合さんがバーナビーの“鹿の湖”の畔(ほとり)にある“山の家”を借りていたのだけれど、その事で、いろいろと問題があったのですよう。

もう、問題は片付いたのですか?

95%片付きました。

。。。んで、小百合さんが書いている“こんなに 人に食って掛かれる 私も知って欲しいです”とは。。。どのような事でござ〜♪〜ますか?

小百合さんがコメントを書く前に、実は、仕事とは直接関係ないことで、もう一度電話をかけてきました。その時、僕と小百合さんが感情的になって言い合ったのですよう。

どのような事で言い争ったのでござ〜♪〜ますか?

僕がブログで書いている『小百合物語』の事なのですよう。うしししし。。。

面白い事なのでござ〜♪〜ますか?

今から振り返って思い出すと、僕にとっては可笑しな事なんだけれど、その時の小百合さんはマジでキレル一歩手前まで行きましたよう。

だから。。。もったいぶらないで、教えてくださいましなア〜。どのような事なのですか?

小百合さんが“身元が分かってしまう!”と言って、かなり取り乱したのですよう。

なぜ身元が分かると小百合さんは心配したのですか?

だから、僕のブログを読んで、税務署のおっさんが取り扱っている納税者と小百合さんが同一人物だと見なして、必要以上の課税額を査定するだろう、と小百合さんが思い込んでしまったのですよう。

。。。んで、何とかしろ!とデンマンさんに食って掛かったのでござ〜♪〜ますか?

そうなのですよう。小百合さんも感情的になったけれど、僕もつられて感情的になって。。。うへへへへ。。。

それって。。。面白いお話なのでござ〜♪〜ますか?

今思い出すと面白いのだけれど、その時は、小百合さんも僕もマジで感情的になって小百合さんはキレル一歩手前まで行きました。

。。。んで、小百合さんは具体的にデンマンさんにどうしなさい!と言ったのでござ〜♪〜ますか?

僕の書いた記事の一部を削除しろ!。。。そう言ったのですよう。

デンマンさんのことですから、当然、「言論の自由」を持ち出して、熱くなって小百合さんに喚(わめ)きちらしたのでござましょうね?。。。うふふふふ。。。

分かりますか?

分かりますわよう。デンマンさんは絶対に小百合さんに噛み付くはずですわ。

でもねぇ。。。僕はキレませんでしたよう。小百合さんの言う事は心配する程の事ではないけれど、小百合さんにとってみれば重要な事なのだろうと思って、僕は小百合さんの希望通りに、その箇所を削除したのですよう。

どの箇所でござ〜♪〜ますか?

削除したから、その部分はネットで公開されていません。

だから、ここに書き出してくださいな。

そう言う訳には行きませんよう。その箇所をこの記事の中で再度目にしたら、小百合さんはまた感情的になって僕に電話をかけて寄越すかもしれませんからね。

でも、小百合さんとデンマンさんとの言い争いが見てみたいものですわ。

その時の小百合さんとのメールのやり取りを僕も取り出してみて読み返して見ましたよう。削除した箇所を読むよりも、このやり取りを読んだ方が面白いですよう。

じゃあ、そのやり取りを書いてくださいな。

分かりました、ここに書き出すから卑弥子さんも読んでみてください。




今朝は11時に起きて、さっそく6月9日の『小百合物語』の記事をライブドアで見直しました。
題して『鼾と妊娠 (2008年6月9日)』
自分ではメチャ面白いと思うのだけれど、



人によると、ちょっぴりH系なので、嫌がる人もいるかも。。。?

間違いを一つ発見して、
まあまあの出来栄えだと満足して
6月11日の小百合物語の記事に取り掛かったのですよう。

題して『若さの秘密』

すでにイラストを描いてありました。



うん、うん、うん。。。小百合さんの若さの秘密について考察したのですよう。(微笑)
小百合さんも読んでルンルン気分になればいいなあああァ〜
ちょっぴり、そう思いましたね。



でも、小百合さんは半分馬鹿馬鹿しく思いながら読むかも。。。?



とにかく、いつもよりも早めに書き終わりました。
ライブドアで予約投稿をした後で、
e-XOOPSで小百合さんにでもカキコしようか。。。?
そう思って覗いたのが5時半頃。。。
日本時間では午前9時半です。

小百合さんがカキコするのは午前10から11時ごろなので、この時間には居ないと思っていたら、
小百合さんのハンドル名が画面に表示されていました。
おおォ〜 小百合さんが、今、ネットやってるゥ〜!
うしししし。。。



そう言う訳で、なんだか僕の気分もルンルン気分になってきましたよう。

小百合さんは“山の家”でゆっくりしてくるのではないだろうか?

『若さの秘密』を書きながら、そう思っていたので、
小百合さんが朝の9時半にXOOPSに居る事が、かなり意外でしたね。

それで、急にうれしくなって、小百合さんにも6月11日の記事を読んでもらおうと、
急遽(きゅうきょ)、『山の家』スレッドを立ち上げたのでした。うしししし。。。



とにかく、小百合さんのイラストを描いてから卑弥子さんが妊娠してしまったイラストまで描いてしまいましたからね。
うへへへへ。。。



自分ながら、馬鹿馬鹿しいと思って笑ってしまいましたよう!(爆笑)



とにかく、面白くて楽しめる記事になりましたよう。

小百合さんが読めば、半分馬鹿馬鹿しいと思いながらも、
もう半分で。。。。
ふ〜♪〜ん、と思いながら読めるのでは。。。?

とにかく、小百合さんが若々しくて、かわゆい人である事に変わりがありません。

うしししし。。。

やっぱり、まだ「かどや」のソースの魔法が効いていますよねぇ〜♪〜。



そう言う訳で、魔法がかかったままで書き上げた6月11日の記事を下に書きました。
読んでみてねぇ〜。

語数制限に引っかからないように
PART 1 と PART 2 に分けて載せました。






投稿日時: 2008/06/09 03:00 (ロンドン時間)
日本時間: 6月9日 午前11時
バンクーバー時間: 6月8日 午後7時


 (すぐ下の記事へ続く)
  
Posted by barclay1720 at 00:22Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月23日

ロマンと種馬



  
ロマンと種馬







ロマンと軽井沢




Subj:長い電話お疲れ様でした

Date: 01/10/2007 1:52:14 AM
Pacific Daylight Saving Time
日本時間: 10月1日 午後5時52分 
From: fuji@adagio.ocn.ne.jp
To: barclay1720@aol.com




長い電話お疲れ様でした。
良くわかりました。

経理をしなくてはいけない。
それも13年分。
誰にたのもうか?
レシートもなくてと迷って朝方まで寝られない夜が毎晩だった時、
デンマンさんと話して、ここまで経理が進んだことをホットしてます。

いくら 請求がきても カナダに納めるのならいいやと思いはじめました。 
バーナビーで夏休みを過ごすことは 毎年私の支えの時間でした。

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが
また戻りたいと思っていました。



実父の病気に、もう自分勝手にしていては駄目だ。
と今年決意しました。

こんな私でも欲しい物があります。
別荘です。
場所は長野です。
買ったら元家主の藤田桃子さん夫婦も招きたいです。
よかったらデンマンさんも。

日本だったら、親をおいていくことなく、ゆけます。

でも、29才からバーナビーで夏休みを過ごすことができた事は
私の人生にとって良かったと思います。
ではまた。。。



小百合より




『軽井沢と小百合さん (2007年12月4日)』より




デンマンさん。。。また小百合さんの古いメールを持ち出しましたわねぇ〜。。。なぜでござ〜♪〜ますか?



実はねぇ〜、久しぶりにライブドアの僕のブログの管理画面を見たのですよう。

それがどうしたと言うのでござ〜♪〜ますか?

次のようなメッセージがあったのですよう。


【あなたへのメッセージ】

まだ未読のコメントがあります。



デンマンさんはコメントをあまり見ないのですか?

ライブドアのブログを見るとコメントが付いているのが良く分からない。GOO のブログやWABLOGのブログには最新コメントがサイドバーに表示されるから、見過ごす事はまずないのですよう。

でも、最新コメントをライブドアのブログのサイドバーに付ける事ができるのではありませんか?

多分、できるのかもしれません。

それで、たくさんの未読のコメントがあったのでござ〜♪〜ますか?

そうなのですよう。325件のコメントが付いていたのだけれど、そのうちの3分の1は初めて読みました。

それまでは上のようなメッセージは管理画面に表示されなかったのですか?

見たことがない。おそらく、この1ヶ月ぐらいに新しく付け加えた機能なのでしょう。

それで、そのコメントの中に小百合さんが書いたモノもあったのですか?

そうなのですよう。最近の25件のコメントの中に3つありました。その内で最も新しいコメントが次の記事に書いてあったのです。

■ 『ロマンと悪妻 (2008年7月31日)』

デンマンさんが冒頭で取り上げた小百合さんからのメールは、上の記事の中に出てくるのでござ〜♪〜ますか?

そうなのですよう。上の記事のサワリの部分だけ書き出します。読んでみてください。



人を理解するという事は

とっても難しいということ…




ここで明らかなのは、漱石の人間認識がとぎすまされた結果、人間同士の相互認識などまったくあてにはならないものだということだけを最後に見出しているような、そうした、冷徹な懐疑主義だけである。
漱石は、人間関係の生臭いまでの悪臭の中に身をさらしながら、それらを裸にしてみせ、しかもその裸にされた人間たちがいかに不可解であるかについて、いうならば懐疑しているのである。
人間は裸にしてみればみるほど信じがたいものだという認識が、『明暗』を通じて流れる認識の基調である、といっていい。(183ページ)

残された唯一の解決は、行動による溝の否定でしかない。そして漱石は、そこに次第に近づきながらも、その究極的な答えを見出すことなしに『明暗』を中絶して死なねばならなかったのであった。実際には、漱石が溝の克服として行動の世界を見出していたかどうかということも、決して明らかであるわけではない。ただ、認識自体の不確実性を『明暗』においてのごとく究極的に検討しつくせば、残るものとしては認識の否定でさえある行動のみだということが、想像されるばかりである。(184ページ)

事実、ここでは人間の無力さは、ただに、作中人物同士が互いに相手を知りつくすことができないという点においてのみならず、それら作中人物たちの創造者たる漱石自身が、自分の生んだ作中人物たちを知りえず、彼らの行為を一種驚きの目をもって見ているごとく思われる点で、ほとんど完全に表現されているのである。

何度も繰り返して書いたように、漱石の晩年の作品において次第に澄んでくるのは彼の現実観察の眼だけであって、それは澄めば澄むほど、現実の暗い襞の中にひそんでいる醜悪な部分を明るみに出すことしかできなかった。したがって彼は死ぬまで、本質的な散文作家のみが辿る皮肉で苦しい道すじ、己の描き出す世界の醜さに堪えきれずして澄んだ心境を求めながら、心境の澄むことは、逆になおいっそう深く現実の裏面観察へしか彼を追いやらないという、皮肉な道すじを辿り続けねばならなかったのである。(185ページ)




『拝啓 漱石先生』 著者: 大岡信(おおおか まこと) 出版社: 株式会社世界文化社
1999年2月10日 初版第一刷発行 ISBN: 4-418-99503-X
 



評論家の書くモノって分かりにくいのですよねぇ〜。どうしても観念論的になって、理屈を捏ね回しているように見える。



デンマンさんだって、理屈を捏ね回すじゃござ〜♪〜ませんかア。

僕はできるだけ具体的に書こうとしているのですよう。その方が分かり易いから。でもねぇ、評論家の書くモノって、どう言う訳か難しい言葉を使って、難しい言い回しで、日常的な具体例を書いてくれない。なんとなく文章がもったいぶった哲学的な感じを受けるのですよう。分かるようで分からない。そういうのが評論家の書き方だなあああぁ〜。。。僕は、そう思うことが多いのですよう。

それで、上の文章のどこが分かったようで分からないのでござ〜♪〜ますか?

次の部分ですよう。


残された唯一の解決は、

行動による溝の否定でしかない。

実際には、漱石が溝の克服として

行動の世界を見出していたかどうかということも、

決して明らかであるわけではない。

残るものとしては認識の否定でさえある

行動のみだということが、想像されるばかりである。


もちろん、書いている大岡信さんは理解しているつもりなんでしょう。でも、読んでいる僕には「行動」と「認識の否定」が、具体的にどのように結びついているのか全く分からなかった。

つまり、大岡さんが具体的に分かり易く書いていない、とデンマンさんはおっしゃるのでござ〜♪〜ますか?

その通りですよう。僕は結構、英語の本をたくさん読んでいるのだけれど、いつも感心させられるのは、具体的な例をたくさん引用して分かりやすく書いてある。同じような題材について書いてある本を、日本語と英語の本で比較するとき、僕はいつも日本語で書いてある本に具体例が乏しい事に気づくのですよう。

そう言うものでござ〜♪〜ましょうか?

最もはっきりした例が教科書ですよう。英語の教科書は日本語で書かれた教科書の2倍から3倍の厚さがあります。大学生の時に使った「解析理論」と言う数学の教科書は、読んでもさっぱり分からなかったのだけれど、英語で書かれた「解析理論」は具体的に書かれていたので良く理解できた。現在はどうなのか良く知らないけれど、20年ほど前はそうだった。先生の言っている事が英語で良く分からなかったけれど、教科書を読むと良く理解できたものですよう。

。。。んで、「行動」と「認識の否定」の関係がデンマンさんには理解できないのですか?

良く分からなかったのですよう。でも、上の小百合さんのメールを読んで急に閃(ひらめ)くモノがあった。

その閃いたモノのって。。。どのようなモノでござ〜♪〜ますか?

だから、今日はその事を書こうと思い立ったのですよう。

分かりましたわ。さっそく話してくださいましな。

分かり易く説明するために、まず次の文章を読んでください。



どんな人のところへ行こうと、嫁に行けば、女は夫のために邪(よこしま)になるのだ。
そういう僕がすでに僕の妻をどのくらい悪くしたか分からない。
自分が悪くした妻から、幸福を求めるのは押しが強すぎるじゃないか。
幸福は嫁に行って天真(てんしん)を損われた女からは要求できるものじゃないよ。

(『行人』<塵労>五十一)


この言葉は、事実上『行人』一巻を閉じる役目を果たしているが、これこそ漱石の会得した新しい認識を示すものであると私は思う。なぜならばこの言葉は、一郎があれほど意識的に求めた「絶対」の境地などという観念的世界のものではなく、行動の世界のものだからである。ここには、浮薄(ふはく)さを切り捨てた、きびしい愛情がにじみ出ている。
一郎は初めて行動を発見し、予感していると私には思える。いうならば、この方向だけが、彼に「絶対」を把握させるものであろう。なぜならば、行動は行動者から自意識を否応なしに剥奪するからであり、彼を一個の、実在する無に化するからである。そしてそのことは、彼がなす行動が常に絶対的なものであることを意味するからである。(151ページ)

一郎はお直から逃れることではなく、お直の内部にまで進み入ることによってのみ、彼が観念的に希求した絶対的存在の彼自身の中での生動(せいどう)を感じえたであろう。彼らは実際、互いに愛しうるし、互いに互いの仕方で相手を精一杯愛しているのである。それを妨げているのは、奇妙なくらい、愛している女に対して臆病な一郎の態度だったのだ。それは彼の場合、自分自身に対して臆病であることにほかならなかった。彼は自分に対して消してメスをふるいはしなかったからだ。それゆえ、右に引いた一郎の言葉は、彼にとってまったく新しいものだったのである。
そして同時に、漱石の新しい出発を予感させるものでもあったのである。(152ページ)




『拝啓 漱石先生』 著者: 大岡信(おおおか まこと) 出版社: 株式会社世界文化社
1999年2月10日 初版第一刷発行 ISBN: 4-418-99503-X


ここでも「行動」が具体的にどのような「行動」なのか説明がない。

そうでござ〜♪〜ましょうか?

そうですよう。


一郎はお直から逃れることではなく、

お直の内部にまで進み入ることによってのみ、

彼が観念的に希求した絶対的存在の

彼自身の中での生動(せいどう)を感じえたであろう。


この“お直の内部にまで進み入る”ことが「行動」なのだろうけれど、具体的にどう言う事なのかが書いてない。おそらく、大岡さんは、“そんなことぐらい読者が勝手に考えろ!難しい事じゃないよ!”と思ったのでしょうね。そう言う所が観念的だと僕は言いたいのですよう。

つまり、ミーちゃんハーちゃんの読者の立場になって分かり易く書いてない、とデンマンさんはおっしゃるのでござ〜♪〜ますか?

その通りですよう。この大岡さんの話の進め方が実に観念的に僕には映る。そのために、第一部を読んで僕は本を投げ出す気になってしまった。つまり、読みながら、“うん、うん、うん。。。なるほど。。。なるほど。。。”と、相槌を打ちながら読み進めることができなかった。良く分からない観念的な話に出くわして、そこで同じ箇所を何度か読み返して理解しようとする。でも、具体的なことが書いてないから、すっきりと理解できないままで読み進むと、また観念的な箇所に出くわして、良く分からない。こう言う事が何度か続くとムカついてきて、本を投げ出したくなってしまう。僕の言おうとしていることが卑弥子さんにも分かるでしょう?

でも、著者はすべての読者の要求に応じる事などできませんわ。

すべての読者の要求に応じろと僕は言っているのではないのですよう。もっと具体的に書いたらどうかと言っているのですよう。

。。。んで。小百合さんのメールが、その「行動」の具体例なのでござ〜♪〜ますか?

そうなのですよう。僕は小百合さんのメールを読み返して閃いたのですよう。

だから、どのように。。。?

つまり、小百合さんは次のように書いていた。




デンマンさんは、私がレンゲさんのような

ロマンチックな女だと期待しているようですが、

私は、そのような女っぽい女ではないのですゥ。

主人は私のことを「中性脂肪」だと言います。

つまり、女っぽくない脂肪の塊だと。。。





『夢とロマンの軽井沢 (2008年7月19日)』より


つまり、小百合さんと夫の関係は、『行人』の中であれば、一郎とお直、現実世界であれば漱石と鏡子夫人の関係に極めて似ている。



そうでしょうか?

僕は、小百合さんの旦那の事はメールと投稿から判断するより仕方がないけれど、『行人』のシチュエーションを借りるならば、小百合さんは一郎の立場で行動を起こしているのですよう。

どのように。。。でござ〜♪〜ますか?




(13年間)バーナビーで夏休みを過ごすことは 毎年私の支えの時間でした。

あの古い家は、夏休みで休むというより
ペンキ、芝のクローバむしり、
りんごの木の手入れ、
玄関まで高く長い階段のペンキはがしや、
しばらくみがかないガラス、
シミだらけのじゅうたん、
BASEMENTはランドリーのホコリとくもの巣、
行けば、掃除ばかりの家に大変でしたが
また戻りたいと思っていました。


ここには、「中性脂肪」だと言われた妻が、「認識の否定」のために「行動」を起こしている。つまり、夏の期間、夫と離れてバーナビーの“山の家”で過ごしながら、家事をやり、子育てをして自分にだって“女らしいことができる事”を行動して自分で確かめている。

その事を、小百合さんは“(心の)支えの時間”だったと言っている訳なのでござ〜♪〜ますか?

そうですよう。「中性脂肪」のエピソードを読んで、小百合さんのメールを読み返した時に、「行動」と「認識の否定」の関係が、このように閃いたのですよう。うしししし。。。


【卑弥子の独り言】



ですってぇ〜。。。
でも、実際にどうなのでござ〜♪〜ましょうか?
小百合さんは、ご自分が「中性脂肪」ではない事を立証するために
バーナビーの“山の家”を持つ決心をしたのでござ〜♪〜ましょうか?
夏の間、子供たちと山の家で過ごすことが小百合さんにとって
“女っぽい女”を確認する「行動」になったのでしょうか?

あたくしは、むしろ、旦那さんが他の女性との関係を続けていて、
そのことのために小百合さんがバーナビーの“山の家”をもったように想像しているのですわ。
その方が小説的でドラマチックでござ〜♪〜ますでしょう?
おほほほほ。。。




こんにちは。ジューンです。

小百合さんが借りていた“山の家”は

バーナビーの“鹿の湖 (Deer Lake)”の

畔(ほとり)にあります。





白鳥は飛んできませんが

鴨がたくさんやってきます。

大きな町なのに

このような静かな湖があるのは

やはりカナダが広い国だからでしょうか?

小百合さんは今年(2008年)の6月に

軽井沢に別荘を持ちました。



つい最近、小百合さんは雲場池(くもばいけ)を

訪れたそうです。

別名スワンレイクとも呼ばれています。

わたしも一度行きましたが、

静かで良いところです。

白鳥は居ませんでしたが。。。



では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。









『ロマンと悪妻 (2008年7月31日)』より


それで、この記事を読んだ小百合さんは、どのようなコメントを書いていたのでござ〜♪〜ますか?

そのコメントをコピペします。読んでみてください。


小百合さんが書いたコメント

2008/08/02 14:03 投稿者:sayuri

女は種馬
旦那の1番になろうと もう 思った事はナイのです。

私の一番も 誰だか。
そんな事は人に教えないのです。

デンマンさんが推測しても 分からない。
ハズレ




『ロマンと悪妻』のコメント欄より


デンマンさんは、どう思いました?

う〜〜ん。。。唸(うな)ってしまいましたねぇ。

どうしてでござ〜♪〜ますか?

いろいろな意味で衝撃的でした。

どういうところが。。。?

旦那の1番になろう

もう思った事はナイのです。


この言葉ですよう。

それがデンマンさんにとって、それ程に衝撃的だったのでござ〜♪〜ますか?

メチャ衝撃的だった。衝撃の告白ですよう!

ちょっとオーバーではござ〜♪〜ませんか?

決してオーバーではありません。僕はレンゲさんの次の手記がすぐに思い浮かんできました。


不倫の果てに…



不倫と呼ばれる恋愛について、どんなイメージを抱かれますか?
わたしは女性として、相手の男性にパートナーがいるのに、
自分が彼の一番になれないのに、
それに甘んじている女性の事を
“プライドはないの?”
“先(結婚という意味ではありません)がないのにばかげてる”
などと、どちらかというと軽い軽蔑感を持っていました。
でもわたしの身にも、それは訪れてしまったのです。

ある既婚男性のことを、
どうしようもなく好きになってしまったのです。
初めは手の届かない相手だと、
片思いを続けていたのですが、
どうしても我慢できずに、
彼にモーションをかけはじめてしまったのです。
そして、長い時間を経て彼と肉体関係を持ちました。

そこから、彼はわたしのことを「彼女」だと呼ぶようになりました。
わたしは、一度の関係で終わろうと思っていました。
してはならないことをしてしまった、という思いと、
これで完結した、という気持ちがあったからです。

でも、長い間モーションをかけ続けておいて、セックスして、
「はいさよなら」なんて図々しい考えですよね。
結局わたしたちは、不倫関係に陥ってしまったのです。
そして次第にわたしは苦悩に苛まれはじめました。

彼とは、毎日のように会っていました。
いつしか彼と会えない日は心に穴があいたように感じるようになりました。
これは、どんな恋愛でもあることだと思いますが・・・

でも、わたしの頭には、
“彼がわたしと会わない=奥さんといっしょにいる”
という図式ができあがってしまい、
嫉妬に苦しむようになったのです。

そのうち、彼から
「子供が大きくなったら(わたしと)いっしょになりたい」
と言われました。

その時点ではその言葉は、彼の本音だったと今でも思います。
言葉だけでなく、彼の行動がそれを裏打ちしていたからです。
でも、
“大きくなったらっていつ?”
“奥さんはどうするの?”
そんな疑問で頭がいっぱいでした。
そして、それと同時に彼の奥さんに対する嫉妬は、
ますますふくらんでいきました。
現在だけでなく、彼らの過去の歴史、
これからの生活などにも嫉妬の目が向くようになりました。

つまりわたしは、妄想に苦しめられていたのです。
そんなわたしは彼に対して、
自分の妄想をぶつけはじめたのです。
不倫であれ、どんな関係であれ、
相手から勝手な妄想をぶつけられたら、
何を言えばいいのか、どうすればいいのか
わからなくなる事でしょう。
その頃の自分の愚かさに、今でも情けなくなります。

わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。
そして、何かを得ようとも思っていました。
(念のため、モノではないです)
でも、彼との長い不倫生活の果てに、
得られたものは、負の遺産ばかりでした。

世間のすべての不倫カップルがそうだとは
限らないとは思いますが、わたしたちの場合は、
おたがいを傷つけあって(傷の質は違いますが)
後々笑顔で思い出せるようなものではありませんでした。

おそらく今、会ったとしても、お互い自分の残した
嫌なものを見ているような気持ちしか、
生まれてこないでしょう。

最初の頃のときめき。
彼のやさしさ。
いきいきとしたわたし。
何もかも、なくしてしまってからの別れ。

本当は、彼と和解したいと考えている自分がいます。
よりを戻すのではなく、ただ、醜い別れを修正したい。
・・・そんな甘い話は、ありませんよね。

by レンゲ

2004-07-21 10:11:08




『不倫の悦びと苦悩 (2004年7月21日)』より


レンゲさんも、実は、“1番になろう”と苦悩したのですよう。でも結局、物理的に1番にはなれなかった。

“物理的に1番になれなかった”とは、どう言う事でござ〜♪〜ますか?

つまり、レンゲさんの不倫相手の吉村さんは妻と離婚してレンゲさんと一緒にならなかったと言う事ですよう。結局、吉村さんはレンゲさんとの関係を清算して妻の元へ戻って行ったのですよう。

要するに、吉村さんにとって1番はやっぱり奥さんだったのでござ〜♪〜ますわね?

違いますよう。

違うのでござ〜♪〜ますか?。。。で、吉村さんの1番は誰でござ〜♪〜ますか?

何度か取り上げたけれど、次のフロイトの名言を読んでみてください。




When two people make love, there are at least four people present---the two who are actually there and the two they are thinking about.

--- Sigmund Freud




カップルがベッドで愛し合うとき、実は4人がかかわっている。
そこに居る二人と、それぞれが思い浮かべている違う相手。

--- ジクムント・フロイト



『日本で最も有名な三角関係 (2007年6月25日)』より


つまり、吉村さんと奥さんはベッドの中で愛し合っていても、オツムの中で切望している相手は別人だ、とデンマンさんはおっしゃるのでござ〜♪〜ますか?

そうですよう。卑弥子さんだってぇ〜、マンネリ化したボーイフレンドとベッドで愛し合うとき、オツムの中に思い浮かべるのは、やっぱり別の男性でしょう?

あたくしは。。。あたくしは。。。あのォ〜。。。そのようなボーイフレンドは居ないのでござ〜♪〜ますわ。

マジで。。。?

デンマンさん!。。。日本語が分かる世界のネット市民の皆様の前で、あたくしに恥をかかせるのでござ〜♪〜ますか?

違いますよう。卑弥子さんに尋ねないと、また卑弥子さんがあとで僻(ひが)むと思って、僕は聞いてみたのですよう。。。僕の。。。僕の。。。あのォ〜。。。思いやりですよう!

違いますわ。。。絶対に違いますわぁ〜。。。そのように言っておきながら、実は、それって。。。大人のイジメですわぁ〜。

でも、僕が言おうとしていることが卑弥子さんにも分かるでしょう?

分かりませんわ。吉村さんの一番は、一体どなたなのでござ〜♪〜ますか?

吉村さんは、レンゲさんと別れる事になったけれど、それは吉村さんの家庭の将来を考えての事だと僕は思うのですよう。つまり、奥さんや子供の将来ですよう。それに、もちろん、吉村さん自身の将来ですよう。仕事の事、家族ぐるみで付き合っていた友達の事。。。親戚の事。。。そのような社会的な事を考えた末に吉村さんはレンゲさんと別れたのですよう。

つまり、奥さんとベッドで愛し合っていても、吉村さんはレンゲさんのことを考えていたかも知れないと。。。

そうですよう。

でも、レンゲさんは吉村さんの1番になれずに別れたと。。。そう思っているはずでござ〜♪〜ますわ。

その通りですよう。でもねぇ〜、そこですよう。。。僕は、そこにレンゲさんと小百合さんの接点を見つけたのですよう。

どう言う事でござ〜♪〜ますか?

つまりねぇ。。。吉村さんはレンゲさんと別れて奥さんの待つ家庭に戻っていった。でもねぇ、奥さんは心の中では、ちょうど小百合さんが考えているように“旦那の1番になろうと もう 思った事はナイのです”と思っているかもしれない。

つまり、吉村さんが心のどこかでレンゲさんに対して未練を持っている事を知りつつ、家庭をしっかりと守りながら生活してゆく事を奥様は心に固く誓ったと言う事ですか?

その通りですよう。

そうでしょうか?

卑弥子さんが結婚して家庭を持ち、子供を持ち、夫の“浮気”を経験した時。。。卑弥子さんにも小百合さんが言ったことがじっくりと理解できると思うのですよう。

小百合さんも夫の浮気を経験したのでござ〜♪〜ましょうか?

それは、僕も知りません。小百合さんは夫が浮気したとも不倫したとも、これまでに僕に語った事は一度としてありません。でもね、そういう愛情問題を別にしても、小百合さんが持っている自分のイメージを、その通りに夫がイメージしてくれない。それは僕にも感じ取る事ができる。

旦那さんが小百合さんのことを“中性脂肪”と言ったという事からですか。。。?

そうですよ。男も女も不完全な生き物です。ノー天気でない限り、どんな夫婦でも、自分が相手にとって1番ではないのかもしれない。。。?そう思うのが普通だと僕は思いますね。

つまり、1番とは理想の相手ですか?

そうですよう。一生探しても1番は現れないでしょうね。

つまり、ベッドの中で愛し合う時にオツムの中に思い浮かぶ人が幻(まぼろし)の1番なのですわね?

そうですよう。うしししし。。。


【卑弥子の独り言】



ですってぇ〜。。。
いつものようにデンマンさんは、いろいろと理屈を捏ね回していますわ。
でも、確かに、1番なんて現実には居ないのかも知れませんよね。
人間は神様ではないのだから、完璧な男、完璧な女など居るはずがござ〜♪〜ません。
でも、だからといって、どうでも良い人間のカスだけは、つかみたくないものですわ。
うふふふふ。。。

あなただって、そう思うでしょう?

とにかく、あさって、まだ面白いお話が続くと思います。
あなたも、どうか、読みに戻って来てくださいましね。
じゃあ、また。。。






ィ〜ハァ〜♪〜!

メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

そうですよね。

1番というのは“青い鳥”と同じ事だと思いますわ。

『青い鳥』 - 聞いた事があるでしょう?

青い鳥 (L'Oiseau bleu)は、

モーリス・メーテルリンク作の童話劇です。

兄と妹(チルチル、ミチル)が夢のなかで過去や未来の国に、

幸福の象徴である青い鳥をさがしに行くのです。

でも、結局、その“青い鳥”は自分たちに最も手近なところにある、

鳥かごの中に居た、と言うお話です。

「青い鳥症候群」というのを知っていますか?

今の自分は本当の自分ではないと信じ、

いつまでも夢を追い続ける人、

あるいは、理想の職を求めて定職につかず転職を繰り返す人、

そういう人の事を「青い鳥症候群」と言うそうです。



ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月20日

あなたの恋愛型?



 
あなたの恋愛型?



おほほほ。。。

卑弥子でござ〜♪〜ますわよゥ。

また出て来てしまいましたわア〜

どうしても、あなたに

お会いしたかったので

ござ〜♪〜ますわよゥ。

ええっ?相手が

誰だか分からないのに、

いい加減な事をぬかすな!

あら、まあぁ〜、

きついお言葉ですことォ〜

そのようなエゲツない事を

言わないでくださいましなぁ〜

仲良くしましょうね。

あたくしは、あなたに本当に

お会いしたかったので

ござ〜♪〜ますわよう。

うしししし。。。

ええっ?

そんな事はどうでもいいから、

「恋愛型」について早く話せ!

あなたは、また、そのような強い口調で、

あたくしにご命令なさるのござ〜♪〜ますかア?

分かりましたわ。

あたくしも、そのつもりで

出てきたのでござ〜♪〜ますから。。。

おほほほほ。。。




あなただって、これまでに恋愛をしたことがおありでしょう?

ええっ?まだないの?

あなたは、まさか幼稚園児ではないでしょうね?

うふふふふ。。。



このような気持ちになった事が、あなたにもあるでしょう?

今日はねぇ、あなたの恋愛のタイプはどのようなものかをあたくしが診断しようと言う訳なのよ。

ええっ?あなた自身でも分からないのに、あたくしに分かる訳が無いって。。。?

あのねぇ、意外に本人には分からないものなのよ。

だから、あたくしが出て来てあなたの恋愛型を診断する訳なのよ。

とになくねぇ、騙されたと思ってあたくしの質問に答えてね。

恋愛には全く関係ない質問だけれど、あなたはマジで答えてね。

いいでしょう?

そうじゃないと、あたくしが困ってしまうのよ。おほほほ。。。

じゃあ、いくわよう。

あなたへの質問ですう。


あなたは「ひな祭り」が好きですか?

あなたにとって、ひな祭りに

欠かせないと思うものはなんですか?

A: 白酒

B: 桃の花

C: ひなあられ

D: さくら餅




いくつになっても、恋はいいものですよね。

でもね、あなたの恋愛のタイプってあるものなのでござ〜♪〜ますわよ。

今まで、考えた事ある?

ないでしょう?

では、あなたの恋愛型をあたくしが当てますよ。


○ Aを選んだあなたは 【友情Love型】 ですよ。

「白酒」を選んだあなたは、さっぱりとした人です。
異性でも真の友だちになれるので、お互いを尊重し、相手に依存しない恋愛をしているようです。



○ Bを選んだあなたは 【ロマンチックLove型】 です。

「桃の花」を選んだあなたは、ロマンチストです。
いつもラブラブな気持ちでいられるように、相手が喜ぶ演出にこだわっているのでは?



○ Cを選んだあなたは 【欲張りLove型】 ですよ。

「ひなあられ」を選んだあなたは、欲張りさんです。
1つの恋だけでは満足できず、より多くの恋を経験したいと思ってしまうのでは?



○ Dを選んだあなたは 【絵に描いたLove型】 です。

「さくら餅」を選んだあなたは、理想が高い人です。
理想の恋愛を夢みて常に妄想しているので、現実の恋愛に物足りなさを感じてしまうのでは?


どうですか?
思い当たる事があるでしょう?

ええっ?あたくしですか?
「桃の花」を選らんだのですわよ。

そうなのよねぇ〜、あたくしはロマンチストなのよう。
あたくしが十二単を着ているのを見れば分かるでしょう?
おほほほほ。。。

あなたはどうでした?
当たっていた?

もし、あたくしの上の診断が間違っていたとしても、
ムカついたりしないようにねぇ。

ムカつくと癌になり易くなるのよ。
ナチュラルキラーの癌細胞・殺戮力(さつりくりょく)が落ちてしまうのよ。
うふふふふ。。。

だからね、癌にかかりたくなかったら、いつもニコニコしている事なのよ。

ええっ?いつもニコニコしていられないの?
だったらね、あなたのために、いつもニコニコしていられるサイトを紹介するわ。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。

■ 『どんな時でも、あなたがニコニコしていられるサイト』



ええっ?
あなたは本格的に、あなたの恋愛型を占いたいの。。。?

分かりましたわ。
それならねぇ、本格的な占いサイトをご紹介しますわよ。

もちろん無料なのよ。
じゃあね、次のリンクをクリックしてね。

■ 『あなたも未来を開く占いをやってみませんか?

うれしい出会いが待っているかも知れませんよ!』


上のリンクをクリックすると「占いの館」の説明が現れますよ。
「占いの館」とは西洋占星術に基づく「ミーシャの12星座占い」です。
東洋の易術に基づく「ミーシャの易占い」という2つの無料占いと、
必ず開運アイテムがもらえる「ココロのアイテムおみくじ」が楽しめる
本格的な占いコンテンツでござ〜♪〜ますわよ。

とにかく、無料で試してみることが出来るのよ。
あなたが失うものは無いの。。。
だから、覗いてみるだけの価値があるわよ。

じゃあ、大いに楽しんでね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのためのオンラインショッピング ガイド』

■ 『面白くって楽しくてためになる英語』

■ 『今、すぐに役立つホットな情報をゲットしようね』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』



■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』



■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。。

また現れて、

くどいようでござ〜♪〜ますけれど。。。

分かってるわよゥ。

でも、我慢して読んで頂戴ね。

あたくしだって、好き好んで

あなたをわずらわせたくないのよ。

でも、デンマンさんは良い人だから

あたくしは、お手伝いをしたいわけなのよゥ。

だから、あなたも我慢して

最後まで付き合ってね?

おほほほほ。。。

ところで、あたくしはマロンが大好物なのよ。



ええっ?モンブランじゃなかったのかって。。。?

そうなのよ。良く覚えているわね?

モンブランも好きなのよ。

でもマロンも大好物なのよ。

おほほほほ。。。

あなたも食べてみない?

ええっ?

食べたくても無いのォ〜?

心配する事は無いのでござ〜♪〜ますのよゥ!

貴方もこうしてネットをやって、

あたくしの記事を読んでいるのですから、

クリックするだけで、

すぐに手に入るのですわよ!

ぜひ次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『あなたのためのオンライン ショッピングガイド』

それは、さておき。。。

あたくしがマスコットギャルをやっている次のサイトも見てね。

■ 『面白くて楽しい、新しい日本古代史』

貴方、ホントに見てね?

ダメよ!そうやって生返事ばかりして、

この場をうまく誤魔化そうなんてぇ〜

そういうコスイ考え方は、お止めになった方が

良いのでござ〜♪〜ますわよゥ〜。

ええっ?どんな面白い記事があるのかって?

ちょっとこれを見てよゥ。



これはね、聖徳太子が子供の頃の

立像なのでござ〜♪〜ますわよ。

聖徳太子は厩戸王子(うまやどのおうじ)と呼ばれていたのよ。

なぜ?

あなたも、そう思ったことない?

どうしてかしら?

知りたいでしょう?

興味が湧いてきたでしょう?

次のリンクをクリックして読んでみてねぇ。

■ 『聖徳太子は、なぜ厩戸王子(うまやどのおうじ)

と呼ばれていたのでしょうか?』


あたくしも読んだけれど、

けっこう面白い事が書いてあるのよ。

だから、あなたも読んでみてね。

いづれにしても、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月18日

愛と無常

 
 
愛と無常
 
 






手を離さないで


 
 
果つる世に

ともにありたし

息絶えて

つなぐ手と手の

離れぬままに

 
 
by merange (めれんげ)

2006.10.19 Thursday 00:42

comments(674) | trackbacks(1)

(2008年10月12日午前7現在)




『即興の詩 手を離さないで』より




デンマンさん。。。、また今日も、この短歌ですか?



この短歌ですかって。。。よく覚えていますねぇ〜?

だってぇ、次の記事でデンマンさんが取り上げた短歌と同じものですわ。

■ 『愛は命の次に… (2008年10月14日)』

確かにそうですよう。。。それにしてもレンゲさんは、よく覚えていますねぇ〜?

4日前の事ですもの。。。覚えていますわよう。どうしてまた取り上げたのですか?

気になることがあって。。。

いったい、何が気になるのですか?

ちょっと歌の感じが、あまりにも古風というか。。。時代がかっているでしょう?。。。この世では思いがかなわないので、あの世で恋を成就(じょうじゅ)しようと言うような。。。僕はめれんげさんの上の短歌を読みながら近松門左衛門の世界を考えていたのですよう。

近松門左衛門ですか?

そうですよう。あの『心中天の網島』ですよう。


心中天網島

(しんじゅうてんのあみじま)




紙屋の治兵衛は二人の子供と女房がありながら、曽根崎新地にあった当時の高級クラブ「紀伊国屋」の遊女(高級ホステス)小春とおよそ三年にわたる馴染み客になっていた。
小春と治兵衛の仲はもう誰にも止められぬほど深いものになっており、見かねた店の者が二人の仲を裂こうとあれこれ画策する。
離れ離れになるのを悲しむ小春と治兵衛は二度と会えなくなるようなら、その時は共に死のうと心中の誓いを交わした。

ある日小春は侍の客と新地の「河庄」(別の高級クラブ)にいた。
話をしようにも物騒な事ばかりを口にする小春を怪しみ、侍は小春に訳を尋ねる。
小春は「馴染み客の治兵衛と心中する約束をしているのだが、本当は死にたくない。だから自分の元に通い続けて治兵衛を諦めさせて欲しい」と頼む。

開け放しておいた窓を閉めようと小春が立った時、突然、格子の隙間から脇差が差し込まれた。
それは小春と心中するために脇差を携え、店の人々の監視を掻い潜りながらこっそり「河庄」に来た治兵衛だった。

窓明かりから小春を認めた治兵衛は窓の側で話の一部始終を立ち聞きしていたのだ。
侍は治兵衛の無礼を戒めるために治兵衛の手首を格子に括り付けてしまう。
すると間が悪いことに治兵衛の恋敵である伊丹の太兵衛が「河庄」に来てしまう。
治兵衛と小春を争う太兵衛は治兵衛の不様な姿を嘲笑する。

すると治兵衛を格子に括った侍が今度は間に入って治兵衛を庇い、太兵衛を追い払った。
実は武士の客だと思ったのは侍に扮した兄の粉屋孫右衛門だった。
商売にまで支障を来たすほど小春に入れ揚げている治兵衛に堪忍袋の緒が切れ、曽根崎通いをやめさせようと小春に会いに来たのだった。

話を知った治兵衛は怒り、きっぱり小春と別れる事を決めて小春から起請文を取り戻した。
小春はもう治兵衛と縁を切る気持になっていた。
嫌いになったのではない。
治兵衛の妻おさんから「どうか夫の命を救って下さい」と身を案じる手紙を内々に受け取っていたからだ。
おさんは2人の関係を知っていて、心中されることを恐れていたのだ。
小春は別れることで治兵衛の命を救うことにする。
彼女は治兵衛に理由を話さず「心中が嫌になった」とだけ告げた。
突然の心変わりが理解できず「この裏切り者!」と治兵衛は激しく罵るのだった。
彼はまた、人づてに成金の太兵衛が小春の身請け(遊女を店から大金で買って自由にすること)を狙っていると聞いてパニックになる。

それから10日後、きびきびと働く妻のおさんを見ながらも治兵衛はどうにも仕事に精が出ず、炬燵に寝転がってばかりいた。
その時、治兵衛の叔母と孫右衛門が小春の身請けの噂を聞いて治兵衛に尋問しに紙屋へやって来た。
ここ10日間、治兵衛は何処にも行っていない、身請けしたのは恋敵の太兵衛だという治兵衛とおさんの言葉を信じ、叔母は治兵衛に念のため、と起請文を書かせると安心して帰っていった。
しかし叔母と孫右衛門が帰った後、治兵衛は炬燵に潜って泣き伏してしまう。
心の奥ではまだ小春を思い切れずにいたのだ。



そんな夫の不甲斐無さを悲しむおさんだが、「もし他の客に落籍されるような事があればきっぱり己の命を絶つ」という小春の言葉を治兵衛から聞いたおさんは彼女との義理を考えて太兵衛に先んじた身請けを治兵衛に勧める。
おさんは自分が出した手紙のことを正直に話し、「小春さんを死なせては女同士の義理が立たない」と治兵衛に語る。
商売用の銀四百匁と子供や自分のありったけの着物を質に入れ、小春の支度金を準備しようとするおさん。
しかし運悪くおさんの父・五左衛門が店に来てしまう。
日頃から治兵衛の責任感の無さを知っていた五左衛門は直筆の起請文があっても治兵衛を疑い、おさんを心配して紙屋に来たのだ。
当然、父として憤った五左衛門は無理やり嫌がるおさんを引っ張って連れ帰り、親の権利で治兵衛と離縁させた。

おさんの折角の犠牲も全て水の泡になってしまったのだった。

望みを失った治兵衛は虚ろな心のままに新地へ赴く。
小春に会いに来たのだ。
別れた筈なのにと訝しがる小春に訳を話し、もう何にも縛られぬ世界へ二人で行こうと治兵衛は再び小春と心中する事を約束した。
小春と予め示し合わせておいた治兵衛は、蜆川から多くの橋を渡って網島の大長寺に向かう。

そして1720年10月14日の夜明け頃、二人は俗世との縁を絶つために髪を切る。
同じ場所で死んではおさんさんへ義理が立たないので、離れた場所で死にましょう」と小春は言う。
治兵衛は小春の喉首を刺し、自らはおさんへの義理立てのため、付近の水門で首を吊った。



1969年(昭和44年)には、篠田正浩監督により映画化された。
治兵衛には二代目中村吉右衛門、おさんに岩下志麻を起用し、通常の劇映画と異なる実験的な演出で、人形浄瑠璃や歌舞伎の雰囲気を色濃く漂わせる作風となっている。




『自由と無関心 (2008年1月17日)』より


めれんげさんの短歌が、治兵衛と小春が心中する直前に詠んだ歌のように思えたのですよう。

マジで。。。?

もちろん、僕は大真面目ですよう。

めれんげさんの短歌が、それ程思いつめて書いたように感じられたのですか?

だって、そうでしょう。。。この世ではどうにもならないから、あの世に行って思いを遂げようという訳ですよう。

デンマンさんは、そういう生き方がイヤなのですか?

もちろんですよう。第一、あの世なんて僕には信じることができませんからね。

“生きているうちが花だよ。

死んで花実が咲くものか!”


生きていればこそ良いこともある。死んでしまったのでは再び良いことに巡り会うことは出来ない。死んだらお終(しま)いですよう。

でも、生きていたからって良い事だけがあるわけではありませんわ。

だから、悪い事、嫌な事をする必要はないのですよう。

でも、口で言うように、なかなか思い通りに行かないものですわ。

レンゲさんが言うことも良く分かりますよう。そう言えば、卑弥子さんと『心中天の網島』のことで語り合った事があるのですよう。その時の対話を書き出してみます。レンゲさんも読んでみてください。


あの世にしか救いはないのか?



治兵衛を見てくださいよ。吐き気を催(もよお)させるほど嫌な生き方をしているじゃありませんか!現代人が見たら、おそらく、ほとんどの人が治兵衛をだらしない男、不甲斐ない男だと思うでしょうね。。。しかも、最後に小春を殺して自殺するのですよ。僕にはとても受け入れる事ができない生き方ですよ。



もし、その時デンマンさんが生きていたとして治兵衛さんの立場に居たとします。デンマンさんはどうするのでござ〜♪〜ますか?

小春をつれて長崎に行きますね。それでオランダ商館に逃げ込んでオランダへ連れて行ってもらいますよ。

もしオランダ商館の人がダメだと言ったら?

そしたら長崎の中国人の家に頼み込んで、しばらく中国語を勉強させてもらって、それから中国人に成りすまして小春を男装させ、船員になって日本を脱出しますよ。

デンマンさんならば、やりそうでござ〜♪〜ますわぁ〜。おほほほほ。。。

とにかくねぇ、しばらくぶりに日本に戻ると、僕は現在でも自分の身の回りに、この“義理と封建制”を感じますよ。

たとえば。。。?

本音は、しばしば正直に表現されない。たいていの人が社会・立場から期待・要求されるように行動していますよ。つまり、本音で生きている人は極めて少ない。

具体的には。。。?

“礼儀”だとか、“近所付き合い”とか、“親戚付き合い”、“しきたり”。。。それに、“家族の期待”、“両親の期待”、“世間からどう見られるか?思われるか?”。。。カナダやアメリカならば、考えなくても良いことで悩んでいる人が日本にはたくさん居ますよ。もちろん、上の例のような“禁じられた恋愛”もある。でも、江戸時代のように心中する人はほとんど居なくなりましたよね。そこまでしなくても、最近では、好きな人と同棲する事は、それ程難しい事ではない。

江戸時代には、好きな人と同棲する事はできなかったのでござ〜♪〜ますか?

だから、そうしようとすると、家族が寄ってたかって、上のような事件になってしまうのですよ。それでも江戸時代には情死(心中)が美化されていたのですよ。それがロマンになっていた。つまり、好きな人ができて、それが“禁じられた恋愛”であれば、相手と結ばれるには心中する以外になかった。僕のように長崎に行って密航しようと思っても、当時の日本には関所があるから、家出した時点で手配書が関所に配られてつかまってしまうかもしれない。だから、確かに、心中する以外に方法が無かったのかもしれませんよね。心中した者の名鑑が発行されるほど心中事件が多かった、と書いてありますよ。この風潮を憂えた江戸幕府は『心中は社会秩序を乱す行為』として心中禁止令を出した。

未遂に終わった場合はどうなるのでござ〜♪〜ますか?

たとえ未遂に終わったとしても、当事者は町中でさらし者にされた後、身分を奪われた。死亡した場合、亡骸は罰として家族に引き取らせなかった。野犬や野鳥が食い荒らすままにしたというのですよ。

それは、ちょっとひどすぎますわア。

それでも心中事件は無くならなかったのですよ。つまり、上のような“禁断の愛”の場合、唯一の窮地からの解決策が心中だったのですよ。

現在は、そう言う事が無くなって、幸せな時代になったわけでござ〜♪〜ますわね。

いや、今でも日本は本音と建前の社会ですよ。

そうでしょうか?

その証拠に先進国の中で自殺者が日本は一番多いのですよ。1年に3万人以上。1日に約100人の人が自殺しているのですよ。つまり、1時間に4人が自殺しているのですよ。

どうしてですの?

自殺する以外に解決策が見出せないと思ってしまう社会が現在の日本だからですよ。心中は江戸時代に比べて確かに少なくなったけれど、本音で生きる事が難しい事に変わりがないのですよ。つまり、本音で生きてゆけないから、唯一の窮地からの解決策が自殺ですよ。




『本音と小百合さん (2008年1月11日)』より


現在は江戸時代から比べれば、本当に自由な時代だから、確かに心中する人は極めて稀になりました。

良い時代になりましたわね。

レンゲさんも、そう思いますか?

もちろんですわ。

おそらく『心中天の網島』を読めば、めれんげさんだって江戸時代から比べれば、現在の日本は自由な世界だと思うのですよう。

そうでしょうね。

でも、それなのに、めれんげさんは治兵衛と小春が詠むような短歌を詠む。なぜ。。。?だから僕は気になったのですよう。

どうしてでしょうか?

レンゲさんは他人事のように言いますねぇ〜。。。?

だって、あたしは、めれんげさんのような短歌は詠まないと思いますわ。

いや、レンゲさんだってめれんげさんのような短歌を詠みますよう。

あたしが詠まないと言っているのですから、信じてくださいな。

でもね、僕はレンゲさんの無常観について読んだことがある。

あたしが、そのような事を書いていました?

書いていましたよう。ちょっと読んでくださいよう。


レンゲさんへの質問



2007-04-22 17:10


質問126:

レンゲさんは、愛する人と一生一緒に
居る事が出来ると思いますか?




わたしには、誰かの人生に責任を持つほどの
力がないと思うのです。
簡単にプロポーズを受けることもできません。
この世に絶対などなく、今の真実が未来において、
嘘になりうることもあるならば、
無責任な約束もできないのです…しょぼん。
少々、厭世感が強いのかもしれませんが、
この世のすべては、あまりにも無常なので…




『悦楽の親密感 (2008年1月14日)』より


デンマンさんは、あたしが書いたモノは何でも保存しておくのですか?

そうですよう。。。いけませんか?

かまいませんけれど。。。こういう時に持ち出されるのって。。。本当に都合が悪いものですわ。

でも、自分の無意識に気づかされ。。。急に鏡の前に立たされたように、身が引き締まる思いがするでしょう。。。どうですか?

分かりましたわ。それで、デンマンさんは何がおっしゃりたいのですか?

現在は江戸時代から比べれば、“しがらみ”が少なくなって何でも自分の好きにやれるようになっている。でも、わざわざ“しがらみ”の中に自分を追い込んでゆくような人が結構居るのですよう。

あたしもそのうちの一人だとデンマンさんはおっしゃるのですか?

そうですよう。レンゲさんが書いた次の手記を読んでください。


不倫の果てに…



不倫と呼ばれる恋愛について、どんなイメージを抱かれますか?
わたしは女性として、相手の男性にパートナーがいるのに、
自分が彼の一番になれないのに、
それに甘んじている女性の事を
“プライドはないの?”
“先(結婚という意味ではありません)がないのにばかげてる”
などと、どちらかというと軽い軽蔑感を持っていました。
でもわたしの身にも、それは訪れてしまったのです。

ある既婚男性のことを、
どうしようもなく好きになってしまったのです。
初めは手の届かない相手だと、
片思いを続けていたのですが、
どうしても我慢できずに、
彼にモーションをかけはじめてしまったのです。
そして、長い時間を経て彼と肉体関係を持ちました。

そこから、彼はわたしのことを「彼女」だと呼ぶようになりました。
わたしは、一度の関係で終わろうと思っていました。
してはならないことをしてしまった、という思いと、
これで完結した、という気持ちがあったからです。

でも、長い間モーションをかけ続けておいて、セックスして、
「はいさよなら」なんて図々しい考えですよね。
結局わたしたちは、不倫関係に陥ってしまったのです。
そして次第にわたしは苦悩に苛まれはじめました。

彼とは、毎日のように会っていました。
いつしか彼と会えない日は心に穴があいたように感じるようになりました。
これは、どんな恋愛でもあることだと思いますが・・・

でも、わたしの頭には、
“彼がわたしと会わない=奥さんといっしょにいる”
という図式ができあがってしまい、
嫉妬に苦しむようになったのです。

そのうち、彼から
「子供が大きくなったら(わたしと)いっしょになりたい」
と言われました。

その時点ではその言葉は、彼の本音だったと今でも思います。
言葉だけでなく、彼の行動がそれを裏打ちしていたからです。
でも、
“大きくなったらっていつ?”
“奥さんはどうするの?”
そんな疑問で頭がいっぱいでした。
そして、それと同時に彼の奥さんに対する嫉妬は、
ますますふくらんでいきました。
現在だけでなく、彼らの過去の歴史、
これからの生活などにも嫉妬の目が向くようになりました。

つまりわたしは、妄想に苦しめられていたのです。
そんなわたしは彼に対して、
自分の妄想をぶつけはじめたのです。
不倫であれ、どんな関係であれ、
相手から勝手な妄想をぶつけられたら、
何を言えばいいのか、どうすればいいのか
わからなくなる事でしょう。
その頃の自分の愚かさに、今でも情けなくなります。

わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。
そして、何かを得ようとも思っていました。
(念のため、モノではないです)
でも、彼との長い不倫生活の果てに、
得られたものは、負の遺産ばかりでした。

世間のすべての不倫カップルがそうだとは
限らないとは思いますが、わたしたちの場合は、
おたがいを傷つけあって(傷の質は違いますが)
後々笑顔で思い出せるようなものではありませんでした。

おそらく今、会ったとしても、お互い自分の残した
嫌なものを見ているような気持ちしか、
生まれてこないでしょう。

最初の頃のときめき。
彼のやさしさ。
いきいきとしたわたし。
何もかも、なくしてしまってからの別れ。

本当は、彼と和解したいと考えている自分がいます。
よりを戻すのではなく、ただ、醜い別れを修正したい。
・・・そんな甘い話は、ありませんよね。

by レンゲ

2004-07-21 10:11:08




『不倫の悦びと苦悩 (2004年7月21日)』より


あたしは、この不倫から、もう立ち直りましたわ。

そうです。僕もレンゲさんの口から何度もその事を聞いていますよう。

それなのに、どうしてデンマンさんは、何度も何度も、こうしてこの手記を持ち出すのですか?

実は、めれんげさんにもレンゲさんと同じような苦い不倫の経験があるのですよう。

つまり、めれんげさんの不倫の相手がデンマンさんだったのですね?

やだなあああぁ〜。。。急に根も葉もない事を言わないでくださいよう。初めて僕の記事を読む人は誤解してしまいますよう。

それで、めれんげさんの無常観も苦い不倫の経験と関係があるとデンマンさんはおっしゃるのですか?

そうですよう。レンゲさんも、めれんげさんも不倫の経験から多くの事を学んだと思うのですよう。

その通りですわ。あたしの不倫はその時だけで、前にも後にも不倫した事はありませんわ。

そうですよう。不倫だと思うなら、不倫などすべきではないのですよう。

それで、その苦い不倫の経験と無常観がどのように関係しているのですか?

レンゲさんも苦い不倫の経験に懲りて、もう2度と不倫しないという強い心構えができている。

そうですわ。

でもねぇ、不倫の苦い経験から、人の心の無常さを無意識のうちに心に刷り込まれてしまっている。

めれんげさんも、そうだとおっしゃるのですか?

そうですよう。だから、めれんげさんの短歌に、その無常さが無意識のうちに表れてしまう。

果つる世に

ともにありたし

息絶えて

つなぐ手と手の

離れぬままに


この世は無常だ。でも、愛する人と、いつまででも一緒に居たいと言う強い願望は不倫の苦い経験から刷り込まれたものだと僕は思ったのですよう。この短歌に、心中した治兵衛と小春の強い願望を僕は見たのですよう。


【レンゲの独り言】



ですってぇ〜♪〜。。。
デンマンさんの読みの深さには驚かされますわ。
でも、ちょっと、それは読みすぎではないのでしょうか?

あたしには、めれんげさんがそれ程までに無常観を意識しながら上の短歌を読んだとは思えないのです。
なぜなら、めれんげさんのサイトは、文字通り『即興の詩』なのですから。。。

即興で読んだ短歌です。
デンマンさんが考えるような深い意味はないと思うのです。
あなたは、どう思いますか?

あさっても、面白い話題が続きそうです。
あなたもどうか、また、読みに戻ってきてくださいね。
では。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

“本音と建前”

よく聞きますよね。

さて、英語で何と言うのでしょうか?

考えてみた事がありますか?

いろいろと言い方があると思います。

appearance and reality

見かけと実物そのまま


これも本音と建前と言い換えることができますよね。

form and substance

外観と実体


これも本音と建前と同じですよね。

one's real intention and

what one says on the surface


本音と建前を説明しているのですよね。

real motive and stated reason

これも間違いなく本音と建前ですよね。

what one says and what one means

本音と建前をこのように言うこともできますよね。

では、「本音と建前を使い分ける」を

英語でどのように言うのでしょうか?

ちょっと考えてみてください。



次のように言うことができます。

You should be tactful as to

when to tell real intention

and when to show form.


ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら覗いてみてくださいね。

■ 『あなたのための愉快で面白い英語』

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。





  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月16日

愛は秋と共に…



 
愛は秋と共に…




秋風


 
 
秋風は

どこをめざして

吹きゆくか

きみ思う日々の

悩ましさ連れて


 
by merange (めれんげ)

2008.10.10 Friday 17:12




『即興の詩 秋風』より




デンマンさん。。。、また今日も、めれんげさんの短歌ですか?



この短歌はおととい、次の記事の中で紹介するはずだったのですよう。

■ 『愛は命の次に… (2008年10月14日)』

どう言う訳で紹介しなかったのですか?

記事が長すぎてしまったのですよう。

。。。で、特に上の短歌を選んだのには、理由があるのですか?

実は、この上のめれんげさんの短歌に再度、コメントを書こうと思ったら、急に書けなくなってしまったのです。僕の書いた、それまでのコメントをちょっと読んでみてください。





夏が過ぎ

秋風吹くも

きみゆえに

熱き血潮は

更に萌えつつ





天高く

きみと飛び行く

パラダイス

夢とロマンの

空限りなく





いつまでも

手に手をとって

歩み行く

果て無き夢を

胸に秘めつつ





寄り添えば

きみのぬくもり

いとおしく

秋の夜長の

愛のため息





待ちわびた

きみの喜び

秋風が

ネットに載せて

伝えけるかも


めれちゃんの喜びに誘われて

即興の短歌を書きなぐりましたでぇ〜。

めれちゃんも、これから新しいパソコンで

ぎょうさん、詩や短歌を書いてんかぁ〜

期待してるでぇ〜

じゃあ、最後にめれちゃんに

エールを送りまっさぁ〜

フレ〜♪〜、フレ〜♪〜、めれちゃん♪

がんばれ、ガンバレぇ〜、めれちゃん♪

フレ〜♪〜、フレ〜♪〜、めれちゃん♪

がんばれ、ガンバレぇ〜、めれちゃん♪

タイガースは不滅デッセぇ〜

ジャイアンツも不滅やでぇ〜

めれちゃんかて、不滅やないかいなぁ〜

わてかて、ふめつやア〜 うへへへへ。。。

とにかく、めれちゃん、がんばりやぁ〜

\(^Д^)/ギャハハハハ。。。。

じゃあねぇ〜。

by 心の恋人 (デンマン)

2008/10/10 6:40 PM




『即興の詩 秋風』のコメント欄より


10月10日の午後6時40分を最後にコメントが書けなくなってしまったのですよう。

書くと、どうなるのですか?

次のようなメッセージが画面に現れるのです。



これは一体どう言う事なのですか?

つまり、コメントを書くことを禁止されてしまったのですよう。

なぜ。。。?

僕が海外からアクセスしているためですよう。

どうして。。。?

僕もいろいろと調べてみました。

それで、分かったのですか?

分かりましたよう。どこのプロバイダーでも海外からのスパマーに手を焼いているのですよう。

それ程海外のスパマーは、すさまじいスパムコメントを書くのですか?

とにかくプロバイダーのサイトを閉鎖に追い込むほどに、メチャ、メチャにスパム行為でサーバを多忙にして、正常なサービスを提供できなくさせてしまう。

まさか。。。?

その証拠がありますよう。ちょっと読んでみてください。


サーバ悪用、スパム宣伝のため

サイト閉鎖に追い込まれる




We regret to inform you that ActiveFreeHost free hosting service has is now closed (as of September 18). We have been online for over two and half years, but have recently decided to take time for software improvement to fight with server abuse, Spam advertisement and fraud.

New account signup is suspended, if you are looking for a affordable and reliable hosting, Hostgator is one of the options. For the existing 20237 FREE accounts opened in ActiveFreeHost we will continue to keep your account, but no content changes until the further notice.

For any ActiveFreeHost user involved in Blog Spam (http://en.wikipedia.org/wiki/Link_spam) or any activities against our Terms, please use the email support@activefreehost.com for report abuse.

I do appreciate the efforts made by volunteers in ActiveFreeHost and Peter Green at Rima Hosting for his instant support.



残念ながら、2006年9月18日現在で当サイトを閉鎖した事をお知らせいたします。
2年半以上運営してきましたが、サーバ悪用、スパム宣伝、詐欺に対処するために、しばらくの間ソフトウェア開発に専念することにしました。

新規登録サービスは一時中断いたします。
もし、安価で信頼できるホスティングサービスを探しているのであれば、
Hostgatorを試してみたらいかがでしょうか?

現在当サイトにある 20237 の無料アカウントに関しては、これまでどおりにサービスを提供いたします。
しかし、内容の更新は出来ません。
出来るようになりましたら、お知らせいたします。

当サイトで、ブログ・スパムや迷惑行為・不正行為でお困りのユーザー様は
メールで次のアドレスまでその旨をご報告してください。

support@activefreehost.com

なお、ブログ・スパムについては次のリンクにアクセスすると詳しい情報をゲットする事が出来ます。
http://en.wikipedia.org/wiki/Link_spam

最後に、当サイトでボランティアで働いてくれた方々
それに、いろいろと手助けしてくれたリマ・ホスティングのピーター・グリーン氏に感謝いたします。

【デンマン訳】




『ゴキブリのスパム広告 (2007年2月27日)』より


スパム宣伝が増えるとサイトの管理者は無駄な費用を払わなければならなくなるのですよう。

どのような費用ですか?

データ転送量に応じてサーバを提供してくれる会社に使用料を払わなければならないのですよう。かつて2ちゃんねるも月に700万円の使用料を払わねばならなくなって閉鎖の危機にあったのですよう。


データ転送量 月額700万円!



日本の最大手掲示板サイトとして、「2ちゃんねる(2ch)」を挙げなくてはならないだろう。この掲示板は1日におよそ300万人が訪れる掲示板であり、1日およそ2000万ページビューを誇るサイトである。日本のネット文化の発信基地であり、ネットのいい点と悪い点を最大限に引き出したサイトである。この日本最大の掲示板サイトで最近、注目すべき動きが出てきている。それは、2chの共同社会化という現象である。

2chの共同社会化という現象が最もよく観察できたのは2001年8月末に起きた2ch閉鎖騒動である。当時、2chにアクセスする人の増加が著しくなった結果、月に700万円という高額のデータ転送量の支払いを求められた2chは閉鎖の危機にあった。




『京大公論』より


つまり、めれんげさんの『即興の詩』サイトが置いてある無料スペース・プロバイダーも、スパマーのコメントがデータ転送量をメチャ増やしているので、手っ取り早く海外からのアクセスを禁止した、とデンマンさんは判断したのですか?

そうですよう。僕は同じような経験を他のサイトでしているのですよう。

どのサイトですか?

Realog の『デンマンのブログ』ですよう。実は、2007年の11月にアクセス数(ページビュー)が100万を突破したのですよう。そのまま更新していれば、今日までに間違いなく200万を突破しているのです。

かなり自信がある言い方ですわね?

次の統計を見れば、すぐに分かりますよう。



■ 『ありがとう。皆さんのおかげです (2007年11月18日)』

レンゲさんも詳しく知りたいなら、上のリンクをクリックして記事を読んでみてくださいね。

でも、更新できなくなってしまったのですか?

そうなのですよう。

Realog でもスパマーがコメントを書きすぎてデータ転送量をメチャ増やしているのですか?

その通りですよう。それで、手っ取り早く海外からのアクセスを禁止したのですよう。

どうして海外からのアクセスを禁止するのですか?

ヴァイアグラ馬鹿を含めて、プロのスパマーは海外に居るのですよう。

それで、デンマンさんまでが、とばっちりを喰っているのですか?

そうですよう。めれんげさんの『即興の詩』サイトで僕は詩や短歌を読むことができるのですよう。でもねぇ、REALOG では僕自身の『デンマンのブログ』にもアクセスができない。徹底的に海外からのアクセスを禁止してしまっているのですよう。

それで、デンマンさんは、ご自分のサイトなのに更新もできないのですか?

全くできないのですよう。

アクセスすると、どうなるのですか?

次のような画面が表示されます。



これはデンマンさんが、どの記事にアクセスしようとしたのですか?

僕はGOOGLEで次のような検索をしたのですよう。


GOOGLE で “パンツ realog”

と入れて検索した結果

Results 1 - 89 of 89

for パンツ realog




1) おばさんパンツの人気度 PART 2 :: デンマンのブログ - デンマンのブログ :: デンマンが日々思ったこと考えたこと感じたことを徒然につづるブログです。
http://denman.realog.jp/2195708.html - 35k - Cached

2) クラシックが急に流行?PART 3 :: デンマンのブログ - パンツにコカイン君は、相変わらず 下らないコメントを書いていますわ。 えっけん君と太田将宏老人は ... 09/12 00:14; Realog不具合 .. 03/25 06:03. ネットで大金持ちになる方法を探ろう会 · ドラ懸系スト懸.. 09/28 02:43; モンスターキン. ...
http://denman.realog.jp/2114698.html - 34k

3) 徒然ブログ:読まれるおばさんパンツ - 2007年10月9日 ... これは2007年10月6日にREALOGの『デンマンのブログ』に載った“おばさんパンツ” の記事です。 REALOGは携帯向けのサイトなので画面が ... 第7位 REALOG デンマンのブログ 『不倫とおばさんパンツ PART 2 (2007年9月8日)』 ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51029124.html - 18k

4) 徒然ブログ:おばさんパンツ - あのねぇ〜、おばさんパンツマニアの人が、結構たくさん居るのかもしれませんよ。 そういう人がYAHOOの検索エンジンに“おばさんパンツ”と入れて検索する。そうすると、 上のような検索結果が出て、その中から7位と8位のリンクをクリックしてREALOGの ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51026370.html - 26k

 −−− 後略 −−−

(2008年10月12日現在)




『“パンツ realog”と入れた検索結果』より


この上の検索結果のトップのページにアクセスしようとしたのです。

でも、ご自分のページが見られないのですか?

アクセス禁止されているので見ることができないのですよう。

管理人にメールを出したのですか?

出したけれど、まったく対応してくれないのですよう。

かなり不親切ですね?

スパマーの対策で忙しいのでしょうね。でも、GOOGLEのディスクに保存されてあるページは見ることができます。

どのようにするのですか?

上のCachedをクリックすると、次のようなページが現れます。



This is Google's cache of http://denman.realog.jp/2195708.html. It is a snapshot of the page as it appeared on 6 Oct 2008 10:41:22 GMT. The current page could have changed in the meantime. Learn more

Text-only versionThese search terms are highlighted: パンツ realog


デンマンのブログ

12/18 [keyword]おばさんパンツの人気度 PART 2



カナディアン・ローキーまで行ったことがあるそうですよ。でも、それ以北には行かなかった、と言ってました。オーロラも見たことがないと。。。

小百合さんもカナダへの憧れがあるのでしょうか?

山小屋の生活と言うのはカナダの大自然と全く関係ないこともないですよね。小百合さんは自然の中で生活したい、と言う希望があるようですよ。便利さ一辺倒の生活には、イマイチ飽き足らないモノを感じるのでしょうねぇ。。。佐野は、けっこう町っぽいのじゃないかと思っていたのだけれど、小百合さんの話を聞くと、かなり僻地(へきち)みたいなところもあるようですよ。

僻地。。。?

そうですよ。とにかく小百合さんの山の家の風呂場が露天ですよ。丸見えです。今どき日本では考えられないような生活ですよ。都内で露天の風呂などをしつらえたら、すぐにお巡りさんが飛んできて、風呂に入ろうとして裸になったら“わいせつ物陳列罪”で逮捕されてしまいますよ。うへへへへ。。。。

『おばさんパンツの人気度 PART 2 (Google's cache)』より


GOOGLEの検索ロボットはアクセスできるけれど、僕には自分のページなのにアクセスできないのですよう。

そのような事があるのですか?

信じられないけれど、実際に僕に起こっているのですよう。自分のサイトなのにアクセスできない!

本当に信じられませんわ。。。それで、めれんげさんのサイトにはアクセスはできるけれど、コメントを書くことができないのですか?

その通りです。僕はめれんげさんのサイトにアクセスする事はできる。でも、コメントが書けないのですよう。

つまり、海外からアクセスしているヴァイアグラ馬鹿さんもコメントが書けないのですね?

ところが、ヴァイアグラ馬鹿は、相変わらずコメントを書いているのですよう。その証拠を見せますよう。



こうしてヴァイアグラ馬鹿は、「抜け道」を探してコメントを書いているのですよ。

「抜け道」があるのですか?

あるのですよう。上の画像をソフトカメラで撮った時に、僕はもう一度コメントを書こうとしました。



でもダメでした。同じような禁止画面が出たのですよう。



ところが、どんなシステムでもそうだけれど、完璧なシステムってないのですよう。人間にも完璧な人間が居ないのと全く同じ事ですよう。

つまり、どこかに「抜け道」があるものなのですか?

その通りですよう。同じ海外からアクセスしているのに、僕はコメントが書けない。でも、ヴァイアグラ馬鹿は「抜け道」を見つけてコメントを書いているのですよう。

。。。で、デンマンさんは、その「抜け道」を突き止めたのですか?

僕は偶然に、その「抜け道」を見つけたのですよう。

デンマンさんのことですから、その証拠もソフトカメラで撮ったのでしょうね?うふふふふ。。。

いや、ソフトカメラで撮らなくても、『即興の詩』サイトに証拠が残っていますよう。ちょっと読んでみてください。


めれんげです。

うれしいご報告です!



 
 
みなさま!

ようやくパソコンを手に入れました!

ひさしぶりに、

自分のパソコンでネットができる・・・

めちゃめちゃうれしいで〜す!

 
 
by merange (めれんげ)

2008.10.10 Friday 13:34




『即興の詩 めれんげです』より


めれんげさんの上のブログに僕はコメント代わりに、いくつか短歌を書きました。その最後に「抜け道」を偶然見つけて短いコメントを書いているのです。






悲しみも

やがて花咲き

実をつける

きみの思い出

にぎあわせつつ



by デンマン





悲しみを

知る心こそ

幸(さち)多き

命短し

世は常ならず



by デンマン





悲しみも

苦しみさえも

きみゆえに

乗り越えてゆく

人もあるらむ



by デンマン





ふくよかな

きみのむなもと

見とれつつ

心おどりて

恋は萌えゆく



by デンマン





きみゆえに

世はバラ色に

花咲けば

我は詠(うた)いて

幸せを知る



by デンマン





いつまでも

こうして詠(よ)んでも

きりがない

我は戻るよ

ブログを書きに



by デンマン


うしししし。。。

じゃあ、またね。。。

by デンマン

2008/09/27 3:33 AM




デンマンさん・・・

XOOPSは、どこへ行ってしまったのでしょうか

また、フォーラムに参加したいのですが・・・

by めれんげ

2008/10/10 2:26 PM




今日もコメント書けないと思うけれど

チェックしてみます。

by 心の恋人 (デンマン)

2008/10/12 4:12 AM




『即興の詩 恋の思い出』のコメント欄より


すでに、このページでも書いたけれど、10月10日の午後6時40分を最後にコメントが書けなくなってしまったのですよう。でも、12日に試しに書いてみたのです。そうしたら書けた。それがすぐ上のコメントですよう。

つまり、デンマンさんは「抜け道」を発見したので、これからはコメントが書けるのですね?

ところが、この上のコメントを書いてから、もっと長いコメントを書こうとしたら、また次の画面が現れたのですよう。



「抜け道」を見失ってしまったのですか?

そうなのですよう。いろいろと試してみたのだけれど、その時の状態を再現する事ができなかった。つまり、偶然に「抜け道」に出くわしたけれど、どのように出くわしたのか僕の記憶に残っていない。ところが、ヴァイアグラ馬鹿は、しっかりと「抜け道」を見つけて記憶しているのですよう。

デンマンさんも“ヴァイアグラ馬鹿”と言って馬鹿にできないですわね。うふふふふ。。。

そうなのですよう。ヴァイアグラ馬鹿は、ただの馬鹿じゃないのですよう。その事は次の記事を読んでも実に良く分かります。

■ 『ゴキブリ(ヴァイアグラ馬鹿)のスパム広告 (2007年2月27日)』

それで、デンマンさんは、めれんげさんと連絡を取る道をすっかり絶たれてしまったのですか?

めれんげさんのメアドにメールも出したけれど、戻ってきてしまいました。

もしかして、めれんげさんがデンマンさんを拒絶しているのではありませんか?

やだなあああぁ〜。。。上のコメントにも、めれんげさんは次のように書いていますよう。


デンマンさん・・・

XOOPSは、どこへ行ってしまったのでしょうか

また、フォーラムに参加したいのですが・・・

by めれんげ


このように書いているめれんげさんが僕をアクセス禁止にする訳がないでしょう?

でも、建前と本音ってありますわ。

やだなあああぁ〜。。。めれんげさんは、建前と本音をヤ〜らしく使い分ける人ではないですよう。レンゲさんは、めれんげさんの親友なんですよう。そのぐらいの事は知っているでしょう!

ちょっと、言ってみただけですわ。ムキにならないでくださいな。

めれんげさんは他にもブログを持っているのですよう。もし、僕を拒絶するなら、他のブログでも僕を拒絶しているはずですよう。

。。。で、どうだったのですか?

拒絶していませんよう。僕は上のめれんげさんのコメントに対する返信を書いてきました。

どのブログですか?

めれんげさんの Ameba ブログですよう。読んでみてください。


2008-10-10 16:46:54

posted by merange

お金と愛?

テーマ:わかりあえないのなら。


 
 
お金と愛。
 
 
どちらかを選ぶとしたら、でしょう。

などというめれんげは、甘いのでしょうか・・・

金がなければ、貧すれば鈍してしまう。

愛がなければ、お話にならない。

つまり、両者並び立たず?

金銭的に恵まれたカップルは、

なんだか退屈そうだ。





『お金と愛?』より
『めれんげの原材料 What makes Merange?』

 

■ 『即興の詩』に

コメントが書けなくなってしまった。


そうです!

愛は命の次に大切なものですよう!


『即興の詩』にコメントが書けなくなってしまった。
その奮闘振りを示すメールをここにコピペします。
GOOにだしたらメールボックスが一杯で送り返されました。
\(^_^)/キャハハハ。。。




デンマンですよう! 『即興の詩』サイトでコメントが書けない!

めれちゃんの vodafone のアドレスにメールを2度出したけれど、
アドレスがもう存在しないという事で戻ってきてしまいました。

パソコンが使えるから GOO のアドレスに送ってみます。
着くかな???

久しぶりに 2006年10月のめれちゃんの短歌と詩を2時間ばかり掛けてじっくりと読みました。
後で記事に書きたいと思います。

次の詩が僕には一番気に入りましたよ。


2006.10.28 Saturday 20:56

熱すぎるあなたに・・・



たがいの身体をへだてる

空間なんてなくなった今

この空虚なわたしは

熱すぎるあなたに

満たされて完全となる

いつまでもそこにいて

わたしを二度とからっぽにしないで・・・


by merange (めれんげ)


2度目に送ったメール(戻ってきたけれど)をここにコピペします。
めれちゃんの手元に着くことを祈りながら。。。


日付: Sat, 11 Oct 2008 03:43:42 +0900
差出人: "○○○@infoseek.jp" [ アドレス帳に追加 ] [ 受信拒否 ]
件名: デンマンですよう!2度目 コメント書けなくなりました。
宛先: "○○○@vodafone.ne.jp"
CC: "barclay1720@aol.com"


403 Forbidden スクリーンが現れてコメントがかけません。
コメントを書くときに海外からのアクセスを禁止したのかな?
でも、ヴァイアグラ馬鹿はコメントを書いているんだよね。
不思議???


日付: Fri, 10 Oct 2008 20:05:16 +0900
差出人: "○○○@infoseek.jp"
件名: デンマンですよう! 急に『即興の詩』に書けなくなったよう!
宛先: "○○○@vodafone.ne.jp>
CC: "barclay1720@aol.com"


wing2.jp の XOOPS は削除されてしまったのですよう。

詳しい事は次の記事を読むと書いてあります。

『レンゲ物語と悪徳プロバイダー』
http://beaverland.web.fc2.com/renge/20071227.html

現在、ロンドンのLycos UK の ビーバーランド e-XOOPSを使っているのだけれど、

http://members.lycos.co.uk/kato1720/

最近 MySQL データベースサーバが許容量限界に近づいたらしくて
データベースが使えない。
つまり、アクセス不能になっているのですよう。

小百合さんとも e-XOOPS で投稿のやり取りをしていたのだけれど、
現在は次の掲示板で投稿のやり取りをしています。

『分からない事なんでも書いて掲示板』
http://members.lycos.co.uk/kato1720/treewhat2/tree.php

虫の知らせという事があるのですよねぇ〜。
今、めれちゃんのためにスレッドを立ち上げて10月12日の『レンゲ物語』の記事をコピペしました。
まさに、めれチャンのために書いたような記事ですよう!
読んでみてね。

めれちゃんの感想をぜひ聞きたいですよう!
じゃあね。

by denman

2008-10-12 05:02:33




『お金と愛?』のコメント欄より


ずいぶんと手の込んだコメントを書いたものですわねぇ〜。。。

レンゲさんは呆れているのですか?

感心させられていますわ。うふふふふ。。。


【デンマンの独り言】



レンゲさんは呆れているのですよね。うへへへへ。。。
あなただって分かるでしょう?

とにかく、僕がめれんげさんの『即興の詩』サイトにコメントが書けなくなっても、
愛は命の次に大切なものです!
その事に変わりがないのです。
めれんげさんだって、そう信じているはずですよう。

あなただって、そうでしょう?(微笑)

いづれにしても、まだ面白い話が続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

そうですよね。

愛って素晴しいですよね。

では、わたしが最も感銘を受けた

英語の愛についての格言をここに書きますわ。

Love the heart that hurts you,

but never hurt the heart

that loves you.


SOURCE: http://www.heartquotes.net/Love.html

たとえ、あなたを傷つけるような事を

言う人でも愛してあげなさいね。

でも、あなたを愛している人だけは、

決して傷つけてはいけません。


そうですよね。

全く、その通りだと思います。
 
めれんげさんの次の手記を読んで

上の格言を思い出したのでした。



2006-11-02 18:08:07 posted by merange

ちょいとマジな話やねんけど・・・

(テーマ:日記のつもり)



反省しきり。

わたし気がついたんやけど、
自分のことをずーっと考えてくれてる人の気持ちを、
もっと冷静になって、考える必要があったよ・・・
    
固定観念にしばられて、自分の尺度で相手のことを、
評価するのは、あまりにも心のせまいことやった。
人それぞれの個性を考慮せずに、
好きだの嫌いだの、いいとか悪いとか、
決め付けたまんまで、態度を硬化させて、
そのまんまで、再考しようともしなかった自分は、
なんちゅー視野のせまい人間やったことか。

いくら相手に理解を求めても、いっこうに気持ちがつたわらないことがある。
それはお互いの個性が、相容れないものであって、
どれだけの言葉をつくしても、関係は平行線のまんま。
まして相手が他人の性格や表現様式を、理解できなければ、
気持ちをつたえることは、あまりにもむずかしい。



わたしは長年、固定された評価でしか、
その人の自分への気持ちを考えずにいた。
確かに人間として、相容れない部分はある。
でも、自分のものさしで、その人を判断して、
その判断を、見直そうともせずに態度を硬化させたままだった。
人それぞれの表現法や、思考の違いを考慮せずに、
一度拒絶の気持ちを持ったら、それを頑なに変えようとせず、
そのままで、思考をストップさせたままだった。

自分のことを、どんなかたちであれ、
考え続けてくれるということの意味を、
もっと尊重すべきだったことに、ようやく気がついた

あらためて「ごめんなさい」と言います。
少なくとも、あなたを精神的に
拒絶することをやめます。
わたしの存在を忘れずにいてくれる人が
いるということを、
素直に受け入れるようにします。
それ以上のことは、
わたしにはできないけれど、
感謝の気持ちを忘れないようにしようと思います。







【デンマン注】 原文には全く手を加えていませんが
構成、背景や画像はデンマン流に変えてあります。


『めれんげの原材料 (第3ページ)』より

『愛人と悪徳の悪魔 (2008年9月12日)』に引用




ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月14日

愛は命の次に…


 
 
愛は命の次に…
 
 



手を離さないで


 
 
果つる世に

ともにありたし

息絶えて

つなぐ手と手の

離れぬままに

 
 
by merange (めれんげ)

2006.10.19 Thursday 00:42

comments(674) | trackbacks(1)

(2008年10月12日午前7現在)




『即興の詩 手を離さないで』より




デンマンさん。。。、また今日も、めれんげさんの短歌ですか?



もう、めれんげさんの短歌は飽きたのですか?

いいえ。。。飽きませんけれど、デンマンさんのこだわりに、ちょっと驚いているのですわ。

いや。。。僕は決して、めれんげさんの短歌にこだわっていませんよう。

でも、おとといに引き続いて、めれんげさんの短歌ですわ。

僕がこだわっているんじゃなくてヴァイアグラ馬鹿がこだわっているのですよう。

どう言う事ですか?

めれんげさんの『即興の詩』サイトのサイドバーを見てくださいよう。レンゲさんのためにソフトカメラで撮ったものをここに貼り付けますからね。。。



これはねぇ、最近のコメントを10件だけ表示したものですよう。

また、いつものようにヴァイアグラ馬鹿さんがコメントを書きまくっているのですか?

そうですよう。毎日、毎日、ヴァイアグラ馬鹿は、めれんげさんの『即興の詩』サイトを訪れてコメントを10分おきぐらいに書くのですよう。(ヴァイアグラ馬鹿が分からない読者はGOOGLEで検索してください。僕が書いた記事がすぐに見つかります。)

つまり、1日に150ものコメントを書き込むのですか?

そうですよう。僕が見た時、サイドバーの中に『手を離さないで』という短歌のタイトルを見た。それで興味を惹かれて、すぐにそのページへ飛んで行ったのですよう。

それにしても、デンマンさんだってヴァイアグラ馬鹿さんに劣らないほど熱心にめれんげさんのサイトを訪れているではありませんかア〜!

うへへへへ。。。僕は熱烈なめれんげさんのファンですからね。

それで、上の短歌に特別なものをデンマンさんは感じたのですか?

そうですよう。

どういうところに特別なものを感じたのですか?

世の無常を感じながらも愛を信じながら愛する人と共に極楽浄土に行きたいという。。。なんと言うか祗王の心の内を覗きこむような感動に僕は打たれたのですよう。レンゲさんは祗王(ぎおう)を知ってますよね?

ええ。。。卑弥子さんが書いたものを読ませていただきましたわ。


祗王の夢は儚(はかな)く露と消えて…



白拍子になってしまいましたわア〜。

うふふふふ。。。

デンマンさんが小百合さんのために

出ろっつうんでござ〜♪〜ますわよう。

ええっ? どうしてかって。。。?

苔にハマッている小百合さんのために

美しい苔のある風景をお見せしなさいって

言われたのでござ〜♪〜ますわ。

そう言う訳で、祗王(ぎおう)寺を紹介しますわ。



美しいでしょう!

苔の美しい庭がいいですよね。

その向こうに見えるのが祗王寺でござ〜♪〜ますわ。

祗王や清盛の仏像がまつられているのですゥ。

法然上人(ほうねんしょうにん)の門弟・良鎮によって

建てられた往生院の境内地にあったのですが、

往生院が荒廃した後は小さな尼寺として残り、

祗王寺と呼ばれるようになったのでござ〜♪〜ます。

でも、江戸末期に廃寺となってしまったのですわ。

明治28(1895)年に当時の府知事であった北垣国道さんが

茶室を寄進して再建したのでござ〜♪〜ます。

現在では大覚寺の塔頭(たっちゅう【わきでら】)となっていて、

紅葉の名所、また、

平家物語の悲恋物語の舞台として知られているのです。

平清盛の寵愛を受けた白拍子・祗王が、清盛に捨てられた後、

妹の祗女とお母さんと仏御前(ほとけごぜん)と

過ごした寺でござ〜♪〜ますわ。

このお話は「平家物語」・祗王に詳しく描かれています。

小さな庵と苔が美しい庭園を見ていると、

「平家物語」の時代にタイムスリップした気分になりますわ。

嵐山の奥のほう、竹と楓(かえで)に囲まれた、

どこか女性的な感じを受ける草庵でござ〜♪〜ます。

庭は苔のジュウタンで覆われ、

蹲(つくばい)を流れ落ちた水が小川となり、

楓の足元を大きくうねりながら流れてゆくのですわ。

紅葉の見ごろは、少し遅めの12月上旬でござ〜♪〜ます。

なぜなら、庭苔の緑に、散り始めた紅葉が

朱をさして美しいからですわ。

デンマンさんとご一緒に見たいものですわぁ〜。

おほほほほ。。。

では、平家物語「巻第一 祗王の章」の

あらすじをお話いたしますわ。

ところで白拍子というのは、平安時代後期に活躍した、

一口で分かりやすく申し上げるならば、

芸者のような者でござ〜♪〜ますわ。



このように白の水干(すいかん)に

立烏帽子(たてえぼし)、白鞘巻(しろさやまき)という男装で

「今様(いまよう)」と呼ばれる歌を謡(うた)いながら、

男舞(おとこまい)と呼ばれる舞(まい)を

舞(ま)うのでござ〜♪〜ます。

白拍子であった祗王は、時の権力者・平清盛の寵愛を受け、

彼の館で幸せに暮らしておりました。

あるとき、清盛に歌舞を披露したいという

別の白拍子が現れたのです。

その者が仏御前だったのですわ。

ただの白拍子に過ぎない仏御前を

清盛は追い返そうとしました。

でも、遠路はるばるやってきた彼女を見かねて、

心の優しい祗王がとりなしたのでござ〜♪〜ますわ。

それで、仏御前は清盛に舞を見せることになりました。

しかし、これを見た清盛は心を奪われ、

仏御前を寵愛するようになってしまったのでござ〜♪〜ます。

皮肉なものでござ〜♪〜ますわねぇ〜。

男と言うのは本当に浮気なものでござ〜♪〜ますわ。

祗王の座を奪う気持ちのない仏御前は

辞退しようとしました。

しかし、それに気づいた清盛は、

邪魔な祗王を追放してしまったのですわ。

本当に悲しい事でござ〜♪〜ますゥ。




萌え出づるも

枯るるも同じ

野辺の花

いづれか秋に

あわではづべき



館を出る祗王がせめてもの忘れ形見にと

詠んだ句でござ〜♪〜ます。

さらに翌春、清盛は退屈している仏御前を

慰めるためといって、

祗王に仏御前の前で舞を披露することを強要したのです。

祗王は、あまりの屈辱に

死を決意するのでござ〜♪〜ました。

しかし、五逆罪になることを母親が説き、

やむなく祗王は清盛の館へ向かうのです。




仏もむかしは凡夫なり

われらも遂には仏なり

いずれも仏性具せる身を

隔つるのみこそ悲しけれ



このように謡(うた)いながら舞い踊り、

諸臣の涙を誘ったのでござ〜♪〜ます。

祗王は都に居れば、

また同じような思いをしなければならないと、

母、妹と共に尼となり、嵯峨の山里で仏門に入るのでした。

当時、祗王21歳、妹の祗女は19歳、

母の刀自(とじ)は45歳でござ〜♪〜ました。

ところが、ある秋の夕べ、

仏御前は祗王の元を訪れたのです。

なぜ。。。? どうした事でござ〜♪〜ましょうか?

実は、祗王の運命を自分に重ねて世の無常を思い、

仏御前は、清盛の館を抜け出して

尼となっていたのでござ〜♪〜ます。

それからのち、祗王一家と仏御前は、余念無く仏道に励み、

みな往生の本懐を遂げたのでござ〜♪〜ます。

小百合さん、いかがでござ〜♪〜ますか?

女の身として涙なくしては読めないですよね。

おほほほほ。。。




『愛憎と苔寺 (2008年10月7日)』より


つまり、平清盛と祗王の愛をデンマンさんとめれんげさんの愛に重ねて、愛というのは本当に儚(はかな)いものだと。。。そう思ってデンマンさんは感動したのですか?

違いますよう。。。違いますよう。。。全くその逆ですよう。

逆と言うと。。。?

儚い愛のその先の心をめれんげさんは詠んだのですよう。

。。。と言うと。。。?

だから、本当の愛ですよう。「愛の正体」ですよう。

その「愛の正体」とは、どのようなものですか?

めれんげさんが次のように詠んでいますよう。


きみはやさしく


 
 
光より

われをやさしく

包みしは

朝のおとずれ

つげしきみの目

 
 
by merange (めれんげ)

2006.10.19 Thursday 00:21

comments(204) | trackbacks(0)

(2008年10月12午前7時現在)

デンマン注:
2008年10月8日午前3時40分には
コメントは 160 だった。





『即興の詩 きみはやさしく』より

『愛の魔術 (2008年10月12日)』に引用


いやですわあああぁ〜

ん。。。?いやですってぇ〜。。。何がイヤなのですか?

だってぇ〜。。。この短歌は、めれんげさんがデンマンさんとエッチして、その翌朝に詠んだものですわぁ〜。

うしししし。。。レンゲさんにも、そのようにしか解釈できないのですか?

だってぇ。。。そうとしか考えられませんわ。

やっぱり。。。?

そうだったのですか?やはり。。。やはり。。。あたしの読みは図星だったのですね?

うへへへへへ。。。

そのヤ〜らしい笑いだけは止めていただけませんか?

あのねぇ〜。。。僕とめれんげさんは、まだ会ったことがないのですよ。どうしてエッチすることができるのですか。

デンマンさんならば、してしまいますわア〜

馬鹿な事を言わないでくださいよう。そのような器用な事は僕にはできませんよう。レンゲさんは関西人だけれど、このようなところで関西人特有のギャグを飛ばさないでくださいよね。

。。。で、どうして『きみはやさしく』を持ち出してきたのですか?

実は、この短歌を選んだのも僕ではないのですよう。

また、ヴァイアグラ馬鹿さんだとおっしゃるのですか?

そうですよう。10月8日のサイドバーを見てくださいよう。



これは、10月8日の午前3時40分にソフトカメラで撮ったものです。サイドバーに最新のコメントが10個だけ表示されるのですよう。

その中に、めれんげさんの上の短歌のタイトルがあったのですか?

そうなのですよう。タイトルに惹かれて僕はすぐ、その短歌を読みに行ったのですよう。それで記念にと思ってソフトカメラで撮ったのが上の画像です。

なぜ、ヴァイアグラ馬鹿さんは2年前の短歌にコメントを書くのでしょうか?

プログラムで自動的にコメントを書くようにしていますからね。コメントを送る先は2年前にリストにピックアップしたものだからですよう。

最近の詩や短歌にはスパムコメントを書いてないのですか?

最近の詩や短歌には書いてません。すべて2年前のものですよ。

それで、デンマンさんは、どうして上の短歌を取り上げたのですか?
 
偶然というのは恐ろしいものですよう。『きみはやさしく』という短歌を詠んだ21分後に書いたのが、この記事のトップに掲(かか)げた『手を離さないで』という短歌なのですよう。

恐ろしいというのはその事ですか?

いや、それだけではないのですよう。めれんげさんが苦境にもめげずに愛を信じながら生き抜いてゆく姿に僕は心を打たれているのですよう。最近、次のような報告をしています。


めれんげです。

うれしいご報告です!

 
 

 
 
みなさま!

ようやくパソコンを手に入れました!

ひさしぶりに、

自分のパソコンでネットができる・・・

めちゃめちゃうれしいで〜す!

 
 
by merange (めれんげ)

2008.10.10 Friday 13:34




『即興の詩 めれんげです』より


めれんげさんは、ついにパソコンを手に入れたのですね。

そうですよう。詳しい事は何も書いてないけれど、僕は本当にめれんげさんと共に悦びたい気持ちでした。それに僕が書いたコメントにも返信を書いてくれました。






悲しみも

やがて花咲き

実をつける

きみの思い出

にぎあわせつつ



by デンマン





悲しみを

知る心こそ

幸(さち)多き

命短し

世は常ならず



by デンマン





悲しみも

苦しみさえも

きみゆえに

乗り越えてゆく

人もあるらむ



by デンマン





ふくよかな

きみのむなもと

見とれつつ

心おどりて

恋は萌えゆく



by デンマン





きみゆえに

世はバラ色に

花咲けば

我は詠(うた)いて

幸せを知る



by デンマン





いつまでも

こうして詠(よ)んでも

きりがない

我は戻るよ

ブログを書きに



by デンマン


うしししし。。。

じゃあ、またね。。。

by デンマン

2008/09/27 3:33 AM




デンマンさん・・・

XOOPSは、どこへ行ってしまったのでしょうか

また、フォーラムに参加したいのですが・・・

by めれんげ

2008/10/10 2:26 PM




今日もコメント書けないと思うけれど

チェックしてみます。

by 心の恋人 (デンマン)

2008/10/12 4:12 AM




『即興の詩 恋の思い出』のコメント欄より


12日にデンマンさんが最後に書いた「今日もコメント書けないと思うけれどチェックしてみます」というのは、どう言う事ですか?

実は、次のコメントを最後に『即興の詩』サイトにコメントを書くことができなくなってしまったのですよう。





夏が過ぎ

秋風吹くも

きみゆえに

熱き血潮は

更に萌えつつ





天高く

きみと飛び行く

パラダイス

夢とロマンの

空限りなく





いつまでも

手に手をとって

歩み行く

果て無き夢を

胸に秘めつつ





寄り添えば

きみのぬくもり

いとおしく

秋の夜長の

愛のため息





待ちわびた

きみの喜び

秋風が

ネットに載せて

伝えけるかも


めれちゃんの喜びに誘われて

即興の短歌を書きなぐりましたでぇ〜。

めれちゃんも、これから新しいパソコンで

ぎょうさん、詩や短歌を書いてんかぁ〜

期待してるでぇ〜

じゃあ、最後にめれちゃんに

エールを送りまっさぁ〜

フレ〜♪〜、フレ〜♪〜、めれちゃん♪

がんばれ、ガンバレぇ〜、めれちゃん♪

フレ〜♪〜、フレ〜♪〜、めれちゃん♪

がんばれ、ガンバレぇ〜、めれちゃん♪

タイガースは不滅デッセぇ〜

ジャイアンツも不滅やでぇ〜

めれちゃんかて、不滅やないかいなぁ〜

わてかて、ふめつやア〜 うへへへへ。。。

とにかく、めれちゃん、がんばりやぁ〜

\(^Д^)/ギャハハハハ。。。。

じゃあねぇ〜。



by 心の恋人 (デンマン)

2008/10/10 6:40 PM




『即興の詩 秋風』のコメント欄より


10月10日の午後6時40分を最後にコメントが書けなくなってしまったのですよう。

書くと、どうなるのですか?

次のようなメッセージが画面に現れるのです。



これは一体どう言う事なのですか?

つまり、コメントを書くことを禁止されてしまったのですよう。

なぜ。。。?

僕が海外からアクセスしているためですよう。

どうして。。。?

僕もいろいろと調べてみました。

それで、分かったのですか?

分かりました。書き始めると長くなるので、またあさって詳しく書きます。レンゲさんも楽しみにして待っててくださいね。


【レンゲの独り言】



ですってぇ〜♪〜。。。
一体どう言う訳でデンマンさんがコメントを書くことを禁止してしまったのでしょうか?

そのような事が実際にできるのでしょうか?
もしかして、めれんげさんがデンマンさんを拒絶したのでは。。。?

あさって、面白くなりそうですわ。
あなたもどうか、また、読みに戻ってきてくださいね。
では。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

とにかくネットでは意外な事が起こりますわよね。

わたしが最近出くわした意外な事は

デンマンさんが立ち上げた掲示板でしたわ。

ベティーさんがオナラをすると書いてあったのです。

まさか、ネットでオナラまでするなんてぇ〜。。。

マジなの。。。?

わたしも、そう思いましたわ。うふふふふ。。。

でも、物は試しですわよね。

それで、わたしも好奇心に駆られて

飛んでゆきました。

あなたも、関心があったら

次のリンクをクリックして覗いてくださいね。

■ 『ビーバーランド掲示板 ベティーさんのオナラ』



ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月12日

愛の魔術



 
愛の魔術




きみはやさしく


 
 
光より

われをやさしく

包みしは

朝のおとずれ

つげしきみの目

 
 
by merange (めれんげ)

2006.10.19 Thursday 00:21

comments(173) | trackbacks(0)

(2008年10月8日午後12時現在)

デンマン注:
 8日午前3時40分にはコメントは 160 だった。





『即興の詩 きみはやさしく』より




デンマンさん。。。、今日はめれんげさんの短歌ですか?



そうですよう。レンゲさんは短歌は嫌いですか?

もちろん、嫌いではありませんわ。でも、なんだか急に話題を変えてしまったようで。。。

話題を変えたと言うよりも、本来の話題に戻ったのですよう。

そうでしょうか?

そうでしょうかってぇ。。。やだなあああぁ〜。。。僕とレンゲさんは、もともと「愛の正体」を探すために、こうしてネットで旅に出たのですよう。。。違いますか?

言われてみれば。。。確かに。。。おっしゃる通りですわ。。。それで、今日は、その「愛の正体」について語り合うのですか?

うん。。。ちょっとばかり「愛の正体」に近づいたような気がしたのですよう。

それが今日の記事のタイトル『愛の魔術』ですか?

そうです。

でも、どういうわけで2年前のめれんげさんの短歌を取り上げたのですか?

実は、めれんげさんの『即興の詩』サイトを僕は毎日覗くのですよう。

お宮さんに毎日お参りするようなものですわね。

そうなのですよう。もう、習慣のようになってしまいました。

その事と今日のめれんげさんの短歌が関係あるのですか?

あるのですよう。実は、僕の他にも、もっと熱心に毎日めれんげさんの『即興の詩』サイトを訪れる人が居るのですよう。

どなたですか?

レンゲさんも良く知っているヴァイアグラ馬鹿ですよう。(知らない読者はGOOGLEで検索してください。僕が書いた記事がすぐに見つかります。)

マジで。。。?

僕は大真面目ですよう。今日の詩を選んだのは僕ではなくて、このヴァイアグラ馬鹿なのですよう。

どう言う事ですか?

ヴァイアグラ馬鹿は、2年前にめれんげさんのサイトに現れるようになったのだけれど、2ヶ月ほど前から毎日めれんげさんの『即興の詩』にコメントを書いているのですよう。

毎日ですか?

毎日ですよう。おそらく1日に100以上のコメントを書いていますよう。

マジで。。。?

僕はウソを言いませんよう。その証拠を見せます。



これが、その証拠ですか?

そうです。10月8日の午前3時40分にソフトカメラで撮ったものです。サイドバーに最新のコメントが10個だけ表示されるのですよう。

その中に、めれんげさんの上の短歌のタイトルがあったのですか?

そうなのですよう。タイトルに惹かれて僕はすぐ、その短歌を読みに行ったのですよう。それで記念にと思ってソフトカメラで撮ったのが上の画像です。

その時、めれんげさんの短歌にはコメントが 160 付いていたのですか?

そうですよう。それから3時間後に見に行ったら 173 に増えていたのです。

。。。で、現在はどうなのですか?

ついさっき(日本時間: 2008年10月10日午前4時40分)見に行ったのですよう。

いくつ付いていたのですか?

204 です。 つまり、8日午前3時40分にはコメントが 160。 10日午前4時40分には204。49時間に コメントが 44増えたのですよう。

1時間に1つの割合でコメントを書いているのですね?

そうですよう。こうなると、めれんげさんの熱狂的なファンですよね。うしししし。。。

でも、コンピューターで自動的に書き込んでいるのでしょう?しかも、そのコメントも、なんだか良く分からないアルファベットの宣伝コメントですよね。めれんげさんのファンとは言えないと思いますわ。

とにかく、ヴァイアグラ馬鹿のおかげで僕は上のめれんげさんの短歌を初めて読んだのですよう。

なぜ、ヴァイアグラ馬鹿さんは2年前の短歌にコメントを書くのでしょうか?

プログラムで自動的にコメントを書くようにしていますからね。コメントを送る先は2年前にリストにピックアップしたものだからですよう。

最近の詩や短歌にはスパムコメントを書いてないのですか?

最近の詩や短歌には書いてません。すべて2年前のものですよ。

それで、デンマンさんは、どうして上の短歌を取り上げたのですか?

この短歌をめれんげさんが詠んだのは2006年10月18日の深夜ですよう。書いているうちに日付が18日から19日に変わった。

その事に何か意味があるのですか?

あるのですよう。めれんげさんが深夜、誰も居ない部屋でパソコンに向かいながら沈思黙考(ちんしもっこう)の後に書き込んだ。

深夜に書き込んだ事に意味があるのですか?

めれんげさんのオツムも心も研ぎ澄まされていた。詩心に誘われるままにパソコンに向かって書き込んだのだと思います。でも、僕が注目したのは時間ではなく日付ですよう。

10月19日ですか?

そうです。2年前の10月19日ですよう。

その日付に意味があるのですか?

そうですよう。この日付から何か思い当たる事がレンゲさんにはありませんか?

めれんげさんは、あたしにとって親友ですけれど、その日付から思い当たる事ってありませんわ。

親友と言いながらレンゲさんは意外に淡白なのですねぇ〜?

あたしは日付にこだわるタイプではないからですわ。うふふふふ。。。

レンゲさんが日付にこだわるタイプでないとしても、何か思い浮かぶものがあるでしょう。。。

デンマンさん!。。。そのようにもったいぶらないで、なぜ2年前の10月19日にこだわるのかおっしゃってくださいな。

分かりました。めれんげさんの次の手記を読んでください。



2006-11-02 18:08:07 posted by merange

ちょいとマジな話やねんけど・・・

(テーマ:日記のつもり)



反省しきり。

わたし気がついたんやけど、
自分のことをずーっと考えてくれてる人の気持ちを、
もっと冷静になって、考える必要があったよ・・・
    
固定観念にしばられて、自分の尺度で相手のことを、
評価するのは、あまりにも心のせまいことやった。
人それぞれの個性を考慮せずに、
好きだの嫌いだの、いいとか悪いとか、
決め付けたまんまで、態度を硬化させて、
そのまんまで、再考しようともしなかった自分は、
なんちゅー視野のせまい人間やったことか。

いくら相手に理解を求めても、いっこうに気持ちがつたわらないことがある。
それはお互いの個性が、相容れないものであって、
どれだけの言葉をつくしても、関係は平行線のまんま。
まして相手が他人の性格や表現様式を、理解できなければ、
気持ちをつたえることは、あまりにもむずかしい。



わたしは長年、固定された評価でしか、
その人の自分への気持ちを考えずにいた。
確かに人間として、相容れない部分はある。
でも、自分のものさしで、その人を判断して、
その判断を、見直そうともせずに態度を硬化させたままだった。
人それぞれの表現法や、思考の違いを考慮せずに、
一度拒絶の気持ちを持ったら、それを頑なに変えようとせず、
そのままで、思考をストップさせたままだった。

自分のことを、どんなかたちであれ、
考え続けてくれるということの意味を、
もっと尊重すべきだったことに、ようやく気がついた

あらためて「ごめんなさい」と言います。
少なくとも、あなたを精神的に
拒絶することをやめます。
わたしの存在を忘れずにいてくれる人が
いるということを、
素直に受け入れるようにします。
それ以上のことは、
わたしにはできないけれど、
感謝の気持ちを忘れないようにしようと思います。







【デンマン注】 原文には全く手を加えていませんが
構成、背景や画像はデンマン流に変えてあります。


『めれんげの原材料 (第3ページ)』より

『愛人と悪徳の悪魔 (2008年9月12日)』に引用


めれんげさんは、この手記を書く2週間前に上の短歌を詠んだのですよう。

つまり、上の短歌とこの手記とはつながりがあるとデンマンさんは、おっしゃるのですか?

そうですよう。

どのようにつながっているのですか?

かつてレンゲさんは“気付き”について、めれんげさんと同じような手記を書いたことがあったのですよう。読んでみてください。


長いおつきあいに

なりましたよねっ!


投稿日時: 2007-04-09 11:29
 
縁は異なもの妙にして

有難きものですね




それにしても
デンマンさんのおっしゃるように、
長いおつきあいになりましたよねっ!(ニコニコ)
ネットで知り合って、紆余曲折はあったものの、
現在もこうして、きわめて親密なやりとりを
続けることができている、ということに、
あらためて「縁」というものを感じています。

そして、今のわたしはデンマンさんを
信頼しています。
信じていると同時に、頼りに思っている面も
あるんですよ(困りますか??)

わたしがデンマンさんに対してキレること…
今は、自分から一方的に決別するようなことは
考えられないんですよ
互いを人間として尊重しつづければ、
何ら恐れるものはないと、思っています。

それに…
しつこいようですが
わたしはボダを克服したんですよ!
とっても苦しい道のりでしたが、
通院するとともに、自分でも勉強して、
回復のための、あらゆるメソッドの中で、
「気付き」というものを、得ることができました。
かたくなで脆い自我を、育てなおすこと…


それは、死ぬまで続けなければならないことですが、
逆戻りなどしたくはありません。
ボダのマイナス面によって、
自分以外の方に、迷惑をかけることが
如何に幼稚で見苦しいものかということを、
血がでるほど、痛感しています。

by レンゲ




『ムカつくコメント (2007年12月15日)』より


つまり、めれんげさんも「気付き」を得ることができた。その気付きを得るきっかけとなったのが上の短歌だとデンマンさんはおっしゃるのですか?

その通りですよう。めれんげさんは上の短歌を書くときに“愛”に気付いたのですよう。僕の言おうとしていることがレンゲさんには分かりますか?

つまり、めれんげさんがデンマンさんへの愛に気付いたとおっしゃりたいのですか?

違いますよう。誰への愛と特定する必要はないのですよう。

めれんげさんが詠んだ短歌は特定の人への愛ではないのですか?

めれんげさんに尋ねてみない限りその事は判らないけれど、短歌のテーマは間違いなく愛なのですよう。僕は、その事を強調したいのですよう。

分かりましたわ。それで今日のタイトルを『愛の魔術』としたのですわね?

うしししし。。。やっと分かりましたか。。。

つまり、めれんげさんは上の短歌を詠んだ時に“愛”について深く考えさせられた。その結果、2週間後に手記を書くことになった。それでデンマンさんとめれんげさんは、やがて仲直りすることになった。。。そうおっしゃりたいのですわね?

うへへへへ。。。やっと分かってくれたようですね。

でも、それは飛躍のしすぎだと思うのですわ。

ん。。。?飛躍。。。?

そうですわ。

いや、決して飛躍のし過ぎではありませんよう。レンゲさんは、苦い不倫の経験を持っている。その時の経験があったから、すぐ上の手記を書くことができたのですよう。僕もレンゲさんの次の回想記を読んで、いろいろと考えさせられましたよう。


不倫の果てに…



不倫と呼ばれる恋愛について、どんなイメージを抱かれますか?
わたしは女性として、相手の男性にパートナーがいるのに、
自分が彼の一番になれないのに、
それに甘んじている女性の事を
“プライドはないの?”
“先(結婚という意味ではありません)がないのにばかげてる”
などと、どちらかというと軽い軽蔑感を持っていました。
でもわたしの身にも、それは訪れてしまったのです。

ある既婚男性のことを、
どうしようもなく好きになってしまったのです。
初めは手の届かない相手だと、
片思いを続けていたのですが、
どうしても我慢できずに、
彼にモーションをかけはじめてしまったのです。
そして、長い時間を経て彼と肉体関係を持ちました。

そこから、彼はわたしのことを「彼女」だと呼ぶようになりました。
わたしは、一度の関係で終わろうと思っていました。
してはならないことをしてしまった、という思いと、
これで完結した、という気持ちがあったからです。

でも、長い間モーションをかけ続けておいて、セックスして、
「はいさよなら」なんて図々しい考えですよね。
結局わたしたちは、不倫関係に陥ってしまったのです。
そして次第にわたしは苦悩に苛まれはじめました。

彼とは、毎日のように会っていました。
いつしか彼と会えない日は心に穴があいたように感じるようになりました。
これは、どんな恋愛でもあることだと思いますが・・・

でも、わたしの頭には、
“彼がわたしと会わない=奥さんといっしょにいる”
という図式ができあがってしまい、
嫉妬に苦しむようになったのです。

そのうち、彼から
「子供が大きくなったら(わたしと)いっしょになりたい」
と言われました。

その時点ではその言葉は、彼の本音だったと今でも思います。
言葉だけでなく、彼の行動がそれを裏打ちしていたからです。
でも、
“大きくなったらっていつ?”
“奥さんはどうするの?”
そんな疑問で頭がいっぱいでした。
そして、それと同時に彼の奥さんに対する嫉妬は、
ますますふくらんでいきました。
現在だけでなく、彼らの過去の歴史、
これからの生活などにも嫉妬の目が向くようになりました。

つまりわたしは、妄想に苦しめられていたのです。
そんなわたしは彼に対して、
自分の妄想をぶつけはじめたのです。
不倫であれ、どんな関係であれ、
相手から勝手な妄想をぶつけられたら、
何を言えばいいのか、どうすればいいのか
わからなくなる事でしょう。
その頃の自分の愚かさに、今でも情けなくなります。

わたしはいつも、恋愛を通して自分も相手も
成長していけたら・・・と考えてきました。
そして、何かを得ようとも思っていました。
(念のため、モノではないです)
でも、彼との長い不倫生活の果てに、
得られたものは、負の遺産ばかりでした。

世間のすべての不倫カップルがそうだとは
限らないとは思いますが、わたしたちの場合は、
おたがいを傷つけあって(傷の質は違いますが)
後々笑顔で思い出せるようなものではありませんでした。

おそらく今、会ったとしても、お互い自分の残した
嫌なものを見ているような気持ちしか、
生まれてこないでしょう。

最初の頃のときめき。
彼のやさしさ。
いきいきとしたわたし。
何もかも、なくしてしまってからの別れ。

本当は、彼と和解したいと考えている自分がいます。
よりを戻すのではなく、ただ、醜い別れを修正したい。
・・・そんな甘い話は、ありませんよね。

by レンゲ

2004-07-21 10:11:08




『不倫の悦びと苦悩 (2004年7月21日)』より


またデンマンさんは、あたしの苦い体験談を持ち出してきたのですわね。

いやですか?

イヤだと言っても、もうデンマンさんは載せてしまっていますわ。

僕は、レンゲさんが心の内をこれだけ率直に表現できる、その素直さにいつも心を打たれるのですよう。僕だけではないと思うのですよう。レンゲさんのこの体験談を読む人は、同様な感動を受けると思うのですよう。

それで、なぜ、またこの手記を持ち出してきたのですか?

だから、レンゲさんは苦い経験をしたけれど、“愛”に失望する事はなかった。“愛”を信じていた。それで、レンゲさんも、めれんげさんも「気付き」を得ることができたと僕は思うのですよう。

それが“愛の魔術”ですか?

言葉はいい響きではないけれど、それこそ“愛のミラクル”、“愛の奇跡”だと思いますよう。

でも、『歎異抄』の世界では、それは煩悩だと言われていますよね。

その通りですよう。
 

人は煩悩(ぼんのう)の

闇へ闇へと

向かっていく




唯円よ、悲しいのう。。。



はっ。。。?

この世におると愛憎の渦に巻き込まれ欲得にふりまわされる。右も左も煩(わずら)わしいことだらけじゃ。

ですから。。。

まあ聞きなさい。お釈迦様はそんなものを捨て去って真実に目覚めなさいとお示しくださった。



ハイ。

しかし、愛憎の中でしか生きていけないのも事実。。。誰も彼もむなしい名利(みょうり)にすがってこの世に執着(しゅうちゃく)しておる。真実、すなわち阿弥陀様のみ光、に背を向け煩悩(ぼんのう)の闇へ闇へと向かっていくのが。。。

凡夫(ぼんぷ)。。。でございますね。

そうじゃ。そのあわれな凡夫を阿弥陀さまは見捨てられたかの?

い。。。いえっ。。。あっ。。。!もしかして私が急いでお浄土にお参りしたいと思わないのは煩悩のせいだとおっしゃるのでしょうか?!

おーっ、さすがじゃ、唯円。尊いみ教えをいただきながら喜べないのは、まさしく煩悩のせいじゃ。じゃが、そんなことはずっとずっと前から阿弥陀様はお見通しじゃよ。。。よいか唯円。その凡夫だからこそ阿弥陀様の救いの目当てなのじゃ!

(ガーーン)。。。阿弥陀様は急いで参りたいとも思わない私のような迷いとまどう者こそ不憫(ふびん)と思うてくださる。。。そうですね。

のう唯円。。。私たち凡夫も娑婆という所も一筋縄(ひとすじなわ)ではいかないのじゃ。愛する者と出会(でお)うたかと思えば別れ。。。今上(こんじょう)の喜びを得たと思うたら、それ以上の苦しみがくる。。。なんとか命ながらえたと思えば老いてゆく。ただ老いるのではないぞ。病にもかかるし税金も払わにゃならん。

ホンマ、つらいですね。

しかし、お浄土は安らかな所じゃ。早く行きたくならんか?

イエ。。。ですから。。。その。。。それでも娑婆に。。。その。。。未練(みれん)が。。。

やっぱり、一筋縄ではいかないのう。。。はっはっはっ。。。

面目ありません。

いやいや。。。そういう者のための阿弥陀様の救いじゃ。おまえのように仕事も一生懸命な者ほどこの世にしがらみは多いじゃろ。

ハァ。。。

私がもし、お念仏の教えをいただいてすぐ「ああ、お浄土はすばらしい!早く参りたい!」と思ったならば、もしかして自分には煩悩はないのだろうかと、かえっていぶかしく思うのではないか。。。のう、唯円。

ハイ!

お念仏の教えをそれこそ何万遍(なんまんべん)も聞かされながら「急いでお浄土に参りたいという気持ちが起こらない」という問いは、一見お念仏をいただいていないように思えるが、お念仏をいただいたからこそ、このような浅ましい本当の自分の姿が見えてきたと思わんか?凡夫と気づいたのは阿弥陀様のみ教えが心に響(ひび)いてきたからじゃないのか。。。どうじゃ?

ああっ。。。

愛憎の煩悩に惑(まど)わされて、いそいでお浄土に参りたいという心が起こらない浅ましい身に気づくならば、その身をなげくより、そんな私を捨てずに救うという阿弥陀様の大悲(だいひ)のたのもしさを仰(あお)ぎ「わが往生は一定(いちじょう)なり」と思いとるがよい。

はい!

ありがたいのう。ナマンダブ、ナマンダブ。唯円よ。名残り惜しくも娑婆と縁がつきたその時こそ、お浄土に共に参らせてもらおうじゃないか。



ありがたいことです。聖人さま、唯円を救っていただきありがとうございます。



なにを言う。私も凡夫じゃ。救ってくださったのは阿弥陀様じゃよ。

【デンマン注: 読み易く句読点を加えてあります。画像はすべてデンマンの趣味により加えてあります。】




199-211ページ
『漫画 歎異抄』 作: 岡橋徹栄 画: 広中建次
発行: 本願寺出版社 2003年9月30日 第二刷発行




『愛憎と極楽浄土 (2008年10月9日)』より


つまり、親鸞聖人は言うのですよう。自分では煩悩の世界から抜け出られないから阿弥陀様にすがって念仏を唱(とな)え、阿弥陀浄土へ行って救ってもらおうと。。。

浄土真宗の信徒の方は今でもそう信じているのでしょうね。

そうですよう。でも、そう信じることができる人はそれでもよいのですよう。信じる者は救われると言いますからね。でも、そう信じることができない人も居る。僕のようにね。。。うしししし。。。

そういう人はどうすればよいのでしょうか?

だから、レンゲさんが書いているように「気付き」を得る事によって煩悩の中に光明を見い出すのですよう。

煩悩の中の光明ですか?

そうですよう。人は煩悩の中でしか生きられないと親鸞聖人も認めている。そうであるならば、その煩悩の中にこそ前途に希望を見い出して前向きに生きてゆかねばならないのではないか?それこそ「愛の正体」ではないのか?僕は、そう思うようになったのですよう。うしししし。。。


【レンゲの独り言】



ですってぇ〜♪〜。。。
デンマンさんの言おうとしていることが分からない訳ではないのですけれど、
ちょっとばかり飛躍しているようにも思えるのですよね。
あなたは、どう思いますか?

まだ、まだ面白いお話が続きそうです。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

人は見かけによらぬもの

あなたも、この格言を聞いた事があるでしょう?

見かけだけ、外見だけでは

相手の表面的なことだけしか分からないものです。

さて。。。英語で何と言うのでしょうか?

考えてみた事がありますか?

次のように言いますよ。

You must not judge a person

only by the appearance.


また、次のように言う事もできます。

Things are not always

what they seem.

真実は、見かけ通りとは限らない。




ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年10月11日

あなたの恋愛



 
 
あなたの恋愛



おほほほ。。。

卑弥子でござ〜♪〜ますわよゥ。

また出て来てしまいましたわア〜

どうしても、あなたに

お会いしたかったので

ござ〜♪〜ますわよゥ。

ええっ?相手が

誰だか分からないのに、

いい加減な事をぬかすな!

あら、まあぁ〜、

きついお言葉ですことォ〜

そのようなエゲツない事を

言わないでくださいましなぁ〜

あたくしは、あなたに本当に

お会いしたかったので

ござ〜♪〜ますわよう。

うしししし。。。

ええっ?

そんな事はどうでもいいから、

「あなたの恋愛」について早く話せ!

あなたは、また、そのような強い口調で、

あたくしにご命令なさるのござ〜♪〜ますかア?

分かりましたわ。

あたくしも、そのつもりで

出てきたのでござ〜♪〜ますから。。。

おほほほほ。。。




あなたも、これまでにいろいろな恋愛をしたことでしょうね?

あたくしだって、そうなのよ。

おほほほほ。。。

今日はねぇ、あなたが恋愛する時の、あるいは、恋愛中の心の状態を

あたくしが診断しようと言う訳なのよ。

ええっ?そんな事が分かるのかって。。。?

分かるのよう。あなたがあたくしの質問に答える事によって分かってしまうのよゥ。

ウソだぁ〜♪〜いィ〜〜

ウソじゃないのよ。

ウソだと思ったら、ばかばかしい質問のように思えるけれど、

あたしの質問にマジで答えてみてね。

あなたはきっと驚いてしまうわよゥ。

無意識のうちに恋愛中にあなたが取っていた心の行動が分かってしまうのよ。

だからねぇ、騙されたと思ってあたくしの質問にマジに答えてちょうだいね。

じゃあ、始めるわよ。




節分の豆まきの影響か、

鬼に追いかけられる夢をみてしまいました。

あなたはどこに逃げましたか?

A: トイレの中

B: となりの家

C: ほら穴

D: 布団の中




どうですか?
選びましたか?

とにかく、実際にあなたが夢に見なかったとしても、
最もふさわしい場所をあなたがどれか一つ選ぶのよ。
今からでも遅くないからどれか一つに絞ってね。

くどいようだけれど一つよ。
多ければいいって言うものじゃないのよ。

じゃあ、回答に参りますわね。

では、あなたの「恋愛の奥に潜む本当の姿」を診断いたします。




○ Aを選んだあなたは 【実利的な恋愛】を探しているのです。

「トイレの中」を選んだあなたは、計算高い人です。
恋愛を社会的成功の手段として見ているので、
相手の地位や財産が気になって仕方ないのでは?

○ Bを選んだあなたは 【友愛的な恋愛】を追い求めるタイプです。

「となりの家」を選んだあなたは、平和主義者です。
いつも穏やかでいたいので、
激しい恋愛よりも友情のような安らぎを求めているのでは?

○ Cを選んだあなたは 【支配的な恋愛】を求めています。

「ほら穴」を選んだあなたは、ヤキモチ焼きです。
クールに装っていても、独占欲が強いので、
嫉妬や執着に悩むことが多いのでは?

○ Dを選んだあなたは 【自己中心的な恋愛】にハマッてしまうタイプです。

「布団の中」を選んだあなたは、ワガママな人です。
自分の気持ちに素直に従ってしまうので、
1つの恋愛では満足できないのでは?


どうですか?
思い当たる事があるでしょう?

ええっ?あたくしですか?
「ほら穴」を選らんだのですわよ。

そうなのよ。あたくしは、どちらかと言うと独占欲が強いのですわよ。
確かにヤキモチ焼きのところがありますわ。
なんだか自分でもびっくりしているのですわよ。
当たってしまうものなんですわよねぇ〜。

あなたはいかがですか?
もし、あたくしの上の診断が間違っていたとしても、
ムカついたりしないようにねぇ。

ムカつくと癌になり易くなるのよ。
ナチュラルキラーの癌細胞・殺戮力(さつりくりょく)が落ちてしまうのよ。

だからね、癌にかかりたくなかったら、いつもニコニコしている事なのよ。

ええっ?いつもニコニコしていられないの?
だったらね、あなたのために、いつもニコニコしていられるサイトを紹介するわ。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。

■ 『どんな時でも、あなたがニコニコしていられるサイト』



ええっ?
あなたは本格的に、あなたの恋愛を占いたいの。。。?

分かりましたわ。
それならねぇ、本格的な占いサイトをご紹介しますわよ。

もちろん無料なのよ。
じゃあね、次のリンクをクリックしてね。

■ 『あなたも未来を開く占いをやってみませんか?

うれしい出会いが待っているかも知れませんよ!』


上のリンクをクリックすると「占いの館」の説明が現れますよ。
「占いの館」とは西洋占星術に基づく「ミーシャの12星座占い」です。
東洋の易術に基づく「ミーシャの易占い」という2つの無料占いと、
必ず開運アイテムがもらえる「ココロのアイテムおみくじ」が楽しめる
本格的な占いコンテンツでござ〜♪〜ますわよ。

とにかく、無料で試してみることが出来るのよ。
あなたが失うものは無いの。。。
だから、覗いてみるだけの価値があるわよ。

じゃあ、大いに楽しんでね。



あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『あなたのためのオンラインショッピング ガイド』

■ 『面白くって楽しくてためになる英語』

■ 『今、すぐに役立つホットな情報をゲットしようね』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』



■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』



■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。。

また現れて、

くどいようでござ〜♪〜ますけれど。。。

分かってるわよゥ。

でも、我慢して読んで頂戴ね。

あたくしだって、好き好んで

あなたをわずらわせたくないのよ。

でも、デンマンさんは良い人だから

あたくしは、お手伝いをしたいわけなのよゥ。

だから、あなたも我慢して

最後まで付き合ってね?

おほほほほ。。。

ところで、あたくしは柿の葉寿司が大好物なのよ。



ええっ?散らし寿司じゃなかったのかって。。。?

そうなのよ。良く覚えているわね?

散らし寿司も好きなのよ。

でも柿の葉寿司も大好物なのよ。

おほほほほ。。。

あなたも作ってみてね。

ええっ?

良い材料が手に入らない、

とおっしゃるのでござ〜♪〜ますか?

心配する事は無いのでござ〜♪〜ますのよゥ!

貴方もこうしてネットをやって、

あたくしの記事を読んでいるのですから、

クリックするだけで、

すべての材料が手に入るのですわよ!

産地直送の食材が手に入れたかったら、

ぜひ次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『あなたのためのオンライン ショッピングガイド』

それは、さておき。。。

あたくしがマスコットギャルをやっている次のサイトも見てね。

■ 『面白くて楽しい、新しい日本古代史』

貴方、ホントに見てね?

ダメよ!そうやって生返事ばかりして、

この場をうまく誤魔化そうなんてぇ〜

そういうコスイ考え方は、お止めになった方が

良いのでござ〜♪〜ますわよゥ〜。

ええっ?どんな面白い記事があるのかって?

ちょっとこれを見てよゥ。



ええっ?このおっさんがどうしたのかって。。。?

このおっさんがびっくりするほどの“聖書”を

藤原氏が持っていたのよ。

ええっ?どう言う事かって。。。?

読めば分かるわよ。

次のリンクをクリックして読んでみてねぇ。

■ 『マキアヴェリもびっくり、藤原氏の聖書とは。。。?』

とにかく、楽しい面白い記事が

たくさんあるわよゥ。

うふふふふふ。。。。

では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月30日

心の魔術



 
心の魔術




エロい乱歩

2007-04-13 13:53



デンマンさん
わたしの言う「エロい」は、
やはり少々お下品だったかな?
この表現って、
わたしにとっては「ギャグ」に近いんですよ
わたしは関西人のなかでも特に?
ウケをねらう傾向が強すぎるものでして、
必要以上に自分をコミカルにデフォルメするという、わるーい癖があるんですよね

で、回答へとまいりますね。。。

江戸川乱歩全集に関してですが、
とにかく横尾氏のイラストが、
エロチックだったのです。
幼いころから、女性の肉体の美しさに
強烈に魅了されていたわたしは、
偉大な画家たちの描く裸婦や、
女性のヌード写真を見て
「わたしも早くこんな風にキレイになりたいなあ!」
と、成熟へのあこがれを強く感じていました。

乱歩の作品自体については、
エログロナンセンス」の時代特有の、
妖しげな表現に魅せられました。


「人間椅子」での、愛する女性のソファに、
自ら入り込み、悦楽にひたる男の異常な愛などは、
「家畜人ヤプー」に通じるものがあり、
それはむしろ、純粋なものすら感じました。

そういえば…
乱歩の時代のことが知りたくて、
おばあちゃんに
(今は亡き愛するおばあちゃんです!)
「見世物小屋行ったことある?」
「衛生博覧会って、どんなんやった?」
などと、聞きまくっていたものです

「チャタレイ夫人の恋人」ですが…
ぶっちゃけエロい箇所の拾い読み、
というのが事実です!
だってねえ…あの小説の大半は、
ロレンスの思想の
展開だと思いませんか?

小学生のわたしに、そんなものを理解できるような
知性も理解力もなかったっす…
で、大人になってから読み返したのですが、
森の番人の野卑でありながらも、
深い洞察力に満ちた性格に、
恋愛感情にも似た気持ちを感じました。
おまけに、セックスは上手ですしね(キャー!)

女性が自らの性欲を恥じる必要など
ないということを、
わたしは少女時代に、
あの小説によって知ったのかもしれませんね。

フロイトも、ヒステリーの原因は、
性的欲求不満であると、言ってましたよね?
セックスとは、
愛を基盤とした自由なものであるべきだと、
わたしはずーっと信じてます!

by レンゲ




『おばさんパンツ (2007年10月6日)』より




デンマンさん。。。、どうして、また、あたしの手記を持ち出してきたのですか?



実は、僕は江戸川乱歩の作品をどれ一つとしてじっくり読んだことがないのですよう。

興味がなかったのですか?

はっきり言ってしまえば、そうなのですよう。前にも書いたけれど、推理小説は、一口で言ってしまえば謎解きですよう。トリックとか、伏線とか、「目くらまし」とか。。。いろいろと手の込んだ事を文章の中に書き込んである。不必要な飾りをゴテゴテと塗りたくった絵のように、僕には悪趣味に映った。推理小説や探偵小説は文学として一段も二段も低いものと思っていたのですよう。

つまり、食わず嫌いなところがあったというわけですか?

そうなのですよう。江戸川乱歩が書いていた通りですよう。


欺瞞の根本原理



上の図を見てください。
O は円の中心、 AB の長さ 14センチ、 BC の長さ33センチという事だけ分かっている。この円の半径は何センチですか。
別にむつかしい計算は要りません。
30秒で答えてください。
もし30秒で答えられなかったら、考えるのをやめて、この小文を終わりまで読んでください。

 (中略)

手元にあったロースン (Clayton Rawson) の長編は Death from a Top Hat (1938)というので、この題名は手品師のシルクハットから兎や鳩が飛び出すように、「死」が飛び出したという意味。ディクスン・カーが褒めるはず、この作はカーの手品趣味をさらにいっそう極端にした徹底的な手品文学である。

 (中略)

その他、この小説にはオカルティズムと手品趣味が充満していて、手品小説愛好者をヘトヘトに堪能させてくれる。結末の種明かしそのものには非常な創意があるとは云えないが、そこまでの道程が面白いのである。カーですら極端だと思っていたのに、そのカーに輪をかけて極端な手品作家に接して、上には上があるものと、ほとんど呆れた次第である。

冒頭に記した謎の図も、マリーニー(主人公探偵)がこの図を描いて警部ともう一人の人物に示し、探偵学の一助とするのである。この図を示されると、誰でも一応は、図の半径 AO の内の AB の長さが分かっているのだから、残りの BO の長さを求めればよいと考える。 ところで、BOC という不等辺直角三角形の底辺 BC の長さは分かっているが、その他に何もデータがないのだから、これだけではどうしても BO の長さを算出する事ができない。これは不可能だ。とてもむつかしいと考える。そう考えたらおしまいである。まんまと手品師の術中に陥ったのである。

そんな考え方をしないで、BC を対角線とする矩形(くけい)を良く見ればよいのである。そして O から発して BC と相交わるもう一つの対角線を描いてみる。すると矩形に置ける二つの対角線の長さは相等しいのだから、O から円周に達する対角線の長さは即ちこの円の半径で、それは BC と同じく33センチなのである。

マリーニー名探偵は云う。
「どうだい、答えはちゃんと君の目の前にさらけ出されていたじゃないか。君はそれを見なかったのだ。なぜかというと、AB という余計な太線があり、その長さを14センチと、何か意味ありげに示してあったので、その残りの細線の長ささえ算出すれば半径が分かると、ついその方に気をとられてしまうからだ。この「目くらまし」にかかって、君の論理は脇道にそれ、袋小路(ふくろこうじ)に突き当たってしまった。手品師がハンカチや時計を消して見せるトリックも全くこれと同じなんだよ。左手で何か細工をしようという時には、見物の注意を右手の方に集めるのだ。右手にその品を握っていると思わせるのだ。そして、見物の目が右手に集中されているひまに、易々(やすやす)と左手で物を隠してしまう。見物は全然左手なんか見てやしないんだからね。つまりこの図のAB線は手品師の右手に当たるわけだよ」

名探偵はさらに言う。
「観察力がうまく間違った方向に導かれると、どんな利巧な見物でもごまかされてしまう。これが欺瞞の根本原理だ。この原理は手品師ばかりではなく、賢い犯罪者と、それから探偵作家が常に用いている。だから、これさえ飲み込んでいれば、君は手品や犯罪や探偵小説に欺かれる心配はないわけだよ」




785−789ページ
江戸川乱歩全集 第30巻 「わが夢と真実」
光文社文庫 2005年6月20日 初版1刷発行




『愛と心の構造 (2008年9月28日)』より


つまり、僕は推理小説の「右手」だけしか見ていなかったのですよう。

先入観が「目くらまし」になっていた。。。デンマンさんは、そうおっしゃるのですか?

そうなのですよう。

それで、あたしの手記ですけれど。。。それが、推理小説の「右手」と関係あるのですか?

関係あるのですよう。僕が初めて推理小説の「左手」に気づかされたのがレンゲさんの上の手記を読んだときだったのですよう。

どう言う事ですか?

だから、江戸川乱歩は謎解き作品だけを書いていた、と僕は思っていたのですよう。松本清張さんが『点と線』を書いて推理小説ブームを巻き起こしたけれど。。。僕も『点と線』を読んだけれど、イマイチだった。推理小説よりも、清張さんが書いたノンフィクション作品に僕は惹かれて、もっぱらそっちの方ばかりを読んだのですよう。

それで、江戸川乱歩の作品を読む気にならなかったのですか?

そうですよう。推理小説では乱歩さんの方が清張さんよりも有名だったけれど、そう言う訳で僕は乱歩さんの作品を一つも読んでいなかった。

。。。で、あたしの手記を読んで、どうだとおっしゃるのですか?

だから、初めて江戸川乱歩の「左手」を見せられたように思った。

その「左手」とは。。。?


「人間椅子」での、愛する女性のソファに、

自ら入り込み、悦楽にひたる男の異常な愛などは、

「家畜人ヤプー」に通じるものがあり、

それはむしろ、純粋なものすら感じました。


この部分を読んで、江戸川乱歩が“愛する女性のソファに、自ら入り込み、悦楽にひたる男の異常な愛”を書いていたのか?。。。それは、全く僕の知らない江戸川乱歩だった。もちろん、彼の作品を一つも読んでいなかったのだから、乱歩が推理小説作家で有名だったということぐらいしか知らなかった。

。。。で、あたしの手記を読んで、乱歩に興味が湧いてきたとおっしゃるのですか?

そうなのですよう。先日、たまたま用事があってロブソン・ストリートを歩いて銀行に寄って、用事を済ませてから天気が良かったので散歩もかねて市立図書館まで歩いて行ったのですよう。





日本語図書の棚の前をブラつきながら面白そうな本を探したのだけれど、その時、文庫版の『江戸川乱歩全集 第30巻』が目に付いた。

それで、借りてきたのですか?

そうですよう。レンゲさんの手記を読んでいなかったら、僕はその前を通り過ぎていたのですよう。

江戸川乱歩の「左手」を見てみようと思ったわけなのですね?

そうですよう。それで、僕はこの時、「漫画 歎異抄」と一緒に借りてきたのですよう。





漫画と一緒にですか?。。。取り合わせが面白いですね。

そうでしょう。。。うしししし。。。

『江戸川乱歩全集 第30巻』を読んだので、こうして記事を書いている。。。この事が言いたかったのですか?

もちろん、それだけではありません。乱歩の「左手」を見ただけのことはありました。

例えば、どういうところが面白かったのですか?

次の箇所は、とりわけ興味深いと思って読みましたよう。


私(江戸川乱歩)は、この第一回と第四回の入選作を一読したが、最近作の第四回のものに彼女(ドロシイ・ソールスベリ・デイヴィス)の特徴が最もよく出ているように感じた。
「クイーン雑誌」はその作の解説文に、探偵小説の着想の出発点となるものは、本のちょっとした見聞である場合が多いことを、実例をあげて示しているが、デイヴィス夫人のこの作も、その着想は夫の出演しているラジオのスタジオで得られたものだという。
夫人がラジオ劇の演出を見物していると、配役表の中にない40才余りの女が役者の間に混じっているので、変だなと思っていた。



すると、やがて台本の「赤ん坊」という箇所に来ると、その女がマイクロフォンに近づいて、いきなり泣き出した。それが赤ん坊の泣き声にそっくりであった。
どんなに本当らしかったかということは、母親役の女優が、つい引き入れられて、その40女の背中に手をまわして、なでさすったり、まるで本物の赤ん坊をあやすようにしながら、次の自分のセリフを云ったのでも分かる。
デイヴィス夫人は、その奇妙な光景を見て、この作(“Backward, Turn Backward” by Dorothy Salisbury Davis)を思いついたというのである。

この作では、19才の少女がクライマックスで大声を立てて泣くのだが、その時、人々は初めて彼女の泣き声を聞いてびっくりする。それは赤ん坊の泣き声とそっくりであった。そして、それがこの作全体のトリックとして使われているのである。

これは「優しき殺人者」とも相通ずる一種奇妙な味であり、ここにデイヴィス夫人の持味とも云うべきものが感じられる。
私はかつて、英米の古典短編を吟味する評論を書いた時、「奇妙な味」という一章を設け、その代表作として、ロバート・バーの「健忘症連盟」やヒュー・ウォルポールの「銀仮面」などを挙げたことがある(「幻影城」に収む)。

「奇妙な味」というのは実に下手なあいまいな形容で、結局実例によって悟ってもらうほかはないのだが、新人デイヴィス夫人の作風に、私はやはりこの「奇妙な味」の部類に属するものを感じたのである。




627−628ページ
江戸川乱歩全集 第30巻 「わが夢と真実」
光文社文庫 2005年6月20日 初版1刷発行


この上の引用のどの箇所にデンマンさんは、それ程興味を覚えたのですか?

「奇妙な味」ですよう。40才の女性が泣いたら、まるで赤ん坊が泣くのとそっくりだったと思ってデイヴィス夫人はビックリした、と乱歩は書いている。確かに、それは奇妙な経験だったに違いない。

デンマンさんも同じような経験をしたのですか?

そうなのですよう。でも、僕の場合には、全く逆だったのですよう。

逆ってぇ。。。赤ちゃんが泣き出したら、まるで40才の女性のような泣き方をしたのですか?

これもレンゲさんの次の手記を読んで感じた事ですよう。ちょっと読んでください。


そこまで人を駆り立てる物って

何なんだろう?




2005/01/08 01:28

わたしは「家畜人ヤプー」の
沼 正三氏を思い出す。
彼の思い描いた壮大なユートピア。
イマジネーションとリビドーが
彼を書かずにはおかせなかったのだろう。

彼は夜な夜な
そのイメージの世界へと旅立ち、
恍惚の笑みを浮かべ、
自分が創り出した女神たちに奉仕し、
虐げられていたのだろう。



表の顔とのギャップが大きいほど、
秘められた場所での彼の悦びも、強く、
刺激的になり、
仮想ユートピアも、あざやかに、
現実のものとなっただろう。

それは、彼の知性が高かったために、
そのような壮大な世界を
得ることができたのであって、
凡人ならば、実際に血の通った“女神”を必要とするのだ。

ユートピアといえば、トマス・モアを思い出すが、
彼は自分のおかれている現実にたいして多くの不満を持ち、
そのうち想像と妄想を結実させ、あの作品を書いた。

人の欲望、不平、不満は、時に妄言などを生み出し、
何らかの「アンチ」な行動に向かわせる。
それが社会を動かす力となるか、
ただの変人呼ばわりで終わるかは、
本人の死後、評価が決まるかもしれない。

by レンゲ  




『性と愛と負の感情 (2006年7月2日)』より

この本を読んでみたい人は次のリンクをクリックすると紹介サイトへアクセスできます。
■ 『「家畜人ヤプー」紹介ページ』


このレンゲさんの手記を読んだ時に僕はデイヴィス夫人の驚きを感じたのですよう。

あたしの上の手記を読んでですか。。。?

そうですよう。

一体どのような驚きですか?

僕のオツムの中のレンゲさんのイメージは次のように天真爛漫なかわゆい女の子なのですよう。



デンマンさんは、あたしがこのようなかわゆい女の子だと思っているのですか?

そうですよう。レンゲさんは天真爛漫で、実にかわゆいところがあるのですよう。

どうして、そう思うのですか?

かつて、レンゲさんは次のような詩を書いていたのですよ。




コンビニにて





2004/12/24 23:06

帰り道にファミマに寄りました。
ぶたまんが恋しくなったからです。

でも、それだけ1個だけしか
買わないなんて

なんだか駄菓子屋で
チョコバット1本・・・
みたいな、へんな恥じらいに
おそわれて、

ピザまんも、
連れてかえってきました。

よしよし、ピザまんチャン 
(^Д^)うふっ♪
次はあなたの番よ。。。!



by レンゲ




『不倫女じゃないわぁ〜』より




この詩ならば、次のようなかわゆいイメージの女の子が書くだろうと思うのですよう。



それでデンマンさんは、あたしがメチャかわゆい女の子だと思い込んでしまったのですか?

いや、レンゲさんは実にかわゆいところがあると今でも僕は思っていますよう。

。。。で、その上の『そこまで人を駆り立てる物って何なんだろう?』を読んだ時にはどのようなイメージが思い浮かんだのですか?



こうしてレンゲさんが急に年を重ねてしまったような錯覚に陥ったものですよう。うしししし。。。


【レンゲの独り言】



ですってぇ〜♪〜。。。
おばあちゃんにされてしまいましたわ。

上の“ピザまん”の詩と“家畜人ヤプー”の手記は、それ程、年の差を感じさせるものでしょうか?
あなたは、どう思いますか?

まだ、まだ面白いお話が続きそうです。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

人は見かけによらぬもの

そうですよね。

あなたも、この格言を聞いた事があるでしょう?

見かけだけ、外見だけでは

相手の表面的なことだけしか分からないものです。

デイヴィス夫人の驚きは

40才の女性の泣き方がまるで赤ちゃんのようだった。

デンマンさんの驚きは

“ピザまん”の詩を作る10代のかわゆい女性だと思っていたら、

人生経験をつんだ60代の女性が書くような手記も書いていた。

あなたも似たような経験があるでしょう?

さて。。。“人は見かけによらぬもの”を

英語で何と言うのでしょうか?

考えてみた事がありますか?

次のように言いますよ。

You must not judge a person

only by the appearance.


また、次のように言う事もできます。

Things are not always

what they seem.

真実は、見かけ通りとは限らない。




ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月28日

愛と心の構造


 

愛と心の構造

 


(breakup0.gif)


私(江戸川乱歩)は、この第一回と第四回の入選作を一読したが、最近作の第四回のものに彼女(ドロシイ・ソールスベリ・デイヴィス)の特徴が最もよく出ているように感じた。
「クイーン雑誌」はその作の解説文に、探偵小説の着想の出発点となるものは、本のちょっとした見聞である場合が多いことを、実例をあげて示しているが、デイヴィス夫人のこの作も、その着想は夫の出演しているラジオのスタジオで得られたものだという。
夫人がラジオ劇の演出を見物していると、配役表の中にない40才余りの女が役者の間に混じっているので、変だなと思っていた。

すると、やがて台本の「赤ん坊」という箇所に来ると、その女がマイクロフォンに近づいて、いきなり泣き出した。それが赤ん坊の泣き声にそっくりであった。
どんなに本当らしかったかということは、母親役の女優が、つい引き入れられて、その40女の背中に手をまわして、なでさすったり、まるで本物の赤ん坊をあやすようにしながら、次の自分のセリフを云ったのでも分かる。
デイヴィス夫人は、その奇妙な光景を見て、この作(“Backward, Turn Backward” by Dorothy Salisbury Davis)を思いついたというのである。

この作では、19才の少女がクライマックスで大声を立てて泣くのだが、その時、人々は初めて彼女の泣き声を聞いてびっくりする。それは赤ん坊の泣き声とそっくりであった。そして、それがこの作全体のトリックとして使われているのである。

これは「優しき殺人者」とも相通ずる一種奇妙な味であり、ここにデイヴィス夫人の持味とも云うべきものが感じられる。
私はかつて、英米の古典短編を吟味する評論を書いた時、「奇妙な味」という一章を設け、その代表作として、ロバート・バーの「健忘症連盟」やヒュー・ウォルポールの「銀仮面」などを挙げたことがある(「幻影城」に収む)。

「奇妙な味」というのは実に下手なあいまいな形容で、結局実例によって悟ってもらうほかはないのだが、新人デイヴィス夫人の作風に、私はやはりこの「奇妙な味」の部類に属するものを感じたのである。




627−628ページ
江戸川乱歩全集 第30巻 「わが夢と真実」
光文社文庫 2005年6月20日 初版1刷発行





(manila05b.jpg)

デンマンさん、今日は江戸川乱歩の事ですか?


(kato3.gif)

いや。。。特に、江戸川乱歩にこだわって、推理小説、探偵小説について書くわけではないのですよう。

そう言えば、デンマンさんは推理小説や探偵小説があまり好きでない、と言ってましたよね。

レンゲさんは、よく覚えていますねぇ〜?

よく覚えていますねって。。。次の記事を読みましたわ。


「軽井沢夫人」と

推理小説ブーム



(miwa100.jpg)

 (前略)

ここでちょっと寄り道をします。
松本清張さんが1958年に発表した推理小説『点と線』と『眼の壁』の2長編はベストセラーとなって、「清張ブーム」を巻き起こします。
どうして推理小説のことなど、とあなたはいぶかしく思うかもしれませんが、実は美和さんが初めて日活ロマンポルノに主演する事になる『軽井沢夫人』の原作は嵯峨島昭(さがしまあきら)の同名の推理小説を映像化したロマンポルノなのです。
この嵯峨島昭という一般の人にはあまり知られていない作家名は、実は、あの有名なポルノ作家・宇能鴻一郎の別名です。
そう言う訳で、清張さんと推理小説についてちょっとばかり書いてみます。

この「清張ブーム」によって推理小説が大衆に読まれるようになったのです。
推理小説が庶民の間でも親しまれるようになったというのは清張さんの功績だと思います。
また、清張さんは『昭和史発掘』『日本の黒い霧』などのノンフィクションで現実世界にも目を向け、多芸多才な作家活動をおこないました。

『小説帝銀事件』であつかった現実世界は、『日本の黒い霧』にまとめられ、「黒い霧」は流行語になったほどです。
『わるいやつら』、『砂の器』、『けものみち』、『天保図録』を発表後、1964年から「昭和史発掘」の連載を「週刊文春」に開始しました。
『古代史疑』で古代史にも目を向けたのです。
まさに多彩と言う印象を受けますよね。
1970年、『昭和史発掘』などの創作活動で第18回菊池寛賞を受賞しました。

清張さんは「自分は作家としてのスタートが遅かったので、残された時間の全てを作家活動に注ぎたい」と語り、広汎なテーマについて質の高い作品を多作したのです。
このように多作の作家のなかでコンスタントに質の高い作品を出し続けた例は極めて稀で、このため複数の助手作家を使った工房形式で作品を作っているのではないか、と平林たい子・女史は韓国の雑誌『思想界』で指摘したほどです。
これに対し清張さんは、『日本読者新聞』において反論しています。

僕自身は推理小説よりも清張さんのノンフィクションを好んで読みました。
推理小説は、考えすぎて書いているところが不自然で僕はあまり好かないのです。


宇能鴻一郎さんは大学院在学中の1961年(昭和36年)、『鯨神』で第46回芥川賞を受賞しました。
嵯峨島昭のペンネームは推理小説を書くために使ったものです。筆名の由来は、当初、覆面作家として登場したため「探しましょう」にシャレたものです。
芥川賞受賞後、しばらくは性的純文学を書いていたのですが、次第に独特の官能小説を量産するようになります。
ところで、嵯峨島昭の推理小説『軽井沢夫人』ですが、『点と線』と比較すると、あまりにも単調で浅い感じがしてしまうのですよね。
なぜ?

推理小説のタイトルのネーミングを見ても分かるように安直に名前をつけているのですよね。
作品を量産する時には、いちいちユニークな名前をつけるのが面倒になる。
そう言う訳で似たようなタイトルになってしまう。
ちなみに、清張さんは作品に名前をつける時、ずいぶんと考えた末に決めると言うことを僕はどこかで読んだことがあります。


(miwa120.jpg)

嵯峨島さんの『軽井沢夫人』に至る推理小説のタイトルは
『札幌夫人』
『湘南夫人』
『軽井沢夫人』
この辺の名前のつけ方にも安直さが伺えます。
当然の事ですが、話の筋も同じようなのでは。。。?と読者の方も安直に無視してしまう。




『軽井沢夫人 (2008年7月7日)』より


デンマンさんは“推理小説ブーム”の頃でも、あまり推理小説を読まなかったのですか?

読みませんでした。

それなのにどうして江戸川乱歩の全集などを読む気になったのですか?

レンゲさんの影響ですよう。

あたしの。。。?

そうですよう。レンゲさんが次のように書いていたからですよう。


エログロと江戸川乱歩全集

2007-04-13 13:53


(woman14.jpg)

デンマンさん
わたしの言う「エロい」は、
やはり少々お下品だったかな?
この表現って、
わたしにとっては「ギャグ」に近いんですよ
わたしは関西人のなかでも特に?
ウケをねらう傾向が強すぎるものでして、
必要以上に自分をコミカルにデフォルメするという、わるーい癖があるんですよね

で、回答へとまいりますね。。。

江戸川乱歩全集に関してですが、
とにかく横尾氏のイラストが、
エロチックだったのです。
幼いころから、女性の肉体の美しさに
強烈に魅了されていたわたしは、
偉大な画家たちの描く裸婦や、
女性のヌード写真を見て
「わたしも早くこんな風にキレイになりたいなあ!」
と、成熟へのあこがれを強く感じていました。

乱歩の作品自体については、
エログロナンセンス」の時代特有の、
妖しげな表現に魅せられました。


「人間椅子」での、愛する女性のソファに、
自ら入り込み、悦楽にひたる男の異常な愛などは、
「家畜人ヤプー」に通じるものがあり、
それはむしろ、純粋なものすら感じました。

そういえば…
乱歩の時代のことが知りたくて、
おばあちゃんに
(今は亡き愛するおばあちゃんです!)
「見世物小屋行ったことある?」
「衛生博覧会って、どんなんやった?」
などと、聞きまくっていたものです

「チャタレイ夫人の恋人」ですが…
ぶっちゃけエロい箇所の拾い読み、
というのが事実です!
だってねえ…あの小説の大半は、
ロレンスの思想の
展開だと思いませんか?

小学生のわたしに、そんなものを理解できるような
知性も理解力もなかったっす…
で、大人になってから読み返したのですが、
森の番人の野卑でありながらも、
深い洞察力に満ちた性格に、
恋愛感情にも似た気持ちを感じました。
おまけに、セックスは上手ですしね(キャー!)

女性が自らの性欲を恥じる必要など
ないということを、
わたしは少女時代に、
あの小説によって知ったのかもしれませんね。

フロイトも、ヒステリーの原因は、
性的欲求不満であると、言ってましたよね?
セックスとは、
愛を基盤とした自由なものであるべきだと、
わたしはずーっと信じてます!

by レンゲ




『おばさんパンツ (2007年10月6日)』より


僕は江戸川乱歩という作家は推理小説ばかり書いていると思っていたのですよう。

そうですわ。推理小説ばかり書いていたのですわ。

でも、レンゲさんの上の手記を読んだらば、“乱歩の作品自体については、「エログロナンセンス」の時代特有の、妖しげな表現に魅せられました”と書いてある。

この箇所を読んでデンマンさんは急に江戸川乱歩に興味を覚えるようになったのですか?

江戸川乱歩ではなくて、レンゲさんにですよう。

どう言う事ですか?

つまり、“エログロナンセンス特有の怪しげな表現”。。。その言葉に僕は興味を覚えたのですよう。要するに、そのような事にレンゲさんが惹かれるのであれば、レンゲさんをもっと理解するためにも、ぜひ江戸川乱歩を読んでみたいという興味が俄然(がぜん)頭をもたげたのですよう。

それで図書館に行って江戸川乱歩の作品を探したのですか?

特に江戸川乱歩の作品を探した訳ではないのですよう。

それなのに、どうして江戸川乱歩の作品を借りてきたのですか?

たまたまバンクーバーのダウンタウンに用事があって出かけたのですよう。まず、ロブソン・ストリートのノバスコシア銀行に行きました。


(robsonst.jpg)

それから税務署などに寄って。。。せっかく天気のいい日に外へ出たので図書館まで足をのばしたのですよう。


(library9.jpg)

中央図書館には日本語の本が1万冊ぐらいありますからね。最近は漫画が多くなったけれど。。。

それで、たまたま江戸川乱歩の本が目に付いたのですか?

そうなのですよう。文庫版で、一冊が3冊分ぐらいあるぶ厚いモノでした。これならば、“エログロナンセンス特有の怪しげな表現”に出会えるだろうと期待しながらマンションに戻ってきて、ワクワクしながら読み始めたのですよう。

それで、期待したとおりに、その表現に出くわしたのですか?

それが、パラパラとめくってみて、まず、がっかりしましたよう。乱歩が書いた、いわゆる推理小説、探偵小説の作品は一つも載ってないのですよう。

第30巻は自分史のようなものですよね。

そうなのですよう。やっぱりレンゲさんは詳しいですね。前半が乱歩の自分史で、後半が海外探偵小説の作家と作品の紹介なのですよう。

それで、デンマンさんはムカついて本を放り投げてしまったのですか?

いやいや。。。僕は、もともと推理小説、探偵小説は、あまり好きではなかった。むしろ乱歩の自分史だったら、面白く読めると思って、“エログロナンセンス特有の怪しげな表現”の事は諦めたけれど、本を投げ出さずに読み続けましたよう。

面白かったですか?

実に勉強になりましたよう。実際、僕はその本のエッセーを取り上げて記事も書きました。

■ 『江戸川乱歩の今一つの世界 (2008年8月31日)』

僕は乱歩全集の第30巻を読んでみて、江戸川乱歩という人物は、「奇妙な味」わいのある作家だと思ったものですよう。

具体的には、どういうところですか?

僕は、乱歩さんという作家はポルノ推理小説「軽井沢夫人」を書いた嵯峨島昭(宇能鴻一郎の別名)さんのように“エログロナンセンス特有の怪しげな表現”も書くのかな?そう思っていた。レンゲさんも、そのように書いていたから。。。

「軽井沢夫人」にもエログロナンセンスを思わせる表現が出てくるのですか?

出てくるのです。僕は、卑弥子さんと次のように語り合った事があるのですよう。読んでみてください。


エログロで陳腐なキスシーン


(salome22.jpg)

オスカー・ワイルドによる戯曲『サロメ』の最終場面では、その首にサロメが口づけする衝撃的場面があり、その上演はスキャンダルとなった。もともとサロメの伝承にはキスシーンは無かった。洗礼者ヨハネとサロメとの間にも何の関係も無かった。でも、ギュスターヴ・フロベール作の短編小説では、サロメはヨハネの「愛する弟子」になり、オスカー・ワイルドの戯曲では、洗礼者ヨハネに強く魅せられたサロメがその誘惑を拒絶するヨハネに対して首を求めて、その首にキスするという物語になった。


(himiko22b.gif)

その物語からヒントを得て、「軽井沢夫人」では、ヒロインが苦学生・紫藤純一の切断された頭部にキスをするようにした。デンマンさんは、そうおっしゃるのですか?



そうですよう。ロマンポルノだから、キスをさせたのでしょうね。でも、僕には、あまりにも見え見えなシーン、つまり、オスカー・ワイルドの戯曲の物真似としか映らなかった。日本人的な感覚では、全く必然性を認めることができない。

でも、そういう女性が日本人にも居るかもしれませんわ。

けれどねぇ、ヒロインがあのような行動にでる動機が無い。僕には陳腐としか思えなかった。

なぜ、陳腐なのでござ〜♪〜ますか?

推理小説「軽井沢夫人」が出版されたのは1979(昭和54)年ですよ。当時、公衆の面前でキスするカップルなんて居なかった。しかも、この設定では、遺体安置所ですよう。キスの習慣の無い日本人の女性が遺体安置所に行って、切断された男の頭部にキスをする。僕には、全く考えられない事でしたよう。

つまり、説得力の無い映画だったのでござ〜♪〜ますか?

そうですよう。僕には馬鹿馬鹿しいとしか思えなかった。

デンマンさんには期待はずれの映画だったのでござ〜♪〜ますか?

そうですよう。でもねぇ、美和さんのヌードは素晴しかったですよう。美和さんのきれいなヌードシーンがあったのであの映画は救われたのですよう。うしししし。。。




『熱いロマン (2008年7月23日)』より


そう言う訳で「軽井沢夫人」の最後のキスシーンは陳腐で僕は興醒(きょうざ)めしました。

。。。で、乱歩全集の第30巻を読んでデンマンさんはどう思いました?

“エログロナンセンス特有の怪しげな表現”を期待していたけれど、残念ながら、それは全く出てこなかった。

がっかりしました?

うん。。。確かに、ちょっと期待はずれだったけれど、むしろ、いろいろな意味で面白かったですよう。

たとえば。。。どんなところがですか?

後半の海外探偵小説紹介で、こんな紹介がありましたよ。


欺瞞の根本原理


(rampo12.gif)

上の図を見てください。
O は円の中心、 AB の長さ 14センチ、 BC の長さ33センチという事だけ分かっている。この円の半径は何センチですか。
別にむつかしい計算は要りません。
30秒で答えてください。
もし30秒で答えられなかったら、考えるのをやめて、この小文を終わりまで読んでください。

 (中略)

手元にあったロースン (Clayton Rawson) の長編は Death from a Top Hat (1938)というので、この題名は手品師のシルクハットから兎や鳩が飛び出すように、「死」が飛び出したという意味。ディクスン・カーが褒めるはず、この作はカーの手品趣味をさらにいっそう極端にした徹底的な手品文学である。

 (中略)

その他、この小説にはオカルティズムと手品趣味が充満していて、手品小説愛好者をヘトヘトに堪能させてくれる。結末の種明かしそのものには非常な創意があるとは云えないが、そこまでの道程が面白いのである。カーですら極端だと思っていたのに、そのカーに輪をかけて極端な手品作家に接して、上には上があるものと、ほとんど呆れた次第である。

冒頭に記した謎の図も、マリーニー(主人公探偵)がこの図を描いて警部ともう一人の人物に示し、探偵学の一助とするのである。この図を示されると、誰でも一応は、図の半径 AO の内の AB の長さが分かっているのだから、残りの BO の長さを求めればよいと考える。 ところで、BOC という不等辺直角三角形の底辺 BC の長さは分かっているが、その他に何もデータがないのだから、これだけではどうしても BO の長さを算出する事ができない。これは不可能だ。とてもむつかしいと考える。そう考えたらおしまいである。まんまと手品師の術中に陥ったのである。

そんな考え方をしないで、BC を対角線とする矩形(くけい)を良く見ればよいのである。そして O から発して BC と相交わるもう一つの対角線を描いてみる。すると矩形に置ける二つの対角線の長さは相等しいのだから、O から円周に達する対角線の長さは即ちこの円の半径で、それは BC と同じく33センチなのである。

マリーニー名探偵は云う。
「どうだい、答えはちゃんと君の目の前にさらけ出されていたじゃないか。君はそれを見なかったのだ。なぜかというと、AB という余計な太線があり、その長さを14センチと、何か意味ありげに示してあったので、その残りの細線の長ささえ算出すれば半径が分かると、ついその方に気をとられてしまうからだ。この「目くらまし」にかかって、君の論理は脇道にそれ、袋小路(ふくろこうじ)に突き当たってしまった。手品師がハンカチや時計を消して見せるトリックも全くこれと同じなんだよ。左手で何か細工をしようという時には、見物の注意を右手の方に集めるのだ。右手にその品を握っていると思わせるのだ。そして、見物の目が右手に集中されているひまに、易々(やすやす)と左手で物を隠してしまう。見物は全然左手なんか見てやしないんだからね。つまりこの図のAB線は手品師の右手に当たるわけだよ」

名探偵はさらに言う。
「観察力がうまく間違った方向に導かれると、どんな利巧な見物でもごまかされてしまう。これが欺瞞の根本原理だ。この原理は手品師ばかりではなく、賢い犯罪者と、それから探偵作家が常に用いている。だから、これさえ飲み込んでいれば、君は手品や犯罪や探偵小説に欺かれる心配はないわけだよ」




785−789ページ
江戸川乱歩全集 第30巻 「わが夢と真実」
光文社文庫 2005年6月20日 初版1刷発行


僕も、まんまと引っかかってしまいましたよう。これを読んで、なるほどと思いました。確かにその通りなんですよう。僕は、心の構造というか。。。心のカラクリ、意識のカラクリを見せられたように思いました。

。。。で、愛の構造って。。。?

実は、めれんげさんの『即興の詩』サイトを覗いたら次のような短歌が書いてあったのですよう。“愛の構造”を説明する前に、まず、めれんげさんの短歌と詩をじっくり味わってくださいね。


恋を忘れて


(gal02.gif)

 

秋は来ぬ

夏のめまいは

時を知り

わが身むなしく

恋を忘れて


 

by めれんげ

2008.09.20 Saturday 16:30




『即興の詩 恋を忘れて』より


これが、めれんげさんが詠んだ短歌ですか?

そうですよう。

なんだか、物悲しい歌ですね。デンマンさんのことだから、よせばいいのに、また、たくさんの返歌を書いたのでしょう?

うしししし。。。分かりますか?。。。そうなのですよう。つい、書きまくってしまったのですよう。読んでみてください。





(miroku3.jpg)

 

夏は過ぎ

恋を忘れた

きみなれど

命とうとし

愛あればこそ





(redleaf7.jpg)

 

秋が来て

きみを想えば

懐かしや

紅(くれない)萌ゆる

もみじ葉を見つ




いつまでも

 

きみを思いて

 

書き綴る

 

愛のブログは

 

星のごとくに


(star4.gif)


時は過ぎ

夏のめまいも

去りにけり

秋はふけゆく

きみを思いて


(sunset85.jpg)



(pikachu12.gif)

 

なせばなる

なさねばならぬ

なにごとも

命はかなく

短きゆえに



めれちゃんが気持ちを入れ替えて

新しいケータイに向かって

打ち込んだ短歌にインスパイアされ、

ボクちゃんは、うれしくなって

思い浮かぶままにカキまくってみましたよう。

秋ですねぇ〜

天高く馬肥(こ)ゆる秋!

焼き芋がうまくなるときですよねぇ〜


(ass350.gif)

めれちゃんも

焼き芋をたくさん食べて、

オナラで短歌を詠んでみてねぇ〜

\(^_^)/キャハハハ。。。

関東人のくちゃ〜いギャグでしたぁ〜

うちちちち。。。。

by デンマン

2008/09/21 2:42 AM




『即興の詩 恋を忘れて』のコメント欄より


デンマンさんが真面目に短歌を詠んでいると思ったら、やっぱり後半で、ふざけた事を書いていますわね。

いけませんか?

デンマンさんらしくていいですけれど。。。

めれんげさんもレンゲさんと同じで大阪生まれで大阪育ちですからね。どうしても、ギャグで対抗しなければならない。。。そう思ったわけですよう。

それで、無理してギャグを取ってつけたのですか?

ユーモアのつもりです。

めれんげさんは恋心を取り戻したのでしょうか?

取り戻しましたよう。5日後に次のような詩を書いていました。


あなたをおもう


(merange12.jpg)

 

会えない時には
心の中で繰り返す
あなたのことを

それはあなたの全てじゃないけど
たしかにわたしの中に
刻まれていくものがある

この心と身体は
あなたの記憶で彩れていく

by めれんげ

2008.09.25 Thursday 11:16




『即興の詩 あなたをおもう』より


なかなか、味わいのある詩ですわ。

レンゲさんも、そう思いますか?

ええ。。。そう思いますわ。デンマンさんのことですから、めれんげさんがデンマンさんのことを思って上の詩を書いたのだろうと、いつものように独断と偏見で思い込んだのでしょうね?

うしししし。。。やっぱり、レンゲさんにも分かりますか?

デンマンさんとのお付き合いも長〜くなりましたから。。。で、どのような詩をお返しに書いたのですか?

次のように書いたのですよう。読んでみてください。


きみを思う


(smile01b.gif)

 

きみは夕べの星空のように
きみは今夜の月のように
そして、きみは明日の朝日のように

うん、うん、うん。。。
きみをいつも まじかに感じているよ
きみはいつも まじかに居るよ

うん、うん、うん。。。
きみはいつまでも僕のそばに居る
僕はいつもきみを感じている

うん、うん、うん。。。
遠くて近い
近くて遠い

でも、感じるよ
すぐそばに。
すぐそこに。
だって、きみは僕のインスピレーションだから。。。


by デンマン

2008/09/25 6:41 PM




『即興の詩 あなたをおもう』のコメント欄より


なるほど。。。デンマンさんらしいと思いますわ。

僕らしいですか?うへへへへ。。。

。。。で、これまでデンマンさんは長たらしく短歌と詩を書き並べてきましたけれど、江戸川乱歩の上の評論とエッセーの中で“愛の構造”も説明されているのですか?

いや。。。僕も、どうにかして、こじつけてみようとしたけれど、書かれているエピソードだけでは“愛の構造”までは説明できませんよう。

それで、諦めたのですか?

もちろん、諦めませんよう。江戸川乱歩は、やはり「奇妙な味」わいのある作家だと思いますよう。次のような事も書いていました。


今一つの世界


(majo.gif)

 

ここにもし、それらのものとは全く違った、また目新しい、「今一つの世界」があって、魔法使いの呪文か何かで、パッと、それがわれわれの目の前に現れたなら、そして、たとえば竜宮へ行った浦島太郎のように、その世界で生活することができたなら、われわれはまあどんなに楽しく生甲斐のあることでしょう。

でも、われわれは浦島太郎にはなれっこない。そんな「今一つの世界」なんてあるはずもなく、そこへ住むなんて思いもよらぬことだ。われわれはやっぱり、このきまりきった、面白くもない日常茶飯事を繰り返して行くほかに生き方はないのだ、とおっしゃるのですか。だって「今一つの世界」を求めるわれわれの欲望の烈しさは、どうして、そんなことをいってあきらめていられるものではないのですよ。

ご覧なさい。子供がどんなにお伽話をすくか、青年がどんなに冒険談をすくか、それから大人のお伽話、冒険談は、たとえばお茶屋の二階、歌い女、幇間(ほうかん)。それぞれ種類は違っても、われわれは一生涯、何か日常茶飯事以上のもの、「今一つの世界」を求めないではいられぬのです。お芝居にしろ、音楽にしろ、絵画にしろ、小説にしろ、それらはみな見方によっては、人間の「今一つの世界」への憧憬から生まれたものではありませんか。

暑中には避暑をする。それは何も暑さを避けるためばかりではないのです。われわれはここでも「今一つの世界」を求めている。飽き果てた家庭を離れて、別の世界へ行きたがっているのです。

もろもろの科学にしても、やっぱり人間のこの欲望の現われではないでしょうか。例えば天文学者は星の世界に憧れているのです。歴史家は遠い昔の別世界に思いを寄せているのです。動物や植物の学問はもちろん、生命のない鉱物にだって、薬品にだって、やっぱり「今一つの世界」を見出すことができないでしょうか。

古来のユートピア作者達が、それを夢見ていたことは申すまでもありません。さらにまた宗教ですらも、天上の楽園と言う「今一つの世界」に憧れているではありませんか。

ある型に属する小説家は、誰しも同じ思いでしょうが、わたしもまた、わたしの拙い文字によって、わたし自身の「今一つの世界」を創造することを、一生の願いとするものでございます。




(130 − 132ページ)
江戸川乱歩全集 第30巻 「わが夢と真実」
光文社文庫 2005年6月20日 初版1刷発行

『上流夫人 (2008年8月30日)』にも引用している。


このエッセーで“愛の構造”が説明できるのですか?

そうですよう。夢とロマンと愛の世界を持つ事で、初めて“愛の構造”が見えてくる。上の短歌と詩を読んで、僕とめれんげさんが「今一つの世界」で愛し合っていると見えませんか?

めれんげさんは、デンマンさんを愛しているのでしょうか?

だから、相手を特定する必要はないのですよう。「今一つの世界」で短歌と詩のやり取りをしている。それが重要な事ですよう。そこに“愛の構造”が見えているでしょう。そう思いませんか?



【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ〜♪〜。。。
あなたは、“愛の構造” と “心の構造” が上の説明で分かりましたか?

とにかく、面白い話がまだ続きそうですわ。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(byebye.gif)


メチャ面白い、

ためになる関連記事




(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(karuspa2.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



(bare04e.gif)

 

こんにちは。ジューンです。

なせばなる

なさねばならぬ

なにごとも

ならぬは人の

なさぬなりけり



(digger1.gif)

よく耳にしますよね。

米沢藩の10代藩主・上杉 鷹山(ようざん)が

言ったという有名な言葉です。

あなただって聞いた事があるでしょう?

さて。。。これを英語で何と言うのでしょうか?

考えてみた事がありますか?

簡単に次のように言うことができます。

where there is a will,

there is a way.

やる気があれば道は開けてくるもの。


そうですよね。そうあって欲しいと思いますよね。

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(dogs12.gif)


(hand.gif)

  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月25日

The sky is the limit.





The sky is the limit.



こんにちは。。。
デンマンです。

The sky is the limit. というイディオムを聞いた事がありますか?
僕は言葉の感じで理解していただけで、これまで調べてみた事がないのですよ。

たまたま記事の中で使ったのだけれど、果たして自分が理解していると思っている意味が正しいのだろうか?
ちょっと気になりだしたと言うわけです。

まず、僕が書いた記事を読んでみてください。
The sky is the limit.をどのような状況の下(もと)で使ったのか?
それを分かってもらうために、ちょっと長いですが引用しました。



From ジョージ@bloo
To デンマン@bloo
at 2005-01-12 17:18 編集 返信



貴方が放った「自分ほどレンゲを理解した人間はいない」
この言葉。ハッキリ言って何様のつもりですか?ですよ。
たった半年くらいネットで言葉を交わしただけで、
よくまぁそんな事が言えますね。
長年連れ添った熟年夫婦が言うなら説得力がありますがね。


君は僕が書いた投稿をすべて読んでいるのかね?
おそらく2000通ぐらいあると思うのだけれど。。。
どれだけ読んでいる?
100通も読んでいないだろ?
それで結論が出せるかね?

「自分ほどレンゲを理解した人間はいない」
この文章は僕の主観なんだよ!
君は、僕が絶対の真理を書いていると思って読んでいるのかね?

。。。そういう気持ちでこれまで一生懸命レンゲさんを理解しようと努めてきました!
こういうことを言っているんだよ!

君は詩的な人間なんだろ!
そのくらいの事が読み取れないのか?


貴方は神ですか?神で無いのなら、狂人ですね。
こう言った言葉は、よく変態粘着ストーカーが言うのですよ。
「僕ほど貴方を理解し愛してる人はいない」ってね。
俺は貴方はそこまで落ちぶれてないと信じたいけど、こんな言葉をこれからも言うのなら狂人としか思えなくなります。


僕の投稿をしっかりと読んでいれば、こんなトンチンカンなことは言わないよ!
僕は口をすっぱくするほど言っている、神でない以上、人間は誰でも不完全。50の長所と50の欠点を持っていると。。。


だってそんなにレンゲさんを理解してるのなら、なぜ
まともな対話の第一歩も出来ずに、未だに停滞しているのか?
結果を見れば明らかです。


レンゲさんに対話を持つことが出来ない欠陥があるからですよ!
レンゲさんがまだ人間として未熟だからですよ!


2004-12-18 07:49 編集 返信

RE:日記読みました!

mikiさんへ。

      (中略)


> 私は悩んでいるときこそ変われるチャンスだと思っています。
> いつもそうでしたから・・・!
> 私の心がかたくなに閉じていたら
> 誰も助けてくれなっかたとおもいます。
> もがいている自分を受け止めてくれる人が必ずいるはずです。




わたしもそう思います。
そして、わたしはかたくなな自分の心を
開けるために、もがいています。
ありがとうございます。
Mikiさんの言葉は、わたしの心のトゲを気付かせてくれました。

by レンゲ


こうしてレンゲさんは心を開くためにもがいているんですよ。
そして心が開くとデンマンに次のように近づいてくるんです。


From レンゲ @bloo ( HP )
To デンマン @bloo
at 2004-09-08 12:10 編集 返信

XOOPSはいつでも

レンゲさんを歓迎しますよ!




ありがとうございます。感謝します。
ようやく、発作もおさまってきたようです。
汗だくです。


> レンゲさん、そんなに気にすることはありませんよ。
> 許しを請うほどの悪意のあることをしたわけでは
> ありませんからね。


わたしは、自分=悪・有害・じゃまもの
という図式をすりこまれています。
精神レベルが下がった時は、世界中の憎悪を感じます。


> 投稿は大変意味のあることでした。
> 前にも何度も書いたように直美はレンゲさんの投稿を
> 読んで大変意味のあるインパクトを受けたんですからね。
> 僕は感謝こそすれ、レンゲさんに対しては
> 悪い気持ちは持っていないんですよ。


でも、醜いところを、お見せしました。


> とにかく気が向いたら、またお越しください。
> その時にはパスワードをすぐに発行しますから。。。。
> そういうことですから、
> あまり気にしないようにしてくださいね。
> 僕はいつでも歓迎しますからね。


ありがとうございます。
でも、自分のしでかしたことによって、
激しく消耗しています。いつもこうです。

わたしは、デンマンさんにどこまで近づくことが
適切だったのでしょうか。
ただ、近づきすぎて過剰な親密感を抱いていたことは
確かです。
一方的に。

すみませんでした。
『ビーバーランド XOOPS』にカキコミをしたのですが、
ゲストです。
それがまた悲しくて、疎外感に苦しんでいます。

これがわたしという人間です。
絶望的だと思ってください。
おおげさでなく、消えてしまいたいです。





悔しかったら結果を出して下さいよ。

by ジョージ


結果は出ているんだよ!
レンゲさんをなびかせるには「かまって」やればいいんだよ。
「ちやほやしてやれば」いいんだよ。
しかし、それでは本当のレンゲさんのすばらしさは引き出せないんだ!

だから僕はレンゲさんの「心の痛み」「心の醜さ」に近づい行ったわけだよ。
するとレンゲさんの心は「境界性人格障害」のために心が閉じてしまう。


わたしの心の軌跡

投稿日時: 2004-09-08 11:45



わたしは精神障害者です。
しかも、誰もが関わりたがらない境界性人格障害者です。
時に、感情の爆発という発作も起こります。

愛憎にあやつられる人生です。
わたしの世界には、シロかクロしかありません。
誰かに愛着をかんじすぎると、怖いのです。
見捨てられ感、迫害妄想で、全面的に愛していた人のことを、
全面的に否定してしまうのです。

そのうえ、わたしはある人に対して、
“ほれこむ”ということも、よくあります。
でも、その場合でも、相手から見れば全く理不尽な
理由で、ほれこんでいた人のことを、
全否定してしまうのです。

これらは、精神の発達が未熟であるのはもちろん、
幼少時の体験によって「見捨てられる恐怖」が、
頭にこびりついていて、
見捨てられる(つらさを味わう)くらいなら、
こっちから先に、相手との関係を絶つ、という
逃げの行動なのです。

わたしは、この障害で苦しんでいます。
わたしに関わったことで、理不尽な気持ちで去ってゆく
“被害者”の方々も、多いと思います。
治せるものなら治したい。
でも、幼い頃の心の傷が、
真人間になることを、かたくなに拒み続けます。
二度と傷つきたくないから、防衛するのです。
この硬い殻を、どうすればこわせるのか・・・

治療はうけていますが、今は目先の“うつ”
の治療が主です。
それも、最近容態が悪いようで、
心理テストなどばかり受けています。

長々と書いてしまいましたが、
こんな(迷惑な)人間もいるのだということを、
書き連ね、より自虐的に、とことんどんぞこまで
落ち込み、自分への罰としたいとおもいます。

by レンゲ


「精神の発達が未熟であるのはもちろん」とレンゲさんもはっきりと理解している。
これまでのレンゲさんの「甘えの構造」を見ればはっきりしているんだよ。
つまり、意志が弱い。愚図で自堕落な殻の中に閉じこもりやすいということなんだ。

かまってやり、ちやほやすれば、甘えて出てくる、しかし、心の痛みを感じ、心の醜さを意識すると、また殻の中に閉じこもる。
僕はレンゲさんの心の傷みと心の醜さを知りすぎている。
レンゲさんにとって僕はいつもぴりぴりしていなければならない怖い存在なんですよ。
しかし、僕のような人間と仲良く出来ない限り、レンゲさんの心の平安はいつになってもやって来ませんよ。


俺は今のまま、貴方が頑固にやり方を変えずに柔軟な姿勢を
見せなければ、永遠に貴方は独りよがりの狂人のままですね。


観念論で話しをすすめるのはやめておいたほうがいいね。水掛け論に終るから。
君の議論は実証的な批判から程遠いよ!
せめて僕がここに提示する程度の資料を出してから批判すべきだよ。
君の話には根拠が脱落しているよ。
つまり、君には健全な批判とはどういうものなのか?良く理解できていないよ。


もったいないと思いますよ。あんなに熱い文を書いているのに
それが、報われない事は。
このままだと貴方は三十一日(2005年1月31日)まで
何も成果を得られずに
レンゲさんの掲示板から消えていくでしょう。


僕なりに成果が出ているから1月31日という期限を僕が設定したんですよ。


ただ俺の事、相当弱い人だと思っているみたいだけど、
確かに弱い。だけど精進してダンディーになろうと日々前に
進もうとしてますよ。まだまだ半人前のダンディーだけどね。


君は英語をどの程度知っているのか分からないけれど、まず知らないと思うけれどね。失礼ながら。。。、
だいいち、ダンディーになるなんて一人の男が真面目に考えることじゃないよ!冗談ならいいけどね。
そんなことを北米で言ったら、君は半人前の半人前程度の人間としてしか見られないよ!
つまり、ダンディーな人間と言うのはね、場末のバーに出入りする、ちょっと気取ったニヤケタ男の事なんだよ。
君はそんな者になりたいのかい?


貴方も俺と同じくまだまだ半人前の未熟なダンディーです。
お互い頑張って真のダンディーになりましょうよ。ねっ。


愚かなことを言うもんじゃないよ!君と一緒にされてたまるかよ!
君も結局は『井の中の蛙』と言うことじゃないか!しっかりしなよ!
それじゃあ、一生弱いままで終ってしまうよ!
そろそろ羽ばたく時じゃないのかィ?
いつまでも若くはないんだよ!
君より、僕のほうがよっぽど若さとバイタリティーにあふれているじゃないか!
僕が応援しているからね、大空に羽ばたいてね!
Oh,yeah! The sky is the limit!


The sky is the limit.

上の諺は“空が限界だよ”と訳せますよね。つまり、手を伸ばそうが飛び上がろうが空には届かない。だから、可能性は限りがないよ!諦めないで頑張れば望みはかなうものだよ!僕はそのように解釈しています。

日本語には、これに相当する直訳的な諺は見当たらないですよね。今の僕には思い浮かびません。もしあなたが、これぞと思うものを知っていたらぜひコメントに書いてください。





『愛と追憶 (2007年5月1日)』より


僕は自分でこのように解釈していたのですが、これまで確かめてみた事がないのですよ。
そう言う訳でネットで調べてみました。
僕がいつも使っている“英辞郎”では、次のように説明しています。


The sky is the limit.

■ 青空は果てしなく高い。

■ 天井知らず。

■ 際限がない。

■ 〔物価や人気が〕無制限に上がっていく。

■ 青天井 (無制限)

If it works there, the sky is the limit.
そこでうまくいけば、青天井だ。




参考: 英辞郎 on the Web


僕が自分で勝手に解釈していた意味とほとんど同じです。
   
(ああぁ、良かった!)

GOOの英和辞典にも、日本語版 Wikipedia にも出ていません。

“Pocket English Idioms” で調べたら次のように書いてありました。


The Sky Is The Limit ( the possibilities are endless ... )

"The sky is the limit" when there is almost no limit to how far you can go in what you are doing.

Example: "For people who work hard at this company, the sky's the limit."

You feel very optimistic (positive, hopeful) about your future because there are so many possibilities when "the sky's the limit."

Example: "After I graduate from business school, the sky's the limit!"

SOURCE: Pocket English Idioms




【デンマン訳】

The Sky Is The Limit ( 可能性は無制限だよ )

現在やっている仕事とか活動に限界がほとんどなく、可能性や成功の機会がたくさんあるように感じる時に "The sky is the limit" と言う表現を使います。

例文: "この会社で一生懸命働けば、将来はばら色さ!"

青空は果てしなく高い。つまり、際限がないという事だから、成功の機会がたくさんある。そう言う訳で、あなたの将来について、きわめて楽観的になり、積極的になれる。希望に満ち溢れるわけだよね。

例文: "ビジネススクールを卒業したら、可能性は無限だよ!"



でも、このイディオムに相当する日本語の諺がないですよね?
もし、あなたのオツムにすぐに思い浮かぶような諺があったらぜひコメントに書いてくださいね。

ところで、あなたも英語のおさらいをしてみませんか?

ええっ?
忙しいし、お金をかけてまで英語を勉強する気が無いの?
それならね、あなたがどこにいても国際語を勉強できる無料サービスがありますよ。
次のリンクをクリックして覗いてみてね。

■ 『あなたの国際化をサポートしてくれる無料英語学習サービス』

ネットをやっているあなたなら、いつでもどこでも無料で国際語を勉強する事が出来ます。
明日から始めることが出来ますよ。



ええっ?英語もいいけれど、それよりも、人生にプラスになるような真面目に付き合いたい異性の相手が欲しいの?
何で。。。急に英語から男女交際の話になるの?
ちょっと飛躍していると思わない。。。?

でも、あなたがその気ならば良いところを紹介しますよ。
次のリンクをクリックしてみてね。

■ 『あなたが素敵な相手を見つけることができる真面目な結婚サイト ガイド』



どうせ、付き合うのなら、家庭を持つべき相手。。。
そのような人を探すべきよね。
遊びだけの付き合いもいいけれど。。。
人生にプラスになるような付き合いならば、やっぱり素敵な結婚相手を見つけることですよね。
では、あなたの幸運を祈っています。



Good luck!

バ〜♪〜イ


あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク



■ 『今、すぐに役立つ情報をゲットしよう!』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』



■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』



■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。卑弥子でござ〜♪〜ますわよ。

くどいようですけれど、また現れましたわ。

ええっ、何で英語の記事に

顔を出すのかって?

あたくしも、英語を勉強して

海外留学したいのですわよ。

とにかく、まず、レンゲさんのように

バンクーバーに行こうと思うので

ござ〜♪〜ますのよ。

あたくしだけこのようなダサい

十二単(じゅうにひとえ)なんか

着せられて、こうしてブログに顔を出すのって

少し飽きてきましたわ。



あたくしもレンゲさんのようにナウい水着を身に着けて

かっこよく登場したいのでござ〜♪〜ますのよ。

でも、あまりグチを言うと

デンマンさんに叱られてしまうので、

これぐらいにしますわ。

ところでね、あたしが顔を出す

『ビーバーランド XOOPS 3世』も覗いてね。

ええっ?どんな面白い事をやっているのかって。。。?



ちょっとこの面白い漫画見てよ。

このオニイチャン、デレデレしているでしょう?

きれいなお姉さんに首っ丈(くびったけ)なのよね。

笑えるでしょう?

あなたも、もっと笑ってみませんか?

次のリンクをクリックして覗いてみてよ。

■ 『あなたがメチャ笑って幸せになれるサイト』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあ、バ〜♪〜イ。





  
Posted by barclay1720 at 00:10Comments(4)TrackBack(0)

2008年09月24日

下つき再考


 
下つき再考








今日は、やっぱり“下つき”を取り上げたのですわねぇ。。。



おとといは“夫婦でお風呂”を取り上げましたからね。

■ 『夫婦でお風呂 (2008年9月22日)』

上のランキングのリストを見たら、“夫婦でお風呂”だけ取り上げて“下つき”を取り上げないのでは片手落ちになりますよう。

それが“下つき”を取り上げる理由ですか?

最近、“下つき”がランキングのトップ10に2つ入ってきたのですよう。やっぱり、気になりますよね。それで調べてみたのですよう。その結果を見てください。


下つき のGOOGLE検索結果

約 452,000 件中 1 - 9 件目




1) 下つき彼女とのsex - 下つき彼女とのsex; 1 名前: 初心者 投稿日: 01/12/10 14:57: 彼女下付きです。 挿入時に枕を腰に敷き込んでますがイマイチです。 ... 彼女の脚を自分の肩にかけても良いかも。 13 名前: 恋人は名無しさん 投稿日: 01/12/11 21:43: 下つきって何? ...
yasai.2ch.net/ex/kako/1007/10079/1007963873.html - 39k

2) 上つき、下つき、それぞれによい体位があるの知ってますか? - 膣口の位置が肛門から離れていれば、「上つき」肛門に近い ほど「下つき」ということになっています。 ... 成長するにしたがって後方に移動 し、しだいに下つきになっていく。 下つき女性を恋人にもつ男性のなか には、いまひとつ、と不満をもつ方も多い ...
lovepixy.com/life-partner/danjyo~tame/uetukisitatuki.htm - 4k

3) 【上つき】と【下つき】あなたならどっち?? - 下つきいいねー。バックが好きな男にとっちゃ最高だよ。 騎乗位なんかもいいんじゃない? きついのもガバガバに比べると どっちがいいかは歴然。 ... 私も下つきっていわれる。 バックの方が締まる気がするんだけど、側位は窮屈感があるから好き。 ...
love.2ch.net/kageki/kako/1025/10256/1025609268.html - 24k

4) ナンカ( ´∀`)下付き女性攻略法( ´∀`)チガウ - 下付きは、いわゆるバックスタイルとか、騎乗位、屈曲位などが相性の良い体位といえる。 ホウホウ。 5 名前: なまえを挿れて。 ... 詳しくいいますと、下付の女性は単に腰を後ろに突き出せる(またはつきだしている女性)だ から下付なのです。 ...
love.2ch.net/kageki/kako/1035/10359/1035943409.html - 12k

5) ”上付き””下付き”??? - 12 名前:名無しさん@入浴中 :02/03/17 11:28: 下付き相手にバックでするときは膝ついちゃだめよ ... 26 名前:名無しさん@入浴中 :02/03/18 01:27: みんな、女の上付き下付きばかり問題にしてるが、 男にも、上付き下付きがあるんだぞ。 ...
ninjax.dreamhosters.com/soap/bbspink2_soap/1016/1016207930.html - 35k

6) 自分が上付きなのか下付きなのか分かりません。 どうしたらいいですか ... 2007年10月20日 ... 下付・・・騎乗位やバックが合う。。正常位. クッションを腰に敷くと挿入しやすい。 上級者向けなので、初心者は無理せず慣れてからすることをオススメしたお尻を高くしないと上手く入らないか、出来ないかです。 ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213158812 - 27k

7) このカテでよく 下付き、上付きというの言葉を見かけますが、 どこを ... 普通に正常位ではめてスムースにはまるようだったら上付、両足をあげたり、お尻の下に枕などを入れ入り口を高くしないと入らないのが下付。正常位がいいのは上付でバックが良いのが下付、上付はバックはやりにくいよ。 ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129339012 - 35k

8) 下つきだねって言われて。。。 宇宙の摂理ブログ - 本当わね、下つきではないと僕が否定したのは根拠があることだと言いたかったのですよ。 でもね、その部分だけを短く引用 .... たとえ、レンゲさんが下つきだとしても、淫乱である根拠とはならないんですよ。トップに引用された文章の中にも書いてあるで ...
http://barclay.wablog.com/544.html - 117k

9) 下付き - Wikipedia - 下付き(したつき). 化学式などにおける他の文字より下部についた文字 = 下付き文字; 女性器の膣口が臀部に近い位置についており、後背位などの背中側からの性行為に適していること; 女性器の陰裂が下方にあるため、正面から見えづらい状態のこと ...
http://ja.wikipedia.org/wiki/下付き - 16k

(2008年9月22日午前4時40分現在)




『“下つき”を入れてGOOGLEで検索した結果』より


45万件の内の8番目に出てくるのですよう。

すごいですね。ウィキペディアのすぐ前に出てくるのですわね。

この8番目の記事については、すでに何度か書いたのだけれど、キーワードランキングに最近、また、このキーワードが顔を覗かせるようになったのですよう。

どうしてでしょうか?

少女コミックかなんかで、この“下つき”が話題になっているのでしょうね?レンゲさんも少女コミックを読んでいるのでしょう?

なんで。。。、なんで、あたしが少女コミックを読んでいるとデンマンさんは思うのですか?



だってぇ、日本では流行(はや)っているのでしょう?

確かに流行っているようですけれど。。。

大人も読んでいるようなことを僕は聞いた事がありますよう。。。さっき調べてみたら“成人向けハードコア少女コミック”というのが出てきましたよう。レンゲさん向けですよう。違いますか?

でも、あたしは読んでいませんわア。

そう言えば、おととしか、さきおととし。。。、僕が日本へ帰省して上野から高崎線の通勤電車で吹上駅まで乗って行ったら、僕の向かいに座っている40代の人が「少年ジャンプ」を開いて読んでいましたよう。ちょっと驚きました。



デンマンさんは、漫画を読まないのですか?

実は時たま読むのですよう。うしししし。。。

やっぱり、「少年ジャンプ」ですか?

違います。最近読んだのは「漫画 歎異抄」ですよう。バンクーバーの市立図書館から借りて読み終わったところです。







■ バンクーバー市立図書館: http://www.vpl.vancouver.bc.ca/

暇な人は上のリンクをクリックして「漫画 歎異抄」のBarcode・バーコード(31383070822294)を入れて検索してみてください。1冊しかありません。借りているのは僕です。返済日時が10月6日になってます。

バンクーバーの図書館には日本の漫画がかなりあるのですか?

10年程前には一冊もなかったのですよう。ここ5年程で5000冊ぐらいに増えましたよう。

どうして、それ程増えたのですか?

日本からやって来た人が読んで、それを図書館に寄付して行くのでしょうね。僕はバンクーバーで、まさか「歎異抄」を日本語の漫画で読もうとは思っても見ませんでしたよう。

初めて読んだのですか?

初めてですよう。歴史では勉強しましたけれど、学生の頃、抹香臭(まっこうくさ)い本など全く読む気にもなりませんでした。

。。。で、デンマンさんは、最近、親鸞聖人(しんらんしょうにん)の教えに関心を持ったのですか?

僕は仏教には、ほとんど興味はないのですよう。でもねぇ〜、これまで「歎異抄」って、耳にタコができるほど聞いたし、目にタコができるほど読みました。でも、親鸞聖人の教えが書いてあると言う事だけしか知らなかった。それで、漫画で書いてある、と言う事などで手にとってパラパラめくってみたのですよう。

面白そうだったのですか?

そうですよう。最初の2,3ページ見ただけだけれど、暇な時に読んでみようと思って借りてきたのですよう。

面白かったですか?

うん、うん、うん。。。確かに「歎異抄」は仏教関係者以外の人にも読まれているとは聞いていたけれど、面白かったですよう。

。。。で、デンマンさんは親鸞聖人の教えにハマリそうですか?

考え方は面白かったけれど、僕の人生観とは水と油でした。僕には他力本願を信じる事はできない。でも、人間が煩悩に悩まされて生きている、という事だけは良く分かりましたよう。

。。。で、その「歎異抄」と“下つき”って関係あるのですか?

大いに関係ありますよう。そうでなければ、これだけページを割(さ)いて書きませんよう。

どのように関係しているのですか?

つまりねぇ、人間が煩悩に悩まされているから、“下つき”のような事が気になってくるのですよう。そのような事にこだわる事は親鸞聖人なら、実にくだらない事だと言うでしょうね。

親鸞聖人が生きていたら、具体的に何とおっしゃるでしょうか?

ジュンコさんとすっかり同じ事を言って、最後に“ナマンダブ、ナマンダブ”と言いますよう。それだけは間違いありません。うしししし。。。

分かりましたわ。ところで、『下つきだねって言われて…』という記事は、デンマンさんがこれまでに、たびたび取り上げましたよね。

そうですよう。レンゲさんは良く覚えていますねぇ〜

だってぇ、その言葉は、あたしが洋ちゃんから言われたのですわ。

うん、うん、うん。。。確かに、そうですよう。。。とにかく、そのページの下に記録されている「リンク元」を調べようと、僕は、さっそく飛んでゆきました。ちょっと見てください。


下つきと俗説


こんにちは。ジュンコです。
女性の大切なものが上についているか下についているか?
そのことは昔から男性にとっては楽しい話題だったようです。

でも、実際には女性の大切なものと言っても、外陰部のことではなく膣の開口部の位置を問題にしています。
開口部が肛門から遠い場合を「上つき」、肛門に近い場合を「下つき」と呼ぶようです。

上つきは名器、下つきは淫乱などという俗説があります。

そういうわけで、女性がこの事を耳にすると、自分のものが上つきなのか下つきなのか、気になる人も居ると思います。
でも、これは医学的にはまったく根拠のないことだそうです。

ちなみに肛門から膣までの距離は、4cm程度であるのが一般的とされています。
これが5cmだったり3cmだったりしても、ほんの微妙な差です。
極端な違いはありません。

つまり、10cm離れているとか、1cmしか離れていないというようなことはないはずです。
だから、それほど気にすることではないと思います。

上つき、下つきが問題になるとすれば、セックスする時の体位やペ○スの挿入角度を工夫することで問題が解決するはずです。
膣の位置だけで快感が左右されるわけではありませんよね。
体の構造よりも、もっとも感じやすい体位をボーイフレンドと工夫することが大切だと思いますよ。



リンク元 (referer)

Yahoo! JAPAN 下つき
Yahoo! JAPAN 下つき
Yahoo! JAPAN 下つき
Yahoo! JAPAN 下つき
Yahoo! JAPAN 下つき
Yahoo! JAPAN 下つき 女
Yahoo! JAPAN 上つき下つき
Yahoo! JAPAN 下つき 女
Yahoo! JAPAN 上つき 下つき
Yahoo! JAPAN 下つき 女

(2008年9月22日現在)




『下つきだねって言われて…(2006年3月18日)』より


この「リンク元」というのは、上の記事を読むために、どの検索エンジンからやって来たか?最後の10人の読者について調べて自動的に記録したものです。

GOOGLEの検索エンジンではなく、Yahoo!の検索エンジンからやって来ているのですね。

そうですよう。意外でした。『宇宙の摂理ブログ』にやって来る場合、これまで僕が調べた限りでは、圧倒的にGOOGLEからやって来る人がほとんどだったのです。

それで、Yahoo!で調べてみたのですか?

そうですよう。その結果を見てください。


下つき のYahoo!検索結果

1〜5件目 / 約45,600件




1) 徒然ブログ:ええっ?下つきが...
つまり、検索結果からだけで比較するならば、"下つき" は "小野小町" よりも5倍以上も人気があると言うことなのですよ。 ... レンゲさんと"下つき"について語り合った次の記事は上の検索結果では52番目に表示されるのですよ。 ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51210696.html

2) 上つき、下つき、それぞれによい体位があるの知ってますか?
ほど「下つき」ということになっています。 しかし、どんなに、上つき ... 下つき女性を恋人にもつ男性のなか ... 反対に下つきの場合は後背位や騎乗位が感じやすい体位なのです。 上つき、下つきって、女性経験のたくさんある ...
mas.fromc.com/life-partner/danjyo~tame/uetukisitatuki.htm

3) デンマンのブログ:ええっ?下つきが...
つまり、検索結果からだけで比較するならば、"下つき" は "小野小町" よりも5倍以上も人気があると言うことなのですよ。 ... レンゲさんと"下つき"について語り合った次の記事は上の検索結果では52番目に表示されるのですよ。 ...
http://denman.anisen.tv/e35047.html

4) 上つきと下つき
あなたは上つき下つき? みなさんからの記入をお待ちしています。 ... 下つき. 115. 48.7% 上つき. 70. 29.7% ゴッテリと大きい. 11. 4.7% かなりの上つき. 9. 3.8% ふつう. 9. 3.8% グチョグチョ. 9 ...
www2s.biglobe.ne.jp/~yaiyai/rank/iti.cgi

5) 下つきだねって言われて。。。 宇宙の摂理ブログ
開口部が肛門から遠い場合を「上つき」、肛門に近い場合を「下つき」と呼ぶようです。 上つきは名器、下つきは淫乱などという俗説があります。 そういうわけで、女性がこの事を耳にすると、自分のものが上つきなのか下つきなのか、気になる人も居ると思います。 ...
http://barclay.wablog.com/544.html

(2008年9月18日午後4時現在)




『“下つき”を入れてYAHOO!で検索した結果』より


何と、僕が書いた記事がトップに表示されているのですよう。

ライブドアのブログですね。 

そうです。確かに"下つき" と "小野小町"を入れて検索して、調べて書いたことがありましたよう。 その当時、"下つき" は "小野小町" よりも5倍以上も人気があったのですよう。

3番目も同じ記事ですよね。

そうです。5番目に現れたのが、今、話題にしている記事ですよう。

それで、デンマンさんは“下つき”について、どう思うのですか?

もう、何度も何度も書いたから、同じ事は言いません。せっかく「歎異抄」を読んだのだから、親鸞聖人の言葉で答える事にしますよう。

あのォ〜。。。親鸞聖人も“下つき”の事を問題にしているのですか?

まさかぁ〜。。。親鸞聖人が“下つき”の事など取り上げるはずがないでしょう。「歎異抄」は、いわば“聖書”ですよう。“性書”ではないのですよう。

。。。で、親鸞聖人ならば、何とおっしゃるのですか?

その「漫画 歎異抄」には、次のような事が書いてありました。


おん年9歳にしてお得度(とくど: 僧侶になること)された親鸞聖人は以後、比叡山でそれはそれは一生懸命修行されました。
一晩中本を読んだり
山の中を走ったり
暗いお堂で一日中お経をとなえたり
それでも「私にはどうしても人間本来の持つ欲望をコントロールする事ができない。これでは“さとり”を得る事ができないではないか」と悩まれました。

29歳になられて百日間「六角堂」に篭(こも)られた時、夢に聖徳太子があらわれて「法然上人(ほうねんしょうにん)のところへ行きなさい」
そこで都の法然上人のもとへ赴(おもむき)きます。

「お念仏をとなえれば、そのままで救われるのじゃよ」
「ありがたい。弟子にしてください」




45−46ページ
「漫画 歎異抄」より


この引用部分と“下つき”が関係あるのですか?

関係ありますよう。つまり、“下つき”だと言われようが、あるいは“下つき”かもしれない、と気になるかもしれないけれど、そのような事に悩まされる必要はない。親鸞聖人ならば、そのように言うでしょうね。それも煩悩なのだと。。。

。。。で、この場合、“お念仏をとなえる”とは、どう言う事ですか?

だから、偏見や俗説に囚われないで謙虚な心で考えてみなさい、と言う事ですよう。

すると、どうなるのですか?

実に簡単な事ですよう。偏見や俗説に囚われないで人類の歴史を生物学的に考えればいいのですよう。

すると、どうなるのですか?

人類は昔、ちょうどサルのように交尾していたのですよう。

つまり、性交体位で言うと後背位ですか?

レンゲさんの言うとおりですよう。要するに、男が後ろから女性にアプローチするのですよう。ちょうどサルのようにですよう。。。これだけ言えば、“下つき”にこだわる必要のない事がレンゲさんにも良く分かるでしょう。

長い人類の歴史を振り返れば、お互いに顔を見合わせながら正常位で愛し合う事は、ごく最近になって行われるようになったに過ぎない。。。デンマンさんは、そうおっしゃるのですか?

そうですよう。下つきでなければ後背位は不可能なのですよう。だから、長い人類の歴史を考えれば、昔ほど“下つき”は正常だったのですよう。今でも、決して異常ではない。むしろ普通です。



だから人体の構造を見てもすぐに分かるように、人間は後背位でも正常位でも愛し合う事ができる。サルは後背位だけで交尾する。そう言う訳で気にする必要はないのです。

でも、男って気にしますよね。

それは、経験の浅い若すぎる男が、人類の歴史について考えてみた事もなければ、女性の体の構造も全く知らない。だから、初めての時、“アレッて意外に下の方についているんだね”。。。そのような印象を持ってしまう。しかも、よせばいいのに、自分の無経験と教養の無さを曝(さら)け出すように、女性に向かって言ってしまう。

つまり、男性が無知だから、そのような事を言うのですか?

その通りですよう。これで、レンゲさんも安心したでしょう?うしししし。。。


【レンゲの独り言】



ですってぇ〜
確かに、言われてみれば、その通りなのですわよう。
洋ちゃんは、あたしとしたのが初めてだったのですもの。。。うふふふふ。。。
これで、あたしも安心しましたわ。

この記事を読めば、もう“下つき”が話題になることはないと思うのですけれど。。。
でも、世の中って、無知な人が多いのですわよね。

とにかく、まだ面白い話題が続くと思いますわ。
あなたもどうか、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

人間は性的動物だと思いますよね。

あなたも、そう思いませんか?

1960年代にDesmond Morris(デズモンド・モリス)

が『Naked Ape (裸のサル)』という本を書きました。

これは日本でも話題になりました。

人間もApe の一種です。

“裸のサル”とは、つまり、人間の事なのです。

純粋に動物学的な立場から

ヒトという生物を記述した本で

当時、中学生などが性の参考書として読んでいた、

と言う事を聞いたことがありますわ。

いろいろと面白い事を書いているのですが、

他のサルと違って

人は発情期が無くなったのです。

つまり、1年中セックスができるようになったのです。

サルは性器を露出し、

発情期にはフェロモンを発散させて、

相手を求めます。

でも、ヒトは性器を露出することもなく

発情期がなくなったので

フェロモンを出す事も無くなりました。

それで、ヒトは相手を求めるために

コミュニケーションが必要になり

言葉を使い始めた、と言うような事が書いてあります。

面白い解釈ですよね。



ところで、これまで書いたレンゲさんの記事を集めて

デンマンさんが一つにまとめました。

もし、レンゲさんの記事をまとめて読みたいならば、

次のリンクをクリックしてくださいね。

■ 『最近のレンゲ物語 特集』



とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしてくださいね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月23日

根も葉もない


 
 
根も葉もない

 

 


あなただけに…





2007-02-14 21:04

もう二度とないって思っていた
特別な誰かを見つけることが…

たったひとりだけのあなたに
この気持ちを知ってもらうこと
ほかの誰にも見せられない
大切なこの気持ちを
あなただけに知ってもらいたい

でも、わたしは不安になってるの
このままでもいいの?
わたしはこのままでも
あなたに愛されるのかな…

心なら傷つけないのに
言葉にするとなぜ
心にあるものが
ゆがんでしまうのかな…

あなたにこの心を
そのまま見せられるのなら
言葉なんて捨ててもいい

わたしの心を
そのまま見せられるのなら
あなたを傷つけることなんて
けっしてないのに…

わたしの中で
あなたとわたしは
区別もつかないほどに
しっかりと抱き合っているというのに…
溶けあっているというのに…

遠い距離
長かった時間
すべての壁を打ち砕き
わたしはあなたの胸に
飛び込んでいった

わたしたちを邪魔するものは
もうこの世から消え失せたはず…

祈りがかなえられた今
わたしとあなたは重なる

やがてあなたとわたしは
身も心も溶けあってゆく
ひとつの魂へと変わってゆく

でも、わたしが愛している
あなたは誰?
現実から逃げ出したわたしは
今でもあなたを愛しつづけている
もう、どこにもいないあなたが
今でも存在していると信じている

わたしを悲しませるのは誰?
わたしが愛しているのは誰?
わたしは誰と傷つけあっているの?
あなたではない誰かだと
わかっているのに

どうしてもあきらめられずに
いつまでも現実へ戻れない
誰かをあなただと思いこんだまま
愛される時を待ち続けるわたしの
おろかな心
わかっているのに…

たがいの身体をへだてる
空間なんてなくなった今
この空虚なわたしは
熱すぎるあなたに
満たされて完全となる
いつまでもそこにいて
わたしを二度とからっぽにしないで…

あなたが近くなってくる
とても近くに感じているよ

遠くはなれた日々の想い
さびしさがよろこびに変わる
その時はすぐそばまで来ている

つよくつよく抱きしめてね
もう待ちきれないこのわたしを
その腕の中で感じてね

わたしの中へ
あなたの呼吸を注いで
この身体中が
その熱さでとけるほどに

いつまでも
あなたを見ていたいの
わたしにはわかるよ
遠くはなれていても
わたしには見えるから

だから忘れないでね
あなたを必要とするわたしを
ただ見ているだけのわたしだけれど…




by 夢と現のはざまで
身も心も一つになった
めれんげとデンマン





デンマンさんは。。。デンマンさんは。。。ぬけぬけと。。。恥ずかしげも無く、“夢と現のはざまで身も心も一つになっためれんげとデンマン”と書いてしまうのですかぁ〜?

レンゲさんの前で書くのは、いけませんか?

だから、あたしは言ったのですわぁ〜。。。デンマンさんは、あたしからめれんげさんに乗り換えようとしているのだってぇ〜。。。

やだなあああ。。。やだなあああ。。。僕は“乗り換えよう”なんて思っていませんよ。

いいえ、もう乗り換えているのですってばあああ。だって。。。だってぇ〜。。。“身も心も一つになった”と、書いていますやんかあああ〜

だから、それは詩的表現ですよゥ。

いいえ。。。、詩的表現などではありしませんわあああ〜!これは。。。これは現実の問題ですねん!

大阪弁丸出しですねぇ〜

大阪弁であろうが、河内弁であろうが、デンマンさんとめれんげさんは、すでに肌を合わせて契りを交わしたのですってばあああ〜。

だから、詩的表現だと言っているでしょう。。。?

いいえ。。。そんなこと。。。そんなこと。。。信用できしませんわあああ〜

ボ。。。ぼ。。。僕は。。。まだ、めれんげさんと会ったこともないのですよォ〜。どうして肌を合わせることが出来るのですかぁ?これは遠距離恋愛なんですよ。ネット恋愛ですよォ〜。それは。。。それは。。。この上の詩を読んでも分かるでしょう?

あたしは、絶対にごまかされませんわ。デンマンさんとめれんげさんは、あたしの知らない所で逢っていたのですわぁ〜。たぶん。。。たぶん。。。デンマンさんとあたしが大宮のホテル・ロマネスクで逢ってから。。。2,3日してから、デンマンさんはめれんげさんと会ったのですわぁ〜。あたしは。。。あたしは。。。可笑しい。。可笑しい。。。と思っていたのですわぁ〜。

な。。。なに。。。何が可笑しかったのですかァ。。。?

デンマンさんと急に連絡が取れなくなったのですわ。空白の時が2日ありましたわ。奥様に尋ねても分かりませんでした。

その空白の2日間に僕とめれんげさんが逢っていた、とレンゲさんは言うのですか?

そうですわ。

ちょっと。。。待って下さいよォ〜。上の詩を読んで“夢と現のはざまで身も心も一つになっためれんげとデンマン”と書いてあるからといって、レンゲさんのように想像をたくましくしてもらっては困りますよゥ。実際に僕とめれんげさんが会っていないからこそ、上のような詩になるんですよ。実際に、僕とめれんげさんが逢っていたら、上のような詩にはなりませんよ。レンゲさんだって“炎の詩人”なんだから、その程度のことは分かりますよねぇ〜?

もちろん。。。もちろん。。。あたしには、上の詩の意味するところは分かりますわぁ。。。でも。。。でも。。。

でも、何ですかぁ?

デンマンさんは、上の詩を持ち出してきて、めれんげさんと不倫している事をカモフラージュしようとしているのですってばあああ〜。

やだなあああ。。。今度は不倫まで持ち出すのですかぁ〜?

だって。。。だって。。。最近、デンマンさんはあたしに対して少し冷たくなりましたわぁ。。。

この、どさくさにまぎれて、そのような根も葉もない事まで言うのですかあああ。。。僕はレンゲさんに冷たくした覚えは無いですよ。いつだって心の恋人だと思いながら胸に萌えるような思いをたぎらせて付き合っているつもりですよ。そんな僕がレンゲさんに冷たくしているゥ〜?。。。レンゲさん、あまりいい加減な事を言わないで下さいよね。世界のネット市民の皆さんが見ているんだから。。。




『夢と現(うつつ)のはざまで…(2007年2月16日)』より


9月20日、“根掘り葉掘り”について書きましたが、今日は上の対話の中の“根も葉もない”が気になったのですよ。
現在僕はカナダのバンクーバーに滞在しています。
テレビは持っていません。持たないようにしています。
だから日本語放送はありません。
事務所を兼ねた僕のマンションでは、CNNのラジオニュースをかけっぱなしです。
つまり、特別な事がない限り僕が事務所に居る時には英語のニュースが耳に流れてくるのですよ。

もちろん、耳を傾けて聞いているわけではないけれど、面白そうな事をアナウンサーが話すと、やはり耳を傾けます。
それ以外の時には、快いBGMとなって、僕の仕事の“伴奏曲”になってくれます。

僕は1日おきに1時間ほどレンゲさんと日本語を話しますが、それ以外の時は、ほぼ英語です。
つまり、毎日毎日、日本語を聞いていると気にならない事が、たまに日本語を話すと気になってくるものなんですよ。

“根も葉もない”も、日本で生活していたら気にならなかったかもしれません。
でも、レンゲさんと話していた事を文章にして読んでみると、“根掘り葉掘り”の関連で、今度は“根も葉もない”が気になったのですよ。

“根も葉もないことを言う”

“根拠のないことを言う”ことだろうと、すぐに言い換えることが出来ます。
しかし、どうして“葉”をつけたのだろうか?
“根のない事”だけでは調子が整わないからだろうか?
それで、あまり意味のない“葉”を加えて“根も葉もない事”と語呂を合わせたのだろうか?

とにかく、考えているだけでは埒が明かないので、『GOO辞書』で調べてみました。


ね 【根】

(1)維管束植物の基本的な栄養器官の一。普通地中に伸びて、植物体を支持し、水や養分を吸収する。また、物質の貯蔵にも働く。

(2)生えている物、さしてある物の、土・皮膚などの中にはいっている部分。物のもとの方の、他の物にしっかり付いている部分。
「歯の―」「腫(は)れ物の―」

(3)その結果を導いた原因・理由。もと。
「対立の―は深い」「二つの事件の―は同じだ」

(4)人の本来の性質。
「―が明るい」「―は良い人なんだが」

(5)髪を一つに束ねて、髷(まげ)の土台とするところ。

(6)釣りなどで、海底の岩礁帯。魚礁。

(7)名詞の下に付いて、複合語をつくる。

(ア)地上に立っている、生えている、の意を表す。
「岩―」「垣―」「草―」

(イ)語調を整えるのに用いる。
「杵(き)―」「島―」

根が生(は)・える
その場を動かないことをたとえた語。腰をおちつける。
「根が生えたように動かない」

根に持・つ
いつまでも恨みに思って忘れないでいる。

根も葉もな・い
なんの根拠もない。




『GOO辞書』より


そのものズバリでは出ていませんでした。
上のように“根”の項目の中に含まれていました。
“葉”についても調べてみましたが、これは植物的な意味の“葉っぱ”しか出ていません。

要するに“葉”は語調を整えるために、根との関連で添えられただけのようです。

。。。で、英語では一体どう言うのだろうか?
残念ながら、すぐには思い浮かんできませんでした。
そう言う訳で、例によって『英辞郎 on the Web』で調べてみました。


根も葉もない
be completely unfounded
groundless
unsubstantiated

それらのうわさは根も葉もない。
There is not a speck of truth to those rumors.

根も葉もないうわさ
baseless rumor
gossip of idle tongues
groundless rumor
idle rumor
lying rumor
sheer rumor
unsubstantiated rumor
completely-unfounded rumor

全く根も葉もないうわさ
utterly groundless rumor

根も葉もないこと
complete nonsense

根も葉もない陰口
idle gossip
baseless gossip

根も葉もないうわさを流す
spread [start] groundless rumors

〜という根も葉もない疑惑
totally groundless allegations that 〜

根も葉もない空想
groundless fancy

根も葉もない言いがかり
unfounded accusation

根も葉もない作り話
a story of utterly fantastical nature

根も葉もない中傷
total calumny

清い心は、根も葉もない非難を恐れない。
A clear conscience fears not false accusations.

根も葉もない流言
rumor without foundation

根も葉もない話
wild story with no grounds

全く根も葉もない話だ
This story is totally unfounded.




SOURCE: 『英辞郎 on the Web』


面白い事に英語では根が生える土地(ground)は出てきますが、
“根(root)” も “葉(leaf)” も現れません。

根拠のないことを英語では“地面がない” “土地がない” “土台(foundation)がない” と言ってます。
なんとなくスケールがでかいですよね。
やはり、大陸的な発想なのでしょうか?
しかし、英語はもともと島国のイギリスで生まれた言葉ですよね。
でも、英語はフランス語の影響を根強く受けています。
かつて、英国の公用語がフランス語であった時代がありましたから。。。

それで、大陸的な発想が英語に持ち込まれたのかも。。。?

だったら、日本語だって中国語の影響をもろに受けていますよね。
漢字とは漢の国の字だったわけです。
だから、大陸的な発想が日本語の中に持ち込まれても不思議ではありませんよね。
しかし、根拠に関して言えば、根と葉っぱです。土地ではない。
スケールが小さい。

これだけの事で英語と日本語のスケールの大きさは決められませんが。。。

。。。と言う訳で、あなたも時々英語を見直してみませんか?
ええっ?
英語を勉強する暇も無いしお金も無いの?
だったらね、暇もかからずお金もかからない方法がありますよ。

どうするのかって。。。?
次のリンクをクリックするのですよ。
あなたがどこに居ても国際語を勉強できる無料サービスです。

次のリンクをクリックして試してみてくださいね。

■ 『あなたの国際化をサポートしてくれる無料英語学習サービス』

ネットをやっているあなたなら、いつでもどこでも無料で国際語を勉強する事が出来ます。
明日から始めることが出来ますよ。
 
ええっ?それよりも、最近、勉強もしないで喰ってばかりいるので太ってしまったの?
じゃあ、ダイエットした方がいいよね?
次のリンクをクリックしてみてね。

■ 『あなたのためのダイエット ガイド!』

二の腕、おなか周りがスッキリ!

二重あご・顔のむくみを解消!

形良くバストアップ!

美しいレッグラインへ!




無理なく続けられるダイエットを試してね。
とにかく、あなたが失うものは何もない。
上のリンクをクリックして覗いてみるだけの値打ちがあるよ。
きれいにやせて、あなたの意中の人をビックリさせてあげてね。



何事も一歩を踏み出すことが大切です。
世界的な諺に次のようなものがありますよね。
「万里の道も一歩から」
じゃあ、がんばってね。
Good luck!
バ〜♪〜イ

あなたが絶対、

見たいと思っていた

面白くて実にためになるリンク





■ 『今、すぐに役立つ情報をゲットしよう!』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』



■ 『ブログに記事を書いてお小遣いをもらおう!』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』



■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』




おほほほほ。。。卑弥子でござ〜♪〜ますよ。

くどいようですけれど、また現れましたわ。

ええっ、何で英語の記事に

顔を出すのかって?

あたくしも、英語を勉強して

レンゲさんのようにバンクーバーに行こうと思うので

ござ〜♪〜ますのよ。

あたくしだけこのようなダサい

十二単(じゅうにひとえ)なんか

着せられて、こうしてブログに顔を出すのって

少し飽きてきましたわ。



あたしもレンゲさんのようにレオタードを身に着けて

かっこよく登場したいのでござ〜♪〜ますのよ。

でも、あまりグチを言うと

デンマンさんに叱られてしまうので、

これぐらいにしますわ。

ところでね、あたしが顔を出す

次のサイトもよろしくね。

■ 『あなたも笑って幸せな気分になれるサイト』

あなたも、めちゃ笑えるわよう。

たまには、大いに笑ってルンルン気分になってね。

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあ、バ〜♪〜イ。






   
Posted by barclay1720 at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月22日

夫婦でお風呂


 

夫婦でお風呂

 


(furo110.jpg)



(wab80920.gif+wab80921.gif)



(manila05b.jpg)

今日は、またデンマンさんのお得意の「リンク元キーワード」ですか。。。ランキングの中から話題を選んだのですね。。。


(kato3.gif)

いけませんか?

別にかまいませんけれど、デンマンさんならば“下つき”を選ぶだろうと思うのに、“夫婦でお風呂”ですか?

最近、“下つき”がランキングのトップ10に2つ入ってきたのですよう。それで調べてみたのですよう。

やっぱり、“下つき”について書こうとしていたのですね?

うししし。。。そうなのですよう。レンゲさんは、良く分かりますね?

デンマンさんとのお付き合いも長くなりましたから。。。

実は、上のランキングを眺めていたら、136位の“夫婦でお風呂”が目に付いたのですよう。僕は“下つき”について記事を書いた覚えはあるのだけれど、“夫婦でお風呂”について記事を書いただろうか?そのように自問したのですよう。

それで、GOOGLEで調べてみたのですか?

そうなのですよう。ちょっとその結果を見てください。


夫婦でお風呂 の検索結果

約 385,000 件中 1 - 11 件目



(furo112.jpg)

1) 夫婦でお風呂に一緒に入りますか? うちは一緒に入ろうとすると妻が ...夫婦でお風呂に一緒に入りますか? うちは一緒に入ろうとすると妻が「一緒に入る... ID非公開さん. 夫婦でお風呂に一緒に入りますか? うちは一緒に入ろうとすると妻が「 一緒に入るところなんて、 そんなに無いよ!」と文句を言いつつ仕方なさそうに入っ ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112117921 - 43k

2) 夫婦でお風呂に入るのはいいこと?悪いこと? 一緒にお風呂に入れば ...2008年8月25日 ... 夫婦でお風呂に入るのはいいこと?悪いこと? 一緒にお風呂に入れば光熱費の節約にはなりますよね。 でも、毎日入っていると相手の裸も見飽きてなんとも思わなくなりますよね… セックスレスの原因にもなっている気がします… ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1018672565 - 33k

3) 「夫婦でお風呂に入るなんて・・」 と馬鹿にしないで 洗いっこバス ...暮らし・恋愛・結婚 トップ · 生活実用 · 家事 · ライフスタイル · エコ · ペット · 恋愛・結婚 · 受験 · 関西 · All About > 恋愛・結婚 > 結婚生活 > 「夫婦でお風呂に入るなんて・・」 と馬鹿にしないで 洗いっこバスタイムで夫婦の絆を ...
allabout.co.jp/relationship/kekkonlife/closeup/CU20050328K/ - 33k

4) モロッコローズの香りでスキンシップ復活! - [結婚生活]All About「夫婦でお風呂に入るなんて・・と馬鹿にしないで 洗いっこバスタイムで夫婦の絆を」というタイトルです。 ... 夫婦でお風呂にはいってリラックスしてください。 モロッコローズの香りに包まれて。疲れたご夫婦は、日常、なんとなくとげとげしくなってきて ...
allabout.co.jp/relationship/kekkonlife/closeup/CU20060524U/ - 33k

5) 妻と彼女には言えない事 夫婦でお風呂2005年11月6日 ... いいですねえ、夫婦でお風呂。 ほんとなら、いい雰囲気になってそのままって感じなのに、いかにもツマさん ... 夫婦でお風呂いいですよね♪ 私は、旦那の悪口はあまり言わないようにしてます。旦那を知ってる人ならなおさらです。 ...
libertarian.blog7.fc2.com/blog-entry-307.html - 52k

6) 妻と彼女には言えない事 夫婦でお風呂コメントの編集. Name: Subject: Mail: URL: comment:. 私も彼が2人います。 二人とも愛してます☆ (女性からは反論買うかな) でも,2番目の彼(4年)とイクようになったとたん,1番目の彼とのSEXでイカナクなりました。罰かもしれないなって思って ...
libertarian.blog7.fc2.com/?mode=edit&rno=4494 - 32k

7) 50歳未満お断り!海外旅行情報--【STAGE ステージ】シニア向け ...私も「夫婦でお風呂に入ろう!」と、お勧めしています。 お風呂の時間を通して、二人だけの会話の時間やスキンシップが確保 ... お風呂の秘策も書いています。 「夫婦でお 風呂に入るなんて・・」 と馬鹿にしないで洗いっこバスタイムで夫婦の絆を ...
www.stage007.com/love/advice_couple/couple13.html - 28k

8) 夫婦で混浴露天風呂 - 気ママに競艇 - Yahoo!ブログトラックバック先の記事. 練習用 | ♨ 夫婦でお風呂 ♨. この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/redmimichan/14024168.html · 傑作 · 転載. [ 前の記事へ ]; [ 次の記事へ ] . レッドみみちゃん メッセンジャーオフライン. レッドみみちゃん ...
blogs.yahoo.co.jp/redmimichan/14024168.html - 61k

9) 金運アップ 金運神社参拝ツアー - サンライズコーチング - 楽天ブログ ...最近の 我が家の夫婦円満の 秘訣は、夫婦一緒にお風呂に入ることです。 お風呂の時間の短縮にもなるし、お風呂のガス代の節約になるし、夫婦のスキンシップにもなり 一石三鳥です。 お子さんの手がかからない ご家庭は 夫婦でお風呂もいいかも〜♪ ...
plaza.rakuten.co.jp/sunrisecoaching/diary/?ctgy=10 - 47k

10) 潤滑ローションで夫婦愛復活たまたま友人の家庭では、家族または夫婦でお風呂に入ることが習慣だったみたいですので このローションを差し上げたところ、、、子供が起きていてもお風呂の中でローションをお互い塗りながら、イチャイチャして夫婦愛を確かめるようになったということ ...
www.tenpaku.nu/m_roshon.htm - 97k

11) 親のセックス掲示板 (お悩み掲示板@ミクル) 2008年3月13日 ... 夫婦でお風呂に入ってて… 父が上がるときたまたま通り掛かってしまい見たら○○○ました あと前犬が何かくわえてきたと思ったら使用済みのゴムでした。 悪いことではないのですがとても切ない気分になりました. このスレを 携帯 ...
http://onayamifree.com/dispthrep.cgi?th=507780&disp=1 - 28k

2008年9月18日午後4時現在




『夫婦でお風呂 の検索結果』より


50番目ぐらいまで、僕は一つ一つ URL を見ていったのだけれど、『宇宙の摂理ブログ』で僕が書いた記事は出ていないのですよう。

つまり、もっとずっと下のランクに表示されているのですね?

そうだと思うのですよう。たまたま、上のリストの11番目を読んだら、ちょっと気になったので、そのサイトに飛んでいって見たのですよう。

少しばかりアダルトっぽい事が書いてあるのではありませんか?

そうなのですよう。でも、非常に興味深い事が書いてあったので、長くなるけれど引用してみます。アダルトっぽいところは○○で伏字にしました。ちょっと読んでみてください。


No.507780 by 悩める人(22♀匿名) 08/03/13 08:49

親がお風呂でセックス?してました…
夫婦でお風呂に入ってて…
父が上がるときたまたま通り掛かってしまい見たら○○○ました。

あと前犬が何かくわえてきたと思ったら使用済みのゴムでした。

悪いことではないのですがとても切ない気分になりました。



 


返信 (レス)




No.7 by 通行人7(27♀匿名) 189日前 (08/03/13 09:45)

私も親のそんなとこ見たら相当ショックです…。
子供にとってはかなり見たくない現場ですよね。
夫婦だし、やるなというわけではないけど、もう少し子供に気を遣ってほしいですね。



No.8 by 通行人8(♂匿名) 189日前 (08/03/13 09:49)

それが有るから 君がいる



No.9 by 通行人9(匿名) 189日前 (08/03/13 10:01)

主さんも親になれば、解るよ、両親のSEXが現在の主が存在するんだよね、そんなにショックかな?



No.10 by 匿名希望10(25♀匿名) 189日前 (08/03/13 10:13)

うちもありましたよ。父が風呂に入ると、母も後から一緒に入り…しばらく出て来ませんでした。
両親が出た後、私が風呂に入ると、変なにおいが…。
高校生だった当時は分からなかったけど、今考えると風呂でしてたんだろうなと…。



No.11 by 悩める人11(匿名) 189日前 (08/03/13 10:23)

うちなんか性に関してはオープンだから…子供の前でエッチするよ



No.12 by 匿名希望12(♂匿名) 189日前 (08/03/13 10:33)

そういえば、夫婦仲良くしている時、うちの犬にお尻をなめられて大笑いをした事がありました。
関係ない話ですが、ふと思い出しました。



No.13 by 通行人13(27♀匿名) 189日前 (08/03/13 10:34)

ウチなんか、ベッドの下にオモチャが隠れてましたよ
使用済みコンドームは灰皿に置かれてるし



No.14 by 匿名希望14(♀匿名) 189日前 (08/03/13 11:17)

主さん自立して家を出ればいいのに。仲良き事は良い事です



No.15 お礼 189日前 (08/03/13 11:22)

みなさんありがとうございます!
ショックだけど悪いことではないから…
いいんですけど、そのあと私がお風呂に入るわけですから、出来たらお風呂でやらないでほしいです。



No.16 by 匿名希望16(22♀匿名) 189日前 (08/03/13 11:26)

ごもっとも



No.17 by 通行人17(♀匿名) 189日前 (08/03/13 11:29)

私もまだ子供が風呂に入ってないのに旦那と風呂に入ってエッチすることよくあります
言い訳でしょうが私は浴槽ではしません
寒くても浴槽の外でしてます。
子供が大きくなるとなかなか寝ないから場所探してたらついお風呂になってしまいました



No.18 by 通行人8(♂匿名) 189日前 (08/03/13 12:39)

年齢大幅詐称ですか?



No.19 by 匿名希望19(匿名) 189日前 (08/03/13 15:57)

ちょいと…恥ずかしいネ…でも、仲良くていいじゃないかなぁ
(セックス)レスの方が、怖いょ(笑)



No.20 by 通行人20(♀匿名) 189日前 (08/03/13 16:02)

悩める人11さん、有り得ないし( ̄ω ̄;)
それが事実なら悩みがある人とは思えない(笑)



No.21 by 匿名希望21(♀匿名) 188日前 (08/03/13 16:41)

良い事ですよ夫婦仲良しなんでしょ。



No.22 by 匿名希望22(♀匿名) 188日前 (08/03/13 16:50)

11番のは虐待

主さんの気持ち分かります
両親が仲が良いのはいいですが、なんか複雑な気分になりますよね
私も両親の部屋でコンドーム見つけた時は軽くショックを受けました



No.23 by 通行人23(匿名) 188日前 (08/03/13 17:15)

お互いのために早く自立した方がいいですね
御両親の寝室ってないんですか?



No.24 by 匿名希望24(匿名) 188日前 (08/03/13 19:35)

年齢書いてないから。
落ち着け



No.25 by 匿名希望25(匿名) 188日前 (08/03/13 20:34)

しかし、○○してる親父なんか見たくないよね



No.26 by 通行人26(♂匿名) 188日前 (08/03/13 23:12)

主の父親っていったら、けっこうな年齢ですよね?
風呂でしてたとして、出てきた時にまだ○○が持続してたのなら、凄いなぁ
羨ましい持続力 または 回復力ですね

これからは
主が先に入ってしまいましょ




『お悩み掲示板@ミクル』より


まず、僕が驚いたのは22才の悩める女性が悩みのカキコをしたのが9月13日の午前8時49分ですよう。それから午後11時12分までに、つまり、12時間半の間にレスが20も付いているのですよね。

人気のある掲示板なのですね。

そうなのですよう。2ちゃんねるであれば、このぐらいの参加者が居ても不思議ではないのだけれど、あまり名前も知られていない個人の掲示板で、これだけのレスがついている事はすごいと思いました。

やはり、話題がセックスの事に関しているからでしょうか?

それも影響していますよう。僕のブログの上のキーワードランキングを見ても性的な話題やエロい言葉は上位を占めていますからね。

それで、デンマンさんは、長々と引用して何がおっしゃりたいのですか?

僕は夫婦で一緒にお風呂に入る事は良い事だと思うのですよう。仲が良い事は素晴しい事ですよう。スキンシップにもなるし。。。、最近、セックスレスが問題になっているようだからスキンシップを保つ意味でも一緒にお風呂に入る事は良い事だと思いますよう。。。

つまり、お風呂の中でエッチしても良いとデンマンさんはおっしゃるのですか?

いや、そこまでやれ、とは言いません。でも、もし洋風の風呂であれば、かまわないと思うのですよう。次に入る人はお風呂の湯を新しくバスタブに満たしますからね。でも、日本の風呂は、後から入る人が前の人のお湯を使いますからね。。。その事を考えれば、洗い場でエッチしても良いけれど、風呂の中では遠慮すべきですよう。

確かに、上のレスの中でも、お風呂の中ではしないけれど、お風呂の外でならすると書いている人が居ますよね。

そうですよう。。。考えてみると日本の住宅事情にもよると思うのですよう。日本の部屋は狭いし、壁は薄いし、夫婦のプライバシーが確保できない。それで、お風呂で事に及ぶ、と言うことも充分に考えられますよね。上のレスの中でも“子供が大きくなるとなかなか寝ないから場所探してたらついお風呂になってしまいました”と書いている人が居ますよう。

そうですね。若い夫婦で狭いアパート暮らしだと、子供と同じ部屋に寝ていると言うことも日本でならば充分にあり得ますよね。カナダではそのような事はないのですか?

ありません。子供が赤ちゃんであれば、ベビーベッドを夫婦の寝室に持ち込む事はあるだろうけれど、話ができるくらいになれば、どんな小さな子供でも夫婦と一緒に寝ると言うことはカナダでもアメリカでも見たことがないし、話に聞いた事もありません。

夫婦のプライバシーは確保できていると言うことですか?

そうですよう。だから、プライバシーがなくて仕方なくお風呂でエッチするというケースは、カナダでもアメリカでも考えられないですよう。

ところで、お悩みを相談した22才の女性は、お風呂から出てきたお父さんの体がまだ興奮していた、と書いていますよね。

“親しき仲にも礼儀あり”

こういう諺もありますよう。だから、お父さんのエチケット違反だと思いますよう。

「うちなんか性に関してはオープンだから…子供の前でエッチするよ」

このレスについては、デンマンさんはどう思いますか?

それは決して“オープン”ではないのですよう。僕ならば、次のように書きますよう。

「うちなんか性に関してはオツムがいかれてしまっているから…子供の前でエッチするよ」

その夫婦は、そこまでやると精神異常者ですよう。

。。。で、デンマンさんの書いた“夫婦でお風呂”の記事は見つかりました?

見つけ出しましたよう。

どのようにして。。。?

一つ一つ見てゆくのでは時間の無駄になるから次のようにして検索しましたよう。


夫婦でお風呂 wablogの検索結果

26 件中 24 - 25 件目



(fukiage7.jpg)

24) 宇宙の摂理ブログ 夫婦でお風呂

おほほほほ。。。。 卑弥子でござ〜♪〜ますわよ。 あなたにお会いしたくて また出てきてしまったのですわよ。 ええっ? どうして「夫婦でお風呂」の記事に 顔を出すのかって。 ..... WaBlog. Copyright(c) Akira Kato.
barclay.wablog.com/category/smile,women,marriage,panty?y=2008&m=8 - 40k

25) グーグル現象にビックリ

(2008年4月29日) - レンゲ物語 ...110, 夫婦でお風呂, Yahoo! JAPAN, 5, 2008年3月31日 23:17. 110, おばさん 裸, Google.co.jp, 5, 2008年3月31日 17:54 .... あのねぇ、今、WABLOGの『宇宙の摂理ブログ』へ行って上のキーワードで検索した人のリンクを拾ってきましたよ。 ...
beaverland.web.fc2.com/renge/20080429.html - 61k -

2008年9月18日午後4時現在




『“夫婦でお風呂 wablog”を入れてGOOGLEで検索した結果 (3ページ目)』より


wablog を付け足して検索したら、すぐに見つけることができましたよう。

いつ頃、書いたのですか?

忘れるほど昔ではないのですよう。去年の12月に卑弥子さんが書いていました。サワリだけ読んでみてください。


夫婦でお風呂


(himiko22.gif)

おほほほほ。。。。

卑弥子でござ〜♪〜ますわよ。

あなたにお会いしたくて

また出てきてしまったので

ござ〜♪〜ますわよ。

ええっ?

どうして「夫婦でお風呂」の

記事に顔を出すのかって…?

世の中には夫婦でも

一緒にお風呂に

入らない人が居るのですってよゥ。

あたくしは夫婦でもないのに

デンマンさんと温泉巡りしているのですわよ。

うふふふ。。。

でもねぇ、羨(うらや)ましがられるほど

ロマンチックではないのでござ〜♪〜ますわよ。

ちょっと読んでくださいましよ。


 (中略)

ところで、ご夫婦でも一緒にお風呂に入らない人たちが居るのですわよね。
あたくしはちょっと意外でしたわ。
次のようなお悩み相談の囲み記事を見たのですわよ。


友人夫婦は私と同じ30代なんですが、
結婚して10年以上たった今も一緒にお風呂に!
「えーっ!仲よすぎないか?」と、
言ったもののちょっと羨ましい…(笑)。

妻に言ってみようかなと思いますが、
ドン引きされそうで言えません。
夫婦でお風呂派ってどれくらい?

by 繊細でか弱い30代の男


ですってぇ〜〜

これに対していろいろなコメントがついていました。
主(おも)だったものをご紹介しますわ。

○ 実は、夫婦でお風呂に入ってます。 うふふふふ。。。

○ お風呂は一人で入りたい。

○ 一緒に入りたいけどムリです。

○ 洗濯する時、夫のパンツを別々に洗う私が夫と一緒に入れる訳がありません。

○ ロマンチックと感じるどころか苦痛です。

いろいろとあるのですよね。
あなたはどうでござ〜♪〜ますか?




リンク元 (referer)

Google.co.jp 夫婦でお風呂
Google.co.jp 夫婦のh
Google.co.jp 夫婦で投稿画像
Google.co.jp 夫婦のH
Google.co.jp OCN 夫婦
msn search-toolbar 夫婦のセックス投稿
Google.com お風呂セックス投稿画像
Google.co.jp 夫婦セックス画像無料ブログ
Google.com 夫婦のエッチ
msn 夫婦セックス投稿

(2008年9月18日午後4時現在)




『夫婦でお風呂 (2007年12月1日)』より


“リンク元”と言うのは、『宇宙の摂理ブログ』のサイトでは自動的に記録してページの最後に表示されているのです。

検索エンジンで、どのキーワードで検索してやって来たのかを自動的に記録しているのですか?

そうです。最近やって来た10人を記録しているのですよう。

上のランキングでは、過去30日に4人だけ、と言うことですけれど、それ以前に結構、見に来た人が居たのですね?

おそらく、この記事がネットに出た頃は、もっとたくさんの人が読みにやって来ていたのでしょうね。。。ところで、レンゲさんは結婚したら夫と一緒にお風呂に入りますか?

そうですね。一人で入りたい時もあるだろうし、一緒に入りたい時もあるでしょうね。

そうですか。。。あのォ〜。。。、レンゲさんが結婚する前に、ぜひ温泉旅行して一緒にのんびりと露天風呂にでも浸かりたいですね。

デンマンさんは露天風呂が好きなのですか?それとも女性と一緒に入るのが好きなのですか?

両方とも好きですよう。うしししし。。。



【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ〜
あたしはヨガを本格的にやった事がないので
卑弥子さんのように秘伝の“鶴の舞”をデンマンさんにお見せする事ができません。


(aerobics5.gif)

それにしても、このような姿勢で10分間も静止していられるなんて、驚きですよね。
あたしが真似をしたならば間違いなく、ひっくり返ってしまいますわ。

いづれにしても、まだ面白い話題が続くと思いますわ。
あなたもどうか、またあさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(byebye.gif)


メチャ面白い、

ためになる関連記事




(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(karuchur.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



(bare04e.gif)

こんにちはジューンです。

“親しき仲にも礼儀あり”

そうですよね。

お父さんの興奮している時の体なんて

見たくはないですよね。

英語で、上の諺は何と言うのでしょうか?

考えてみた事がありますか?

似たような言い方がいろいろあります。

文字通りに英訳すると次のようになります。

Courtesy should be exercised

even among intimate friends.


もう少し諺らしく言おうと思えば次のようになります。

Good fences make good neighbours.

しっかりした垣根は隣近所を仲良く保つ。


これも、“親しき仲には礼儀あり”と言う事と同じですよね。

次は、古めかしい諺を紹介します。

Love your neighbour,

yet pull not down your hedge.

汝の隣人を愛せよ。されど垣根を取り壊すことなかれ。


英国の封建時代、領地の境界線をめぐって

地主同士が争うことはよくあったのですね。

そこで、仲が良いからといって、けじめを欠くと

良い関係が壊れてしまう、と戒めているのです。

次のような言い方もあります。

A hedge between keeps friendship green.

間に垣根があることで友情が緑に保たれる。


他人の事にはあまり立ち入り過ぎない方がいい、と言う事です。

つまり、親しき仲にも礼儀あり。


(shiba2.gif)

ところで、英語の面白い話をまとめました。

興味があったら、

次のリンクをクリックして

読んでくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』


(cat003.jpg)

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(dogs12.gif)


(hand.gif)

  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)

2008年09月16日

床上手な女


 
床上手な女



(bed8.jpg+sayuri30.gif)


(wab80914.gif)


(manila05b.jpg)

今日はデンマンさんのお得意の「リンク元キーワード」ですわね。。。


(kato3.gif)

こういうのって、レンゲさんは退屈ですか?

いいえ、別に退屈ではありませんわ。でも、話題がなんとなくシモいですわよね?

シモい話題ではいけませんか?

あたしは別にかまいませんけれど、卑弥子さんは、きっと嫌がると思いますわ。うふふふふ。。。


(himiko22b.gif)

あらっ。。。あたくしのウワサでござ〜♪〜ますか?

シモい話題ならばレンゲさんのところで

ドンドンやってくださって結構ですわ。

おほほほほ。。。


レンゲさんは、卑弥子さんの心配までしなくてもいいですよう。噂をすれば、すぐにこうやって出てきてしまうのだから。。。

デンマンさんは小百合さんの写真を持ち出して貼り付けていますけれど、小百合さんって床上手な女なのですか?

もちろん、僕は小百合さんのお相手をしたことが無いから、事実、小百合さんが床上手なのかどうか僕は知りません。でもねぇ、僕は小百合さんは床上手な女性に間違いないと思っているのですよう。

どうして分かるのですか?

僕は以前、その事について記事を書いたことがあるのですよう。上の「リンク元キーワード」の第3位に載っている「床上手」は、GOOGLEで検索して僕が書いた記事を読みにやってきた人たちなのですよう。つまり、過去30日間に延べ335人の人が僕が書いた次の記事を読んだという事なのですよう。

■ 『床上手な女の7つの見分け方 (2007年8月8日)』

GOOGLEの検索結果の上位にデンマンさんが書いた記事が載っているのですか?

そうなのですよう。GOOGLEで“床上手”を入れて検索すると5番目に僕の書いた記事が出ているのですよう。


床上手 の検索結果


(kiss007.gif)

約 203,000 件中 1 - 5 件目

1) 床上手の女って!?

床上手の女性って、どのような人のことを言うのですか? フェラが上手い人ですか? 身体の動かし方が艶かしい人? ... 『床上手』ってのは、テクニックの事ぢゃなくて、 雰囲気とか印象とかそういう物で決められるもんぢゃないかな? ...
yasai.2ch.net/kageki/kako/1002/10021/1002144052.html - 39k

2) 浜松市ヘアーサロン

++髪処床上手++浜松市にあるヘアサロン髪処床上手。なんと平日の営業時間が24時。仕事帰りでも、 遅い時間でも安心してカットが出来るサロンです。縮毛矯正やM3D等のメニューも充実しております。女性のお客様も大歓迎です。
www.tokojyouzu.com/ - 10k

3) 昔は【料理上手・床上手・〜上手】

嫁に貰うなら、この3つを ...2004年8月25日 ... 「料理上手は床上手」とはよく言いますが、3連発は聞いたことありませんね。いい奥さんの条件ということですが。ちなみに料理上手は床上手かも知れませんが、料理下手にも床上手は多数います。 質問者: ENVY 2004-08-25 03:20:49 ...
q.hatena.ne.jp/1093370369 - 34k

4) 女性器の形

[LC公式コラム]毛が濃く密度の高く生えている人は情に深く、床上手だと言われています。 毛が縮れている人よりも、ストレートタイプのほうがセックス好き、そんな風にもいいますが、歳を重ねるにつれ毛が伸びていく人が多いようです。 また、セックスをあまりしないと毛 ...
www.lc-net.net/column/howto/chigai.html - 26k

5) 床上手な女の7つの見分け方

宇宙の摂理ブログ2007年8月8日 ... このようにあやふやな答えを返す女性はまず床上手ではないでしょうね、とヘレンさんは言うのですよ。 なぜ? 自分が欲しいものをはっきりと ... 自分が欲しいものをはっきりと言える女性の方が床上手である可能性が強いと言います。 ...
http://barclay.wablog.com/1508.html - 112k

(2008年9月14日午前5時現在)




『“床上手”を入れてGOOGLEで検索した結果』


。。。で、記事の内容って、どんなものなのですか?

実は、2ちゃんねるの投稿を取り上げたりして、かなり長い記事なんだけれど、要点だけを取り出してここに書き出しますよう。ちょっと読んでみてください。


床上手な女の7つの見分け方


(2004fs.gif)

ラトガー大学の人類学者であるヘレン・フィッシャー博士は次のように言っています。

“床上手な女性を見分けるって難しいと思うわ。
ハイヒールだとか、ショートスカート、男性を誘うような歩き方(follow-me walk)なんて、当てにならないわ。
そういうものは女性の意思の表れかもしれないけれど、その女性が床上手だと言うサインではありません。”

女性がダンスをしている様子を見ながら北米の男性は床上手かどうかを決めると言う人が多いのだそうですよ。
僕も知らなかったのですが、言っている意味は分かりますよね。
確かにダンスの仕方で男付き合いに慣れているのか?そうでないか?ぐらいは分かるものです。
でも、床上手までは分からないと思うのですよね。

それで、フィッシャー博士は次のような事を参考にしてみてはいかがですか?と言っているのです。

1) タイ料理のレストランへ

   女性を連れて行ってみたら?



(thaigal2.jpg)


(thai05.jpg)

Green papaya salad
with dried shrimp and salty crab


なぜ、タイ料理なの?
レストランで女性のどのようなサインを見ろと言うのか?
あなただって不思議に思うでしょう?

ヘレンさんは次のように説明しています。

ん?タイ・レストラン?

相手の女性も同じような疑問を持つと言うのです。
良く分からないわ。。。
あなたはタイ料理が食べたいの?
それなら、タイ料理でもいいわ。

このようにあやふやな答えを返す女性はまず床上手ではないでしょうね、とヘレンさんは言うのですよ。

なぜ?

自分が欲しいものをはっきりと分かっている女性、
自分が欲しいものをはっきりと言える女性の方が床上手である可能性が強いと言います。
なぜならば、そのようにはっきりとした考え方を持っている女性の方がベッドで愛し合う時にも、より良い愛し方について積極的になれると言うのです。
愛に裏づけされた快楽を求める事に対しても積極的で、また、そうあるべきだと思っている女性が多いと言います。

つまり、どっちつかずであやふやな気持では居られないから、はっきりとものを言うと言う訳です。
それがベッドの中にも反映していると言う訳ですよね。

2) 彼女が料理をどのように食べるのか

   良くご覧になったら?



(dinner3.jpg)

“ベッドの中での好みも、レストランで食べる料理の好みほど、人によってさまざまですわ”
ヘレンさんは、そう言います。
“日本料理が好きな女性も居れば、ピザは大嫌いだと言う女性も居ますよね。
ある女性はベッドで乳首をちょっと噛まれる事を好むかもしれません。
でも、他の女性はそうされる事が嫌いな人だって居ます。
最近の女性は昔と違って男性経験豊富な人が多くなっていますわ。
ある意味で自分の考えている事、求めている事を素直に表現できるようになっています。
だから料理の食べ方を見ていても参考になる事がありますよ。”

“彼女のフォークの使い方を見るのも参考になるわ。
あなたと食事する事を充分に楽しんでいるかどうか。。。
気分よさそうに食べてる?
ひどく食べるのが遅い?
それとも、ガツガツしている?”
こう話すのはカンディーダ・ローヤール(Candida Royalle)さん、女性向けアダルト映画のプロデューサーです。
自らAV女優として出演していた事もあります。
“彼女がゆっくりと食べているようだったら、愛し合う時もゆっくりと愛し合うのが好きだわよ。
私もゆっくりと食べる方だから、良く分かるのよ。"

3) アイスクリームの味の好みでも分かる


(ice006.gif)

“アイスクリームの味の好みで自分に合ったパーフェクトな恋人を見つける事もできますよ。”
そう言うのはアラン・ハーシュ(Alan Hirsch)先生(神経科専門医)です。
ハーシュ先生はシカゴにある嗅覚・味覚治療研究財団の所長も兼ねています。
研究者はこの事実を“アイスクリーム快楽説”と呼んでいます。

ハーシュ先生は24歳から59歳までの720人を対象にアイスクリームの味に関する調査をしました。
アイスクリームの味に対する好みと男女関係について調べたのです。

コーヒーアイスクリームの好きな恋人同士はドラマチックで、相手を誘惑するような傾向があり、イチャツクのが好きです。
この点でストロベリーアイスクリームの好きな恋人同士と良く似ています。

バニラアイスクリームが好きな女性は感情を大胆に表現する傾向があり、ロッキーロードアイスクリームが好きな男とうまくゆきます。


Vanilla gals (emotionally expressive and fond of PDA) melt
best with rocky-road guys.

この“ロッキーロードガイ”と言うのが僕には分からなくて調べたのですよ。
何のことはない、アイスクリームのフレーバーの一つなんですよね。
次のような事が書いてありました。


(rocky12.jpg)

Rocky Road is a common ice cream flavor.
Though there are variations on the flavor,
it generally has vanilla ice cream with chocolate ice cream,
added nuts and marshmallows.

The flavor was created in 1929 by William Dreyer
during the Great Depression "to calm jitters."


でも、僕は思うのですけれど、このアイスクリームの調査は床上手な女性とは直接の関係はないですよね。

4) 彼女と話していて話がかみ合う?

“相手の女性の行動を最初にチェックするキー・ポイントは話し方や話すペースですよ。”
こう話すのはルイスビル大学で社会心理学を教えているマイケル・カニンガム教授です。

話すペースも重要ですが、言葉以外のペースも重要ですよ。例えば歩くペースだとか、体全体の動きなどです。
このペースがお互いに合っていると、セックスでもうまくゆくケースが多いのです。

例えば、あなたの動きがどちらかと言えばのろい場合、
相手の女性がそわそわして落ち着きがない人だとセックスもうまくゆくことはないですよね。
つまり、体の動きだとか、その人が行動する動きが違っている場合、
セックスのペースも違っている場合が多いものです。
そういう場合、相手の女性はあなたにとって床上手な女性ではありえないでしょうね。

また、あなたがある話題について話しているのに、相手の女性が、その話に乗ってこないで全く別な事を話し始める。
こういう女性も、あなたにとって床上手な女性にはなれません。

5) 年上の女性は床上手

“若い女性はベッドで愛し合う時に充分にリラックスできないのでイクことが余りありません。”
ヘレンさんはこう言います。
“中年の女性は自分が求めているセックスがどういうものか知っていますし、それとなく相手に話すことができます。
若い頃に比べて、しばしばイケルようになっていますから男性を飽きさせずに長い関係を続けてゆく事ができます。
更年期を迎える頃になると、エストロゲン(estrogen)のレベルが下がって
テストステロン(testosterone)の威力が目覚めてきます。
そのために、多くの女性は自分の性的な能力に対して自信を持ち、より良いセックスを求める気持も強まります。
そう言う訳でセックスに対する関心も高まります。
つまり、中年女性の性生活は、ますます良好なものになってゆくのです。”

6) キスの上手な女性は床上手


(affair.jpg)

“キスをする仕方を見るだけでも、ベッドで愛し合うやり方が具合がいいかどうか分かるものよ。”
こう話すのはロスアンジェルスで活躍している性科学者のアヴァ・カデル(Ava Cadell)博士です。

“私はキスの事を顔のセックスって呼んでいるのよ。
キスするって、ただ唇だけでしている訳じゃないのよね。
体全体を使っているのよ。
もしあなたの相手の女性が体全体を使うようにしてキスしているなら、
床上手の可能性はかなりあるわよ。
また、床上手な女性って、キスをしながら相手の男性をその気にさせるのがうまいわよ。
初めは、たわいのないベビーキスから始まって、
あなたの上唇をなめるようにするのよ。
それから下唇を吸うようにしてみたり、
そうしながら、あなたの髪をやさしく愛撫する。
つまり、キスしながらも、なんとなくダンスしているような雰囲気をかもし出してゆく。”

7) ダンスのうまい女性は床上手

“ダンスがうまいと言うことは、いろいろな事を意味しているものですわ。”
ヘレンさんはそう言います。
“まずダンスするって事はその人がエネルギッシュだからできることですよね。
つまり、体がひ弱では無理です。
だから、その女性は健康で贅肉がなく動き易いすっきりした体型をしているという事です。
また社交性があって、自分に対してポジティブなイメージを持っています。
つまり、床上手な女性の基本をすべて兼ね備えているという訳です。”




リンク元(referer)

Google.co.jp 床上手
Google.co.jp 床上手
Google.com 床上手
Google.co.jp 床上手
Google.com 床上手
Google.co.jp 床上手
Google.com 床上手
Google.co.jp 床上手
Google.com 床上手
Google.co.jp 床上手

(2008年9月14日午前5時現在)



『床上手な女の7つの見分け方 (2007年8月8日)』より


最後のリンク元(referer)って、どういうことですか?

これわねぇ、最近、僕の上のページを訪れた10人の人が、このページを訪れる前に、どのページに居たかを示しているのですよう。

デンマンさんの上のブログには、そういう機能が付いているのですか?

そうです。自動的に最近訪れた10人をページの一番下に記録しているのですよう。

つまり、どの人もGOOGLEの検索エンジンからやって来た、という事ですか?

そうですよう。「床上手」を入れてGOOGLEで検索して、その検索結果の中に現れた僕のページのタイトルをクリックして読みにやって来たわけですよう。

それで、小百合さんが床上手だと思うのはなぜですか?

大学生の頃、僕はよくダンスパーティーに行ったのですよう。

社交ダンスですか?

社交ダンスと言うほど堅苦しいものじゃなくて、ジルバだとか、ルンバだとか。。。、かなりくだけたダンスパーティーですよう。

それで。。。?

上の記事の中でも7番目に「ダンスのうまい女性は床上手」と書いてあるでしょう。。。僕も、実際、そう思いましたよう。

デンマンさんには体験談があるのですか?

あるのですよう。僕は松下産業に入社して横浜の綱島にある松下通信工業に出向したんですよう。それで、毎年ダンスパーティーに顔を出すようになった。

社内ダンスパーティーですか?

そうです。どう言う訳か、綱島の大食堂ではやらずに、佐江戸にある工場の集会場でやったのですよう。3000人ぐらい入れる会場なのですよう。

綱島から、かなり離れているのですか?

同じ横浜市にあるのだけれど、僕は車を持っていなかったので電車を乗り換えてゆくから、1時間ぐらいかかりましたよう。


(saedo2.gif)

左の方に「松下電器産業」と書いてあるけれど、ここが僕が松下通信工業で働いた時には、通信工業の佐江戸工場があった所ですよう。現在では都築(つづく)区にあるけれど、この区は港北区と緑区の一部が分区して、新しくできたとか。。。僕が居た頃は港北区だったように思うのですよう。当時は工場の周りは畑で、家などほとんど無かった。おそらく、新しい区ができるほどだから、今では、工場の周りには家が建ち並んでいるのでしょうね。東横線の綱島駅から菊名駅で乗り換えて、横浜線で鴨居駅で降り、そこから田んぼの中を工場まで20分ぐらい歩いたものですよ。

それで、たくさんの人が集まったのですか?

そうですよう。まるでお祭りさわぎでしたよう。少なく見積もっても1500人ぐらいがやって来ていました。“芋の子を洗う”ようだと言う形容があるけれど、まるでイモを洗うように人がゴロゴロとダンスしていると言う感じだったですよう。うしししし。。。

大勢の人たちが所狭しと踊っていた訳ですか?

そうなのですよう。僕はデータ制御事業部の技術部で働いていたのだけれど、技術部技術課はすべて男だけです。技術部には250人ぐらい居ましたよう。女性が居るのは技術管理課という課だけで、そこには課長1名と係長1名、それに7人の女性が居たのですよう。

。。。で、デンマンさんのことだから、すぐにその7人の女性たちと仲良くなったのでしょう?

そうですよう。やっぱり技術管理課の女性たちと仲良くしないと仕事がやりにくいですからね。

どうしてですか?

打ち合わせがあったりすると、技術管理課の女の子に頼んでコーヒーを入れてもらうのですよう。そう言う時でしか会社の只のコーヒーが飲めない。うしししし。。。

つまり、会社の只のコーヒーを飲むために女の子のご機嫌をとって仲良くしていたのですか?

うん。。。、確かにそういう下心が半分ありましたよね。うへへへへへ。。。お金を払って飲むコーヒーショップが会社の食堂の一角にあったけれど、そういう所で打ち合わせをしたことが無い。うしししし。。。

それで、その女の子たちと踊った訳ですか?

そうですよう。同じ社員でも見ず知らずの女性と踊るよりは、普段、顔を合わせている女性の方が、やっぱり踊りやすいですよね。

それで、どう言う事があったのですか?

あのねぇ〜、僕は学生時代から数えれば、少なくとも200人を越す女性と踊ったと思うのですよう。

それで。。。?

その7人の中に山本恵子さんと言う女性が居たのですよう。この人と踊った時だけ、僕の背後に他のカップルが近づいてくると、僕の肩に置いた手の人差し指だったか?あるいは中指だったか?“すぐ後ろに他のカップルが近づいてきて、ぶつかりそうになっていますよう”。。。まるで、そのように僕に言うかのように指先に力を込めて知らせるのですよう。“あっ。。。うしろ。。。うしろ。。。”なんて、言葉で言う女の子も居たけれど、やっぱり、指先で知らせる方が洗練されているような感じで、僕は改めてこの恵子さんを見直したのですよう。

そのような事をするのはデンマンさんのお相手では恵子さんだけだったのですか?

そうなのですよう。後で話を聞いたら、女子高時代にそうするように先生に教わったと言うのですよう。それがマナーなのかもしれないけれど、僕は教わった事が無いし、それまでに、そのような事をする女性と踊った事が無い。

。。。で、実際に恵子さんは床上手だったのですか?

残念ながら、ベッドの中でお相手をしてもらうような関係にはならなかったのですよう。本当に残念でした。でも、上の記事を読み返しながら、恵子さんならば、まず間違いなく床上手だろうと、しみじみと懐かしみながら思い出したと言う訳なのですよう。

それで、小百合さんのことですけれど。。。どうして、デンマンさんは小百合さんが床上手だと思うのですか?


(bride15.jpg)

■ 『菊ちゃんと八ツ橋 (2008年4月14日)』

上の写真の菊ちゃんは40代で亡くなってしまったのです。小百合さんは“風邪っ子”なので、菊ちゃんと共感する部分がたくさんあるのですよう。その菊ちゃんの思い出を僕は上の記事で書いたのですよう。

小百合さんも上の記事を読んだのですか?

そうです。それで、ある日、小百合さんが住んでいる佐野からバンクーバーの僕の所に帝国ホテルのチョコと生八ツ橋が届いた。

■ 『帝国ホテルとロマン (2008年4月10日)』

なぜ帝国ホテルのチョコ?それは、上の記事を読めば分かると思います。

。。。で、生八ツ橋は?

小百合さんが“菊ちゃんの愛の世界”を理解してくれたからだと僕は思っているのですよう。僕は、小百合さんから生八ツ橋と帝国ホテルのチョコをもらったので10年分の元気をもらった気分になったのですよう。

その事が床上手と関係あるのですか?

そうですよう。僕は“床上手”というのは、テクニックではなくて、思いやりの心だと思うのですよう。上の検索結果のトップに出ている2ちゃんねるのスレッドの中で次のような事を言っている人が居ました。


床上手って、あまりHテクとか名器とかとは関係ないような気がするな。
むしろ精神的なもので、男の言いなりになっているようで
実は上手く男を誘導してるような女を指すのだと思う。
男の征服欲を満たして自信をつけさせるような女。




2ちゃんねるの『床上手の女って!?』スレッドより


僕も、そういう女が床上手な女だと思うのですよう。


【レンゲの独り言】


(manila07.gif)

ですってぇ〜♪〜。。。
そう言うものでしょうか?
思えば、デンマンさんと一緒に踊った山本恵子さんは指先でデンマンさんを誘導してあげたのですから、そのような配慮が床上手に結びつくのかもしれませんわね。

あたしも、せいぜい、相手の男性に征服欲を満たして自信をつけさせるような女になりたいと思いますわ。
あなたは、どう思いますか?

とにかく、面白い話がまだ続きます。
あなたもどうか、また、あさって読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。


(byebye.gif)


メチャ面白い、

ためになる関連記事




(linger49.gif)

■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』


(ebeach2.jpg)

■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』



(bare04e.gif)

こんにちは。ジューンです。

芋の子を洗う


(imo-jiru3.jpg)

  「芋の子(里芋)汁」

あなたも聞いた事があるでしょう?

満員電車やダンスパーティーなどで、

人と人が触れ合う、または動きがとれない。

そう言う状況を“芋の子を洗う”ようだと

比喩的に言うことがありますよね。

でも、これを英語で何と言うのでしょうか?

残念ながら、そのものズバリの言い方は無いようです。

似たような言い方に次のようなものがあります。

We're packed like sardines.

(まるで缶詰めのイワシみたいに

ぎゅうぎゅう詰めになっている。)



(sardines2.jpg)

ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。



(bbq01.gif)


(byebye.gif)

  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月09日

エマニエル夫人とチャタレイ夫人


  
エマニエル夫人とチャタレイ夫人






『ロマンポルノ第3部と第4部』は

不思議な事に

小百合さんが「チャタレイ夫人の恋人」を観て

感じたことに対する疑問や驚き。。。

なぜ?どうして。。。?

その事に僕が答えているのですよう!

マジで。。。

「やらし〜 かったね。 森の中」

小百合さんはそう言っているけれど、

僕の『ロマンポルノ』は

もっともっとロマンチックで

小百合さんがムカつきながらも

わくわくドキドキしながら、

きっと、うれしくなって読めますよう!

とにかく、小百合さんの質問の答えは

マジで『ロマンポルノ 第3部と第4部』で

書いたのですよう。

小百合さんのこのメールを読む前に!!

不思議な事ってあるもんだね?

とにかく、今日中に

ビーバーランドにアップするから、

明日には小百合さんに

パスワードを知らせます。





投稿日時: 2008/09/05 07:32 (ロンドン時間)
日本時間: 9月5日 午後3時32分
バンクーバー時間: 9月4日 午後11時32分



う〜ん
デンマンさんの『ロマンポルノ』
時間を作って ゆとりある時 読みます。

映画も本も その人の 受け止め方で、かなり違います。
素直に同じ気持ちで受け止めるか、
また 正反対になるか。
最近は本を選んでも 自分に 今読んでいいか?
自分にあっているのか? 考えてから 始めます。

やっぱ 「チャタレイ夫人の恋人」ですか
昔の やらP− 映画は 詳しくなく、
『軽井沢夫人』も 今も良く内容がわからないのですが
ケーブルTV の映画部門のチャンネルで 銑い鬚澆泙靴拭
(「チャタレイ夫人の恋人」です)

ショックで ショックで 9月2日〜5日まで見ながら…
でも、今のイヤな事を 忘れさせてくれました。


そうですよう。そうですよう。
映画も小説も“今一つの世界”に見る人、読む人を誘ってくれますよう。

そうやって、誰もが“今一つの世界”がある事を知るのですよう!

軽井沢の別荘は、小百合さんにとって物理的な“今一つの世界”だけれど、

『小百合物語』と『ロマンポルノ第3部と第4部』は

小百合さんにとって精神的な“今一つの世界”になるだろうと思います。

その中で、小百合さんの40代、50代、60代の夢とロマンを考える事ができるのですよう!


良かったのか 悪かったのか、のめり込んで見てました
大人の目で見てみると シーンの
1つ 1つ が 大人用に 映っているなーと
昼 一人で 見られました。 

デンマンさんはどう思った?
ブログでは書かなくてイイから、私に答えてみて。
10月でもいいです。
忙しいデンマンさんへ

小百合より



それにしても
やらし〜 かったね。 森の中…




そうです。そうです。
『ロマンポルノ 第3部と第4部』も小百合さんがのめり込むようにして読めると
僕は確信を持っていますよう!

だから、昼間、時間があって一人の時に読んでね。
理想的には、一人だけになった深夜に読むのが一番ですよう!



デンマンさんはどう思った?
ブログでは書かなくてイイから、私に答えてみて。


「チャタレイ夫人の恋人」は、現在では純文学のカテゴリーに入っているようですよう。
つまり、本を読むと、現代の感覚では、それほどエロくないのですよう。
僕も初めて読んだとき、思ったほどエロくないのでがっかりしましたよう!

つまり、「夫人の立場に置かれた時に、あなたならどうしますか?」

そのことを読者に問いかけているのですよね。。。

映画では、半分以上がファンタジーになっていますよう。
つまり、映画では小説と違って『エマニエル夫人』のような詩的映像になっている。
森の中のシーンも詩的映像になっていますよう。

小百合さんは「やらし〜 かったね。 森の中」と言うけれど、
あのシーンが一番良かったよう!
うしししし。。。マジで。。。






エロスと夢とロマン!
僕は、それを感じました。

その“エロスと夢とロマン!”を『ロマンポルノ 第3部と第4部』でも再現していますよう!
つまり、僕と小百合さんの「チャタレイ夫人の恋人」になっているのですよう!
小百合さんのメールを読みながら、僕は本当にびっくりしています。

以心伝心!

あるんですね?


(チャタレイ夫人の恋人)
ショックで ショックで 9月2日〜5日まで見ながら…
でも、今のイヤな事を 忘れさせてくれました。


このとき、僕は一生懸命に『ロマンポルノ第3部と4部』を書いていたのだけれど、
読み返すと、確かに
僕と小百合さんの「チャタレイ夫人の恋人」になっているのですよう!
小百合さんもじっくりと読んでみてください!
きっと、ムカつくけれど、うれしいようなドキドキするような驚きだと思いますよう!

でも、『ロマンポルノ第3部と第4部』は40代を迎えた妻が自分の人生を振り返って“本当の人生”を考えると言う“夢とロマンのポルノ”です。

もちろん、ロマンポルノだから、ショッキングでポルノチックなところがあって、
僕のポルノの好みと小百合さんのポルノの好みが違ってしまって、
小百合さんが具合が悪くなる事も充分考えられます。

でも、僕は小百合さんが『エマニエル夫人』を観た、と言う事実を念頭において書いていたから、小百合さんが具合が悪くなって寝込んでしまうと言うようなことはありませんよう。(爆笑)


とにかく、今夜、もう一度読み返してビーバーランドにアップします。
明日には小百合さんにパスワードを知らせることができると思います。

とにかく、小百合さんと再会できなかったら
『小百合物語』も、『ロマンポルノ』も書けなかった訳だから、
僕は、小百合さんに心から感謝していますよう。

ありがとう!

その気持ちもロマンポルノの中で書いています。

じゃあね。ば〜♪〜い。






投稿日時: 2008/09/05 23:51 (ロンドン時間)
日本時間: 9月6日 午前7時51分
バンクーバー時間: 9月5日 午後3時51分

『上流社会』スレッドより
ロンドンの 『ビーバーランド e-XOOPS』




■ 『セレブと碓氷峠 (2008年9月7日)』

おとといは、デンマンさんの祖先の男の人とあたくしの祖先の可愛い女の子が出会うと言うお話でしたのに、なんで急にエマニエル夫人とチャタレイ夫人になってしまうのでござ〜♪〜ますか?



卑弥子さんは不満ですか?

だってぇ〜、日本文学史上有名な『更級日記』が出てきて、せっかく格調高くなったのでござ〜♪〜ますわ。平安時代の上流社会を垣間見るようなお話でござ〜♪〜ましたわ。

エマニエル夫人とチャタレイ夫人では、格調が低いのですか?

格調が低いと言っている訳ではござ〜♪〜ませんわ。でも、小百合さんだって、「それにしても やらし〜 かったね。 森の中…」と言っているのでござ〜♪〜ますわ。

つまり、エロいのですか?

小百合さんも、そのようなニュアンスを込めて言っているのだと思いますわ。

要するに、話題がエロくなるのが卑弥子さんには不満なのですか?

違いますわ。

一体、何が不満なのですか?

デンマンさんは、ぬけぬけと恥ずかしげもなく次のような事を書いているのですわ。


このとき、僕は一生懸命に『ロマンポルノ第3部と4部』を書いていたのだけれど、
読み返すと、確かに
僕と小百合さんの「チャタレイ夫人の恋人」になっているのですよう!
小百合さんもじっくりと読んでみてください!
きっと、ムカつくけれど、うれしいようなドキドキするような驚きだと思いますよう!


僕がこのようなことを書いては、いけないのですか?

いけませんわア!デンマンさんが2年ほど前にクラシックの事で言い争った太田将宏さんが読めば、きっと「いいきなもんだね!」と呆れてしまいますわよう。

つまり、太田さんが感心するような事を書かなければいけないのですか?

あたくしは、何も太田さんにこだわっているのではござ〜♪〜ませんわ。あたくしは、デンマンさんがヤ〜らしい事を書いて、ヤ〜らしい事が嫌だと言う小百合さんに読ませようとしている事が我慢ならならないのでござ〜♪〜ますわ。

要するに卑弥子さんは、ヤキモチを焼いているのですね?

違いますったらあああぁ〜。。。んもお〜〜〜

卑弥子さん。。。冷静になってくださいよう。確かに、「チャタレイ夫人の恋人」の森の中のシーンは小百合さんが言うように「それにしても やらし〜 かったね」と見えるかもしれない。



でもねぇ、このシーンは見る人によってはロマンチックだと受け留める人も居るのですよう。

デンマンさんは、ロマンチックだと受け留めたのですか?

そうですよう。「チャタレイ夫人の恋人」は、たびたび映画化されたけれど、2006年にフランス、ベルギー、イギリスの合作映画“LADY CHATTERLEY”を監督したフランス人女性のパスカル・フェランさんは、あの森の中のシーンについて次のように話しているのですよう。


実は、D・H・ローレンスが書いた「チャタレイ夫人の恋人」の原作には第3稿まであるのです。第1稿は草稿と呼ぶようなモノです。第2稿を経て、小説としても出版され、過去に3回映画化されいるのが第3稿なのです。そして今回4度目の映画化となる私の映画は一部でのみしか出版されていない第2稿を映画化したものです。
第3稿は登場人物たちが饒舌で、自らの行動を説明しすぎるきらいがあるのに対し、第2稿は秘密めいた部分を残しながらも、内面の変化が顕著に描かれていて感動的でした。

“人間がこの世に存在してから初めて語られるラブストーリーなのではないか”と思うほど純粋な愛の物語だと私は感じたのです。
お互いに裸になって花を飾り合うシーンは、2人の心が一体となったことを表しています。
また、雨の中を裸で走り回るシーンでは、子供のように喜びを体全体で表現しているのです。
どちらも原作にあり、私にとっても重要なシーンでした。
主人公たちの精神的な変化はもちろん、彼らが身体を触り合っている感触や、匂いまでも楽しめるような、五感に訴える作品にしたかったのです。


女流監督も、このように語っているように、あの映画はむしろ“純愛”物語なのですよう。けっして「ヤ〜らしいだけの映画」じゃないのですよう。その証拠に小百合さんだって引き込まれるように観て、次のように書いている。


(チャタレイ夫人の恋人)
ショックで ショックで 9月2日〜5日まで見ながら…
でも、今のイヤな事を 忘れさせてくれました。


このように、小百合さんだって見ながら感動した部分があったのですよう。

でも、それはヤ〜らしかったのでショックだったのでござ〜♪〜ますわ。

例えショックだったとしても、そのために、「今のイヤな事を 忘れさせてくれ」る程、小百合さんは映画の中に引き込まれていったのですよう。つまり、充分に感動できる映画だった訳ですよう。本当にヤ〜らしかったら、最後まで見ませんよう。小百合さんは9月2日から5日まで見たのですよう。

つまり、小百合さんは、やらしいと言いながらも4日間見たので充分に感動していた。。。デンマンさんは、そうおっしゃるのでござ〜♪〜ますか?

そうですよう。だから僕も小百合さんのために一生懸命に『ロマンポルノ』を書いたのですよう。

分かりましたわ。じゃあ、小百合さんにお見せする前に、まず、あたくしに読ませてくださいましなぁ。

ヤ〜ダヨゥ!

どうしてイヤなのでござ〜♪〜ますか?

卑弥子さんはヤ〜らしい所だけを拾い読みして、このブログで僕を非難するからですよう。僕はネットの世界で“ヤ〜らしい男”にされてしまうのですよう。

何が何でもあたくしには読ませないのでござ〜♪〜ますか?

小百合さんが読んで“良かったわ”と言ったら卑弥子さんにも読んでもらいますよう。

分かりましたわ。。。んで、小百合さんはどうして「チャタレイ夫人の恋人」を観ようと思い立ったのでござ〜♪〜ますか?

つい最近、僕は次のような“メール”をもらったのですよう。



投稿日時: 2008/09/05 07:41 (ロンドン時間)
日本時間: 9月5日 午後3時41分
バンクーバー時間: 9月4日 午後11時41分



以前 デンマンさんがエマニエル夫人を
調べて ブログに 出したとき
もうひとつ 話題にした 映画 なんでしたっけ?

どこら辺のブログを みたら いいか 分からなくて、
もう エマニエルは大丈夫よ。

もうひとつの方が ストーリーになっているとか、
ほめてたね。


うん、うん、うん。。。
確かに僕はそのような事を言ったですよう。

『エマニエル夫人』を見た日本人の多くは、あの映画にはストーリーらしいストーリはないと言う人が圧倒的に多いのですよう。
僕もそう思いますよう。
あの映画は詩的な映像、ロマンチックな映像で見る人をひきつけたようですよう。
もちろん、エロチックな映像もたくさんありました。

でも、感心させられるようなストーリー性は全くなかったと言っていいですよう。
つまり、あの映画を本で読むとしたら、何度も何度も読むような本ではないですよね。
エロチックなイメージがなかったら、あの映画は全くつまらないと僕は思います。

■ 『エマニエル夫人と山の家 (2008年2月6日)』

この記事の中では女性のコメントの中に『O嬢の物語』がでてきます。
この物語についても書いた覚えがあります。

でも、『チャタレイ夫人の恋人』だと思いますよう。
次の記事の中で書いてます。

■ 『愛と性のファンタジー (2008年2月7日)』

『レンゲ物語』の中で書いてます。
おそらく、小百合さんは『小百合物語』の記事を探したのでしょう?
だから、見つからなかったのでしょうね。

次のように書いています。



レンゲさんへの質問



2007-04-22 17:10

質問122: 
レンゲさんは性的欲求不満からヒステリーを起こした事がありますか?


ないですね。
セックスで満たされることとは、
精神的に満たされることなので、
肉体的欠乏感に苦しむことは、ないのです。
だってね…
わたしは自慰行為すらしたことがないんですよね。
しようとも思わないし。
セックスとは、愛する人との大切な
コミュニケーション
だから、
性欲をひとりで処理するのは、
わたしにとっては、無意味なのです。

質問126:
レンゲさんは、愛する人と一生一緒に
居る事が出来ると思いますか?




わたしには、誰かの人生に責任を持つほどの力がないと思うのです。
簡単にプロポーズを受けることもできません。
この世に絶対などなく、今の真実が未来において、
嘘になりうることもあるならば、
無責任な約束もできないのです…しょぼん。
少々、厭世感が強いのかもしれませんが、
この世のすべては、あまりにも無常なので…

質問129:
現在のレンゲさんに欠落しているものとは。。。?


欠落しているものがわからない。
そのことが、わたしに欠落しているものだと思います。

質問130:
その欠落部分はセックスのない愛で
埋め合わせる事が出来ると思いますか?


完璧にno!ですぅ。

質問133:
その欠落部分は輝かしいキャリアウーマンになる事で埋め合わせる事が出来ますか?
(恋人無し、愛人無しの独身で通す)


できないと思います。
社会生活での成功が、精神的な充足をもたらすとは思えないんですよね。




『悦楽の親密感 (2008年1月14日)』より




レンゲさんだって、こうして社会的な成功よりも精神的な充足感を願いながら生きているのですよ。。。そうでしょう?



こうして見せ付けられると、違うとは言えませんよね。。。それで、問題意識を持って生きる事が精神的な充足感をもたらすとデンマンさんはおっしゃるのですか?

あのねぇ、えっけん君のように『むだづかい日記』に愚痴をタラタラと書くよりは、『エマニエル夫人』の映画を観て、あるいは『チャタレイ夫人の恋人』の小説を読んで、感想や疑問を手記やメールに書いて思索にふける、あるいは意見を交換する。。。その方が精神的な充足感をもたらすと思いませんか?

ええ。。。確かに愚痴をタラタラたれるよりは前向きだと思いますわ。あたしと小百合さんは、そう言う点でも良く似ているとデンマンさんはおっしゃるのですか?

そうですよ。セックスシーンに当てられて、ただ驚いて居るばかりじゃなく、人生の糧(かて)になるようなものを見い出そうとしている事がレンゲさんの手記や小百合さんのメールから僕には感じ取れるのですよ。

それで、今日のタイトルの事ですけれど。。。デンマンさんは『エマニエル夫人』は愛と性のファンタジーだと思っているのですか?

そうですよ。結局、『エマニエル夫人』と言う映画は、時代の流れに乗って女性が女性のために書いた“愛と性のファンタジー”をフランスの監督が映画化したものですよ。僕は、そう考えているのですよ。

つまり、大人の女のメルヘンですか?

そうですよ。かなり衝撃的なメルヘンですけれどね。。。

なぜ、デンマンさんは、そのように考えるのですか?

まず、文学的には『エマニエル夫人』は『チャタレイ夫人の恋人』程のインパクトは無かったですよね。

なぜですか?

要するに“性のファンタジー”に偏(かたよ)りすぎてしまったので“ソフトコア、ロマンポルノ”として扱われていますよ。僕はそう見ているのですよ。

どうしてですか?

それは、レンゲさんが僕の上の質問に答えて言っていますよ。

セックスとは、愛する人との

大切なコミュニケーション


『チャタレイ夫人の恋人』を読むと、チャタレイ夫人が森の番人とのセックスを「愛する人との大切なコミュニケーション」と考えようとしているのが良く分かりますよ。多分、レンゲさんだってその影響を受けた訳でしょう?

エマニエル夫人は違うのですか?

全く違いますよ。エマニエル夫人のメンター(mentor)は老紳士マリオですからね。


老紳士マリオの性哲学



“文明人の性というのは複数セックスでなければならない。
単数のセックスではなく二人以上と肉体関係を持ちたい。
それも時や場所を選ばずに。
それを私は反文明のセックスと呼び、
そうした性の中にこそ真の喜悦を発見していくべきである。"




『エマニエル夫人』より


マリオの性哲学は「セックスとは喜悦を求めるための手段」と言うファンタジーですよ。

この老紳士マリオって、一体どういう人物ですか?

そのような人物が1960年代にバンコクのフランス人コミュニティに居たのでしょうね。でも、僕はこの人物は「エマニエル」を書いた作家・エマニエル・アルサンの分身だと思いますよ。


エマニエル・アルサン

(Emmanuelle Arsan)


1940年に生まれる。
フランスの女性作家。
生まれはタイのバンコクでタイ人女性のペンネームである。
元々は映画の脚本家。
16歳でフランスの外交官と結婚。
1968年ロバート・ワイズ監督で、スティーブ・マックイーン、リチャード・アッテンボローらが出演した映画「砲艦サンパブロ」に、マラヤット・アンドリアンヌ(Marayat Andriane)の名で出演し、メイリーの役を演じている。
その後、執筆活動に転じ、『エマニエル夫人』(原題は、単に「エマニエル」)で、一躍有名作家の仲間入りを果たした。
レズビアンや露出、自分の恋人を他の男性に抱かせたりといった、通常の男女の愛情表現としての性行為から外れた新しい愛のかたちを描いて、女性たちにも読まれた。

作品は、オランダ出身の女優、シルビア・クリステルの主演で映画化(「エマニエル夫人」)され、シリーズとして3作品作られ、その後数多くのリメイクが作られた。
アルサン自身も、『エマニエル夫人』の続編を執筆している。

その後の作品でも一貫して、男女の愛のかたちのさまざまを追求している。
女性の性意識に大きなインパクトを与えた作家であるが、その影響ほどには作品は日本では読まれていない。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


つまり、作家自身がファンタジーを書いたのですか?
  
そうですよ。自分の経験をもとにして、1960年代の“自由恋愛” “フリーセックス”の流れに乗って書き上げた作品だと僕は考えているのですよ。


【レンゲの独り言】



デンマンさんらしい考え方ですよね。
時代背景を考えているのですわ。
でも、本当にそうでしょうか?

ファンタジーとして片付けてしまっても良いのでしょうか?
あなたは、どう思いますか?

とにかく、あさって、あなたも、また読みに戻ってきてくださいね。
じゃあね。


『愛と性のファンタジー (2008年2月7日)』より


レンゲさんが言う通りですよう。
 
セックスとは、愛する人との

大切なコミュニケーション


『チャタレイ夫人の恋人』では、確かにセックスは愛する人とのコミュニケーションになっている。

でも、『エマニエル夫人』では、愛も無いのに快楽を求めるだけのセックスに終わっている事が多いですよう。

小百合さんも、そう思いませんか?

『ロマンポルノ 第3部と第4部』は、もちろん、そのテーマは“セックスとは、愛する人との大切なコミュニケーション”ですよう!

デンマンが亡くなっても、小百合さんがあの世に行っても、
『ロマンポルノ 第3部と第4部』は永遠にネットに残るようなもモノになるように頑張って書きました。

小百合さんも読むのを楽しみにしていてね。
 
すべて『ロマンポルノ』スレッドに書き終えたらパスワードを知らせます。

じゃあね。ば〜♪〜い。








投稿日時: 2008/09/05 10:09 (ロンドン時間)
日本時間: 9月5日 午後6時9分
バンクーバー時間: 9月5日 午前2時9分

『ネットカフェ』スレッドより
ロンドンの 『ビーバーランド e-XOOPS』

 
デンマンさんは『ロマンポルノ』を書いて、それを小百合さんに読ませて。。。んで、小百合さんを洗脳しようと考えているのでござ〜♪〜ますか?

あのねぇ、小百合さんは15や16の乙女ではないのですよう。40代ですよう。僕が小百合さんを洗脳してどうしようと言うのですか?

だから、軽井沢の森の中でヤ〜らしいことをするのでござ〜♪〜ますわ。

やだなあああぁ〜。。。卑弥子さんは僕以上に想像力が旺盛ですねぇ〜。。。

でも、デンマンさんだって次のように書いているではおませんか?


エロスと夢とロマン!
僕は、それを感じました。

その“エロスと夢とロマン!”を『ロマンポルノ 第3部と第4部』でも再現していますよう!
つまり、僕と小百合さんの「チャタレイ夫人の恋人」になっているのですよう!


僕は小百合さんと「チャタレイ夫人の恋人」を演じようとしている訳ではないのですよう。

。。。んで、何をしようとなさっているのでござ〜♪〜ますか?

英語に midlife crisis (中年の危機) と言う熟語がありますよう。小百合さんは、いわば人生の半ばまで到達して、改めて人生とは何か?愛とは何か?ロマンとは何か?。。。そういう事を考え始めているのだと思いますよう。

どうして、そのような事をおっしゃるのでござ〜♪〜ますか?

小百合さんは“メール”の中で次のように書いていたのですよう。



投稿日時: 2008/09/05 07:32 (ロンドン時間)
日本時間: 9月5日 午後3時32分
バンクーバー時間: 9月4日 午後11時32分



今週末は佐野の山小屋で 道の片づけ、木を切ったり
子供と BBQ もします。



炭をおこし お肉を焼いて、コーンを焼いて(これ好き)
ハンモックで1時間位 昼寝します。



デンマンさんも来たらいいのに!
な〜んて…、
でも、遠いね。

昨日の夜「四つの嘘」という 日本のドラマが最終回でした。


7月10日の21:00よりスタートする

新ドラマ「四つの嘘」。


40歳前後という人生の折り返し地点に立ち、自分の人生をそれぞれに生きる、今、話題の”アラフォー(Around 40)”。
このドラマでも、高校の同級生だった4人の41歳の女性たちが登場し、バンクーバーでの事故をきっかけに、それぞれの人生と家庭の秘密が暴露されていきます。
女の嘘と本音が織り成す、リアルでサスペンスフルな大人の辛口ドラマ。
人気の大石静さんの傑作長編小説を、大石さん自らが脚本化。永作博美さん、高島礼子さん、寺島しのぶさん、羽田美智子さんという、4人の豪華女優陣がパワフルに競演します。

都内各所では、「四つの嘘」の巨大広告やポスターなどが登場し、さらに東京メトロ全線に、車内吊りポスターもお目見えして、ますます期待が高まる新ドラマ。

バンクーバーで6月にロケを敢行。あいにくのお天気だった日もあったようですが、ドラマの中で、たびたびバンクーバーが登場しますので、ぜひお見逃しなく!

Source: http://www.hellobc.jp/blog/archives/00304.html




バンクーバーが出てきました。
もっと もっと バンクーバーを 見たかったのですが、
途中東京がほとんどになり、物足りなかった。

でも、久しぶり の 景色になつかしく、
木曜 夜9時の1時間はドキドキでした。


うん、うん、うん。。。
面白そうだね。
僕も小百合さんと一緒に見たかった!

『ロマンポルノ第3部と第4部』は、40代を迎えた妻が自分の人生を振り返って“本当の人生”を考えると言う“夢とロマンのポルノ”です。
マジで。。。

小百合さんと再会できなかったら
『小百合物語』も、『ロマンポルノ』も書けなかった訳だから、
僕は、小百合さんに心から感謝していますよう。

ありがとう!

その気持ちもロマンポルノの中で書いてます。

じゃあね。ば〜♪〜い。




 



投稿日時: 2008/09/05 02:02 (ロンドン時間)
日本時間: 9月5日 午前10時2分
バンクーバー時間: 9月4日 午後6時2分

『上流社会』スレッドより
ロンドンの 『ビーバーランド e-XOOPS』


分かるでしょう?小百合さんは、改めて40才からの人生を考えているのですよう。

。。。んで、デンマンさんは。。。?

僕は、小百合さんとの出会いを大切にしようとしているのですよう。


【卑弥子の独り言】



ですってぇ〜。。。
小百合さんとの出会いを大切にする事は一向に構いませんけれど、
あたくしとの出会いは、どうなのでござ〜♪〜ましょうか?

■ 『セレブと碓氷峠 (2008年9月7日)』

おとといのお話ですと、デンマンさんとあたくしの間には千年にも及ぶご縁があるのでござ〜♪〜ますわ。
小百合さんとデンマンさんが初めて出会ったのは、わずか10数年前でござ〜♪〜ます。
だから、デンマンさんにとって、あたくしとの出会いの方がもっと大切だと思うのでござ〜♪〜ますわ。
あさっては、この点について突っ込もうと思っております。

とにかく、メチャ面白くなりそうですわ。
あなたも、ぜひ、また戻ってきてくださいましね。
では、あさってお会いしましょう。
じゃあねぇ。






ィ〜ハァ〜♪〜!

メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に

別荘を持つことを夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

わたしも「チャタレイ夫人の恋人」は何度か観ましたわ。

いつ観ても感動的です。

ええっ?どういうところが。。。?

フランスの女流監督パスカル・フェランさんも言ってますよね。

お互いに裸になって花を飾り合うシーンは、

2人の心が一体となったことを表しています。

また、雨の中を裸で走り回るシーンでは、

子供のように喜びを体全体で表現しているのです。

確かに本で読むよりも、さらにロマンチックなものが

スクリーンに表現されているような気がします。

あなたも映画に関心があったら

是非、次のリンクをクリックして覗いてみてください。

■ 『「チャタレイ夫人の恋人」 映画案内』



では、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年09月06日

肉体と愛の背景

 
 
肉体と愛の背景






ではお答えいたします。




2007-04-22 17:10

質問115:
愛の営み(愛する人とのセックス)に夢中になれる人となれない人が居ますか?


夢中になれないセックスと、
愛のないセックスは
ほぼ同じだと思います。
なので、セックスとは愛ありき。
それって、あくまで理想ですけどね(苦笑)

質問117: 
レンゲさんは清水君と坂田さんの二人と関係を持っていますが、同じような関係にめれんげさんが身をおいたとして、二人の男と関係を持つ事に違和感がありますか?


もちろん!
どっちつかずな関係から、何が得られるのか?
レンゲさんは、自らのセックスの質を
落とすような性行動をとっていると思います。

質問118: 
めれんげさんの場合、清水君に求める愛と坂田さんに求める愛はどういうものですか?


うーーーん??
恋愛で求めるものを、
複数の人に分散はできないですね。
「相手のことが好き」
わたしはそれしか考えていないのです。

質問119: 
めれんげさんの場合、清水君から愛される愛と坂田さんから愛される愛は、どういうものを期待しますか?


むむむむむむ…。
「おたがいに理解しあって、誠実でありましょう」
誰に対しても、そう思います。

質問120: 
めれんげさんが16才当時、坂田さんのような人は居なかったのですか?つまり、レンゲさんのような愛し方で男性にアプローチした事はないのですか?
要するに、包容力のある男の愛を求めていたとか。。。?


まったくなかったです…
同級生に片想い。
告白する勇気もない。
包容力なんてことを意識するほど、
精神的に早熟ではありませんでした。

質問121:
それよりも、むしろ、知的好奇心からセックスにはまったのですか?


「はまった」は、言いすぎですよおー。コラッ!!
でも、知的好奇心を満たすことが、
初体験の目的でした。

質問122: 
めれんげさんは性的欲求不満からヒステリーを起こした事がありますか?


ないですね。
セックスで満たされることとは、
精神的に満たされることなので、
肉体的欠乏感に苦しむことは、ないのです。
だってね…
わたしは自慰行為すらしたことがないんですよね。
しようとも思わないし。
セックスとは、愛する人との大切な
コミュニケーションだから、
性欲をひとりで処理するのは、
わたしにとっては、無意味なのです。

質問123: 
大人の体になってから、とりわけ“したい”と思わなくなったと書いていたけれど。。。
それは、性欲が衰えたわけじゃないでしょう?
要は、やりがいのある充実した満ち足りたセックスをしたいと言う事だと思うのだけれど。。。、
つうことわあああ。。。10代の頃は好奇心と性の目覚めでセックスのためにセックスをしていた事もあるわけ。。。?


はい!
新しい遊びを知った子供のようでしたね…
恋愛自体には、おくてでしたから、
恋愛とセックスを結びつけて考えてませんでした。
…と書くと、ひどい遊び人のようですが、
若気のいたりと、受け止めてください…

質問124:
最近のめれんげさんは寂しくなってセックスしたい、なんて思うことはないですか?


さすがに学習しましたよ!
寂しさを埋めるためにセックスしたとしても、残るのは、虚しさやらバカバカしさだけ。
そんなセックスは、愚か者の自慰みたいなもの…
というのが、わたしの考えです。

質問125:
愛を基盤にしたセックスこそ、めれんげさんにとって重要なはず。
現在、めれんげさんはセックスの基盤になる“愛”人が居ますか?


いるような、いないような…(あいまいやなあ)
ただ、愛のないセックスは、しませんね!

質問126:
居るとするならば、その愛人とも、やっぱり一生一緒に居られるとは思わないのですか?
居ないのであれば、そのような相手が居ると想定した時に、めれんげさんは、その人と一生一緒に居る事が出来ると思いますか?


わたしには、誰かの人生に責任を持つほどの力がないと思うのです。
簡単にプロポーズを受けることもできません。
この世に絶対などなく、今の真実が未来において、嘘になりうることもあるならば、無責任な約束もできないのです…しょぼん。

質問127:
一生一緒に居られそうもないというその理由は。。。?
めれんげさんが性格的に飽きっぽいからなのか。。。?
より良い相手を探すために自由で居たいためか。。。?
ただ単に“束縛感”を嫌うためなのか。。。?
過去に相思相愛のカップルが別れたのをたくさん見てきたので、めれんげさん自身、一生相思相愛で居ることが不可能と思えるのか。。。?


上記でのこたえが全てです…
少々、厭世感が強いのかもしれませんが、この世のすべては、あまりにも無常なので…

質問128:
セックスから愛が生まれる事もある、とめれんげさんはかつて書いていたけれど、最近はどうですか?
セックスを基盤にした愛があると思いますか?
あるならば、それを信じる事が出来ますか?


むむむ。
これはペンディングにさせてくださいませー。

質問129:
現在のめれんげさんに欠落しているものとは。。。?


欠落しているものがわからない。
そのことが、わたしに欠落しているものだと思います。

質問130:
その欠落部分はセックスのない愛で埋め合わせる事が出来ると思いますか?


完璧にno!ですぅ。

質問132:
その欠落部分は愛とセックスの両方がないとダメなのか?
(めれんげさんは欲張りね!うへへへへ。。。両方欲しいと言うに決まっているよね?)


それも違うと思います…

質問133:
その欠落部分は輝かしいキャリアウーマンになる事で埋め合わせる事が出来ますか?
(恋人無し、愛人無しの独身で通す)


社会生活での成功が、精神的な充足をもたらすとは思えないんですよね。
答えは自分の中にしかないのですから。

質問134:
その欠落部分はお金持ちと結婚する事で埋め合わせる事が出来ますか?


それも、外的なことですよね。
リッチな生活はしたいですけどね!

by めれんげ




『愛と性と脳』より
 (2007年4月23日)






なんで、今日、デンマンさんは、めれんげさんとの問答を取り上げたのですか?



今日もレイモン・ラディゲの「肉体の悪魔」の事について書こうと思ったのですよう。でも、何から書き始めて良いのかちょっと迷った。

それでどうなさったのですか?

もともとレイモン・ラディゲの「肉体の悪魔」は、めれんげさんが好んで読んでいたので取り上げた小説なのですよう。


レイモン・ラディゲ

(Raymond Radiguet)




1903年6月18日にフランスはパリの郊外、サンモール・デ・フォッセで生まれる。
1923年12月12日に、まだ20才なのに腸チフスで亡くなる。
フランスで生まれた小説家、詩人。

生涯

幼少の頃は学業優秀でならすものの、思春期にさしかかる頃から文学にしか興味を示さなくなり、学業そっちのけで風刺漫画家として活動していた父の蔵書を読み耽るようになる。
そのときフランス文学の古典の魅力にとりつかれる。

14才の頃、『肉体の悪魔』のモデルとされる年上の女性と出会い、結果として不勉強と不登校のため学校を放校処分になる。
その後、自宅で父親からギリシア語とラテン語を習いながら、徐々に詩作に手を染める。

15才の時に父親の知り合いの編集者のつてをたどって知り合った詩人のマックス・ジャコブに詩を評価され、同じ詩人のジャン・コクトーに紹介される。
コクトーはラディゲの才覚を見抜き、自分の友人の芸術家や文学者仲間に紹介してまわる。
数多くのコクトーの友人との交友を通して、ラディゲは創作の重心を徐々に詩作から小説に移しはじめ、自らの体験に取材した長編処女小説『肉体の悪魔』の執筆にとりかかる。

途中、詩集『燃ゆる頬』、『休暇中の宿題』の出版や、いくつかの評論の執筆を行ないつつ、「肉体の悪魔」の執筆を続行。
数度のコクトーを介した出版社とのやりとりと改稿の末に、ベルナール・グラッセ書店から刊行される。
このとき出版社は新人作家対象としては異例の一大プロモーションを敢行したため文壇から批判を浴びるが、作品は反道徳的ともとれる内容が逆に評判を呼びベストセラーとなり、ラディゲは一躍サロンの寵児としてもてはやされることになる。





ミシュリーヌ・プレールと

ジェラール・フィリップ

■ 『肉体の悪魔』 (映画紹介)



「肉体の悪魔」で得た印税を元手に、コクトーとともにヨーロッパ各地を転々としながらも、ラディゲはすでに取りかかっていた次の作品『ドルジュル伯の舞踏会』の執筆を続行。
同時に自分がこれまで書いた評論などの原稿や詩作を整理しはじめる。

1923年11月末頃に突如、体調を崩し腸チフスと診断され入院。
病床で「ドルジュル伯」の校正をしながら治療に専念するが、快方には向かわずそのまま20才の短い生涯を閉じる。

遺作の「ドルジュル伯の舞踏会」は、死後出版された。
コクトーはラディゲの早すぎる死に深い衝撃を受け、その後およそ10年にわたって阿片に溺れ続けた。

フランス文学界での位置づけ

ラディゲのフランス文学史全体における位置づけは、作家としての活動期間が短かく、作品の本数も少ないせいもあってか決して高くはない。
しかし処女小説「肉体の悪魔」は、題材のセンセーショナルさに溺れることなく、
年上の既婚者との不倫に溺れる自らの心の推移を冷徹無比の観察眼でとらえ、
虚飾を排した簡潔な表現で書きつづったことで、
今日もなお批評に耐えうる完成度に達している。

「ドルジュル伯の舞踏会」に至っては、
ラディゲ自らが参考にしたとしているラファイエット夫人の『クレーヴの奥方』を、
高度に文学的な手腕で換骨奪胎し、
別の次元の「フランス心理小説の傑作」に仕立て上げている
ことからも、
「夭折の天才」の名にふさわしい文学的実力の持ち主であったことが容易に推察される。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


レンゲさんも時々読み返すと言ってましたよね。

あたしも好きな小説ですわ。

めれんげさんは特に心理描写が好きなようですよう。それで、“心理 めれんげ”と入れてグーグルで検索してみようかと思ったのだけれど、それよりも「肉体の悪魔」について書くのだから、めれんげさんが“肉体”と言う言葉を使って詩を書いているだろうか?そう思ったわけですよう。

それで、“肉体 めれんげ”と入れてグーグルで検索したのですか?

そうなのですよう。その検索結果を見てください。


“肉体 めれんげ”の検索結果

Results 1 - 100 of about 677

for 肉体 めれんげ




1) 徒然ブログ:肉体の誘惑

2008年8月17日 ... でも、めれんげさんの短歌を持ち出してきて、それに対してデンマンさんが詠んだ返歌を並べただけですよね?
そもそも、レイモン・ラディゲの「肉体の悪魔」を持ち出したのは、めれんげさんなのですよう。 それで、めれんげさんを紹介する ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/51340601.html - 39k

2) 徒然ブログ:愛と性と脳

初体験の目的でした。
質問122: めれんげさんは性的欲求不満からヒステリーを起こした事がありますか?
ないですね。 セックスで満たされることとは、 精神的に満たされることなので、 肉体的欠乏感に苦しむことは、ないのです。 だってね… ...
http://blog.livedoor.jp/barclay1720/archives/50762988.html - 28k


3) 肉体の悪魔 宇宙の摂理ブログ

ラディゲの「肉体の悪魔」でも読もうかと 考えています(^ω^)
「肉体の悪魔」は、 ずっと前に読んだのですが、 やたらおもしろかったことを おぼえています わたし、 最近書けないんです(ノд<。)゜。 めれんげサバイバルで書いていた ...
http://barclay.wablog.com/2177.html - 115k

4) 肉体の渇望 PART 1

デンマンのブログ 肉体の渇望 レイモン・ラディゲの『肉体の悪魔』を 読もうと思っている人は ネタバレに注意! きみ知らぬ頃 きみ知らぬ 頃の我が身を 忘れ去り 生まれ変わりて 愛と言いたし by めれんげ 2008.08.08 Friday 14:44 ...
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/7712f34ad8562c71dd053309af485e8d - 70k

5) 肉体の悪魔 PART 1

デンマンのブログ 「肉体の悪魔」は、 ずっと前に読んだのですが、 やたらおもしろかったことをおぼえています わたし、最近書けないんです(ノд<。)゜。 めれんげサバイバルで書いていた「 猫小町手習い日記」も全然進まないし… スランプかな? by めれんげ ...
http://blog.goo.ne.jp/denman/e/7ea6b37ed5fbb68511975d9d5cc0ba94 - 67k

6) Yahoo!ブログ - サクラ色のめれんげ

2008年9月1日 ... 鋼の錬金術師 えどうぃん推奨中です☆★☆ (鋼の錬金術師 エドウィン サクラ色のめ れんげ) ...
肉体に戻ってこの言葉もういっかい言って欲しいョ。 えどうぃん推奨派としても大満足な20巻でした。 でももうちょいでやっぱ終わり ...
http://blogs.yahoo.co.jp/edwin_fma503 - 24k

7) 肉体の渇望

レイモン・ラディゲの『肉体の悪魔』を 読もうと思っている人は ネタバレに注意! きみ知らぬ頃 きみ知らぬ 頃の我が身を 忘れ去り 生まれ変わりて 愛と言いたし by めれんげ 2008.08.08 Friday 14:44 『即興の詩 きみ知らぬ頃』より 心理描写 ...
http://www.edita.jp/uchu705/one/uchu705733.html - 25k

8) 肉体の悪魔

レイモン・ラディゲの『肉体の悪魔』を 読もうと思っている人は ネタバレに注意! 残り香 ひとり寝る 夜の長さよ 寂しさよ 枕に残り香 涙をさそう by めれんげ 2008.08.13 Wednesday 00:21 『即興の詩 残り香』より 愛の正体 う〜〜ん。 ...
http://www.edita.jp/uchu705/one/uchu705728.html - 25k


9) めれんげの原材料

What makes Merange?
わたくし、めれんげのネタ帳で〜す。 様々なモノをヲチしますよ! 随筆、日記、主張その他、なんでもありってことでw. ... 肉体が滅んでいくだけじゃないのか? 魂? 霊魂? それは、死ななきゃわからへんよなあ。 「神さま」早く教えてくれよう。 ...
http://ameblo.jp/merange/page-3.html - 65k


(2008年9月4日午前5時現在)




『“肉体 めれんげ”のGOOGLEでの検索結果』より


結果を見たら、上位の9つのうち6番目と9番目を除いて僕のブログの記事なのですよう。

デンマンさんは、相変わらずめれんげさんのことに付いて書いていると言うことですよね。。。それで、どうしてめれんげさんの問答を選んだのですか?

トップに表示された記事『肉体の誘惑』は、最近書いたものですよう。だから、取り上げる気にならなかった。

それで2番目の記事を覗いてみた訳ですか?

そうですよ。そうしたら、結構面白い記事だったのでこのページに取り上げる気になったと言う訳です。

それで、その事とタイトルがどのように関係しているのですか?
 
 
肉体と愛の背景
 
 
僕はただ漠然とタイトルを付けたのですよう。とりわけ思い入れがあったと言う訳ではなかった。「肉体の悪魔」から“肉体”を取り上げ、でも、それだけでは何となくエロい感じがするので“愛”をくっつけて、それで「肉体の悪魔」の日本語版の映画についてレンゲさんと語ろうと思っていたのですよう。

「肉体の悪魔」の日本語版の映画があるのですか?

あるのですよう。

初耳ですわ。いつ頃日本で作られたのですか?

かなり前ですよう。日活ロマンポルノで「肉体の悪魔」が取り上げられたことがあった。

その映画の事で今日お話しするのですか?あたしも興味がありますわ。ぜひ、そのお話を聞きたいですわ。

でも、それは別の機会に譲ります。

どうしてですか?

上のGOOGLEの検索結果に、めれんげさんのサイトが9番目に現れたのですよう。

アメブロですわね?

そうです。めれんげさんも結構ブログをたくさん持っているのですよう。でも、不正アクセスされたり、パソコンが使えなくなったりしたから、常に更新している訳にもゆかなかった。めれんげさんがアメブロにブログを持っていることは知っていたけれど、どんなブログなのか?まだ見たことがなかった。

それで覗いてみたのですか?

そうなのですよう。長くなるけれど、めれんげさんの記事に感動したので、ここに書き出しますよう。



2006-11-06 17:57:49 posted by merange

会いたい人たちのいる場所なのか?

(テーマ:ブログ)



いまだに
聴いたら泣けてくるもん

めっちゃ好きなんやけど、 
NIRVANAのCD、聴けません。
とちゅうで、悲しくなってきて、
聴くのやめてまうねんわ。

ああ・・・。



死んでしまった人たち、犬ちゃん、猫ちゃん。
涅槃へ行けば、会えるのか?
死ぬってことは、生命活動の停止ってことちゃうの?
肉体が滅んでいくだけじゃないのか?

魂?霊魂?
それは、死ななきゃわからへんよなあ。
「神さま」早く教えてくれよう。
あんたが実在するって、信じられたらなあ・・・
「苦しい時の神頼み」っていう発想すらないねんわ。
         
死んでからじゃ
遅いんですけど。






2006-11-05 11:44:58 posted by merange

仲良きことは美しき哉・・・orz

(テーマ:かく語りき・・・)



そりゃあ、戦争も差別もなくなるわけないよな。
偏見を捨てられなきゃ、客観的な物の見方ができるはずないしさ、
再評価してみようって気も起きへんもん。

ある出来事がきっかけとなって、不信感が芽生える。
そこから先、憶測が事実とすりかわっていく。
「悪意」を意識するのも、たやすくなる。
それが、思い違いであったとしても、
対象への印象が、主観的なもので埋められていく。
つまり、偏見が生まれる。
コミュニケーションを避けつづければ、
ネガティブな気持ちが解消されないまま、
最終的には嫌悪感を覚えるのも無理はないこと。
                
誰一人として、他人を理解できる人間なんか、
おらんのとちゃうん?
状況によって、手のひら返すのも平気な人間は、
いくらでもいると思うわ。

自分のプライドや、立場や習慣を守るために、
他人への思いやりを忘れてしまうのも、
そんなに嘆かわしいことでもないと思うのが、
大人の考えなんかもしれへん。
本音とタテマエを使い分けて、人間は社会生活を送ってるんやから。

一度、偏見持たれたら最後・・・

ってことも、覚悟しとくべきなのか?
わたしゃ、偏見を持たないように生きていくさ。

・・・自戒の意味も込めてやねんけど。

争いなんて、したいわけないやん・・・
        
誰だって、そうやと思うねんけどなあ・・・

あーーーー!もうロケットダイブ!




2006-11-02 18:08:07 posted by merange

ちょいとマジな話やねんけど・・・

(テーマ:日記のつもり)



反省しきり。

わたし気がついたんやけど、
自分のことをずーっと考えてくれてる人の気持ちを、
もっと冷静になって、考える必要があったよ・・・
    
固定観念にしばられて、自分の尺度で相手のことを、
評価するのは、あまりにも心のせまいことやった。
人それぞれの個性を考慮せずに、
好きだの嫌いだの、いいとか悪いとか、
決め付けたまんまで、態度を硬化させて、
そのまんまで、再考しようともしなかった自分は、
なんちゅー視野のせまい人間やったことか。

いくら相手に理解を求めても、いっこうに気持ちがつたわらないことがある。
それはお互いの個性が、相容れないものであって、
どれだけの言葉をつくしても、関係は平行線のまんま。
まして相手が他人の性格や表現様式を、理解できなければ、
気持ちをつたえることは、あまりにもむずかしい。



わたしは長年、固定された評価でしか、
その人の自分への気持ちを考えずにいた。
確かに人間として、相容れない部分はある。
でも、自分のものさしで、その人を判断して、
その判断を、見直そうともせずに態度を硬化させたままだった。
人それぞれの表現法や、思考の違いを考慮せずに、
一度拒絶の気持ちを持ったら、それを頑なに変えようとせず、
そのままで、思考をストップさせたままだった。

自分のことを、どんなかたちであれ、
考え続けてくれるということの意味を、
もっと尊重すべきだったことに、ようやく気がついた。

あらためて「ごめんなさい」と言います。
少なくとも、あなたを精神的に
拒絶することをやめます。
わたしの存在を忘れずにいてくれる人が
いるということを、
素直に受け入れるようにします。
それ以上のことは、
わたしにはできないけれど、
感謝の気持ちを忘れないようにしようと思います。







【デンマン注】 原文には全く手を加えていませんが
構成、背景や画像はデンマン流に変えてあります。


『めれんげの原材料 (第3ページ)』より


これは、もしかして、めれんげさんがデンマンさんと仲直りをするきっかけになった記事ですか?

そうだと思いますよう。この記事の事でめれんげさんと話したことはないけれど、ちょうど同じようなメールを僕はもらった事があるのですよう。

つまり、「ごめんなさい」のメールですか?

うん、うん、うん。。。「ごめんなさい」と言うよりも「わたしのことをずーっと考えていてくれて、ありがとう」と言う、めれんげさんの感動がにじみ出ていましたよう。

このページの冒頭に載せた問答は、仲直りした後でデンマンさんがめれんげさんに尋ねた質問ですか?

そうですよう。実は、怒られたのですよう。

どうして。。。?

この問答は極めて個人的なものでネットで公開して欲しくなかったと。。。

それなのにデンマンさんは独断で公開してしまったのですか?

そうなのですよう。でもねぇ、めれんげさんって。。。思っていることは言わねばならない。。。書かねばならない。。。そういう衝動を持っている。。。僕はそう思っていたのですよう。。。

表現者なのですわね?

その通りですよう。事実、それを裏書きするように、めれんげさんの上の記事に、僕は、ほぼ2年ぶりに出会った。

めれんげさんも、この記事を読んだら感慨無量でしょうね?

。。。だと、僕も思いますよう。

それで、この記事の中で紹介したのですか?

それも理由の一つですよう。

まだ他にも、めれんげさんの記事を紹介した理由があるのですか?

あるのですよう。上の記事を読んでいるとレイモン・ラディゲが「肉体の悪魔」の中で見せた心理描写を僕は思い出したのですよう。どうですか、レンゲさん。。。?すぐ上の記事を読むと、めれんげさんが、レイモン・ラディゲの熱烈なファンである事が分かるような気がしませんか?


【レンゲの独り言】



ですってぇ〜。。。

我田引水 (がでんいんすい)

なんだか、デンマンさんが強引にめれんげさんとラディゲを結び付けたような気がしますわ。

でも、めれんげさんの記事を読むと、確かに“心理描写”を感じさせられますよね。
記事というよりも心の内面を覗かせる日記を読んでいるような気がします。

とにかく、面白い話がまだ続きますわ。
どうか、また、あさっても読みに戻ってきてくださいね。
では、また。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

我田引水

わたしは良く分からなかったので

辞書で引いてみました。

自分の田に水を引くことから

「強引に自分の都合の良いように計らうこと」

と出ていました。

これを英語で何と言うのでしょうか?

“我田引水を図る”を英語に訳せば

次のように言えます。

One serves one's own interests.

でも、これでは諺らしくないですよね。

調べたら、次のような言い方がありました。

Every miller draws the water to his own mill.

この方が諺らしいですよね。

mill とは 製粉機です。

水車小屋の中の製粉機を想い描いてください。

miller とは 製粉業者です。

水車小屋のオーナーです。

つまり、どの水車小屋のおじさんも

自分の水車に水を引こうとする。

英語では我田引水をこのように言います。



ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月23日

不倫願望


 
 
不倫願望


あなたにも不倫願望がありますか?



こんにちは。みゆきです。

私は『レンゲのフォーラム』でモデレータをしているのですが、そこには2400件程の記事があります。

どのような言葉を検索してこのフォーラムに訪問者がやってくるのだろうか?

そういうことを調べてみたのですね。

そうしたら、「不倫」を検索して来られる方がたくさん居るので驚いたのです。

このフォーラムには不倫に関するスレッドはたったの一つしかありません。
『不倫の悦びと苦悩』というものです。

■ http://denman.w8.oroti.com/renge2/tree.php?all=211

それなのに、このスレッドを訪れる人がたくさん居るのです。
他のスレッドはどのようなものかというと。。。

■ 日本人から国際人へと脱皮するには、どうしたらよいのでしょうか?
■ 権利だけを守り義務を無視するレンゲさんに対する
  厳重な抗議と警告、及び忠告!
■ 愚劣で卑怯な「てんね君」とその愚かな仲間たち
■ ネット社会に出現する複雑な人間像
■ 日本って世界的に見て本当に住み良い国なんでしょうか?
■ いい年になっても愚かな人が増えていますよね。
  これだから「病んでいる日本」がなかなか良くならないんでしょうねェ〜。
■ 日本人から国際人へと脱皮するには、どうしたらよいのでしょうか?
■ ネチケットが守れないチェイサーからの愚かな警告文
■ 利己的で意味のない投稿は、どこまで許されるのでしょうか?
■ 批判、批評、誹謗、中傷とは?あなたは批判がどういうことだか
  分かっていますか?
■ キチガイ<の>ウォッチャー君の登場
■ 48歳になる愚か者のYappa大先輩とのやり取りです。 
  ぜひ読んでくださいね。 とっても面白いですよ。
■ 日本を良くするということは分かるけれど、
  その変革のエネルギーはどこに?
■ Feces of Gold --- 実はWoman of Feces (クソ女) 
  という愚かなでしゃばり女の行状記
■ 商業主義に毒されて健全な批判精神が理解できない
  日本のプロバイダーが結構居ます。
■ 4歳女児が「愛を考える女=レンゲ」の書いたBLOGを
  削除してしまったんですよ。 

このように、けっこう面白そうなスレッドが他にもあるのですよね。
でも、不倫に惹かれてこのフォーラムにやって来る人がたくさん居ます。

不倫と言うのは、やはり誰にでもある願望なのでしょうか?
私はまだ結婚していませんから、「不倫」にはならないのですけれど、
恋人が居たとして、他の人に目移りがするか?というと、そのようなこともありますよね。
只、考えていることと実行に移すことの間には大きな違いがあると思います。

誰にでも、「不倫めいた気持ち」はあると思いますね。
只その幅が広いと思います。
考えてみることはあっても、とても一線を踏み越えることのできない人が圧倒的に多いと思います。

上の不倫スレッドの中で、「レンゲ」さんが次のように告白しています。




不倫と呼ばれる恋愛について、どんなイメージを抱かれますか?
わたしは女性として、相手の男性にパートナーがいるのに、
自分が彼の一番になれないのに、それに甘んじている女性の事を
“プライドはないの?”
“先(結婚という意味ではありません)がないのにばかげてる”
などと、どちらかというと軽い軽蔑感を持っていました。
でもわたしの身にも、それは訪れてしまったのです。


不倫した本人がこのように告白しています。
さあ、あなたにとって不倫とは何でしょうか?
レンゲさんは馬鹿げていると思っていたのです。
でも、そう思っていた人が馬鹿げたことの中に一歩を踏み出してしまった。。。。
あなたならどうするでしょうか?
ちょっと、上のスレッドを読んでみませんか?




『あなたにも不倫願望がありますか?』より
 (2005年7月21日)




デンマンさん。。。また、あたしの古い手記を持ち出してきたのですわね?これって、もう何百回となく引用していますよね。



僕が引用したのではなくて、みゆきちゃんですよう。

同じようなものですわ。デンマンさんが編集責任者なのですから。。。

古傷に触れられるようで、不倫の話題はレンゲさんは、もうこりごりなのですか?

不倫の話題を避けているわけではないですけれど、デンマンさんはどうして不倫にこだわるのですか?

僕がこだわっているのではなくて、みゆきちゃんが上の記事で書いているように、不倫を検索して記事を読みにやって来る人が以前から多いのですよう。

一昨日にも、そのことを話題にしましたよね。

■ 『不倫と検索 (2008年8月21日)』

そうですよう。だから僕は、くどくなると思ったので今日は別の話題を取り上げるつもりだったのですよう。

それなのに、どうしてまた不倫ですか?

8月20日に調べた「リンク元キーワード」を見てくださいよう。



不倫 松並良仁 いずみ朔庵

このキーワードが2位に躍り出てしまったのですか?

そうなのですよう。2日前に調べた時には、次のような結果だったのですよう。



この時には、わずかに 114 ヒットですよう。それが 55時間後には 585ヒットです。

松並良仁 不倫 いずみ朔庵

しかも、全く同じ組み合わせのキーワードまでがトップ10に入り込んできた。つまり、1時間に約10人の人が検索して『宇宙の摂理ブログ』に不倫の記事を読みにやってきたのですよう。

いつ頃から、このように増え始めたのですか?

8月11日に調べた時には、次の統計を見れば分かるように、どちらのキーワードも「リンク元キーワード」のトップ10に入っていなかったのですよ。



ところで、レンゲさんはキーワードに現れた二人の名前を聞いたことがありますか?

ありませんわ。デンマンさんのことだから調べたのでしょう?

さっそく調べてみました。日本語ウィキペディアに入れたら、どちらの名前も出てないのですよう。あまり有名な人ではない、と言う事が分かったのだけれど、それなのに、どうして検索する人がこれほど多いのか?

それで、何か手がかりがありました?

GOOGLEで“松並良仁”を入れて検索したら、なんと、ほとんどが上の組み合わせのキーワードが表示されるのですよう。でも、見て行くと次のようなエントリーがありました。


pomme's sketch book

Linkに松並良仁さんのblog matsu★bockrin ART roomを追加しました。
少し前だけど。 ... おすすめ♪ そして、イラストレーター松並良仁さんの個展が始まりました。 ...
blog.akashi-kyoko.com/ - 35k


イラストレーターなんですよね。

それでもう一人のいずみ朔庵さんの方は。。。?

GOOGLEで調べたら、次のようなエントリーがありました。


ほっこりブログ

徳 治昭 童画館イラストレーター童画作家キャラクター ...
お友達情報 いずみ朔庵 個展時代モノ. 121jpg.
関東の友人イラストレーター いずみ朔庵さくあんさんが京都で個展します
いずみ朔庵なんとも ... いずみ朔庵 個展時代モノ
2007年 11月1日木〜30日金 開催時間800〜1800ラストオーダー1730 ...
www.dougakan.net/mt/2007/10/post_31.htm - 10k


やはり、イラストレーターなのですね?

そのようですよ。この二人に共通するのは、どうやらイラストレーターだと言う事のようです。でも、どちらも男性のような感じがするのだけれど、不倫とこの二人がペアで現れるのは一体どういうわけなのか?

ちょっと謎めいてきますわね?デンマンさんは、どう思いますか?

この二人が描いた不倫のイラストを探しているのかもしれませんよね。

そうでしょうか?

これ以上詮索しても意味がないですよう。とにかく、不倫のテーマと、この二人のイラストレーターがある場所で話題になっているという事ですよ。
 
例えばどういう場所ですか?

上の2つのエントリーを見ると“個展”という言葉が出てくる。おそらく、不倫をテーマにした個展をオタク系のファンが探しているのですよう。僕の想像の行き着くところはこの程度です。

でも、デンマンさんは、おとといに引き続いて同じ話題を取り上げましたよね。

うん。。。そんですよう。。。やっぱり、不倫というのは人類の永遠のテーマだと思いますからね。。。みゆきちゃんが上の記事を書いた時にも“不倫”を検索して読みにやって来る人が多かったのですよう。つまり、何かきっかけがあると、急に検索する人が急増するのですよう。

それで、今回の場合は、イラスト関連のオタク系グループの間で松並良仁さんと、いずみ朔庵さんが描いた不倫のイラストが話題になっていると。。。?

僕の単なる想像です。とにかく、不倫というのは文学でも不滅のテーマですからね。

それで、デンマンさんが書いた『肉体の悪魔』の反響はどうですか?

■ 『“肉体の悪魔 デンマン” を入れて検索した結果』

8月19日に上のリンクをクリックして調べた時には、僕が『肉体の悪魔』について書いた記事が30ほど見つかったけれど、たった今(8月21日)クリックして調べたら、80ほどに増えていましたよ。『宇宙の摂理ブログ』で書いた記事は、3つ表示されています。




ミシュリーヌ・プレールと

ジェラール・フィリップ

■ 『肉体の悪魔 (2008年8月15日)』
【レンゲ物語】

■ 『肉体の悪魔 (2008年8月15日)』
【宇宙の摂理ブログ】



。。。で、『宇宙の摂理ブログ』に書いた上の記事は、検索結果に現れるのですか?

まだ現れないのですよう。アニセンの次の記事が表示されています。


デンマンのブログ

肉体の悪魔




デンマンが徒然に思ったこと考えた事を書きなぐりま〜♪〜す。
毎日読みにきてくださいね。 よろしくお願いしま〜♪〜す。
http://denman.anisen.tv/e51812.html - 58k




。。。で、デンマンさんにとって不倫と言えば、まず何が思い浮かびますか?

やっぱり、あのフローベルの名作『ボヴァリー夫人』でしょうね。


ボヴァリー夫人



ボヴァリー夫人 (Madame Bovary) はフランスの作家フローベール(1821-1880年)の作品。
はじめ「パリ評論」誌に連載され、風俗紊乱の罪に問われるが、1857年無罪判決を得る。
裁判のとき、「ボヴァリー夫人は私だ」"Madame Bovary, c'est moi"と言ったことは文学史上、有名。
同年に単行本を出版。
この一作でフローベールの文名は大いに上がった。

田舎の医者シャルル・ボヴァリーの妻、エンマ・ボヴァリーがヒロインとなり、平凡な生活から抜け出そうと無謀な恋に走り、破綻に陥るまでを描いた。
自由間接話法や非主観的視点など、現在の小説の技法のほとんどが使われているといわれる。
実際にあった事件をモデルに、写実主義的な手法で描かれた傑作。

事実、ウラジーミル・ナボコフやバルガス・リョサ、ヌーヴォー・ロマンの作家たちも高く評価している。
中でもシャルル・ボードレールが発表した書評には、フローベールがいたく気に入り、よくぞ理解してくれたと喜びと感謝で満ち溢れた手紙を送っている。

フローベールは執筆前に、物語の重要な舞台であり故郷でもあるフランスのルーアンを歩き回り、非常に詳細に記録した取材ノートを残している。
「ボヴァリー夫人」を読みながらルーアンを歩くと、風景描写がかなり正確であるのに驚く。
エンマが逢瀬を重ねていた大聖堂や彼女を破滅に追いやった薬剤師のモデルとなった家は、今日も世界中から大勢の観光客が訪れている。
主人公エンマのように理想と現実のギャップに苦しむ状態は、ボヴァリズムと言われるようになった。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


。。。で、日本の作品では。。。?

文学作品ではないけれど、実際にあった事件で“老いらくの恋”でしょうね。


川田 順

1882(明治15)年1月15日に生まれる。
1966(昭和41)年1月22日に亡くなる。
歌人、実業家。
住友総本社常務理事。
宮中顧問官で漢学者川田甕江の3男。

東京市浅草区三味線堀生まれ。府立四中、一高を経て、1907年東京帝国大学法学部政治学科卒業。
住友総本社入社。
1936年に筆頭重役で引退するまで実業界にあったが、その間佐佐木信綱門下の歌人として「新古今集」の研究家としても活躍。
1942年に歌集『鷲』で第1回帝国芸術院賞受賞。
1944年に朝日文化賞受賞。
戦後は皇太子の作歌指導や歌会始選者をつとめた。
1949年、京大理学部教授・中川与之助夫人で短歌の弟子の鈴鹿俊子との恋に苦しみ、自殺未遂を起こし、いわゆる“老いらくの恋”と騒がれた末に結婚した。
1963年、日本芸術院会員。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


川田さんと女弟子の鈴鹿俊子さんの不倫は、当時ずいぶんと騒がれたらしい。

「老いらくの恋」というのは、この事件で流行ったのですか?

そうらしいのですよう。僕は平安時代の頃からあったのではないかと思っていたのだけれど。。。


“老いらくの恋は怖れず”

1948年(昭和23)11月30日

歌人の川田順氏(68)は、京都市左京区北白川の自宅から家出、真如堂に身を寄せ死を決していたが、養嗣子に発見され自宅に連れ戻された。
死を決めての家出の原因は、三年前から続いた同氏の歌弟子前某大教授夫人俊子さん(40)との恋愛をつきつめたため。
二人の関係は京都の文人や歌弟子仲間の噂にのぼり、俊子さんは夫と子どもを捨てて今夏離婚、実家に帰り川田氏との結婚を進めていたが、川田氏は世間的配慮から消極的で死による清算をはかろうとした。
川田氏の歌には次のようなものがある。


死なむと念ひ

生きむと願ふ

苦しみの

百日つづきて

夏去りにけり




墓場に近き

老いらくの恋

怖るる何もなし



上の句の中の「老いらくの恋」が流行語になる。

俊子さんは次のような歌を詠んだ。


はしたなき

世の人言を

くやしとも

かなしとも思へ

しかも悔なき



その後、二人は結婚した。




参考資料: 『昭和史全記録』(毎日新聞社.1989年)


「ボヴァリー夫人」が破滅する事を思えば、川田さんと俊子さんの“不倫”は、いろいろな波紋を投げかけたようですが、破滅にはならなかったという点で素晴しいと思いますわ。

レンゲさんも、そう思いますか?

そうですわ。人生は一度だけですものね。できるなら、思い通りに生きたいものですわ。


【デンマンの独り言】



レンゲさんらしい言葉だと思いました。
卑弥子さんも同じような事を言いそうです。
ジューンさんは何と言うでしょうか?

ボヴァリー夫人が生きていた頃と比べれば、
確かに自由になったのですよね。
女性に対する風当たりも、当時と比べればかなり弱くなったようです。

とにかく、面白い話がまだ続きます。
どうか、また、あさって読みに戻ってきてください。
では、また。。。




メチャ面白い、

ためになる関連記事





■ 『きれいになったと感じさせる

下着・ランジェリーを見つけませんか?』


■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『面白くて楽しいレンゲ物語』



■ 『カナダのバーナビーと軽井沢に別荘を持つことを

夢見る小百合さんの物語』


■ 『今すぐに役立つホットな情報』

■ 『 ○ 笑う者には福が来る ○ 』




こんにちは。ジューンです。

デンマンさんが、あたしがどのように言うのか

興味津々(しんしん)のようですが、

わたしは“不倫”という言葉の響きが

好きではありません。

必要以上にヤ〜らしいものを感じてしまいます。

できるならば、辞書からこの言葉を

永遠に追放したいものです。

あなたも、そう思いませんか?

女の立場から言えば、

鈴鹿俊子さんは勇気のある人だと思います。
 
上に書かれている以上の事は知りませんが、

やはり、“女の幸せ”を真剣に考えた末の

行動だったと思います。

とにかく、エンマのように自殺しなかった事を知って

わたしはホッとしました。



ところで、英語の面白いお話を集めました。

時間があったら、ぜひ覗いてくださいね。

■ 『あなたのための 楽しい英語』

とにかく、今日も一日楽しく愉快に

ネットサーフィンしましょうね。

じゃあね。






  
Posted by barclay1720 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月22日

60億の愛



  
60億の愛




父はどんな風景を毎日をみていくのかな〜?
と思い、墓石のうしろにまわり正面をみました。
何もさまたげる物もなく180度いっぱい
大地と空だけでした。

大地なんておおげさで 普段使わない言葉です。
榛名山の裾のように広がる だだっ広い高原です。
子供達も「ここに納骨するの?」と寂しそうでした。

父の好きだった、ビールや どらやき りんご 赤飯
手ずくりしたクッキー、すはま(ピンクのもち)を備えて
しばらく一緒に冷たい風の中にいたのです。






『榛名山の小百合さん (2007年12月20日)』より




小百合さんが佐野から館林にある実家の仏壇にお父さんの遺骨を迎えにゆき、それから榛名山の中腹のお墓まで行って納骨する。榛名山の中腹のお墓のイメージがまるで見たように僕の脳裏に焼きついているのですよう。



それ程、上のシーンがデンマンさんにとって印象的なのでござ〜♪〜ますか?

そうですよう。この時、小百合さんが榛名山の中腹に立って、冷たい風の中でだだっ広い裾野を見渡している姿。。。僕はその時の小百合さんのイメージを年上の憧れの女性を慕うような少年の心で思い浮かべているのですよう。



これがデンマンさんのオツムの中の小百合さんのイメージでござ〜♪〜ますか?

そうですよう。。。うしししし。。。

うしししじゃござ〜♪〜ませんわ。デンマンさんは、何が何でも小百合さんのことをロマンチックにイメージしようと思っているのでござ〜♪〜ますわ。

そういう訳ではありませんよう。妄想している訳ではありません。僕はこれまでの小百合さんのメールや投稿。。。それに、小百合さんと会って、いろいろと話したこと。。。そのような事を思い出しながら、“新盆”の意味を考えた時に、また小百合さんの懐かしい姿が僕のオツムのスクリーンに映し出されるのですよう。

それは、どのようなイメージなのでござ〜♪〜ますか?

僕は“新盆”という意味が分からなかった。だから初めて読んだ時、次のシーンは取り分け僕の興味を引かなかった。




雷の後 とても 気持ちの良い風が入ってきて、
そう 私が使っていた 2階の部屋はとても
風通しがいいのです。 

何だか 帰るのが おっくうになり うたた寝 してしまい、
南の方で花火の音がしていたような、どこだろう?

朝方 下の台所で音が聞こえたけど だれもイナイ。
まだ 父と母が暮らしていて 私たちの為に おにぎりでも
作ってくれてる 錯覚をします。




『さまざまな愛 (2008年8月20日)』より


でも、“新盆”の意味を調べて、改めてこの場面を読むと、映画になるような素晴しいシーンなのですよう。

そうでしょうか?

お父さんが亡くなって初めて迎えたお盆に、小百合さんは実家の自分が使っていた部屋に居るのですよう。うたた寝している。どこかで花火の音がしているようだ。



お父さんとお母さんがまだ元気だった頃の映像が心に浮かんでくる。。。どうですか?。。。小百合さんの優しい心。。。小百合さんの子供の頃の、ほのぼのとした両親との心の触れ合い。。。なんだか名画を見るような気持ちになりませんか?

なりませんわ。

ん。。。?卑弥子さんは、名画を見るよな気持ちにならないの?。。。どうして。。。?

どうしても、こうしても、ござ〜♪〜ませんわ。このような些細な事でも、小百合さんの事となるとデンマンさんはロマンチックにしてしまうのでござ〜♪〜ますわ。ところが。。。、ところが、あたくしとはロマンチックな気分になるべきなのに、デンマンさんは、そうはならないのでござ〜♪〜ますう!


ヨガの秘法 - 「鶴の舞」




この「鶴の舞」はスートラ・ヨガの秘法なのでござ〜♪〜ますわ。
古代インドのヨガ呼吸法の奥義や、宇宙エネルギーとの合一の秘法から編み出された型なのですわ。
呼吸を整えながら10分間、上のように静止した姿勢で居ることは、奥義の域に到達した者でない限りできないものなのでござ〜♪〜ます。
あたくしは10年間修行を積んで、やっとこの秘法を会得(えとく)したのでござ〜♪〜ますわ。
しかも、この「鶴の舞」を殿方にご覧に入れれば、その方の心を引き寄せてしまうと、言い伝えがある秘伝の奥義なのですわぁ。




『ルート66のフライと小百合さん』より
 (2007年11月28日)


あたくしがせっかく「鶴の舞」をデンマンさんにご覧に入れたのに、デンマンさんは無感動どころか、その後で、あたくしを無視しようとなさったのですわ。

卑弥子さんを僕が無視したと。。。?

そうでござ〜♪〜ますわア。この「鶴の舞」を好きな殿方にご覧に入れれば、その方の心を引き寄せてしまうという言い伝えのある取って置きの秘法でござ〜♪〜ますわ。ところが、その晩、あたくしがデンマンさんとお布団を並べて寝物語をしようとしたら、デンマンさんはあたくしのお布団とデンマンさんのお布団の間に“ついたて”を立ててしまったのでござ〜♪〜ますわ。

また。。。、また、卑弥子さんは、その話を持ち出すのですかぁ〜?

だってぇ〜、ヨガの秘法も効き目がなかったのでござ〜♪〜ますわア。。。あたくしは清水(きよみず)の舞台から飛び降りるつもりで。。。決死の覚悟をしてデンマンさんに、あたくしのむき出しの姿をお目にかけたのでござ〜♪〜ますわア。ところが。。。、ところが、アンナさんのヌードにはデンマンさんが呆れるほどのこだわりを示したのにィ〜、あたくしの“おヌード”には拒絶反応を示したのでござ〜♪〜ますわア。これは。。。これは。。。デンマンさんの上の理論に従うのであれば、あたくしの「鶴の舞」を“はしたない姿”だと見下して目をそむけたのでござ〜♪〜ますわ。醜い姿、もう二度と見たくない醜態(しゅうたい)だと思ったのでござ〜♪〜ますわね?

やだなあああぁ〜。。。もうずいぶん前の事ですよう。

アンナさんの事は20年も前の事ですわ。それから比べれば箱根の事は、つい最近の出来事でござ〜♪〜ますう。。。んもお〜〜 あたくしは、女として。。。アンナさんと変わらぬ女としてデンマンさんに侮辱されたような気がいたしますわ。

あのねぇ〜、卑弥子さんは、かなりオーバーに反応してしまっていますよう。。。。それも。。。それも。。。卑弥子さんの誤解ですよう。

誤解ではありませんってばあああぁ〜。。。んもお〜♪〜!




『衝撃の角度 (2008年6月1日)』より




卑弥子さんは。。。、卑弥子さんは、また箱根の出来事を持ち出すのですか?



だって、そうでしょう!あたくしと、とってもロマンチックな夜になるという時に、デンマンさんはあたくしのロマンをぶち壊してしまったのでござ〜♪〜ますわ。繊細な女心をズタズタに切り裂いてしまったのでござ〜♪〜ますわア。

あのねぇ〜。。。卑弥子さんはロマンと言うけれど、そのロマンも過激なものになったら、ロマンではなくなってしまうのですよう。

つまり。。。、つまり。。。、あたくしがあまりにも過激だったとデンマンさんはおっしゃるのでござ〜♪〜ますか?

そうですよう。これ以上過激なロマンは無いと言うほどに、衝撃的で過激だったのですよう。

そうでしょうか?

そうですよう。卑弥子さんは清水の舞台から飛び降りるつもりで。。。決死の覚悟をして僕にむき出しの姿を見せたのですよう。。。そうでしょう?。。。僕は度肝を抜かれてしまったのですよう。。。本当にびっくりしましたよう。

それで、もう、あたくしを愛しては下さらないのでござ〜♪〜ますわね?

愛してますよう。だからこうして『小百合物語』を卑弥子さんと二人で進めているのではないですかぁ〜。もし。。。、もしも、あの箱根の夜、僕の愛が冷めたなら、現在こうして卑弥子さんと一緒にやってませんよう。

そうでしょうか?
 
 
さまざまな愛
 
 
まさに、この言葉につきるのですよう。

この言葉がどうだとおっしゃるのでござ〜♪〜ますか?

つまり、愛にはさまざまな愛があるのですよう。小百合さんとお父さんのほのぼのとした父と娘の愛。。。小百合さんが子供たちに示すさりげない愛。。。そんな小百合さんに寄せる僕の少年のような憧れの愛。。。

。。。んで、んで。。。あのォ〜。。。デンマンさんのあたくしに寄せる愛も、まだ冷めてないとォ〜。。。?

そうですよう。。。もちろんですよう。。。“ついたて”を立てるのも、間違いなく一つの愛の表現なのですよう。

そのような事をあたくしに信じろ、とデンマンさんはおっしゃるのですか?

あのねぇ〜、衝撃的で過激なロマンはロマンとは言えないのですよう。。。それは狂気ですゥ。。。だから、僕は“ついたて”を立てて、卑弥子さんが冷静で繊細な心を取り戻して欲しいと願ったのですよう。。。分かるでしょう?

そうだったのでござ〜♪〜ますか?

もちろんですよう。うへへへへ。。。

あたくしは一昨日、デンマンさんのそのような理屈に危うく騙されそうになりましたわ。

ん。。。?僕が卑弥子さんを騙そうとしたと。。。?

そうでござ〜♪〜ますわ。デンマンさんは気が多いのですわ。ちょっと魅力的な女性を見ると、すぐに“愛している”を連発し始めるのでござ〜♪〜ますわ。
 
 
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる



つまり、ちょっと魅力的な女性を見ると僕は、その女性にモテようとして心にもない“愛している”を連発すると言うのですか?

そうでござ〜♪〜ますわ。なんだか、あたくしにはそのように見えるのでござ〜♪〜ますわ。デンマンさんは、めれんげさんに対しても熱烈な短歌で答えていますわ。それに、小百合さんに対しても“愛している”と告白なさっていますわ。しかも、ジューンさんとはホテルのお部屋の前でフレンチキッスまでして、あわよくば、そのままお部屋に入って濡れ濡れに、萌え萌えになろうとなさったのでござ〜♪〜ますわ。しかも、レンゲさんとは、かつてデンマンさんが帰省した時に成田から行田市の実家へ行く道すがら大宮のラブホテルに立ち寄ったりしたのでござ〜♪〜ますわ。んも〜〜

■ 『デンマンさんがレンゲさんと大宮のラブホテルに入るお話』
 (心の言葉を見つけたい…2006年12月6日)

やだなあああぁ〜。。。そういう事を卑弥子さんが口走ると、誤解する人が出てきますよう。お願いだから、ヤバい事を言わないでくださいよう。確かにレンゲさんとラブホテルへ行ったけれど、そのとき卑弥子さんが期待しているようなエッチな事は何もなかったのですからね。ジューンさんとだって、僕はあくまでも紳士的に振る舞い、その晩ジューンさんの部屋には行きませんでしたよう。言論の自由があるから、卑弥子さんが何を言ってもよいけれど、僕が誤解されるような事だけは言わないでくださいよね。

■ 『デンマンさんがジューンさんにフレンチキスをするお話』
 (不倫したあなたを差別していませんよ! 2005年8月20日)

でも、そうゆう、きわどい事があったのは事実なのでござ〜♪〜ますわ。

あのねぇ〜。。。僕は女性だからといって誰でもかまわずに、目くらめっぽうに“愛している”を連発している訳ではないのですよう。

つまり、人を選んでいると。。。?

もちろんですよう。この世には60億の人間が居るのですよう。人それぞれに、みな違います。みな個性を持っている。AさんとBさんが違うようにAさんに対する愛とBさんに対する愛は、当然のように違うものですよう。

つまり、60億の人間は、それぞれお互いに違う愛で愛し合っているとおっしゃるのでござ〜♪〜ますか?

当然ですよう。男と女の愛と一口に言っても、それは友愛に近いものであったり、プラトニックなものであったり、同志的なものであったり、旅人同士のようなものであったり。。。、実にさまざまですよう。

デンマンさんが小百合さんに感じる愛は、めれんげさんに寄せる愛とも違う、ジューンさんに対する愛とも違う。。。その愛は、小百合さんがユニークな個性を持っているように、愛そのものも他の愛とは違うとおっしゃりたいのでござ〜♪〜ますか?

そうですよう。




“ハイ、分かりました。

デンマンさんのロマンポルノ第3部は

たぶん、とってもヤ〜らしいと思うけれど、

私のために一生懸命に

書いてくれているのだから

楽しみにしていますう。

でも、あんまり、ヤ〜らしくしないでね。

うふふふふ。。。”




『森林浴@軽井沢 (2008年8月16日)』より


でもデンマンさんは、どうして小百合さんに「ロマンポルノ」を書くのですか?

あのねぇ〜、不真面目なように、ふざけているように聞こえるかもしれないけれど、人はそれぞれ違うやり方である人に対してアプローチする。早い話が卑弥子さんは、マジで清水の舞台から飛び降りるつもりでヨガの秘法の「鶴の舞」を僕に見せたのですよう。そうでしょう?

そうですわ。

見方によったら、とっても滑稽な事ですよう。

あたくしが愚かな事をしたとデンマンさんは思っているのでござ〜♪〜ますか?

僕は卑弥子さんが愚かで滑稽な事をしたとは思っていないけれど、この記事を読んでいる人の中には、卑弥子さんがふざけている。。。不真面目だ。。。非常識だ。。。変態だ。。。そう思っている人だって居ますよう。

あたくしが変態なのでござ〜♪〜ますか?

だから、例えですよう。そう思う人だって居るかもしれない。でも、卑弥子さんがふざけていたとは僕は思っていませんよう。

でも、デンマンさんは、あたくしの繊細な女心を理解しようとは、なさいませんでしたわ。

あのねぇ〜。。。僕は最近、落語家の林家こぶ平さんの本を読んだのだけれど、その中でこぶ平さんと、同じ落語家の古今亭志ん朝さんが林家三平さんのことについて語っているのですよう。

林家三平さんって、こぶ平さんのお父さんでしょう?

そうですよう。三平さんは、とにかく型破りな落語家だった。落語家というより、お客さんを喜ばせ、楽しませる“芸人”に徹していた人だった。僕は半分で馬鹿馬鹿しい人だと思いつつも、もう半分ですごい人だと思って、三平さんのファンでしたよう。でも、評論家などからはずいぶんと叩かれていましたね。

つまり、批判されていたのですね?

批判というよりも非難に近かった。むしろ落語界の重鎮とか落語評論家などからは異端者のように白い目で見られていたようなところがあった。その点について、こぶ平さんと古今亭志ん朝さんが次のように語り合っていたのです。


どこをもって不真面目か、真面目か?



こぶ平: 『落語芸談』という本をずうっと読み直してたら、“若い落語家さんに対して”という話で、ある方が、うちの父親の名前を出して、芸人というのは、今にうれなくなることもあると。今売れているやつの芸というのはへんてこな芸であって、あんなものはいっときのものに過ぎない。だから困るだろうね、とおっしゃってるんですけど、それは、やっぱりそうだったんですかね。

志ん朝: 何かよくそういうこと言う人がいるんです。「あれのどこがいいんですかね」なんてね。いますよ、それは。おれはすごい素人っぽいと思うんだよね。客観的になって見て、ああ、これはこうだけれど、売れるのは仕方がないやという、認める部分がないのがね。まともにやってもうまくゆかない、ならば、といって、その人その人で、自分で道を切り開いていく。それがそれなりの芸として客が納得するとか魅力があるとかするのに、それは本格的でないとか、どうのこうの言うこと自体おかしいんだ。あんたのお父つぁんが自分の道でぐわーっとやってきて、うわーっとお金を稼いで、そのお金をわーっとみんなに使って、自分でお家を立てて車を買って、うわーっ、だーっとやって、すーっといったって、誰にも何一つ迷惑かけてないんですから、いいんですよ。そうだよ。特別な人間なんだから、芸人というのは。芸能人というのは特別でなきゃだめ。そこらにいる人じゃだめなんだよ。そこらにいるのと同じ人なんかを人がお金を払って見るもんですか。こつこつ真面目にやっている人が、いい思いができないと言うでしょう?どこをもって不真面目か、真面目か?だって、真面目にやったって客を喜ばすことができない人と言うのは、芸人としては不真面目ですからね。(笑)

こぶ平: 厳しいですけれど、そうだと思います。

志ん朝: 一生懸命、学生時分勉強した、なんていうやつが出てきたって、そんなもの見てたってつまらない。(笑)

こぶ平: そうですね。

志ん朝: そうだよ。そうなんだよ。でね、三平兄さんにはまたね、とりわけ喜劇をやる人にとって大事なものがあるんだね、ペーソスが。

こぶ平: 哀愁みたいなもの。

志ん朝: うん。チャップリンだとかね、三木のり平さん。もちろん、榎本先生。エノケンの。みんなそうでしょう?それが三平さんにはあったんだよ。




197−198ページ 『通になりたい』 林家こぶ平・著
株式会社マガジンハウス 1999年2月18日 第一刷発行


不真面目に見えても真面目だという事はありえるのですよね。だから、卑弥子さんの「鶴の舞」は、僕の目にちょっとふざけているような、信じられないような出来事だったけれど、僕は卑弥子さんが不真面目だとは思いませんでしたよう。

そうです