Bar FLY Kushiro

北海道釧路市のバー「Bar FLY」のお店と釣りと遊びとミュージックのブログ

Bar FLY  (バー フライ)
Drink 500yen~ 
Charge 1000yen(チャーム付き)
営業時間 8:00PM~4:00AM ごろ   
不定休 (お休みいただく時はブログにて知らせします)
〒085-0013 
北海道釧路市栄町2丁目3番地(喫茶ちゃーりのななめ前)
e-mail barflykushiro@yahoo.co.jp

7月15日(日)16日(祝)は通常通り営業いたします。

002
                 今年も生ミント使用したモヒート始めました


             7月15日(日)16日(祝)は通常通り営業いたします。

                 Bar FLYのホームペイジはこちらをクリック

  〒085-0013 北海道釧路市栄町2丁目3番地(喫茶ちゃーりのななめ前)
  

釣り人が居ないのは

2018年7月11日
 このところ雨ばかり降って天気が悪いですね。
 釧路の夏はもともと天気が悪くて肌寒いと言われてしまえばそれまでですが、この季節に雨が続くと川が濁って釣りに行くところがなくなってしまいます。
 そんなわけで釣りに行く場所が見つからないなか、希望が持てそうな漁港にアメマスを釣りにきました。
002
 久々にこの漁港に釣りに来たのだけれど釣り人がいません。釣り人が居ないのはだいたい釣れないからで悪い予感がします。
 結果は予想通り何も釣れませんでした。今日はたまたま悪い日だったのかもしれないので(悪いのはお前の腕だろうという話もありますがそれはおいといて)また来て見るつもりです。

雨は困るんですけど。

2018年6月20日
 朝起きると雨音が、昨日の予報では終日曇りだったのに、雨は困るんですけど。
 通常ならここで釣りに行くのを止めるのですが、友人と阿寒湖畔で待ち合わせているので、雨が止むことを願いながら阿寒湖に向かいます。
 幸いなことに阿寒湖畔では霧雨で問題なく釣りが出来そうです。もちろん雨が降っても雷がなければ釣りは出来ますが。

 阿寒湖畔で友人と合流、早朝から釣りをしていた友人によると、今日はモンカゲのハッチも少なくフライに対する魚の反応もいまいちで、状況はあまり良いとは言えないようです。
 とはいえここまで来たのですから、私も仕度をして11時ころから釣りを始めました。
002
 確かに2日まえと比べてハッチもライズ少ないうえに、連日の釣り人からのアプローチでフィッシングプレッシャーもかなり上がっているようです。
 釣れないわけではないのですが、出ても食わずに帰って行く魚や食っても掛かりが浅くてばれてしまう魚が多すぎます。

 そんなことより天候がどんどん悪化の方向へ、右側からの風が強くなり霧雨がだんだん本降りに変わってきています。
 「雨は困るんですけど」なぜなら私の防水透湿性素材で出来た雨具は、長年の手荒い扱いのために気体だけでなく液体も自由に通り抜けられるようになっているからです。要は雨が大量に染みてくるわけです。
 だんだん首筋から背中が冷たくなってきました。屈斜路湖ならここで止めるのですが、阿寒湖では折角の遊魚券が無駄になってしまうので粘ります。
 それからフライフィッシングをしたことのない人には分からないでしょうが、右利きの私にとって右から風はキャスティングしにくい風で、普通にキャスティングすると風に押されてラインが体に向かって飛んできます。そしてラインの先には危険なフックが付いているわけです。
 それをかわすテクニックもあるのですが私は下手くそですから、まあ上手い人にとっても利き手側からの風は投げにくいはずです。
 だから投げたり巻いたりすることを繰り返すフライやルアー釣りは、万が一の事故が起こらないように目や頭を守る、偏光グラスや帽子は必需品です。
 聞いた話ですがS社のルアー釣りの宣伝マンのM氏はカメラ映りを気にして、カメラが回っている時は決して偏光グラスかけなそうです。確かに彼が偏光グラスをしているのを見たことがありません。危ないので良いこの皆さんまねしないでね。
003
                       ロッドに沢山の雨粒が。

 雨で濡れるなか3時まで粘りました。肝心の釣果の方なのですが掛けてもばれる魚が多くて、大して釣っていないのに何匹釣ったか正確に分からなくなってしまいました。おそらく6~7匹だと思います。
 今後の状況は虫や魚にしか分からないんですが、水温などから私としては今週末ぐらいまでは十分釣りになるのではと思っています。でも全然だめだったからといって責めないでね。

こちらの方がハッチもライズも多く魚もフライに良く反応してくれます。

BGM


2018年6月18日
 寒いです。毎日寒くて困ります。
 釣りをするにしてもインナーに長袖やフリースなどを着込まなくてはならず、現場での用意が終わるまではなかなかやる気スイッチが入りません。
 まあそんなこととは別にモンカゲはハッチしアメマスはそれを盛んに食っているのですが。
001
 今日の阿寒湖は少々風があって見ての通り曇り空、時折小雨が降る感じで小雨がいつ雨に変わってもおかしくない様子。
 湖の方は先週来た時より10cmぐらい水かさが増し、水温の方も1度くらい下がっているせいかモンカゲのハッチも少なくフライに対するアメマスの反応もいまいちです。
 時折モンカゲのハッチが多くなる瞬間があり、その時にだけ魚にやる気スイッチが入りフライに反応してくれます。
005
 阿寒湖で釣りをする場合はほとんど釣ったその場でネットも使わずに魚をリリースしてしまうので、魚の写真を撮るとだいたい魚をぶら下げたような写真ばかりになってしまいます。
 ただそんな写真ばかりだと寂しいので一匹だけ岸まで戻ってパチリ。

 午前中数匹のアメマスを釣って車に戻って中休み、午後からは場所を変えることにしました。
 そしてそれが良い結果に、明らかにこちらの方がハッチもライズも多く魚もフライに良く反応してくれます。最終的には先週より良い釣果得られ今日も満足いく釣りができました。

モンカゲがハッチしだしたとの情報が入っていたので

2018年6月11日
 5月6月のBar FLYは来店客も少なくヒマな時期、お店を経営している身としては大変困った季節です。(誰か助けて~)一方、湖も川も5月6月は釣りに一番いい季節、どこもがいい釣りが期待できて、どこに釣りに行こうか困ってしまいます。
 そんななか私がとりわけ楽しみにしているのがモンカゲの釣りです。
005
 モンカゲがハッチしだしたとの情報が入っていたので、今回は阿寒湖に釣りにきました。
 この釣りの場合ポイント選びは重要です。湖は風向きや水温差とか虫の気分(そんなことはないか)私には全然理解できない理由でハッチの場所や時間が変わります。昨日と今日の場所や時間が変わったりするのはざらで、10分単位で状況が変わります。時折、一日中だらだらとハッチが続くなどという幸運もありますが、そのようなことは稀と思った方がいいです。
006
 これがモンカゲロウ、通称モンカゲ胴体だけで2cmぐらいある日本最大級のカゲロウ。これがハッチしだすと鱒もフライマンも騒ぎだします。この写真もピンボケだけど気にしない。
003
008
               アメマスのライズを探して湖をうろうろ。

 今日ここでライズがあって爆釣だったけど明日は全く魚の気配が感じられないなんてこともよくあり、何年やっても釣りは分かりません。だからいつまで立っても下手なままなんでしょうけど。
 今日の状況は時折ハッチがパラパラ、それに伴い多くはないけれどライズも見られます。
011
 今日の釣果は日中だけ釣って15匹ぐらい、多いのか少ないのか分かんないけど自分としてはボチボチかな。

色黒で美形とはいいがたいけれど

BGM


2018年6月5日
 毎回、屈斜路湖では流石に飽きてくるので少し遠出して十勝の渓流に行ってきました。
 十勝に来て思うのは「十勝の夏は暑いそして釧路は寒い」今日は気温差が10度くらいあります。
 この3年ほどエアコンのガスが抜けてエアコンの効かない(ヒーターは効きます)車に乗っていましたが、釧路にいるかぎりあまり不自由を感じません。
 そしてたまに十勝に釣りに来て暑い思いをしていたので、今回十勝に来るにあたってエアコンガスを自分でチャーヂしてみました。そしてそのエアコンがちゃんと効いて快適です。
 おんぼろ車なのでまた抜けてくるかもしれませんが、たいしてお金もかかっていないしもともとエアコンなしで3年も乗っていたのだから全然平気です。
006
002
 久々に使う低番手ロッド 8フィート4番のバンブー(バンブーフェルール仕様)と小型のリールにフローティングライン、道具がシンプルでいいですね。

 ブログには屈斜路湖での釣りばかりなので、湖での釣りが一番好きだと思われているかもしれませんが、どちらかといえば渓流の方が好きかもしれません。
 そして渓流では羆の恐怖もありますが一人で釣るのが好きですね。一人だと気兼ねなく自分のペースで釣りが出来ますから、私は割りとペースの速い釣り人だと思います。
004
 バンブーロッドの最大の魅力は見た目だと思っていますが、次の魅力は掛かった魚が大きく感じることかな、こんな小型でも楽しめます。でも持っていることに満足して使わない人が多いようです。
005
008
 今回の釣りで最大がこれ。色黒で美形とはいいがたいけれどよく引いてくれました。

アイル・オブ・ジュラ 10年

ウイスキー30
                       アイル・オブ・ジュラ  10年     スコットランド    アイランズモルト  
 

ジュラとはバイキングの言葉で鹿の島。
隣接するアイラ島のウイスキーとは異なり、甘くマイルドな仕上がりで、ロックで飲んでもアルコールの強さをあまり感じないウイスキー初心者にもお勧めです。 

                 Bar FLYのホームペイジはこちらをクリック

  〒085-0013 北海道釧路市栄町2丁目3番地(喫茶ちゃーりのななめ前)
  

一匹釣れればいいのです。

2018年5月16日
 内地では、あちらこちらからすでに30度越えといった真夏のような気温が聞かれますが、道東ではやっと桜が咲いたところです。
 そして桜の開花と、屈斜路湖のワカサギの産卵遡上の時期が重なります。このワカサギにはもちろん鱒がついている訳で、ワカサギの動向が釣果に大きな影響をあたえる訳です。
005
 流入河川に産卵するワカサギを探して森に入ります。林道の脇には、少しばかり大きくなりすぎていますがコゴミの群生。
 レンズに指がかかっていて画面が少し切れていますが、修正するのも面倒なのでそのまま小さなことは気にしない。
002
 小川を覗きましたがワカサギがいません。期待はできませんが竿を出し釣りを始めます。
 案の定、時々ウグイが釣れる程度で釣果は得られません。
 1時間ほど釣りを続けていると、河口にワカサギの群れが入り徐々にその数が増してきます。待ちに待ったチャンスです。ほどなく釣れたのがこの一匹、よく肥えていてなかなかの引きでした。
 いいサイズが一匹釣れました一匹釣れればいいのです。釣りでこのブログを見ている人には申し訳ないのですが、ここで竿を仕舞って山菜採りに行きました。

得てしてこんなところです。

2018年5月7日
 ゴールデンウイークも終わり、巷の方々は平常通りの生活に戻られたかと思います。
 連休は家族サービスで終わった人、遠征していい釣りをした人、期待外れの釣果に終わった人などさまざまかと思います。
 私個人としては連休中も仕事、それで仕事が忙しければいいのですがそんなこともなく。釣りの方は休みにしか釣りに行けない人に譲る気持ちもあって出かけません。(本当は混んだ所で釣り場を確保するのが嫌なだけですが)
 なのでやっとゴールデンウイークが終わってくれたという気持ちです。
002006
 今日の釣り場もいつも通りの屈斜路湖。湖畔は緑も増えてますます春らしさが増しています。まもなく日本で最も遅く咲く桜も開花し始めることでしょう。

 ポイントには先行者が一人いたので釣果を伺うと釣れていないとのこと、釣り場の状況としては曇り空で風もあり悪くない状況なので、そのうち釣れるんじゃないかなと思いながら竿をだします。
 しかしなが先行者にも私にもヒットがなく釣れてくるのはウグイばかり。
 私としては一匹釣れたところで釣りを一旦止めて、山菜獲りをしてまた釣りをする予定でいたので、早く一匹釣れてくれという気持ちでしたが、だいたい予定すると上手く行かないものです。
 そろそろワカサギ産卵で川を上る季節、もしかするとトラウト達はワカサギを食っているのではと思い、川の上流に行ってみると多くのワカサギが泳いでいます。
 これを見てワカサギを食っているに違いないと考えた私は、それまでのルースニングからワカサギを意識した釣り方に変更、テレビならばこれで釣れだし「流石エキスパートの・・・さん」となったりするのですが、やっぱりへたっぴの私には釣れません。
004
 散々試したけれど釣れないので、元のルースニングに戻したところで直ぐにヒット、得てしてこんなところです。
 やっと山菜取りができますが、結構時間を使ってしまっていたのでここで釣りをやめました。
008
 今日の目的の山菜はコゴミ、アクがなく火を通しただけで直ぐに食べられます。この時期だと釣り場の近くに沢山生えていて採りきれません。私的は多く採っても一株から三分の一程度、この写真の株なら2~3本といったところでしょうか。ガツガツ採らなくてもそこらじゅうに生えていますし、私の採り方が正しいかどうか分かりませんが、次のシーズンの為にも根こそぎ採るのは関心しません。

一瞬また同じ魚

BGM



2018年4月26日
 まもなくゴールデンウイーク、会社勤めの方には待ちに待った大型連休なので、皆さんあれこれとお休みの予定を立てていると思います。
 私の方は普段と変わらず毎日お仕事です。正直、連休中は皆さん遊びに出かけているので街で飲む人も少なくかなりヒマと、あまりいい時期とはいえません。
 なのでゴールデンウイーク中は休んでいる店も多い中、当店は休まずに営業する予定です。街で飲む機会がありましたら是非ご利用ください。とたまにはお店の宣伝も。

 ゴールデンウイークには、屈斜路湖への釣行を予定」されている方も多いでしょう。そんな方のために今日はゴールデンウイーク前の屈斜路湖の様子です。と言うかいつも屈斜路湖のことばかりですが。
005
 時折小雨が降る荒れ気味の屈斜路湖、今日は釣り日和です。晴れて無風の方が気持ちはいいのですがそんな好天、今時期の屈斜路湖の釣りには百害あって一利なしです。
001
 釣り始めて30分、一匹目。前回はちびっ子しか釣れなかったのでホットしました。
003
 1時間後の2匹目、体色が先に釣った魚にそっくりだったので、一瞬また同じ魚じゃないのかと思いましたが顔つきもサイズも違う別の魚。