Bar FLY Kushiro

北海道釧路市のバー「Bar FLY」のお店と釣りと遊びとミュージックのブログ

Bar FLY  (バー フライ)
Drink 500yen~ 
Charge 1000yen(チャーム付き)
営業時間 8:00PM~4:00AM ごろ   
不定休 (お休みいただく時はブログにて知らせします)
〒085-0013 
北海道釧路市栄町2丁目3番地(喫茶ちゃーりのななめ前)
e-mail barflykushiro@yahoo.co.jp

4月23日(日)は通常通り営業します。

ジン2
                                              タンカレー   No.テン                  イギリス 
 テンとは蒸留機の番号。この蒸留器は400Lしか入らない小型単式タイプで、この蒸留機で少量ずつ丹念に造られるハンドクラフテッド・ジンがNoテンです。
  フレッシュな生のフルーツや手摘みのボタニカル等の厳選された素材を使用して造られています。

                 4月23日(日)は通常通り営業します。

                 Bar FLYのホームペイジはこちらをクリック

  〒085-0013 北海道釧路市栄町2丁目3番地(喫茶ちゃーりのななめ前)
  

今日は餃子にしていただくつもりです。

2017年4月20日
 前日の冷え込みで雪が降り屈斜路湖畔は薄っすらと雪が積もっていました。
 そのせいなのか今日の魚の活性は今ひとつのようです。私のアナログ式の水温計では、前回来た時と流れ込む川の水温は変わらないのですが、実際は微妙に下がっているのかもしれません。
 前回と違い雨は降っていませんが、前回以上の強風で釣りにくく一向にアタリがありません。
001
003
                     2時間ほど粘ってやっと1匹。

 翌日は行者ニンニク採り、恒例の春の遊びです。
 この時期になると山ほど行者ニンニクを採って、人に配ったり醤油などに漬けて保存したりする人もいますが、私の場合はザル一杯ぶんぐらい採ってきて数日で食べきります。行者ニンニクは買うと少量でも結構な値段ですが、保存してまで食べようとは思いません。春のものは春食べて季節を感じるといったところでしょうか。(本当のところ保存作業が面倒なだけですが)
005
008
       昨日は卵とじで食べました。今日は餃子にしていただくつもりです。

010
                   餃子になりました。いただきます。

これだけ釣れれば十分でしょう。

BGM


2017年4月18日
 暖かな日が続いてかなり春めいてまいりましたが、今日は強風で気温も低く朝からの雨おまけに天気予報では雪マークもついています。こんな日は釣り人も少ないだろうと狙って屈斜路湖に向かいました。
 しかし目的地に到着してみると数台の車「悪天候にも関わらず釣りをする馬鹿な奴が世の中には沢山いるのだなぁ~」と思いました。(わぁ、言葉が跳ね返ってきた)入る予定だったポイントは釣り人が多いので場所を変更して竿を出すことに。

 場所移動して入ったポイントも割りと有名なポイントにも関わらずここには誰も入っていません。湖は完全に氷も落ちていて、流氷が釣を邪魔するようなこともなく釣りやすい状態です。
 逸る心を抑えながら風雨に背を向けて用意をしますが、ミゾレ混じりの雨も降り出し、天候がどんどん悪化している感じがします。
008
                  最初に釣れた55cm良く引いてくれました。
010
012
                        続いて40cm台を2匹。
014
 最後の1匹はあきらかに成魚放流です。魚体のバランスが悪くサイズは一番大きいのですが、重いばかりで引きません。

 物に対する考え方や行動は人それぞれ。良い物を買って長く大事に使う人、手ごろなものを買い傷んだら次々と買い換えていく人など。
 私の場合は、手ごろなものをラフに使い少々傷んだりみすぼらしくなっても気にせず、決定的に使えなくなるまで使い続けるというタイプなので現在使っている雨具も長年使い続け傷んでいます。
 なので雪や少々の雨ならば問題ないのですが、今日のような強風を伴うミゾレ交じりの雨ともなるとたいへんです。1時間もしないうちに冷たい雨が背中まで滲みてきました。
 襟首や手首の濡れならば我慢出来ますが、流石にこの時期に背中まで濡れると我慢できません。魚は釣れるのですが1時間強で釣りを止めました。時間は短かったけどこれだけ釣れれば十分でしょう。

                 Bar FLYのホームペイジはこちらをクリック

パンぺロ・アニバサリオ

ラム21
                                      パンぺロ・アニバサリオ           べネゼエラ
 パンペロ社は1938年創立。蒸留後アメリカンオーク樽の中で最高6年間熟成されたラムを使用。芳醇で滑らかな味わいと独特な香りを併せ持つラムです。

                 Bar FLYのホームペイジはこちらをクリック

  〒085-0013 北海道釧路市栄町2丁目3番地(喫茶ちゃーりのななめ前)
  

もう少し静かな場所を探したら

2017年4月3日
 3月いっぱいで阿寒湖のワカサギ釣りも禁漁。
 月も替わってそろそろ他の釣りも気なりだします。まだ早いとは思いますが屈斜路湖の様子を見に行きました。
006
 もしかしたら流れ込みあたりは氷が融け出していて、釣ができるのではないかと思って来てみたのですが、完全に凍っていました。
 まとまった雨でも降って川の水が増えないかぎり、ここで釣りができるようになるにはもう暫く時間が必要なようです。

 釣とは関係ないのですが、しきりに鶴の鳴き声が聞こえてきます。大きな鳴き声から結構近くにいるようです。この2~3年弟子屈近くの農地でしばしば見ることはあったのですが、屈斜路湖畔で鶴を見たことはありません。
001
004
 鳴き声のする方に行ってみると、林の中から鶴が歩いて出てきました。長年屈斜路湖で釣をしていますが屈斜路湖畔で鶴を見たのは初めてです。
 鶴は少しだけここに留まっているだけなのか、それともこの近くで子育てをするつもりなのかは、鳥のことは詳しくないのでわかりませんが、ここで子育てをするつもりなら「ここは釣り人も多く落ち着かないから、もう少し静かな場所を探したら」といってあげたいところです。

あとは湖に行って使ってみるだけです。

BGM



2017年3月21日
 このブログを見ている方の多くは、そろそろアメマスやニジマス釣りのことが書かれているのではと思いながら検索されているのでしょうが、すいません。今回もワカサギ釣りです。

 動画でワカサギ釣りを見ていると「ワカサギ電動リールを100均の電動消しゴムで作る」という動画がありました。他にも同じような動画があり多くの人が電動リールを自作しているようです。
 動画を見てみると構造は簡単で私にもに作れそうです。早速近所の100均に電動消しゴム買いに出かけましたが、売り切れか仕入れてないのか分かりませんが売っていません。仕方がないのでもっと大きな店に行きましたがそこにも売っていません。100均をはしごすること6軒でようやく1つ発見して購入しました。
005
 それがこれ、釧路は100均の電動消しゴムが品薄です。
 そのあと他の店でも2個発見したのでそれも購入。もしかしたら私のような自作マニアに買占められたのかも。
006
010
 出来上がりがこちら必要はないのでしょうが折りたためるよに作ってみました。見ての通り簡単な構造なので4日ほどで完成。でもそのほとんどが部品を買出しに行ったり使用やデザインを考えたりしている時間なので、実際には1日あれば出来てしまいます。
 あとは湖に行って使ってみるだけです。どんなに室内でうまくいっても実際に使ってみると色々と不具合が出てきたりするのが普通です。
012
 ということで阿寒湖で実釣です。大きなトラブルはなっかたけれど改良したい部分もありました。
 釣果の方は今日も3束越えで自分としては満足いく結果。
015
021
 帰りに大島前に立ち寄り、解氷している時は船でしか行けない大島まで歩いて行ってきました。
 大島付近ではヒメマス狙いの方々が釣をしていましたが、今日の釣果は1匹のみだそうです。

自分としては大漁です。

BGM



2017年3月6日
 今日は普段より少し早く7時に起床。早速ワカサギ釣りに阿寒湖に向かいます。
002
011
 このところは好天続き降り積もった雪もかなり融けました。
 今朝も好天、青空が気持ち良い。天気予報では晩くなって雪が降るというのですが、そんな気配は全く感じられません。
 実際は本当に少しまとまった雪が降ってしまうのですが。
018
 9時すぎに阿寒湖に到着。先週も阿寒湖畔に来ましたがそれはスキーのためでワカサギ釣りは2週間ぶり。
 観光シーズンを外れたのか2月中はあれほどいた観光客がまばらです。ワカサギ釣りのテントも漁協が建てたもの以外は建っていないのには驚き。漁協の大きなテントも私一人で貸切です。
 それにしても今日は暖かで暖房もしていないのに、テントを閉め切っていると上着を脱いでも暑くてかないません。昼過ぎて少し風が出てくるまではテントを開けっ放しが調度いい感じです。
012
013
 釣り人は少なさとは逆に釣果の方は絶好調で、釣り始めから入れ掛りが続きます。昼に近づくにつれ少しずつ釣果は落ちてきましたが、それはあくまで朝に比べてということで普通でいえば十分に釣れている状態です。
 こんなに調子の良い日はなかなかありません。普段なら2時ごろには納竿するところですが、もう1時間釣ると3束越えしそうなので釣りを続けることにしました。
021
 普段より1時間余計にやって3束越えを達成できました。これだけ釣れば自分としては大漁です。
 でももう1時間早く起きて出発できていれば、朝の釣れ具合から4束を越えられたかも。

今日は釣れない日のようです

2017年2月20日
 今シーズンの12月・1月は寒く雪の降ることの多かったのですが、2月に入ってからは比較的天候が落ち着いています。特にこの一週間ばかりは降雪もなく道路事情が良いので、雪に弱い私のオンボロFR車でも安心して阿寒湖畔に向かうことが出来ます。
 しかし阿寒温泉の町の中は圧雪された雪が凍り凸凹でツルツルです。不思議に思うのは阿寒湖は道東を代表する観光地で多くの車やバスが行き交うのに、どうしてこんなに除雪が適当なんだろう。
 除雪にかかる費用の問題なのか、町の人がこの状態に慣れてしまっているだけなのか不思議です。
 こんなことを思うのも私が雪に弱い車に乗り続けているせいでしょうが。
005
 滝見橋から見た阿寒川。しばらく阿寒川で釣りをしていませんね。以前はイブニングでホテル跡に入ったりしたのですが、ホテル跡にホテルが建ってしまってからは気が引けて近づいていません。

 阿寒湖に来たのはいつものようにワカサギ釣り。スキーも考えたのですが前回の釣行が良かったもので、またワカサギ釣りです。
002
 調子に乗って釣りに来たのはいいのですが今日は釣れない日のようです。アタリも少なく釣果も前回の三分の一ほど。しかし同じテントにいる数名で釣りに来ていたお姉さん方から、温かい飲み物や軽食をいただいたりして楽しい雰囲気で釣りをすることが出来ました。

ワカサギ用の竿を作ってみました。

2017年2月14日
 「ワカサギ用の竿は作らないの」とお客様に聞かれて作ってみる事にしました。
 素材はバンブーロッドを作った時の端材で、これで使える竿が出来るのか出来上がってみるまで分かりません。
001
004
 素材に焼きを入れて表皮を軽く削り鉋で全体の形を整えたあとに2枚を貼り合わせました。
 結局バット部を残して1枚は削り落してしまうのですが。
002
 2本作ってみました。出来上がりはこんな感じで、短い方が少し硬め長い方が軟らかく作ってあります。

 作ったからには使ってみたくなります。
003
 いつものように阿寒湖に行って試し釣りに、かなり薄く削ったので強度の心配がありましたが、以外に丈夫で感度も良好のようです。
 竿の調子が気になっていたので、釣果の写真を撮り忘れていましたが今年最高の釣果。でもアタリの多い日だったので、どんな道具を使っても釣れたはず。


                 Bar FLYのホームペイジはこちらをクリック

ブラントン

バーボン9
                   ブラントン    ケンタッキー
1984年に発売された「ブラントン」はシングル・バレル・バーボン。名前はバーボン造りの名人アルバート・ブラントンから。骨太で男性的なコクを持ちながら、マイルドな口あたりをあわせ持つ一本。

                 Bar FLYのホームペイジはこちらをクリック

  〒085-0013 北海道釧路市栄町2丁目3番地(喫茶ちゃーりのななめ前)