Bar FLY Kushiro

北海道釧路市のバー「Bar FLY」のお店と釣りと遊びとミュージックのブログ

Bar FLY  (バー フライ)
Drink 500yen~ 
Charge 1000yen(チャーム付き)
営業時間 8:00PM~4:00AM ごろ   
不定休 (お休みいただく時はブログにて知らせします)
〒085-0013 
北海道釧路市栄町2丁目3番地(喫茶ちゃーりのななめ前)
e-mail barflykushiro@yahoo.co.jp

12月9日(日)は通常通り営業いたします。

ウイスキー31
                         グレンファークラス 105        スコットランド    スペイサイドモルト      60度

 1836年創業のグレンファークラスは、今では数少なくなった家族経営による蒸留所です。
 グレンファークラスとは、ゲール語で『緑の草の生い茂る谷間』を意味し、105はブリティッシュプルーフでアルコール60度数を表記しています。
 シェリー樽由来の香りとフルーティーな味わいで高いアルコール度数を感じさせません。

             12月9日(日)は通常通り営業いたします。

                 Bar FLYのホームペイジはこちらをクリック

  〒085-0013 北海道釧路市栄町2丁目3番地(喫茶ちゃーりのななめ前)
  

遠投しない(正しくは出来ない)

2018年12月5日
 明日からは冷えこむとの予報なので、今日を外すと今週は釣りに行けなくなるかと思い屈斜路湖へ。
 考えることは皆同じなのかいつものポイントは沢山の車が、他のポイントにも行っててみましたがそこにも何台かの車、このまま帰ろうかとも考えましたがいつものポイントに戻って竿を出すことにしました。
001
 やはり人が多いので思うようなところで釣りができません。とくに最近はスペイキャストで投げる方が多いので釣り座の幅をとり、以前なら3~4人で釣っていたスペースでも2人で一杯ってことも。
 遅く来たのだから仕方がありません。端っこの方で竿を出させていただきます。

 釣れない時間が長く続きます。周りも釣れていません。そのうちポツポツと人が帰り始めました。最後には私だけに、やっと釣れそうな場所や状況が手にはいりました。
 釣れそうな場所とは今まで竿を出していた水深が浅い場所から水深のある場所に移動できたということ、釣れそうな状況とはスペイで手前が荒らされて近距離が釣れにくくなっていたので、遠投しない(正しくは出来ない)私に不利な状況がなくなったということです。
 この状況に期待をこめてフライを湖に投げ込みます。
006
005
 30分後釣れました。55cmのニジです。ピンと張った各ヒレとバランスのとれた魚体。美しい。

嘘だ夢の中の出来事だといってくれ。

BGM



2018年12月1日
 28日29日と連続して屈斜路湖に通ったにも関わらず釣果の方はウグイのみ、疲れのみが残っただけでした。
 年なのに少々無理をしすぎて体調の方もいまひとつ、喉もチョット痛いし何やらだるいいわゆる風邪の初期症状みたいな感じ、熱を計ると平熱だしお酒を飲むと元気になるので(ただのアル中?)大したことはないと思うのだけれど、念のために明日は葛根湯でも飲んでゆっくりとお家で休もうと思っていました。 
001
 魚が釣れなかったので屈斜路湖半の写真のみ、雪はないけどやっぱり寒い。

 そんなことを思いながら深夜のお店で仕事をしていると何やら雨の音、外を覗いて見ると道路は乾き雨など降った気配がありません。
 いやな予感が、ポタポタとしずくの落ちる音がするのは水道管に異常があるのでは、でももしかしたら冷蔵庫のモーターの音かも、でもモーターからポタポタ音がするのも変だし、出来ればこの音は私の聞き違いであってくれ、でもやっぱり聞こえるし。
002
 そして見つけてしまった水道管にピンホール。水が漏れています。ショック大。
 まだ水道管が凍るような気温でもないのに、体調だけでなく気分までブルーに誰かこれはみんな嘘だ夢の中の出来事だといってくれ。
 奥まった所なので修理しやすいように周りのものを移動させ、修理には火も使うのでそのための養生もしなくてはいけないなど、修理をすることを考えただけでも気が重くなってくる。
005
 そんなわけで本当はゆっくりと休む予定だったのに穴の開いた水道管を直すはめに、とりあえずホームセンターに行って直すのに必要なパイプやエルボーやはんだやフラックスなどを購入2213円なり。

 穴の開いている部分をパイプカッターでカット、エルボーをバーナーで炙ってはずし新しいエルボーとパイプを差し込みまたバーナーで炙ってハンダ溶接して出来上がり。
 詳しく直し方を書こうかと思ったけれどそんなのはネットに動画が沢山でていると思うのでそちらをごらんください。
 1~2時間で出来ると思っていたんだけど、やり慣れてないので一日仕事でした。
006
 出来上がり今のところ水は漏れていないようなのですが、やはり不安が何度も確認を繰り返しました。
 休む予定だったのにまた一段と疲れてしまったよ。

ワシャ疲れたよ。

BGM



2018年11月14日
 眠いので朝早くから出かけたりしない私ですが、今日の屈斜路湖への釣行は友人の送り迎え付きなので早朝の6時出発です。それでも一般の釣り人からすればかなり遅めかもしれませんが、二人してがんばって6時に釧路を出発しました。
 天気も良く風もないようなので釣りに向かない日じゃないかと心配しましたが、湖に着いてみると結構風もありいい感じで湖面も波立っています。
001
 手前が友人そして奥が湖で待ち合わせていた友人の友人、3人並んで竿を振ります。
 
 良さげな場所も確保できたので早速ロッドをついで釣りを始めますがおきまりの全く釣れません。そして周りの釣り人達にも釣れている様子はありません。
 友人との予定では早めに釣り場に行って、早めにいいサイズを二人してサクサクと釣って早めにサクサクと帰ろうといっていたのですが、時間が進むにつれてこの予定は自然と変更せざるを得なくなってきました。
 そして周りの釣り人達が帰っていくなか日が沈むまでがんばってやっと釣ったのがこの一匹。
005
           体高と厚みのあるコンディションいいのニジマス54cm。

 釣れるならもうちょっと早く釣れてくれワシャ疲れたよ。でも運転してくれた友人の方がもっと疲れたはず「疲れたなか運転ありがとうございました」

割高に感じるのは私だけ?

2018年11月9日
 最近釣りをしていて思うことは、フライフィッシングをする人で若い人を見かけないことです。フィールドでフライロッドを握っているのは中年あるいは私のような初老のオッサンばっかりです。
 若い人がこの釣りにエントリーしてこない理由をよく友達と話したりするのですが、最近は道具の種類が多すぎて一人で始めるには最初に何を選べばいいのか分からない。
 高価な道具を沢山買ってもらおうとメーカーや業界がいろんな情報を出してくるので、長年この釣りをしていても馬鹿な私にはさっぱり分からなくなっているくらいですから。
 昔ならば渓流ならば3~5番、湖なら6~8番のシングルハンドが定番でした。現在でもこのタックルで何の問題もないと思うのですが。
 それからフライキャスティングという問題もありますが、今の時代はネットで簡単に動画を見ることが出来るのでやる気があればそれほど問題ではない気がします。
 あと道具が高い。ロッドもリールもラインも割高に感じるのは私だけ?
003
 これは何をしている写真かといえば、フライフィッシング専用の道具は割高と考えている私が、フライフィッシング用のティペットの空きスプールに激安のラインを巻き込んでいるところです。
 ちなみにフロロカーボン100mで432円でした。もちろん今回の釣りもこのラインを使用なんの問題もございません。

 どんよりとした曇り空に湖が波立つ適度な風が吹き更に釣り人も少ない、まさに今日の屈斜路湖は釣り日和です。
013
 この状況釣れる気しかしません。わくわくしながら竿を出します。
 そんなわくわくした気分もアタリがないまま30分もすると急激にしぼんできました。そしてもう30分完全に気分はしぼんでいましたが魚がヒット。手に伝わってくる力強い明らかにニジマスとわかる引きでしぼんでいた気分が再び膨らみ始めました。
005
                  今日の一匹目45cmぐらい
 
 気分のいいまま釣りを続けもう30分、次に掛かったのがなかなかの引きで簡単には寄ってきてくれません。期待が膨らむなか釣れてきたのがこちら。
009
011
 今日の二匹目60オーバーかと思いましたが少し足りない58残念、でも十分楽しめました。

レモンハート・デメララ

ラム44
                             レモンハート・デメララ     ガイアナ  

 ガイアナ産デメラララムをカナダで瓶詰めされています。ほのかに甘くスムースな飲み口。
レモンハートは創業者の名で200年以上の歴史を持っています。バーを舞台にした漫画の題名にも使われていて読んだことのある方も少なくないのでは。 

                 Bar FLYのホームペイジはこちらをクリック

  〒085-0013 北海道釧路市栄町2丁目3番地(喫茶ちゃーりのななめ前)
  

重要なテクニック

BGM



2018年11月1日
 寒くなりましたね~。もうグローブなしでは手が凍えて釣りができません。
 それにしても最近ブログの更新がないので、あまり釣りに行ってないんじゃないかと思われそうですが釣りには行っているんです。ただ釣れていないのでブログに載せていないだけなんです。
 毎度のように私が通っているのは屈斜路湖ですが、屈斜路湖の魚が少なくなったとか釣りづらくなったとか言うわけではなく、たんに私が釣れないだけです。
 釣れない理由はおそらくやる気というかあきらめが早くなったせいでしょう。以前ならそろそろ帰らなくてはいけない時間になっても釣れないとあと3投してから、そしてそれで釣れないともうあと3投と、ひつ濃く粘ったものでしたが、最近はまだ時間があっても「手が冷たいな~。寒いから早く帰りたいな~」と思ってしまいます。
 私はやる気というのもテクニックの一部のように感じていて、そして私にとってはかなり重要なテクニックです。
 何が言いたいかといえば、重要なテクニックが欠落しはじめて、もともと下手な釣りが更に下手になったので釣れなくなったということですね。
002
         前回来た時の写真。釣れなかったので本来はお蔵入りの写真。
004
 屈斜路湖の人気のポイントに着くと1台2台3・・・・・10台、平日の正午近くなのに10台も車が止まっています。週末ならば当たり前の光景なのでしょうが、私にとってはかなりの渋滞でやる気がなくなってきます。
 このまま帰ろうかそれとも知人宅に寄ってコーヒーでもごちそうになろうかと思いましたが、念のため他のポイントへ行くとここには奇跡的に1台も車が止まっていません。やる気も少し回復してきました。

 ウグイを何匹か釣ったあと結構いい型のニジをヒットさせましたが痛恨のばらし。合わせが弱かったなどと悔やんでもどうにもなりません。
 気を取り直して釣りを続け釣れたのが下の写真のニジ。
006
 背中に不思議なゼブラ模様が入っています。こんなニジマスは初めて見ました。

テンションが上がっているので友人の分も購入

2018年10月17日
 晴れすぎてはいるものの湖面も適度に波立って、今日の屈斜路湖は釣れそうな雰囲気です。
 水温も先週より2度下がって15度と条件は良くなっています。
001
           やはりこれぐらい波だっていないと釣れる気がしません。
 だからといって簡単に釣れてくれる訳ではなく一日に2~3時間しか釣りをしない私がいうのも変ですが、結局湖の釣りはネバリですね。

 頭のぬけたお魚が間違って私のフライに食いついてくることを願ってその時を待ち続けますが、一向にヒットしません。周りで釣りをしていた人達も釣れないのでどんどん帰って行きます。
 もうそろそろ帰ろうかなと思い始めていたところに待望のヒット。引きと跳ねですぐにニジマスとわかります。良く走ってくれますが手に伝わる重量感から大したサイズではないようです。しかしながら今秋初めてのニジなので慎重に獲り込みました。
008
009
 釣れたのは45cm。ここではレギュラーサイズのニジマスです。
 さっきまでは帰ろうかと思っていたのに、一匹釣れると欲が出てもう一匹ともう30分粘りましたが結局釣れたのはこの一匹のみ。
011
 帰り標茶のお肉屋さんノザキでヒナ串を購入。今秋は初めての釣果ということで気分良く少しテンションが上がっているのでお土産用に友人の分も購入してしまった。

牡蠣祭りをしている厚岸方面にハーレーでツーリング

BGM


2018年10月14日
 釧路でハーレーのカスタムショップを開いている友人が、仲間たちと一緒に牡蠣祭りをしている厚岸方面にツーリングに行くというので私も行くことになりました。ただし私の場合はバイクではなく車ハイエースです。
 今回のツーリングに1941年製の年代物のバイクもあり、トラブルがあっても積んで帰れるハイエースがあると安心なので、そのハイエースを運転するのが私の役目です。
 それに私は現在バイクを残念ながら所有していません。
008
007
 釧路から厚岸までは1時間弱と北海道的には割りと近い距離なのですが、毎年開かれている牡蠣祭りに私は一度も行ったことがありません。一度行ってみたいと思っていたのですが友人達は「牡蠣祭りの牡蠣は美味くない」と祭り会場に行かず、道の駅「コンキリエ」食事をすることに。
 正直にいうと「美味い・不味い」「食べる・食べない」は関係なく会場の様子を見て見たかったのですが、ただ「コンキリエ」食事は大満足でした。
004
 食事のあとは標茶まわりで釧路へ。天気が良くてよかった。
 今日はツーリングしている方が非常に多く沢山のバイクとすれ違いました。だんだん寒くなってきたので今年最後とおもって出てきたのかな。

そろそろいけるのでは

2018年10月9日
 4ヶ月ぶりの屈斜路湖そして釣りです。
 そろそろいけるのではないかと思い先週あたりから行こうと予定していましたが、天候が荒れたり行こうと思っていたのに二日酔いでダウンしてしまったりで今日になりました。
001
 天気は曇り空で悪くはないのですが、無風に近くご覧の通りベタ凪状態で全く釣れる気がしません。
 水温は17度とトラウト釣りにはまだ少し高めです。2時間粘りましたが案の定釣れませんでした。
 2時間じゃ短すぎるだろうとおっしゃる方も多いかと思いますが、私の場合は普段から2~3時間しか釣りをしません。屈斜路湖までの移動時間が往復で3時間なので5~6時間を釣りに使っていることになりますが、夜働いている自分としてはこれ以上釣りをすると疲れが残ってしまいます。
 そんな感じで今日は坊主。次回は釣れたらいいな~。