ちょこっと気分でモンパレほい

2014年06月10日

俺の丼プリンを食べてみた

ファミリーマートで「俺の丼プリン」が発売された。

ネーミングだけでとんでもなくデカイプリンだと想像できる。

バケツ一杯分のプリン、通称「バケツプリン」は男の夢。

「バケツプリン」より少々劣るが、この「丼プリン」も食べ応えがありそうだ。

発売当日の6月10日に早速購入して食べてみた。


これが「俺の丼プリン」。

お値段298円。

想像していたものより小ぶり。

puri1




パッケージ。

容量420gだとか。

豆腐1丁ちょいのプリン。

puri2




ドンブリと比べるとこんな感じ。

ドンブリサイズを期待すると損してしまう。

puri4




塩こしょう(お徳用230g)と比べるとこんな感じ。

puri3




フタを剥がす。

従来のプリンとは比べ物にならないほど、

プリンが広がってて爽快。

puri5




「丼プリン」なので、ドンブリに入れて食す。

puri6




さじに「これでもか!」ってぐらい豪快にすくって食べる。

「いっぱいすくったら、すぐ食べきっちゃうよ〜」な

心配を微塵に感じさせないのが「丼プリン」の魅力。

味は・・・・・・、普通のプリン。

puri7




食べても食べてもプリン!

食べても食べてもプリン!

半分も食べないうちに飽きてきた。

そもそもプリン好きじゃないし!

そもそもスイーツ男子なんて憧れてないし!

puri8




食べきれないプリンをどうにかしないと。

と、思っていたら手元に調味料が。

puri9




塩こしょう(お徳用230g)をプリンにふりかけてみた。

今こそ万能調味料の力を発揮するときだ!

プリンよ!生まれ変わるのだ!

puri10




意外といける!

プリンの主成分は卵のため、

卵料理に塩こしょうで味付けした感じになった。

どちらかと言うと、こっちの味のほうが好みだ。

意外な発見にプリン処理のピッチが上がる。

だが、所詮プリンはプリン。

胃の中がプリンと塩こうしょうで埋まって気持ち悪い。

最後のほうは頭が痛くなってきた。

puri11




一応、完食した。

今回判明したことは・・・、

・プリンは容量を守って食べるべし。

・プリンは塩こしょうをかけると味が変化する。

・「丼プリン」はおやつじゃない!

しばらくプリンは遠慮しておく。


ごちそうさまでした!

puri12


puri13


barlabala at 21:10│Comments(0)TrackBack(0) コラム殴り 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ちょこっと気分でモンパレほい