えせ男爵の風俗旅情

えせ男爵が日本各地・世界各国からお届けする、ナンセンスきわまりない風俗旅情をお楽しみください。

シェムリアップ

カンボジア・シェムリアップのエロ按摩「Top Town」

店舗名:Top Town
業種:エロ按摩
場所:国道6号線沿い
費用:ショートUS$ 63+ゲストハウス代US$ 15、計US$ 78(約6K)
調査時期:2012年3月


久しぶりに遺跡の町の風俗事情をお伝えします。 シェムリアップのエロスポットといえばプサー・チャ―からほど近い「ソクサン・パレス」だったのですが、今では取り壊されてすっかり様変わりしています。以前、サリナ・ホテル近くにあった置屋も壊滅しているので、エロスポットは郊外に押しやられつつあります。そんななか訪れたのは国道6号線沿いのここです。


トゥクトゥクで向かいます。ほとんどのドライバーはこの店の場所を知っています。なおこのとき「往復で」といわれるので、往復で借り上げておくほうがいいです。なぜなら後述するように後でゲストハウスへ移動する必要があるからです。なお徒歩でも行けなくはないと思いますが、国道からけっこう奥まった位置にあることと、ゲストハウスへ移動する便を考えると、結局最初からトゥクトゥクを雇っておいたほうが便利です。往復で頼んだ場合、支払いは最後で構いません。


店構えは普通のカラオケと変わりありません。入店すると、コンチアがカラオケルームの一室に案内してくれます。そこでしばらく待つと、10数人の姫たちが列をなして現れ、コンチアが誰を選ぶか訊いてきます。プノンペンに比べると、正直見劣りするのですが、それでも目移りしてしまいます。

そんな中でも、真っ先に部屋に入ってきた姫で、恰好はややおとなしめなものの、可愛らしい笑顔が印象的なアイリーンちゃん(仮名)を選びます。


コンチアに彼女を指名する旨を告げると、小生と姫を連れて部屋の外に出、受付に向かいます。ここでショートで63ドルといわれるので、支払います。プレイ場所は店の外のゲストハウスで、といわれます。どうやら店の中でプレイを提供するのが難しくなってきているようです。


外に出ると雇ったトゥクトゥクが待っています。姫はそれには乗り込まず、バイタクで別に行きます。姫を乗せたバイタクと小生のトゥクトゥクは共に走り出し、店を出てすぐの、国道沿いの何の変哲もないゲストハウスの前で止まります。そこは連れ込み専用になっているようで、受付で15ドルを支払うと、すぐに一室に案内されます。


部屋はやや古ぼけていますが、どうせすることは決まっているので許容範囲内です。

今夜のお相手のアイリーンちゃんは、英語はそれほどできませんが、いくつか日本語の単語は知っていました。なにより明るく愛想がいいので、なんとなくコミュニケーションがとれて楽しい娘でした。


シャワーは別々でしたが、ベッドインすると親密度もさらに上昇します。彼女はキスにも積極的で、しばらくお互いの身体を愛撫し合いますが、お互いの大事な部分も火照ってきたので、愚息にゴムをつけてもらい、ひとつになります。


はじめは正常位で、続いて対面座位で愛し合います。姫も積極的に腰を動かし、お互いの身体を抱きしめ合いながら気持ち良くなります。異国の地で、言葉が通じあわない者同士の、しかもお金を介した行為にすぎませんが、こうして積極的に応えてくれるとやはり愛おしさがこみ上げてきます。最後は正常位の態勢で姫の感じる顔を見ながらフィニッシュです。


ホテルを出て、姫は来た時のバイタクで、小生は待たせていたトゥクトゥクで別々に帰途につきます。一期一会のわびしさも感じつつ、宿泊先のホテルに戻りました。


それでは僭越ながら評定です。


女の子:★★★★☆(やはり明るいエッチな娘は良いです)
コストパフォーマンス:★★★☆☆(観光地なのでやや高めですが、もちろん日本と比べれば格段に安いです)
店舗:★★★☆☆(ゲストハウスに連れ出す仕組みがやや面倒ですが、官憲対策としていたしかたないかもしれません)

シェムリアップの風俗「ソクサン・パレス」

店名:ソクサン・パレス
費用:ショートUS$ 60+チップ
調査時期:2009~2010年頃

 今回はカンボジアでも観光客は必ず行く遺跡の町の風俗事情をレポします。
 シェムリアップは小さな町ですが風俗方面はそこそこあります。かつてはサリナホテルの通りに置屋が何軒かありましたが、この2~3年で壊滅状態です。ただ、町にあふれるバイタク(バイクタクシー)の運転手がやたらと声をかけてきます。これについて行くとローカルな置屋に連れて行かれるようですが、不潔な上に、高いコミッションを取られる(50~80ドル)のでおすすめできません。なおこの手の置屋は20ドル程度です。
 もうすこし質の高いものならばプサー・チャー(オールドマーケット)近くのソクサンパレスがいいでしょう。小生はこれまで別々の時期(2009~2010年頃)に三度訪れています。
 ここはディスコ、カラオケ、マッサージの複合娯楽施設で、ガイドブックにも載っています。入口から左に入るとディスコ、右に入るとマッサージとカラオケになります。

 一回目のときはまずディスコに入ったのですが、時間が早かったためか客はほとんどいません。席についてビールを頼むと、すぐに女の子(Aちゃん)が横についてくれます。Aちゃんにも飲み物をおごってあげて乾杯です。
 Aちゃんはクメール人にしてはかなり長身でモデル体形です。英語もかなりできるので、コミュニケーションも問題ありませんが、すぐに小生の股間をまさぐり始め、熱烈なキスで迫ってきます。「マッサージに行かない?」とお誘いをしてくるので、OKします。
 まずマッサージの受付で料金を払い、二階のプレイルームに移動します。部屋はホテルのような体裁になっており、各部屋にはベッドとシャワーが設備されています。
 部屋に入り、別々にシャワーを浴びます。このときに荷物は無防備な状態になりますので、必要以上の現金や貴重品、パスポートは持って来ないほうが用心のためです。シャワーから上がると、ベッドでプレイ開始です。
 Aちゃんはベッドでも積極的です。FはG着ですが、この国ではFでも生は危険なので避けた方がいいでしょう。そのまま小生の上に腰を沈めてきて、激しくグラインドを始めます。その後、正常位や座位に体勢を変化させて交わりますが、ともかく淫乱な腰つきでした。
 プレイ後にチップをあげ、部屋を後にします。店の外のバイタクをつかまえるところまで見送りに来てくれて感激でした。

 二回目はディスコには行かず直接マッサージに向かいます。そこにはいわゆる金魚鉢があり、色とりどりの娘が指名を待っています。全体的なクオリティーも高く、辺り一面に化粧の粉の匂いが漂っており、淫靡な感じになります。
 そのなかでややおとなしそうなBちゃんを選びます。受付で料金を払い、二階のプレイルームへ手をつないで移動します。
 Bちゃんは英語はほとんどできず、簡単なクメール語のあいさつを交わすのが関の山だったので、すぐにプレイに移行します。
 ただプレイ自体もぎこちないというか慣れていない感じで、GFをお願いしますができないといわれてしまいました。仕方ないのでこちらから攻め、頃合いになって愚息を挿入します。
 合体していても、Bちゃんはシーツを握って息を押し殺すようなあえぎ声をあげるので、なんだか女子○生をだまして犯しているような背徳的な感じになります。
 プレイ後、とくにBちゃんからチップをねだってくることもなかったのですが、こちらから少々のチップをわたすと丁寧に「オークン・チュラン(ありがとう)」と微笑みます。

 三回目も直接マッサージに向かいました。金魚鉢で、これまたおとなしそうな小柄の若い姫(Cちゃん)を指名します。Cちゃんも英語があまりできないので、コミュニケーションにやや難がありますが、ボディランゲージでなんとか国際交流を試みます。
 キスをすると、なんだかスパイシーな味がします。きっと直前まで何か食べていたのでしょう。Fをしようとしてくれますが、そのまま生でくわえられそうになったので、Gを付けてくれるよう頼みます。するとゴムの味が嫌なのかGFにNGを出されてしまいます。
 仕方ないので早々に本番プレイへと移行します。しかし完全にマグロで、しかも秘部が浅くて半分しか入りません。最終的には放出に至りましたが不完全燃焼気味です。残念ながら今回は相性が会わなかったようです。

 なお料金はマッサージ(ショート)で50~60ドルを受付に渡し、まれにコンドーム代として1ドルを要求されることもあります。チップは時と場合によると思うのですが、小生は10~20ドルほど渡しています。ただ現地の基準(日雇い労働者の日当が5ドル以下)からは相当高額なので、多すぎず、少なすぎず、という加減が必要かと思います。
 かつてはプノンペンでは5ドルで連れ出しOKという時代もあったので、それに比べるとここはかなり高額かと思いますが、治安や衛生面を考えると、観光客にはうってつけかと思います。  

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ