ブログネタ
DVD・レンタル鑑賞レビュー に参加中!
d8e9ce97.jpg社会派ドキュメンタリー映画、ですよね?たぶん。十代の女性二人が肥満になった原因はファーストフード店の商品にあるとしてマクドナルドを提訴するんだけど結果は敗訴。ところが判事の「同社の宣伝通り毎日毎食製品を食べるのは著しく危険だと示せれば再提訴も可能」という興味深いコメントがあったことから、それを実証するべく一人の男が30日間、朝、昼、晩と三食きっちりとマクドナルド商品を食べ続けるという実験を自らの身体を犠牲にして行ったその記録がこの作品。なんともアメリカらしい発想だなぁ(笑)。
題材的に身近に思えるせいかマイケル・ムーア作品よりも興味深く観れましたね。アメリカ本土にはまだ行ったことないんだけど、ハワイに行ったときにファーストフード店でドリンク買ったらメチャメチャでかいのがでてきてびっくりした覚えがあります。1リットルくらいあったんじゃないかな?持ってるだけで手が疲れてしんどかったんだけど、なんであんなでかくする必要があるのかとっても不思議でした。でもそれがレギュラーサイズみたいなんですよね。でもこの作品観てたらそれよりもっとでかいサイズがあるじゃないですか! バッカじゃないの?(笑) だいたい何だよスーパーサイズってッ!セブンイレブンの1900ccのドリンクカップって何よ?

結末はハッキリ言って誰でも想像つくでしょう、どう考えてみても有害な気がするもん。そういう私もファーストフードは月に1度利用するかしないかで、積極的には行きません。まぁ、何でも度が過ぎる食べ過ぎはよくないんでしょうけど、もはや嗜好品みたいなもんなんでしょうね。この映画こそ吹替版にして親子に見せるべきかもよ。でも絶対地上波民放じゃ放送しないよねぇ(笑)