ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
32061dd3.jpgダニエル・ウーつながりってことで便乗アップ。これはずっと前に観てレビューも書いておきながらアップし忘れてました。これじゃ全然映画日記にならないネ(苦笑)

ワタシ的には劇場に行ってまでは観ないけどDVDになれば観るってタイプの映画なんですが、ジャッキー・チェンの香港映画復権を果たした作品ということで、ちょっと楽しみにはしてました。で、感想を言えば、なかなか面白かったです。香港映画としてもジャッキー映画としても「らしさ」が全面に出てる感じで、娯楽作品としてはヨカッタと思います。

+++ちょいあらす
香港警察のチャン警部<ジャッキー・チェン>は、銀行をゲーム感覚で襲った犯罪集団を3時間で逮捕してみせると意気込んで奴らのアジトに乗り込むが、周到な的の罠に陥り、部下を次々と惨殺されてしまった。唯一生き残ったチャン警部は、自責の念から休職、失意のどん底へと落ちた。そして1年経った今でも毎晩泥酔し、薄汚い路地裏を徘徊する落ちぶれた日々を送っていた・・・
+++

ジャッキー・チェンはやっぱり香港が似合いますね。ハリウッド作品のときよりも生き生きしてるように見えたんだけど気のせいじゃないですよね? アクション映画の主演をはるにはちょっと年をとったかなと思えるジャッキーをどう味付けするのかなと思ってたけど、落ちぶれた警部が失意の底から這い上がってくる役柄なんて、見事にジャッキー・チェン自身とシンクロするようで、いいハマり具合だったんじゃないでしょうか。

さすがに、香港映画をああだこうだ論評できるほどの知識はないんで抽象的なことしか言えないけど、なんか単純に楽しめましたネ。犯罪集団の若者たちはかなり現実離れした存在だけど、やることが派手で豪快なんで娯楽作品としてはあそこまで徹底してればリアリティなんか関係無いって感じかな。それにしてもジャッキー達の吹替無しのアクションシーンの数々は流石ですよねぇ。かつて楽しんだ痛快でゴキゲンでダイナミックでカッチョイイ香港アクション映画にまた出会えたって感じですね。チャン警部が酔っていても強いのはやっぱり酔拳の使い手なんでしょうか?ベタ過ぎか(笑)。

どーでもいい話ですが、ニコラス・ツェーがカッコイイ時の武田真治に見えてしょうがなかったんですけど、なんか似てませんでした?ショートカットの可愛い婦警さんのシャーリーン・チョイはTWINSの片方ですよね?この子って日本のアイドル好きな人にすごくウケそうな感じしません?なんかアニメっぽいキャラですよね。