ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
67a71067.jpgま、まさか、まさか・・・160分ほどもかけた長編大作でそんな結末だとは全く予想してませんでした。最後にドっと疲れました。嫌な疲れじゃないですけどね(笑) 基本的にこのブログでは核心ネタバレまではふれないように注意してるんですけど、これから書くことは核心なのかどうかビミョーでもあるんでネタバレしたくない方は観賞後にお読みください。未見の方向けに1つポイントを書いておくと前作の予習・復習はしておいたほうが絶対楽しめると思います。

出演はジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイなどなど。
監督: ゴア・ヴァービンスキー

+++ちょいあらすじ
不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返したキャプテン・ジャック・スパロウ。再び自由を手に入れた彼の前に、逃れられない宿命が立ちはだかる。それは、今から13年前、ブラックパール号の船長となるため、自らの魂と引き換えに、船乗りたちが最も恐れる深海の悪霊・ディヴィ・ジョーンズと交わした「血の契約」。ジャックの魂を取り立てようと巨悪な力がジャックに襲いかかろうとしていた・・・
+++

キャプテン・ジャック・スパロウとディヴィ・ジョーンズの関係を観ていて「なんだか、『スターウォーズ』のキャプテン・ハン・ソロとジャバ・ザ・ハットみたい」って思ってたんですヨ。そしたら、なんと結末が「帝国の逆襲」みたいに・・・コレってまだ前編だったの!?終わらないなんてどういうこと!?別に消化不良だったわけじゃないのに最後の最後で欲求不満状態です。続きはいつ見せてくれるんですかァァァ。160分近くも見せといて結末見せないなんてちょっとあんまりですよォ。満足度は高いのにモヤモヤしてるという極めて異色な作品です。そういう意味でもまさしくエピ5「帝国の逆襲」でしたヨ。

完璧なまでに前作からの続編です。登場人物、人間関係とかちょっと忘れかけてることも多くて頭の中がやや混乱です。特にウィルとお父さんの関係がキーポイントの1つになってるのに前作でどういう経緯があったのか覚えてなくて思い出しながら観てるからちょとずつノリ遅れていっちゃって、あぁ細かいところが思い出せなぁい。直前に前作を復習しておけばヨカッタとちょっと後悔。最後のサプライズは客席中キョトンとして変な空気でしたよ。私も一瞬、???でした。

内容も出演者たちも前作より遙かにパワーアップしてましたね。ジョニDのジャックもオーランドBのウィルもキーラNのエリザベスも役者もキャラもどっちもみんな成長していて逞しく見えるのがなんとも嬉しくてワクワクしちゃいました。前作はアトラクション「カリブの海賊」の世界を映画化することに重点があったけど、本作は海賊冒険ファンタジーとして壮大にスケールアップされてます。超スペクタルな見せ場の連続なんだけど、笑えるところが多いので観ていて疲れることはありません。グイグイと引き込まれ長尺ながらあっという間に時間が過ぎていきます。スゴク面白かったです。面白かったけど、やっぱりあの結末はァァァ・・・早く続きを見せてくださいッ。でも、ディズニー映画とはいえハッキリ言ってこの内容はお子さんには難しいでしょう。特に日本語字幕だとボリュームが大きい分キツイと思います。内容的にもいろんな登場人物のいろんな思惑が入り乱れるのでけっこうややこしく、大人でも戸惑ってる人、上映終了後そんな話している人達けっこういましたね。

クラーケンって「タイタンの戦い」でポセイドンが操ってた怪獣なんですよね。てっきりギリシャ神話の怪物だとばかり思っていたのでちとビツクリ。しかも大蛸みたいな化け物で思わず「あの足焼いて日本酒のつまみにしたら旨いのかな?」とジャックたちが大変な最中くだらないことをついつい考えてしまいました(笑)。

とりあえず、只今、第一作再観賞中です。一般公開したらリベンジ観賞するカモっ。