ブログネタ
日本映画 に参加中!
93dc2fb2.jpg原作は山田詠美さんの小説。彼女の本は「ベッドタイムアイズ」以来読んだことないんですけど、なんでもこの「シュガー&スパイス」はわりと短めのお話を映画用にかなり脚色を加えているそうですね。原作未読の私にはあまり関係無いですけど膨らまし方によっては別物になってるってことでしょうか。個人的には小説的な空気感と柳楽くんの宇宙人的目ヂカラと「間宮兄弟」な沢尻エリカちゃんに期待してました。

今回の感想日記、微妙にネタバレしてるかもしれないので未見の方はご注意ください。

出演はその他に、夏木マリ、チェン・ボーリン、大泉洋、岩佐真悠子、高岡蒼甫、サエコ、木村了、濱田岳、奥貫薫、光石研、佐藤二郎、板倉俊之など。

+++ちょいあらすじ
高校を卒業した志郎は両親の反対を押し切り大学へは進学せず、とりあえずガソリンスタンドで働きだし、自立のために一人暮らしする事を考えていた。両親と折り合いの悪い志郎にとっては自分を「グランマ」と呼ばせるアメリカかぶれの祖母が頼りになる存在だった。そんなある日ガソリンスタンドに新たなバイトとして大学生の乃里子が入ってきた・・・
+++

道路は整備されてるけど、まだ建物はなくこれから新興住宅地として開発が計画されてるかのような雰囲気の空き地が続く風景の中に、ポツリと佇む60年代風のアメリカンクラシカルなガスステーション。まだまだ色味がない背景の中ではこのガスステーションはとても個性的な存在感があります。横田基地のある福生市ということで横須賀のようにこの街もアメリカ的な雰囲気が漂うとこなのでしょうか。この辺りに行った覚えがないので実際のところはわかりませんが、映し出される何もない風景が日本なのに日本じゃないみたいで、現実にはありえなさそうだけどそれが小説っぽくもあっていい感じでした。こんな車の通りがないとこじゃ商売にならないでしょと思いつつ、このガスステーションに合わせたような街が出来上がり風景が彩られていくと私の好きな鈴木英人さんのイラストのような風景になっていくんじゃないかなと勝手に空想して楽しんじゃいました。この雰囲気いいですね、好きですよ、気に入りました。

主演が柳楽くんということで寡黙に淡々と進むような物語かと思ったら、柳楽くんがこんなに冗舌になれるんだというくらい喋る喋る(笑) 感情表現も豊かで等身大の高校生を演じ、これまでの作品で定着しそうだったちょっと暗いイメージを払拭します。エリカちゃん演じる乃里子とのセカンドコンタクトのシーンでは「ハチクロ」の真山くんのように「恋に墜ちる瞬間」を目撃してしまいました(笑)。この映像の中でのエリカちゃんは眩しすぎます。周りが男性ばかりというのもあるんですけど、彼女なら否が応でも惚れるでしょって感じの構図があっさり出来上がります。でもそれは反面では何故彼女が振られたんだろうという疑問にもなるんですけどね(笑)

傷心した乃里子をまだ女性経験も社会経験も未熟な志郎の純粋な優しさが癒し、彼女もそんな志郎に心惹かれていきます。激しく恋愛感情をぶつけることもなく片想いに苦悩するって感じでもないんだけど、二人の気持ちの揺れ動きや二人の距離の近づき方がとても自然に描かれていてそれを観ている私も心地よく感情移入していくことが出来ました。またそんな二人を優しく見守り人生の助言を与える夏木マリさん演じる志郎のグランマの存在もとても魅力的でした。まるでジブリ映画から抜け出してきたかのような強烈なキャラですけど、グランマはまさにこの物語におけるシュガー&スパイスだったのかもしれません。

二人の恋愛模様がとても甘酸っぱくて心地よかっただけに、物語が進む方向は私にはちょっとショックで納得し難いものがありました。乃里子ちゃん、それじゃ結局優柔不断なだけじゃん。彼女の心の中ではずっと引きずって忘れられないものがあったのはわかるけど、それならそれで志郎とちゃんと対話してほしかったナ。もちろん志郎も志郎であの現場を目撃したとき逃げずに勇気をもって向き合えればヨカッタんだろうけど、でも失うかもしれない怖さってのもあるよね。

「風味絶佳」これがこの作品の描きたかったことだというのはよくわかるし、全てはあのグランマの言葉に集約するための流れだったのでしょう。でも元カレの魅力や惹かれる理由みたいなとこが全然描かれず悪役的な描かれ方なので乃里子の選択には正直かなり戸惑います。伏線はあるし言われてみればそうだと思えるんだけど、直感的に気付くのは難しい。やっぱり「嫌いは好き」というのが彼女にとって重要なキーワードになってたんですね。

志郎にとってはあまりに切なくほろ苦い青春の1ページであり、そして大人へ通過点。この経験で一回り成長した彼の次の恋はもっと素敵なものになることでしょう。そんなことを想像させるラストシーンでした。

私にとって森永ミルクキャラメルの思い出といえば、「抜けそうだった乳歯がキャラメル食べてるうちにくっついて自然に抜ける」ですね。でも実は虫歯のモトだったのかもしれないけど、これもある意味シュガー&スパイス?(笑)

ところでッ、もしかしてラストにでてきたあの女の子って蒼井優ちゃん?ですよね???