ブログネタ
日本映画 に参加中!
4d2ab695.jpgアレレ?何だか想像していたのとはだいぶ違いました。事前に得ていた作品概要とも微妙に違う感じだし。監督が「ヴィタール」の塚本晋也さんなので、このダークでグロなテイストはわかるんだけど、タイトルからイメージしちゃうような探偵モノではない気がするんですよねぇ。

出演はその他に、安藤政信、大杉漣、原田芳雄、塚本晋也

+++ちょいあらすじ
少女と中年サラリーマンの惨殺死体が立て続けに発見された。二つとも自室のベッドの上で無惨に切り刻まれていたが、サラリーマンの妻の証言では夫は自ら自分を切り裂いていたという。しかし自殺にしてはあまりに異常な状態だった。事件を担当するエリート刑事・霧島慶子と同僚の若宮は被害者の遺留品である携帯電話の記録から二人とも「0」で表示される謎の人物と最後に電話をしていたことに気付くのだった・・・
+++

「悪夢探偵」というタイトルからダークなヒーローが猟奇的事件を特殊能力で解決していくようなミステリーサスペンスを想像してたんだけど、ほとんどの捜査はhitomi演じる美人刑事・霧島ら警察側で行っていて肝心の悪夢の中に入り込む松田龍平演じる影沼京一はそれほど活躍してなかった印象です。悪夢探偵という言葉も出てこなかった気がするし影沼の稼業という感じでもなく、どちらかというと事件に関わることは消極的だったし、もしかしてこれってはまだ序章に過ぎない作品のかな?

どうみてもこの物語の主人公はhitomiの霧島慶子刑事でしょ?というくらい終始出っぱなしで出演シーンはあきらかに松田龍平くんよりも圧倒的に多いです。私は歌手のhitomiはわりと好きなほうでアルバムも1枚くらい持ってた気がするんだけど、女優業は向いてないような気がします。ビジュアルがいいので画的には映えるけどセリフはお世辞にも上手いとは言い難いです。「愛ルケ」でのハセキョーの棒読みセリフが案の定酷評されてますけど、あれは脇役だったしお色気で頑張ってましたから、まだいいんじゃないかと思えるんだけど、hitomiは主役なので黙認しようにも気になって仕方ないんですよね。

気のせいじゃなくてhitomiのドアップばかりがやたら多くて、ホラーテイストのPVでも観てるかのような映像がいっぱいです。霧島にしても影沼にしても人物背景の描写にもう少し力を入れてほしかったですよね。それから探偵と銘打つからにはミステリーとしての面白さはハズしてほしくないんですよね。警察にしても影沼にしても事件を捜査し解決していく過程が見せ場だと思うんだけど、展開がかなり強引で結局うやむやな結末にしか見えなかったんですよねぇ。意味ワカンナイって。

でもね、なんだかわけわかんないだけど、スゴイのよ(笑)。でも冷静に考えると映像で誤魔化されてるだけのような気がしないでもありません・・・が、ハリウッドがリメイク権を買い付けたなんて話も耳にしましたし、ちょっと期待しちゃってますヨ。ブラピが演るなら観るッ(笑)。