ブログネタ
日本映画 に参加中!
7f758e9c.jpg原作は市川拓司さんとはいえこのキャスティングはアイドル映画になってるかもしれないとちょっと警戒してたんだけど、それが返ってヨカッタかもしれなません。意外にも心地良く泣けた一方で中途半端さにモヤモヤ感も残る不思議な映画でした。ワタシ的には許容範囲(笑)。

出演はその他に、塚本高史、国仲涼子、北川景子、黄川田将也、本多力、黒田凛、深澤嵐、桑代貴明、和久井映見、小日向文世

+++ちょいあらすじ
アクアプランツの店「トラッシュ」を開店し繁盛とはいかないまでも何とか経営してきた遠山智史。ある日、智史が店に帰ると一人の若い女性が現れる。彼女はどうしてもこの店で働きたいと頼み込み強引に居着いてしまった。翌日になって彼女は元人気モデルの森川鈴音であることを得意先のパン屋の美咲さんに教えられる。さらに、その後、鈴音が実は幼馴染みの滝川花梨であることに智史は気付き驚くのだった・・・
+++

お話は垢抜けた韓国映画といった感じかな。だってね、幼馴染みでしょ、初恋に約束、不遇な家庭環境、別離、タイムカプセル、運命の再会、宝物、秘密、病気、交通事故ですよ。もうワタシ的には珠玉のキーワードがこれでもかってくらいてんこ盛り(笑)。他にも、森の湖畔にある廃バスの秘密基地、愛読書のフランダースの犬、トラッシュと名付けられた犬、約束通りその名を冠したお店、、佑司の描く廃棄物のスケッチ、個展、水草の水槽を照らす幻想的な光、プリズムの光などなど私の心をくすぐるキーワード、アイテムが盛り沢山。そして、長澤まさみ、山田孝之を主人公にして脇も美男美女でガッチリ固めまくった超ベタ級の美しき純愛物語です。ツッコミどこが随所にあってアリエナイ展開ではあるからたぶん冷めた目線で入っていくと間違いなくノレないですよ。これは現代のファンタジー、寓話として楽しむべき作品。

とはいえ、私もさすがにこんなんでは泣けないだろうなぁと思いながら観てたんですよ。でも不覚にも泣けてきちゃうんですよ、コレがっ。決め手になったのはやっぱり子供時代のエピソードですね、もぉピュアで切なくて胸がキュンキュンしちゃいました。超ベタなお話も純真な子供たちのドラマとなるととても絵になるというか、お伽噺のような思い出も違和感なくて自然に感情移入出来ちゃうんですよね。わりと早い段階で花梨の誕生日のエピソードがあるんだけど、これが何かとても切なくて温かくてね、ココで不意に予期せず涙腺が緩んだら、その後の展開ではもうツボにハマるごとに泣けちゃいました。子供時代、花梨と智史の母が心を通わせる場面が二度あるんだけど、これがもぉたまらなくいいんです。私も思わず抱きしめてあげたくなるくらい。正直、現在進行形のお話だけだったらこうは泣けなかったと思うんだけど、子供時代にたっぷり感情移入出来たことでその感情が大人になった智史や花梨にも自然に繋がっていったんだと思います。

それにしても最後の15分くらいは不思議な展開でしたね。クライマックスが2度やってくるような感じなんです。原作モノだけにストーリー構成は何とも言えないだけど、あれだけ感動的なヤマ場を迎えれば普通はこれで終わってエンドロールだと思っちゃうわけで、それが終わらずにアレ?アレ?って戸惑う中でまだ続くんですよね。しかもそれがやや早急な展開でかなりベタ、オチも予想通り(笑)。15分くらい前にえらい感極まったばかりだというのにホントにラストシーンでもう一度泣けって言うんですか?いや、ちょびっとばかし泣いちゃいましたけど、さすがにテンション落ちてますよ。クライマックスが2度あるということはつまり盛り上げるための仕掛けも繰り返されるってことなんですよね。奇病などのアリエナイ設定自体は別にいいんですよ、これは創作なんだし。でもだからといって不幸や奇跡を重ねてしまうのは興醒めですよね。いくらなんでもそんなムリヤリな演出しなくてもいいんじゃない?

映像的にもテレビ的な手法が目に付くのが気になります。被写体が静止してるのにカメラワークがやたらとムーブするんですよね。たいして広い部屋でもないはずなのに何故かやたらとクレーンカメラなアングルが多かったりしてとても不自然。そーいえば韓国映画が好きなグルグルカメラもありました。繊細なお話なのにカット割りが細かくてアップも多すぎて画面が落ち着きません。この演出がもう少し映画的正統派な手法だったら良かったのになぁと残念に思うんですよね。

久々に邦画の純愛モノを観たこともあって、そんなダメダメなところも帳消しにするように、心揺さぶられた部分が勝って何だか満足出来ちゃったんですけど、違うタイミングで観てたり私の心理状態によっては真逆の印象になってたかもしれません。もしかしたらこれはある意味「初雪の恋」のおかげと言ってもいいのかも?(笑)。

そそ、柴咲コウさんが歌う主題歌「プリズム」、これっていい曲ですねぇ。作品への貢献度、高いと思いますヨ。