ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
375c8f44.jpg全国同時公開されてることもあって初日に鑑賞されてる方々が多いですね。私でさえもいい加減もう打ち止めにしちゃえばいいのにと思いつつも、ファーストの衝撃をもう一度味わいたくて期待しちゃうんですよね。

出演はその他に、スコット・パターソン、ベッツィ・ラッセル、コスタス・マンディロア、リリク・ベント、アシーナ・カーカニス、ジャスティン・ルイスサイモン・レイノルズ、マイク・リアルバ、マーティ・アダムズ
監督: ダーレン・リン・バウズマン

+++ちょいあらすじ
ジグソウと弟子のアマンダが死に、ホフマン刑事はジグソウ最後の殺人ゲームの現場でパズルを解明しようと必死だった。殺害されたケリー刑事と親しかったSWATの指揮官リグスは事件の解明に執念ん燃やすが、その彼に新たな殺人ゲームの魔の手が襲い掛かろうとしていた・・・
+++

初っ端からスプラッターな映像ばかりでキツかったです。お昼どきの回でホットドッグでも食べながらなんていうのはやめたほうがいいですよ。予告編のうちに食べ終えてしまいましょう。しかし何もいきなりジグソウ剥がさなくてもいいのにィ(焦っ)。何だかこれまでの作品よりずっとお金掛けました?スケール感もアップしてB級な香りをほとんど感じません。しいて言えば俳優くらいかな?

今回の物語の核となるのはジグソウとアマンダの死後も続く殺人ゲームを誰が行っているのか?ということ。この仕掛けは単純ながらもジェットコースターな展開もあってまんまと騙されてしまいました。ま、勘のいい方ならすぐに気付くことでしょう。

観てるときは深く考えないようにしてたけど、終わってみてから先ず疑問に思うのはリグスをバスタブに誰がどうやって眠らせたのかってこと。泣く子も黙るかどうからわからないけど屈強なSWATの指揮官ですよ。いくら用意周到でも簡単にはいかないでしょう。機材の搬入にしても、仕掛けにしても、やっぱりスケールが大きくなることでムリヤリ感が生じちゃうんですね。モーテルの後に移動したあの夫婦がいた建物や最後のギデオンにはリグスはどうやって辿り着いたんだっけ?そして一番不可解なのが、ラストでのストラム捜査官の行動。たぶん時系列を重ねてたんだとは思うんだけどわかりにくいったらありゃしない。

とりあえず最後のシーンはどう考えても第5作へ繋ぐ導線ですよね。商魂たくましいのね(笑)。次回作はどうして彼がジグソウの殺人ゲームを引き継いだのかが鍵になるのかな?でもそしたら永遠に終わらないでしょこのシリーズ(笑)。