ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
54894e37.jpg前作を劇場で観なかったのを後悔したんですよね。だって「エイリアン」の流れで考えたら、もぉ面白くないでしょと思ってしまったんです。DVDで観たら意外にも面白くてビックリ、この続編も待ってましたって感じです。今度はちゃんと劇場で観ましたァ。

出演は、レイコ・エイルスワース、ジョン・オーティス、アリエル・ゲイド、など

+++ちょいあらすじ
南極の地下深くに眠る神殿での死闘の末、宇宙船の中で誕生したチェストバスターはその船内でプレデターに寄生しプレデリアンとなり、次々にプレデターを殺戮した。コントロール不能になった宇宙船はコロラド州の人口5000人程の小さな町ガニソンに墜落する。クリーナーのニュー・プレデターはその情報を得るとすぐに墜落現場へと乗り込むが、既にプレデリアンのプレデリアンの寄生活動は始まり、町の人々は恐ろしい惨劇を目の当たりにしていった・・・
+++

ジャーン! 真打ち登場ォォォ!たぶん予定ではこれが2007年の劇場観賞は見納め作品です。期待以上に楽しめました、面白かったデス。

コロラド州の小さな町を舞台にしたSFパニックホラー映画。骨格となってる設定はとってもB級テイストで、主な登場人物の中にはセクシー担当の女の子やいじめられっ子にいじめっ子など定番的なキャラクターがしっかり存在してます。主役はあくまでもエイリアンとプレデターなので人物の中には捨てキャラも多いんだけど、皆にそれなりに役割があってキャラが立ってるのはいい感じです。本編94分という尺もB級映画らしいコンパクトさだけど、その内容やクォリティはB級ではなくとっても濃厚だからいいんですよね。不思議と贅沢感がある内容です。これが大作狙いだと逆に味気なくなっちゃうものなのかもしれませんね。

前作からだいぶ時間が経ってるけど、特に何の説明もなく始まる物語はそのまま続編です。説明なんて今さら不要なんですよね。楽しみたいなら前作の予習は必須です。ストーリーはシンプルで直球、特に何も考える必要はありません。観てるこっちはスクリーンで次々に起こる惨劇や闘いにドキドキハラハラしながら手に汗握ってればいいんですから、ザッツ・エンターティーメント。

欲を言うとですね、プレデターに寄生して誕生したエイリアン、プレデリアンの造形をもう少ししっかりじっくり見せてほしかったです。暗いしデカいし速いしでよくわかりませんでした。とりあえずドレッドヘア?にはなってましたね。寄生した生命体の遺伝子を受け継ぐんだとしたら知能レベルも高くなるのかな?

ラストのオチは予想ついてはいたけど、あれは禁じ手ですよね。恐ろしィィィ。続編の匂わせ方がまるで「ターミネイター」みたいだけど、続編も楽しみィ。