ブログネタ
日本映画 に参加中!
62aa02c8.jpgもう一日くらいゆっくり休んでればいいものの、映画中毒なんでしょうか、禁断症状の気配に耐え兼ねて観に行ってきちゃいました。大舞台での経験こそないけど合唱大好きだった私は迷わずこの作品を再優先。たくさんの元気をもらえそうなビタミンいっぱいの映画を期待デス。

出演はその他に、石黒英雄、徳永えり、亜希子、岩田さゆり、ともさかりえ、間寛平、薬師丸ひろ子、ゴスペラーズ、吉川まりあ、 山本ひかる、矢部裕貴子、粕谷佳五、七枝実、江畑浩規、KUMAMI

+++ちょいあらすじ
合唱部のかすみは自分のことが大好きな女子高生。特に歌っている時の自分には自信過剰なくらいに酔いしれていた。そんなある日、密かに思いを寄せていたイケメン生徒会長の牧村純一から歌っている姿を撮らせてほしいと頼まれ、これは両思いに間違いないと有頂天に。しかし、出来上がった写真を見てかすみはショックを受け自信も失ってしまった・・・
+++

序盤、前置き長いしちょっとふざけすぎじゃないかと思ってたら、なんと不覚にも湯の川学園の「15の夜」に涙しちゃいました。予告編の印象だとゴリさんたちの老けた高校生軍団はたんなる賑やかし役だとばかり思ってたけど、ドラマの盛り上げ役としてだけじゃなくて感動させるツボとしても私にはかなり効きました。出来ることなら彼らが唄う尾崎豊をもっと聴いていたかったくらいです。私の高校の時の担任は声楽科出身の音楽教師だったんだけど、その先生は歌謡曲や洋楽を選んで歌わせてくれたので楽しかったのを思い出しちゃいました。

自意識過剰でナルシスたっぷりなかすみにはさすがに感情移入出来なくて、彼女の恋愛模様も遊びが多すぎて早く本題に入ってくれないかなぁとやきもきしかけていたんだけど、まさかあんな冗談の塊みたいなヤンキー高校の合唱部に心打たれてしまうとは思いもしませんでしたが、そこから自分を見つめ直しあらためて合唱と向き合い、仲間たちと心を一つにしていく姿には自然と私の気持ちもシンクロしちゃったのでした。

前半の早い段階で泣けちゃって涙腺が緩んじゃったもんだから、その後の展開もすんなりと溶けこんじゃって、そのまま最後まで中だるみもなくとてもいい気分のままエンディングを迎えることが出来ました。やっぱり合唱っていいよねぇ。私の合唱の経験なんて学校内でのイベントくらいだけど、みんなで1つになってやり遂げたときの達成感が格別なんですよね。そんなみんなの真心がこもったラストシーンには私も心の中でスタンディングオベーションしてました。

青春映画としては二番煎じみたいな印象は否めないかもだけど、それでもワタシ好みなので満足できちゃいました。まぁ、欲を言えばもっとリリカルな青春群像劇なとこがあったりするとなお嬉しぃんですけどねぇ。
薬師丸ひろ子さんが歌う「OH MY LITTLE GIRL」も素敵でしたねェ、出来れば全編聞きたかったなぁ。


歌魂度★★★★☆