ブログネタ
日本映画2 に参加中!
2dda5a28.jpgワタシ的に大傑作「運命じゃない人」の内田けんじ監督による待望の最新作です。「運命じゃない人」から3年という事なんですけど、内田けんじ監督のことだから練りに練った緻密な脚本と巧みな演出で気持ちよく翻弄してくれるんじゃないかととっても楽しみです。

出演はその他に、田畑智子、常盤貴子、北見敏之、山本圭、伊武雅刀

+++ちょいあらすじ
母校の中学で教師として働く神野とサラリーマンの木村は中学時代からの親友同士。ある日、臨月を迎えていた木村の妻が産気づき仕事で連絡がとれない木村のかわりに神野が病院まで送り無事に出産。そして翌日、夏休みの部活練習のために出勤した神野のもとへかつて同級生だった島崎と名乗る男が訪ねてきた・・・
+++

(先ず、この作品は全く何も知らない状態で観るのがオススメなので徳にネタバレは書いてないけど未見の方はご注意ください。)

面白かったァ、ハマるハマる(笑)。内田けんじ監督ってやっぱり天才でしょ。監督さんの構成力ってずば抜けてますよね。いろいろとこねくりまわしてみせながらも、物語の軸は全くぶれもせず途切れもせずで、予想外の展開に二転三転しながらも、謎が明らかになっていく度に驚かされ最後には爽快な気分にさせてくれるんです。

巧妙な伏線の張り巡らし方、しかも観てる人がその伏線を忘れかけてるあたりで、ふいに繋げてくるとこまで実にお見事。今回は視点や時系列を入れ替えるような手法はとってないけど、そのかわり個性的な出演者たちという素材を巧みに生かした演出にまんまとハメられ気持ち良く騙されちゃいました。ワタシ的にもこのキャスティングは大好きな人たちばかりで監督さんとの相性の良さもすこぶるかんじちゃいますね。

TVドラマなどでは重要な役柄でのサブキャストとしての活躍で目立つ佐々木内之助さん、堺雅人さん、大泉洋さんの3人を主演に持ってくる辺りもにもセンスの良さを感じちゃいますね。それに常盤貴子さんと田畑智子さんの配役も後から考えてみると巧妙な意図が読み取れてヤラレタ感あり(笑)。でもあの仕掛けは田畑智子さんの以前の主演作を観てると気付くかもしれませんね。私も深くは考えつかなかったものの、「逆でしょ?」とは思いましたもん。

前作「運命じゃない人」のような斬新さはないけど、終盤の思わぬ展開に胸キュンでポロりと泣けて後味がとてもヨカッタです。

こういう映画は結末との辻褄合わせしながらの再鑑賞もけっこう楽しいんですよネ。


満足度★★★★☆