ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!
bfe36860.jpgWOWOWでの放送は見ました。ハッキリ言って主役の女性たちは全く好きになれないし、彼女たちの相手になる男たちもどこがいいんだか全然好かないの。しかし、内容があまりに下世話でくだらなくて笑えるんですよね。コレって実はアメリカ人をバカにしてるんじゃないかってくらい(笑)。

出演はその他に、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン、クリス・ノース、ジェニファー・ハドソン、キャンディス・バーゲン、デヴィッド・エイゲンバーグ、エヴァン・ハンドラー、ジェイソン・ルイス、マリオ・カントーネ、リン・コーエン、ウィリー・ガーソン、ジョアンナ・グリーソン

+++ちょいあらすじ
出版した本はベストセラーとなりニューヨークで幸せな生活を送るキャリーは恋人ビッグとの関係も順調だった。夫ハリーとの間に子供が出来なかったシャーロットは中国人の女の子を養女に迎え幸せな母親に。サマンサは恋人スミスを俳優として売り込むためにロスへ移住しマネジメント業に勤しんでいた。しかし、ミランダだけは出産後、育児におわれて今までのライフスタイルが一変し毎日の生活に奮闘していた・・・
+++

TVシリーズだと30分程のドラマによる長期連続シリーズなので、4人が恋愛相手を年中取っ替え引っ替えしてる節操の無い女性たちに思えてくるんだけど、シャーロットとミランダの二人が結婚して子供もいてるだけに、キャリーとサマンサもバカ騒ぎする相手もいないせいか、今更ながらみんなしておバカ卒業なのかと思ったら、サマンサは相変わらずサマンサでした(笑)。一応、最終話から4年後という事でみんなちょっとずつ老けてる感じ?。

映画版という事でやっぱり自重してるのか、TVシリーズの時のようなおバカな下ネタは薄味。ウーン、ちょっと、イヤ、だいぶ物足りないかも(笑)。実のところ好きになれないキャリーたちが赤裸々で滑稽な姿をドーンとさらし出してくれたからこそ、こっちも楽しく笑えたんだけど、シリアスモードになられてしまうとどうしてもツッコミたくなっちゃいますね。大物なナイスガイのビッグがいくら離婚歴があるからってあそこで躊躇するかなぁ?とか、ミランダに八つ当たりするのは筋違いでしょ?とかいろいろね。でもそのシリアスな部分でしっかり感動させてくれるあたりは流石かな。ミランダとスティーブのあの場面はグっときちゃった(笑)。

面白いか面白くないかで言えば面白かったです。笑いアリ涙アリで楽しかったです。でも、物語としては好きじゃないんです。あれだけブランド指向が強い人の価値観がいきなり逆転するとは思えないですよね。それじゃ今までの生き方全否定じゃん。何だか偽善っぽいでしょ。さんざん高級ブランドを持ち上げて、ステイタスを求めといてそれはないよねェ。キャリーには最後までゴージャスを極めて欲しかったんです。ヴィヴィアン・ウエストウッド、あれはあれで素敵でしたよ。

TVシリーズを見てたか見てないかで、かなり温度差が生じそうな映画ですね。


満足度★★★☆