ブログネタ
日本映画2 に参加中!
otonari.jpg麻生久美子さんの主演作といえばもうすぐ公開される三木聡監督の『インスタント沼』が楽しみだったりするんですけど、その前にこの映画デス。近くのシネコンでも2週間くらい待っていれば上映されるんですけど待ちきれなくて先行上映中の恵比寿ガーデンシネマに観に行ってきちゃいました。

出演はその他に、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、郭智博、清水優、とよた真帆、平田満、森本レオ

+++ちょいあらすじ
人気モデルらの撮影に多忙な毎日のカメラマンの聡。風景写真を撮りたいと思いつつも現状からなかなか抜け出せずにいた。フラワーデザイナーを目指しながら花屋でアルバイトに励む七緒はフランス留学を目前に検定試験に挑もうとしていた。そんな二人はある古びたアパートの面識のない隣人同士だった・・・
+++

コレめちゃめちゃストライクっ!先行上映観に行って良かったです。

ジェイ・ストームの映画ってタレント至上主義なイメージが強くて物語はいいなと思っても映画自体がしっくりこなかったりするんですけど、良い脚本、良い俳優、良い監督ならジェイ・ストームでも良い映画になるんですね。熊澤監督も私とはアタリハズレが両極端で不安もあったんだけど、この映画は大アタリでした。

古びたアパートの薄い壁を隔てた両隣で暮らす男と女。全く面識の無い二人はお互いの部屋から聞こえてくる生活音だけで認識しあう隣人同士。でもそれが二人にとって居心地の良い日常なのです。

人気モデルのシンゴの写真集で成功したカメラマンの野島聡。しかし彼は風景写真をやりたくて長期間のカナダ撮影旅行を望むのだが、仕事上のしがらみや親友でもあるシンゴとの問題もありなかなか進展せずにいます。

花屋で働きながらフラワーデザイナーを目指す七緒はフランス留学を目前に毎日勉強に勤しんでいます。検定試験にも挑戦し夢の実現に少しずつ近づいていく七緒。しかし特に親しい友人もなく恋の兆しすら訪れない彼女の生活は実は孤独でした。

聡と七緒。それぞれ自分の人生の分岐点に立ちそこで悩み葛藤し自分自身を模索し彷徨ってます。隣人同士でありながらも全く出会う事もない二人の物語は、交差点で気付かぬうちにすれ違う程度の接点しか持たないまま、それぞれの人生の機微を描いていきます。もしこの二人の恋愛ドラマをメインディッシュとして期待して観ていたとしたら、かなり焦れったくなることでしょう。もしかしたら、この二人は最後まで出会うことはないのかも、というくらいに別々の二人のドラマがたいした交錯もすることなく描かれていくのです。

お互いが発する音だけでお互いの存在を感じ触れ合っていく二人は二人もき間に心を通わせていたのかもしれません。そんな二人の姿をただ眺めているだけの私も彼らの音に癒されてたりするんですよね。

終盤は都合良すぎる展開と言ってしまえばそれまでだけど、こういうのは都合良く展開してくれたほうが物語と調和して心がとけこんでいっちゃうもんなんですよね。

劇中でキーミュージックとなっていた「風をあつめて」は、はっぴいえんどの曲ですよね。出来ればエンドロールでオリジナルを流してほしかったカモ。映像無しでその後の二人が会話のみで描かれていくのは余韻にも浸れて良かったですヨ。


恋音度★★★★☆