ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
ココ・シャネルシャネルを描いた伝記映画はこの他にオドレイ・トトゥが主演の『ココ・アヴァン・シャネル』ももうすぐ日本で公開されるんですよね。それを知らなかった当初は「あれ?シャーリー・マクレーンも出てくるの?」とごっちゃになってました。シャネルのことは学生時代に服装史で学んだし伝記本も読んだので私にとっては懐かしい青春時代が思い出されるとこもあって楽しみにしてました。

出演はその他に、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル、サガモア・ステヴナン、オリヴィエ・シトリュク
監督: クリスチャン・デュゲイ

+++ちょいあらすじ
1954年、パリ。空白の15年を経て、復帰コレクションを用意したココ・シャネルのオートクチュール店にはたくさんの評論家や顧客が詰め掛けていた。しかし、コレクションは不評に終わり、落胆するココと、ビジネス・パートナーのマルク・ボウシエ。ココは、孤児からお針子となり、デザイナーとしての地位を築いた日々を回想する・・・(作品資料より)
+++

ココ・シャネルの若き日の愛と人生を描いた素敵な作品でした。これ思いのほか心に響いてくるものがあってなかなか良かったです。さすがにココ・シャネルの恋の中身までは習わなかったので(笑)、歴史にその名を刻んだ女性の愛の物語に魅せられてしまいました。

女性の服装がコルセットでガチガチに縛られていたあの当時は女性たちの生き方も同様に男性社会によって縛られていたともいえるそうです。そんな時代の中で臆する事なく自分らしさを主張し自由に生きようとするココ・シャネルの姿は風変わりに思われたかもしれませんが、それがある将校の目にはとても魅力的に映った事で彼女の人生は躍動し始めるのです。

ココ・シャネルが生み出すファッションが美しく素敵だったのは彼女自身の当時は前衛的だった生き方が投影されてるからなんでしょうね。現在ではすっかり高級ブランドの代表格な存在ですけど、そもそもココ・シャネルはファッション界の革命児的な存在で当時の女性たちを抑圧された男性社会から解放し自立への道に導く先駆者だったのです。もちろん劇中にも描かれていたように最初は異端児扱いされましたけど、彼女の創るファッションは戦争という社会情勢や時代の変化の波に乗りながら多く女性のたちの心を掴んでいきます。

ボーイをパトロン呼ばわりされて憤慨するココの姿が印象的でしたけど、当時の結婚相手の富や力に依存しがちな女性たちに異論を唱えるような行動はたんにプライドの問題だけではなく彼女の生き方としてとても重要だったんですね。ココの仕事にとってボーイはあくまでもビジネスパートナーでしたけど、彼への愛情は打算でも偽りでもなく確かなものでしたけど、彼女はボーイ以上に仕事を愛してしまっていたのかもしれません。

主演のシャーリー・マクレーンは本編全体の2割も出ていなかったように感じましたけど、貫禄たっぷりの存在感はさすがでしたね。若きココ・シャネルを演じたバルボラ・ボブローヴァがとても素敵でした。


伝記度★★★★