ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
ナイト ミュージアム 2前作は期待が大きすぎたこともあってかイマイチ乗りきれないところもあったのですが、今回は作風も登場キャラクターも学習済みなので大丈夫かな?夜のミュージアムで繰り広げられる不思議なファンタジーの世界に私も入り込んでみたい気満々なのでした。

出演はそのほかに、エイミー・アダムス、ロビン・ウィリアムズ、オーウェン・ウィルソン、リッキー・ジャーヴェイス、クリストファー・ゲスト、ハンク・アザリア、アラン・シャバ、ビル・ヘイダー、スティーヴ・クーガン、ジョン・バーンサル、ミズオ・ペック、パトリック・ギャラガー、ジェイク・チェリー、ラミ・マレック、エド・ヘルムズ、ジョナ・ヒル

+++ちょいあらすじ
夜のニューヨーク自然史博物館での大騒動を解決した警備員ラリーはその後に始めたビジネスが成功し息子と共に幸せな生活を送っていた。そんなある日、ラリーが久々に博物館を訪れるとリニューアルのため不要になった展示物をスミソニア博物館の倉庫へと送る梱包作業が行われていた・・・
+++

さすがに前作より豪華スケールアップしてますね。あの動き出した絵画の中にまで入れるとは思わなかったなァ。展示物に命が宿って動き出すのとはまた違う感じだし、あのまま出てこなかったらどうなるんだろ?とか思ってたら、ラリーはしっかり携帯電話を落としていくという伏線を残していってくれました。たぶんあれを使って青年が将来に大きな仕事をするんじゃないかなとは想像してましたけど、あの青年がモトローラだったとは驚きです(笑)。

そもそもあのダメ親父だったラリーがビシネスで大成功しちゃってるとこからして、オォって感じでしたけど、すっかりやり手のビジネスマンで頼もしい男に変わってましたね。ジェデダイヤの助けを求める声にすぐに駆け付けたあの行動力はベン・スティラーにしてはちょっと格好良すぎカモ(笑)。

今作のヒロインはエイミー・アダムスが演じた初めて大西洋横断飛行に成功した女性パイロットのアメリヤ・イヤハート。いきなり登場してきたと思ったらすぐにラリーを気に入ってしまうのですからもはや説明不要のロマンスのお相手。個人的にはサカジャウィアがお気に入りでルーズベルト大統領との恋の行方が気になってたのでそっちが観たかったんですよね。一緒に馬に乗ってたところをみると仲は良さそうで何よりです。

さて、肝心の物語はというと舞台がスミソニアン博物館になった事で展示物の数も種類もどーんと増え派手になったのはいいんですけど、いろんなとこに手を広げすぎてやや散漫でとっちらかった印象も否めません。小ネタがいろいろ仕込まれてはいますけど、何だかスベってませんでした?何も考えてない考える人やタイタニックで盛り上げるキューピッドやアインシュタインのフィギュアたちとかちょっと微妙なんですよね。そもそもスミソニアン博物館はあんなセキュリティで大丈夫なんでしょうか?(笑)

エジプト王カームンラーが甦りナポレオン、イワン雷帝、アルカポネを従えて世界征服を企むのはいいんですけど、どれも悪役度が低いしキャラも薄っぺらいんですよね。ナポレオンが背の小ささを気にしていたことからナポレオンコンプレックスという言葉が生まれたというエピソードを使った小ネタは面白かったけど、イワン雷帝なんて全然知らないし、アルカポネなんてモノクロ写真のままだったしあれは実際の展示物がモノクロ写真なのかな?結局スミソニア博物館内では黄金の石盤を持って逃げるラリー&アメリヤとナポレオンらとの追いかけっこがひたすら続くわけだけど、これが前述の理由もあって次第に単調になっちゃうんですよね。まぁそれでもクライマックスでは再度盛り上がりを見せて帳尻あわせをしてくれたからいいんですけどね。

前作と比べると前作のほうが小ぶりなぶんまとまり感があったし何よりバカバカしかったですね。今回のラリーは真面目で一生懸命なぶんドタバタ感がちょっと物足りないんだけど、前作鑑賞時より登場人物たち親しみを持ってるので物語自体はすんなりとけ込めて楽しめたのでした。


娯楽度★★★

シリーズ作品
ナイト ミュージアム』2007.3.19
ナイト ミュージアム 2』2009.8.13
ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』2015.3.21