ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
私の中のあなたきみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が人気作家ジョディ・ピコーの同名小説を映画化した作品です。ここ一ヶ月程の間では最もたくさんの劇場予告編を目にしたのがこの映画でさすがに期待度も高まってしまってるんですけど、スター子役アビゲイルちゃんの女優としての成長ぶりも楽しみです。

出演はその他に、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ、ジョーン・キューザック、トーマス・デッカー、ヘザー・ウォールクィスト、エヴァン・エリングソン、デヴィッド・ソーントン、ブレンダン・ベイリー、エミリー・デシャネル、マット・バリー、アニー・ウッド

+++ちょいあらすじ
11歳になる少女アナは白血病患者である姉ケイトの治療のためのドナーになるべく遺伝子操作によって生まれてきた。母サラは愛するケイトのために全てを尽くすことが当然と思いアナもそれを受け入れ何度もケイトの治療のために苦痛に耐え自身を提供してきた。しかしある日、アナは高い勝訴率で有名な弁護士を訪ね両親相手に訴訟を起こしたいと言う・・・
+++

泣けましたァ、涙ポロポロですよ。序盤の早い段階からウルウルしちゃってはいましたけど、そのままテンション落ちる事なく最後まで心うたれっぱなし。決してお涙頂戴なあざといお話ではなく深くて重い題材を優しく温かい眼差しで包みこんだ物語です。

いわゆる難病モノのドラマはたくさん観てますけど、この作品テーマとアプローチはなかなか秀逸です。そして難病の長女の姿を本人のケイト、妹アナ、母サラ、父ブライアン、兄ジェシーそれぞれの目線で家族の群像劇として描いていく脚本も実にお見事。素晴らしい家族の物語にただただ感動しちゃいました。

予告編でも姉ケイトのドナーとなるために生まれたというアビゲイルちゃんの演じる妹アナがドナーを拒否し両親を訴えるため弁護士を雇うシーンがとても印象的でそれだけも興味を抱く作品でしたが、家族の中に移植を必要とする患者がいて適合する家族がいればドナーになるのは当たり前のように思っていただけにアナが投じた一石はとても衝撃的でした。家族の命を救うためだと言われてしまえば「NO」とは言えないでしょうけど、現実には提供する側にも人生に大きなリスクを背負わせることになるんですよね。さらにはそのドナーとなった人物が患者を救うためのスペアパーツとして意図的に生んだ子供だとしたらそれは一見美談のようでいてとても残酷な悲劇なのかもしれません。

しかしこの物語の真髄は実はこのドナー拒否のエピソードにあるわけじゃないんですよね。これがなかなかのミソでして予告トレイラーの上手さでもあったと思うんですけど、これれはこの物語を導いていくガイドラインのようなものであって真に描こうとしているのはこれらのエピソードによって綴られ浮き彫りになっていく白血病の姉ケイトと彼女を支える家族たちの物語なのです。もちろん裁判を起こしたアナの真相がこのドラマの重要な部分でヤマ場となり結末へと繋がっていくわけですが、その過程において描かれていく難病患者を抱える家族の姿を綴った数々のエピソードもとても感慨深くその一つ一つに心揺さぶられるんです。特に同じ病気の男の子と恋をしたケイトのエピソードはとても素敵でとても切なくてたまりませんでした。

家族の生活は自ずと患者が中心となっていくことで寂しさを感じていく兄妹。ケイトの看病に自分の人生を全て注ぐのは母サラの愛情以外のなにものでもないのですが、その一方で家族は多くのものを犠牲にしているという事実もあるのです。家族に難病患者がいることでその家族は強く結束するがその実は小さなクラッシュだらけでちょっとしたことで崩壊しかねないという序盤で語られる父ブライアンの言葉がこの作品を振り返るととても印象的です。

大変重いテーマを真摯にシリアスにとらえながらもその描写はあくまでも優しくとってもハートフルな物語でした。


感動度★★★★★