ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
レック2スペインで大ヒットを記録したというリアル・パニック・ムービー『REC/レック』の続編です。ストーリーも前作の直後から始まるそうで、とりあえず続編モノは習性的にに見逃せなくて観に行ってきちゃいました。

出演はその他に、レティシア・ドレラ、オスカル・サンチェス・サフラ、アリエル・カサス、アレハンドロ・カサセカ、パブロ・ロッソ、マヌエラ・ベラスコ

+++ちょいあらすじ
謎の伝染病の発生によって突如封鎖されたアパート。原因不明の異常事態の中で取材スタッフや住人たちが凶暴化した人々によって次々と襲われていく。その中へ医師と4人の武装警官がある使命をうけて突入していった。感染の深層部とされる最上階の部屋を目指していく彼らがそこで目にしたものは・・・
+++

これこそリアルお化け屋敷ですよね。上映終了後、場内が明るくなると同時に肩がほぐれて緊張感が緩んでいくのがわかりました。前作同様に暗闇の中で突然襲い掛かってこられるシーンは何が起きてるんだかよくわからないんだけどモンスター?と争っている修羅場での映像乱れまくりの臨場感だけはとにかくスゴイというポイント・オブ・ビュー方式。何が怖いんだか実はよくわからなかったりするんだけど、突然出てくるものはとにかく怖いんですよ。これはある意味「どっきりカメラ」のコラおじさんなのかも(笑)。

この続編はもともと構想にあったのかどうかわかりませんけど、ストーリーは前作の直後、恐ろしいウィルス事件が発生し封鎖されたアパートに一人の医師とチーフ、ララ、マルトン、ロッソ、4名のSWAT隊が調査のために潜入するところから始まります。

前作ではアパート内に閉じ込められてしまった人々が謎のモンスターから逃げ延びながら何とか脱出しようとする人間ドラマも見られましたけど、この続編ではウィルスの正体を知る人物がいてその秘密を明かしながらこの最悪の事態を解決するための手掛かりを入手するという攻めの展開です。

たしかに前作は謎を残したままの状態ではありましたけど、作品自体は何が何だかわからない状況ゆえの恐怖が見所のパニック・スリラーでミステリーや謎解きに特に関心を持つ事はなくあれはあれで完結してたようにも思えたんだけど、この続編では前作でも触れていたある宗教団体によるウィルス研究の真相に迫っていきます。

前作の印象ではバイオハザード的なウィルスだと思っていたんですけどねェ、まさかの十字架技には惨劇の続く恐怖の渦中にありながらも思わずズッコケそうになりました(笑)。ウィルスの正体って悪魔なの?で解決するのにはその悪魔の血液が必要なの?ウィルス感染した人々はゾンビみたいなものでしたけど、あの人は知能が高そうでしたよね?さらにラストのあの映像は何?前作での録画映像みたいだったけど、あれが悪魔の正体ならエイリアン?何だか不安を抱きつつも続編がとても気になりますね(笑)。

それにしてもあの男女3人の若者、頭悪過ぎでしょ?私はああいう愚か者が大嫌いなのもあって観ていてかなりイライラさせられました。結果、自業自得で一応ストーリー的にも大きく絡んでるんですけど、あの判断力の無さは酷いですよね。あの残ってる二人はやっぱり次回作でのキーパーソンになるんでしょうか?


恐怖度★★★☆

シリーズ作品
REC/レック』2008.6.18
REC/レック2』2009.10.29