ブログネタ
韓国映画 に参加中!
ビースティ・ボーイズ僕らのバレエ教室』『6年目も恋愛中』ユン・ゲサン君と『チェイサー』のハ・ジョンウさんのW主演によるリアルなホストの世界を描いた事で話題になった作品です。

出演はその他に、ユン・ジンソ、イ・スンミン、マ・ドンソク、ユ・ハジュン、クォン・セイン、ユン・アジョン、ペ・ジナ、ホン・イジュ、イ・ギフン、チャン・ジウォン、キム・ジュンソ、チョン・ボフン、ソ・ヨンファ

+++ちょいあらすじ
流行の最先端 清淡洞の夜を彩る主役たち ホスト。ここにあるホストクラブのエースであるスンウは裕福だった過去を抱えながら、お金のためにこの仕事をしている。スンウの姉 ハンビョルと同棲しているホストクラブのリーダー格 ジェヒョンは人望は厚いが、どうしようもないギャンブル癖から常に借金取りに追われ続けている。そうした中、スンウはジウォンという女性に惹かれはじめ、ジェヒョンは新たな金づるの女を見つけ出し、単調な日々が変わり始めていく。(作品資料より)
+++

ユン・ゲサン君の、お、お、お尻が・・・(笑)

ホストの物語ということでお話としてはどこか軽いノリをイメージしてたところもあるんですけど、これが意外にもシリアスなヒューマンドラマなんですね。なかなかの観応えがあって堪能しちゃいました。

日本でホストというと一夜に大金が舞うような派手できらびやかな世界をイメージしちゃいますけど、この作品で描かれている韓国のホストはカラオケボックスに出張してやってくるコンパニオンの男性版みたいな職業なんですね。お店に所属してるんじゃなくてホスト業者から派遣されて来てるみたい感じでしょうか。基本的には接待係で盛り上げ役といったところなんでしょうけど、そこで女性客のハート掴んで常連さんになってもらったりいろいろ貢いでもらったりすることでさらなる収入を得ていくのでしょう。

で、そのホストたちを取りまとめているのがハ・ジョンウさん演じるジェヒョン。そしてNo.1ホストがユン・ゲサン君が演じるスンウ。ジェヒョンは5000万ウォンの借金を抱え首がまわらない状態でありながらも解決の糸口もなく場当たり的に毎日をやり過ごし問題を先送りにしてるだけ。一方のスンウは客のジウォンに惹かれ一緒に暮らし始めさらに借金を抱える彼女のために金銭的支援も行っていきます。

物語はホストの世界を舞台に繰り広げられていくというより、ホスト業をしながらも社会の底辺で生きてるような二人の若者の姿を映し出していくという感じですね。ジェヒョンは仲間からの人望はありながらギャンブル好きで女性には不誠実。同居しているスンウの姉スンミンにはいつも嘘ばかり。スンウはジェヒョンとは対照的に好きになった女性ジウォンにはとても尽くすのだけど束縛し過ぎることで次第に二人の関係がぎくしゃくしていきます。

現実と比べてどうなのかはわからないけど、いい意味でオーラを放たないユン・ゲサン君とハ・ジョンウさんが演じている二人の主人公が等身大に見えるのでこのストーリーにも自然とリアリティが感じられてきます。さらにカメラワークの演出でも私の好きな手持ちカメラでの長まわしが随所に用いられていてなんとも言えない生な空気感を醸し出していくんですよね。

ハ・ジョンウさんが演じるダメ男はホントに天下一品?の人間臭さが漂ってきますよね。あのどうしようもない男の役柄って実はご本人の素の一部だったりするんでしょうか?(笑)。


堪能度★★★★