ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
処刑人II先日、予習をすませた『処刑人』の続編です。主要キャストはそのままで監督も引き続きトロイ・ダフィー監督。ウィレム・デフォーの名前もあるようなので楽しみですね。イタリアン・マフィアのボスを倒して終わった前作、8年後の物語だそうです。

出演はその他に、クリフトン・コリンズ・Jr、ジュリー・ベンツ、ジャド・ネルソン、ボブ・マーリー、ブライアン・マホーニー、デヴィッド・フェリー、デヴィッド・デラ・ロッコ、ピーター・フォンダ、ビリー・コノリー、ウィレム・デフォー

+++ちょいあらすじ
マクマナス兄弟とその父イル・ドゥーチェが法廷で裁判中のイタリアン・マフィアのボス、ジョー・ヤカベッタを処刑してから8年後。彼らはアイルランドの田舎で穏やかな生活を過ごしていた。ところがある日、ボストンで兄弟の知人である神父が殺されたという報せが届く。しかもその殺し方はマクマナス兄弟を模倣したものだった・・・
+++

なんだか前作よりも登場人物たちがみんなして弾けまくってません?(笑)。パーフェクトな計画とか言いながらどこか間が抜けていたり、緊迫した状況で兄弟喧嘩を始めたりと笑えるところがけっこう多くて楽しかったです。

マクマナス兄弟のあのお仕事って彼らなりに神聖な行為だったように思ってたんだけど、今回はすっかり遊んでましたよね。実在の映画セリフにやたら引用してそれだけでもだいぶ物語の雰囲気が変わって感じられるんですよね。アクション映画系はいいとしても『チャリチョコ』をマクマナス兄弟が観ているんだと想像しただけでも笑えちゃいます。

公衆の面前でマクマナス兄弟と父イル・ドゥーチェがイタリアマフィアのボスのジョー・ヤカベッタを殺してから8年後。アイルランドで暮らす彼らのもとに懇意にしていた神父が殺されたという報せが届きます。しかもマクマナス兄弟のスタイルを模倣した殺し方で。これは何者かによる挑戦メッセージだと判断した二人は再びボストンへと戻り犯人を捜し始めます。

話の流れからして単純にイタリアマフィアのヤカベッタの息子コンセイシオによる復讐の反撃かと思いきや時折挿し込まれる1958年を舞台にした謎めいたエピソードがこの物語の本筋となり真相へと導くのです。せっかくビリー・コノリーが出ているのに出番がないんじゃつまらないと思っていたので真打ち登場の意外な展開は盛り上がりました。ただその一方、黒幕が因縁の相手だっというだけで、敵としての巨悪な恐さを感じなかったのは残念でしたね。

前作での印象がほとんどなかった地元警察の平刑事3人組にあんなに出番がくるとは思いませんでした。結局は可哀相に捨てキャラにされちゃいましたけどね。実は私勝手な深読みでFBI特別捜査官のユーニスは実はスメッカーが性転換手術した姿じゃないかとちょっと疑ってました。だってスメッカーのコピーみたいな推理で事件を解いていくもんだから。さすがにそんなサプライズあるわけないですよね(汗)。

ウィリアム・デフォーが出演しているのは知っていたのでいつ出てくるんだろうと思っていたら、エピローグに(笑) しかもあの終わり方からするとやっぱり続編を狙っているんでしょうね。


堪能度★★★☆