ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1-2最終章PART2の公開前にPART1の再上映がありそうな予感もなくはないのだけど、来週にはIMAXは『トロン:レガシー』に変わってしまうので今のうちにと再鑑賞です。でもせっかくなので今回は吹替版での鑑賞にしてみました。
鑑賞1回目の感想日記はこちらです

前回の鑑賞でも十分堪能しましたけど、濃密な内容を高いテンションで長時間集中して観ていたこともあって終盤は疲れて頭がオーバーフロー気味だったかも(笑)。なので今回はガラガラのIMAXシアターで吹替版を気楽に観たいなと思ったわけなんですけど、ウーン、、、字幕版だとどうも情緒に欠けちゃいますね。作品本来の重さも損なわれ気味な感じ。

初めて劇場でハリポタの吹替版を観ましたけど声優はずっと一緒なの?あと吹替版だと魔法は原語で言うんですね。地上波放送でもそうだっけ?それが当たり前?魔法の文言をちゃんと覚えてないと何の魔法をかけたんだかよくわからないし、特に冒頭のハーマイオニーと家族の別れのシーンは深みが全然違いました。字幕版ではとても切なく悲しかったのに何だかとてもあっさりした印象でした。もっとも魔法で「忘れろ」と言うのも不自然なのかな?でも吹替版が子供向けという位置付けならそのほうが親切な気もするし、そこも字幕をつけちゃっていいんじゃない?

でも逆に吹替版でいいのはハリポタ特有のたくさんの固有名詞が頭に入りやすいところかな。字幕でバチルダなんて何度か出てもなかなか覚えられなかったんですけど、耳で聞くほうがすんなり入りますね。おかげで杖泥棒のくだりや「三人の兄弟」の物語も吹替版のほうがわかりやすかったように思います。もちろん二度目だからというのもありますけど。

そして二度目でもよくわからなかったのが、騎士団の隠れ家でハリーたちが分霊箱のロケットを探すとこ。どうして同じロケットが二つあるはずって気付いたんでしょう?ちゃんと観てたはずなのにわかりませんでした。そして雌鹿の守護霊は誰のだったんでしょうね?そこはパート2でのお楽しみかな?

分霊箱はあと3つ。残り2つの秘宝のうち透明マントはハリーが父からもらったものというわけじゃないの?また別にあるの?それと初見の時はあっという間のシーンで気付かなかったけど汽車の中にはネビル以外にもチョウ・チャンらホグワーツの仲間たちが乗っていたんですね。

なんだかんだ言いながらもやっぱり面白かったことにはもちろん変わりないのですが、前回はヴォルデモートとの戦いを意識し過ぎて物足りなさを感じてしまったこともあり、二度目ということでハリー、ロン、ハーマイオニーの旅の物語として集中して観ていたら彼らの友情や強い絆を再確認しちゃいました。ヴォルデモートを倒すのはきっとハリーだけじゃなくて絶対に3人の力が必要なんだと思ったら、胸にグっとこみあげてくるものがありました。そしてあのラストシーンです。窮地を救うドビーの活躍とあの最期にはジーンときちゃいましたね。目頭ウルウル。その一方でハリーたちは杖を失ってこの先どうするんだろうと思ってたらちゃんとマルコイファミリーから調達してたんですね(良)。

パート2公開前にパート1の再公開があったらたぶんまた観ちゃうんだろうなァ(笑)。


友情度★★★★★

<2011.7.14 追記>
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 IMAX版(初見)2010.11.20
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 復習上映編 (吹替版) (再々鑑賞) 2011.7.14再々鑑賞