ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
ソーシャル・ネットワーク劇場予告編で流れるあの音楽にやられてしまいした。好きなんですよねああいう曲調って。もちろん物語も興味深くて、世界最大と言われるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のFacebookの誕生とその開発者である大学生の真実の物語に迫るというヒューマンドラマです。さらに主人公マーク・ザッカーバーグを演じるのが『イカとクジラ』『ゾンビランド』での個性的なキャラが印象的だったジェシー・アイゼンバーグということで公開日をとても楽しみにしていました。

出演はその他に、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ、ブレンダ・ソング、ルーニー・マーラ
監督: デヴィッド・フィンチャー

+++ちょいあらすじ
2003年、ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグはガールフレンドのエリカを何かとキツク批判し彼女を怒らせて振られてしまう。寮に帰ったマークも自分を侮辱したエリカへの怒りがおさまらず酔った勢いもあるネットに彼女の悪口を書いたうえにハーバード大の寮名簿をハッキングして女子学生の写真を表示して美人度をランク付けするサイトを開設してしまう・・・
+++

ものすごく観応えのある作品でしたね。ちょっと慌ただしいくらいにテンポが早くてこれは詰め込み過ぎなのかな?とも思いましたけど、そのテンポにもすぐに慣れてくると物語にもグイグイ引き込まれ飲み込まれていくのでした。まさしく圧巻でしたね。

物語はハーバード大学の2年生マーク・ザッカーバーグが学内SNSのThe・Facebookを立ち上げやがて全世界へと普及させていくドラマとその過程で起きたウィンクルボス兄弟からのアイディア盗用に関する問題とFacebook協同創設者である親友エドゥアルドとの意見の相違から起きた問題による二つの訴訟の結末を並行する形で描き結末に集約させていきます。

大学生が主人公の起業サクセスストーリーとしては爽やかさなんてどこにも見当たらなくて、かなりドロドロした人間模様を見せ付けられていきます。弱肉強食のようなところがあるこの業界で大きく成功を果たすには綺麗ごとでは済まないことも多々あるのかもしれません。事実に基づきつつ創作を加味したこの作品ですが、いずれの登場人物もあまり美化されることがなくそれぞれの人物像に迫る辺りにリアルな真実味を感じてしまうのです。

主人公マークはハッキリ言って人間的な魅力には欠けるところがあってあまり好感の持てる人物ではないんですね。決して悪人ではないのですが付き合っていたエリカがマークのどこに惹かれたのかわからないし喧嘩して振られたからってネットであんな中傷するなんてやっぱりイヤな奴だと思うし友達が少ないのも頷けます。でもFacebookは良好な人間関係を作るのが下手だったそんなマークだからこそ生まれたシステムだったと言えるのかもしれません。

恋人?エリカにキツク鼻っ柱を折られた上に振られてしまった腹いせに学内サーバーをハッキングして女子学生たちをネタに美人ランキングサイトを構築をしたらこれが短時間で凄まじいアクセス数を稼ぎサーバーがダウンしてしまいます。その人気ぶりに目をつけたマークは学校内で行われているようなコミュニケーションが全てネット上で可能になるようなアイディアと結びつけザ・FacebookというSNSを創り上げていきます。しかしFacebookを商業的に成功させたいエドゥアルドとあくまでもクオリティにこだわるマークの意見がたびたびぶつかり親友でありパートナーであったはずの二人の間に修復のできない大きな溝が生じていってしまうのです。

ナップスター(懐かしい(笑))の創設者ショーン・パーカーがFacebookに絡んでたなんて初めて知りました。まぁそれを知ったところで別にどうってことはないのですが、マークとショーン・パーカーとの出会いがいろんな意味でFacebookと彼らの運命を大きく左右することになるんですね。普通だったら親友のエドゥアルドのことを大事に思ってあんな行動はとらないと思うのだけど、そういう事にはとてもドライというか無関心なマークだったからエドゥアルドを切るという決断も出来たのでしょう。でも本当のマークという若者は実はとても孤独で寂しがりや人間だったんじゃないかなと思います。

マークがこのFacebookで一番やりたかったであろうことがわかるラストシーンはとても印象的なんですよね。お金儲けなんかよりもマークはエリカに自分を認めてほしかった。出来ればもう一度友達になりたかった。最後の最後にこの物語は間違いなく青春映画であったことを思い出させてくれるのです。

主演のジェシー・アイゼンバーグはこの作品で堂々たるスター俳優の仲間入りとなったことでしょう。


人間度★★★★☆

<2011.2.3 追記>
ソーシャル・ネットワーク(再)』2011.2.3再鑑賞