ブログネタ
日本映画3 に参加中!
モテキ原作コミックのことは知りませんでしたが、テレビ東京で放送されていたTVドラマにハマりました。それはもう映画化されるのも納得の面白さでしたね。冴えない青年が突然訪れたモテキに翻弄しながら成長していく恋愛ドラマはとってもイマドキで新鮮でしたけど、そのセンスには親しみを覚えたのでした。まさか私の大好きな江口寿史先生が登場するなんてビックリ!(笑)。

このお話って恋愛相手の女の子を増やせばストーリーもいくらもでも膨らみそうと思っていたら、映画版では主演は森山未來くんそのままで相手役を一新。完全オリジナルストーリーということでとっても楽しみにしていました。

出演はその他に、仲里依紗、真木よう子、新井浩文、金子ノブアキ、リリー・フランキー、Perfume
監督:大根仁

+++ちょいあらすじ
相変わらずの金なし夢なし彼女なしの人生を送る31歳の藤本幸世。しかし思いがけないモテキを経験したことで自分を見つめ直した幸世はついに派遣社員を卒業してニュースサイトのライターとして正社員の道を歩み始めることに。ところがあろうことか予期せず再びモテキが訪れることになり幸世の人生はまたもや美女たちに翻弄されていく・・・
+++

期待通りで面白かったですッ。TVドラマのその後のストーリーですが一応は主人公の藤本幸世はこれまでの恋愛経験でちょびっと成長してはいるんですね。

実際あの幸世くんがモテるのかはハテナマークなんですけど、でもそれくらいのキャラだからこそ美女たちとの恋愛がインパクトあるのでしょう。ヒキコモリから派遣社員ときて、ついにこの映画ではニュースサイトのライターとして正社員になった幸世くんですが、なんと社長が墨田さんって運がいいのか悪いのか(笑)。それでも幸世くんが人間ステップアップしているのは確かなわけでここから彼の第二モテキが始まるのです。

未だに好きな人とは結ばれたことがなく第二童貞喪失に執着する幸世くんですが、やっぱり映画でもいいところまでいくんですけど最後の一線が越えられません。過去の反省からか今度はみゆきちゃん一筋を貫こうとする幸世でしたが今回は相手に彼氏がいるという大きな壁に阻まれてしまいます。またしても恋に打ちのめされてしまう幸世くんですが、そんな時に年上のるみ子さんに思いがけず告白されてしまい思い悩むのです。

ぶっちゃけ面白さで言えばTVドラマ版だと思います。尺も長いのでもっといろいろな紆余曲折ドラマがありますし恋愛相手の人物像にも深みがあって群像劇度が高いです。何より悪友・島田の存在が大きいですよね。深夜ドラマならではのノリもあるし、過去へ未来へとタイムリープしたりと漫画度も高いです。逆に映画は恋愛に対するシリアス度、真剣度がTVドラマよりもパワーアップしてるように思いました。女優陣が豪華なのもありますけど、TVドラマでは土井亜紀、夏樹ちゃん、いつかちゃんの三人の女の子と+林田さんのモテキなドラマでしたけどこの映画版ではみゆきちゃんとるみ子さんがメインで愛と素子は恋愛といえるほどの関係に至ってませんでしたよね。少なくとも素子には全くモテてませんが何かと厳しく叱咤してくるSキャラはTVドラマでの林田さんと同じ立ち位置。子持ちという点では愛も林田さんなのかも。私は4人とも好きな女優さんなので仲里依紗さん、真木よう子さんの出番が少ないのは残念でしたが、あえて焦点を幸世とみゆきちゃん、るみ子さんの3人に絞って描くことでTVドラマとは異なる深みを生み出していたと思います。

これは恋愛映画としてはなかなか斬新なセンスと言えるんじゃないでしょうか。懐かしいものから先進的なものまでいろいろな種類のサブカルチャーを詰め込んでいるから観ている側は何かしらツボにハマるのかもしれません。私の場合は大江千里と竹内まりやと尾崎豊あたりかな(笑)。それと私もB'zよりはTMNetworkなんですけどYUKIよりはJUDY AND MARYなんですよね。初めてモテキを観た方はあのカラオケモードに驚くかもしれませんが、恋愛ソングの世界が幸世の恋愛観でありモテキワールドなんですよね。

結局この映画版でも幸世の恋は実らないのかな?と心配しながらもクライマックスを迎えてしまいましたが、まさかああいう逆転劇になるとは予想外。あのラストはハッピーエンドでいいんですよね?やっぱり恋愛はたまたま道に落ちていたものを拾うわけじゃなく自分から欲しいと望んで掴みとるものなのでしょう。幸世はあのとき初めて自ら愛を掴み取ろうと彼女を必死に追いかけたのです。そしてそれはTVドラマの最後で幸世が言っていた「今度は自分が誰かのモテキになる」の言葉とも繋がるのかもしれません。

それにしても長澤まさみさん、ヨカッタですね。彼女がこういう役もこなせるなんて東宝のお姫様の殻を打ち破ったような新鮮さでした。考えてみれば森山未來くんと長澤まさみさんは『世界の中心で、愛をさけぶ』以来の映画共演?セカチューを思い返すとチューしまくりの幸世とみゆきちゃんの姿はギャップがありすぎで可笑しいですね。

エンドロールは文字が小さくて読みづらかったですけどあのデザインセンスはいいですね。やっぱりあのクラブDJは山下敦弘監督でしたね(たぶん)。Perfumeが出て来たのにもビックリでしたけどミュージカルシーンであんなにガッツリ踊るとも思いませんでした。でもさすがに森山未來くん、ダンスの切れ味は抜群でしたね。楽しかったです。

上映終了後に若い男の子たちが「森山未來が羨ましいッ」と話していましたけど、それこそがこの作品の一番の魅力なのかもしれませんね。


恋愛度★★★★

<2011.10.22追記>
モテキ(再鑑賞)2011.10.22再鑑賞