ブログネタ
日本映画3 に参加中!
DOG×POLICE 純白の絆子供の頃、当時アイドル(だったらしい)木之内みどりさんが主演のTVドラマ『刑事犬カール』が大好きで夢中で見ました。若い婦警さんが警察犬カールとのコンビで難事件を解決していくファミリー向け刑事ドラマです。でもこの作品で描いているのは警察犬ではなく警備犬なんだそうですね。その警備犬を題材にしたこの作品は『海猿』シリーズの小森陽一さんが原案を手がけTVドラマ『警視庁失踪人捜査課』の七高剛監督が映画化した警備犬と警察官の絆をスリリングな連続爆破事件の中で描いていくというバディ・ムービーです。

出演はその他に、村上淳、カンニング竹山、阿部進之介、矢島健一、堀部圭亮、小林且弥、本田博太郎、相島一之、きたろう、伊武雅刀、若葉竜也、松重豊、時任三郎
監督:七高剛

+++ちょいあらすじ
正義感が人一倍強い熱血警察官の早川勇作は爆弾事件のあったショッピングセンターで警備中に怪しい男を発見し追跡、格闘の末に逮捕するが、任務を離れた勝手な行動を咎められ始末書を書かされる。かねてから刑事課を希望する早川はそれでも実績は十分と自信を持つが彼にくだった辞令は警視庁警備部警備二課装備第四係への異動だった。それは東京郊外にある警備犬の訓練所だった・・・
+++

熱い男、市原隼人くんならではの熱血感あふれる主人公でしたね。犬好きな私としてはそれなりに楽しんでしまいましたけど、映画としてはこれは下手すると酷評の嵐が吹き荒れそうな予感もしないではありません(苦)。

警備犬は爆発物の捜査、犯人制圧、災害救助を主な任務とするそうで警察犬との違いは警視庁警備犬の場合は取り付けるハーネスや鈴の種類によって任務の違いを理解して行動するよう訓練されているんだそうです。さらに言えば警察犬は主に事件発生後に仕事をしますが、警備犬は事件の発生を未然に防ぐために活動するそうです。

というのを事前にちょっと齧った上で観に行ったんですけど、劇中で水野夏希を演じる戸田恵梨香さんが登場早々にほとんど同じことをいっきに説明してくれたのには笑ってしまいました。

それにしてもこれはもったいない映画でしたね。もっと細部まで丁寧に描いてリアリティを深く追求すれば傑作になるとは言わないまでもより良質な作品になったんじゃないかと思います。

最初の爆弾事件の直後に主人公の早川勇作はシロの誕生に立ち会うのですが、獣医が何も処置せずに諦めて早川が蘇生させるところに最初のハテナマークが点灯。その後、早川は警備部に異動し警備犬のハンドラーになるわけですが、訓練所で出会うシロはもう成犬サイズ。いつの間にそんな長い月日が経っていたの?

しかしこの程度のことは何とか妥協出来ますし、実際にシロが出てくると犬好きな私はそれだけで楽しめたりして、やたらと熱い熱すぎる早川勇作のキャラにもすっかり馴染んで物語に入りこんでいったのです。

でも、やはり粗が積み重なっていくとどうにもこうにも現実離れした感が強まるんですよね。まず、最初の警備犬を投入してのショッピングモールでの爆弾探査ですけど、駐車場を全く警戒してないってどういうこと?お客さんを避難させたはずなのに車はたくさん止ってましたよね。とりあえずお客が放置したのなら車も調査するべきでしょう。早川と水野のミス以前に捜査体制に問題大アリではないでしょうか。そしてその後に早川は警備犬の名誉挽回のためにシロに火薬探査の訓練をさせてほしいと向井係長に懇願するのですが、警備犬の適性なんてもっと早い段階で把握しておくべきだと思うのだけど違うんですか?

ちょっと欲のかきすぎとウケの狙いすぎで失敗してますよね。特に肝心のクライマックスは粗がやたらと目について失笑気味。スティーブ・ジャブスなんてオヤジギャグみたいなことをやってる暇があるならもっと細部にまで拘ればいいのにと思うんだけど※(呆)。

地下鉄でシロと早川が犯人を追走していくとこなんて思わず力が入って応援しちゃったくらいなのに、地下鉄の安全確保なんて全く気にしてないのはいくらなんでもダメでしょう。そもそも線路上に犯人たちが降りた時点で鉄道会社サイドで何かアクションがあるべきですよね?地下鉄の線路脇の倉庫らしきところも不自然な設定ですよね。いくらラストを派手に盛り上げるためにとはいえあんなところに銃弾で簡単に着火するような可燃物を大量に置いておくものでしょうか?

シロの報せを受けて駆けつける水野も誰にも連絡せずに走り出してしまうし、爆弾に気付いた後の彼女のあの行動にも興醒めしちゃいました。そしてトドメは最後の全く意味をなさないキスシーン。私はあれで物語が木っ端みじんに砕け散ったような気がしてなりません。

アルビノやホワイトシェパードにしても実際には見たことないんですけど、スタンダードのジャーマン・シェパードより温和そうな雰囲気でカワイイですね。


警察度★★


※この記事を書き終えて1日経った次の日、スティーブ・ジョブズ氏の訃報を知りました。Apple一途な私のMacLifeにおいてはもちろん文字通りのカリスマでした。とても残念です。ここに謹んで哀悼の意を表します。


<TOHO CINEMAS One Month Free Passport 35>