ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
SHAOLINジェット・リーを一躍スターへと押し上げたという1982年のカンフー・アクション映画の金字塔『少林寺』を29年ぶりに再構築したという作品です。オリジナルはテレビで見ていると思うんですけどあまりよく覚えていません。だいたい子供の頃の記憶にあるのはジャッキー・チェンのコミカルなカンフーアクション映画なんですよね。その流れでジャッキー・チェンの『少林寺木人拳』をテレビで見た覚えがありますが、本格的な少林寺映画を劇場で鑑賞するのたぶんこれが初めてなのでちょっとワクワク。そのジャッキー・チェンも出演する本作は『コネクテッド』のベニー・チャン監督が手がけたものです。

出演はその他に、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェン、ウー・ジン、ユエ・ハイ、ユィ・シャオチュン、ション・シンシン、シー・イェンレン
監督:ベニー・チャン

+++ちょいあらすじ
1912年の中華民国。辛亥革命が起こり中国全土で軍閥が列強国と手を組んで覇権争いを繰り広げるなか、登封市(現河南省鄭州市)にある少林寺の僧侶たちは民の救出に尽力していた。あるとき、その少林寺に逃げ込んできた敵の大将を追って軍人たちが大勢なだれ込み慈悲を求めるその大将に傲慢で冷徹な将軍・候杰(こうけつ)は銃を撃ち殺してしまいます。しかし、その候杰も腹心である曹蛮(そうばん)の裏切りにあい、少林寺へと逃げ延びてくることに・・・
+++

とてもスケールの大きな『少林寺』でした。これはアクション映画というより括りよりも戦争映画と言ったほうがしっくりくるような作品ですね。

少林寺の僧侶たちの慈悲深い心に救われた候杰は自分がこれまで行ってきた残虐な振る舞いを深く反省し悔い改め出家を決意します。しかし師匠である方丈の赦しは得られず料理人の悟道の世話になりながら独自に修業を積んだ候杰はやがて認められ浄覚という名をもらい修練に励みます。しかし候杰の生存を知った曹蛮が少林寺を襲撃するのです。

この長尺のわりにはストーリーはとてもシンプルで登場人物もそう多くはあいrません。ですので『1911』のようなややこしさはないのですが、ダイナミックなシーンが多いのに何となくストーリーの展開が遅いなぁという印象を受けるのです。ドラマとしてはやるべきことを丁寧に描いてはいるんですけど、先の展開がわかりやす過ぎて物語として吸引力に欠けるのかもしれません。そんなわけでドラマが単調になるとウトウトしだして派手なアクションで目が覚めるというのは何度か繰り返してしまいました。

アンディ・ラウとジャッキー・チェンの共演は初めてではなかったと思いますけど、この二人が同じ画で並ぶとそれだけでオーラ倍増でドキドキしちゃいました。曹蛮の用心棒ソルトンを演じたのがジェット・リーだったらもっとスゴイことになっていたことでしょう。ニコラス・ツェーの悪役は悪くはないんですけどもっと悪に徹した非道さが欲しかったです。クールでカッコイイのはいいんですけど見た目の恐さで言えば候杰の義兄である宋将軍のほうが迫力があったんじゃないかな?

少林寺と民を守るためにその命を犠牲にしていく少林寺の兄師匠たち浄能、浄空、浄海。少林寺の教えを守り貫く彼らの貴い戦いにはウルっときちゃいました。


改心度★★★☆