ブログネタ
日本映画3 に参加中!
はやぶさ 遥かなる帰還はやぶさ映画第二弾は東映の作品です。シネコンでこの映画のチラシを目にした人が「え?またやるの?」と話すのを何度耳にしたことでしょうか。同じ実話をベースにしているだけに後発のほうが印象としては不利かもしれませんね。私の場合、予告編やプロモーションを観ていて渡辺謙さんがやたら全面に出てくるのが引っ掛かってたりします。だってはやぶさのあの偉業は一人のヒーローの活躍で成し得たわけではないですもんね。別に渡辺謙さん嫌いじゃないし、スゴイ俳優さんだと思いますけど渡辺謙さんありきじゃなければいいなと思いつつ観に行ってきました。

出演はその他に、夏川結衣、小澤征悦、中村ゆり、吉岡秀隆、石橋蓮司、藤竜也、山崎努、嶋田久作、近藤芳正、蟹江一平、橋本一郎、宮下裕治、増田修一朗、永倉大輔、長嶋一茂、モロ師岡、ピエール瀧
監督:瀧本智行

+++ちょいあらすじ
2003年5月9日。小惑星探査機“はやぶさ”を搭載したロケットが鹿児島県内之浦観測所から打ち上げられた。このプロジェクトの最大の目的は小惑星“イトカワ”へ行き、地球の起源を探る手がかりとなる石や砂を持ち帰る"サンプル・リターン"。成功すれば世界初となる大偉業だがはやぶさには多くの困難が待ち受けていた・・・
+++

基になっている実話が素晴らしく感動モノでしたからどういじってもその部分での感動というのは揺るぎないものでそれなりに伝わってくるものなんですよね。ロストしたはやぶさと再び通信を回復したエピソードやイオンエンジンの裏技を駆使した死回生のエピソードはやっぱり涙モノでしたし、イマイチ嘘っぽく感じてしまうオーストラリアへの帰還のシーンでもその流れで感動してしまいました。だから、はやぶさには「くん」つけたくなる愛おしさを抱いてしまうわけなのです。

良く言えばこれは大人のはやぶさ映画だと思います。はやぶさに関わった人々に焦点を絞った実直なヒューマン・ドラマです。遊び心みたいなのは感じられないし科学面にこだわった教養的な内容でもないので子供が観て面白いかはちょっと疑問なんですよね。

そしてやっぱり渡辺謙さん恰好良すぎますって。モデルである川口教授なら佐野史郎さんくらいが丁度いいですよ。渡辺謙さんが演じた山口教授は目ヂカラ強すぎるし威圧的でし役柄としても何だかぞんざいな印象で実際にもああいう方だったりするんでしょうか?NASAのスタッフとのやりとりは実際にあったのかもしれませんけど、何だかとってつけたような違和感を覚えてしまうんですよね。

個人的にはイオンエンジンの開発を担当した藤中と森内のドラマに観応えを感じました。特にNECのエンジニアとして企業とJAXAの板挟みになってしまうという彼の立場はこれまであまり見聞きしたことなかったエピソードだったので新鮮でした。企業の利益を考えたらハイリスクな各エンジンのクロス制御は考えられないという森内の考えとその後の彼の葛藤は当然ですし、山口教授の決断はもはや科学的な見地よりも賭けだったのでしょう。どうしても美談だけにまとめられがちですけど、そういうせめぎ合いがあってもおかしくはないですよね。

その一方で、朝日新聞の女性記者・井上真理をこの物語に主軸に設定した良さがよくわかりませんでした。特にジャーナリストの視点で語るわけでもないし、彼女がはやぶさのプロジェクトに引き込まれていった印象も受けないので、新聞記事の担当を外れてもわざわざオーストラリアまではやぶさの帰還を観に行くという思い入れの強さを感じなかったんですよね。むしろ最後は大気圏突入で燃え尽きていくはやぶさを見つめて涙する森内の姿で終わってほしかったです。私はそのほうが絶対感動したことでしょう。

まぁ、ドラマとして面白味にはやや欠けるとこがありますけど、重みが感じられる実直な描き方には好感を持てる作品でした。観終えてみれば東映っぽい映画だなって思います(笑)。

ところでNECのエンジニアがMacBookでプログラミングしてる姿に違和感を覚えたんですけど、そんなこと思うの私だけでしょうか?(笑)。


感動度★★★☆




「はやぶさ」関連作品
はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH』各地プラネタリウムで上映され後に角川フィルムインクの配給により劇場公開された全編CG作品です。
はやぶさ/HAYABUSA』 20世紀フォックス製作--監督:堤幸彦
はやぶさ 遥かなる帰還』東映製作で2012年公開予定。監督:瀧本智行。渡辺謙さんがプロジェクトマネージャーと主演を兼務。
おかえり、はやぶさ』松竹映画の製作、配給の3D実写映画。2012年3月公開予定。監督:本木克英