ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ものすごくうるさくて、ありえないほど近いリトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督がジョナサン・サフラン・フォアの同名小説を原作を基に映画化した作品です。9.11同時多発テロで父親を亡くした少年が父の最後のメッセージを探すためにニューヨークを巡り行く姿を描いたヒューマン・ドラマです。主演の少年役トーマス・ホーンは映画初出演ですが、その脇をトム・ハンクス、サンドラ・ブロック、マックス・フォン・シドーらベテラン勢がガッチリ固める重量感に期待して観に行ってきました。

出演はその他に、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、ゾー・コードウェル
監督:スティーヴン・ダルドリー

+++ちょいあらすじ
9.11同時多発テロで大好きな父を失った少年オスカーは1年の月日が経ってもその死を受け入れられず深い喪失感から抜け出せずにいた。ある日オスカーは父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。それを父が遺したメッセージだと思ったオスカーは鍵穴を探し求めてニューヨークの街を巡り始める・・・
+++

泣けましたぁ、涙腺崩壊です。3.11の悲劇を題材にした作品ですけど、日本人の多くは3.11の悲劇と自然と重ねてしまうのではないでしょうか。

9.11のテロ事件で父親を亡くしその後も深い喪失感に苛まれ続け心に負った傷を癒やせずにいた少年オスカー。ある日父のクローゼットで青い瓶の中に鍵の入った封筒を見つけたオスカーはこれは父が残したメッセージだと信じて封筒に記された「BLACK」という名を手掛かり鍵穴を探してニューヨークを巡り始めるのです。

オスカーのあの固執、執着ぶりはたしかにアスペルガー症候群をうかがわせるところがありますよね。申し訳ないですけど、途中何度かイラっとさせられました。しかしその流れを見事に変えてくれたのが祖母の家の間借り人の口のきけない老人です。老人の正体はドレスデンという地名からも何となく察しがつきましたけど、彼もまた大きな喪失感を抱えたまま生きてきた一人なんですよね。

間借り人との鍵穴探しはオスカーが自身に課していたルールをやぶることにもなっていくのですが、実はそれってオスカーが不安から心にまとっていた壁を突き崩していたんですよね。橋が怖くて渡れなかったり公共交通機関に乗れないオスカーを彼の恐怖心に勝る探求心を触発して導く姿はまさに父トーマスなんです。

サンドラ・ブロックが母親役のわりには出番が少ないなァと思っていたんですよねェ。ですからあのサプライズには躊躇いもなく涙ポロポロに泣いてしまいました。父トーマスはオスカーの成長も考えて彼に調査探険ゲームを与えていましたけど、母もその意思を引き継いでいたんですよね。なんて美しく素敵な母の愛なんでしょうね。

鍵穴探しの結末はとっても意外なもので、オスカーにとっては自分が望んでいたものとは違う結果に再び味わう失望感でもあったかもしれません。でもオスカーの心がいつまでも癒えなかった本当の理由を吐露することで彼の心はその重荷を下ろし自由になります。オスカーが探し求めていたのは実は固く閉ざしていた自分の心の扉の鍵穴だったのかもしれません。

子供を取り巻く環境はとかく理不尽なことばかりなのかもしれません。大人ならば妥協したり上手くごまかしたり諦めたり気持ちを切り替えて人生に折り合いをつけることが出来ますが、それが出来ない純粋な子供は納得出来る答えを自身の力で見つけだすことが大人になるための道筋なのかもしれませんね。

このタイトルが意味するところはどこに出てくるんだろ?と思っていたらそれはオスカーが鍵穴探しの旅を記録したノートの題名でした。そしてその記録は母へのメッセージとなるオスカーの再生の証だったのです。


再生度★★★★☆