ブログネタ
日本映画3 に参加中!
BRAVE HEARTS 海猿「アレ?このシリーズって完結したんじゃなかったの?」と思ったのはたぶん私だけではないのでないかと。ファンたちの熱い要望に応えて実現したこの劇場版第4弾の新たなる舞台は東京湾沖の不時着したジャンボ旅客機です。そして物語はというと主人公・仙崎大輔ら特殊救難隊が沈没まだ残された僅か20分間で乗員乗客346名を救出しなければならない非常に険しく困難なミッションに挑むという、前作よりもさらにスケールアップしたスペクタクルな内容でして、リクエストこそしてませんがこのシリーズが好きだった私もとても楽しみにしてた作品です。

そういえば今作は3D化しなかったんですね。そこんとこも期待大デス(笑)。

出演はその他に、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎、鈴木ちなみ
監督:羽住英一郎

+++ちょいあらすじ
海上保安官・仙崎大輔はバディの吉岡とともに最高レベルのレスキュー能力を誇る海難救助のエキスパートとして最も危険な任務に従事する特殊救難隊の一員となり現場の最前線にいた。その仕事は苛烈ではあったが妻の環菜は二人目の子供を妊娠し、吉岡にもキャビンアテンダントの美香という恋人が出来て充実した日々を送っていた。そんなある日のこと。シドニーから羽田に向けて飛行中だったジャンボ旅客機・G-WING206便に重大なエンジントラブルが発生し・・・
+++

スゴイっスゴイです。これぞ海猿って感じのトリハダものの感動作でした。もうお腹いっぱい、だけどすぐにおかわりしたくなりました。

前作はスケールはとても大きかったのですが、その割にドラマは小さめでややバランスが悪く感じられました。天然ガスプラント“レガリア”という舞台が巨大なわりにはその中で描かれる登場人物たちが少なくてどこか空虚なところがありました。対して今作は作品スケールとしては大きいものの物語の核となる救出の舞台は東京湾の羽田沖とそこに不時着するジャンボ旅客機で前作よりコンパクトなサイズの中に要救助者も含めて登場人物がたくさんいることで様々ドラマが交錯してとても濃密なのです。

そしてそこで描かれていく物語は主人公・仙崎を中心にしつつも環菜とのドラマには一段落がついていてバディの吉岡と恋人・美香のドラマを軸にしていくことで、新境地を迎えるようにこのシリーズに新たなヒーローとヒロインが誕生するとともに群像劇としてもシリーズ全体としての大きな拡がりを見せていくのです。

第3作目ともなると登場人物の説明や物語の背景ももはや不要でして前フリも簡潔に済まされ、すぐに本題である航空機事故が発生するのが展開としてもヨカッタですね。実際に飛行機に乗った経験は普通にありますし、現実にも墜落事故は発生していますから恐怖感は十分想像出来るわけで実際怖いと思うこともありますので、エンジントラブルが起こった瞬間から異様な緊張感はとてもリアルに感じられました。上空と地上の両方で刻々と過ぎていく緊縛した時間は邦画では稀にみるスリリングさだったと思います。ドラマとしての見せ場はもちろんジャンボ旅客機が海面着水してからの仙崎ら海難特殊救助隊の活躍なんですけど、そこに至るまでの高い緊張感が怒涛の救出劇にリアルな臨場感をもたらしたと言えるでしょう。コクピットから村松機長を救い出そうとする仙崎に思わず頑張れと心の中で叫んでしまいました。

個人的に第1作の伊藤淳司さんが演じた工藤がとても好きで、彼が物語半ばで亡くなってしまったのが残念で仕方なかったのですが、ついに吉岡が私の心に出来たその穴をこの作品で埋めてくれた気がします。もし吉岡がまたもや同じ轍を踏むような結末だったとしたら私は感動しつつも満足は出来なかったと思いますが、見事なサプライズでの逆転打に感無量。現実にあの状況下であの装備が機能するかはともかくとして、その手が残されていたことには全く気付かなかったのですから、正直、吉岡の手が動いた瞬間、何が起きているのかよくわからず、真相がわかって心の中で拍手喝采しちゃいました。あれはまさに奇跡を目の当たりにした瞬間でしたね。

こうなるとまだまだシリーズ化してほしくなりますね。吉岡を独り立ちさせてスピンオフも十分行けるんじゃないでしょうか?この映画でまた将来海猿になりたいという男の子たちが増えそうな予感(笑)。

ちなみに・・・余談になりますけど、この映画の予告編を目にしたとき、真っ先に頭に浮かんだのは子供の頃大好きだったハリウッド映画『エアポート』シリーズです。飛行機事故を題材にして大ヒットしたパニック映画なんですが、中でも好きだったのが『エアポート'77』でタイトル通り197年の作品です。これはバミューダ海域の海中に沈んだジャンボ旅客機の救出劇を描いたドラマでシチュエーション的にちょっと似てるわけですが、こちらの救出劇の結末がトンデモビックリな大技だったのがとても印象的でした。この『BRAVE HEARTS 海猿』との大きな違いはメインの登場人物たちが救出側ではなく旅客機内の乗客たちというところなんですけど、もう一度観てみたくなってしまいました。WOWOWさんでこの全シリーズ一挙放送とかしてくれないかな?



海猿度★★★★★

シリーズ作品
海猿 』2005.3.15
LIMIT OF LOVE 海猿』2006.5.8
THE LAST MESSAGE 海猿』2010.9.22
BRAVE HEARTS 海猿』2012.7.14