ブログネタ
日本映画3 に参加中!
仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼぼくが処刑される未来』の福士蒼汰さんが仮面ライダーフォーゼの如月弦太朗役を演じているそうですが、普通は観る順番が逆なのでしょうね。そもそも予備知識なんて全くなくてこれもフリーパスの勢いを借りてのチェレンジ的鑑賞なんですが、実は予告編の映像の中に美少女仮面ポワトリンの姿を見つけてしまったら気になりだしてしまったのです。仮面ライダーとポワトリンって何か関係性があったんですか?と不思議に思って調べてみたら石ノ森章太郎さんの作品だったんですね。知らなかったぁー。

出演は、白石隼也、福士蒼汰、吉沢亮、奥仲麻琴、戸塚純貴、高山侑子、入来茉里、中山絵梨奈、篤海、KABA.ちゃん、小倉久寛、高橋龍輝、清水富美加、坂田梨香子、冨森ジャスティン、志保、土屋シオン、田中卓志、須賀健太、足立梨花、遠山俊也、真野恵里菜、原幹恵、渡部秀、三ツ矢雄二、関智一、デーモン閣下
監督:坂本浩一

+++ちょいあらすじ
かつて悪魔と呼ばれ地底へと追いやられた3人の「アクマイザー」ザタン、イール、ガーラは数千年の時を経て復活。人間の精神世界であるアンダーワールドの魔力を使ってこれまで仮面ライダーたちによって倒された怪人たちを次々と蘇らせ地上征服計画を企むのだった・・・
+++

「愛ある限り戦いましょう。命、燃え尽きるまで。」懐かしいフレーズでしたね(笑)。でもあの感じだとTVシリーズでもコラボしてるのかな?そういえばイナズマンとやらも出てきましたね。その前がサナギマンというのには全く気づきませんでしたけど。

これって立派なアクション映画ですよね。いたるところでワイヤーアクション使ってるし、殺陣もけっこうハイレベルなことしてますよね。映像も凝りに凝っていて、あんなに目まぐるしく変身したりアイテムを駆使するなんて思いもしませんでした。物凄く進化してるんですね。とりあえず観ているだけで普通に楽しめた感じです。

えっと、さすがにキャラクターや人物相関はさっぱりわからずで、世界観もよくわかりませんが、だからといってストーリーが全くわからないということもありませんでした。そもそも正義の味方たちが悪いヤツらをやっつけるだけのことなので、ややこしいことは何もないんですよね。でも実は二つのお話の時間軸が違うことに終盤まで気付きませんでした(笑)。如月が5年前に行ったのはそういう事だったんですね。

名子役の須賀健太くんの成長は『ALWAYS 続・三丁目の夕日』でも観られたことですが、彼のアクションシーンと怪人化はかなり意外な一面を観た感じがします。やがては鈴木福くんも仮面ライダーになれるかな?それにしてもオチがKABAちゃんとはずっこけました。ミッツ・マングローブさんとマツコ・デラックスさんのネタはフリだったんですね、きっと(笑)。

周りがお子さんだらけ中で埋もれて観ることになるかなと思っていたら、普通に大人が多かったです。女性客も普通にいるのは特撮ヒーロー物が若手俳優たちの登竜門だからでしょうか。たしかにそれも興味の一つです。考えてみれば当たり前のことなのかもしれませんが、そんな構えることもなかったみたいですね。

そうそう、アダッチーこと足立梨花さんは今年3回くらい生で見たことあるんですよね。彼女はJリーグ 特命PR部 女子マネージャーに就任していたので、週末はあちこちのスタジアムに行っていたみたいで遭遇しちゃいました。あるい意味彼女も「週末ヒロイン」でしょうか?(笑)。


娯楽度★★★


<TOHO CINEMAS One Month Free Passport 07>