ブログネタ
日本映画3 に参加中!
ヱヴァンゲリヲン新劇場版-Q2二度観たからといってあの難解な内容が理解出来るとは思いませんけど、せっかくなのでトライしてみようなかなと観に行ってみました。

声の出演は、緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、山寺宏一、石田彰、立木文彦、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、関智一、岩永哲哉、岩男潤子、麦人
監督:庵野秀明、摩砂雪、前田真宏、鶴巻和哉
二度目を観に行ってよかったです。難解なことにはかわりないんですけど、ストーリーがだいぶ整理されながら頭に入ってきて理解度はグーンと深まりました。というか、初見時に思いのほか見落としていたみたいです。見落としていたというか展開があまりに怒涛過ぎてついていくだけでいっぱいいっぱいだったのかも。シンジが14年間どこにいたのかもよくわからなかったし、14年経ってるというのにどうしてシンジたちが見た目変化していないのか不思議だったりしましたけどちゃんと会話にでてきてたたんですね。最後なんててっきりフォースインパクトが起きてしまったんだとばかり思ってましたけど、途中で止めることには成功してたんですね。ヨカッタぁ。でも今度はカヲルが・・・。

とりあえずは二度目を観ましたよという記録を残したいだけなので、あらためて感想というのはありませんけど、ホントに一度目は何を観てたの?という感じがしてしまいました。一度じゃ咀嚼しきれないのが私にとっての『エヴァ』なのかもしれません。そこにこの作品の敷居の高さを感じてしまうのでしょう。劇中用語も難しいですしね。アスカがマリのことを「○○メガネ」と呼んでるのが何て言ってたのかわからなかったのですが「ホネメガネ」?って言ってたのかな?

他の方の感想などを読ませていただくと賛否両論真っ二つという感じですけど、私からすればそんな深い考察自体が私にとってはさらに難解な世界だったりします。さらに何を議論してるのかがそもそもわからなかったりもするし(笑)。

二度目を観てだいぶスッキリしちゃいました。満足度もアップです。一度目は途中どこかでウトウトしてたのかも?

満足度★★★★☆

シリーズ作品
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』2007.9.6
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』2009.7.3
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』2012.11.20
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (再)』2012.12.12


<TOHO CINEMAS One Month Free Passport 09>