ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ゴーストライダー2前作『ゴーストライダー』は日本ではそんなに大ヒットしたような印象はないんですけど、こうして続編が作られたということはそれなりの興行成績だったということなのでしょうか?そもそも人気アメコミのヒーローですからアメリカ的には手堅いキャラなのかもしれませんね?主演は前作に引き続きニコラス・ケイジ。監督は『GAMER』のマーク・ネヴェルダイン&ブライアン・テイラーです。

出演はその他に、イドリス・エルバ、ヴィオランテ・プラシド、キアラン・ハインズ、クリストファー・ランバート
監督:マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー

+++ちょいあらすじ
父親を死から救うため悪魔と契約し復讐の悪魔ゴーストライダーを体内に宿すことになったジョニー・ブレイズはその苦悩に苛まれながらひっそりと暮らしていた。そんな彼のもとにある日僧侶モローが訪ねてきてダニーという少年を助けてほしいと言う。ダニーの写真に何かを感じつつも拒否するジョニーだったが、手伝えばお前のその呪いを解いてやるとのモローとの約束にジョニーはゴーストライダーとなってバイクにまたがり走り出した・・・
+++

どうして救急車が朽ち果てないのかずーっと気になって仕方がありませんでした。有機物だけに効くのかなと思ったら違うんですよね?どうしてなの?

基本的にド派手な映像で盛り上げる映画ですからそれだけで普通に楽しめちゃうんですけど、ストーリー的にはちょっと地味な印象だったかも。ま、それもこれも最たる原因は悪玉大ボスであるはずのロアークが老朽化によって力を失ってしまったことに尽きるでしょうか。

そもそも悪魔が使っていた人間のボディが耐用年数を越えるのでその代わりのニューボディが必要となりナディアと契約して産ませたダニーを手に入れようとし、それを主人公ジョニー・ブレイズがそれを阻止しようと闘うというお話なので展開的にそうならざるをえないんですよね。だからそのぶんロアークが手下にしたキャリガンがもっと強敵だったらヨカッタんですけどキャリガンは中ボス留まりのキャラ。ゴーストライダーと闘うときはスラッグ弾とやらを使ったほうが勝ち目ありそうなんじゃないの?(笑)。

契約の呪いがあっさり解けてしまったのにも拍子抜けしちゃいましたけど、どう考えても生身の人間では悪魔に勝てそうもないのでどうやってあの状況をひっくり返すのかなと思ったら、まさかのダニーによって形勢逆転とは驚きです。でもそうなるとダニーは今後もあの能力を持ったままなんでしょうか?

とりあえずジョニーに憑依している者の正体がダークサイドに堕ちた天使だったとわかったのはヨカッタのではないでしょうか?髑髏姿の天使なんてイケてます。

しかしそれにしてもどうしてあそこでラジオから流れてくる曲がカジャグーグーなんでしょう?一人で大ウケしちゃいましたヨ。懐かしすぎます(笑)。


娯楽度★★★☆

シリーズ作品
ゴーストライダー』2007.3.7
ゴーストライダー2』2013.2.10